閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?
資金調達でお困りですか? 下記のフォームにカンタンな内容を入力して下さい。あなたに最適な資金調達方法が10秒でわかります。

資金調達の専門家を探す

キーワードから探す

資金調達ガイド ~お金を借りる方法一覧~

銀行融資やローン・借入・お金を借りる方法なら資金調達プロ

経営者なら絶対に知りたい!
資金調達を成功させるための重要な3つのポイント

資金調達といってもその方法や手段は様々ですが、まず大きく二つに分けることが出来ます。
二つの根本的な違いは、「返済の必要が有る借金なのか、そうでないか。」です。

 

資金調達方法は大きく分けて二つ

  • 返済の必要が無い:エクイティファイナンス(直接金融・自己資本)
  • 返済の必要がある:デットファイナンス(間接金融・他人資本)
エクイティファイナンス(直接金融)デットファイナンス(間接金融)
手段株主資本(自己資本)による調達負債(他人資本)による調達
概念投資を受けて
実質的な自己資本を増やす
資本の増加
融資を受けて
第三者からの借入を増やす
負債の増加
メリット返済の必要が無い
経営支援が受けられる可能性がある
経営権への影響がない
期待収益率(リターンの規模)が小さい
節税効果がある
信用の創造
デメリット経営権への影響がある
投資家へのリターンが求められる
株式公開やM&Aイグジット(会社売却)を目指す為に常に業績の向上が求められる。
借入金と利息を返済する必要が有る
具体例株式の発行
公募(時価発行増資)
第三者割当増資
ベンチャーキャピタルからの出資
個人投資家からの出資
IPO(株式公開)
社債発行・私募債発行
公的融資制度の活用
金融機関からの借入
ビジネスローン
ソーシャルレンディング
友人・知人・親族からの借入

※具体例に記載されている資金調達方法が、必ずしもメリット・デメリットに当てはまらない場合があります。


エクイティ、デット、どちらにせよ資金調達の成功の可否は、経営者である人物の信用に依存する事になります。わかりやすくひと言でいうと「信用がある人物かどうか?」です。

そもそもお金の概念とは信用そのものであり、通貨の価値は信用で決まるからです。
「資金を調達する」ということは「人々から信用を集める」という事です。
ですから、「人々から信用を集める」為には、自らが信用に値する人物にならなければなりません。


他にも様々な資金調達手段があります。銀行融資や出資ではなく、「とにかくキャッシュを増やす」という考えでは資金調達方法としてとても使える方法です。

手段その他の資金調達手段
概念キャッシュを増やす・キャッシュインの早期化・現金の増加
具体例アセットファイナンス
助成金・補助金の活用
友人・知人・親族からの借入
取引先との交渉でキャッシュフロー改善
売掛金の売却(ファクタリング)
在庫処分など、不要資産の売却
クラウドファンディング
 

資金調達を成功させるための基本的な考え方とは?

どんな資金調達方法にしろ最初に必要なのは、事業計画を5W2Hで考ることです。下記の質問に対しすぐにスラスラと答えることが出来なければ、資金調達を成功させることは難しいでしょう。
これらは、事業計画書を作成する上でも重要なポイントになります。
誰に何を聞かれても必ずすぐに答えられるようにしましょう。

Who誰が経営者は誰なのか? 経歴は? 人格は?
What何をどんな事業? 商品・サービスは? ミッションは?
Whenいつ売上目標までの期間は? キャッシュフローなどのスケジュールは?
Whereどこで商圏は? ターゲットは?
Whyなぜ事業を行う動機は? 理念は?
Howどのようにビジネスモデルは? 戦略・戦術は? ライバルとの差別化は?
リスクマネジメントは?
Howmuchいくら必要な資金調達額とその理由は? 商品やサービスの価格は?

そもそも5W1Hというのは、部下が上司に報告を行う際にも必要です。
これが出来ているかどうかで、いわゆる「仕事が出来るヤツ」かどうかが決まります。
この仕事が出来ていないのに、「私を信用して、お金を出してくれ」と言っても、信用してくれる人は普通いませんよね。

また勿論全て答えられればOKというわけではなく、事業計画に矛盾が無いことも勿論大事です。
事業計画が理にかなっていて、納得するだけの根拠があって資金調達というのは成功させることが出来ます。

次に、代表的な資金調達方法である「ベンチャーキャピタルからの出資を成功させる為の秘訣」について解説していきます。 なぜベンチャーキャピタルからの出資の方法なのかというと、資金調達手段の中で最も難しい方に分類される内容であり、VCからの資金調達手段についての成功ノウハウを得るだけで、それ以外の手段はほぼ賄えるからです。
勿論、事業や状況によって資金調達の成否は変わりますが、基本的な考えとしてご理解下さい。

 

ベンチャーキャピタルからの出資を成功させる為の秘訣

そもそもベンチャーキャピタルの目的とは?

まずは出資を受ける前に、ベンチャーキャピタルが出資をする目的とは何かを考えます。
「相手の立場になって考える」という事は、出資者に対しても、ユーザーや顧客、取引先に対しても、ビジネスを行う上で最も大切な事です。

ベンチャーキャピタルが出資する本質的な理由は何か?

それは、投資額に対する目標以上のリターン(キャピタルゲイン)を求めているからです。

ですから、出資を受ける為にはM&AやIPO(株式公開)によるイグジットを目指さなくてはなりません。下記の重要な4つのポイントは、出資を受ける為にもEXITを目指す為にもどちらにも共通することです。

 

ベンチャーキャピタルからの出資を成功させる為に重要な4つのポイント

ベンチャーキャピタルの投資スタンスや投資ステージ、金額、ハンズオン体制によって判断される基準は様々ですが、一般的にVCから投資を受けるにあたって重要なポイントは下記の4つです。

 

1.経営陣の評価

経営陣の経歴や資質は適切かどうか?事業の経験や実績が豊富にあって、業界に精通している人間かどうか?といった所が見られます。 事業の成否は99.9%経営者によって決まります。景気など外部環境の変化による影響の大小もあるでしょうが、本質的には全ては経営者の責任です。 なので経営者の人格や考え方、ビジョン、行動力と、根拠に基づいた事業計画を立てられるかどうかが評価に大きく関わります。 また、過去にイグジット(EXIT)の経験がある場合は、ベンチャーキャピタルにとっては大きな評価対象になります。

 

2.市場の成長性

展開するビジネスの市場に成長性があるかどうかが重要視されます。 当たり前ですが、国内で人口の減少や産業の飽和により既に衰退しつつあるような業界は好ましくないでしょう。 市場参入や商品・サービスのリリースのタイミングが時流に乗っていて、かつベンチャーキャピタルの期待に沿っているかどうかも重要です。 また現時点での経営状態より将来的に期待できる価値の方が重要視される場合が多々あります。

 

3.競合優位性

成長性がある市場には、それに伴い数多くのライバル企業が存在します。 ですから、いくら市場の成長性が高くても、競合優位性がないと意味がありません。 差別化による競合優位性の確保は必須であり、商品やサービス、技術、販売戦略などのどの部分がどのようにライバル企業より優れているかを説明する必要が有ります。 特にベンチャーキャピタルからの出資を受ける企業は大企業ではないので、ランチェスター戦略でいう弱者の戦略が必須です。 自社にしかできない強みや特徴を持つことは、出資を受ける上でもビジネスを行う上でも絶対に必要です。

 

4.株式公開の可能性

ベンチャーキャピタルは、これから投資を受ける会社と、それに似たビジネスを展開している既存の上場企業を比較します。 売上高や企業価値などを現状と比較して投資額を算出したり、投資実行の決定をします。 売上や経常利益の伸びが、VCファンドの運用期限以内にIPOレベルに届くということが投資委員会で合理的に説明出来なければいけません。

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる