起業でおすすめの業種・分野を儲かるランキングで10選紹介!起業したいけどアイデアがない初心者や女性でも成功する秘訣とは

運営事務局
運営事務局
更新日2024/7/19
PR

起業 おすすめ アイキャッチ

いま起業するならおすすめの業種や分野はなに?ランキングで知りたい!

女性起業初心者におすすめの業種は?

起業したいけどアイデアがない

起業したい人の多くがどの業種や分野で開業するべきなのか?については頭を悩ませるもの。

また、業種や分野はある程度決まっているものの、アイデアがないことから本記事に辿り着いている人も多いですよね!

今回は起業したい人におすすめの業種・分野を儲かるランキングで10選紹介していきます。

女性起業や初心者がいま起業するならおすすめ!」という内容になっているので、アイデアがない人は参考にしてください。

記事では 起業する人が多い人気の業種や起業におすすめな業種・ジャンルの特徴など についてもまとめています。

起業でおすすめの業種・分野をざっくりいうと...
  • 日本政策金融公庫が行う調査によると一番、 起業する人が多い人気の業種は「個人向けサービス業」次いで、「事業所向けサービス業」が人気
  • 起業におすすめな業種・ジャンルの特徴には個人事業主が融資を受けやすい業種や初期投資があまりかからないネットを利用した業種、体力的に継続可能な業種などが挙げられる
  • 起業で成功するには起業する目的の明確化・起業アイディアの模索・ビジネスモデルや仕組みの構築・事業計画書の作成・資金調達方法を考える・事業運営に必要な知識の習得が重要
  • 初心者でも簡単に起業にできるおすすめな業種・仕事にはWEBライターやブログ・アフィリエイト、代行サービス、ネットショップ経営、せどりがおすすめ!
  • 女性起業におすすめの業種には家事代行やネイルサロン、オンライン教室、事務代行、フリーライターがおすすめ!
  • 起業したいけどアイデアがないときはまずは趣味や得意なことを副業から始めたり、ネットで競合が少ない分野や事業を探すのがおすすめ!

起業で成功したいと考えている人は「何から始めるべきか?」が見えてくるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

起業で資金調達できるか不安な人が資金調達プロの10秒診断がおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

起業する人が多い人気の業種について

起業 おすすめ 人気の業種について
日本政策金融公庫が行う調査をもとに、起業する人が多い人気の業種を見ていきます。

日本政策金融公庫では、新規開業に関する調査を実施しています。

そこで、 「2022年度起業と起業意識に関する調査」を参考に、起業する人が多い人気の業種を紹介します。

業種 起業家 パートタイム起業家
建設業 10.7 6.0
製造業 1.4 5.0
情報通信業 10.9 9.0
運輸業 7.1 4.7
卸売業 0.9 1.7
小売業 10.6 10.2
飲食店・宿泊業 7.0 3.7
医療・福祉 5.2 6.1
教育・学習支援業 4.2 9.3
個人向けサービス業 22.9 26.0
事業所向けサービス業 13.1 12.3
不動産業、物品賃貸業 3.5 2.2
その他 2.4 3.7
合計 10.0 10.0

引用:2022年度起業と起業意識に関する調査|日本政策金融公庫

こちらの調査では、事業に充てる時間が週35時間未満のパートタイム起業家も含めた結果となっています。

一番、 起業する人が多い人気の業種は「個人向けサービス業」ということがわかりました。

次いで、「事業所向けサービス業」が人気で、 全体的に見てもサービス業が多い傾向にあります。

サービス業とはいっても、運輸業・通信業や金融業など幅広い業種が含まれるため、今回は個人起業に関する情報に焦点を当てていきます。

中小企業庁が発表している「業種別の開廃業率」では、「宿泊業、飲食サービス業」が圧倒的に多いことがわかります。

その次が「生活関連サービス業、娯楽業」「情報通信業」という結果になっています。

起業におすすめな業種については、次の章以降で紹介していきます。

起業におすすめな業種・ジャンルの特徴

起業 おすすめ 業種・ジャンルの特徴
起業におすすめな業種・ジャンルの特徴は以下の通りです。

起業におすすめな業種・ジャンルの特徴
  • 個人事業主が融資を受けやすい業種
  • 初期投資があまりかからないネットを利用した業種
  • 体力的に継続可能な業種

それぞれの、起業におすすめな理由を詳しく解説します。

個人事業主が融資を受けやすい業種

起業するにあたって資金が必要となる場合があるため、 個人事業主でも融資が受けやすい業種がおすすめです。

創業融資を行っている日本政策金融公庫では、融資の対象外となる業種もあるので、注意が必要です。

例えば、東京信用保証協会では以下の業種に該当する場合は、利用不可とされています。

商工業のほとんどの業種でご利用になれます。
ただし、農林・漁業、風営法第2条第5項に規定する性風俗関連特殊営業、金融業、宗教法人、非営利団体(NPOを除く)、LLP(有限責任事業組合)等、その他当協会が支援するのは難しいと判断した場合は利用できません。

引用:ご利用いただける中小企業とは|東京信用保証協会

初期投資があまりかからないネットを利用した業種

初期投資がほとんど不要な業種が起業しやすいため、 インターネットを利用した業種がおすすめです。

インターネットを利用した起業であれば、パソコンやスマホで仕事ができる上に、自宅だけで仕事が完結するケースもあります。

仕事をする上でスキル知識は必須で、さらに立ち上げるまでの時間を要する場合があるため、起業するときは早めに行動するべきといえます。

インターネットを利用した業種を紹介します。

分野 業種
請負ビジネス ・Webライター
・Webデザイナー
・プログラマー
・イラストレーターなど
広告収入 ・ブログ
・アフィリエイト
・YouTuberなど
アプリ販売 ・Webやスマホアプリの開発など
商品販売 ・ネットショップ開業
・せどりなど
サービス提供 ・オンラインサロン
・課金制サイトなど

体力的に継続可能な業種

長期的に事業を営む場合は、 体力的に継続できる業種がおすすめといえます。

起業すると必ず辛いことが起きたり、努力が報われない、毎日仕事ばかりで疲れが溜まることがあります。

もし、事業が成功したとしても、さらに仕事が忙しくなり「体力がもたない」という事態も想定できます。

「自分でも続けられそう」と思う業種を選び、体力的に辛くない働き方を探していくべきといえます。

起業で成功するポイント

起業 おすすめ 起業で成功するポイント
続いて、起業で成功するポイントを紹介します。

起業で成功するポイント
  • 起業する目的を明確にする
  • 起業アイディアを模索する
  • ビジネスモデルの仕組みを考える
  • 事業計画書を作成
  • 資金調達方法を考える
  • 事業運営に必要な知識の習得

これから起業したい人や、事業が上手くいってないと感じている人は参考にしてくださいね。

起業する目的を明確にする

まず、起業する上で重要なのは、 起業する目的を明確化することです。

「なんとなく起業したいから」「とりあえず人気の業種だから」などの曖昧な理由では、方向性が定まらずに失敗する恐れがあります。

また、多くの利益が出せるほど起業が成功しても、好きではない業種を選んでしまうと、モチベーション維持も難しいです。

曖昧な目的による起業や、モチベーション低下を避けるために、以下の方法で目的を明確にしてください。

目的を明確にする方法
  • どうして起業したいのか
  • 起業後にどんなことを目指したいのか
  • 将来なりたい自分とは?
MEMO
これらの疑問を自身に問いかけておくと、ビジネス上で大切な軸がブレることなく、困難に直面したときも適切な対応ができます。

起業アイディアを模索する

起業の目的が定まったら、 起業アイデアを見つけて具体的なプランを立てていきます。

起業アイデアを模索するときは、現実的かどうかを重点的に考えていき、事業を継続させるには収益を出さなければいけないため、儲かるためのプランが必要です。

儲かるプランを生み出すには、 すでに持っているアイデアを紙に書き出して視覚化することです。

視覚化することで、起業する上での問題点が浮き彫りになり、さらに新しいアイデアが出てきます。

他にも、ビジネスプランを紙に書き出すメリットは、「現実的に考えて儲かるのか?」と判断材料になります。

MEMO
起業で行き詰まりを感じている人は、紙に書き出すことから始めてください。

ビジネスモデルの仕組みを考える

起業アイデアを模索した後は、 ビジネスモデルの仕組みを決定していきます。

ビジネスモデルを簡潔に説明すると、 企業価値を高めたり、事業で収益を出したりするための仕組みを指します。

ビジネスモデルを構成しているのは、以下の4つの要素に分解して考えていきます。

【ビジネスモデルの構成要素】

  1. Who(顧客)
  2. What(価値提供)
  3. How(提供方法)
  4. Why(収益モデル)

収益を生み出すには「新規顧客の獲得」「顧客単価を上げる」「購買頻度を高める」が重要です。

MEMO
どれか一つ欠けてしまっては事業は成立しないので、上記のビジネスモデル構成を明確にし、具体化してくださいね。

事業計画書を作成

これまでの起業アイデアやビジネスモデルを考えて決定した後は、 事業計画書を作成していきます。

事業計画書の作成目的は、事業の方向性の確認だけではなく、資金調達の際にも必要な資料です。

金融機関やベンチャーキャピタル、エンジェル投資家から融資や出資を受ける場合は、事業計画書の提出が必須です。

事業計画書は、事業の戦略や収益の見込みなど具体的な事業内容を伝える役目を担っています。

融資目的以外にも、自社で雇っている従業員に、事業戦略の方向性を共有することも可能です。

事業計画書に記載する内容はこちらになります。

事業計画書の主な内容一覧
  • 事業主の経歴・視覚
  • ビジョン・理念・目的
  • 事業内容
    自社のサービスや商品の強み・特徴
  • 市場環境・競分析
  • マーケティング戦略
  • 生産方法・仕入先
  • 売上に関する計画
  • 利益に関する計画
  • 資金調達に関する計画
MEMO
事業に関するあらゆる面で役立つ計画書なので、じっくりと時間をかけて作成してくださいね

資金調達方法を考える

事業計画書を作成した後は、 事業で必要となる資金調達方法を考えていきます。

事業によって必要な資金は異なるので、自身に合った資金調達方法を選択してください。

代表的な資金調達方法は、以下の4つが挙げられます。

代表的な4つの資金調達方法
  • 自己資金
  • 金融機関
  • 創業者向け補助金・助成金
  • クラウドファンディング

起業したい事業内容によっては多額の資金が必要となり、自己資金では足りない場合があります。

一般的に、起業して間もない会社や個人事業主の場合は、民間の金融機関の審査通過は難易度が高いといえます。

民間の金融機関よりも、 国が経営している日本政策金融公庫の創業融資がおすすめです。

日本政策金融公庫では、事業に取り組む人たちの支援を行っている金融機関なので、民間の金融機関よりも柔軟に対応してくれる可能性が高いです。

他にも 創業者向けの補助金や助成金、クラウドファンディング、ベンチャーキャピタルなどの選択肢もあります。

補助金や助成金は返済不要ではあるものの、後払い式なので創業時の資金調達としては不向きかもしれません。

クラウドファンディングは、不特定多数の人々から出資金を集める方法で、 資金調達以外にも商品やサービスの宣伝効果が期待できます。

しかし、必ず資金調達できる保証はなく、クラウドファンディングによってはプロジェクトに失敗した場合には返金が必要です。

MEMO
全ての資金調達方法において、メリットやデメリットがあるので、自身に最適な方法でお金を集めてくださいね。

事業運営に必要な知識の習得

事業を運営するにあたって以下のスキルを身につけて、ビジネスを成長させていくのが大切です。

  1. 経理・財務スキル
  2. マーケティングスキル
  3. 法務知識
  4. コミュニケーション能力
  5. 組織マネジメント力など

事業を行う上で、金銭管理や帳簿付けなどの経理業務は必須なので、経理・財務スキルが必要となります。

税理士に任せることもできますが、 経営者として経理に関する知識は知っておいて損はありません。

そして、起業するということは、従業員ではなく経営者として事業を発展させていかなければなりません。

最初は一人だけで事業を立ち上げたとしても、事業が拡大するにつれ人を雇う側になる可能性があります。

MEMO
将来に備えて、組織マネジメント力やコミュニケーション能力は身につけておくべきです。

初心者でも簡単に起業にできるおすすめな業種・仕事ランキング5選

起業 おすすめ 初心者でも簡単に起業できるおすすめな業種・仕事ランキング5選
初心者向けのおすすめ業種をランキング形式で紹介します。

初心者でも簡単に起業にできるおすすめな業種・仕事ランキング5選
  • 第1位 WEBライター
  • 第2位 ブログ・アフィリエイト
  • 第3位 代行サービス
  • 第4位 ネットショップ経営
  • 第5位 せどり

全く起業したことのない人や、資格を持ってない人でも始められる業種です。

それぞれ詳しく見ていきます。

第1位 WEBライター

WEBライターの業務は、企業メディアの記事を執筆する仕事で、パソコン一台だけで作業が可能です。

近年インターネットの普及により、WEB記事の需要が高まりつつあり、ライター活動を始める人も多くなりました。

WEBライターの特徴は、文章作成やタイピングなどが得意な人であれば、すぐに始められる点です。

ライターといえば、現地取材での情報取集やインタビューを行った後に執筆という流れが主流でした。

最近のWEBライターは、インターネットや電子書籍などで情報取集ができるため、 時間や場所にとらわれずに執筆できるのがメリットです。

第2位 ブログ・アフィリエイト

ブログやアフィリエイト運営は、初心者でも簡単にできる業種です。

アフィリエイトとは、ユーザーが求める商品・サービスを紹介して、広告経由で商品を購入してもらい収益が発生する仕組みです。

アフィリエイトの魅力は、運営が失敗してもリスクが少ない点です。

アクセス数が少なく、広告経由で購入してくれる人がいなければ収益は発生しませんが、初期費用0の状態でもスタートできます。

せどりや転売屋のように在庫を抱えることもありません。

ただし、アフィリエイトを始めるにはWordPressの知識や、発信ジャンル、記事作成方法などを勉強しなければなりません。

広告を載せれば必ず報酬が発生するわけではないので、戦略を立てつつ運営するスキルも必然です。

第3位 代行サービス

家事代行といった代行サービスは、近年需要が高まりつつある業種の一つです。

共働き家庭や高齢化社会が進むにつれて、家事代行サービスやベビーシッターなどを利用する人が増えています。

家事代行サービスもベビーシッターも資格がなくても起業が可能で、ほとんど資金も必要ありません。

比較的気軽に起業できる業種ではあるものの、家事代行やベビーシッターなどは信用度の高さや、集客活動が重視されます。

信用度を高めるには経験が伴うので、家事代行サービスの登録会社で経験を積んだ上で起業するのが良いといえます。

第4位 ネットショップ経営

ネットショップ経営は、販売したい商品さえあれば初心者でもできる業種です。

「BASE」「Shopify」「メルカリshop」などを利用すれば、手軽にネットショップ経営ができる時代となりました。

実店舗を持たなくても開業ができ、月額費用0円でもネットショップ開設が可能です。

利益を上げるには、利用者の多いサービスを利用する、売れる商品のピックアップが必要です。

商品が売れるまでに時間を要する可能性もありますが、上手く集客やサービスを利用できれば、大きな利益につながります。

第5位 せどり

せどりとは安く仕入れた商品を高く販売して差額で設ける物販ビジネスです。

せどりという言葉は、以前まで古本の売買のことを指していましたが、最近になって古本以外の売買もせどりと言われるようになりました。

せどりには「店舗せどり」と「電脳せどり」の2種類があり、店舗せどりは実店舗に行って商品を仕入れる方法です。

一方で、電脳せどりとはインターネットを利用して商品を仕入れる方法となります。

ここ数年、転売などの問題が生じているため、せどりに対する印象が良くない人もいるかもしれません。

しかし、せどりと転売には大きく違う点があります。

せどりは、商品を安く仕入れて利益を乗せた上で販売しますが、転売はトレンド商品や品薄商品を購入し、高額で販売する行為を指します。

せどりは目利き力さえ習得すれば、誰でも大きな利益を生み出すことができます。

注意点として、中古せどりをする際は「古物商許可」が必要なので、取得しておいてくださいね。

女性起業におすすめの業種ランキング5選

起業 おすすめ 女性起業におすすめの業種ランキング5選
女性向けの起業におすすめの業種ランキングを紹介します。

女性起業におすすめの業種ランキング5選
  • 第1位 家事代行
  • 第2位 ネイルサロン
  • 第3位 オンライン教室
  • 第4位 事務代行
  • 第5位 フリーライター

女性におすすめな理由や、業種の特徴について解説していきます。

第1位 家事代行

先程も紹介した 家事代行サービスは、女性に一番おすすめの業種です。

家事代行サービスは、自身の家事スキルを活かせるので、料理が好きな人や主婦の人にはぴったりといえます。

依頼された内容によって拘束時間は異なりますが、ほとんどの場合は短時間で終了する場合が多いです。

家庭がある人、プライベートを重視したい人でも起業しやすいので女性におすすめです。

第2位 ネイルサロン

ネイルサロンの開業には特別な資格は不要で、 店舗がなくても自宅や出張サービスで独立できる業種です。

時間の融通がきくので子供がいる女性や、ネイリストとして経験のある女性であれば、すぐに開業できます。

美容室を開業する場合、保健所に申請して許可を得る必要があるものの、ネイルサロンの場合は保健所の許可は不要です。

ネイリストの資格は国家資格ではないため、開業時に必須ではありません。

しかし、 開業するにはネイリストとしての技術をお客様に証明するために、資格の取得をおすすめします。

第3位 オンライン教室

開業する目的やターゲット層、特定のスキルも持っている場合、オンライン教室の開業がおすすめです。

オンライン教室は、英会話や学習塾などの習い事を対面ではなく、オンライン上でレッスンを行います。

新型コロナウイルス感染症の影響により、オンライン教室の需要が拡大しています。

オンライン上であれば自宅だけでオンライン教室を開けるので、コストを抑えることもできます。

開講時間は自身で設定できるので、仕事とプライベートを両立できるのが魅力的です。

第4位 事務代行

事務代行はフリーランスとしてできる業種の一つであり、仕事の幅が広いのが特徴です。

「事務職=会社に勤務」というイメージが強いですが、自宅でも事務仕事は可能です。

例えば、ブログ作成やホームページ運用、DM発送代行やデータ作成など業務内容はさまざまです。

事務代行は、お客様から受けた相談をもとに業務をこなしていく仕事です。

業務の自由度が高く、自分に合った仕事を見つけられるチャンスなので、クラウドソーシングなどを利用して仕事を探してみてください。

第5位 フリーライター

フリーライターは、 特定の企業には属さずに業務委託によって依頼を受けて記事作成をするため、パソコンさえあれば今すぐに活動できる仕事です。

文章を書くのが苦手でなければフリーライターとして活動するのは、難しいことではありません。

ただし、フリーライターとして活動して間もない頃は、文字単価が安い仕事ばかりで稼げない可能性が出てきます。

文字単価を上げるには、以下のスキルが求められます。

フリーライターに求められるスキル
  • パソコンの操作スキル
  • 文章表現力
  • リサーチ力
  • 企画・提案力
  • 専門知識

とくに、 専門知識や資格があれば重宝される傾向にあるので、得意分野があれば積極的にアピールしていってくださいね。

起業のおすすめに関するよくある質問


起業のおすすめに関するよくある質問に答えていきます。

起業のおすすめに関するよくある質問
  • Q:起業におすすめの本はありますか?
  • Q:起業におすすめの資格はありますか?
  • Q:起業におすすめの大学はありますか?
  • Q:起業におすすめの映画はありますか?

「起業したいけど自信がない」という人は、ぜひ最後まで見てくださいね。

Q:起業したいけどアイデアがないです

起業したいけどアイデアが思い浮かばないときは、以下の対処法を試してください。
起業したいけどアイデアがないときの対処法
  • 副業をスタートさせる
  • 競合が少ない分野を探す
  • インターネットを活用できる事業を探す
  • 趣味や得意分野の業種を探す

まずは、起業したいけどアイデアがないときは、 いきなり開業するのではなく副業としてスタートさせてください。

本業と並行しつつ副業を継続させると、新しいアイデアの発掘、利益を生み出す方法が出てくるかもしれません。

やりたい業種が定まっていない人は、競合が少ない分野や得意分野、インターネット活用できる事業を探してみてはいかがでしょうか。

「ただの趣味だから」と思っていたことが、実は事業に大いに役に立つなんてこともあります。

得意分野があれば、積極的に活用していってください。

Q:起業におすすめの本はありますか?

起業におすすめの本は「起業するより会社を買いなさい」です。

「起業するより会社を買いなさい」は、副業したい人や新しい業態に挑戦したい人に向けた本です。

売りに出ている会社の実例から、会社を買うときに気をつけることなどを紹介しています。

実例と共に、起業へのモチベーションアップする内容が含まれているので、一度読んでみることをおすすめします。

Q:起業におすすめの資格はありますか?

起業におすすめの資格は以下の、8つになります。
起業におすすめの資格一覧
  • 日商簿記
  • ファイナンシャルプランナー
  • 中小企業診断
  • 宅地建物取引士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 社会保険労務士
  • ビジネス実務法務検定

起業する際、必ず資格が必要なわけではありませんが、 資格があれば有利になるケースがあります。

資格を持っていることで、視野が広がる、専門知識とスキルが身につく、業務の幅の拡大などのメリットがあります。

起業したい業種に関する資格であれば、取得していて損はありません。

Q:起業におすすめの大学はありますか?

ねとらぼ調査隊の「起業家志望者におすすめしたい大学」のアンケートによると、起業におすすめの大学第一位は「東京大学」でした。

東京大学は言わずと知れた有名大学ですが、 学生起業家の輩出数No.1であり、大成功している起業家が多く存在しています。

Q:起業におすすめの映画はありますか?

起業におすすめの映画は、以下の10作品です。
起業におすすめの映画10選
  • ソーシャル・ネットワーク
  • マイ・インターン
  • ウルフ・オブ・ウォールストリート
  • バトル・オブ・シリコンバレー
  • ココ・シャネル
  • スティーブ・ジョブス
  • 幸せのちから
  • マネーボール
  • ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
  • ウォールストリート

実在した人物の半生を描いた伝記映画や、主人公が仕事で成功するまでのプロセスを描いた映画がおすすめです。

映画は仕事への意欲がわいたり、起業する上で大切なことを教えてくれるので、興味がある作品があればチェックしてみてくださいね。

起業のおすすめ まとめ

起業 おすすめ 起業おすすめのまとめ

起業のおすすめ まとめ
  • 起業する人が多い人気の業種は「サービス業」
  • 融資を受けやすい業種、インターネットを利用した業種、体力的に継続できる業種を選ぶこと
  • 起業で成功するには目的の明確化から始めること
  • 初心者でも起業できるおすすめの業種は「インターネットでできる仕事」
  • 女性起業におすすめの業種は「仕事とプライベートが両立できる仕事」

起業におすすめの業種やジャンル、成功するポイントなどを紹介しました。

起業と聞くとオフィスを借りて人を雇ったり、設備を備えたりしなければいけないという印象が強いです。

たしかに業種によっては全てを揃える必要はありますが、個人で起業する場合はパソコン一台あれば起業が可能です。

さらに、 働き方が多様化していることから、子供や介護などの理由により外で働けない人でも、簡単に起業できる社会になりつつあります。

起業でおすすめの業種・分野のまとめ
  • 日本政策金融公庫が行う調査によると一番、 起業する人が多い人気の業種は「個人向けサービス業」次いで、「事業所向けサービス業」が人気
  • 起業におすすめな業種・ジャンルの特徴には個人事業主が融資を受けやすい業種や初期投資があまりかからないネットを利用した業種、体力的に継続可能な業種などが挙げられる
  • 起業で成功するには起業する目的の明確化・起業アイディアの模索・ビジネスモデルや仕組みの構築・事業計画書の作成・資金調達方法を考える・事業運営に必要な知識の習得が重要
  • 初心者でも簡単に起業にできるおすすめな業種・仕事にはWEBライターやブログ・アフィリエイト、代行サービス、ネットショップ経営、せどりがおすすめ!
  • 女性起業におすすめの業種には家事代行やネイルサロン、オンライン教室、事務代行、フリーライターがおすすめ!
  • 起業したいけどアイデアがないときはまずは趣味や得意なことを副業から始めたり、ネットで競合が少ない分野や事業を探すのがおすすめ!

起業は楽しいことばかりではありませんが、成功するポイントを踏まえた上で起業を進めてくださいね。

起業で資金調達できるか不安な人が資金調達プロの10秒診断がおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • k******q様が
    300万円を調達しました。

  • u*****h様が
    600万円を調達しました。

  • s******w様が
    1100万円を調達しました。

  • i**h様が
    300万円を調達しました。

  • j*****i様が
    200万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング