閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

デットファイナンス完全ガイド|デットファイナンスのメリットとデメリット

デットファイナンスとは銀行借入や、シンジゲートローン(複数の金融機関が協調して貸出す方法)、社債・私募財発行などの「資金調達方法」を指します。本記事では銀行借入を中心にデットファイナンスのメリットとデメリットについて解説します。

なおデットファイナンスの関連語として、エクイティファイナンス(新株発行を行う資金調達方法)がありますが、エクイティファイナンスについては以下の記事で詳しく解説しています。資金調達を希望される経営者の方はぜひ、本記事と合わせてご覧ください。

 

参考記事:エクイティファイナンスの仕組みと、資金調達を成功させる3つのコツ!

 

その前に・・・銀行融資の審査は通常1〜2か月程度かかってしまいます。銀行の融資が間に合わない方は、以下のビジネスローンに申込んだ方が良いでしょう。ネット申込で今すぐ審査を受けることができ、来店などの手間がありません。

 

500万円くらいの資金であれば最短1日で調達できるので、お急ぎの場合は今すぐ(以下の)リンクをクリックして申し込んでみてください(申込みは10分で終わるのでカンタンです)。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

 

▊ はじめに|デットファイナンスとは?

 

デットファイナンスは別名を借入金融(英:Debt Finance)と言い、私たちに馴染みのある銀行借入はデットファイナンスに分類されます。デットには「負債」という意味があり、負債の増加を伴い、株式発行を行わない資金調達を「デットファイナンス」と呼びます。

 

デットファイナンスとは?

デットファイナンスは、「借入金融」とも呼ばれ、銀行借入やシンジゲートローン、社債発行、私募債発行などによる資金調達のことをいいます。これは、企業会計では、負債としての資金調達であるため、貸借対照表(バランスシート)において、負債の部に記載されます。一般にエクイティファイナンスが資本の増加を伴うのに対して、デットファイナンスは負債の増加を伴うところに大きな特長があります。

出典:デットファイナンス(iFinance)

 

株式発行を伴わないという意味で、転換社債、ワラント債を「デットファイナンス」と分類する考え方もありますが、転換や権利行使を行った場合「増資」にあたることから(この場合は)エクイティファイナンスに分類されます。

 

なお転換社債は、正式名称を『転換社債型新株予約権付社債』と言います。

 

転換社債(CB)および転換社債型新株予約権付社債とは?

(前略)株式と債券の二つの特徴をあわせ持ち、所有者が株式に転換すると株価の上昇による利益を得ることが期待できる。一方、社債のまま保有し続けると、利付債として定期的に利子を受け取ることができるほか、償還日には額面金額が払い戻される。

CBは、社債に新株予約権が付された形態で発行される。「新株予約権」とは、株式を一定の条件で取得するための権利のことで、新株予約権を行使すると、発行時に決められた値段(転換価額)で社債を株式に転換することが可能。新株予約権の行使によって発行される株式数や、新株予約権を行使できる期間(転換請求期間)などの条件は、あらかじめ決められている。

出典:転換社債(CB)証券用語解説集|野村證券より一部抜粋

 

前述の「ワラント債」とは、新株予約権が付与された社債のことを指します。

 

ワラント債とは?

ワラント債は、かつては「新株引受権付社債」と呼ばれ、現在は「新株予約権付社債」と呼ばれており、新株予約権が付与された社債をいいます。また、新株予約権とは、発行した会社に対して権利を行使することによって、その会社の株式の交付を受けることができる権利のことをいいます。

出典:ワラント債(iFinance)

 

デットファイナンス同様「資金調達の方法」として知られる『エクイティファイナンス』については、以下の記事で取り上げています。

 

解説記事:エクイティファイナンスの仕組みと、資金調達を成功させる3つのコツ!

 

デットファイナンスの特徴

 

次に、デットファイナンスの特徴について見てみましょう。デットファイナンスは、金融機関や投資家からお金を借り入れることで資金を調達する方法です。

 

デットファイナンスは「いずれ返さなければならない」資金調達法であり、金融機関からの借入、社債、コマーシャルペーパー(短期の約束手形)によって負債が増加します。

 

コマーシャルペーパーとは?

コマーシャルペーパーは、「CP」とも呼ばれ、企業が短期資金の調達を目的に、マーケット(オープン市場)で割引形式で発行する無担保の約束手形のことをいいます。《中略》コマーシャルペーパーの償還期間は通常1年未満で、特に1カ月ものや3カ月ものが多いです。また、その金利水準は、企業の信用力を反映して決まるため、通常は短期プライムレートより低いコストで資金を調達できることが多いです。

出典:コマーシャルペーパー(iFinance)より一部抜粋

 

デットファイナンスに対して、原則「株主に出資金を返す必要がない」方法にエクイティファイナンスがあります。

 

参考記事:エクイティファイナンスの仕組みと、資金調達を成功させる3つのコツ!

 

エクイティファイナンスとの違い

 

デットファイナンスと、エクイティファイナンスの違いは以下の通りです。

 

○ 負債の増加を伴う・・・デットファイナンス

○ 資本の増加を伴う・・・エクイティファイナンス

 

言葉の響きは似ていますが、全く正反対の性質を持ちます。エクイティファイナンスは「返さなくてもよい」というメリットがありますが、同じくデットファイナンスにもメリットがあります。

 

例えば、新株発行によって「会社経営に対する発言者が増える」といった点で、エクイティファイナンスにもデメリットがあります。なお、デットファイナンスのメリットとデメリットについては、次項にて詳しく説明します。

 

※ なお、銀行融資が間に合わない方は、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

▊ デットファイナンスのメリットとデメリット

 

デットファイナンスは、資金調達ができるといったメリットはあるものの、負債の部に記入されるということもあり会計上デメリットも存在します。ここからは、本記事のメインテーマである『デットファイナンスのメリットとデメリット』について解説します。

● デットファイナンスのメリット

 

デットファイナンスは、株を発行するエクイティファイナンスにくらべると資本コストが低く、資金調達しやすい方法です。以下にデットファイナンスのメリットをまとめてみました。

 

デットファイナンスのメリット
☑️ 融資の選択肢が多く、資金調達しやすい
☑️ 節税の効果がある
☑️ 経営権が第三者に握られにくいので安心
☑️ 資本コストがエクイティファイナンスと比較して安く済む
☑️ 投資家の承認を得ずに事業が進められる

 

デットファイナンスはエクイティファイナンスに比べ、融資の選択肢が豊富にあります。このため資金調達しやすいほか、借入をした場合には節税の効果も得られます。

 

解説記事:銀行借入時の「仕訳」について|銀行の借入金と支払利息が分かる、経理処理100%ガイド! 

 

また、株式を売却するのとは違い、経営権が第三者に握られにくいので安心できます。株式を発行することは大きな資金調達に繋がるのは分かりますが、株保有率が変わると「議決権」も大きく変わることを忘れてはいけません。これに対し、デットファイナンスは(エクイティファイナンスなどのデメリットに脅かされることなく)投資家の承認を得ずに事業が進められるなど、経営上のメリットがあります。

 

● デットファイナンスのデメリット

 

デットファイナンスのデメリットは、以下の通りです。

 

デットファイナンスのデメリット
① 支払利息がコストとして発生する
② 返済義務のある資金である
③ 景気や社会情勢、銀行の業績によって融資の引き揚げが起こる

 

デットファイナンスは銀行融資など、借入を行った場合には、支払利息が「コスト」として発生します。もちろん、エクイティファイナンスに比べるとコストは低くなるのですが「コスト0」では無いので忘れないようにしましょう。

 

また、デットファイナンス(借入)を申し込んだとしても、100%審査に通るとは限りません。そしてデットファイナンスは、返済義務のある資金であり(借入期間内に)計画的に返済を続ける必要があります。月々の返済は信用を失わないためにも絶対に延滞しないようにしましょう。

 

このほか、景気や社会情勢、銀行の業績によって融資の引き揚げ(=貸付の停止)が起こる可能性があります。資金調達がストップすると、資金繰りが急激に悪化するなど…一見便利なデットファイナンスにも「大きな地雷」が潜んでいます。

 

デットファイナンスのデメリットを回避するには、エクイティファイナンスのメリットとデメリットを同時に確認しておくと良いでしょう。

 

参考記事:エクイティファイナンスの仕組みと、資金調達を成功させる3つのコツ!

 

▊ デットファイナンス(借入金融)の基礎知識

 

続いて『デットファイナンス』の基礎知識について見ていきましょう。

 

デットファイナンスと貸借対照表(バランスシート)

 

貸借対照表(バランスシート)において、デットファイナンスは「負債の部」に記載されます。デットとは「借金・負債」を意味する単語ですので、バランスシートでは「負債の部」に記入をするという流れになります。

 

下の表からも分かる通り、貸借対照表上では、デット・ファイナンスが負債の増加を伴うのに対し、資産の増加を伴うのは、株式の発行で資金を調達するエクイティファイナンスがあります。間違い安いのですが、エクイティファイナンスはバランスシート上の資本の部(純資産の部)に入ります。

 

解説記事:エクイティファイナンスの仕組みと、資金調達を成功させる3つのコツ!

 

NOC|誰も知らない、教えてくれないアウトソーシング・BPO

 

さてデットファイナンスに話を戻しますが、デットファイナンスは銀行借入だけでなく「債券発行」も(デットファイナンス)に含まれます。

 

なお貸借対照表の仕訳については、以下の記事が参考になります。メインのテーマは「銀行借入時の仕分」ですが、資産が増えたとき/減ったとき、負債が増えたとき/減ったときの『簿記での仕訳』方を詳しく解説しています。

 

解説記事:銀行借入時の「仕訳」について|銀行の借入金と支払利息が分かる、経理処理100%ガイド!

 

もちろん仕訳を完璧にマスターする必要はありません。ザックリでも知識を身に付けておけば、会計ソフトやクラウド会計サービスを利用する場合にも「どの項目に記入をしたのか」頭の中で理解できるので、会計業務がよりラク進められます。

 

解説記事:人気の会計ソフト・クラウド会計サービス10選(2017-2018年度版) 

 

このように日々の会計業務を正しく行い、決算書を自動で管理しておけば、デットファイナンスのように「銀行融資」が受けやすくなるのでおすすめです。中小企業経営者の方はもちろんですが、個人事業主の方もぜひ会計ソフトを活用し、銀行融資が受けやすくなるよう工夫しましょう。

 

※ なお、銀行融資が間に合わない方は、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

債券発行の仕組みを知っておこう!

 

債券は企業だけで無く、国や地方公共団体、外国の政府、海外企業も発行を行います。債券発行の目的は『まとまった資金の調達』であり、株式とよく似ていますが、債券には利率や満期日があらかじめ決まっている点に違いがあります。

 

参考リンク:5分でわかる上場の全て。株式公開・IPOのメリット・デメリットなど徹底まとめ 

 

債券とは?

債券(さいけん、英: Bond)とは、社会的に一定の信用力のある発行体が資金を調達する際に、金銭消費貸借契約類似の法律関係に基づく金銭債権の内容を券面上に実体化させて発行する有価証券のこと。広義には券面が発行されない場合も含む。おもな発行体には国、地方公共団体、政府関係機関、特殊金融機関、企業(事業会社)などがある。債券のことを公社債と呼ぶこともある。債券を公共債・民間債・外国債と分類することがある。

出典:Wikipedia「債券」より一部抜粋

 

私たちが債券を購入すると、定期的に利率分の利子も受け取れる上、満期日には額面金額である償還金が受け取れるため、資産運用・資金運用などの目的で債券を買うこともできます。

 

参考リンク①:資金運用100%成功ガイド!あなたの資産を確実に増やす方法人気ランキング

参考リンク②:資産運用の方法10選!100万円~1000万円まで金額別資産を増やす方法

 

デットファイナンスに含まれる「債券」は、債権とは異なる意味を持ちます。債権は【ある者が特定の者に対して一定の行為を要求することを内容とする】ことですが、デットファイナンスの債券は【金銭債権の内容を券面上に実体化させて発行する有価証券】を意味します。混同しやすいので、間違って使わないようにしましょう。

 

5分でわかるはじめての債券入門(野村證券)

 

債券には、国債や地方債、特別債、金融債、社債のほかにも、沢山の種類がありますが、今回は代表的な5つの債券について説明をします。

 

代表的な債権

国債 国債(こくさい)は、国家が証券発行という方式で行う借入金のこと。国家が、歳入不足を補うなど、財政上の必要から発行する公債。
地方債 地方債(ちほうさい、英: Municipal bond)は、都道府県、市町村などの普通地方公共団体が発行する公債である。債務の履行が一般会計年度を越えて行われるものであり、証書借入れ、地方債証券、振替地方債の3つ方式がある。地方自治法に基づき地方財政法で規定される。なお、会計年度内において償還されるものは「一時借入金」と呼ばれ、地方債とは区別される。

出典:Wikipedia

特別債 特別債(とくべつさい)は、住宅・都市整備公団、道路公団、公営企業金融公庫などの公団、公庫ならびに政府関係の特殊会社が、特別の法律に基づいて発行する債券のこと。

出典:野村證券・証券用語解説集

金融債 金融債とは、特定の金融機関が特別法(長期信用銀行法等)に基づき発行する債券で、利付金融債と割引金融債があります。 安全性と収益性は、普通社債と同様に発行する金融機関の信用度を反映するため、格付けを参考にすることが大切です。 発行時に確定している年利率で計算した利息が半年ごとに受け取れる債券です。

出典:金融債 | 日本証券業協会

社債 社債(しゃさい、英: corporate bond)は、会社が資金調達を目的として、投資家からの金銭の払込みと引き替えに発行(起債)する債券である。狭義には、会社法の規定するものをいう。

出典:Wikipedia

 

このほか、債券は償還期限の長さによって、短期債・中期債・長期債・超長期債の四種類に分類できます。

 

償還期限の長さによる債券の分類

短期債 1年未満で償還されるもの。CP、短期国債など
中期債 1年以上5年程度で償還されるもの。中期国債
長期債 償還期間が5年から10年程度のもの。長期国債
超長期債 償還期間が10年から30年程度のもの

 

そして発行形態によって分類をすれば、公募債、縁故債、私募債などの種類があります。

 

発行形態による債券の分類

公募債 引受けを一般募集する。国債、公募地方債、普通社債など
縁故債 発行者と縁故がある引受人が引き受けるもの。縁故地方債など
私募債 私募債は小規模な社債発行であり、手続きも簡略化されているので(実施までの)ハードルは低いです。実際にベンチャー企業のほか中〜小規模な企業でも(私募債を発行することで)簡単に資金調達が行えます

参考リンク:私募債とは?少人数私募債で資金調達するメリット・デメリットまとめ

 

まだ「債券」についてピンとこないかも知れませんが、より分かりやすく説明すると『社会的信用のある者が発行する借用証書』の一種です。

 

解説記事①:借用書の書き方100%ガイド!失敗しない金銭消費貸借契約書の交わし方

解説記事②:借用書のテンプレートひな形10選!個人・法人でも使える金銭消費貸借契約書 

 

いかがでしょうか? 債券について大まかなイメージは掴めたでしょうか? なお債券についてもっと詳しく知りたい方には、以下のサイトをおすすめしています。

 

参考リンク:5分でわかるはじめての債券入門(野村證券)

 

※ なお、銀行融資が間に合わない方は、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

▊ デットファイナンス(借入金融)の種類

 

デットファイナンスは大きく分けて4つの種類があります。

 

デットファイナンス(借入金融)の種類
① 銀行借入
② シンジゲートローン
③ 社債の発行
④ 私募債発行

 

①〜④の内容について、詳しく説明しましょう。

 

デットファイナンス① 銀行借入

 

銀行借入はその名の通り、私たちに最も馴染みがある銀行融資(ローン)を指します。銀行借入とひとことに言っても一般的なローン、事業者ローン、不動産担保ローン、住宅ローン、教育ローン、その他目的別のローンが「融資商品」として展開されています。

 

なお、銀行借入(事業融資)については、以下の記事で詳しく解説しています。銀行からの借り入れを希望される方はぜひチェックしてみてください。銀行借入は、消費者金融やノンバンクからの借入に比べて低金利で「銀行から融資を受けている」という信頼性の高さがウリです。

 

解説記事①:銀行借入の金利|金利1%以下の超低金利ローンで、中小企業が審査を通す4つのコツ!

 

また最近では、店舗を持たないインターネットサービスを専業にする金融機関(銀行)も増えてきました。もちろんネット銀行でも、ローンや融資商品を扱っています。なお、インターネット銀行の借入については、以下の記事をご覧ください。

 

解説記事②:【保存版】ネット銀行人気40行総まとめ!ビジネスローンが利用できる銀行

デットファイナンス② シンジゲートローン

 

シンジゲートローンは、複数の金融機関がシンジゲート(※ 公社債や株式の発行を引き受けるために連合すること)を組んで融資を行う方法を指します。例えば、以下の画像は「三井住友銀行のシンジゲートローン」を示したものです。

 

画像:シンジゲートローン(SMBC/三井住友銀行)

 

ここではSMBC(三井住友銀行)がアレンジャーとなってシンジゲート段を結成し、借入人に対し融資を行っています。

 

シンジゲートローンとは?

シンジケートローンは、「協調融資」とも呼ばれ、大型の資金調達ニーズに対して、複数の金融機関が協調してシンジケート団を組成し、一つの融資契約書に基づき同一条件で融資を行うことをいいます。これは、取りまとめ役(アレンジャー)の金融機関(主幹事)が、資金の調達側(企業等)と調整して利率や期間などを設定し、複数の金融機関と分担して融資する方式となっています。

出典:シンジゲートローン(iFinance)

 

なお、借入の申し込みから融資の実施、借入の契約が締結後の取引は次の通りです(三井住友銀行の場合)。

 

画像:シンジゲートローン(SMBC/三井住友銀行)

 

シンジゲートローンのメリットは、まとまった資金(=多額の資金)が調達できる点にあります。また金融機関にとっても、リスク分散できるため「貸し倒れの危険」が少ないという長所があります。

 

デットファイナンス③ 社債の発行

 

社債の発行とは、企業が「債券」を発行して資金調達を行うことです。

 

社債とは

社債の発行は一般の事業会社が、銀行融資という間接金融ではなく、資本市場という直接金融を活用して事業資金を広く集めるという資金活動です。これまで企業の多くは銀行からの資金借り入れを中心としていましたが、貯蓄から投資への流れの中で多くの企業が資本市場を使っての資金調達を始めています。

簡単に説明すると、社債とは「企業の借金証書です」○○円を借りました。利息は○%でいついつ返済します。といったものが社債となります。投資家からすると、社債に投資をするというのは、企業に対してお金を貸す。ということになります。その代わりに利息を受け取り、約束の日には元金を返済してもらうわけです。

出典:社債とは何か?(債券投資ガイド)より一部抜粋

 

企業が発行できる社債には、普通社債のほか、劣後債、永久債、新株予約権付社債があります。

 

社債の種類

普通社債(ふつうしゃさい) 一般の民間事業会社が発行する普通の社債のこと。最近は資金調達などを目的に普通社債を発行する企業が増えている。国債よりも金利が高く、購入する側にもメリットがある。

出典:コトバンク

劣後債(れつごさい) 破産または解散したときに、元利金の返済順位が最後になることを条件に企業が発行する債券。自己資本に近い性格をもち、資本増強に有用とされる。

出典:デジタル大辞泉

永久債(えいきゅうさい)  償還期限の定めがない債券。発行体が存続している限り、永久に利子が支払われるが、投資家は元本の償還を要求できない。→有期債

出典:デジタル大辞泉

新株予約権付社債 発行会社の新株を一定の条件で買い取る権利(新株予約権)のついた社債。平成14年(2002)の商法改正によって、従来の転換社債(CB)、新株引受権付社債(ワラント債)などを包含して新株予約権付社債と名称を変更

出典:デジタル大辞泉

 

また社債にも、公募債(50人以上の投資家に発行)と私募債(50人未満の投資家に発行)の二種類があります。社債のメリットは、株式では無いので経営権を握られないという点にあります。資金使途も自由なので、各企業の目的に合わせた使い方ができます。

 

デットファイナンス④ 私募債発行

 

③の社債の続きですが、50人未満の投資家に発行する私募債(しぼさい)と呼ばれる社債があります。

 

私募債とは?

私募債(しぼさい)とは「小規模な社債」のことで(私募債の種類のひとつ)少人数私募債は、株式会社の「資金調達法」として利用されています。また、スタートアップを行うベンチャー企業においても、私募債は『有効な資金調達方法』として注目を集めています。

(中略)私募債は誰でもカンタンに発行できる上、毎月返済の必要が無いなど、数ある資金調達の中でもオススメできる方法のひとつです。

出典:私募債とは?少人数私募債で資金調達するメリット・デメリットまとめ 

 

私募債は別名を「少人数私募債」と呼んでおり、格付評価が高まるほか、金融機関の借入より有利などのメリットがあります。以下に少人数私募債のメリットをまとめてみました。

 

少人数私募債のメリット
☑️ 格付評価が高まる
☑️ 金融機関の借入より有利
☑️ 税務上でも有利
☑️ 社債管理会社が不要
☑️ カンタンに発行できる
☑️ 返済計画にゆとりが生まれる
☑️ 利率は、損金として扱える
☑️ 自治体から補助が受けられる

参考:私募債とは?(資金調達プロ)

 

このように、少人数私募債には沢山のメリットが存在し、簡単に発行できる上に、利率は損金勘定できるのでオトクです。なお、少人数私募債の発行方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

 

解説記事:参考:私募債とは?少人数私募債で資金調達するメリット・デメリットまとめ 

 

▊ 企業のファイナンス手法は、大きく分けて4種類ある!

 

企業のファイナンス手法は、大きく分けて4種類あります。①は本項で取り上げているデットファイナンスですが、これ以外にもエクイティファイナンス、メザニンファイナンス、アセットファイナンスなどの方法があります。

 

区分 内容
① デットファイナンス ローン、社債など
② エクイティファイナンス 株式、優先株、CB、新株予約権など
③ メザニンファイナンス 優先出資証券、永久劣後債など
④ アセットファイナンス ABS、MBS、ABCP、ABL、OAなど

 

①〜④について、順に解説しましょう。

 

※ なお、銀行融資が間に合わない方は、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

① デットファイナンス:ローン、社債など

 

デットファイナンスについては、既に詳しく説明をしました。デットファイナンスには、私たちにも馴染みのあるローンのほか(前項で取り上げた)社債発行なども含まれます

 

デットファイナンスとは?

デットファイナンスは、「借入金融」とも呼ばれ、銀行借入やシンジゲートローン、社債発行、私募債発行などによる資金調達のことをいいます。これは、企業会計では、負債としての資金調達であるため、貸借対照表(バランスシート)において、負債の部に記載されます。一般にエクイティファイナンスが資本の増加を伴うのに対して、デットファイナンスは負債の増加を伴うところに大きな特長があります。

出典:デットファイナンス(iFinance)より一部抜粋

 

このように、デットファイナンスは他人資本による「資金調達」の方法で、エクイティファイナンスの対義語にあたります。

 

参考記事:銀行借入時の「仕訳」について|銀行の借入金と支払利息が分かる、経理処理100%ガイド! 

 

② エクイティファイナンス:株式、優先株、CB、新株予約権など

 

エクイティファイナンスは、新株発行で資金を調達する方法です。原則として「返済不要な資金調達の方法」ですが、第三者に経営権が握られやすいなど(デットファイナンスに比べて)自由度は低くなります。

 

エクイティファイナンスとは?

エクイティファイナンスは、「新株発行を伴う資金調達」のことをいいます。これは、企業のエクイティ(株主資本)の増加をもたらす資金調達のことを指し、具体的には、公募(時価発行増資)、 株主割り当て、第三者割当といった払込を伴う増資や、転換社債型新株予約権付社債(CB)等の新株予約権付社債の発行などを総称する際に使われます。また、デットファイナンスが負債の増加を伴うのに対して、エクイティファイナンスは資本の増加を伴うところに大きな特長があります。

出典:エクイティファイナンス(iFinance)より一部抜粋

 

また、エクイティファイナンスには、株式、優先株、CB、新株予約権などの種類があります。

 

エクイティファイナンスの種類

株式(かぶしき) 株式会社の株主としての権利を表すもの。最も一般的な株式は「普通株式」で、国内証券取引所で取引されている株式を指す。

出典:コトバンク

優先株式(ゆうせんかぶしき) 普通株式とは異なる条件や権利を付した種類株式のうち、普通株式に比べて、剰余金の配当を優先的に受ける、あるいは残余財産の分配を優先的に受ける、あるいは両方について優先的に受ける、という権利をもつ株式のこと。

出典:野村證券:証券用語解説集

CB(転換社債型新株予約権付社債) “convertible bond”の通称で、転換社債型新株予約権付社債のこと。新株予約権付社債の一種。平成14年(2002)の商法改正以前には、転換社債といった。

出典:デジタル大辞泉

新株予約権(しんぶよやくけん) 新株予約権が付いた社債。従来の転換社債と新株引受権付社債(非分離型)に相当する。新株予約権を分離して譲渡することはできない。

出典:大辞林 第三版

 

このほか、エクイティファイナンスについては、以下の記事が役に立ちます。

 

解説記事:エクイティファイナンスの仕組みと、資金調達を成功させる3つのコツ!

 

③ メザニンファイナンス:優先出資証券、永久劣後債など

 

メザニンファイナンスは、デットファイナンスと、エクイティファイナンスの中間にあるファイナンス方法です。劣後ローン(他の特定の債権又は一般の債権より支払い順位が劣るローン)、ハイブリッド証券(劣後債、永久債、優先出資証券、優先株)などの種類があり、投資リスクの高い(⇒ミドルリスク・ミドルリターン)資金調達手段となっています。

 

メザニンファイナンスとは?

企業の資金調達手法のひとつで、劣後ローンやハイブリッド証券(劣後債、永久債、優先出資証券、優先株など)発行による資金調達のこと。普通社債や借り入れなどのデットファイナンスと、株式発行といったエクイティファイナンスの中間に位置付けられ、企業にとっては資金調達手段を広げるメリットがあります。投資家にとっても、株式よりもリスクを抑制しつつ、債券を上回るリターンの獲得を目指すことができます。

出典:メザニンファイナンス(金融・証券用語解説|大和証券)より一部抜粋

 

メザニンファイナンスのメリットとしては、株主の議決権や普通株主の経済的利益の希薄化を回避しする点にあります。このほか、償還スケジュールが柔軟に設定されるので、資金繰りにもゆとりが持てます。

 

メザニンファイナンスとは、従来より金融機関が取り組んできたシニアファイナンスより投資リスクが高い資金です《中略》メザニンファイナンスは、シニアファイナンスよりも返済順位が低く、シニアに比べてリスクが高い資金になりますが、米国等幅広い投資家層を抱えるマーケットにおいては多様な資金供給手段の一つとして重要な役割を果たしており、シニアファイナンスより投資リスクに見合った金利水準が設定されることによって投資資金としての経済合理性が確保されています。
メザニンファイナンスの導入によって、資金ニーズや資本政策に応じて、EquityとDebtの双方の特色を生かした多様な設計が可能となります。また個々の事業において財務レバレッジの引き上げおよびエクイティ所要額の削減を行うことができることから、スポンサーにとっては、投資リターンが改善されるとともに、資金を他のプロジェクトに活用することができます。

出典:メザニンファイナンス(DBJ・日本政策投資銀行)

 

なお、メザニンファイナンスの仕組みについては日本政策投資銀行のページにて、詳しく説明しています。

解説記事:メザニンファイナンス|DBJの金融サービス|日本政策投資銀行(DBJ)

 

※ なお、銀行融資が間に合わない方は、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

④ アセットファイナンス:ABS、MBS、ABCP、ABL、OAなど

 

アセットファイナンスとは、企業の保有資産から生み出されるキャッシュフローを原資とし、返済資金を調達する方法のことです。一方、企業の信用力にから資金調達することは、コーポレートファイナンスと呼んでいます。

 

アセットファイナンスとは?

アセットファイナンスは、資産(アセット)の信用力を用いて資金調達を行うことをいいます。これは、不動産・動産・債権・知的財産権などの特定の資産の信用力に基づいて、当該資産から生じるキャッシュフローを返済原資(裏付け)として資金調達を行う点に特徴があり、具体的には、ABS(Asset Backed Security)やABCP(Asset Backed Commercial Paper)、ABL(Asset Backed Loan)、航空機ファイナンスなどが挙げられます。

出典:アセットファイナンス(iFinance)より一部抜粋

 

以下に、アセットファイナンスの種類をまとめてみました。

 

アセットファイナンスの種類

ABS “Asset Backed Security”の略称で、各種資産の信用力やキャッシュフローを裏付け(担保)とし、発行される有価証券を指します。

出典:iFinance

MBS “Mortgage Backed Security”の略で、これは、住宅ローンを担保として発行されるRMBS(住宅ローン債権担保証券)、オフィスビルやショッピングセンターなどの商業用不動産ローンを担保として発行されるCMBS(商業用不動産ローン担保証券)などの種類があり、通常、運用(投資)面において、高い流動性や高い信用力、高い利回りなどが魅力となっています。

出典:iFinance

ABCP “Asset Backed Commercial Paper”の略称で、資産(アセット)の信用力を用いて資金調達を行うことをいいます。
ABL “Asset Backed Loan”の略称で、資産の信用力を用いて資金調達を行うことをいいます。これは、不動産・動産・債権・知的財産権などの特定の資産の信用力に基づいて、当該資産から生じるキャッシュフローを返済原資(裏付け)として資金調達を行う点に特徴があり具体的には、ABS(Asset Backed Security)やABCP(Asset Backed Commercial Paper)、ABL(Asset Backed Loan)、航空機ファイナンスなどが挙げられます。

出典:iFinance

OA  “Over allotment”の略称で、企業が株式の公募や売出しを実施する際において、当初予想された数量を超える投資家からの買い注文(需要)があった場合、引受業者(主幹事証券会社)が対象企業の大株主等から一時的に株式を借りて、公募や売出しと同一条件で追加的に投資家に販売する手法をいいます。

出典:iFinance

 

今回はデットファイナンスに役立つ用語のみピックアップしましたが、エクイティファイナンスについては以下の記事を参考にしてみてください。

 

解説記事:エクイティファイナンスの仕組みと、資金調達を成功させる3つのコツ!

 

▊ デットファイナンスの事例

 

デットファイナンスが実際に、どのように行われているのか、ニュースの中から「デットファイナンス」に関する記事を見つけてみました。デットファイナンスを理解する材料としてお役立てください。

 

事例① Ant Financial(螞蟻金融)、M&Aを目的として30億ドルをデットで調達中——年内のIPOも視野に

 

中国最大のオンライン決済サービスのAlibaba(アリババ)が買取取引の目的で30億ドル(日本円で約3,422億円)ものデットファイナンスを模索しているとのこと。

 

Ant Financial(螞蟻金融)、M&Aを目的として30億ドルをデットで調達中——年内のIPOも視野に

Alibaba(阿里巴巴)のオンライン決済サービス Ant Financial(螞蟻金融)は、デットファイナンスで30億ドルの資金調達を模索していると Bloomberg が伝えている。報道によれば、調達する資金は買収取引に使われる見込みとのことだ。また、Ant Financial は年内の IPO を目指しているとも伝えられた。

このニュースは、Ant Financial が最近、アメリカの国際送金サービス大手 MoneyGram を8.8億ドルで買収したのに続いてもたらされた。アメリカの上場会社の買収としては初めてのことだ。

出典:THE BRIDGE 2017年2月13日掲載記事より一部抜粋

 

中国のビジネス市場が大きいとは言え、ここまで大きなビジネスを目指せるのは、現在4.5億人ものユーザーを抱えたAlibaba(アリババ)ならではと言えるでしょう。

 

事例② インドのLendingkart、中小企業への融資拡大に向け1,050万米ドル調達

 

2017年9月インドに本拠を置くデジタル融資プラットフォーム Lendingkart Financeは、シンガポールを拠点にするSistema Asia Fund から11.9億円の資金調達に成功しました。同じく2017年6月にも、インド第4位の民間銀行 YES Bank より8.8億円のデットファイナンスによる資金調達に成功しています。

 

インドのLendingkart、中小企業への融資拡大に向け1,050万米ドル調達

Lendingkart は今年6月にも、デットファイナンスにより、インド第4位の民間銀行 YES Bank から780万米ドル(5億インドルピー)を調達している。同社はその調達資金を、正式な与信を受けることのできないティア3都市圏や小規模都市の中小企業に融資を提供するために利用した。

Lendingkart は現在、インド国内29の州と7の連邦直轄領にわたって720以上の都市にサービス提供地域を広げている。同社によると、30万社以上の中小企業が審査を受けるためにプラットフォームを利用し、1万社以上の中小企業が資金を得ることができたという。

出典:THE BRIDGE 2017年9月14日掲載記事より一部抜粋

 

同社はインドにおける新しい融資の仕組みを整備しており、インド国内30万社以上の中小企業が同プラットフォームを利用し、既に1万社以上の企業が資金調達に成功しているとのことです。

 

▊ デットファイナンスと合わせて利用したい、資金調達の方法

 

前項の事例でも取り上げましたが、成功する企業は複数の資金調達先から、目的にあった資金を獲得し、ビジネスの規模を拡大させています。

 

私たち経営者も同じく、デットファイナンスやエクイティファイナンスなど、1〜2種類の資金調達法にとらわれるのではなく、複数のパイプラインを確保し、資金ショートを起こさない工夫をしましょう。

 

資金調達先が多ければ、資金ショートは回避出来る!

 

例えば、銀行の借り入れだけでなく、国が100%出資する日本政策金融公庫で超低金利の融資を受けたり、地方自治体の制度融資を利用すれば「資金不足」に悩むことはなくなるでしょう。

 

また返済不要な補助金や助成金、個人投資家からの出資を活用したり、ネット上で支援者を募るクラウドファンディングを利用するのもひとつの手です。

 

今日・明日の資金確保という面では、審査がスピーディーなファクタリング(売掛金を買い取ってもらう資金調達法)の利用がおすすめです。

 

ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

 

このほか、気軽に利用できる「事業資金の調達」という点では、ノンバンクからの借入、ビジネスローンの利用がおすすめです。ここで、個人事業主や中小企業経営者の方に人気が高い、ビジネスローンを三社紹介しておきましょう。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

 

そして会社の経費を支払うには、キャッシュフローにゆとりがある「法人クレジットカード」を利用されると便利です。法人クレジットカードは「後払い」で経費が決済できるのはもちろん、各種ビジネスサービスの優待、福利厚生にも役立つサービスの優待提供など、うれしい「会員特典」が付帯します。

 

法人クレジットカード20選!あなたの経営に必ず役立つオススメカードまとめ

 

このようにデットファイナンスに加えて、さまざまな資金調達法を組み合わせ、事業資金をしっかり確保するようにしましょう!

 

+αの資金確保には資産運用、資金運用がおすすめ

 

さてここまでは「資金確保」という点で説明をしましたが、+αの資金確保には『着実な資産形成』が求められます。このため事業で得た利益はもちろん、手持ちの資金は手堅い方法で運用するようにしましょう。

 

GRANDIT BLOG|貸借対照表の基本的な見方と3つのポイント

 

また資産を増やした時には、バランスシート(貸借対照表)においてどこに記入するのか、忘れずにチェックしましょう。上の画像からも分かる様に「資産」と一言にいっても【流動資産・固定資産・純資産】の三種類があります。

 

ここで貸借対照表(バランスシート)を読む知識のおさらいですが【流動資産・固定資産・純資産】は以下のように分類されます。

 

○ 流動資産・・・短期的に現金化できる資産のこと

○ 固定資産・・・短期的に現金化できない資産のこと

○ 純資産・・・負債とは違い、返済不要な資産(お金)のこと

 

なお、以下の記事では、資金運用で100%成功するコツをご紹介しています。

 

資金運用100%成功ガイド!あなたの資産を確実に増やす方法人気ランキング

 

また、金額別に資産を増やす方法や、資産運用で失敗しないコツについては以下の記事が参考になります。

 

解説記事①:資産運用の方法10選!100万円~1000万円まで金額別資産を増やす方法

解説記事②: 資産運用で失敗しない7つのコツ!初心者のあなたも確実に1000万円増やせる

 

ぜひ、みなさんの資産形成にお役立てください。

 

▊ デットファイナンスで役立つリンク・参考書籍

 

デットファイナンスに関する書籍やリンクの数は少ないのですが、ここではデットファイナンスの理解に役立つサイト、参考書籍をいくつかご紹介しましょう。

 

おすすめサイト① 東大発ベンチャー現役CFOが教えるデットファイナンス入門

 

このコラムはシリーズになっており、株式会社情報基盤開発 CFOの千保 理(せんぼ ただし)氏が、デットファイナンスについて分かりやすく解説をしています。2017年10月30日の時点で『全15回』まで発表されており、1週間に1度のペースでデットファイナンスの仕組みが分かる様になっています。

 

参考リンク:東大発ベンチャー現役CFOが教えるデットファイナンス入門(1)

 

おすすめサイト② ビジネスQ&A | デット・ファイナンスとエクイティ・ファイナンスの違いについて教えてください

 

このページは、中小機構のサイト『J-Net21』が作成したページで、毎回経営者の良くある悩みに対して回答を行っています。このシリーズは非常に大きなボリュームとなっており、2017年11月1日の時点で全1266件もの質問と回答が掲載されています。

 

この中で、デットファイナンスに関する質問が上がっており、専門家が詳しく回答していたので、みなさんにもシェアしたいと思います。

 

参考リンク:Q0531.デット・ファイナンスとエクイティ・ファイナンスの違いについて教えてください(J-Net21|中小機構)

 

次は、デットファイナンスの仕組みを解説した書籍を紹介します。

 

デットファイナンスのおすすめ書籍:ファイナンスの基本 この1冊ですべてわかる

 

この書籍はデット・ファイナンスやエクイティ・ファイナンスをはじめ、社債発行・増資などに関する法律上の注意点から、財務諸表の読み方、企業価値の評価、資本コストの考え方、M&A、ポートフォリオ理論や分散投資まで、ファイナンスの基本を総ざらいした専門書です。この一冊があれば『ファイナンス』の分野について広い知識が身に付くでしょう。

 

佐藤公亮 (著) 出版社: 日本実業出版社

※ ただし紙版は在庫なし(Kindleにて電子書籍有り)

 

▊ まとめ|デットファイナンスで、事業資金を調達しよう!

 

いかがでしたか? 今回は、デットファイナンスの仕組みについて詳しく説明をしました。

 

デットファイナンスは、エクイティファイナンスと違い『経営権を握られないなど」安全上のメリットがあります。もちろん債務返済の義務はありますが、計画的に利用をすれば大きな問題はありません。

 

また審査についても、過去の傾向(例:銀行審査の仕組み等)を知っておけば難しい方法ではなく、資金繰り改善にも役立ちます。事業資金の調達でお困りの方は、ぜひデットファイナンスの導入を検討してみましょう。

 

※ なお、銀行融資が間に合わない方は、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は(どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう)ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

本記事と合わせて読みたい参考記事!

・ エクイティファイナンスの仕組みと、資金調達を成功させる3つのコツ!

・ 銀行借入時の「仕訳」について|銀行の借入金と支払利息が分かる、経理処理100%ガイド!

・ 【保存版】ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット

・ 【保存版】カードローン30選!あなたも即日融資で10万円借りれるキャッシングまとめ

・ 企業再生の10の手順!90日で経営を劇的に改善させ倒産を防ぐための方法とは?

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 10/18 00:24
    無料診断がされました。
  • 10/18 00:22
    無料診断がされました。
  • 10/18 00:17
    無料診断がされました。
  • 10/17 22:20
    無料診断がされました。
  • 10/17 19:45
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

金融機関からの借入の関連記事(90件)

1 2 3 4 5 18

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全474件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる