みずほ銀行カードローンは総量規制でも借りれる?利用限度額の確認や引き上げ方法と増額案内メールについて

運営事務局
運営事務局
更新日2024/5/28
PR

みずほ 総量規制 アイキャッチ

みずほ銀行カードローン総量規制の対象?引き上げ方法が知りたい!

みずほ銀行カードローンの限度額増額・変更・確認するには?

みずほ銀行カードローンは増額案内メールがくる?必要年収は?

みずほ銀行カードローンの利用限度額は800万円まで設けており、多額の融資を希望している人にとっては最適なカードローンです。

しかし、カードローンで多額の融資を希望するにあたり、問題となるのが「総量規制」です。

総量規制とは
貸金業者から借りられるお金の総額上限を規制する法律のこと。年収の3分の1が上限となる。

今回は、みずほ銀行カードローンは総量規制の対象なのか?や利用限度額の引き上げ・増額方法などについて解説していきます。

他にも、増額申請の方法や増額審査基準と必要年収などについても紹介するので、ぜひ最後までご覧ください!

みずほ銀行カードローンと総量規制をざっくりいうと...
  • みずほ銀行カードローンは総量規制の対象外だが自主規制を設けている
  • みずほ銀行カードローンの利用限度額を引き上げるには増額するしかない
  • みずほ銀行カードローンの利用限度額を確認するにはみずほダイレクト・みずほダイレクトアプリ・ATM・電話の4つ
  • みずほ銀行カードローンの増額はWeb・電話・店頭から申し込みできる
  • みずほ銀行カードローンの増額審査は厳しい!審査次第では限度額低下や利用制限がかかることも
  • みずほ銀行カードローンの増額審査基準は非公開だが、年収・希望限度額・利用実績・返済実績で判断
  • みずほ銀行カードローンの増額審査に通過したい人は新規申し込みから半年以上期間をあけ、他社借入を減らしておくのが重要
  • みずほ銀行から増額案内メールが来るのを待つのもおすすめ!
  • みずほ銀行カードローン増額案内はSMSやATM、郵送案内、電話案内など様々
みずほ銀行カードローンでキャッシングした方が良い人
みずほ銀行カードローン 基本情報

  • すでにみずほ銀行の口座開設している、これから開設する予定がある人
  • キャッシュカードとローンカードを1つにしたい人
  • 低金利で信頼できるメガバンクから借りたい人
  • 金利優遇やATMの数など身近で利便性の高いカードローンが良い人
  • 即日融資や無利息期間がなくても問題ない人

▼ 低金利で選ぶならココ! ▼

▼ 即日融資可能なおすすめカードローン ▼

比較項目 アイフル プロミス SMBCモビット
金利(年率) 3.0%~18.0% 4.5%〜17.8% 3.0%~18.0%
無利息期間 最大30日間
(初回契約)
最大30日間
(初回契約)
なし
融資スピード※1 最短18分 最短3分 最短30分
限度額※2 1万円〜800万円 1万円〜500万円 1万円〜800万円※3
公式サイト プロミス

※1:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合
源泉徴収票など収入を証明するものが必要。
※3:SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

目次

みずほ銀行カードローンは総量規制の対象外だが自主規制を設けている

みずほ 総量規制 みずほ銀行カードローンは総量規制の対象外だが自主規制を設けている
結論から言うと、 みずほ銀行カードローンは銀行系カードローンなので総量規制の対象外となります。

総量規制の対象となるのは、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などに限られています。

MEMO
ただし、「総量規制=多額の貸付を実施している」とは限らないため、それらの理由を次の章で詳しく解説していきます。

総量規制とは?年収の3分の1を超える金額の貸付禁止

総量規制とは
年収の3分の1超の貸付は行ってはいけないという貸金業法で定められたルールです。

例えば、年収300万円の人の場合は、100万円までの借入が可能となります。

この場合、すでに他の消費者金融で100万円までの借入を行っている場合は、新たな借入はできません。

銀行カードローンは貸金業者ではないため、みずほ銀行カードローンは総量規制の対象外になります。

しかし、2018年以降から銀行カードローンの審査が厳格化され、過剰な貸付を防ぐために自主規制を設けています。

銀行カードローンについては、近年の残高増加から、過剰な貸付けが行われているのではないか等の批判・指摘があるところであり、各銀行では、自主的な業務運営の見直しを検討・実施してきています。

引用:銀行カードローンの実態調査結果について|金融庁

MEMO
総量規制の対象外ではあるものの、総量規制に準じた審査を行っているので、年収の3分の1超の借入は難しくなりつつあります。

みずほ銀行カードローンの利用限度額を引き上げるには増額するしかない

みずほ 総量規制 みずほ銀行カードローンの利用限度額を引き上げるには増額するしかない
みずほ銀行カードローンで多額の借入を希望する場合は、契約後に利用限度額を増額してもらうのが一番です。

みずほ銀行カードローンの審査に通過しても、必ずしも希望限度額まで貸付してくれる保証はありません。

利用限度額を決める際は、申込者の収入や他社借入状況、返済状況に基づいて決定されます。

みずほ銀行カードローンで利用限度額が決まる4つのポイント
  • 総量規制を超えていないか
  • 申込者の返済能力の有無
  • 他社での借入状況はどうか
  • 信用情報に問題はないか

申込時の希望限度額が大きい場合、「多額のお金を返済する能力はあるのか?」と、審査が慎重に行われるため最初から多額の融資は期待できません。

契約後に返済履歴に問題なく利用し、信用実績を作ることができれば増額審査に通過する可能性があります。

MEMO
希望の利用限度額まで融資してもらうには、コツコツと利用実績を作っていくのが増額への近道といえます。

みずほ銀行カードローンの限度額を確認する方法

みずほ銀行カードローンの限度額は、以下の方法で確認が可能です。

みずほ銀行カードローンの利用限度額の確認方法
  • みずほダイレクト[インターネットバンキング]
  • みずほダイレクトアプリ
  • ATM
  • 電話

それぞれの利用限度額の確認方法を解説していきます。

【スマホ版】みずほダイレクト[インターネットバンキング]
①みずほダイレクト[インターネットバンキング]にログイン
②メニュー画面から「ローン」を選択
③「カードローン取引」を選択
④残高照会(ご利用ガイド)にて確認可能
【パソコン版】みずほダイレクト[インターネットバンキング]
①みずほダイレクト[インターネットバンキング]にログイン
②メインメニューの「残高照会」から対象の口座を選択し「照会」ボタンをクリック
③現在お借り入れ残高」と「お借り入れ可能残高」にて確認可
みずほダイレクトアプリ
①みずほダイレクトアプリを開く
②「ローン」の欄にて確認可能
ATM
①ATMの初回画面の「カードローン」をタップ
②取引選択画面の「残高照会」にて確認可能
電話
①みずほ銀行カードローンの専用ダイヤル(0120–324–555)に電話をかける
②借入残高については「2」を選択すると確認可能

※本人確認のため「普通預金のキャッシュカード」か「普通預金通帳」が必要

MEMO
みずほ銀行カードローン専用ダイヤルの受付時間は平日9:00~17:00までになります。(※12月31日~1月3日、祝日・振替休日は利用不可)

みずほ銀行カードローンの増額はWeb・電話・店頭から申し込みできる

みずほ 総量規制 みずほ銀行カードローンの増額はWeb・電話・店頭から申し込みできる
みずほ銀行カードローンの増額は、 「Web」「電話」「店頭」から申し込みが可能です。

Web申し込みを希望する場合は、「カードローンのお申し込み」あるいは「みずほ銀行アプリ」から申し込みができます。

電話で増額申請する場合は、以下の専用ダイヤルで電話をかけて手続きが必要です。

みずほ銀行カードローン専用ダイヤル
みずほ銀行カードローン専用ダイヤル:0120–324–555
※増額の申し込みと審査状況については「1」を選択
※受付時間:月曜日~金曜日 9:00分~20:00

店頭での増額申請を希望する人は要書類を持参必の上、最寄りのみずほ銀行にて増額申し込みの旨を伝えてください。

みずほ銀行カードローンの増額審査は厳しい?

増額審査は、みずほ銀行カードローンに限らず厳しい傾向にあります。

増額審査が厳しい理由として、利用実績や利用状況などが原因として挙げられます。

増額審査は新規契約よりも厳しく、利用実績が芳しくない場合は以下のようなデメリットが生じることもあるので、注意しつつ増額申請しなければなりません。

みずほ銀行カードローン増額申込時に起こりうるデメリット
  • 限度額が下がる
  • 利用制限がかかる

増額審査が厳しくなる理由と、増額審査基準については次の章で紹介します。

みずほ銀行カードローンの増額審査基準

みずほ銀行カードローンの増額審査基準は公表されていませんが、以下の4点を総合的に判断しています。

一般的なカードローンの増額審査基準
  • 年収の変化
  • 希望限度額の大きさ
  • 利用実績があるかどうか
  • 問題なく返済しているか

新規契約との大きな違いは、やはり利用実績と返済実績です。

契約から半年未満の増額申請は利用実績が豊富とはいえず、さらに一度も借入していない状態だと増額審査に落ちる可能性があります。

ただし、半年以上の利用実績があれば増額審査に通るという保証はありません。

さらに、他社の返済状況なども強く影響します。

いくらみずほ銀行カードローンでは順調に利用実績があったとしても、他社で返済トラブルがあれば審査時に不利になります。

MEMO
増額審査に落ちてしまった場合は、年収や希望限度額の大きさはもちろんのこと、他社での借入状況にも注意しなければなりません。

みずほ銀行カードローンの増額審査時間

みずほ銀行カードローンの増額申請の受付時間は、平日9:00~20:00までとなります。

増額審査は通常2~3営業日程度ですが、利用者の申し込み内容によって審査時間は異なります。

即日で増額審査結果を知ることはできませんが、早めに審査結果を受け取りたい人は平日9:00~20:00までに増額申請をしてくださいね。

みずほ銀行カードローンの増額審査に通過するポイント

みずほ 総量規制 増額審査に通過するポイント
みずほ銀行カードローンの増額審査に通過するポイントは、以下の5点になります。

みずほ銀行カードローンの増額審査に通過するポイント
  • 継続した安定収入がある
  • 延滞せずに返済し、利用実績を積む
  • 新規申し込みから半年以上経過してから増額申請する
  • 他社借入がある人は完済するか減らしておく
  • みずほ銀行から増額案内メールが来るのを待つ

それぞれ解説していきます。

継続した安定収入がある

みずほ銀行カードローンの増額審査に通過するには、継続した安定的な収入があることが挙げられます。

新規契約時と同様で、返済能力は必ずチェックされるので「増額しても返済できる」と納得させなければなりません。

継続した安定収入とは雇用形態に関わらず、アルバイトやパートでも安定した収入があれば増額審査に通る可能性はあります。

注意点として、単発バイトや短期バイトは安定しているとはいえないため、増額審査に通る可能性は低いです。

増額申請する前にアルバイトやパートでもOKなので、継続した安定収入がある仕事に就くのが審査時には有利となります。

延滞せずに返済し、利用実績を積む

みずほ銀行カードローンで借入している人は、延滞せずに返済を行うことで増額審査に通る可能性が高まります。

過去に一度でも延滞した経験がある場合は、増額審査時に不利になるため、計画的な返済が必要です。

また、みずほ銀行カードローンに限らず、他のカードローンやクレジットカードの返済も怠らないようにしなくてはいけません。

MEMO
信用情報機関で利用者のデータを照会し、延滞や滞納などの返済状況も確認されるので要注意です。

新規申し込みから半年以上経過してから増額申請する

先程も説明した通り、 新規契約から半年未満では利用実績が十分ではないため、半年以上経過してから増額申請をおすすめします。

契約してすぐに増額申請しても、利用実績がないため利用者の信用度が低く、「融資しても返済できるかどうかわからない」と判断されます。

新規契約時の限度額が希望通りでなくても、すぐに利用限度額を上げることはできません。

MEMO
計画的な借入と返済を行い、半年以上利用実績を積んだ上で増額申請をしてみてください。

他社借入がある人は完済するか減らしておく

他社での借入残高が多く残っている状態で増額申請をしても、「常にお金に困っている人」という印象を与えてしまい、増額審査にクリアできない原因の一つとなります。

さらに、みずほ銀行カードローンと他社の借入総額が大きくなると、多重債務になるリスクもあります。

銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、返済困難と見なされる過剰貸付は行っていません。

MEMO
なるべく完済するのが最善ですが、借入残高が大きいと完済は難しいため。少しでも減らしていく心掛けが大切です。

みずほ銀行から増額案内メールが来るのを待つ

みずほ銀行カードローンから増額案内メールが来た場合は、増額審査に通過しやすいと考えられます。

基本的に「借入限度額の増やしませんか」という案内は、 これまで延滞もなく利用実績のある人に向けて通知しています。

必ず審査に通過するとは限りませんが、増額案内メールが届いた時点で「増額審査に有利」と判断してもらって間違いありません。

MEMO
増額審査に落ちたくない人は、コツコツと利用実績を積んで、増額案内メールが届いてから増額申請をおすすめします。

みずほ銀行カードローン増額案内はメールだけではない

みずほ 総量規制 みずほ銀行カードローン増額案内はメールだけではない
みずほ銀行カードローン増額案内はメールだけでなく、以下の方法で届くこともあります。

みずほ銀行カードローン増額案内の届き方
  • SMS(ショートメッセージサービス)による増額案内
  • みずほ銀行ATMに表示される画面案内
  • ダイレクトメール(DM)による郵送案内
  • みずほ銀行カードローン担当から電話で直接案内されることも

それぞれ解説していきます。

SMS(ショートメッセージサービス)による増額案内

メールではなく、 携帯番号を宛先にしてメッセージが送信できるSMSで増額案内が届くことがあります。

みずほ銀行では、2019年8月以降からみずほ銀行カードローンの案内をSMSにて送るサービスを実施しています。

ただし、なかには怪しいSMSも多いため、発信者番号の確認や安易にURLをクリックしないように気をつけてください。

MEMO
少しでも「怪しい」と感じた場合は、みずほ銀行カードローンの専用ダイヤルに問い合わせるのが最善策といえます。

みずほ銀行ATMに表示される画面案内

みずほ銀行ATMでカードローンの利用をすると、ATMの画面に「ご利用限度額を引き上げさせていただきます」という旨の増額案内が表示されるケースもあります。

借入や返済などの操作が終わってから案内が表示されるため、増額を希望している人は見逃さないように最後まで確認してみてください。

MEMO
みずほ銀行ATMで表示される時間帯は平日8:45~17:50の間であり、他社のATMでは表示されません。

ダイレクトメール(DM)による郵送案内

みずほ銀行カードローンの増額案内は、ダイレクトメールにて届くこともあります。

みずほ銀行ATMと同じような増額案内が記載されたダイレクトメールなので、同居人がいる場合は注意が必要です。

封筒で送付されている場合が多いですが、いきなりみずほ銀行から封筒が届き、同居人から怪しまれるリスクは0ではありません。

ダイレクトメールでの増額案内を断りたい場合は、 事前にみずほ銀行カードローンに問い合わせて「ダイレクトメールを送らないでほしい」と伝えておくのが賢明です。

*利用目的10、11に基づくダイレクトメールの発送等については、お客さまよりお申出をいただいた場合は停止をいたします。

引用:個人情報の取扱いに関する同意書|みずほ銀行

みずほ銀行カードローン担当から電話で直接案内されることも

稀なパターンですが、 みずほ銀行カードローン担当者から電話で増額案内されることもあります。

みずほ銀行カードローンを長期利用している人に対して、電話にて増額案内を行っています。

増額案内を待っている人は、みずほ銀行カードローンから電話がかかってきたら出られるようにしておいてください。

MEMO
電話案内もただの勧誘ではなく、利用実績がある人に向けて直接案内しているため、増額を希望している人はチャンスを逃さないようにしてくださいね。

みずほ銀行カードローン増額申請の手続きや流れ

みずほ 総量規制 みずほ銀行カードローンの増額申請の手続きや流れ

【Web申請】みずほ銀行カードローン増額申請の8つの流れ

STEP1
みずほ銀行カードローンの公式サイトにアクセスする

STEP2
「みずほ銀行口座をお持ちの方はこちら」から申し込む

STEP3
「ご希望極度額」に希望する金額を入力

STEP4
増額審査

STEP5
在籍確認

STEP6
増額審査の結果

STEP7
必要書類の提出

STEP8
利用限度額が増額される

【電話申請】みずほ銀行カードローン増額申請の流れ

STEP1
みずほ銀行カードローン(0120–324–555)に電話をかける

※受付時間:平日9:00~20:00


STEP2
増額審査の件を伝えて、必要事項を口頭で伝える

【店頭申請】みずほ銀行カードローン増額申請の流れ

STEP1
最寄りのみずほ銀行まで足を運ぶ ※営業時間:平日9:00~15:00

STEP2
担当者に増額審査を希望することを伝える

上記は、「Web」「電話」「店頭」の3つの増額増額申請になります。

一番手軽にできる増額申請方法はWeb申請で、24時間場所や時間問わずに申請することが可能です。

みずほ銀行カードローンの増額申請で提出する必要書類

みずほ銀行カードローンの増額申請で提出を求められる必要書類は、以下の通りです。

【本人確認書類】みずほ銀行カードローンの増額申請で提出する必要書類
  • 免許書
  • 各健康保険証
  • パスポートなど

希望の利用限度額が50万円を超える場合は、以下の収入証明書も必要です。

【収入証明書】みずほ銀行カードローンの増額申請で提出する必要書類
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書、または課税証明書
  • 所得証明など

50万円以上の利用限度額を希望する人は、本人確認書類と共に収入証明書も用意してください。

みずほ銀行カードローンの基本情報

みずほ 総量規制 みずほ銀行カードローンの基本情報
みずほ銀行カードローンの基本情報

項目 詳細
申し込み年齢 満20歳以上満66歳未満の人
※安定した継続的な収入の見込みがある人
※保証会社の保証を受けられる人
金利(実質年率) 2.0%〜14.0%
借入限度額 10万円~800万円
毎月の返済額 毎月10日時点の利用残高に応じて、毎月の返済額が決まる。
返済金額シミュレーション
口座開設 みずほ銀行口座開設は必須
※すでに、みずほ銀行口座を持っている場合は不要
審査/融資時間 審査時間は申込方法で異なる。
【インターネット】
最短当日

【店舗】
翌々営業日以降

【電話】
申込受付後、翌々営業日以降

融資スピードは、申し込みから2~3営業日程度。
※カードローンの申し込みと同時に口座開設をする場合、2~3週間程度時間を要する。

WEB完結 可能
在籍確認 あり
提携ATM ・みずほ銀行
・E-net
・セブン銀行
・ローソン銀行
郵送物 ・カードローンカード専用型を申し込みの場合:カードローンカード
・キャッシュカード兼用型を申し込みの場合:契約内容を確認いただく資料
・契約時のご利用限度額が申し込みと異なる場合:契約内容を確認いただく資料

上記の場合に、自宅に郵送物が届く。

借り換え/おまとめ 専用の金融商品はなし
資金使途は自由なので、「おまとめ」や「借り換え」として利用可能

みずほ銀行カードローンの総量規制 まとめ

みずほ 総量規制 まとめ
みずほ銀行カードローンが総量規制の対象なのか、利用限度額を増額する方法や、増額審査に通過する方法などを紹介しました。

みずほ銀行カードローンは貸金業者ではないため、総量規制の対象外ではありますが、過剰な貸付を防ぐために審査が厳格化されています。

総量規制に準ずる独自審査を設けているので、いきなり年収3分の1超の借入は難しい現状です。

ただし、みずほ銀行カードローンの増額申請をして審査をクリアできれば、多額の借入も可能です。

増額審査に通過するには返済能力だけでなく、利用実績を重点的に審査を行っています。

「みずほ銀行カードローンの増額審査に落ちたくない」という場合は利用実績を積み、増額案内が届いてから増額申請するのがおすすめです。

みずほ銀行カードローンと総量規制をざっくりいうと...
  • みずほ銀行カードローンは総量規制の対象外だが自主規制を設けている
  • みずほ銀行カードローンの利用限度額を引き上げるには増額するしかない
  • みずほ銀行カードローンの利用限度額を確認するにはみずほダイレクト・みずほダイレクトアプリ・ATM・電話の4つ
  • みずほ銀行カードローンの増額はWeb・電話・店頭から申し込みできる
  • みずほ銀行カードローンの増額審査は厳しい!審査次第では限度額低下や利用制限がかかることも
  • みずほ銀行カードローンの増額審査基準は非公開だが、年収・希望限度額・利用実績・返済実績で判断
  • みずほ銀行カードローンの増額審査に通過したい人は新規申し込みから半年以上期間をあけ、他社借入を減らしておくのが重要
  • みずほ銀行から増額案内メールが来るのを待つのもおすすめ!
  • みずほ銀行カードローン増額案内はSMSやATM、郵送案内、電話案内など様々
みずほ銀行カードローンでキャッシングした方が良い人
みずほ銀行カードローン 基本情報

  • すでにみずほ銀行の口座開設している、これから開設する予定がある人
  • キャッシュカードとローンカードを1つにしたい人
  • 低金利で信頼できるメガバンクから借りたい人
  • 金利優遇やATMの数など身近で利便性の高いカードローンが良い人
  • 即日融資や無利息期間がなくても問題ない人

▼ 低金利で選ぶならココ! ▼

▼ 即日融資可能なおすすめカードローン ▼

比較項目 アイフル プロミス SMBCモビット
金利(年率) 3.0%~18.0% 4.5%〜17.8% 3.0%~18.0%
無利息期間 最大30日間
(初回契約)
最大30日間
(初回契約)
なし
融資スピード※1 最短18分 最短3分 最短30分
限度額※2 1万円〜800万円 1万円〜500万円 1万円〜800万円※3
公式サイト プロミス

※1:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合
源泉徴収票など収入を証明するものが必要。
※3:SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

【アイフルの貸付条件】
■商号:アイフル株式会社■登録番号:近畿財務局長(14)第00218号■貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)■遅延損害金:20.0%(実質年率)■契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)※1■返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式■返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)■担保・連帯保証人:不要※1:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • k******q様が
    300万円を調達しました。

  • u*****h様が
    600万円を調達しました。

  • s******w様が
    1100万円を調達しました。

  • i**h様が
    300万円を調達しました。

  • j*****i様が
    200万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング