クラウドファンディングで飲食業をはじめよう!ネットで資金調達すべき4つの理由

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/6/30

飲食店を始めるための『開業資金』は、クラウドファンディングを使って調達しましょう。クラウドファンディングは、事業に賛同してくれるファンや支援者を「インターネット上」で募り、必要な資金を集める方法です。

飲食店を始めるための開業資金

Image via Unsplash

クラウドファンディングで集めた資金は、原則「返済不要」です。その代わりに支援者には、モノやサービスでお礼をする必要があります。本記事では、「飲食業をスタート」する事業者に向けて、クラウドファンディングで資金調達すべき4つの理由を説明したいと思います。

 

カフェ開業100%成功ガイド!カフェ経営で成功する7つの秘訣!開業資金調達から集客まで

 

参考記事:飲食店開業の流れが10ステップでわかる!資金調達~オープン~成功まで100%教えます

関連記事:クラウドファンディング内で、トラブルを回避する方法3つ!

 

その前に・・・クラウドファンディングは、申し込みまでに最低でも1週間〜通常1カ月程の準備期間が必要です。また、実際に計画が実行されて「資金を受け取る」までには、1カ月〜2カ月程度の時間が掛かるでしょう。もし、起業後の「運転資金」が足りない時には、日本政策金融公庫の融資や自治体の補助金・支援金を上手に活用しましょう。

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

クラウドファンディングで、飲食業に必要な費用を調達しよう!

 

飲食業をはじめるにあたり「一番のネック」となるのが、開店に必要な資金調達です。

 

店を持つには、物件オーナーに支払う保証金、家賃、内装のデザイン費用のほか、(改装に必要な)工事・施工費用、厨房などの設備費用、看板、電話、業務管理に必要なパソコンや回線(光通信など)の工事費用、チラシ、メニュー、広告宣伝費など、数百万単位の初期費用が必要になります。

 

例えば小さな店舗を開店する場合でも、最低800万円〜1,500万円程度の資金が必要になります。また、運転資金として料理や飲み物の仕入れ代、スタッフに支払う人件費(保険料も含む)を準備しなければいけません。

 

例えば20坪30席のお店を開業しようとすると、1,000万円~1,600万円かかるということです。ただし最近では居抜物件を活用することが多いので場合によってはもう少し投資を抑えることも可能です。

また、開店後の運転資金も用意することを忘れてはいけません。初めての開店で一番陥りやすい計算違いは、資金不足です。失敗しない資金計画の基本は、下調べで手抜きをしないことです。お金のかかることはすべて書き出し、その一つひとつの項目についていちいち当たり、細かく細かく積み上げていくことが大切です。

出典:飲食よくあるご質問(飲食総合コンサルティング会社・コロンブスの卵公式サイト)より

 

ここまでの資金が、全て自己資金でカバーできれば良いのですが、ほとんどの事業主は、融資を頼りに起業を行っています。ただ、銀行から融資を受けるのは大変です。審査をクリアするのも一苦労ですが、借りたお金を返済するため(早く軌道に乗るよう)常に売り上げを気にしなければいけません。

 

このような問題を一気に解決してくれるのが、クラウドファンディングの存在です。クラウドファンディングは、ネット上で支援者を募り、必要な資金が集められるサービスです。

 

クラウドファンディング(英語: Crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。 ソーシャルファンディングとも呼ばれる。

出典:Wikipedia「クラウドファンディング」より

 

運営側にはマーケティング戦略のプロが在籍していることも多く、企画立案からデザイン、店のコンセプト、広告宣伝にいたるまで的確なアドバイスをしてくれます。

 

開店資金

 

また、最近では「飲食」に特化したサイトもあり、多くの起業家が『希望する開店資金』を無事獲得しています。

 

「こんな店をつくりたい!」というような新しい飲食店の企画も数多く見受けられます。Makuakeでつい先日募集を終えた「日本酒と焼肉」をメッセージ として打ち出したプロジェクトでは、400名の資金提供者からなんと1000万円以上の金額が集まっており、クラウドファンディングはうまく機能すると非 常に有効なツールとなりうることがわかります。

出典:PRESIDENT Online「飲食にも押し寄せるクラウドファンディングの波! うまい活用手段とは」2015年10月22日掲載記事より

 

実際に、クラウドファンディングを利用し『飲食店経営を成功させた事例』は、数え切れないほどあります。ここで、2つの成功例を取り上げ、見てみることにしましょう。

 

クラウドファンディングを利用して、成功した経営者の例①

2014年9月から東京・丸の内で営業している弁当屋「おいしいプラス」は、開業資金をクラウドファンディングで集めたことで有名なお店です。(中略)クラウドファンディング社が自ら立ち上げた「jitsugen」というプラットフォームで、1口50万円の出資を募ったところ、わずか4時間半程で目標の3,500万円に達しました。

出典:NEC Orchestrating a brighter world「新しい資金調達の方法!飲食店のクラウドファンディング成功事例」記事より

 

クラウドファンディングを利用して、成功した経営者の例②

東京・広尾エリアにある、完全会員制の馬肉専門店「ローストホース」が、2014年12月オープンのための資金調達に活用したのは、サイバーエージェント・クラウドファンディング社が運営する「Makuake」というサービスでした。このとき、ローストホースが集めたのは、出資者506人、目標の300万円をはるかに上回る555万7,711円。出資者は、そのままローストホースの会員になれるという条件だったのですが、500人を超えた時点で、予約が取れなくなる可能性があると判断して、途中で募集を打ち切ったそうです。

出典:NEC Orchestrating a brighter world「新しい資金調達の方法!飲食店のクラウドファンディング成功事例」記事より

 

クラウドファンディングの可能性は無限大です。 資金調達ができればベストですが、参加するだけでも宣伝効果は抜群です。また、飲食店の企画は、クラウドファンディングでも目標が達成しやすく、多くの起業家が(企画を立案し)参加しています。

 

【メモ】助成金や補助金も上手に活用したい!

 

飲食業始めるときには、クラウドファンディングだけでなく地方自治体の助成金や補助金をうまく利用しましょう。基本的に助成金や補助金は『返済不要』なので(借入のように)負担が無く、資金繰りの面でも安心して利用できます。

 

なお、利用できる助成金や補助金制度については、以下の記事で詳しく説明しています。これから、飲食業(レストラン/喫茶店/カフェ等)を開業される方はぜひ参考にしてみてください。

 

参考記事:【保存版】創業時に使える・全国の補助金と助成金まとめ(2016-2017年版)

 

助成金を受けたあとの注意点・正しく資金を活用する4つのコツ

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

クラウドファンディングで飲食業を始める理由4つ!

 

飲食で起業される方が「クラウドファンディングを始める理由」は、大きく分けて4つあります。

 

飲食業をはじめる! クラウドファンディングで資金調達すべき4つの理由
① 宣伝効果は絶大! 開店前にファンや顧客を掴むことができる
② 融資とは違い、原則返済の必要ナシ! 集まった資金はサービスやモノで「お返し」できる
③ クラウドファンディングの情報を活かし、マーケティング戦略が立てられる
④ ブランディングのプロから、アドバイスが得られる

 

①〜④について、以下で詳しく説明しましょう。

 

① 宣伝効果は絶大! 開店前にファンや顧客を掴むことができる

 

各クラウドファンディングサイトは、FacebookやTwitterで効率良く情報を拡散します。また、プレスリリースを頻繁に行うなど、メディアに取り上げられる機会もたくさん設けています。このほか、一部のクラウドファンディングは「テレビ番組の枠」を持っているなど、その影響力(宣伝効果)は抜群です!

 

通常、飲食店をオープンするには、たくさんの広告・宣伝費が必要です。しかし、クラウドファンディングサービスを利用すれば「費用0」で、最大の宣伝効果が期待できます。

 

② 融資とは違い、原則返済の必要ナシ! 集まった資金はサービスやモノで「お返し」できる

 

金融機関や政策金融公庫関連の融資とは違い、クラウドファンディングサービスは原則「返済不要」で資金が調達できます。その代わりに、支援者に店の商品や(飲食であれば食事券など)サービスをお返し、支援者との取引を成立させています。

 

お礼には、開店のオープニングイベントを開いて食事を振る舞ったり、プレオープンに(支援者)を招いても、良い宣伝効果が得られるでしょう。

 

③ クラウドファンディングの情報を活かし、マーケティング戦略が立てられる

 

各クラウドファンディングサービスは、支援者やサービス利用者のアクセス数をはじめとして、消費傾向や好み(トレンド)などを細かく分析しています。こうしたデータから市場調査を行えば、飲食業の分野でも「成功する経営」方針が見えてくるはずです。

 

④ ブランディングのプロから、アドバイスが得られる

 

一部のクラウドファウンディングでは、プロのアドバイザーを在籍させ、アドバイスを行うなど『手厚いサポート』を行っています(例:Kibidango等)。クラウドファンディングで得られた繋がり、コネクションは、お金で買えない貴重な経験です。ぜひ、サービスの充実したサイトを利用し、ビジネスチャンスを広げてみてください。

 

飲食業に特化したクラウドファンディングについて

 

2011年「国内で最初」のクラウドファンディングサービスが立ち上がってからは爆発的な勢いで、大小様々なサイトやサービスが、運営を開始しました。

 

現在、最も勢いがあるサービスには、Makuake(マクアケ)や、CAMPFIRE(キャンプファイヤー) 、GREEN FUNDING(グリーンファウンディング)、Readyfor(レディーフォー)、Kibidango(きびだんご)などのサイトがあります。

 

こうしたサイトでは、飲食業はもちろん、起業家支援、商品開発、デザインやアート、スポーツ選手への支援、社会貢献、地位活性化など、さまざまなジャンルで企画立案ができ、応援してくれるサポーターと資金を集めることが可能です。

 

また、多くのクラウドファンディングは「All or Nothing」形式を採用しており、目標金額に達成しなかった場合は、手数料が発生しない仕組みです。これなら、初めての方でも「リスク0」で企画が立案でき、プロジェクトを掲載することが可能です(※ ただし、この場合は資金が調達できない)。

 

また最近は、料理や飲食の分野に特化したクラウドファンディングが登場し、起業家や料理人の間で話題となっています。

 

kitchenstarter(キッチンスターター)

kitchenstarter(キッチンスターター)公式サイト

 

kitchenStarter(キッチンスターター)は、2016年1月に誕生した新しいサイトで、日本初の「飲食特化型」クラウドファンディングサイトとして運営を行っています。

 

kitchenStarterとは
「飲食店を始めたい!」「新しい商品開発がしたい!」「地域の名産を作りたい!」日本初の飲食特化型クラウドファンディングプログラムです「クラウドファンディング」とは「クラウド=crowd(大衆)」「ファンディング=funding(資金調達)」の名の通りインターネットでプロジェクトを公開し、それに共感した一般の支援者(サポーター)から広く資金を得ることの出来る新しい資金調達方法ですが、本当に必要なものを、支援してくれる人達と一緒に育てていくマーケティング手法として 世界中から注目を集めているプログラムです。/出典:kitchen starter(キッチンスターター)公式サイトより

 

kitchenStarterのように、飲食に特化したサイトを利用すれば「料理に興味のある」支援者が集めやすくなります。また、より専門的な「ビジネス成功」の秘訣やアドバイスが(運営側やサイトから)得られるなど、参加する価値は大きいです。

 

参考サイト:kitchen starter(キッチンスターター)

 

kitchenStarterの仕組み(資金調達の方法)

 

まずは、kitchenStarterのサイト新規会員登録(無料)をしてください。その後、運営側の審査を経て『プロジェクトページ』を作成します。募集期間は、最短1日〜90日(約3カ月)まで設定できます。またリターン額は、最小500円から、最大500万円まで設定可能です。

 

資金調達の方法

 

なお、成功した場合のみ(目標額に達成したとき)、20%の手数料が発生します。例えば、達成額が10万円なら「2万円」分が手数料として徴収されます。しかし、目標に達しなかった場合は「手数料が発生しない」ので、リスク0で参加できます(※ この場合、集まった資金も決済されない)。

 

kitchenStarterの可決額(どのくらいお金が集まるのか?)

 

支援金額が大きなプロジェクトは(2016年6月の時点で)、130万円〜230万円の資金が集まっています。まだ、サイトが立ち上がったばかりですが今後『資金調達額の大きな企画』も、たくさん出てくることでしょう。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

その他・飲食業の資金調達ができる「クラウドファンディングサイト」

 

kitchen starter(キッチンスターター)のほかにも、飲食業の資金調達にふさわしい「クラウドファンディングサイト」は、たくさんあります。

 

fd801ae6a9177daab7448f9925524741_s

 

ここで、代表的なサイトをいくつか紹介しておきましょう。

 

飲食業の資金調達で、人気のクラウドファンディングサービス
 ・ Motion Gallery(モーションギャラリー)/食に関する成功事例が多い
 ・ GREEN FUNDING by T-SITE(グリーンファウンディング)/T-SITEによるクラウドファンディングサービス
 ・ FUUDO(フウド)/生産者向け
 ・ A-Port(エーポート) /朝日新聞のクラウドファンディングサービス
 ・ Credibles(クレデウィブルズ)/海外の食に特化したクラウドファンディング
 ・ Makuake(マクアケ)/飲食業の資金調達で人気

 

まずは、各社のサービスを比較してみてください。そして、手数料や雰囲気など「自分の目的やイメージに合う」サイトを見つけてみましょう。

 

クラウドファンディング(飲食店の開業)でオススメの記事

 

クラウドファンディング(飲食店の開業)でオススメの記事

 

・ カフェ開業100%成功ガイド!失敗しないカフェ経営7つの秘訣、経営者が持つべき心構えと準備 100%成功ガイド!

・ 30歳までに起業する! 若者の起業支援制度と「資金調達先リスト50」

・ 資金集め100%ガイド。ネットで資金集めが出来る全サイト一覧

 

まとめ|これから飲食店を開業するなら、クラウドファンディングを上手に活用しよう!

 

いかがでしたか? 今回は、飲食業の資金調達に役立つ「クラウドファンディングサービス」について説明しました。みなさんもぜひ、資金調達の参考にしてみてください。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • m****u様が
    600万円を調達しました。

  • k****v様が
    400万円を調達しました。

  • a******j様が
    1000万円を調達しました。

  • t******s様が
    400万円を調達しました。

  • v***l様が
    1100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り5社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング