お金を集める方法9選!法人や個人事業主・個人がネットで資金集めする方法とクラウドファンディングについて

運営事務局
運営事務局
更新日2024/3/21
PR

お金を集める方法 アイキャッチ

お金を集める方法は?

個人向けの資金集め方法が知りたい!
資金集めにクラウドファンディングはどう?

会社や個人事業主がネットで資金集めする方法として、クラウドファンディングの活用はおすすめです。

クラウドファンディングは、不特定多数の支援者から資金を集めること ができます。

また、会社・個人事業主いずれも、お金を集める方法は主に「融資」と「出資」の2つに分類されています。

融資と出資の違いを認識していないまま利用すると、最悪の場合返済不能に陥るケースも。

今回は、 ネットで資金集めできる「クラウドファンディング」に加え、会社や個人事業主がお金を集める方法 についてそれぞれ詳しく解説します。

この記事を確認することで、安全かつ計画的にお金を集めることへと繋がります。

資金調達したい事業者は10秒診断がおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

AGビジネスサポートのビジネスローンなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能!

▼ 起業や開業資金もOK! ▼

AGビジネスサポート

目次

【資金集め】個人事業主や会社がお金を集める方法

お金を集める方法 会社
個人事業主や会社がお金を集める方法は、大きく分類して 「融資(負債)」と「出資(資本)」 があります。

「事業を拡大したい」「チャンスにすぐ手を出せるよう資金を置いておきたい」など、資金集めを検討している方は、ぜひ以下の各章を確認してください。

お金を集める方法を、「会社」と「個人・個人事業主」ごとにそれぞれ詳しく解説するので、自分の事業に合った方法はどれか比較して検討してみてください。

会社がお金を集める方法① 銀行融資

会社やお金を集める方法として、まずはじめに頭に浮かびやすい 「銀行融資」は、金利が低く信用性が高いことが魅力な資金調達方法 です。

すでに事業で使っている銀行であったり、実績や売上がある会社・個人事業主の場合だと融資が受けやすい傾向があります。

MEMO
銀行融資は、貸し倒れのリスクを軽減できる「信用保証協会の保証付き融資」が多い。

その場合は利息以外にも「信用保証協会への保証料」を支払う必要がある。

なお、大手銀行は融資が厳しく、地方銀行は融資に前向きといった傾向があるため、起業したてで実績がない人は地方銀行がおすすめです。

銀行融資は、銀行の審査に通れば大きな金額を長期間で借入できます。

会社がお金を集める方法② 信用金庫からの融資

信用金庫は、地域の方々から預かった預金を「地域の発展を目的」として融資 している特徴あります。

融資金額などの条件によっては、会員資格が必要になる場合があるので注意してください。

信用金庫の会員資格
中小企業の会員資格:従業員300人以下もしくは資本金9億円以下で、営業エリアに立地していること。
個人の会員資格:信用金庫の営業エリアに居住または勤務していること。

各信用金庫ごとで融資条件は異なるため、上限金額や会員になる必要があるかどうか事前に確認してから活用してください。

MEMO
信用金庫からの融資は、基本的に「保証協会付き融資」となるため、信用金庫と信用保証協会から融資可能と判断されるとお金が借りられます。

会社がお金を集める方法③ 助成金・補助金

助成金や補助金は、返済義務がないメリットあるお金を集める方法 です。

助成金と補助金の違い
助成金は、一般的に雇用関係で使用されることが多い制度。
補助金は、国や地方自治体の政策目標を達成することで支給される制度。

応募条件については、各自治体のホームページに随時更新されるため、定期的にチェックしておいてください。

なお、助成金・補助金の申請方法がわからない場合は、商工会に聞いたり申請代行に依頼して、事業の安定・軌道に乗せるためにぜひ活用してください。

MEMO
応募期間が決められていたり、応募状況によっては締め切られる可能性もある。

会社がお金を集める方法④ クラウドファンディング

クラウドファンディングは、実現したい・達成したい目標を公開して、支援者からお金を集める方法 です。

クラウドファンディングはリターンによって、主に以下のように種類が分けられています。

種類 リターン内容
購入型 モノやサービスが得られる
寄付型 リターンの発生なし(手紙や写真が受け取れる場合もある)
融資型 利息が得られる
株式投資型 企業の株式や株主優待が受け取れる
不動産型 発生した利息が受け取れる

クラウドファンディングは、インターネットで不特定多数の支援者から資金を集めることが可能な方法です。

会社がお金を集める方法⑤ 他企業からの出資

自社の株を他の企業に譲渡し、出資してもらう 「他企業からの出資」の方法があります。

他企業と自社のジャンルが同じであったり、企業が協力することで高い成果などを生み出すこと(シナジー効果)が見込める場合に、資金提供してもらえる可能性が高いです。

MEMO
日頃から他企業の代表者や役員と関係づくりしておくことが重要。

なお、株主総会の「特別決議」を成立させるには、「67%の株式」を持っている必要があるので、安定的な経営を行うためにも67%の株は自社で持つことをおすすめします。

お金を集める方法として、他企業からの出資・出資額相当の株式を譲渡することがあげられます。

会社がお金を集める方法⑥ ベンチャーキャピタルからの出資

ベンチャーキャピタルからの出資を受けることで、返済義務がないお金を集めることに加え、経営ノウハウを学べます。

ベンチャーキャピタルとは
将来性が期待されるベンチャー企業に対して、出資をしてリターンを狙う組織・会社のこと。

ベンチャーキャピタルから出資を受けることは、資金調達に加え以下のようなさまざまなメリットがあります。

ベンチャーキャピタルで出資を受けるメリット
  • 直接経営支援を受けられる
  • 事業提携先を紹介してもらえる
  • 融資が受けやすくなる

ベンチャーキャピタルは、資金調達や経営支援も行ってもらえるため、起業したての方にとってとても心強い存在となります。

MEMO
起業して間もない・将来上場の可能性が低い場合は、出資してもらえない可能性が高い。

会社がお金を集める方法⑦ 個人投資家や従業員株持会からの出資

個人投資家や従業員持株会から出資してもらうことで、返済義務のないお金が用意できます。

個人投資家に出資してもらうケースは、ベンチャーキャピタルとは異なり「企業」ではなく「個人」から出資を受けます。

MEMO
ベンチャーキャピタルと同様に、将来性が期待できる企業に対して出資されるためハードルが高い。

また、 従業員持株会は従業員が自社株を共同購入・保有できる制度 であり、株が購入される分だけ会社は資金調達ができます。

従業員持株会からの出資は、安定した株式を獲得することに加えて、福利厚生の充実にも繋がります。

さらに従業員は資産形成に活用できるので、導入していない企業はぜひ検討してください。

MEMO
従業員持株会の解約手続きは複雑なため、すぐに解約される心配も少ない。

会社がお金を集める方法⑧ ビジネスローン

ビジネスローンは、最短即日にお金を借りることもできるため、急ぎで事業資金を用意したい人にもおすすめ です。

さらに、カードローンとは異なり総量規制の対象にならないため、 年収の3分の1を超える借入も可能 であり、事業資金が多く必要な場合にも活躍します。

MEMO
ビジネスローンを利用する際、基本的に法人は代表者が連帯保証人、個人事業主は担保・保証人が不要。

なお、返済が滞り資金繰りが悪化しないために、申し込みの前に「借入期間」と「借入金額」を決めて「利息総額」を計算することをおすすめします。

ビジネスローンは高額融資・即日融資にも対応しているケースもあるため、幅広い事業の場面で役に立ちます。

会社がお金を集める方法⑨ ファクタリング

ファクタリングは、会社が保有する売掛債権をファクタリング業者に買い取ってもらうことで最短即日に資金調達ができる お金を集める方法です。

売掛債権から取引手数料を引いた金額が支払われるため、本来の売掛債権よりも金額が少なることを理解して活用してください。

契約先や売却する売掛債権により異なりますが、手数料はおおよそ下記の通りです。

銀行借入 1%~3%
2社間ファクタリング 8%~18%
3社間ファクタリング 2%~9%

なお、無計画にファクタリングを利用することで、慢性的な資金不足に陥る可能性があるので注意してください。

ファクタリングを利用することで、売掛債権の回収日よりもはやく現金化することができ、短期間での資金調達が可能となります。

個人や個人事業主が資金集めする方法

お金を集める方法 個人 個人事業主
個人や個人事業主が資金集めする方法は、主に以下のとおりです。

個人や個人事業主が資金集めする方法
  • 個人向け補助金・助成金
  • 制度融資
  • 個人事業主向けのビジネスローン
  • 資産の現金化(不動産や債券など)
  • 親や知人からお金を借りる

個人事業主が経営を続けるにあたり、資金調達はとても重要なことです。

「個人事業主の資金調達について、あまり知らない」という人は、以下の資金集めする方法を参考にしてください。

個人や個人事業主が資金集めする方法① 個人向け補助金・助成金

個人向け補助金・助成金の 応募条件を満たしていると、返済義務がない補助金・助成金が支給 されます。

MEMO
補助金・助成金は、会社がお金を集める方法と同様に、個人や個人事業主の方も活用可能。

助成金は、一般的に雇用関係で使用されることが多い制度であり、「雇用の促進・維持」や「従業員の待遇改善」にかかった費用の一部が支給されます。

また、補助金は審査を通過することで、新規事業などでかかった費用の一部が支給されます。

補助金・助成金いずれも事前準備などが必要となるので、商工会に詳細を聞いたり、申請代行に依頼することをおすすめします。

個人や個人事業主が資金集めする方法② 制度融資

制度融資は、地方自治体・金融機関・信用保証協会が連携して資金提供している融資 のことです。

制度融資は、 低金利かつ借入期間が長期間 のため、ハードルが低く利用しやすいです。

加えて、自治体によっては利息の一部を負担してくれるケースもあるので、できるだけコストをおさえてお金を借りたい人におすすめ。

制度融資を利用する際、資金調達だけでなく経営相談にも乗ってくれるため、開業したての方にも心強い資金調達方法となっています。

MEMO
制度融資は、計52の信用保証協会で相談可能。(47都道府県+横浜市・川崎市・名古屋市・岐阜市・大阪市)
各自治体によって、制度や融資内容が異なる場合もあるので、事前に問い合わせて確認してください。

個人や個人事業主が資金集めする方法③ 個人事業主向けのビジネスローン

金融機関や消費者金融が提供しているビジネスローンを活用することで、資金調達が可能 です。

ビジネスローンは、法人のみ対象の場合もあるので、融資対象者が「個人事業主」のものを選んで申し込みしてください。

個人事業主が融資対象者のビジネスローンの例
  • オージェイ
  • 東京スター銀行
  • PayPay銀行

ビジネスローンは総量規制の対象外のため、カードローンよりも多くお金が借りられます。

なお、金利が高めに設定されているため、返済計画を立ててから利用してください。

ビジネスローンは、最短即日融資可能かつ融資額が大きいため、利便性が高くさまざまな事業シーンで役に立ちます。

個人や個人事業主が資金集めする方法④ 資産の現金化(不動産や債券など)

不動産や債券などがある場合、現金化することで返済不要のお金が用意できます。

下記のような売却できる資産がある人は、売却すればすぐに資金調達が可能です。

資産の現金化が可能な具体例
  • 不動産
  • 社用車
  • 税金対策のために購入した資産
  • ブランド品
  • 有価証券

また、ファクタリングを活用することで、 売掛債権を現金化し一時的な資金調達も可能 です。

ただしファクタリングは手数料が発生するため、無計画に利用するとかえって資金繰りを悪化させる危険性があるので注意してください。

資金の現金化は、いずれも売却できれば資金調達できるので「実績が少なくローン審査に通らない」という人におすすめなお金を集める方法です。

個人や個人事業主が資金集めする方法⑤ 親や知人から借りる

頼れそうな親や知人がいる場合は、資金を借りる ことも検討してください。

親や知人からお金を借りる場合は、もちろん返済義務が発生するので、しっかりと返済計画を立てて返済を行ってください。

MEMO
「貸す契約(金銭消費賃借契約)」ではなく「出資契約(投資契約)」の場合は、返還義務がない。

ただし、注意点として年110万円を超えた金額を他人から貰うと「贈与税」が課せられます。

また、お金を借りた証拠がないと「贈与税」を課せられる可能性があるため、契約書の作成・返済は口座振込で行い証拠を残しておいてください。

親や知人からお金を借りる際は、返済計画を決めて「金銭消費貸借契約書」を作成しておくことをおすすめします。

ネットでお金を集めるならクラウドファンディングがおすすめ!

お金を集める方法 クラウドファンディング
ネットでお金を集めるなら、事業規模に関わらずクラウドファンディングがおすすめです。

クラウドファンディングは、登録料や利用料が基本的にかからないので、資金繰りに困っている事業者はぜひ活用してみてください。

以下では「クラウドファンディングって聞いたことあるけど、よくわからない」という方に向けた、クラウドファンディングの種類と流れについて解説します。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングは下記の通りさまざまな種類があります。

それぞれリターンの方法が異なる ため、自分の事業にどの方法が最適か確認してみてください。

種類 リターン内容 利用条件
購入型クラウドファンディング 実際のモノやサービス 法人・個人問わず利用可能。
寄付型クラウドファンディング リターンの発生なし 税制控除対象の団体やNPOなど、実施するには一定の条件有り。
融資型クラウドファンディング 主に金利 金融商品取引業を行う企業のみ。
株式投資型クラウドファンディング 主に配当 株式会社であること。
不動産型クラウドファンディング 発生した利息が受け取れる 法人・個人問わず利用可能。

「クラウドファンディング」と聞くと、多くの方はまずはじめに「購入型クラウドファンディング」を思い浮かべるかと思いますが、上記のように実は多くの種類があるのです。

いずれも共通しているのは、 クラウドファンディングはインターネットで不特定多数の支援者から資金を集めることが可能 という点です。

クラウドファンディングは主に5つの種類に分類されており、共感性の高いプロジェクトであればあるほど、多くの資金を集められる可能性が高くなります。

クラウドファンディングでお金を集めるまでの流れ

クラウドファンディングでお金を集めるまでの流れ を解説します。

下記の流れを参考にして、ぜひクラウドファンディングに挑戦してみてください。

STEP1
クラウドファンディングの目標を決める

「こんな商品・サービスを作りたい!」「このような社会問題を解決したい!」など、アイディア・熱意を目標として設定します。

「集めたい金額」「プロジェクトを成功させたい理由」「集めたお金の使い道」まずはこれらの内容を決めてください。


STEP2
クラウドファンディングサイトに登録

クラウドファンディングサイトはたくさんあるので、「ユーザー数」「手数料」「プロジェクトの種類」に注目して選んでください。

ユーザー数が少ないと、支援してもらえる可能性も低くなってしまいます。

そのため、ユーザー数が多い知名度のあるクラウドファンディングサイトの活用をおすすめします。


STEP3
プロジェクトを登録

クラウドファンディングで出資してもらうには、「何をしたいのか・どういう商品を開発したいのか」など、将来的にどうしたいのか理解してもらう必要があります。

そのため、リターンの設定に加えて、文章作成や画像作成などはとても重要となります。

また、多くの人に見てもらえるよう、プロジェクト開始前からSNSなどで情報発信しておくことをおすすめします。


STEP4
審査を受ける

プロジェクトの登録後、審査が開始されます。

審査項目はサイトにより異なりますが、「目的・資金使途・実行確実性」「本文に記載できない文言や表現をしていないか」「リターンの内容が不透明でないか」など、重点的に確認されると考えられています。

審査で確認される項目は、サイトだけでなくプロジェクトに応じても異なるので、事前によく確認したうえで出稿してください。


STEP5
プロジェクトの終了

プロジェクトが終了した時点で目標金額が集まれば、手数料が引かれた金額が入金されます。

また、未達成になった場合は「All-in方式」と「All or Nothing方式」で結果は異なります。

All-in方式:未達成でも集まった支援金が受け取れる。
All or Nothing方式:未達成の場合は支援者に全額返金。

いずれの結果でも、支援者へお礼を掲載してプロジェクトを終えてください。

お金を集める方法は主に融資か出資になる

お金を集める方法 融資 出資
お金を集める方法は主に融資か出資になりますが、「違いがわからない…」と悩む方も少なくありません。

融資と出資は、いずれもお金を集める方法として共通はしています。

しかし、それぞれ異なる特徴があるため、下記で解説する「融資と出資の違い」を確認・違いを理解したうえで資金調達で活用してください。

融資と出資の違い

融資は「お金を借りること」であり、出資は「お金を提供してもらうこと」 です。

融資と出資には、主に下記のような違いがあります。

融資 出資
資金提供先 金融機関 投資家
資金提供先の目的 利息獲得 将来的な利益
返済義務 あり なし
貸借対照表上の処理 負債 純資産
重視されること 返済の確実性 将来的な事業の成長
メリット 経営の自由度が高い 返済義務がない
デメリット 利息の支払・返済義務がある 経営の自由度が低下するリスクがある

融資は返済義務があるが、株主が経営に関わることはありません。

出資は返済義務はありませんが、出資者が出資額に応じた株式を保有するため、同時に経営に関わる権利も付与されます。

どちらが自分の事業に向いているのか、よく検討したうえで「融資」と「出資」を活用してください。

融資で資金集めをするメリット・デメリット

お金を集める方法 融資 メリット デメリット
融資で資金集めをするメリットとデメリットについて、それぞれ解説します。

融資は、返済が必須ですが自由な経営に繋がるお金を集める方法 です。

自分に合っている方法かどうか、メリットとデメリットどちらも確認して検討してください。

融資で資金集めをするメリット

融資で資金集めをするメリットは、主に以下のとおりです。

融資で資金集めをするメリット
  • 経営に第三者から介入されることがない
  • 突発的な支払いに対応できる
  • 計画的に返済できる

融資は出資とは異なり、経営に第三者から介入されることがないため、自分のやりたいように自由に事業が行えます。

また、突発的にまとまったお金が必要な場合でも、信用状況に問題がなければ融資が受けられるので、安定した事業経営にも繋がります。

融資は出資と異なり、 自分のタイミングで希望の金額を借りることが可能であり、第三者から介入されず、元金+利息を返済するだけで済むお金を集められる方法 です。

融資で資金集めをするデメリット

融資で資金集めをするデメリットは、主に以下のとおりです。

融資で資金集めをするデメリット
  • 必ず返済をしなければならない
  • 利息が発生する
  • 信用度・業績によっては審査落ちする
  • 用途に制限がある

融資で資金集めをする大きなデメリットは、元本の返済に加えて利息を支払わなければならないことです。

返済総額は融資を受けた金額よりも大きくなるので、資金繰りの悪化を防ぐためにも返済計画をしっかりと立てることが重要です。

融資を受けて返済不能に陥ると、金融機関からの信用を失い、事業の継続不可・代表者が債務を背負う結果に繋がるので計画的に利用してください。

出資で資金集めをするメリット・デメリット

お金を集める方法 出資 メリット デメリット
出資で資金集めをするメリットとデメリットについて、それぞれ解説します。

出資は返済義務がありませんが、業績が伸びればその分配当を求められる可能性がある お金を集める方法です。

以下でメリットとデメリットの詳細を確認し、今後の資金集めの参考にしてください。

出資で資金集めをするメリット

出資で資金集めをするメリットは、主に以下のとおりです。

出資で資金集めをするメリット
  • 返済義務がない
  • 資本金が増え、社会的信用度が増す
  • 用途に原則制限がなく自由度が高い

返済義務がないため、もし倒産することになった場合でも融資とは異なり、個人的に借金を抱えることにはなりません。

また、出資を受けた資金の用途に制限はないため、 「事業拡大」はもちろん「銀行融資の返済」というように自由に使えます。

出資を受けることで資本金が増えるため、社会的信用度が増加し銀行融資が受けやすくなるといった、より資金調達がしやすくなることにも繋がります。

出資で資金集めをするデメリット

出資で資金集めをするデメリットは、主に以下のとおりです。

出資で資金集めをするデメリット
  • 経営に関与される
  • 配当金を求められる可能性がある

出資額に応じて、投資家に株式を渡す必要があります。

株式を渡すということは、経営権の一部を渡すことでもあり、経営者が自由に経営できなくなるリスクが発生します。

株主になると発生する権利
議会権:株主総会に参加して議会に関わる権利
利益配当請求権:配当金などの利益分配を受け取る権利
残余財産分配請求権:会社の解散などに際しては、残った会社の資産を分配して受け取る権利

引用:投資の時間|日本証券業協会

資金を提供した株主は上記の3つの権利が発生し、出資額が大きいほど経営に関わる権利が与えられます。

また、出資者の持株比率が50%を超えると、その出資者が経営権を保持しているとみなされるため注意が必要。

「自由に経営がしたい」という人は、出資によるお金を集める方法は向いていないと考えられます。

お金を集める方法に関するよくある質問

お金を集める方法 よくある質問
お金を集める方法に関するよくある質問を4つご紹介します。

各章を確認することで、「ファンドレイジング」「小・中学生でおすすめなお金を集める方法」「天神祭が実施しているお金を集める方法」について詳しく知ることができます。

Q: お金を集める方法でファンドレイジングとはなんですか?

ファンドレイジングとは、NPOなどの非営利組織が資金調達すること です。

具体的には、会費・寄付・事業収入・助成金・補助金・助成金など、さまざまな方法で活動に必要な資金を集めます。

なお、人によってファンドレイジングを指す範囲は異なりますが、「日本ファンドレイジング協会」では、下記のようにファンドレイジングを定義しています。

ファンドレイジングとは、NPO(Non-Profit Organizations : 民間非営利団体。NPO法人のみならず公益法人、社会福祉法人などを含む)が活動のための資金を個人、法人、政府などから集める行為を総称していう。

引用:日本ファンドレイジング協会

ファンドレイジングは、お金を集めることに加え、NPOの取り組み(社会的課題やサービスなど)をさまざまな人に伝えることも目的とされています。

Q: 中学生におすすめのお金を集める方法は?

中学生におすすめのお金を集める方法
  • 家のお手伝い
  • お小遣いサイト
  • クラウドソーシング(親の同意が必要)
  • アンケートモニター
  • noteの有料コンテンツ
  • フリマアプリ
  • アフィリエイト
  • プログラミング

中学生にできるお金を集める方法は、上記のようにさまざまあります。

すぐにお金を集めることができない可能性もありますが、 中学生のうちから自分に合ったものがなにか、探しながら挑戦してみることをおすすめ します。

MEMO
発信メディア(Twitter・Instagram・TikTokなど)で影響力を付けることで、将来的にお金を稼ぐことにも繋がる。

Q: 小学生におすすめのお金を集める方法は?

小学生におすすめのお金を集める方法は、「おうちアルバイト」 です。

おうちアルバイトは、「おうちでのお手伝いを給料として支払ってもらう」方法です。

おうちアルバイトの例
  • 玄関掃除
  • お風呂掃除
  • ゴミをゴミステーションに捨てに行く

お手伝いの内容・金額・ルールを保護者の方が決めて、お互い確認できる場所に料金表を張っておくことをおすすめします。

おうちアルバイトでお金を集める方法は、 お金を稼ぐ感覚が身に付くといったメリットが得られます。

Q: 天神祭が実施しているお金を集める方法は?

日本三大祭りである天神祭は、寄付金によりお金を集めています。

寄付金は、「天神祭宵宮・本宮期間における廃棄物の3R・適正処理を促進するためのごみゼロ活動」を目的としています。

MEMO
廃棄物・資源分別回収のためのエコステーション運営や、天神祭飲食出店者へのリユース食器貸し出し、散乱ごみの清掃活動が実施される。

天神祭が実施している「天神祭ごみゼロ大作戦」では、「回収拠点設置費用」や「ボランティア活動費用」などにあてられるお金を寄付金によって集めています。

お金を集める方法のまとめ

お金を集める方法 まとめ
会社や個人・個人事業主が資金集めをする方法は下記のようにさまざまありますが、いずれもメリットとデメリットをそれぞれ理解した上で利用を検討してください。

会社がお金を集める方法
  • 銀行融資
  • 信用金庫からの融資
  • 助成金・補助金
  • クラウドファンディング
  • 他企業からの出資
  • ベンチャーキャピタルからの出資
  • 個人投資家や従業員株持会からの出資
  • ビジネスローン
  • ファクタリング

個人や個人事業主が資金集めする方法
  • 個人向け補助金・助成金
  • 制度融資
  • 個人事業主向けのビジネスローン
  • 資産の現金化(不動産や債券など)
  • 親や知人からお金を借りる

ネットでお金を集めるなら、クラウドファンディングがおすすめ です。

登録料や利用料は基本無料なので、ぜひ活用してみてください。

返済義務があるが経営を自由に行える「融資」 と、 返済義務がないが経営を第三者から介入される「出資」 、違いをよく認識したうえで事業資金集めに活かしてください。

資金調達したい事業者は10秒診断がおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

AGビジネスサポートのビジネスローンなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能!

▼ 起業や開業資金もOK! ▼

AGビジネスサポート

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • e******e様が
    800万円を調達しました。

  • w*****y様が
    300万円を調達しました。

  • x***m様が
    500万円を調達しました。

  • b**l様が
    300万円を調達しました。

  • w******t様が
    600万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り5社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング