返済不要の資金調達方法5選!返済義務はあるが負担の少ない融資と要件、Twitter・インスタを利用した詐欺案件とは

運営事務局
運営事務局
更新日2024/7/19
PR

資金調達 返済不要 アイキャッチ

返済不要資金調達方法ってないの?

返済不要資金調達方法は危ない?

返済の負担が少ない資金調達方法は?

この記事では上記の悩みを解説します。

返済不要の資金調達方法はいくつかありますが、誰もが資金調達できるわけではありません

そのため、それぞれの資金調達方法の条件や特徴をしっかりと把握しておくことが重要です。

この記事では返済不要の資金調達方法や注意点を返済負担の少ない資金調達方法とともに解説します。

返済不要の資金調達をざっくりいうと...
  • 返済不要の資金調達方法は補助金・助成金・給付金、ベンチャーキャピタル(VC)、エンジェル投資家、ファクタリング、クラウドファンディングの5種類ある
  • 基本的に出資は自由な経営ができなくなる可能性があり、ファクタリングは手数料が高いデメリットがある
  • また、希望金額を調達できない可能性やTwitterやインスタなどSNSを利用した詐欺案件には注意が必要
  • 返済義務はあるが負担が少ない資金調達方法には日本政策金融公庫の融資や銀行の保証付き私募債
  • 手形貸付などがおすすめ

5分もあれば理解できる内容になっているので、返済不要の資金調達先を探している人は、負担のない資金調達方法について理解できるようになります!

返済不要の資金調達はファクタリングがおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

返済不要の資金調達方法5選

資金調達 返済不要 方法

返済不要の資金調達方法として代表的なものは次の5つです。

返済不要の資金調達方法
  • 補助金・助成金・給付金
  • ベンチャーキャピタル(VC)
  • エンジェル投資家
  • ファクタリング
  • クラウドファンディング

これら5つの方法であれば、 資金調達後に返済する必要はありません

まずはそれぞれの資金調達方法の特徴や調達するための条件について詳しく解説していきます。

返済不要の資金調達方法① 補助金・助成金・給付金

国や地方自治体は条件に見合う事業者に対して補助金や助成金や給付金を支給しています

これらの資金は基本的に返済する必要がありません。

ただし、補助金・助成金・給付金は誰もが受給できるわけではなく、給付条件に合致した場合のみ受け取れます

また、この中でも 特に補助金は多くの金額を受け取れるケースが多いですが、基本的には投資に対して必要金額の一部を補助するものです

例えば必要経費の7割を補助するものであれば、3割は自己負担しなければなりません。

補助金や助成金は受け取った資金を自由に使えるものではなく、ある程度自己資金がなければ利用できない点を理解してください。

返済不要の資金調達方法② ベンチャーキャピタル(VC)

ベンチャーキャピタルから出資を受ける方法も原則的に返済の必要がありません

ベンチャーキャピタルとは
上場前のスタートアップへ出資し、上場させることによって多額の利益を得ることを目的とした投資会社

資金力が豊富であるため、数億円を超えるような多額の資金を受け取ることができます

ただし、出資を受けることによって会社の株主はベンチャーキャピタルになるので、経営に口を出される可能性があります

また経営状態が思わしくない場合には、ベンチャーキャピタルから株の買取請求が行われることもあるので、100%返済不要というわけではありません

さらにベンチャーキャピタルが出資するのはよほど優れた技術やアイデアを持っている企業だけですので、そもそも一般の中小企業が資金調達することそのものが困難です。

返済不要の資金調達方法③ エンジェル投資家

エンジェル投資家とは、ベンチャー企業に対して出資を行う個人投資家のことです。

元経営者や起業家がエンジェル投資家として出資していることが多く、資金だけでなく人脈やノウハウまで提供してくれることがあります

ただし、 ベンチャーキャピタルと同様に、投資家が株式の一部を保有することになるので経営の独立性が損なわれ、場合によっては株式の買取請求が行われることがあります

さらに、個人投資家であるため高額の資金調達は不可能で、数百万円程度までしか資金調達できません

返済不要の資金調達方法④ ファクタリング

ファクタリングとは事業者が保有する売掛金などの売掛債権を売却する方法です。

資産の売却ですので、 売掛債権を保有しており売掛先企業の経営状態に問題がないのであれば申込事業者が赤字や債務超過でも資金調達することができる方法です

銀行融資に断られた事業者でも資金調達できる方法ですが、売却金額の10%程度の高額な手数料が発生します

また、ファクタリングは本来売掛債権の期日になれば売掛先企業から入金される予定のお金が前倒しで受け取れるだけですので、本質的に資金繰りが改善するわけではありません

返済不要の資金調達方法⑤ クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、インターネット上に事業の案件を公開し、「その案件を支援したい」という人から少額の支援を受けることによって資金調達する方法です

基本的には返済の必要がなく、集めたお金の使い道も補助金や助成金ほどには限定されないので、比較的自由な資金調達方法だと言えます。

ただし、クラウドファンディングサイト上には多額の案件が公開されており、誰もが目標通りの資金を調達できるわけではありません

また、 多くの人から「応援したい」と思われるような公共性や社会性の高い案件や、ストーリー性のある案件でなければ、お金を集めることは困難です

そのため、単純に営利目的の案件ではクラウドファンディングでお金を集めることは簡単ではありません

返済不要で資金調達する際の注意点

資金調達 返済不要 注意点

返済不要の資金調達を利用する際には次の4点にはくれぐれも注意してください。

返済不要の資金調達の注意点
  • 出資を受けると自由な経営ができなくなる可能性
  • ファクタリングは手数料が高い
  • 希望の金額を調達できない可能性もある
  • TwitterやインスタなどSNSを利用した詐欺案件に注意!

経営の自由が奪われたり、かえって負担が大きくなったり、場合によっては犯罪に巻き込まれてしまうリスクもあります

返済不要で資金調達する際の4つの注意点について詳しく解説していきます。

出資を受けると自由な経営ができなくなる可能性

ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家から出資を受けることによって資金調達すると、自由な経営ができなくなる可能性があります

出資を受けるということは、会社の株式をベンチャーキャピタルやエンジェル投資家へ売却するということです

そのため、会社の所有権の一部は投資家へ移り、出資者は株主として経営に口を出せるようになります。

これまで経営者の裁量で自由に経営ができていた企業でも、出資を受けたことによって経営に口を出されて、自由な経営ができなくなってしまうデメリットがあります。

ファクタリングは手数料が高い

ファクタリングによって資金調達する場合には、高額な手数料に注意が必要です。

ファクタリングの手数料は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングそれぞれ以下の通りです。

ファクタリングの手数料
・2社間ファクタリング:10%〜20%程度
・3社間ファクタリング:3%〜8%程度

例えば手数料10%で1,000万円の売掛債権をファクタリングした場合には、手数料として100万円程度の費用が必要になります。

借入で資金調達した方が負担は少ないので、返済不要ではあるもののファクタリングは決して経済的に得になる方法とは言えません

ファクタリングは「借入ができない」「すぐにお金が必要」という状況下においてのみ利用してください。

希望の金額を調達できない可能性もある

返済不要の資金調達方法では、希望の金額を調達できない可能性があります。

補助金であれば条件に見合った金額までしか調達できませんし、ファクタリングは売掛債権の範囲内、出資は出資者に左右されます

返済不要だからこそ「お金を出す側」に裁量が生じてしまうため、希望する通りの金額を資金調達できないという点に注意してください。

TwitterやインスタなどSNSを利用した詐欺案件に注意!

ネットには「返済不要」などの文言で、あたかも返済不要で資金調達できるかのように謳っている投稿やサイトも少なくありません

しかし このようなインターネット上の文言は100%詐欺であると認識し、くれぐれも接触しないようにしてください

このような投稿やサイトは「返済不要」という文言で、お金のない人を釣って、実際には高金利でお金を貸し付ける闇金である可能性があります。

返済不要な資金調達方法は、ご紹介したような方法に限られます。

甘い文言に釣られて闇金に引っかからないようにしてください。

返済義務はあるが負担が少ない資金調達方法

資金調達 返済不要 返済義務

返済不要な資金調達方法にはデメリットもあり、そもそも誰もが利用できるわけではありません。

そこで、 返済義務があるものの、できる限り負担の少ない方法で資金調達をするのがおすすめです

返済負担が少ない資金調達方法は次の3つです。

返済義務はあるが負担が少ない資金調達方法
  • 日本政策金融公庫の融資
  • 銀行の保証付き私募債
  • 手形貸付

それぞれの資金調達方法の特徴や条件について詳しく解説していきます。

日本政策金融公庫の融資

日本政策金融公庫は国が100%出資している中小事業者の資金繰り支援を行う金融機関です

国の金融機関ですので1%〜3%程度の低金利で融資を受けることができ、利息負担が少ないのが特徴です。

また、 銀行や信用金庫などの民間の金融機関が利用する信用保証協会の保証を利用しないので、民間金融機関とは完全に別枠で融資を受けることが可能です

銀行や信用金庫で融資を断られても低金利融資を受けられる可能性があるので、相談してください。

銀行の保証付き私募債

銀行が保証をつけて企業が発行する私募債でも低コストで資金調達できます

中小企業が発行する私募債とは少人数私募債という債券です。

少人数私募債とは
50人未満の少数の投資家に引受を依頼して発行する債権で、金融機関や少数の投資家が引き受けるのが一般的。

利息等の条件は発行する企業側が決めることができるので、銀行融資よりも低金利で資金調達できる場合があります

また、 銀行が私募債を引き受けるということは、その企業がよほど信用があるという証拠にもなるので、銀行の対外的な信用力がアップします

ある程度の企業規模になり、財務状態が健全であるのであれば、私募債による資金調達も検討してください。

手形貸付

手形貸付とは一般的に借入期間1年未満の融資です。

手形の期限まで一括で融資を行い、期限になったら一括で返済を行います

借入期間が短期間ですので、返済期間が1年以上になる長期借入金と比較して利息負担が少なくなります。

「借りたお金を1年未満で一括返済できる」という状況においては、返済期間が長期になる証書貸付ではなく、手形貸付の借入を金融機関へ相談してください

返済不要の資金調達 まとめ

資金調達 返済不要 まとめ

返済不要の資金調達方法として、出資を受ける方法やファクタリングなどの方法があります

しかし出資を受ける場合は経営の独立性が損なわれますし、ファクタリングの場合には手数料が高額になるなどのデメリットがあるのも事実です。

また、希望額通りの資金調達をすることは困難ですし、調達したお金の使い道は限定されることが多々あります。

民間金融機関や日本政策金融公庫などから借り入れることによって低負担で資金調達することができ、使い道も比較的自由です

返済不要の資金調達 まとめ
  • 返済不要の資金調達方法は補助金・助成金・給付金、ベンチャーキャピタル(VC)、エンジェル投資家、ファクタリング、クラウドファンディングの5種類ある
  • 基本的に出資は自由な経営ができなくなる可能性があり、ファクタリングは手数料が高いデメリットがある
  • また、希望金額を調達できない可能性やTwitterやインスタなどSNSを利用した詐欺案件には注意が必要
  • 返済義務はあるが負担が少ない資金調達方法には日本政策金融公庫の融資や銀行の保証付き私募債
  • 手形貸付などがおすすめ

返済不要の資金調達方法の特徴や注意点を理解して、自社にとってベストな方法で資金調達をしてください。

返済不要の資金調達はファクタリングがおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • u*****h様が
    600万円を調達しました。

  • s******w様が
    1100万円を調達しました。

  • i**h様が
    300万円を調達しました。

  • j*****i様が
    200万円を調達しました。

  • q******f様が
    1100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング