銀行融資の審査とは?通らない理由や審査の流れと期間、銀行格付けについて

運営事務局
運営事務局
更新日2023/12/19
PR

銀行融資, 銀行ローン審査

銀行融資審査は何をするの?

銀行融資審査に落ちる理由は?
銀行融資審査はどれくらいかかる?

この記事では、上記のような疑問や悩みを解決します。

銀行融資の審査では、借り手がきちんと貸した資金を返済できるかが判断されています。

銀行融資の審査は、銀行ごとに審査基準が設定されていますが、この審査基準は公開されていないため、借り手側は審査に落ちたとしても理由を知ることはできません

銀行融資のプログラムに応じて審査難易度も異なるので、自分が置かれた状況に合った融資プログラムを利用することが大切 です。

銀行融資の審査についてざっくり言うと・・・
  • 銀行融資の審査基準は公開されていない
  • 銀行融資の審査では様々な要素を組み合わせて融資可否を判断する
  • 銀行融資が実行されるまでは時間がかかる

銀行融資の審査基準は非公開

銀行融資 審査 非公開
銀行融資の審査基準は一般に公開されていません

各銀行では、融資の審査基準を必ず設定しており、融資可否を判断する際に利用しています。

もちろん、融資の可否は一つの要素で決まるわけではなく、複数の要素を組み合わせて総合的に判断するのが普通です。

以下では、銀行融資の際に一般的に利用される審査のポイントについて解説します。

銀行融資の審査可否は複数の要素で決まる

銀行融資の審査可否は複数の要素の組み合わせで総合的に判断されます

銀行融資に通るためには、 まず明確で具体的な事業計画書を作成し、事業の目的や目標、収益予測、資金使途などを詳細に記載することが重要 です。

また、 過去数年間の収支報告書や資産・負債の状況を整理し、健全な財務状況を示すことや、現金流れが安定していることも大切なポイント となります。

個人信用情報事業信用情報を確認し、過去の借入履歴や延滞履歴がないことを確認することも融資の基本条件となります。

さらに、融資を受ける際に担保や保証人が求められることがあるため、必要に応じて適切な担保保証人を用意することが大切です。

銀行担当者とのコミュニケーションがスムーズに進むことも重要であり、事業内容や資金使途を明確に伝え、信頼関係を築くことが求められます。

金融機関を選定する際には、融資条件や金融機関によって異なる審査基準や提供サービスを考慮し、自分の事業や資金調達ニーズに適した金融機関を選ぶ ことが重要です。

資金使途や目的を明確にすることで、銀行側が融資のリスクを評価しやすくなりますので、具体的な融資目的を明確に伝える必要があります。

これらのポイントを押さえることで、銀行融資の審査に通りやすくなりますが、融資を受ける際には、自己資金や他の資金調達方法とのバランスも考慮することが重要です。

利用資格を満たしているかまずは確認する

銀行融資 審査 利用資格
各銀行が提供する融資プログラムは、必ず利用できる条件(資格)が決まっています

たとえば、個人事業主向けに提供されている融資プログラムもあれば、法人しか利用できない融資プログラムもあります。

どのような場合でも、利用資格を満たしていない融資プログラムを受けることはできません

したがって、銀行からの融資を受ける前に、融資プログラムの利用資格を確認することが大切です。

銀行融資の審査は個人事業主でも通る

個人事業主でも融資を受けることが可能です

銀行や信用金庫、政府系金融機関などが、個人事業主向けの融資プログラムを提供しています。

ただし、融資を受けるためには、以下の条件を満たす必要があります。

個人事業主が融資を受けるためのチェックリスト
  • 信用力の証明:過去の借入履歴や信用情報がチェックされます
  • 事業計画書の提出:事業計画書には、事業の目的や目標、収益予測、資金使途などが明確に記載されている必要があります
  • 財務状況の開示:過去数年間の収支報告書や資産・負債の状況を示す資料が必要です
  • 担保・保証人の用意:融資を受ける際には、担保や保証人が求められることがあります

個人事業主であっても、これらの条件を満たし、適切な資料を提出することで融資を受けることができます。

また、 融資を受ける際には、複数の金融機関や融資プログラムを比較検討し、自分に適したものを選ぶことが重要 です。

銀行融資の審査に通らない理由

銀行融資 審査 通らない理由
銀行融資の審査に通らないのには必ず理由があります

しかし、銀行融資の審査に通らなかったとしても、銀行は落ちた理由を教えてはくれません。

そこで以下では、銀行融資の審査に通らない代表的な理由について解説します。

銀行審査に通らない履修
  • 資金使途・必要金額の根拠がよくわからない
  • 決算書から返済原資の確認ができない
  • 信用情報に「異動」の履歴がある
  • 赤字決算
  • ノンバンクからの借入が残っている
  • 担保・保証人の用意ができない

資金使途・必要金額の根拠がよくわからない

資金使途・必要金額の根拠がよくわからない場合、審査に落ちる可能性が高くなります

銀行融資において、事業計画書の提出が求められるのが一般的ですが、銀行は事業計画書からなぜ資金が必要なのか、その資金をどのように使うのかをチェックしています。

事業計画が明確でない、またはリスクが高いと判断される場合、銀行は融資を慎重になる のが普通です。

銀行は、事業計画を通じて事業者の収益予測キャッシュフローを評価し、借入金を返済できる能力があるかどうかを判断します。

そのため、 事業計画は、事業の収益性や将来性を示す重要な指標 です。

また、事業計画には、融資を受ける目的や具体的な使途だけでなく、事業の成長戦略や具体的なアクションプランが記載されています。

銀行はこれらの情報を評価し、事業者が融資を活用して成功裏に事業を拡大できる可能性があるかを判断しますので、これらがしっかりしてない場合には審査に落ちる可能性が高くなります。

決算書から返済原資の確認ができない

銀行融資の審査において、決算書から返済原資の確認ができない場合、審査に落ちる可能性が高くなる ことがあります。

返済原資は、融資を返済するための資金源を指します。

決算書から返済原資が確認できない場合、銀行は借り手の返済能力に疑問を持ち、融資を慎重になることが一般的です。

決算書は、事業の収益状況や財務状況を示す重要な資料です。

銀行は、決算書をもとに以下の点を評価します。

  1. 収益性:利益やキャッシュフローが十分にあるかどうかを確認します
  2. 負債状況:既存の借入金や負債が返済能力を超えていないかを評価します
  3. 資本構成:自己資本比率や負債比率など、企業の財務構造が適切であるかを判断します。

これらの評価結果によって、銀行は返済原資が確保できるかどうかを判断します。

返済原資の確認が難しい場合、銀行は決算書以外の資料を提出して、返済原資が確保できることを証明することを求めたり、担保や保証人を求める場合があります

返済原資が確認できない場合でも、他の要因が良好であれば、銀行融資の審査に通る可能性もあります。

ただし、全体的な評価が低いと、審査に落ちるリスクが高まります。

返済原資が確認できない場合は、事業計画や他の財務情報を充実させ、銀行に対して返済能力を説明することが重要 です。

信用情報に「異動」の履歴がある

信用情報に「異動」の履歴がある場合、銀行融資の審査に落ちる可能性が高くなります

「異動」の履歴は、信用情報において、過去の返済履歴や金融機関との取引履歴に何らかの変更があったことを示しているからです。

異動の内容によっては、信用力に悪影響を与えることがあります。

たとえば、以下のような異動がある場合、審査に落ちるリスクが高まります。

  1. 遅延履歴:過去にローンやクレジットカードの返済が遅れた履歴がある場合、銀行は返済能力に疑問を持ちます
  2. 債務整理や破産:過去に債務整理や破産手続きがあった場合、信用力が低いと判断されることがあります
  3. 金融機関との取引停止:過去に金融機関との取引が停止された履歴がある場合、信用力に悪影響を与えます

ただし、異動の内容や経過時間によっては、審査に通る可能性もあるので注意してください。

赤字決算

銀行融資において決算が赤字である場合、審査に落ちる可能性が高くなる ことがあります。

赤字決算は、事業の収益性が低いことを示しており、銀行は借り手の返済能力に疑問を持つことが一般的です。

赤字決算だけでなく、他の要素が良好であれば、銀行融資の審査に通る可能性があります。

赤字決算が気になる場合は、事業計画や財務情報を充実させ、銀行に対して返済能力を説明することが重要 です。

また、複数の銀行と相談し、自身の状況に適した銀行を選択することも審査の成功に繋がります。

ノンバンクからの借入が残っている

ノンバンクからの借入が残っていても銀行融資の審査に落ちるとは限りません。

銀行は、残債がある場合でも、事業者の全体的な財務状況や事業計画を評価して融資の可否を判断します

そのため、残債があっても、他の要素が良好であれば、銀行融資の審査に通る可能性があります。

ただし、残債が多く、返済能力に疑問がある場合は、審査に落ちるリスクが高まるので注意してください

残債があることで、銀行は返済能力や負債状況についてより慎重に評価することになります。

担保・保証人の用意ができない

銀行融資において担保や保証人の用意ができない場合、審査に落ちる可能性が高くなる ことがあります。

担保保証人は、返済が滞った場合に銀行がリスクを回避できる手段となります。

そのため、 担保や保証人が用意できない場合、銀行はリスクを取りにくくなり、融資の審査が厳しくなる ことが一般的です。

融資の審査に影響する銀行の格付けについて

銀行融資 審査 格付け
債務者格付は、格付け機関が企業や国の信用力や返済能力を評価し、ランク付けするもの です。

以下は、代表的な格付け機関であるスタンダード&プアーズ(S&P)ムーディーズの格付け表です。

スタンダード&プアーズ(S&P)

AAA 最高の信用力
AA+、AA、AA- 非常に高い信用力
A+、A、A- 高い信用力
BBB+、BBB、BBB- 良好な信用力
BB+、BB、BB– 投機的な信用力
B+、B、B- 高リスクの投機的信用力
CCC+、CCC、CCC- 非常に高リスクの投機的信用力
CC デフォルトの可能性が高い
C デフォルトが懸念される
D デフォルト

ムーディーズ

Aaa 最高の信用力
Aa1、Aa2、Aa3 非常に高い信用力
A1、A2、A3 高い信用力
Baa1、Baa2、Baa3 良好な信用力
Ba1、Ba2、Ba3 投機的な信用力
B1、B2、B3 高リスクの投機的信用力
Caa1、Caa2、Caa3 非常に高リスクの投機的信用力
Ca デフォルトの可能性が高い
C デフォルトが懸念される
D デフォルト

これらの格付けは、 債務者の信用力や返済能力を評価する際に、投資家や金融機関が参考にする ものです。

ただし、格付けはあくまで予測であり、実際の信用力や返済能力とは必ずしも一致しないことに注意が必要です。

銀行融資の審査と流れ

銀行融資 審査 流れ
銀行融資の審査については、以下のステップで進んでいきます。

STEP1
融資を受ける銀行を選ぶ

銀行ごとに融資プログラムは異なるので、ニーズにあった融資プログラムを選択します


STEP2
融資の申し込み

慎重に検討して、銀行に融資の申し込みを行います


STEP3
必要書類の提出

融資審査に必要な書類を提出します


STEP4
審査と融資実行

書類に基づいて融資資産を行われ、融資が実行されます

STEP1 融資を受ける銀行を選ぶ

銀行融資を受けるまでの流れは、 まず事業計画や資金調達ニーズを整理し、自分の事業に適した金融機関を選びます

STEP2 融資の申し込み

融資を受ける銀行を選んだら、次に融資の申し込みを行います。

この時点で、 銀行の融資担当者と面談を行い、事業内容や資金使途、返済計画などを説明し、信頼関係を築きます

STEP3 必要書類の提出

選定した銀行に融資申込書や事業計画書、過去の決算書などを提出し、融資の申し込みを行います

その後、融資担当者は、提出された書類や面談内容をもとに、融資審査を行います。

STEP4 審査と融資実行

審査では、財務状況や信用情報、担保・保証人の有無などが評価されます

審査が通れば、銀行と融資契約を締結し、具体的な融資条件返済スケジュールが決定されます。

最後に、契約内容を確認し、融資が実行されます。

資金は、指定された口座に振り込まれるか、銀行の窓口で現金として受け取ることができます

こうして、銀行融資のプロセスが完了し、資金調達が実現されます。

銀行融資の審査にかかる期間

銀行融資 審査 期間
銀行融資では審査に時間がかかる のが一般的です。

審査期間は、融資形態に応じて審査にかかる時間は変わります。

ここでは、プロパー融資保証付き融資の審査にどれくらい時間がかかるかを解説します。

銀行融資の審査にかかる期間
  • プロパー融資は2週間~3週間
  • 保証付き融資は1ヶ月~1ヶ月半

プロパー融資は2週間~3週間

プロパー融資の場合、銀行融資の審査には2週間〜3週間程度の時間が必要です。

プロパー融資とは、 銀行が主に法人や個人事業主に対して提供する、一般的な事業資金融資のこと を指します。

プロパー融資の特徴は以下の通りです。

  1. 用途:事業運転資金や設備投資、事業拡大など、さまざまな事業目的で利用することができます
  2. 金利:金利は銀行ごとに異なりますが、一般的には固定金利または変動金利が選択できます。信用力が高い企業ほど、金利が低く設定されることが一般的です
  3. 返済方法:返済方法は元利均等返済や元金均等返済など、銀行との契約によって異なります。また、返済期間も銀行との交渉や契約内容によって変わります。

プロパー融資の審査期間については、銀行や融資の規模、申請者の事業状況などによって異なります。

一般的には、審査期間は2週間~3週間程度ですが、大規模な融資や事業状況が複雑な場合は、審査期間がさらに長くなることがあります

保証付き融資は1ヶ月~1ヶ月半

保証付き融資は、審査に1ヶ月〜1ヶ月半程度かかります。

プロパー融資よりも長い審査時間が必要 です。

保証付き融資とは、 銀行が融資を提供する際に、保証人や保証機関が借り手の返済義務を保証するタイプの融資 です。

保証付き融資の特徴は以下の通りです。

  1. 保証人・保証機関:個人保証人や、信用保証協会などの保証機関が返済義務を保証します。これにより、銀行はリスクを軽減できるため、融資が容易になることがあります
  2. 貸し手のリスク軽減:保証人・保証機関の存在により、貸し手のリスクが軽減されます。このため、保証付き融資では、無保証融資に比べて金利が低く設定されることが一般的です
  3. 借り手の信用力向上:保証付き融資は、信用力が低い借り手に対しても融資の機会を提供することができます。これにより、事業資金の調達が容易になります

保証付き融資の審査期間については、銀行や融資の規模、申請者の事業状況、保証人や保証機関の審査状況などによって異なります。

一般的には、 審査期間は1ヶ月~1ヶ月半程度ですが、これはあくまで目安であり、ケースによっては審査期間が短くなることも あります。

銀行融資の審査に落ちてしまった場合の資金調達方法

銀行融資 審査 それ以外
銀行融資の審査に落ちた場合でも資金を調達する方法はあります

自社が置かれた状況に応じて、それぞれの資金調達方法の特徴を活かすことが大切です。

ここでは、以下の資金調達方法について、その特徴と資金調達までにかかる時間について解説していきます。

銀行融資の審査に落ちてしまった場合の資金調達方法
  • 日本政策金融公庫の融資
  • ビジネスローン
  • ファクタリング
  • 補助金・助成金

日本政策金融公庫の融資

日本政策金融公庫(Japan Finance Corporation, JFC)は、日本の中小企業や個人事業主を支援するための政府系金融機関です。

日本政策金融公庫の融資は、民間の金融機関と比較して、以下のような特徴があります。

  1. 低金利:政府系金融機関であるため、一般的に民間銀行よりも低金利で融資を提供することができます
  2. 幅広い融資対象:新規事業や創業、研究開発、環境対策など、幅広い事業分野に対応した融資プログラムがあります
  3. 無担保・無保証人融資: 一定の条件下で、無担保・無保証人の融資が可能です。これにより、担保や保証人が用意できない事業者でも資金調達が可能となります

日本政策金融公庫の融資に関する入金までの期間は、融資の規模や申請者の事業状況、審査内容などによって異なります。

通常、 審査期間は3週間から1ヶ月程度かかりますが、融資内容や事業者の状況によっては、審査期間が短縮されることも あります。

ビジネスローン

ビジネスローンは、 主に中小企業や個人事業主向けに提供される、事業資金調達のための融資商品 です。

ビジネスローンの特徴は以下の通りです。

  1. 用途: 事業運転資金や設備投資、事業拡大、資金繰りの改善など、さまざまな事業目的で利用することができます
  2. 金利: 金利は銀行や金融機関ごとに異なりますが、一般的には固定金利または変動金利が選択できます。信用力が高い企業ほど、金利が低く設定されることが一般的です
  3. 返済方法: 返済方法は、元利均等返済や元金均等返済など、銀行や金融機関との契約によって異なります。また、返済期間も契約内容によって変わります。

ビジネスローンの入金までの期間は、銀行や金融機関、融資の規模、申請者の事業状況などによって異なります。

一般的には、 審査期間は2週間か4週間程度ですが、大規模な融資や事業状況が複雑な場合は、審査期間がさらに長くなることがあります

ファクタリング

ファクタリングとは、 企業が売掛金をファクタリング会社に売却し、現金化することで資金調達を行う方法 です。

ファクタリングの特徴は以下の通りです。

  1. 売掛金の早期回収: ファクタリングを利用することで、売掛金を早期に回収し、資金繰りを改善することができます
  2. 信用リスクの軽減: ファクタリング会社が売掛金の回収を行うため、個別顧客の信用リスクが軽減されます
  3. 迅速な資金調達: 審査期間が短く、比較的迅速に資金調達が可能です
  4. 保証人・担保不要: 多くのファクタリング会社では、保証人や担保が不要で、売掛金を担保に資金調達ができます

ファクタリングの入金までの期間は、ファクタリング会社や申請者の事業状況、売掛金の状況などによって異なりますが、通常は 比較的短期間で資金調達が可能 です。

審査期間は数日から1週間程度かかることが一般的で、審査が完了し契約が成立した後、すぐに入金が行われる ことが多いです。

ただし、ファクタリング会社や取引先の信用状況、売掛金の性質などによっては、入金までの期間が長くなることもあります。

複数のファクタリング会社と相談し、自社に適したサービスを選ぶことが重要です。

また、ファクタリング会社の審査やサービス内容を理解し、適切な資料を提出することで、スムーズに資金調達が進むことが期待できます。

補助金・助成金

補助金・助成金は、 国や地方自治体、公的機関などが、特定の目的や事業分野に対して提供する資金援助の一種 です。

補助金・助成金の特徴は以下の通りです。

  1. 無利子・返済不要:補助金・助成金は、基本的に無利子で返済不要な資金提供となります。ただし、一部の助成金には返済が必要な場合もあります
  2. 対象分野・用途が限定される:補助金・助成金は特定の目的や分野に対して支給されるため、対象となる事業や用途が限定されます
  3. 競争率が高い:補助金・助成金には多くの応募があり、競争率が高いため、選定プロセスが厳格です
  4. 申請手続きが複雑:補助金・助成金の申請手続きは煩雑で、必要書類や手続きが多く、事前の準備が重要です

補助金・助成金の入金までの期間は、申請から選定、認定までのプロセスによって異なります。

通常、申請期間や選定期間を含めると、数ヶ月から半年以上かかることが一般的です。

ただし、助成金・補助金の種類や申請時期、審査状況によっては、入金までの期間が短縮されることもあります。

銀行融資の審査 まとめ

銀行融資 審査 まとめ
銀行融資の審査では、 貸した資金がきちんと返済されるかどうかが総合的に判断されます

当然、借り手の貸倒れリスクが高い場合、銀行は融資の実行を躊躇します。

審査に通らない場合には、必ず理由がありますが、銀行はその理由を教えてはくれません

銀行から融資を受ける場合は、ポイントを押さえて自身の信用力を事前に高めておく必要があります。

銀行融資の審査に落ちてしまった場合でも、融資以外の資金調達手段があるので、よく検討してください。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • p***e様が
    1000万円を調達しました。

  • y*****f様が
    500万円を調達しました。

  • b*****a様が
    500万円を調達しました。

  • l******i様が
    300万円を調達しました。

  • b***e様が
    600万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング