事業資金が借りやすい金融機関ランキング5選!個人事業主が日本政策金融公庫から融資を受けるポイントと注意点

運営事務局
運営事務局
更新日2023/12/19
PR

事業資金 アイキャッチ

事業資金とは?個人事業主でも借りられる?

事業資金が借りやすい銀行が知りたい!

事業資金と運転資金は何が違う?

この記事では、上記のような疑問・お悩みを解決します。

事業資金とは
新規事業の立ち上げや事業継続のために必要な経費のこと

事業資金が借りられる金融機関は、ノンバンクのビジネスローン日本政策金融公庫銀行など複数あります。

ただし、審査のハードルは金融機関ごとに異なり、申し込みさえすればどこでも借りられるわけではありません。

また、金利の高さや小規模企業にも親身に対応してくれるなどの違いもあります。

事業者の規模や業種内容によって借りやすい金融機関があるため、それぞれの特徴をしっかりと理解して選択することが重要です。

そこで今回は、事業資金が借りやすい金融機関をランキング形式で紹介していきます。

個人事業主でも融資が受けやすくなるポイントや注意点などまとめているので、事業資金が借りやすい金融機関を探している人はぜひ参考にしてみてください。

事業資金が借りやすいをざっくりいうと...
  • 事業資金とは、新規事業の立ち上げや事業継続のために必要な経費のこと。個人事業主でも運転資金等を借りることができる
  • 事業資金が借りやすい金融機関はノンバンク融資のビジネスローン!
  • ランキングで分類すると「ノンバンク < 信用金庫・信用組合 < 日本政策金融公庫 < 地方銀行 < 大手銀行」の順に借りにくくなる
  • 事業資金が借りやすい金融機関は金利が高い特徴があり、金利の上限は18.0%なので返済負担を考慮する必要もある
  • 事業資金を借りやすくするポイントは事業計画書を作りこみ、創業融資も検討すること、認定支援機関を利用して申し込むようにする
事業資金の調達で困ったら10秒診断がおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

AGビジネスサポートのビジネスローンなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能!

▼ 起業や開業資金もOK! ▼

AGビジネスサポート

事業資金とは

事業資金とは
事業資金とは、新規事業の立ち上げや事業を継続していくために必要なさまざまな経費のことです。

事業の規模や業種などによって、どのくらい事業資金が必要になるかは異なります。

なぜなら、事業者によって事務所の家賃や従業員の雇用経費、店舗に導入する設備資金などが違うからです。

また、外部から資金調達をする際には、使用目的によって金額や条件が異なります。

そのため、事業資金はどのような使い道かによって、設備資金と運転資金に分けて考えられています。

設備投資とは
事業に必要な設備を購入する費用のことです。事業の拡大や今まで使用していた設備の入替などで使用します。店舗の内装工事費や宣伝のための制作費などが挙げられます。
運転資金とは
事業の継続に必要な資金のことです。事業を維持するための資金や売上の増減に対応する資金などに使われます。一時的に必要となる設備投資に比べて、運転資金は継続的に必要となる資金といえます。

事業資金が借りやすい金融機関ランキング5選

事業資金 ランキング
事業資金を借りられるのは、銀行や信用金庫などの金融機関で数多くあります。

しかし、それぞれの金融機関ごとには審査があり、通過しなければ借り入れることはできないため簡単ではありません。

ここでは、事業資金が借りやすい金融機関をランキングにしてご紹介します。

  1. ノンバンク
  2. 信用金庫・信用組合
  3. 日本政策金融公庫
  4. 地方銀行
  5. 大手銀行

どの金融機関で事業資金を借りようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

金融機関 特徴
1位 ノンバンク ビジネスローンなどは融資審査のハードルが一番低い。銀行などで借りられなかった事業者も借り入れできる可能性がある
2位 信用金庫・信用組合 地域の復興や繁栄に力を入れているため、中小企業や個人事業主などにも積極的に融資してくれる
3位 日本政策金融公庫 個人・小規模・中小企業向けにも借りやすい融資制度が多い。また、職種や状況などにあわせた融資が受けられる
4位 地方銀行 地域密着型のため地元の企業に手厚い。ただし、信用金庫よりも低金利で融資限度額が大きいため審査は厳しめ
5位 大手銀行 資金源が豊富で低金利。大口融資が中心のため審査は厳しい

事業資金が借りやすい金融機関ランキング第1位 ノンバンク

メリット ・無担保、無保証で融資可能
・融資を受けるまでがスピーディー
・審査に通りやすい
デメリット ・金利が高い場合がある
・融資限度額は低め
・銀行などからは融資を敬遠される可能性も

金融機関の中でも審査がゆるく、事業資金がもっとも借りやすいのは「ノンバンク」です。

ノンバンクとは、預金業務を行わない金融機関で、融資だけに特化した消費者金融などの業者のことをいいます。

ノンバンクが借りやすい最大の理由は、金利が高いことです。

融資審査の厳しさは金利の高さと比例しており、金利が高いノンバンクは審査が甘い金融機関といえるのです。

そもそも融資は、融資相手が返済できなくなってしまえば、金融機関の損害になってしまうためリスクがあり、貸し倒れのリスク分も含めて金利の設定を行っています。

高金利の融資が可能な金融機関は、貸し倒れリスクの高い相手でも貸してくれるともいえ、審査が甘いということになるのです。

ノンバンクなどの消費者金融では、金利の上限が18%程度のところが多くそのほかの金融機関よりもかなり高金利です。

銀行などで融資が受けられない企業でも高金利で融資を行ってくれますが、返済計画をしっかり立てなければ今後の経営に大きく影響するので注意してください。

資金調達したい事業者の方はAGビジネスサポートがおすすめ!
AGビジネスサポートのビジネスローンなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能!

>>> 創業・開業資金もOK! <<<
AGビジネスサポート

事業資金が借りやすい金融機関ランキング第2位 信用金庫・信用組合

メリット ・地元企業は取引しやすい
・ベンチャーや小規模事業者にも親身に対応してくれる
・地方自治体の制度融資も詳しい
デメリット ・銀行に比べると金利が少し高め
・審査には時間がかかる
・融資限度額が低いことが多い

次に、事業資金が借りやすい金融機関は「信用金庫や信用組合」です。

信用金庫や信用組合は、営利第一の銀行ではなく地域の活性化や地域新興を重点としている金融機関です。

地域住民との相互扶助を大切にしているからこそ、ベンチャー企業や個人事業主などにも親身になって対応してくれます。

銀行に比べると金利は高くなりますが、審査のハードルはぐっと下がります。

大手の銀行などで融資を断られた人でも、信用金庫や信用組合であれば借りられるケースも少なくありません。

基本的に、信用金庫や信用組合で申し込みをした場合は、信用保証協会を提案されることが多くなります。

保証協会付きの融資は、信用金庫だけでなく、あわせて信用保証協会からの判断もあった場合のみ借りられます。

信用保証協会の判断によって借りれるかどうかが変わってくるので、その点については注意してください。

事業資金が借りやすい金融機関ランキング第3位 日本政策金融公庫

メリット ・低金利
・無担保、無保証
・創業支援制度の充実
・事業についてのアドバイスも得られる
デメリット ・審査に時間がかかる
・面談が重視されるため準備は入念にする必要あり
・審査はやや厳しい

事業資金が借りやすい金融機関の第3位は「日本政策金融公庫」です。

日本政策金融公庫とは
民間の金融機関とは異なっており、口座を持たず預金業務をしていない融資業務のみを行う政府系金融機関です。中小企業や小規模事業者などに対し、融資や信用保険などの支援を行っています。

どんな人でも申し込みができるように、用意されている融資制度が多いのが特徴的です。

融資制度の一例
  • 一般貸付:ほとんどの業種向け
  • 新規開業資:新規事業者や事業開始後およそ7年以内の人向け
  • IT活用促進資金:情報化投資を行う人向け
  • 海外展開・事業再編資金:海外展開を図る人向け
  • 企業再建資金:事業の再建を図る人

個人事業主や小規模事業者、中小企業までさまざまな事業規模の人を受け入れているため、申し込める融資を探しやすいのも魅力です。

金利も低めに設定されており、担保があれば0.3%から、無担保であれば0.66%から借りられます。

ただし、金利が低く国が管轄しているため審査においては比較的厳しいとされています。

事業資金が借りやすい金融機関ランキング第4位 地方銀行

メリット ・地元企業へのサービスが厚め
・地域内に支店が多い
・信用金庫と比べると低金利で融資限度額が大きい
デメリット ・地域外に支店が少ない
・審査に時間がかかる
・審査はやや厳しい

事業資金が借りやすい金融機関の第4位は、地域密着型の金融機関である「地方銀行」です。

地域にお住まいの人や地元の企業にとっては、非常に身近で親しみを感じやすい金融機関といえます。

相談も気軽にしやすいため、個人事業主や中小企業にとっては頼れる存在のひとつです。

同じ地域密着型の金融機関に信用金庫がありますが、 地方銀行の方が低金利で融資限度額が大きいといった特徴があります。

そのため、大口の融資希望者には借りやすい金融機関ですが、金利が低い分審査は難しいため注意が必要です。

さらに、地域外になると支店の数が少なく、将来的には全国展開したいと考えている企業にとっては少しデメリットに感じる可能性もあります。

事業資金が借りやすい金融機関ランキング第5位 大手銀行

メリット ・審査に通ることで企業の信用度が上がる
・低金利が多い
・申し込み時の書類が少ない
デメリット ・審査が厳しい
・審査に時間がかかる
・中小企業は審査に通りにくい可能性あり

事業資金をもっとも借りにくいのが「大手銀行」です。

強大な資産や収益規模を持っている大手銀行では、信用度の高い上場企業などを中心に取引を行っています。

そのため、低金利を設定していますが個人事業主や中小企業、ベンチャー企業などにとっては、審査を通るのが難しくハードルが高いといえます。

審査のハードルが低くなる信用保証協会の保証付き融資もありますが、直接企業に貸し付けるプロパー融資であればさらに審査が厳しくなってしまいます。

プロパー融資とは
金融機関が事業融資を行う際に、信用保証協会の保証などがなく、直接自身の責任100%で実行する融資のことです。中小企業などは信用保証協会の保証つき融資を優先的に行います。

審査は厳しくても低金利で申し込みしたい人は、審査に時間がかかる点にも注意してください。

事業資金が借りやすい金融機関は金利が高い

事業資金 借りやすい
事業資金が借りやすい金融機関はさまざまありますが、金利が高いという点には注意しなければなりません。

もっとも借りやすいとされるノンバンクは、金利の上限が18%です。

実際に支払うことになれば、負担が大きく大変になることが予想されます。

借り入れる前には、どのように支払いをしていくか返済計画をしっかり立ててから検討するようにしてください。

金利の面から考えると ノンバンクよりも金利が非常に低い「地方銀行」や、低金利が魅力の「日本政策金融公庫」などがおすすめです。

地方銀行であれば、個人事業主や中小企業の人でも融資相談にのってもらいやすいため、気軽に相談できます。

事業資金を借りやすくするポイント

事業資金 ポイント
事業資金は、金融機関によって借りやすさが異なります。

ただし、ポイントを押さえることで審査に通りやすくなり、より借りやすくなるのです。

ここでは、事業資金を借りやすくするポイントを3つ解説します。

事業資金を借りやすくするポイント
  • 事業計画書を作りこむ
  • 融資ではなく創業融資も検討する
  • 認定支援機関を利用して申し込む

事業計画書を作りこむ

事業計画書は、融資の審査で提出を求められることの多い書類のひとつです。

事業内容や企業の戦略、財務計画などを丁寧に作りこむことで、審査の合否を左右するといっても過言ではありません。

金融機関はこの事業計画書をもとにして、企業が今後どれくらい収益を見込めるかどうかを判断するためです。

そのため、今後の収益性をみて返済能力があると判断されなければ、審査に通るのは難しくなります。

事業計画書は細かく具体的に書き、エビデンスなどのデータも入れて説得力を持たせることが重要です。

事業計画書の基本的な記載項目
・企業の概要
・事業内容やコンセプト
・サービス、商品の概要
・自社の強み
・市場規模、競合他社などの環境面
・マーケティング戦略
・事業展開のスケジュール、人員計画
・財務計画

整合性の取れた内容をわかりやすく書くように注意し、数値などはしっかりとした根拠を持つようにしてください。

融資ではなく創業融資も検討する

事業資金の借り入れを検討する際には、創業融資を検討することもポイントのひとつです。

事業資金をもっとも借りやすいタイミングは、創業してから5年程度とされています。

民間の金融機関や日本政策金融公庫などでも「創業融資」の制度が非常に充実しており、積極的に貸してくれます。

時期的な要素も関わってくるので、 通常の融資よりも創業融資を申し込んだ方が借りやすい場合もあるのです。

また、創業融資は創業時だけしか申し込みできないわけではありません。

創業してからおよそ7年目くらいまでは融資の対象となるため、該当する事業者はぜひ活用を検討してみてください。

認定支援機関を利用して申し込む

低金利が魅力の日本政策金融公庫から借り入れを検討している場合は「認定支援機関」を利用して申し込むことで、審査に通りやすくなります。

認定支援機関とは、経営に関する専門知識や実務経験が一定レベルあると国が認定した「機関や士業の人たち」のことです。

MEMO
金融機関、商工会や商工会議所、税理士、公認会計士、中小企業診断士などが認定されています。認定支援機関は、中小企業や小規模事業者などから経営に関する相談を受けて支援します。

これらの機関に相談して日本政策金融公庫へ申し込みの際に、間に入ってもらうことで審査を通過する可能性が高くなります。

認定支援機関では、事業計画書の作成をサポートしてくれたり、審査の面談についてのアドバイスをもらったりとさまざまな支援を受けられます。

そのため、審査の際には信用度が上がり審査に通過しやすくはなりますが、相談料が発生する点には注意してください。

事業資金に関するよくある質問

事業資金 質問
ここでは、事業資金に関するよくある質問をまとめてみました。

事業資金について、理解を深めたい人はぜひ参考にしてみてください。

事業資金に関するよくある質問
  • 事業資金の借入は個人事業主でも可能?
  • 日本政策金融公庫は個人事業主も融資の対象ですか?
  • 個人事業主は運転資金の融資を受けられますか?
  • 事業資金と運転資金の違いはなんですか?
  • 事業資金でおすすめのビジネスローンはありますか?

Q:事業資金の借入は個人事業主でも可能?

事業資金の借入は、個人事業主でも可能です。

ただし、原則として開業届を提出し、確定申告をしていなければなりません。

開業届けも確定申告も出していない場合でも融資が受けられないわけではありませんが、非常に難しくなると考えておいてください。

とはいえ、 日本政策金融公庫などでは、前年の業績を示すことができれば審査がうけられるケースもあります。

Q:日本政策金融公庫は個人事業主も融資の対象ですか?

個人事業主も日本政策金融公庫の融資対象です。

ただし、多くの提出書類が必要となるため注意してください。

個人事業主が日本政策金融公庫から融資を受ける際に必要な書類の例
・借入申込書
・創業計画書
・運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
・直近2年分の源泉徴収票または確定申告書
・通帳
・ローンなどがある場合、返済予定表
・賃貸借契約書(自宅が賃貸)
・固定資産性の領収書(自宅が所有)
・賃貸契約が確認できる書類(店舗や事務所を借りる場合)
・許認可が確認できる書類(対象者のみ)
・印鑑証明書など

事業や申請者の状況によって、提出する書類が異なります。

必要書類を抜かりなく提出するためには、認定支援機関に相談すると安心です。

MEMO
認定支援機関とは、税理士、公認会計士、中小企業診断士、金融機関、商工会や商工会議所などのことです。

Q:個人事業主は運転資金の融資を受けられますか?

個人事業主でも運転資金の融資を受けることは可能です。

融資を受ける方法は主に次の5つです。

借りやすさ
ビジネスローン
カードローン
公的融資
信用金庫
銀行

金利は高くなりますが「ビジネスローン」や「カードローン」であれば融資が受けやすいです。

担保や保証人が不要な場合が多く、審査のハードルも低くなります。

また、次に融資が受けやすいのが国や自治体からの「公的融資」です。

日本政策金融公庫や商工会議所、信用保証協会などが当てはまります。

営利目的ではないため低金利で利用がしやすく、母体がしっかりしているため倒産の心配もありません。

特に、 日本政策金融公庫では、新型コロナウイルス感染症に関する貸付や融資もあります。

また「信用金庫」も個人事業主向けの融資相談窓口があり、利用しやすい金融機関のひとつです。

低金利が魅力の「銀行」に関しては審査のハードルが高く、個人事業主の融資は少し難しくなっています。

Q:事業資金と運転資金の違いはなんですか?

事業資金には2種類あり「設備資金」と「運転資金」に分かれます。

そのため、 運転資金とは事業資金に含まれているお金のことです。

例えば、仕入れや人件費など日常の事業で必要な費用のことを運転資金といいます。

そのほか、水道などの光熱費や家賃、通信費なども運転資金に含まれます。

一方で、機械や設備などの事業を行う際の初期投資に関わる費用が設備資金です。

初期投資費用と、事業を継続していく上で必要な費用を合わせて事業資金といいます。

Q:事業資金でおすすめのビジネスローンはありますか?

事業資金が必要になり、ビジネスローンを検討している人には「AGビジネスサポート」がおすすめです。

無担保、無保証で自由に借入でき、まとまった資金繰りの際には非常に便利です。

法人だけでなく個人事業主も利用でき、利用限度額も1000万円と他社よりも高めに設定されています。

高額な事業資金が必要な人や、開業して間もない人でも利用しやすいビジネスローンです。

ただし、上限の金利は18%と高めに設定されている点や提出が必要な書類が多い点には注意してください。

MEMO
決算書や確定申告が不要なビジネスローンが多いですが、AGビジネスサポートでは法人の場合は決算書を、個人事業主の場合は確定申告書を提出しなければなりません。

事業資金のまとめ

事業資金 まとめ
事業資金がもっとも借りやすい金融機関はノンバンクであり、大手の銀行などは審査が厳しく借り入れはそう簡単ではありません。

金融機関ごとにメリットやデメリットがあるため、事業資金を借りる際には特徴をしっかりと確認しておくことが重要です。

さらに、 事業計画書を充実させるなどいくつかのポイントを押さえておくことで事業資金をより借りやすくなります。

また、創業してから間もない場合は創業融資を活用することもできるので、事業所の内容に応じて検討してみてください。

事業資金が借りやすいのまとめ
  • 事業資金とは、新規事業の立ち上げや事業継続のために必要な経費のこと。個人事業主でも運転資金等を借りることができる
  • 事業資金が借りやすい金融機関はノンバンク融資のビジネスローン!
  • ランキングで分類すると「ノンバンク < 信用金庫・信用組合 < 日本政策金融公庫 < 地方銀行 < 大手銀行」の順に借りにくくなる
  • 事業資金が借りやすい金融機関は金利が高い特徴があり、金利の上限は18.0%なので返済負担を考慮する必要もある
  • 事業資金を借りやすくするポイントは事業計画書を作りこみ、創業融資も検討すること、認定支援機関を利用して申し込むようにする
事業資金の調達で困ったら10秒診断がおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • y****i様が
    500万円を調達しました。

  • e**x様が
    800万円を調達しました。

  • a****a様が
    1000万円を調達しました。

  • r***y様が
    1000万円を調達しました。

  • n**p様が
    600万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング