起業したいと思ったら何から始める?何をするべき?アイデア・スキル・お金がない人の対策や必要知識と女性におすすめの職種

運営事務局
運営事務局
更新日2023/6/27
PR

起業したい アイキャッチ

起業したいけれど何から始めればよいかよくわからない

起業したいけれどお金がない。どうしたら良い?
企業するにあたって知っておくべき知識はある?

この記事では、上記のような疑問や悩みを解決します。

起業したいけれど、何から始めれば良いかよくわからないという人は少なくありません。

実際に起業しようと思ったら、やらなければならないことはたくさんあります。

起業したあとは、経営者として事業を軌道に乗せなければなりません。

一度走りはじめたら、次々に生じる経営課題に適切に対応していく必要があります

そこでこの記事では、 起業したいという方が、実際に起業に辿り着けるように、起業のプロセスを解説します。

起業したいをざっくりいうと...
  • 何を(What)・誰に(To whom)・いつ(when)・どうやって(How)・いくらで売るか決める(How much)
  • 起業の流れは、ビジネスプランをより具体的に固める→起業に必要な資金調達を開始する→起業に必要な手続きを行う→事業スタート
  • 起業したい人が最低限学んでおくべき分野は税金・会計・法律・マーケティング
  • 起業したいけどアイデアがない人はフランチャイズやリーンスタートアップを検討する
  • キャリアを活し、必要に応じてスキル習得、自己資金のみでできる起業がおすすめ!

AGビジネスサポートなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能!

どうしても開業・創業資金が必要という方は検討すべき価値があります!

AGビジネスサポート

起業手続きはマネーフォワード クラウド会社設立がおすすめ!
  • サービス利用料無料!フォーム入力で簡単に書類作成ができる!
  • 登記書類はガイドにそって簡単に準備できる
  • 設立後のサポート(法人口座やクレジットカード、バックオフィスツールなど)も充実!
  • 電子定款なので収入印紙代約4万円が不要になる
  • 株式会社/合同会社の両方に対応!印鑑購入もそのままできる!

▼ 知識なしでも会社設立ができる! ▼


簡単3ステップで会社設立してみる

起業したいと思ったら何から始める?何をするべき?

起業したい 何から
起業したいと思ったら、まずは以下のポイントを明確にすることから始めてください。

このポイントを明確にせずに、創業計画ビジネスプランを立案しても、具体的なビジネスにすることができずに終わってしまいます。

起業したいと思ったらやるべきこと
  • 何を売るか決める(What)
  • 誰に売るか決める(To whom)
  • いつ売るか決める(when)
  • どうやって売るか決める(How)
  • いくらで売るか決める(How much)

何を売るか決める(What)

ビジネスを始めるにあたっては、 まずは「何を売るか」を明確に しなければなりません。

この時点では、具体的な商品やサービスである必要はありません

たとえば、雑貨を売ることを考えている場合、単に雑貨を売ることを決めるだけでは意味がありません。

むしろ、「生活を豊かにするような雑貨を売る」や、「おしゃれで生活に潤いを与える雑貨を売る」など、 売るもの(what)に自分の価値観を反映することを考えるべき です。

雑貨はどこにでも売っているありふれたものです。

しかし、「生活を豊かにするような雑貨」はあなたのお店でしか買うことはできません。

あなたの価値観が売るものに反映されることが、同じ雑貨を販売するお店などとの差別化につながり、それが自分のお店の競争力に繋がります

誰に売るか決める(To whom)

何を売るかを決めたら、 次はそれを「誰に売るか(To whom)」を考える必要があります

商品やサービスを販売するときに、すべての人に売れるものを販売しようとすると失敗します

むしろ、誰に売るかを明確にしたうえで、少数でも良いから高い確率で売れるものを販売するようにしなければなりません。

これをマーケティング用語でターゲッティングと呼びます。

ターゲッティングを行なうことで、 あなたのビジネスが誰を対象としたものなのかが明確になります

いつ売るか決める(when)

さらに、 商品やサービスを「いつ売るか」を考えます

いつ売るかというのは、「タイミングの問題」です。

いつ売るかを決めるということは、いつまでにどれくらい売るかを決めておくということ です。

ここで設定したタイミングまでに売れなければ、セールなどを実施することも考える必要が出てきます。

いつまでに売り切るかが明確になっていないと、それが不良在庫となり、会社の経営を圧迫しかねません

どうやって売るか決める(How)

次に、 商品やサービスをどうやっているかを考えていきます

ターゲットとなる顧客にどのように商品やサービスを提供するかを考えていきます。

集客方法マーケティング方法などを含め、ここで明確にしておかなければなりません。

たとえば、雑貨を売るということを考える際に、少し高くてもおしゃれな雑貨を買ってくれる人をターゲットにしているのであれば、インターネットを通じた通販で販売することも考えられます。

ターゲットにとって、送料がそれほど問題にならないと考えられるからです。

しかし、少しでも安く雑貨を手に入れたいと考えている層をターゲットにするのであれば、送料が高いと、雑貨が売れない可能性があります。

このように、 何を売るか、ターゲットは誰かに応じて、どうやって売るべきかも変わります

いくらで売るか決める(How much)

最後に、 いくらで売るかを決めていきます

ここで、いくらというのは、「価格帯をどうするか」ということを意味しています。

たとえば、同じ「ペン」という商品であっても、1万円を超えるような高価なペンもあれば、100円で購入できる安価なペンもあります。

起業した際に、 自分の価値観を体現できる価格帯がどの程度の価格帯を考え、いくらで売るかを考えていかなければなりません

「いくらで売るべきか」は、最終的には「何を売るか」に依存して決まります。

たとえば、「誰もが手に取りやすい雑貨を販売する」という価値観を体現する価格帯を設定するのであれば、必然的に価格帯は安いものとなります。

一方、「生活を豊かにするような雑貨を販売する」という価値観を体現する価格帯を設定するのであれば、必ずしも安価なものである必要はなく、価格帯を高く設定することも考えられます。

創業・開業資金の融資はAGビジネスサポートがおすすめ!
創業・開業資金が必要な人は最短即日・最大1,000万円まで融資を受けられるAGビジネスサポートがおすすめ!

AGビジネスサポート

▼ 会社設立にかかる費用を安くしたい人はこちら! ▼

起業の方法と流れ

起業したい 方法
ここまで説明してきたことは、あくまでも抽象的な次元に留まるものです。

ここからは、 具体的に起業の前に必ず行っておくべきプロセスを説明 していきます。

起業の流れ
  • ビジネスプランをより具体的に固める
  • 起業に必要な資金調達を開始する
  • 起業に必要な手続きを行う
  • 事業スタート

ビジネスプランをより具体的に固める

まずは、 あなたの抽象的な計画を具体的に実行可能な計画に作り込んでいきます

「生活に潤いをあたえる雑貨」とは、具体的にどのような商品になるかを考えなければなりません。

自分で作ることもできますし、自分のセンスで仕入先から仕入れることも可能です。

自分で作る場合、どんな材料で、どれくらいのコストがかかるかを考えなければなりません。

仕入れるのであれば、どの仕入先から仕入れるかを考える必要があります。

このように、 先の5つのポイントを具体化していくのが、ビジネスプランプランを具体的に固めていくことにほかなりません

ビジネスプランは、経営者の抽象的なアイデアを具体化する行動計画としての側面を持っています。

起業に必要な資金調達を開始する

起業にあたってはどうしても資金が必要です。

必要な資金をどのように調達するかを考えなければなりません。

可能な限り自己資金で起業の準備をする 必要があります。

融資を受ける場合でも、 自己資金0の場合と自己資金が多少でもあるのでは、融資額は大きく異なりますし、融資の可能性も異なるのが普通 です。

金融機関から融資を受ける場合、その後、金利の支払いも必要となります。

起業したあと、 資金繰りなどで困らないようにするという意味でも、自己資金の準備が重要 です。

AGビジネスサポートなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能!

どうしても開業・創業資金が必要という方は検討すべき価値があります!

AGビジネスサポート

年利10%以上のビジネスローンは抵抗がある」という方は、手持ちの売掛債権を現金化する ファクタリングもぜひ検討 してください!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver借金をせずに資金調達したい方はこちら

起業に必要な手続きを行う

起業する場合、様々な法的手続きが必要です。

法人として会社を設立して事業を始める場合には、法人登記が必要となりますし、個人事業主として事業を始める場合には、税務署に開業届を提出する必要があります。

こうした手続きは、事業を始めるにあたって必要不可欠なもの です。

まずは個人事業主として事業をスタートして、売上規模が大きくなったタイミングで法人化するという流れが一般的です。

▼ 会社設立にかかる費用を安くしたい人はこちら! ▼

事業スタート

起業の最後のプロセスとして、実際に事業をスタートします。

事業を始めるにあたっては、 はじめに立案した創業計画やビジネスプランどおりに進めていくことが大切 です。

もちろん、創業間もない頃は、計画通りにいかないことも少なくありません。

しかし、計画と実際の差を把握しておかないと、どのように軌道修正すれば良いかわからなくなってしまいます。

そのため、 事業をスタートしたら、まずは事前に立案した計画通りに経営を進めていき、計画通りにいっていない部分については、しっかりと修正するよう してください。

創業・開業資金の融資はAGビジネスサポートがおすすめ!
創業・開業資金が必要な人は最短即日・最大1,000万円まで融資を受けられるAGビジネスサポートがおすすめ!

AGビジネスサポート

▼ 会社設立にかかる費用を安くしたい人はこちら! ▼

起業したい人が最低限知っておくべき4つの基礎知識

起業したい 基礎知識
起業したいと考えている場合は、最低限、以下の分野の基礎知識だけは事前に学んでおくべきです。

これらの分野の基礎を学んでおくことで、 起業したばかりの方が直面しやすい経営課題に素早く対応できるようになります

起業したい人が最低限学んでおくべき分野
  • 税金
  • 会計
  • 法律
  • マーケティング

税金の基礎

個人で事業を開始した場合、事業の開始日から1ヶ月以内に、個人事業の開業・廃業等届出書を所轄の税務署に提出する必要があります。

個人事業の開業・廃業等届出書は、 個人事業主の所得税をはじめとする税金の支払いのために必要な書類 となります。

個人事業の開業・廃業等届出書以外にも、事業開始等申告書の提出も必要です。

事業開始等申告書は、都道府県税事務所と市町村に提出しなければなりません。

この他にも、従業員を雇用するケースでは、社会保険の加入手続きも必要となります。

個人事業主の方と関係のある主な税金は以下のとおりです。

所得税および復興特別所得税 所得税は所得に対する税金です。個人事業税の1年間の所得の合計から必要経費と各種控除を差し引いて計算される課税所得に対して一定税率を乗じることで計算されます。
消費税 消費税とは、前々事業年度における消費税の対象となる売上高が1,000万円を超える個人事業主の方が支払わなければならない税金です。
固定資産税 特定の資産を保有している場合に納税しなければならない税金です。
個人事業税 個人事業税は事業所得が290万円を超える場合に課税される地方税です。
住民税 都道府県の住人である場合に納めなければならない税金です。

会計の基礎

起業するにあたって、会計の知識を身に着けておくと、 会社のお金の流れをきちんと把握できる ようになります。

逆に言えば、会計を理解していないと、会社のお金の流れを十分に把握することができません。

したがって、起業したい場合には、 会計の知識は必要不可欠 です。

会計の知識といっても、公認会計士や税理士のように、高度な簿記(記帳技法)の知識は必要ありません

資格試験である 日商簿記試験3級程度の会計知識があれば十分 です。

起業したあなたは経営者となります。

経営者は会計・経理の専門家である必要はありません

最近では、会社の会計・経理については、会社外部の税理士やクラウドワーカーなどに任せることも増えてきています。

会計ソフトも充実してきていているので必ずしも記帳ができる必要はないのです。

しかし、日商簿記試験3級程度の会計の基礎を身に着けていないと、会社の資金繰り、売上管理、売上債権の回収、負債の管理、税金の計算などができない可能性があるので注意してください。

法律の基礎

起業したいのであれば、 法律に関する知識も欠かせません

すべての法律を熟知している必要はありませんが、自らの事業に関わる法律については、十分に理解しておく必要があります。

法律の遵守は、コンプライアンスとも呼ばれ、事業を行なう経営者にとって重要なものです。

起業したい場合には、少なくとも以下の分野の法律について、その基礎を身に着けておくことが求められます。

民法 所得税は所得に対する税金です。個人事業税の1年間の所得の合計から必要経費と各種控除を差し引いて計算される課税所得に対して一定税率を乗じることで計算されます。
会社法 会社法とは、企業や会社に関する法律のことを言います。主に、会社の設立・運営・解散に関する手続きや規則を定めた法律です。
労働基準法 労働基準法は、労働者の基本的な権利や労働条件に関する法律のことを言います。この法律によって、労働者の労働時間や休日、賃金、休暇、安全衛生などについて、最低限の保護が定められています。
下請法 下請法とは、正式名称を「中小企業等の支援に関する法律」と言い、中小企業や小規模事業者などといった下位企業を保護することを目的とした法律です。下請法には、上位企業による不当な取引や支払い遅延などを禁止する規定があります。具体的には、下位企業に対する価格の不当な引き下げや、支払い期限の長期化、取引条件の一方的な変更などが禁止されています。
著作権法 著作権法とは、著作者の権利を保護する法律です。著作権法によって、創作した作品に対して著作権が発生し、その権利を著作者が保有することができます。著作権法で保護されるのは、文学作品、音楽、映像、美術、写真、ソフトウェアなどの著作物です。

マーケティングの基礎

起業するということは、商品やサービスを提供して、その対価を得るということです。

そのため、 どのように商品やサービスを提供するか、その仕組みづくりは欠かせません

商品やサービスを提供する仕組みづくりに欠かせない知識がマーケティングの知識です。

マーケティングの定義は幅広く、その活動も多岐にわたりますが、以下のような活動はすべてマーケティングに含まれます。

マーケティングの範囲
  • サービス・商品を知ってもらう活動
  • 顧客にサービス・商品に興味をもってもらう活動
  • 顧客のお問合せ・相談に応える活動
  • 顧客にサービス・商品を販売する活動
創業・開業資金の融資はAGビジネスサポートがおすすめ!
創業・開業資金が必要な人は最短即日・最大1,000万円まで融資を受けられるAGビジネスサポートがおすすめ!

AGビジネスサポート

▼ 会社設立にかかる費用を安くしたい人はこちら! ▼

起業したいけどアイデアがない人におすすめの選択肢

起業したい アイデアなし
起業したいけれど、事業のアイデアがないという人でも、起業することは可能です。

以下のような手法を活用すれば、すぐにビジネスにつながるようなアイデアがなくとも起業することができます。

起業したいけどアイデアがない人がするべきこと
  • フランチャイズによる起業
  • リーンスタートアップ

フランチャイズによる起業

アイデアがない人は、フランチャイズによる起業を考えてみてください。

フランチャイズであれば、 起業のノウハウなどはすべて外部から提供してもらうことができます

飲食業や小売業でよく活用されている手法ですが、近年ではその分野を広げ、学習塾、介護、ハウスクリーニング、フィットネスなどの分野にも広がっています。

フランチャイズに加盟すれば、本部に対するロイヤリティの支払いなどがかかりますが、起業したい人にとっては、 事業のノウハウを学びながらビジネスを展開できるという利点があります

リーンスタートアップ

アイデアがないけれど起業したい人は、リーンスタートアップという手法も検討してみてください。

リーンスタートアップとは、 起業家が、少ない資金や時間で、よりスピーディーに自社の製品・サービスの開発やビジネスモデルの検証を行うための経営手法 です。

創業魔もない起業がより効率的に事業を進め、リスクを最小限に抑えながら成功するための枠組みとして生み出されました。

エリック・リース氏によって生み出されたリーンスタートアップという考え方は、彼の主著である著書「リーンスタートアップ」で詳細に解説されています。

リーンスタートアップの基本的なアプローチは、「ビルド・メジャー (Build-Measure-Learn)」と呼ばれ、以下のプロセスに従います。

  1. ビルド: 少ない資金や時間で、仮説に基づいた製品・サービスを開発する
  2. メジャー: リリースした製品・サービスの効果を計測・評価する
  3. ラーン: 評価の結果から改善点を洗い出し、次の開発フェーズに向けて再度ビルドする

このように、リーンスタートアップは、 アイデアをすばやく製品化し、市場で検証して、リアルタイムでフィードバックを受け、改善を繰り返すことを重要視 します。

また、顧客のニーズを正確に把握し、製品・サービスの開発に反映することが求められます。

リーンスタートアップは、ビジネスアイデアを持たない方にとって、 リスクを最小限に抑えながら、より効果的な事業戦略を展開するための重要な手法の一つ です。

創業・開業資金の融資はAGビジネスサポートがおすすめ!
創業・開業資金が必要な人は最短即日・最大1,000万円まで融資を受けられるAGビジネスサポートがおすすめ!

AGビジネスサポート

▼ 会社設立にかかる費用を安くしたい人はこちら! ▼

起業したいけどスキルがない人が成功するための法則

起業したい スキルなし
起業したいと考えているけれど、起業に活かせるスキルがなくて悩んでいるという人は少なくありません。

しかし、スキルがない人でも起業をすることは可能です。

以下では、スキルがない人が成功するための法則を紹介していきます。

起業したいけどスキルがない人がするべきこと
  • キャリアを活かす
  • 必要に応じてスキル・知識習得を行う
  • 事業資金は自己資金のみで始める
  • 専門家とのタイアップはおすすめ
  • 「自分でもできる」を基準に始める
  • 競合他社の真似する

キャリアを活かす

スキルがなくても、自身のキャリアを活かして起業することで成功の確率を高めることができます。

実際、多くの経営者が、自身のキャリアに基づいた分野で起業し、成功を納めています。

自身のキャリアを活かすということは、その業界で培った経験・ノウハウ・人脈を活かすということ に他なりません。

必要に応じてスキル・知識習得を行う

十分なスキルがなくて起業ができないと考えている人は、完璧にスキルを身に着けてから成功しようとしています。

しかし、十分なスキルを身に着けてから起業しようと思ったら、膨大な時間が必要です。

つまり、十分なスキルを身に着けてから起業したいと思っても、いつまでも成功することはできません。

そのため、 起業してから、必要に応じてスキルを身に着けていくことが大切 です。

事業資金は自己資金のみで始める

事業資金の確保は、起業したいと考えている人にとって不可欠です。

しかし、銀行などから融資を受けることばかり考えていると、いつまでも成功しません。

なぜなら、借入金の返済という大きなリスクを抱えてしまうからです。

起業する場合、開業資金運転資金など、お金がかかることは間違いありません。

先に説明したように、リーンスタートアップ 少しずつリスクをとりながら事業を展開することができれば、事業資金は自己資金のみで十分始められます

創業・開業資金の融資はAGビジネスサポートがおすすめ!
創業・開業資金が必要な人は最短即日・最大1,000万円まで融資を受けられるAGビジネスサポートがおすすめ!

AGビジネスサポート

▼ 会社設立にかかる費用を安くしたい人はこちら! ▼

専門家とのタイアップはおすすめ

起業にあたって、専門家とのタイアップもおすすめです。

タイアップをして、協力しながら事業を展開することができます。

起業にあたっては、経理、財務、労務、人事、法務など、様々な知識やスキルが必要となります。

そのすべてを十分に身に着けるというのは不可能です。

その場合は、 各分野における専門家に任せてしまえばよい のです。

そうすることで、自分のやりたいことに集中することができます。

「自分でもできる」を基準に始める

起業で成功するためには、 高度な知識・スキルなどが必要なわけではありません

自分でもできることから小さくはじめて、起業を成功させるだけで十分です。

たとえば、家事代行業を考えてみてください。

高度なスキルや知識がなくても始めることが可能です。

始めたあとで、よく落ちる業務用の機材を揃えたり、洗剤を揃えたりすればよいのです。

どんな分野であれ、まずは自分でもできるところからはじめて、徐々に事業を展開していけば成功の可能性がぐっと高まります

競合他社の真似する

自分のビジネスプランに自信がないのであれば、競合他社の真似をしてください。

真似ることは、知識やスキルを学ぶことに通じる基本 です。

最短で必要な知識やスキルを身に着けるためには、まずは真似ることから始める必要があります。

すでに成功している人の真似をすることで、 その人がなぜ成功できているのかを身を以て知ることができる のです。

女性や主婦で起業したい人におすすめの職種

起業したい 女性 主婦
女性や主婦で起業したいと考えている場合には、以下の分野での起業がおすすめ です。

  1. サロン系
  2. ネットショップ経営
  3. 教室・セミナー運営
  4. 育児系
  5. カフェ経営
  6. 代行ビジネス
  7. 女性向けフィットネス経営

これらの分野は、 どれも初期投資が少なくても事業をスタートできるというのがポイント です。

小さな投資から始められるので、事業開始時に大きなリスクを背負う必要がありません。

自己資金だけでも十分開業にまでたどり着くことができます。

サロン、ネットショップ、教室・セミナーなどは、工夫次第で自宅でも開業することが可能です。

また、これらの分野は、自身の知識、スキル、キャリア、経験などを活かすことができます。

小さな投資で大きな成功を生み出せる分野での起業が、女性にはおすすめ です。

創業・開業資金の融資はAGビジネスサポートがおすすめ!
創業・開業資金が必要な人は最短即日・最大1,000万円まで融資を受けられるAGビジネスサポートがおすすめ!

AGビジネスサポート

▼ 会社設立にかかる費用を安くしたい人はこちら! ▼

起業したいに関するよくある質問

起業したい よくある質問
最後に、起業したい人がよくする質問について説明します。

よくある質問をあらかじめ理解しておくことで、起業するときに悩みがちな事柄を解消 できます。

起業したい人がよくする質問
  • Q:起業したけどお金がないです...
  • Q:起業したい人が入るべき会社の特徴はありますか?
  • Q:起業したいと面接で伝えるのはまずいですか?
  • Q:20代女性で起業したいのですが女性セミナーは行くべきですか?

Q:起業したけどお金がないです…

お金が無くても起業をすることは可能 です。

起業には、一定額の資金が必要となるので、融資を受けることになります。

自己資金がなくても利用可能な融資制度を提供している金融機関があります。

たとえば、日本政策金融公庫などは、起業したい人を積極的に支援しています。

融資の際には創業計画書の提出と面談が必要ですので、しっかり対策して臨んでください。

Q:起業したい人が入るべき会社の特徴はありますか?

起業したいと考えていても、まずはどこかの会社に入社して、アイデアノウハウスキルなどを学んでからというケースも少なくありません。

将来的に起業することを考えている場合、たとえば、IT技術を活用する会社だと、起業の際に活用できるアイデア、ノウハウ、スキルを身につけられる可能性が高いです。

IT技術を利用した事業を展開する場合、初期投資があまりかかりません。

特定の商品を製造する事業を考えている場合には、多額の投資が必要となりますが、 IT技術を利用する場合、最低限PC一つあれば事業を展開することが可能 です。

Q:起業したいと面接で伝えるのはまずいですか?

就職や転職における面接で、将来的に起業したいと伝えても問題ありません

起業マインドを持っている人を積極的に採用している会社もありますし、社内ベンチャーとして、会社が事業を始めるのをサポートしてくれる場合もあります。

そのため、就職や転職の際に、将来起業したいと伝えても問題ありません。

ただし、上記のようなケースは、上場企業などに多いケースです。

中小規模の会社の場合、依然として長く勤めてくれる人を探しているのが実情です。

したがって、就職や転職の面接では、求人情報などをよく確認し、起業したい方を応援するような記述があるかどうかを確認してください。

Q:20代女性で起業したいのですが女性セミナーは行くべきですか?

女性セミナーへの参加は、起業に必ず必要というわけではありませんが、参加しておくのがおすすめです。

あまりに高額な参加費が必要なセミナーに参加する必要はありませんが、興味のある分野や幅広い世代の人が参加するようなセミナーに参加しておくと、 同じように起業したいと考えている方との交流を深められます

創業・開業資金の融資はAGビジネスサポートがおすすめ!
創業・開業資金が必要な人は最短即日・最大1,000万円まで融資を受けられるAGビジネスサポートがおすすめ!

AGビジネスサポート

▼ 会社設立にかかる費用を安くしたい人はこちら! ▼

起業したいのまとめ

起業したい まとめ
起業したいと思ったら適切に準備していく必要があります。

起業するうえでは、 自分の価値観をしっかりとビジネスプランに反映することから始めなければなりません

しっかりとしたビジネスプランに基づいて、資金の調達を行い、必要な手続きを行ってから事業を展開することが大切です。

アイデア、キャリア、スキル、経験などが無かったとしても起業することはできます。

起業においては、高度なスキル、十分なキャリアや経験が絶対に必要というわけではない のです。

しかし、起業して成功したい場合は、最低限の税金・会計・法律・マーケティングの知識が必要となります。

これらの知識は、起業して事業を展開していくうえで、大きなリスクを取らないためにも重要なので、しっかりと事前に身に着けておいてください。

起業したいのまとめ
  • 何を(What)・誰に(To whom)・いつ(when)・どうやって(How)・いくらで売るか決める(How much)
  • 起業の流れは、ビジネスプランをより具体的に固める→起業に必要な資金調達を開始する→起業に必要な手続きを行う→事業スタート
  • 起業したい人が最低限学んでおくべき分野は税金・会計・法律・マーケティング
  • 起業したいけどアイデアがない人はフランチャイズやリーンスタートアップを検討する
  • キャリアを活し、必要に応じてスキル習得、自己資金のみでできる起業がおすすめ!

AGビジネスサポートなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能!

どうしても開業・創業資金が必要という方は検討すべき価値があります!

AGビジネスサポート

起業手続きはマネーフォワード クラウド会社設立がおすすめ!
  • サービス利用料無料!フォーム入力で簡単に書類作成ができる!
  • 登記書類はガイドにそって簡単に準備できる
  • 設立後のサポート(法人口座やクレジットカード、バックオフィスツールなど)も充実!
  • 電子定款なので収入印紙代約4万円が不要になる
  • 株式会社/合同会社の両方に対応!印鑑購入もそのままできる!

▼ 知識なしでも会社設立ができる! ▼


簡単3ステップで会社設立してみる

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • o***o様が
    1100万円を調達しました。

  • c****w様が
    1000万円を調達しました。

  • j****l様が
    400万円を調達しました。

  • t**e様が
    300万円を調達しました。

  • y******l様が
    300万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング