即日で資金調達する方法5選!選び方やメリット・デメリットと緊急時の最終手段を徹底解説

運営事務局
運営事務局
更新日2024/5/9
PR

資金調達 即日 アイキャッチ

個人事業主や法人が即日で資金調達するには?

急な資金調達がしたい!事業資金を急ぎで借りるには?

即日で資金調達したい個人事業主や法人におすすめの方法は以下が挙げられます。

即日で資金調達する方法5選
  • 即日で資金調達する方法① ビジネスローン
  • 即日で資金調達する方法② ファクタリング
  • 即日で資金調達する方法③ 手形割引
  • 即日で資金調達する方法④ カードローン
  • 即日で資金調達する方法⑤ 親や知人からの借入

急な資金調達、急ぎで事業資金を調達したい人は、ビジネスローンやファクタリングがおすすめ です。

低金利で借入や融資を受けることができる銀行などの金融機関や日本政策金融公庫は、今日中にお金を借りることはできません。

今回は、即日融資可能な資金調達方法や最終手段について詳しく解説していきます。

記事では、必ず借りれるビジネスローンや創業時でも利用できるビジネスローンなどまとめているので参考にしてください。

資金調達するなら無料の10秒診断がおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

資金調達を即日で完了させるのであれば、ビジネスローンとファクタリングの併用がおすすめです。

AGビジネスサポートなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能!

AGビジネスサポート

目次

即日で資金調達する方法5選

資金調達 即日 方法
資金調達に関する悩みを抱えている個人事業主や中小企業は多くあり、早急にお金を用意しなければ、倒産の危機に陥るというケースも少なくありません。

そのため、 適切な資金繰りについてはしっかりと理解を深めておくことが大切 です。

ここでは、即日で資金調達する方法を5つご紹介します。

特徴だけでなくメリットやデメリットも解説するのでぜひ参考にしてください。

即日で資金調達する方法① ビジネスローン

ビジネスローンとは、個人事業主と法人経営者だけが申し込める事業資金専用のローンのことで、 一般的な銀行の融資よりも審査が早い という特徴があります。

ビジネスローンのメリット
  • 審査がスピーディー
  • 無担保・無保証
  • 銀行系のビジネスローンであれば信頼性が高い
  • 個人事業主も利用できる

中でも特に、審査が柔軟で最短即日の融資が可能なのがノンバンク系のビジネスローンです。

ただし、高金利や借入限度額の面などでデメリットがいくつか存在するので注意してください。

ビジネスローンのデメリット
  • 高金利
  • 借入限度額は低め
  • 銀行系は即日融資が難しい
  • 信用力が低下する

ビジネスローンの利用は決算書にも記載するため、金融機関に知られると資金繰りが厳しいと判断されるケースも少なくありません。

融資の際には審査で不利になる可能性もあるので注意してください。

MEMO
ビジネスローンは一時的なつなぎとして利用し、返済は短期間で終わらせるのがおすすめです。

即日で資金調達する方法② ファクタリング

ファクタリングとは、まだ回収できていない売掛債権を特定の業者に買い取ってもらい、現金化することをいいます。

取引先からの支払いを待たずに、即日で現金化できるためスピーディーな資金調達が可能です。

ファクタリングのメリット
  • 柔軟に審査してくれる
  • スピーディーな資金調達
  • 弁済責任は負わなくていい
  • 個人事業主も利用できる

ファクタリングは 売掛先の信用力を重視するため、審査のハードルがそこまで高くはなく通過しやすい という特徴があります。

また、売掛先の倒産などで未回収リスクがあってもファクタリング会社に移転されるようになっているため、弁済責任は負わなくても構いません。

ファクタリングのデメリット
  • コスト面は高め
  • 悪徳業者もいるので注意

支払い期日前に資金を調達できるファクタリングは非常に便利ですが、コストは高めに設定されているので注意が必要です。

MEMO
長期間にわたって利用を続ければ、資金繰りが悪化する可能性が高くなります。

即日で資金調達する方法③ 手形割引

手形割引とは、支払期日前の手形を銀行や手形割引事業者で換金できる仕組みのことをいいます。

買取の際に手数料は発生してしまいますが、決済期日前に資金を調達できるひとつの方法です。

手形割引のメリット
  • 柔軟に審査してくれる
  • 調達する際のコストが安い

会社の信用力よりも、手形を発行した振出人の信用力が重視されるため、 銀行などの融資を比較すると手形割引は審査に通過しやすい といえます。

手形割引のデメリット
  • 融資とみなされてしまう
  • 弁済責任を負う

手形サイトが60日以上などの長期間になる際に手形割引は利用されますが、手形を担保とした融資という扱いになるため、賃借対照表の上では負債が増えることになる点には注意が必要です。

手形サイトとは
取引の期間のうち、締め日から支払いの期日までの期間のこと。

手形割引でも裏書と呼ばれる手数料なしでそのまま譲渡する場合は、連帯責任の効力があるため、万が一振出し人が支払えなくなった際に弁済責任を負わなければならない点にも注意してください。

即日で資金調達する方法④ カードローン

カードローンは、借入に特化しているローンのことで担保なしでお金を借りられます。

銀行や消費者金融などが提供している、個人向けの融資サービスです。

カードローンのメリット
  • 審査がスピーディー
  • 無担保・無保証で利用可能
  • 繰り返し利用することもできる

カードローンの多くは、コンピューターなどを用いた自動審査なので、短時間で審査結果がわかる特徴があります。

特に消費者金融系のカードローンは審査が早く、 即日融資が可能な場合も多い です。

カードローンのデメリット
  • 高金利
  • 資金使途が限定される
  • 審査落ちする可能性もあり

審査がスピーディーで急な資金調達にも対応しやすいカードローンですが、金利が高い点には注意してください。

繰り返して利用はできますが、利用期間が長引けば長引くほど利息の支払いに追われてしまうので、借入時の金利の数字だけでなく、返済時の元本と利息をしっかりと把握することが大切です。

また、資金使途が限定されており事業資金としては利用できません。

即日で資金調達する方法⑤ 親や知人からの借入

即日で資金調達する方法として、親や知人などから借りる方法もあります。

ただし、ほかの資金調達方法とは違って、些細なことで関係が悪くなったり壊れてしまったりするケースもあるので注意が必要です。

親や知人からの借入のメリット
  • 利息がかからない
  • 手続きなどの手間がかからない

お金が必要であることを相談して承諾を得られれば、すぐに資金を受け取れる点はメリットといえます。

MEMO
ただし、後々のトラブルにならないよう借用書などはしっかりと作成しておいてください。
親や知人からの借入のデメリット
  • 関係にヒビが入る可能性がある
  • 高額の借入は難しい

親や知人からお金を借りることは、信頼関係が崩れてしまう可能性も否定できません。

また、個人から借りるため高額の借入は難しい場合が多く、必要な金額が調達できない可能性もあるので注意が必要です。

MEMO
親や知人から借入する際は、使い道を明確にしたり返済計画をしっかりと立てて説明できるようにすることが大切です。

資金調達を即日で完了させるポイント

資金調達 即日 完了
資金調達は、必ずしも即日完了できるわけではありません。

即日で完了させるためにはいくつかのポイントを押さえておく必要があります。

どの方法を選択しても重要なポイントとなるので、しっかりと理解を深めておいてください。

資金調達を即日で完了させるポイント
  • 延滞履歴がある人は信用情報に左右されない方法を選ぶ
  • 資金調達希望額は最小限に抑えて申し込む
  • 資金調達先の業者で利用実績を積む
  • 様々な面で柔軟に対応できる業者を選ぶ

延滞履歴がある人は信用情報に左右されない方法を選ぶ

過去に延滞したことがあるなど、 信用情報に悪い影響がある場合は情報に左右されない方法を選ぶ ようにしてください。

信用情報に事故情報がある人は金融機関からの融資などは難しくなるため、ファクタリングなどがおすすめです。

個人の信用情報ではなく、売掛先の信用力が重要なファクタリングであればそれほど影響なく資金調達がしやすいはずです。

資金調達希望額は最小限に抑えて申し込む

資金調達の希望額は、最小限に抑えて申し込むのも即日で調達するポイント になります。

比較的低い借入限度額が設定されているビジネスカードやカードローンでは、多額の資金には対応しにくくなっているからです。

また、ファクタリングや手形割引であれば、売掛金の範囲までしか調達できず、売掛金以上の資金調達を希望することはできません。

本当に必要な金額をしっかりと把握し、必要最低限の金額で申し込むことで即日の資金調達がしやすくなります。

資金調達先の業者で利用実績を積む

調達先との関係を良好に保ちながら、 利用実績を積んでいくことも重要 です。

初めての契約では、信用できるかどうかは書類などを通して判断していきますが、分かりにくい部分も多く審査に影響することも少なくありません。

しかし、今まで適切な使用実績がある場合は、関係もしっかりできているため、貸す側も安心して融資できます。

審査もスピーディーにできるため、利用実績がある方が即日の資金調達はしやすいといえます。

様々な面で柔軟に対応できる業者を選ぶ

たくさんある業者の中でも、 さまざまな面で柔軟に対応してくれる資金調達先を選ぶことも重要 です。

例えば、ファクタリングを利用する際、最短即日で現金化ができる2社間ファクタリングがありますが、そのスピードは業者によって異なります。

最短即日のところや最短で3営業日というように期間に幅があるので、事前にしっかりと確認しておくようにしてください。

即日で資金調達する際の注意点

資金調達 即日 注意点
即日で資金調達する際にはいくつかの注意点があります。

金利や調達できる金額などをしっかりと確認しておいてください。

即日で資金調達する際の注意点
  • 即日資金調達できる手法は金利や手数料が高い
  • 資金調達できる金額は低くなりやすい
  • 借入は信用情報に影響を与える

即日資金調達できる手法は金利や手数料が高い

即日で資金調達できる方法は、銀行の融資などと比較すると金利や手数料が高いため注意が必要です。

MEMO
2%ほどの金利である銀行や公的融資に対し、ビジネスローンは18%ほど、ファクタリングの手数料は20%を超えることもあります。

そのため、 短期の資金繰りに適しています が、長期間にわたっての利用は利息などの負担が大きくなりリスクは高くなっていくので注意してください。

資金調達できる金額は低くなりやすい

即日で対応できる金額には上限があり、その金額は低めに設定されていることが多いという点にも注意しなければなりません。

特に、ビジネスローンやカードローンの借入限度額はそこまで高くないため、高額な資金調達には向いていないことが多いです。

また、ファクタリングや手形割引も売掛金の範囲内での調達となるので、どのくらいの資金が必要なのかを把握しておくことも必要となります。

借入は信用情報に影響を与える

ビジネスローンやカードローンなどで借入をした場合は、信用情報に影響する場合があるので注意が必要です。

借入を行った際の返済履歴や利用状況は、信用情報機関の記録対象 だからです。

もしも、計画性のない借入をして長期間滞納したり代位弁済を行ったりすると、事故情報として記録されるため、融資審査に影響することが考えられます。

代位弁済とは
お金を借りた側が返済できなくなり、第三者によって返済すること。

即日の資金調達を希望する場合は、さまざまな注意点もしっかりと考慮して借入をすることが重要です。

資金調達の最終手段にファクタリングがおすすめな理由

資金調達 即日 ファクタリング
いくつかある資金調達方法の中でも、ファクタリングは最終手段としておすすめです。

ここでは、なぜ最終手段にファクタリングがおすすめなのかその理由を4つご紹介します。

資金調達の最終手段にファクタリングがおすすめな理由
  • 信用情報に利用履歴が記録されない
  • ファクタリングは金融機関からの融資が厳しい人向け
  • 資産のオフバランス化ができる
  • 無担保・無保証で資金使途も限定されない

信用情報に利用履歴が記録されない

融資やビジネスローンなどとは異なり、売掛債権をファクタリング会社に売却して現金化するため、 信用情報に利用履歴が残ることはありません。

仮に、ファククタリングの審査に落ちてしまっても、信用情報に記録されることはないので安心して利用できます。

特に、将来融資をしたいと考えている人は、信用情報に傷がつかないファクタリングの利用がおすすめです。

ファクタリングは金融機関からの融資が厳しい人向け

銀行などの金融機関からの融資が厳しい人にもファクタリングはおすすめです。

審査の基準が厳しい銀行融資では、利用者の返済能力や会社の経営状況など細かな部分までチェックして判断します。

MEMO
個人事業主や起業して間もない企業では審査の通過が難しいケースが多くあります。

しかしファクタリングであれば、 売掛先の信用情報を重視している ため、信用情報に不安がある人や財務状況が厳しい場合でも利用しやすくなっています。

資産のオフバランス化ができる

ファクタリングを利用することで、資産のオフバランス化が可能です。

資産のオフバランス化とは
財務諸表などに資産や取引が記載されない状態のこと。

オフバランス化することで、資産や負債の項目を減らして賃借対照表をスリム化させることができるため、総資産利益率であるROAが高められるようになります。

ROAの数値が高ければ効率的に利益を上げていることになり、 金融機関などから高評価をもらいやすくなる メリットがあります。

資産のオフバランス化をしたい場合は、資金調達の方法としてファクタリングが効果的です。

無担保・無保証で資金使途も限定されない

多くの融資では担保や保証人が必要となりますが、無担保や無保証で借入をしたい場合にもファクタリングがおすすめです。

ファクタリングは融資ではないので、 担保などの用意が必要ありません。

また、資金使途も限定されていないので、都合に合わせて資金を活用したい場合にもファクタリングを選択するのをおすすめします。

資金調達の即日に関するよくある質問

資金調達 即日 質問
即日で資金調達する人のよくある質問をまとめましたので紹介していきます。

資金調達を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

資金調達の即日に関するよくある質問
  • 個人事業主が即日で資金調達する方法のおすすめは?
  • 法人が緊急の際に即日で資金調達する方法のおすすめは?
  • 即日融資できる法人におすすめのビジネスローンはどれ?
  • ビジネスローン即日融資のハリスとは?
  • ビジネスローン即日融資のクレストとは?
  • 運転資金は短期資金調達するべきですか?
  • X(旧:twitter)などのSNSで即日資金調達はできますか?

Q:個人事業主が即日で資金調達する方法のおすすめは?

即日で資金調達する方法はさまざまですが、 個人事業主におすすめなのが請求書を業者に買い取ってもらって現金を手に入れるファクタリング です。

中でも「QuQumo(ククモ)」であれば、申し込みから資金調達まで全てオンラインで完結し、審査の通過率も98%と高く利用しやすくなっています。

そのほかにもファクタリング会社はいくつもあるので、ぴったりの業者を見つけたいという人は、資金調達プロの「10秒診断」をぜひ利用してください。

希望入金額と会社の所在地、創業年数を入力するだけで調達できる金額がすぐに分かります。

Q:法人が緊急の際に即日で資金調達する方法のおすすめは?

法人が緊急の際に即日で資金調達するのにおすすめなのは「AGビジネスサポート」の利用です。

AGビジネスサポートは、最短即日で資金調達が可能となっており、提出書類も少ない点が魅力です。

提供しているサービスも豊富なため、ビジネスローンやカードローン、ファクタリングなど状況に合わせて選択 できます。

Q:即日融資できる法人におすすめのビジネスローンはどれ?

即日融資可能な法人におすすめのビジネスローンは、アイフル株式会社のグループ会社にあたる「AGビジネスサポート」のビジネスローンです。

利用限度額は1,000万円で、他社と比較しても高めの設定となっています。

また、 柔軟な審査が特徴なので、赤字決算や創業してすぐの企業でも申し込み可能 です。

事業の拡大や一時的なつなぎ資金、決算時のまとまった事業資金が必要な際におすすめのビジネスローンです。

ただし、上限の金利は高めの設定となっており、総返済額が高くなるケースもあるので注意してください。

Q:ビジネスローン即日融資のハリスとは?

ビジネスローンで、即日融資が可能なハリスという業者は存在していません。

即日融資について検索すると「ハリス」という名前が出てくることがありますが、過去にも存在しておらず、似たような会社もないので注意してください。

Q:ビジネスローン即日融資のクレストとは?

クレストとは、株式会社オリエントコーポレーションが提供している事業者ローン「CREST for Biz(クレストフォービズ)」のことです。

金利は6.0%〜18.0%となっており、返済コースも「残高スライド返済コース」と「定額返済コース」の2種類があるので 負担にならない返済方法を選択 できます。

ただし、クレストフォービズは、個人事業主向けのローン商品であるため、法人の申し込みはできません。

また、審査に数日必要になるため、即日融資には対応していないので注意が必要です。

MEMO
株式会社オリエントコーポレーションには、法人が利用できる「ビジネスサポートプラン」という商品もあります。

Q:運転資金は短期資金調達するべきですか?

運転資金は、 短期資金調達ではなく長期借入金で借りるのがベスト です。

短期資金とは
返済の期限が1年以内の資金のこと

しかし、運転資金を短期資金調達する経営者は少なくありません。

理由としては、運転資金についての認識が経営者と金融機関で異なるからです。

経営者の多くは設備投資以外の資金としてざっくりと捉えているのに対し、金融機関では「(受取手形+売掛金+棚卸資産)ー(支払手形+買掛金)」と考えています。

つまり、金融機関での運転資金とは、銀行が企業に資金を融資する際の基準額ともいえるのです。

短期資金調達は1年以内に返済しなければなりませんが、金額によっては短い期間での返済は難しく、返済ができなかった場合は資金繰りが詰まってしまいます。

会社を守るためにも、短すぎず長すぎず無理のない期間内で返済できるような借入を検討するようにしてください。

Q:X(旧:twitter)などのSNSで即日資金調達はできますか?

X(旧:twitter)などのSNSで即日資金調達案件は利用しないでください。

理由として、違法な金利による貸付や個人情報の漏洩など様々なトラブルに巻き込まれる可能性があるからです。

実際に金融庁では「SNSでの個人間融資に注意すること!」と注意喚起を行っています。

そのため、X(旧:twitter)などのSNSで「即日資金調達が可能」などの投稿を見たとしても、絶対に応募しないでください。

資金調達を即日で完了させる方法のまとめ

資金調達 即日 まとめ
即日で資金調達を完了させる方法はいくつかありますが、それぞれの特徴やメリット、デメリットに違いがあります。

審査は早くても金利は高かったり、柔軟に審査はしてくれるけどコスト面が負担になったりとさまざまなので、 自社の経営や個人の状況に合わせて選択することが重要 です。

また、即日融資可能でも、借入の返済を滞納した過去があったり提出書類に不備があったりすると調達できない可能性もあるので注意してください。

即日で資金調達したい場合は、上記のような注意点やポイントを押さえて申し込みをするのがおすすめです。

資金調達するなら無料の10秒診断がおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

資金調達を即日で完了させるのであれば、ビジネスローンとファクタリングの併用がおすすめです。

AGビジネスサポートなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能!

AGビジネスサポート

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • q**i様が
    200万円を調達しました。

  • s******p様が
    600万円を調達しました。

  • v*****j様が
    500万円を調達しました。

  • l******q様が
    200万円を調達しました。

  • e****n様が
    900万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング