ベンチャーキャピタルとは?ベンチャーキャピタルの意味を分かりやすく解説!

master
master
更新日2022/7/5

資金調達プロの人気記事  NEW

ベンチャーキャピタルとは?

 

ベンチャーキャピタル会社とは、ベンチャー企業やスタートアップ企業など、高い成長が期待できる未上場企業に投資する投資会社のことです。この記事では、起業家が知っておきたいベンチャーキャピタルの仕組みや、ベンチャーキャピタルの意味を分かりやすく解説します。

 
この記事を書いた専門家(アドバイザー)
Tommy PROFILE

著者情報|TOMMY

資金調達プロのWEBライター、金融系記事の専門家(ビジネス、ローン、クレジットカード)が専門。2010年にTommy’s WRITING.Incを設立。補助金・助成金制度日本政策金融公庫信用保証協会関連の記事、フリーランスの資金調達情報を収集・記事にしています。

Twitter

 

お金が欲しい時に参考にしたい|WEBメディア

 

資金調達プロのアンケートはコチラ!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

 

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

ベンチャーキャピタルとは?

 

ベンチャーキャピタル(VC)とは、未上場の新興企業に投資した後、その株式を取得し、将来企業が株式公開(上場)した際に売却し、大きな利益を得ることを目的とした投資会社やファンドのことです。

 

ベンチャーキャピタル(VC)は、投資した会社を株式公開(Growing Public)したり、他のファンドなどに株式を売却することで利益を得ることができます。

 

ベンチャーキャピタルは投資を行うために、「ファンド」(複数の投資家からの資金を利用する仕組み)を設立し、ジェネラルパートナー(無限責任組合員)となって投資家から資金を集め、ファンドが集めた資金から各企業に投資を行う。つまり、上場や売却によって調達した資金を投資家に分配するのである。

 

投資した企業が成長しなければ、投資は失敗となり、資金を回収することはできない。そのため、ベンチャーキャピタルは投資した企業の成長を支援する。成長支援の方法は、ベンチャーキャピタルごとに異なります。社内のメンバーとして参加するところもあれば、社外のコンサルティングを行うところもあります。

 

また、ベンチャーキャピタル以外にも、企業に資金を提供する銀行もある。この2社は、企業に資金を提供するという意味では似ていますが、「投資」と「融資」の違いがあります。

 

銀行は、担保に基づいてローン(資金の貸し出し)を行い、最終的には調達した資金と利息を返済します。企業が融資を受けるためには、信用と担保が必要です。一方、ベンチャーキャピタルは、創業間もない企業に資金を投入し、その企業の成長を期待するものです。

 

融資と違って返済はありませんが、「配当請求権」を行使することで配当を受けることができます。このため、事業展開の初期段階にあるベンチャー企業が多額の資金を必要とする場合、ほとんどの場合、ベンチャーキャピタルから資金を調達することになります。

 

なお投資に失敗して倒産したり、上場できなかったりすることが多いため、各投資案件で投資額の3倍、5倍、10倍のリターンを目指しており、打率は低いが長期を目指すタイプの投資方針と言えます。またベンチャーキャピタル(VC)はCBや様々な種類の株式を引き受けています。

 

ベンチャーキャピタルと投資の仕組み

 

ベンチャーキャピタルと投資の仕組みですが、投資した企業が上場すれば、その株式は市場で取引され、ベンチャーキャピタルは投資額を回収することができます。

 

またベンチャーキャピタルが投資した企業が上場企業になれば、市場での取引が可能になり、ベンチャーキャピタルは保有する株式を売却することで投資額を回収することができます。

 

さらにベンチャーキャピタルが投資した企業が上場企業になれば、市場での取引が可能になり、VCは株式を売却することで投資額を回収することができ、ベンチャーキャピタルが投資した会社が他の会社に買収された場合(M&A)、VCは自分の投資を回収する可能性もあります。

 

ベンチャーキャピタリストとは?

 

ベンチャーキャピタリストとは、優良な成長企業に投資(資金)を行い、投資した企業の成長を実現することでキャピタルゲインを得るプロフェッショナルのことです。ベンチャーキャピタルは、有望な投資対象を選び、投資後もパートナーとして惜しみない協力をすることで、企業価値の最大化を図ります。

 

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

ベンチャーキャピタルとスタートアップの違い

 

ベンチャーキャピタルとスタートアップの違いですが、ベンチャー企業とは、既存のビジネスモデルをベースに、収益性の向上や規模の拡大などを工夫して売上を伸ばす組織のことです。

 

一方スタートアップは、探究心を持って新しいイノベーションを生み出し、新しいビジネスモデルを開発する組織です。スタートアップを一言で表現するならば、「革新的」かどうか。

 

ベンチャー企業が中長期的な課題に取り組み、世の中の問題を解決しようとするのに対し、スタートアップ企業は短期間で結果を出すことに主眼を置いています。

 

起業家はイノベーションによって人々の生活や社会を変えるために会社を作ります。創設者を含め、即戦力となる人材で構成された組織です。しっかりとしたビジネスモデルを持たずに模索しながら、新しいビジネスモデルを開発することで迅速な成長を目指します。

 

実際、一攫千金を狙う企業が海外に投資して事業を拡大することは珍しくない。しかし、日本ではそれに比べてエグジットの規模が小さく、スタートアップで成功した例は非常に稀です。

 

ベンチャーキャピタルを利用するメリットとデメリット

 

自分が始めた事業の方針に従う」ことを第一に考える起業家であれば、どうしても妥協できない部分が出てきます。短期的な成長を求める起業家と、自由な経営を求める起業家とでは、ベンチャーキャピタルからの資金提供のメリット・デメリットは大きく異なります。

 

実際ベンチャーキャピタルから資金を調達することで、上場に向けた短期的な成長が現実のものとなります。

 

しかし、彼らは単にあなたの会社にお金を投資(出資)するだけではありません。投資の前提となるのは、会社を上場させることです。そのためには、ベンチャーキャピタルの経営方針に沿った上場ができなければなりません。

 

ベンチャーキャピタルが投資するのはお金だけではありません。ベンチャーキャピタルは資金だけでなく、投資先の企業に豊富な経営ノウハウを提供します。ほとんどの場合、ベンチャーキャピタルから役員が出向し、現場に近い立場で経営をサポートする。また、ベンチャーキャピタルが、投資した企業間の業務提携やコラボレーションの橋渡しをするケースもあります。

 

時代を反映した革新的なビジネスを始めた起業家にとっては、こうした豊富な経営ノウハウから学び、見習うべき点が多く、他社との業務提携やコラボレーションは魅力的な支援形態となります。

 

ただし、このような「経営支援」は、短期間で事業を成長させて株式公開するためのベンチャーキャピタル的な手法であり、投資した資金を早期に回収することが目的であることを忘れてはなりません。

 

投資した資金を早期に回収することを目的としています。経営支援」というよりも、ベンチャーキャピタルの「経営方針」に従うことになります。

 

またベンチャーキャピタルは、成長性のある新興企業に資金と経営支援を提供し、事業を急成長させて企業価値を高め、株式市場に上場させることを目指します。

 

上場後、ベンチャーキャピタルは保有する株式を売却して投資資金を回収します。上場後の株式売却で得られる金額が投資金額を上回ることが前提となっている。” ベンチャーキャピタルの基本スタイルは、”上場による利益 “を享受することです。

 

ベンチャーキャピタルがベンチャー企業を一刻も早く上場させたいと考えるのは、それによって投資資金を早期に回収できるからです。上場するには、事業の成長だけでなく、上場のためのコストや準備も必要です。ベンチャーキャピタルから資金を調達すると、この上場準備が早くから始まります。

 

国内の有名なベンチャーキャピタル

 

日本のベンチャーキャピタルを集めてみました。

 

  • アーキタイプベンチャーズ株式会社
  • 株式会社 iSGSインベストメントワークス
  • i-nest capital株式会社
  • 株式会社アコード・ベンチャーズ
  • 朝日メディアラボベンチャーズ株式会社
  • 株式会社ANOBAKA
  • Abies Ventures株式会社
  • アント・キャピタル・パートナーズ株式会社
  • ANRI
  • 池田泉州キャピタル株式会社
  • 伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社
  • イノベーション・エンジン株式会社
  • いよぎんキャピタル株式会社
  • インキュベイトファンド
  • 株式会社WiL
  • ウエルインベストメント株式会社
  • Eight Roads Ventures Japan
  • エス・アイ・ピー株式会社
  • SMBCベンチャーキャピタル株式会社
  • SBIインベストメント株式会社
  • NECキャピタルソリューション株式会社
  • 株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ(福岡銀行)
  • Angel Bridge株式会社
  • 株式会社エースタート
  • 大分ベンチャーキャピタル株式会社
  • 大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社
  • 岡三キャピタルパートナーズ株式会社
  • 株式会社海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)
  • 株式会社環境エネルギー投資
  • Catalys Pacific, LLC
  • 京都大学イノベーションキャピタル株式会社
  • きらぼしキャピタル株式会社
  • XTech Ventures株式会社
  • 株式会社gumi ventures
  • グローバル・ブレイン株式会社
  • 株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
  • 株式会社ケイエスピー
  • 株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ
  • Coral Capital
  • ごうぎんキャピタル株式会社
  • 株式会社サイバーエージェント・キャピタル
  • 株式会社サムライインキュベート
  • 三生キャピタル株式会社
  • 株式会社サンブリッジグローバルベンチャーズ
  • 静岡キャピタル株式会社
  • 一般財団法人社会変革推進財団
  • 信金キャピタル株式会社
  • 新生企業投資株式会社
  • 株式会社ジェネシア・ベンチャーズ
  • ジャフコ グループ株式会社
  • 株式会社常陽キャピタルパートナーズ
  • GxPartners有限責任事業組合
  • Scrum Ventures Japan LLC
  • 一般社団法人日本スタートアップ支援協会
  • STRIVE株式会社
  • Spiral Capital株式会社
  • スパークス・アセット・マネジメント株式会社
  • 栖峰投資ワークス株式会社
  • 株式会社ゼロワンブースター
  • 大和企業投資株式会社
  • W ventures株式会社
  • 地域創生ソリューション株式会社
  • 筑波総研株式会社
  • 株式会社TNPオンザロード
  • 株式会社TNPパートナーズ
  • 合同会社テックアクセルベンチャーズ
  • DIMENSION株式会社
  • 株式会社DG Daiwa Ventures
  • 株式会社DGベンチャーズ
  • DBJキャピタル株式会社
  • D4V合同会社
  • 株式会社ディープコア
  • 株式会社デライト・ベンチャーズ
  • 株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズ
  • 東京大学協創プラットフォーム開発株式会社
  • 東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社
  • とっとりキャピタル株式会社
  • DRONE FUND株式会社
  • 株式会社ドーガン・ベータ
  • 新潟ベンチャーキャピタル株式会社
  • ニッセイ・キャピタル株式会社
  • 日本アジア投資株式会社
  • 日本プライベートエクイティ株式会社
  • 日本ベンチャーキャピタル株式会社
  • Newton BioCapital S.A.
  • 八十二キャピタル株式会社
  • 肥銀キャピタル株式会社
  • 株式会社広島ベンチャーキャピタル
  • Beyond Next Ventures株式会社
  • B Dash Ventures株式会社
  • 株式会社ファストトラックイニシアティブ
  • 株式会社 FINOLAB
  • フェムトパートナーズ株式会社
  • 株式会社福井キャピタル&コンサルティング
  • フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
  • フリーバンクキャピタル株式会社
  • 株式会社フレイ・ホールディングス
  • プライマルキャピタル
  • 株式会社プライムパートナーズ
  • Plug and Play Japan株式会社
  • ヘッドライン(インフィニティ・ベンチャーズ)
  • ベンチャーユナイテッド株式会社
  • 北海道ベンチャーキャピタル株式会社
  • Bonds Investment Group株式会社
  • 株式会社MAKOTOキャピタル
  • マネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社
  • みずほキャピタル株式会社
  • 三井住友海上キャピタル株式会社
  • 三井物産グローバル投資
  • 三菱UFJキャピタル株式会社
  • みやこキャピタル株式会社
  • 株式会社みらい創造機構
  • モバイル・インターネットキャピタル株式会社山口キャピタル株式会社
  • ユニバーサル マテリアルズ インキュベーター株式会社
  • 株式会社UB Ventures
  • リアルテックホールディングス株式会社
  • りそなキャピタル株式会社
  • MedVenture Partners 株式会社
  • 東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社

 

このほか国内のベンチャーキャピタルは、一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会のサイトで確認できます。

 

一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

海外の有名なベンチャーキャピタル

 

海外の有名なベンチャーキャピタルを一部紹介します。

 

  • セコイア・キャピタル(Sequoia Capital)
  • クライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズ
  • フェノックス・ベンチャーキャピタル(Fenox Venture Capital)
  • コースラ・ベンチャーズ(Khosla Ventures)

 

ベンチャーキャピタルから資金調達する方法

 

ベンチャーキャピタルから資金を調達するのに必要なのは、提供する商品やサービスにおいて以下のポイントをおさえることです。ベンチャーキャピタルは、提案する製品やサービスにベネフィット(市場での優位性)があるかどうかを重視します。

 

ベンチャーキャピタルから出資を受ける方法
✔️ 提供する商品やサービスに優位性がある
✔️ 商品やサービスが売れるための市場が整っている
✔️ 今後株式公開の予定がある
✔️ 優秀な経営陣が揃っていること
✔️ 事業計画書に必要な要素がすべて網羅されていること

 

これはベンチャー企業に限ったことではありません。銀行から融資を受けるためには、市場での優位性やサービス・製品の独自性が最も重要な要素と考えられます。ベンチャーキャピタルから資金を調達する方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

 

 

ベンチャーキャピタリストになる方法

 

ベンチャーキャピタリストになりたい人は、ベンチャーキャピタルの中途採用に応募するといいでしょう。中途採用の場合、新卒と違って独立系の小規模なベンチャー企業にも募集がありますが、即戦力やそれに準ずる高いポテンシャルを求める傾向が強く、中途採用の障壁は高いと言えます。

 

一部の大規模なベンチャーキャピタルを除いて、ベンチャーキャピタルは基本的に少数のエリートで構成されており、仕事のできる人材が集まっている。そのため、中途採用では、ベンチャーキャピタルの経験がない若手に限定される傾向があります。

 

中途採用の応募方法には、人材紹介会社を利用する方法と、転職サイトや志望企業のホームページから直接応募する方法があります。

 

また、ベンチャーキャピタルへの転職は、人脈があって実現することもあります。特に、独立系の小さなベンチャーキャピタルは、あまり採用活動を行わず、少数の人しか採用しません。そのため、パートナーを通じて自分の周りにいる人材を直接探すことができます。

 

新卒でベンチャーキャピタリストになる方法

新卒でベンチャーキャピタリストになるためには、新卒で大手のベンチャーキャピタルに応募することです。また、ベンチャーキャピタルに特化していない企業でも、金融機関やIT関連企業など、ベンチャーキャピタルを扱う子会社や関連会社を持っている企業を志望するという方法もあります。

 

ベンチャーキャピタルの年収

 

ベンチャーキャピタルの年収ですが、ある調査によると、ベンチャーキャピタルの上位3社の平均年収は890万円だそうです。国内トップのジャフコの平均年収は約1,200万円。一般的にベンチャーキャピタリストの平均年収は、給与所得者よりも高い傾向にあります。

 

実際ベンチャーキャピタリストの年収については、非常に大きな金額を稼げる可能性があり、中には1億円を超えるベンチャーキャピタリストもいるといいます。

 

ベンチャーキャピタルはきつい?

 

ベンチャーキャピタルは、自分で投資先を見つけなければいけません。さらに投資の結果が出るまでには長い時間がかかり、投資を回収できる保証はありません。

 

またベンチャーキャピタルは成果主義の業界であるため、多くの企業が年俸制の実力主義を採用しています。投資した企業へのアドバイスやサポートを求められることも多く、精神的なプレッシャーも大きいようです。

 

さらにベンチャーキャピタリストの仕事は、将来性のある企業や事業を見つけ、投資して育て、上場時には資産を売却して利益を上げることです。しかし、投資を始めてから結果が出るまでには、長い時間(5~10年)がかかります。

 

投資に見合った成果が得られなければならず、成果を出すためには、投資先企業へのきめ細かいサポートが不可欠です。これらがベンチャーキャピタル=ハードワーク」と言われる所以と言えるでしょう。

 

ベンチャーキャピタルに転職する方法

 

ベンチャーキャピタルに転職する方法ですが、ベンチャーキャピタルへの転職は、業界で実績のあるプロのアドバイザーがきめ細かなサポートを行う「転職エージェント」の利用がオススメです。特にベンチャーキャピタルの就職に強いのが、

 

  • BIZREACH(ビズリーチ)
  • JAC Recruitment(JACリクルートメント)
  • マイナビ IT AGENT
  • リクルートエージェント
  • Doda

 

などの転職エージェントです。ベンチャーキャピタルの転職を目指す方は、ぜひ申し込んでみてください。

 

ベンチャーキャピタルの仕組みが分かるおすすめ書籍

ベンチャーキャピタルの仕組みが分かるおすすめ書籍を集めてみました。

 

 

VP以外に事業資金の調達でおすすめの方法

 

VP以外に事業資金の調達でおすすめの方法は、以下の記事にて詳しく解説しています。

 

 

まとめ

 

今回はベンチャーキャピタルの意味や仕組みについて詳しく解説しました。ベンチャーキャピタルの関連情報は以下の記事でも取り上げています。ぜひ本記事と合わせてご覧ください!

 

ベンチャーキャピタルの関連記事

【エンジェル投資家のすべて】個人投資家から資金援助を受ける方法

【2021年2月最新版】個人投資家ランキングベスト50!最もお金持ち&儲けた国内外投資家

個人投資家になって「成功する」7つの方法 個人投資家として起業し、成功しよう!

【2021年2月最新版】個人投資家ブログ80選!一番儲かっている国内&海外投資家ランキング

【保存版】投資家募集するなら絶対知りたい7つのポイントと注意点

個人投資家との付き合い方

個人投資家に気に入られる経営者とは?

個人投資家がどうしても見つからないときにすべきこと

エンジェル投資家とは、個人投資家から資金調達しよう

エンジェル投資家とは?出資を受ける5つの秘訣とメリット・デメリット

個人投資家との関係性

個人投資家のマッチングサイト

個人投資家からの借入

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

 

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • a**u様が
    300万円を調達しました。

  • r**e様が
    800万円を調達しました。

  • x***x様が
    600万円を調達しました。

  • l***i様が
    200万円を調達しました。

  • j*****a様が
    200万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング