閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【最新2019】資金調達の方法31選!経営者が知っておくべき資金調達の種類

会社経営をされている方であれば、資金繰りに悩み、その都度現状にあった資金調達方法を探している…

そのような方もおられるのではないでしょうか。

【最新2019】資金調達の方法31選!経営者が知っておくべき資金調達の種類

本記事では、そのような資金調達に悩まれる経営者の方向けに様々な種類の資金調達方法をご紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください。

 

【この記事がおすすめできる人】
☑️ 事業資金の調達方法を知りたい経営者の方
☑️ 融資以外の資金調達方法を知りたい方
☑️ 様々な資金調達方法にチャレンジしてみたい方
☑️ 事業のスタートアップにおける資金調達方法を知りたい方
☑️ 最近の資金調達方法を知りたい経営者の方

 

なお以下の記事でも「様々な資金調達の方法」について詳しく解説しています。ぜひ、本記事と合わせてご覧ください!

 

その前に・・・本記事でご紹介する資金調達方法以外にも、経営者の方に口コミ評価が高い『人気ビジネスローン』があります。資金調達をお急ぎの方は以下のローンに申込んでみましょう。これらのローンは「ネット申込」が可能、即審査してもらうことができ、正式契約時に来店の必要などもありません。

500万円程度の資金であれば、『最短1日』での調達OKとなっていますので、お急ぎの方にもオススメです。ぜひ以下のリンクをクリックして、申し込みをしてみてください。わずか10分程度で、申し込みフォームからの申し込みは完了です!

【1位】ジャパンネット銀行ビジネスローン 最大500万円融資可能。2019年5月に開始した安心の銀行系ローン。

【2位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・愛知・大阪・静岡の方限定。法人・個人事業主どちらでも可能な安心の銀行系ローン。

【3位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【4位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

※なお、個人事業主や経営者の方であれば、人気の高いカードローンを利用し、生計費での資金繰り悪化を防ぐことも重要です。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミスカードローン

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。
※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

ジャパンネット銀行ネットキャッシング 銀行系だから安心低金利1.59%〜(年利)

レイクALSA 初めての方におすすめ

SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

アコム 最大30日間金利0円

 

▋ 資金調達が必要な場面(資金調達の目的)

一口に資金調達といいますが、資金調達が必要な場面にはどのようなものがあるのでしょうか。

たとえば…

  •  新規事業立ち上げのスタートアップ資金
  •  入金がない期間の支払い
  •  商品や材料を仕入れるための資金

などなど、事業をしていると様々なシーンで資金調達が必要となります。

このような場面でしっかりと必要な融資を受けることができるよう、どのような資金調達方法があるのかをあらかじめ抑えておくことが重要といえます。

 

 

▋ 資金調達の全種類

それでは、さっそく「資金調達プロ」が厳選した31の資金調達方法についてご紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください!

 

資金調達の種類① ファクタリングを利用する

ファクタリングは、銀行やファクタリング専門業者に売掛債権を売却することにより、資金調達をすることができる方法です。

通常の銀行融資と異なり、スピーディーに必要資金を準備できるという点で、非常にメリットの大きな資金調達方法となっています。

 

資金調達の種類① ファクタリングを利用する

 この資金調達法の特徴他の融資と比べてスピーディーな資金調達が可能。融資にあたっての審査基準がゆるやか。
 資金調達までの時間最短即日
 資金調達できる金額100万円~3億円
 この資金調達法のオススメ度 ★★★★

 

 

資金調達の種類② ビジネスローンを利用する

ビジネスローンとは、無担保・保証人なしで利用できる事業者専用のローンです。

他の資金調達方法と比較すると金利が高めですが、審査基準がゆるやかなため、スピーディーな資金調達が可能。そして、借りやすいというのがメリットです。

とにかく今すぐにでも事業における資金調達が必要な場合にはおすすめの方法です。

融資

 

資金調達の種類② ビジネスローンを利用する

 この資金調達法の特徴審査基準がゆるやかで、とにかく今すぐにでも資金調達したいという場合におすすめ。ただし、他の資金調達方法と比較すると金利が高め。
 資金調達までの時間最短即日
 資金調達できる金額500万円~1億円
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

 

資金調達の種類③ 日本政策金融公庫からの融資を利用する

政府系金融機関でもある、日本政策金融公庫から低金利で融資を受けることができます。日本政策金融公庫は、個人事業主や中小企業のサポートを目的としています。

初めて融資を受ける経営者の方は、まずこの日本政策金融公庫からの融資を申請してみましょう。

ただし、過去にローン返済で延滞をしたなどの金融事故を起こした場合は、融資を受けることがむずかしくなりますので、注意が必要です。

 

資金調達の種類③ 日本政策金融公庫からの融資を利用する

 この資金調達法の特徴初めて融資を受ける事業主の方は審査に通過しやすい。他の方法と比較して、低金利で融資を受けることが可能。

創業時に融資を受ける場合には、「創業計画書」をしっかりと作成しておくことが、審査に通過するための近道となる。

 資金調達までの時間3週間~1ヶ月程度
 資金調達できる金額300万円~3000万円
 この資金調達法のオススメ度 ★★★★

 

 

資金調達の種類④ 商工中金からの融資を利用する

日本政策金融公庫と同様に、政府系金融機関である商工中金。

1936年に設立され、商工中金株主団体である「中小企業団体」と「その構成員」を対象に、設備資金や運転資金などといった事業資金の融資を行っています。

また、一般的な事業融資(商工ローン)の他、自然災害や景気の悪化などといった国の施策と連携した融資や創業支援融資、業界団体専用の融資なども用意されています。

 

資金調達の種類④ 商工中金からの融資を利用する

 この資金調達法の特徴政府系金融機関であるため、安心して利用できる。年1%程度の低金利で利用できる点もうれしい。

「商工ローン」と呼ばれる一般的な事業融資の他、多くの融資を用意している。

 資金調達までの時間3週間~1ヶ月程度
 資金調達できる金額最高7憶2,000万円まで(運転資金の場合は2憶5,000万円まで融資可能)
 この資金調達法のオススメ度 ★★★★

資金調達の種類⑤ 信用保証協会付き融資を利用する

信用保証協会付き融資とは、公的機関「全国信用保証協会連合会」が、個人事業主や中小企業に対しての資金調達をバックアップする形で行うものです。

実際の融資は銀行等の金融機関により行われますが、裏で信用保証協会が私達の信用を保証してくれていることにより、融資を受けやすいというメリットがあります。

また、お金を貸し出す金融機関側も貸し倒れのリスクを回避することが可能です。

 

資金調達の種類⑤ 信用保証協会付き融資

 この資金調達法の特徴信用保証協会がバックについた融資方法のため、比較的審査基準もゆるやかで融資を受けやすい。

他の公的融資と同様に低金利でお金を借りることができる。

 資金調達までの時間3週間~1ヶ月程度
 資金調達できる金額最高2億8,000万円まで(組合4億8,000万円まで)
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

その前に・・・本記事でご紹介する資金調達方法以外にも、経営者の方に口コミ評価が高い『人気ビジネスローン』があります。資金調達をお急ぎの方は以下のローンに申込んでみましょう。これらのローンは「ネット申込」が可能、即審査してもらうことができ、正式契約時に来店の必要などもありません。

500万円程度の資金であれば、『最短1日』での調達OKとなっていますので、お急ぎの方にもオススメです。ぜひ以下のリンクをクリックして、申し込みをしてみてください。わずか10分程度で、申し込みフォームからの申し込みは完了です!

【1位】ジャパンネット銀行ビジネスローン 最大500万円融資可能。2019年5月に開始した安心の銀行系ローン。

【2位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・愛知・大阪・静岡の方限定。法人・個人事業主どちらでも可能な安心の銀行系ローン。

【3位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【4位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

資金調達の種類⑥ 利用していない資産を売却する

「投資用の不動産」「ゴルフ会員権」「有価証券」など、現在会社で利用していない資産はありませんか?これらを売却することで、手っ取り早く資金調達を行うことができます。

売った資産の売却代金が、資金繰りの改善につながるのはもちろんのこと、資産を保有しているコストの削減や自己資本比率・ROA(総資産経常利益率)の改善も可能となります。

また、不要な資産を売却したことによる節税効果も期待することができます。

 

資金調達の種類⑥ 利用していない資産を売却する

 この資金調達法の特徴会社で利用していない資産を売却することにより、売却代金を利用する。手っ取り早い資金調達が可能。

資産売却により、資産保有のコスト削減や自己資本比率・ROA(総資産経常利益率)の改善につながる。

 資金調達までの時間売却資産による(最短数日で資金調達可能なものも)
 資金調達できる金額売却資産による(億単位の資金調達が可能なものも)
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

 

資金調達の種類⑦ 地方自治体の融資制度を利用する

地方自治体が独自に設けている融資制度を活用することにより、資金調達を行うことができます。

中小企業や設立後間もない企業であっても、将来的な可能性を重視した審査を行っているため、比較的融資を受けやすいのがメリットです。

また、低金利な制度が多くなっているため、経営が厳しい企業でも利用しやすいという側面があります。

 

資金調達の種類⑦ 地方自治体の融資制度を利用する

 この資金調達法の特徴地方自治体が用意する融資制度を活用する。多くの融資制度があるため、融資条件も幅広い。

将来性を重視した審査を行っており、審査のハードルが低いため、比較的融資を受けやすい。

 資金調達までの時間最長3ヶ月ほど(融資制度により異なる)
 資金調達できる金額500万円~3,000万円程度(融資制度により異なる)
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

 

資金調達の種類⑧ 銀行のプロパー融資を利用する

銀行のプロパー融資とは、銀行から直接融資を受けることのできる資金調達方法です。

プロパー融資を受けるためには、銀行からの信用力が重要となります。審査は厳しくなる傾向にありますが、その分、上限を設定されることなく資金調達が可能というメリットがあります。

 

資金調達の種類⑧ 銀行のプロパー融資を利用する

 この資金調達法の特徴銀行から直接融資を受ける資金調達方法。

銀行は返済リスクを負うため、銀行からの信用度が高い企業でないと利用は難しい。上限を設定されることなく資金調達が可能。

 資金調達までの時間2週間程度
 資金調達できる金額 ~数十億円程度まで(原則上限なし)
 この資金調達法のオススメ度 ★★★★

資金調達の種類⑨ 手形割引を利用する

手形割引とは、期日前の手形を銀行や手形割引専門業者に買い取ってもらうことを指します。

支払いまでの期間が長い手形を売却することにより、早期の資金調達が可能になります。

 

資金調達の種類⑨ 手形割引を利用する

 この資金調達法の特徴 取引先から受け取った手形を現金化できる。手形の売却は、銀行や手形割引専門業者を通して行う。

資金調達までのスピードが早く、銀行融資が受けられない場合でも利用できる。

 資金調達までの時間最短翌日
 資金調達できる金額手形振出人毎に判定
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

 

 

資金調達の種類⑩ 取引先からの前払いを利用する

自社から提供するサービスや商品に自信がある場合、取引先からの前払いを受けて資金調達をすることもできるでしょう。

前払いを受けると、納品して請求書を発行する前に料金を受け取ることができるため、資金繰りの改善にもつながります。

 

資金調達の種類⑩ 取引先からの前払いを利用する

 この資金調達法の特徴取引先へ納品を行う前に、前払いで料金を受取る。

取引先との信頼関係があり、自社からのサービスや商品に自信がある場合には有効。

 資金調達までの時間即日~1週間程度
 資金調達できる金額納品するサービス・商品の価値による
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

資金調達の種類⑪ 社内預金制度を利用する

自社の従業員から預金をしてもらうことにより資金調達する方法として、社内預金制度があります。預金に利息をつけることにより、社員への還元も可能なほか、ビジネスローンや銀行融資よりも低金利で資金調達をできるというメリットがあります。

 

資金調達の種類⑪ 社内預金制度を利用する

 この資金調達法の特徴従業員に預金をしてもらうことで、資金調達を行う。ビジネスローンや銀行への借入 よりも低金利での融資が可能。

導入においては、社員との信頼関係が重要となる。

 資金調達までの時間 1ヶ月程度
 資金調達できる金額従業員の人数・預金額による
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

資金調達の種類⑫ 売掛債権担保融資を利用する

商品やサービスを販売したが、支払いが回収できていない場合に発生する「売掛債権」を担保に融資を受けることができます。

ファクタリングと似たサービスですが、売掛債権担保融資の場合は、売掛先への通知や承諾を必要としません。このため、取引先に資金繰りについて知られたくないという場合には、ぜひおすすめしたい方法です。

 

資金調達の種類⑫ 売掛債権担保融資を利用する

 この資金調達法の特徴「売掛債権」を担保に融資を受けることができる。

売掛先への通知や承諾が不要。スピーディーな調達が可能。

 資金調達までの時間最短翌日
 資金調達できる金額売掛債権の価値による
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

 

 

資金調達の種類⑬ 不動産担保ローンを利用する

土地などの不動産を所有している企業であれば、不動産担保ローンを利用して資金調達を行うことができます。

不動産を担保とした融資となるため、より高額な融資を希望している場合には、ぜひおすすめしたい資金調達方法といえるでしょう。

 

資金調達

 

 

資金調達の種類⑬ 不動産担保ローンを利用する

 この資金調達法の特徴 所有している土地や建物といった不動産を担保に融資を受けることができる。

一般的なローンよりも低金利で、大型の借入が可能。

 資金調達までの時間3週間~1ヶ月程度
 資金調達できる金額最大10億円程度まで
 この資金調達法のオススメ度 ★★★★

 

資金調達の種類⑭ 法人クレジットカードでのキャッシングを利用する

経費立替に利用されることの多い法人クレジットカードの中には、キャッシング機能がついているものもあります。

このキャッシング機能を利用して、資金調達することが可能です。

法人クレジットカードは発行するまでに時間がかかりますが、すでにカードを所有している場合であれば、即日で資金調達をすることができます。

 

資金調達の種類⑭ 法人クレジットカードでのキャッシングを利用する

 この資金調達法の特徴法人クレジットカードのキャッシング機能を利用して資金調達する。

ビジネスローンと比較して審査に通りやすく、身近なコンビニATMからお金を借りることもできる。

 資金調達までの時間最短即日
 資金調達できる金額10万円~300万円程度
 この資金調達法のオススメ度 ★★★★

資金調達の種類⑮ リスケジュール(リスケ)を利用する

リスケジュールとは、債権者に返済条件の緩和や返済日を遅らせてもらうなどの交渉をするなどして、返済計画を見直すことを指します。

返済計画の見直しが資金繰り改善のきっかけにつながりますが、見直し後の返済計画を確実に履行することが、今後の債権者との信頼関係においても重要となります。

 

資金調達の種類⑮ リスケジュール(リスケ)を利用する

 この資金調達法の特徴債権者に返済条件の緩和や返済日を遅らせてもらう等、返済 計画の見直しを行う。

一時的な資金繰り改善のきっかけとなるが、債権者からの信頼を失うことにもつながる。

 資金調達までの時間 返済計画の見直し状況による
 資金調達できる金額 返済計画の見直し状況による
 この資金調達法のオススメ度 ★★☆☆

 

その前に・・・本記事でご紹介する資金調達方法以外にも、経営者の方に口コミ評価が高い『人気ビジネスローン』があります。資金調達をお急ぎの方は以下のローンに申込んでみましょう。これらのローンは「ネット申込」が可能、即審査してもらうことができ、正式契約時に来店の必要などもありません。

500万円程度の資金であれば、『最短1日』での調達OKとなっていますので、お急ぎの方にもオススメです。ぜひ以下のリンクをクリックして、申し込みをしてみてください。わずか10分程度で、申し込みフォームからの申し込みは完了です!

【1位】ジャパンネット銀行ビジネスローン 最大500万円融資可能。2019年5月に開始した安心の銀行系ローン。

【2位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・愛知・大阪・静岡の方限定。法人・個人事業主どちらでも可能な安心の銀行系ローン。

【3位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【4位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

資金調達の種類⑯ 少人数私募債を利用する

少人数私募債で資金調達を行うことにより、資金調達を行うことができます。50人以下の少人数に対しても社債の発行ができ、設立から日の浅いベンチャー企業でも利用することが可能です。

なお、少人数私募債の詳しい説明については、次の記事を参考にしてみてください。

参考記事:私募債とは?少人数私募債で資金調達するメリット・デメリットまとめ

 

資金調達の種類⑯ 少人数私募債を利用する

 この資金調達法の特徴少数の投資家が、直接引受する社債により、資金調達を行う。

株式発行より手軽で簡単。比較的大きな資金調達も可能。

 資金調達までの時間半年~1年程度
 資金調達できる金額 1億~数千億程度まで
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

 

資金調達の種類⑰ エンジェル投資家から出資をうける

「エンジェル投資家」と呼ばれる個人投資家からから出資を受けることにより、資金調達をすることができます。潤沢な資金を持つエンジェル投資家は、資金面での支援だけではなく、今後の人脈や有益な情報を得るための助けとなってくれることでしょう。

なお、「エンジェル投資家」は、エンジェル投資家と経営者を結び付けるマッチングサービスを利用することにより、効率よく見つけ出すことができます。

 

資金調達の種類⑰ エンジェル投資家から出資を受ける

 この資金調達法の特徴 「エンジェル投資家」と呼ばれる個人投資家から、資金調達を受ける。

個人で見つけ出すことも可能だが、専用のマッチングサービスを利用することにより効率よく見つけ出すことができる。

 資金調達までの時間資金調達をする経営者の判断による
 資金調達できる金額資金調達をする経営者の判断による
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

 

 

資金調達の種類⑱ 従業員持ち株会で資金調達する

従業員に自社株を定期的に購入してもらい、資金を集めることができます。

従業員持ち株会は、福利厚生の一環として行っているところが多く、従業員は積立金として給料からお金を出し合う形となります。従業員には積立金に応じた奨励金が支払われます。

 

資金調達の種類⑱ 従業員持ち株会で資金調達する

 この資金調達法の特徴従業員に自社株を定期的に購入してもらうことで、安定した資金調達が可能。

資産価値は、会社の業績に左右される。

 資金調達までの時間最短1ヶ月程度
 資金調達できる金額持ち株会で従業員から集めることができる金額による

(会社の規模によるところも)

 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

資金調達の種類⑲ クラウドファンディングで資金調達する

クラウドファンディングは、インターネットを利用してプロジェクトに賛同する出資者から資金を募る方法です。クラウドファンディングのメリットとして、資金だけでなく同時に支援者も集められるということがあります。

 

資金調達の種類⑲ クラウドファンディングで資金調達する

 この資金調達法の特徴インターネットを通じて、プロジェクトに賛同する出資者から資金を集めることができる。
 資金調達までの時間最短数日~1週間
 資金調達できる金額プロジェクトで目標とする金額
 この資金調達法のオススメ度 ★★★★

 

 

資金調達の種類⑳ 事業譲渡で資金調達する

事業譲渡により、必要な事業に関連する資産や負債だけを売却して資金調達をすることができます。緊急の資金調達には不向きな面もありますが、無駄な運転資金の削減など資金繰りの改善も見込むことが可能です。

 

資金調達

 

資金調達の種類⑳ 事業譲渡で資金調達する

 この資金調達法の特徴優先度の低い事業を他社に譲渡することで、資金繰りの改善を見込むことができる。

事業譲渡を行うためには、M&Aの知識も必要となる。

 資金調達までの時間1ヶ月以上
 資金調達できる金額譲渡した資産や事業の価値による
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

 

資金調達の種類㉑ 無駄な在庫を処分して資金調達する

無駄な在庫がある場合は、思い切って処分をすることで資金調達をすることができます。過剰な在庫を抱えている場合は、在庫を処分できる他、現金を即手に入れることができます。

また、在庫を処分することで資金繰りの改善にもつながりますので、一石二鳥の方法ともいえるでしょう。

 

資金調達の種類㉑ 無駄な在庫を処分する

 この資金調達法の特徴無駄な在庫を処分する。売却することで、即現金が手に入る。
 資金調達までの時間在庫売却後即
 資金調達できる金額売却した在庫による
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

資金調達の種類㉒ セール&リースバックで資金調達する

自社で所有している設備や機械を金融機関に売却し、再度リース物件として賃借する方法をセール&リースバックといいます。

セール&リースバッグで設備や機器の有効活用ができる他、リースすることで継続して使い続けることも可能です。

 

資金調達の種類㉒ セール&リースバックで資金調達する

 この資金調達法の特徴 所有している設備や機器を売却し、資金を調達する。

売却したものは、そのままリース物件として賃貸できる。

 資金調達までの時間設備や機器売却手続き後
 資金調達できる金額売却した設備や機器の価値による
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

 

参考サイト:セール&リースバックを活用した財務戦略について(みずほ銀行)

 

資金調達の種類㉓ 営業権売却で資金調達する

営業権を他社に売却することで、資金調達することができます。譲渡可能な事業があれば、営業権売却で資金調達をすることを検討してみてもよいかもしれません。

ただし、営業権を売却することが事業を手放すことにつながるので、検討の際には慎重を期す必要があります。

 

資金調達の種類㉓ 営業権売却で資金調達する

 この資金調達法の特徴営業権を他社に売却することで資金調達を行う。

好調に事業があれば営業権を売ることで、より多くの資金を手に入れることができる。

 資金調達までの時間手続きに時間がかかる
 資金調達できる金額営業権を売却した事業による
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

 

資金調達の種類㉔ 不動産売却で資金を調達する

もし自社で不動産を保有している場合は、その不動産を売却することで資金を調達することができます。売却した不動産の価値が高ければ高いほど、より大型の資金調達につながります。

 

資金調達の種類㉔ 不動産売却で資金を調達する

 この資金調達法の特徴自社で所有する不動産を売却することで、資金を調達する。

不動産を所有している場合に利用できるが、不動産の価値によってはより高額の融資を受けることもできる。

 資金調達までの時間1ヶ月程度
 資金調達できる金額売却した不動産の価値による
 この資金調達法のオススメ度 ★★★★

 

資金調達の種類㉕ 流動資産担保融資(ABL)で資金調達する

在庫や原材料といった流動資産を担保にした融資の事を、流動資産担保融資(ABL)といいます。仕入れをした段階で在庫を担保に借入をすることになるため、会社の資金繰りを改善することも可能になります。

 

資金調達の種類㉕ 流動資産担保融資(ABL)で資金調達する

 この資金調達法の特徴在庫や原材料といった流動資産を担保に借入を行うことで、資金調達を行う。

会社の資金繰り改善にも有効。

 資金調達までの時間最短翌日
 資金調達できる金額担保に入れた流動資産の価値による
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

 

その前に・・・本記事でご紹介する資金調達方法以外にも、経営者の方に口コミ評価が高い『人気ビジネスローン』があります。資金調達をお急ぎの方は以下のローンに申込んでみましょう。これらのローンは「ネット申込」が可能、即審査してもらうことができ、正式契約時に来店の必要などもありません。

500万円程度の資金であれば、『最短1日』での調達OKとなっていますので、お急ぎの方にもオススメです。ぜひ以下のリンクをクリックして、申し込みをしてみてください。わずか10分程度で、申し込みフォームからの申し込みは完了です!

【1位】ジャパンネット銀行ビジネスローン 最大500万円融資可能。2019年5月に開始した安心の銀行系ローン。

【2位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・愛知・大阪・静岡の方限定。法人・個人事業主どちらでも可能な安心の銀行系ローン。

【3位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【4位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

資金調達の種類㉖ 借り換えで資金調達する

現在利用中のローンがある場合は、より低金利のローンに切り替えることで月々の返済額を減らすことができます。その結果、返済総額も減額できるため、新規の借入をする余裕も出てきます。

 

資金調達の種類㉖ 借り換えで資金調達する

 この資金調達法の特徴 現在借りているローンよりも、より低金利のローンに借り換えを行う。

返済総額が減額できるため、資金面で余裕が出てくる。

 資金調達までの時間2週間程度
 資金調達できる金額現在の借入金額と同等の金額を借り入れることができる
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

 

 

資金調達の種類㉗ コミュニティ・クレジットで資金を調達する

コミュニティ・クレジットとは、日本政策投資銀行が提案している資金調達方法です。

地域社会で信頼関係にある企業等同士が、相互協力を目的に資金を出し合って連携することで、銀行等金融機関からの資金調達をスムーズに進めていこうという仕組みとなります。

コミュニティ・クレジットを利用することにより、地域間の結束が強くなるというメリットがありますが、まだまだ未知数の部分の多い取り組みでもあります。

 

資金調達の種類㉗ コミュニティ・クレジットで資金を調達する

 この資金調達法の特徴 地域社会で信頼関係にある企業が連携することで、金融機関からの資金調達をスムーズに進めていくことができる。

地域間の結束が強くなるが、新しい金融手法でもあるため未知数な部分も多い。

 資金調達までの時間地域により異なる
 資金調達できる金額地域により異なる
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

 

参考サイト:地域社会の信用を担保とした新たな金融手法(コミュニティ・クレジット)による初の融資を決定(日本政策投資銀行)

 

資金調達の種類㉘ ベンチャーキャピタルで資金調達する

ベンチャーキャピタル(投資ファンド)から認められた企業であれば、資金調達を受けることができます。将来性のある企業については、ベンチャーキャピタル側も積極的に融資をしてくれますが、そのハードルは高いものとなります。

逆に、ベンチャーキャピタルから融資を引き出すことができれば、大型融資を調達することができ、強力なサポートを得ることも不可能ではありません。

 

資金調達の種類㉘ ベンチャーキャピタルで資金調達する

 この資金調達法の特徴ベンチャーキャピタルから認められることで、より多くの資金を調達することができる。

また、 資金面以外にもサポートを得ることができる可能性もある。

 資金調達までの時間ベンチャーキャピタル側から認められるまで
 資金調達できる金額1億円程度
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

 

 

資金調達の種類㉙ ストックオプションで資金を調達する

ストックオプション(新株予約権)とは、自社の役員や従業員があらかじめ定められた価格で自社株を取得できる権利のことを指します。

業績向上により、株を取得した従業員側に利益を見込める場合は、会社全体の士気向上につなげることもできます。

 

資金調達の種類㉙ ストックオプション

 この資金調達法の特徴 自社の役員や従業員が、定められた価格で自社株を取得する。

自社株が値上がりした場合、社員に

 資金調達までの時間従業員が株を取得するまでの時間による
 資金調達できる金額従業員が株を取得した金額による
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

 

資金調達の種類㉚ ソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)で資金を調達する

貸付型クラウドファンディングでもあるソーシャルレンディングで資金を調達することができます。出資者から資金を調達後、資金調達者が返済を行うことにより、その配当として利益の一部が出資者に分配される仕組みです。

 

資金調達の種類㉚ ソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)で資金を調達する

 この資金調達法の特徴プロジェクトを立て、出資者から資金を集めることにより資金調達を行う。

資金調達者が出資者へ返済を行うと、その配当として利益の一部が出資者に分配される。

 資金調達までの時間最短数日~1週間
 資金調達できる金額プロジェクトにより異なる
 この資金調達法のオススメ度 ★★★★

資金調達の種類㉛ 株式公開で資金を調達する

株式公開(取引所に自社の株式を公開すること)で、資金調達をすることが可能になります。個人投資家が株を購入することにより、大型の融資を見込むことができるのが最大のメリットです。

株式公開をすることで、銀行や金融機関からの信頼度が増す他、今まで以上に資金調達がしやすくなるという効果があります。反面、社会的責任の増加や買収のリスクなどのデメリットもありますので、その点には注意が必要です。

 

資金調達の種類㉛ 株式公開

 この資金調達法の特徴取引所に自社株を公開することで、大型の資金調達をすることができる。

社会的信頼度が増し、資金調達がしやすくなるというメリットがあるが、第三者からの買収のリスクに注意。

 資金調達までの時間上場申請後半年程度
 資金調達できる金額 1億~数千億程度まで
 この資金調達法のオススメ度 ★★★☆

 

 

 

▋ 資金調達をする際の注意点

さて、ここまで様々な資金調達方法をご紹介してきましたが、資金調達をする際には注意点があります。

特に最も大切な点として、どのような資金調達方法を利用するにせよ、「借りすぎないようにする」ということが大切です。

資金の借りすぎをストップすることによって、後々のリスクも軽減することができます。

そのためにも、資金調達を行う上では事業計画や返済計画をしっかりと立てた上で実行するようにしましょう。

資金調達の注意点

また、資金調達方法によっては、公的融資のように審査が厳しく融資までに時間を要するものもあります。そのため、急ぎでの資金調達を希望している場合には不向きなものもあるでしょう。

もし現在、資金繰りに困っていて、「スピーディーな資金調達を希望している…」という場合は、事業資金に特化した専門業者のビジネスローンの利用もおすすです。

例えば、最大1,000万円の大型融資が可能で10分間でのカンタン申し込みが人気の「ビジネクスト」ビジネスローンであれば、最短3日以内の資金調達も可能です。担保や保証人も不要で、資金繰りに悩む経営者の方の大きな味方となってくれます。

 

 

▋ まとめ

いかかでしたか?

本記事では、様々な資金調達方法についてご紹介してきました。

様々な資金調達方法にチャレンジしてみたい方・様々な資金調達方法についてしっかりと抑えておきたいという経営者の方のお役に立てれば幸いです。

この他、資金調達に関連した参考記事を以下にまとめました。是非参考にしてみてください。

 

合わせて読みたい記事

・ 個人の起業&資金調達100%成功ガイド!合同会社/合資会社/株式会社最もオトクなのはどれ?

・ IT・WEB系の起業家&個人事業主にオススメの資金調達方法と助成金10選!

・ 資金調達に欠かせない!キャッシュフロー計算書の作成方法と雛形(サンプル)10選!

・ ICO徹底ガイド!仮想通貨を利用した資金調達を成功させる10のアイデア!

 

※なお、個人事業主や経営者の方であれば、人気の高いカードローンを利用し、生計費での資金繰り悪化を防ぐことも重要です。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミスカードローン

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。
※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

ジャパンネット銀行ネットキャッシング 銀行系だから安心低金利1.59%〜(年利)

レイクALSA 初めての方におすすめ

SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

アコム 最大30日間金利0円

その前に・・・本記事でご紹介する資金調達方法以外にも、経営者の方に口コミ評価が高い『人気ビジネスローン』があります。資金調達をお急ぎの方は以下のローンに申込んでみましょう。これらのローンは「ネット申込」が可能、即審査してもらうことができ、正式契約時に来店の必要などもありません。

500万円程度の資金であれば、『最短1日』での調達OKとなっていますので、お急ぎの方にもオススメです。ぜひ以下のリンクをクリックして、申し込みをしてみてください。わずか10分程度で、申し込みフォームからの申し込みは完了です!

【1位】ジャパンネット銀行ビジネスローン 最大500万円融資可能。2019年5月に開始した安心の銀行系ローン。

【2位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・愛知・大阪・静岡の方限定。法人・個人事業主どちらでも可能な安心の銀行系ローン。

【3位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【4位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

「資金調達の成功をより確実」にしたい場合には、どちらの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネスローンの両方に申し込んでおいてください。両方に申し込んでおけば、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

The following two tabs change content below.
吉永 あき

吉永 あき

Webライティング歴4年の元システムエンジニア。 資金調達プロでは、「カードローン」や「クレジットカード」の情報を中心に、記事制作を行っています。 「日常生活の中で切っても切り離せない「お金」について、皆さまの疑問についてしっかりとお応えしていきたい」 そんな気持ちで自分自身も日々お金についての知識を勉強中です。 「より正確な記事」であることはもちろんのこと、「だれにでもわかりやすい記事」を目指した執筆を心がけています。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 09/18 09:08
    無料診断がされました。
  • 09/18 06:49
    無料診断がされました。
  • 09/18 01:23
    無料診断がされました。
  • 09/17 21:33
    無料診断がされました。
  • 09/17 21:19
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

金融機関からの借入の関連記事(139件)

1 2 3 4 5 28

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全800件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる