必ず借りれるビジネスローンはない?独自審査や審査落ちする原因と法人・個人事業主におすすめのビジネスローン7選

運営事務局
運営事務局
更新日2022/11/25

必ず借りれるビジネスローン アイキャッチ

ビジネスローンは誰でも必ず借りれる?

おすすめのビジネスローンを知りたい!

ビジネスローンで審査落ちする原因は?

この記事では、上記のような疑問・お悩みを解決します。

法人でも個人事業主でも、急遽、資金が必要になる場合があります。

銀行などの融資は審査が厳しく時間もかかってしまいますが、そのような事態でも頼れるのがビジネスローンです。

ビジネスローンであれば、 公的機関ほど審査が厳しくなく、申し込みから資金が調達できるまでに時間もかかりません。

しかし、金利が高めに設定されているなど、利用の際にはいくつか注意しなければならないこともあります。

今回は、ビジネスローン独自の審査や審査落ちする原因、法人や個人事業主におすすめのビジネスローン7選をご紹介します。

これからビジネスローンを利用しようと検討している方はぜひ参考にしてください。

ビジネスローンをざっくり言うと・・・
  • 事業資金専用のローン商品のこと
  • 法人も個人も利用可能
  • 一般的な融資ほど基準が厳しくない

結論:必ず借りれるビジネスローンはない

必ず借りれるビジネスローン 結論
公的機関と比べ審査が甘いビジネスローンではありますが、必ず借りられるわけではありません。

過去にローンや融資などの返済ができなかった期間があったり、納税がきちんとされていなかったりする場合には通らない可能性があります。

ただし、必ず審査に落ちてしまうわけではなく、ビジネスローンによっては利用ができることもあるので、まずは一度申し込みをしてみてください。

そもそもビジネスローンとは?

ビジネスローンとは、民間の金融機関や消費者金融などが提供している、事業資金専用のローン商品のことです。

事業資金専用とは、新規の事業に関わる立ち上げ資金や、設備投資資金、取引先への支払い資金など、事業に関わるものだけとなります。

そのため、法人と個人事業主のみが利用でき、事業を営んでいない人は対象ではありません。

メリット ・融資スピードが早い(最短即日)
・担保や保証人が不要の場合が多い
デメリット ・高めの金利設定である
・借入可能額の上限は低め

ビジネスローンの最大の特徴は、 銀行などの融資と比較して、融資スピードが早く審査もやさしい点です。

ただし、金利は高めの設定となっているため、短期で利用するように注意してください。

また、今後銀行で融資を受ける際には、審査に影響する可能性がある点も注意しておく必要があります。

ビジネスローンがおすすめの人の特徴
  • 急いで資金調達したい人
  • 銀行の融資審査に落ちた人
  • 少額の資金が必要な人

審査に通りやすいビジネスローンの特徴

必ず借りれるビジネスローン 審査に通りやすい
ビジネスローンにはいくつかの種類があり、中には審査に通りやすいビジネスローンもあります。

ビジネスローンの種類
  • 銀行提供のビジネスローン
  • 信販会社提供のビジネスローン
  • クレジットカード会社提供のビジネスローン
  • 消費者金融提供のビジネスローン

銀行提供のビジネスローンは、一般的な銀行融資より金利は高めでも審査は通りやすかったり、信販会社提供のビジネスローンは、銀行のビジネスローンよりも審査は通りやすいが金利は高めだったりと、それぞれ内容が異なります。

それぞれの特徴を確認して、自社に合ったビジネスローンを選択してください。

法人向けのビジネスローン

ビジネスローンを専門に扱っている会社は審査が甘くて通りやすい特徴があります。

専門に扱っている中にも、法人向けのみのローンと、法人だけでなく個人向けの金融商品も扱っているローンとの2つに分けられます。

法人向けのみのビジネスローンの方が、法人に融資を行わなければ利益が得られないため、審査があまくて通りやすくなっているのです。

さらに、 専門に扱っていることでビジネスローンに関する実績や知識が豊富なので、柔軟に対応してもらえるメリットもあります。

ただし、金利は高めに設定されているので注意してください。

独自審査を実施している

ビジネスローンの審査を独自の方法で審査を実施しているところは、比較的審査に通りやすくなっています。

そのため、どのような審査をしているかにも注目してビジネスローンを選択してみてください。

ただし、いくら独自審査をしているとはいえ、過去に決算実績が悪かったなどの場合は審査に通らない可能性も十分にあり得るので注意が必要です。

不動産などの担保や保証人を必要としている

不動産などの担保や保証人を必要としているなど、有担保で貸し出しをしている場合も、比較的審査が通りやすい傾向にあります。

担保がない状態で返済ができなければ、回収ができずに不利益を被ってしまうのは融資先ですが、不動産などの担保があれば、土地の差し押さえが可能です。

そのため、安心して貸し出すことができるため、審査に通りやすくなります。

審査が通るか不安な人は、担保を用意するなどして審査に通りやすくなるように心がけると安心です。

ビジネスローンで審査落ちする原因

ビジネスローンは比較的審査が甘いことが多いですが、審査落ちしてしまうこともあります。

その原因の多くは法人・個人事業主ともに、信用情報によるものです。

ここでは、審査落ちしてしまう原因を詳しく紹介するので、参考にしてみてください。

ビジネスローンで審査落ちする原因
  • 過去に融資やローンの返済事故履歴(ブラック)がある
  • 過去に破綻や不渡りを起こしたことがある
  • 税金の支払いを滞納している
  • 赤字決算

過去に融資やローンの返済事故履歴(ブラック)がある

過去に融資やローンを利用した際に、返済を怠ったことがある場合は返済する能力がないと判断され、審査に影響を及ぼします。

そのため、以前に返済事故を起こしている場合には、個人情報に大きく傷がついてしまうため、新しくビジネスローンを利用する時でも審査に通らない可能性が非常に高いです。

ビジネスローンを利用する際には、過去にローン返済が遅れたことがないかを調べておいてください。

個人で使用しているクレジットカードや他のローンでも、返済事故がないかを確認しておくと安心です。

過去に破綻や不渡りを起こしたことがある

過去に、破綻や不渡りを起こしたことがある場合は、審査を通過することが非常に難しくなります。

現在ローンの滞納をしていなくても、過去に経験があれば審査に影響が出てしまうのです。

中には、破綻や不渡りなど起こしているブラックでもOKのビジネスローンも存在します。

しかし、金利が高すぎたり、闇金の可能性が高かったりするため注意するようにしてください。

税金の支払いを滞納している

税金の支払いを滞納している場合は、ビジネスローンの審査にはほぼ通りません。

税金を納めることは国民の義務で、その税金を滞納しているとなると、信用情報に大きく関わってくるからです。

税金を滞納している場合は、すぐに完納するようにし、支払いが全て終わってから申し込みを検討してください。

ただし、 全て支払いが終わっていなくても完納できる見通しがあれば、審査をしてもらうことができる場合があります。

滞納していても、急を要する場合はその点も踏まえて一度相談してみることをおすすめします。

赤字決算

赤字決算をしていることも審査に落ちてしまう原因となります。

事業をしていく上で赤字決算が続いていると、経営自体の存続が難しくなります。

そのため、貸す側としてもリスクを背負うことになるからです。

ビジネスローンを利用する際には、決算の現状把握をしっかり行ってから申し込みするようにしてください。

ビジネスローンの審査に通るポイント

必ず借りれるビジネスローン 審査通過のポイント
ビジネスローンは、公的機関と比べると少し審査は甘くはなりますが、必ずしも通るとは限りません。

そのため、いくつかのポイントを抑えておくことで、審査が通りやすくなる可能性が上がります。

注意しておきたいポイントや、申し込みの前にしておくと良い対策などについて4つご紹介します。

不動産などの担保や保証人を準備するまたは必須のローンを選ぶ

一般的には、担保や保証人不要で借入ができるローンが多いです。

しかし、 あえて不動産などを担保とするローンや、保証人が必要なローンを選択することで審査通過率を上げることが可能です。

担保があることで、万が一利用者のローン返済ができない事態となっても、売却して返済に充てることができます。

さらに、本人の信用度と担保の価値も加味されるため、無担保のローンよりも審査に通りやすいと言えるのです。

また融資の額も、担保の価値によって左右するため、多くの資金が必要な場合は、担保可能な不動産があれば活用もできます。

ビジネスローンの利用対象者にマッチしたものを選ぶ

ビジネスローンは、法人向けのものから個人事業主向けのものなどさまざまです。

利用対象者が異なると、各ビジネスローンの審査基準も変わる可能性があります。

まず、申し込みをする前に、どのような層をターゲットにしているのかを確認してください。

そして、自社にマッチしたサービスへ申し込みをすることで、審査も通過しやすくなります。

他社からの借入はなるべく減らしておく

他社からの借入がある場合は、申し込みをする前に借入残高をできるだけ減らしてから申し込みをしてください。

なぜなら、ローンの借入は利用限度額が高いほど難しくなるからです。

MEMO
利用限度額は、新たに申し込むローン会社だけでなく、すでに借入しているローンの利用残高も含まれます。

事業が安定しているなど、返済する能力があると判断されれば、他社からの借入がある状態でも新たに借入ができる可能性があります。

しかし、すでに複数社借入がある場合は、できるだけ残高を減らしておく方が審査に通りやすいです。

複数社に同時申し込みはしない

ローンが通らなければ困るので、同時に複数社へ申し込みを検討する人もいるかもしれませんが、このやり方では逆効果です。

いくつもの会社に同時に申し込みを行うことで、返済能力がないのではないかと判断され、反対に審査に通りにくくなる可能性が高くなります。

もし、1社だけでなく他のローンを利用したい場合には、 時間を空けて申し込みをすることではのスムーズな審査が可能となります。

法人・個人事業主におすすめビジネスローン7選

必ず借りれるビジネスローン 法人 個人事業主 おすすめ
法人・個人事業主が利用できるビジネスローンはいくつかあります。

全てオンラインで完結できることや、最短即日で対応してもらえるところなど、それぞれ異なる特徴を持っています。

そこで、法人・個人事業主におすすめのビジネスローンを7社ご紹介します。

それぞれの特徴やポイントなどを確認して、自社にあったビジネスローンを検討してみてください。

今回ご紹介するビジネスローンは以下の7社です。

申込条件 金利 融資限度額 審査時間 最短融資 担保・保証人 融資期間 手数料
福岡銀行|フィンディ 日本国内で事業を営む法人及び個人事業主の方 年2.0%~14.0%(※固定金利) 100万円以上1,000万円以下(10万円単位) 最短即日 最短3営業日 不要 1カ月以上36カ月以内 繰上返済手数料は不要
アイフルビジネスファイナンス 法人・個人事業主(法人:75歳まで・個人:69歳まで) 年3.1%〜18%(カードローンは5〜18%) 50万〜1,000万円(カードローンは1万〜1,000万円) 最短即日 最短即日 原則不要 元利均等返済:最長5年(60回以内)
元金一括返済:最長1年(12回以内)
なし
楽天スーパービジネスローン 楽天グループに加盟している法人・個人事業主 3%〜15% 50万〜1,000万円 3〜4日 最短翌日 原則不要 元利均等返済、元金期限一括返済:3〜5年(3回〜60回) なし
PayPay銀行ビジネスローン(法人・個人事業主) 法人・個人事業主 2.8%〜13.8% 500万円 最短即日 最短翌日 法人:原則代表者・個人:不要 1年 なし
セゾンファンデックス|事業者向け不動産担保ローン 法人・個人 変動金利:2.75%〜4.55%
固定金利4.5%〜9.9%
100万〜5億円 最短即日 最短3営業日 担保:法人・代表者またはその親族が所有する不動産
保証人:原則不要
5年〜25年(60〜300回) 事務手数料:融資金額の1.65%以内
オージェイ 法人・個人 10%〜15% 2,000万円 最短即日 最短即日 原則不要 最長36ヶ月 なし
オリックスVIPローンカードBUSINESS 法人・個人 6%〜17.8% 50万〜500万円 最短60分 最短即日 不要 最長10年2ヶ月(122回払い) なし

福岡銀行|フィンディ

ビジネスローンとは 福岡銀行 フィンディ 公式サイト

申込条件 日本国内で事業を営む法人及び個人事業主の方
金利 年2.0%~14.0%(※固定金利)
融資限度額 100万円以上1,000万円以下(10万円単位)
審査時間 最短即日
最短融資 最短3営業日
担保・保証人 不要
融資期間 1カ月以上36カ月以内
手数料 繰上返済手数料は不要
福岡銀行のフィンディがおすすめの人の特徴
  • Web完結したい人
  • 書類の準備が面倒な人
  • 急いで資金調達したい人

福岡銀行のフィンディは、最新のAIを搭載したデジタルの力を利用してサービスを行っている新しいタイプのビジネスローンです。

中小企業や個人事業主向けに開発されており、全てオンラインで完結できます。

来店が不要で24時間受付可能なだけでなく、福岡銀行に口座を持っていなくても融資が受けられる特徴があります。

また、審査の際の提出書類が非常に少なく、フィンディ独自のAI審査を採用しており、即日回答でスピーディーな点もポイントです。

融資においては最短3営業日で、1,000万円までの上限となっており幅広く対応できるようになっています。

ただし、返済方法は一択のみとなることや、融資までは数日かかるため注意が必要です。

アイフルビジネスファイナンス

ビジネスローン 即日 アイフルビジネスファイナンス

申込条件 法人・個人事業主(法人:75歳まで・個人:69歳まで)
金利 年3.1%〜18%(カードローンは5〜18%)
融資限度額 50万〜1,000万円(カードローンは1万〜1,000万円)
審査時間 最短即日
最短融資 最短即日
担保・保証人 原則不要
融資期間 元利均等返済:最長5年(60回以内)
元金一括返済:最長1年(12回以内)
手数料 なし
アイフルビジネスファイナンスがおすすめの人の特徴
  • オンラインで全て終わらせたい人
  • 審査が不安な人
  • 急いで資金調達したい人

アイフルビジネスファイナンスは、事業者向けのローンを取り扱っているアイフルグループの消費者金融会社のことです。

事業者向けのビジネスローンは証書貸付方式、事業者向けのカードローンはカードローン方式とそれぞれのローンを提供しています。

申し込みから契約まで来店不要でオンライン上で手続きが可能です。

ただし、 インターネットが苦手な人は郵送や来店での利用も可能で、遠方の場合は訪問という形でも申し込みができるようになっています。

事業者向けのカードローンでは、利用限度額の範囲で繰り返し借入したい人にも対応しています。

また、赤字決算の人や開業して間もない人も融資を検討すると明記されているため、審査が不安な人でも利用したい場合には一度申し込んでみてください。

楽天スーパービジネスローン

楽天スーパービジネスローン 楽天カード

申込条件 楽天グループに加盟している法人・個人事業主
金利 3%〜15%
融資限度額 50万〜1,000万円
審査時間 3〜4日
最短融資 最短翌日
担保・保証人 原則不要
融資期間 元利均等返済、元金期限一括返済:3〜5年(3回〜60回)
手数料 なし
楽天スーパービジネスローンがおすすめの人の特徴
  • 大きい金額の資金が必要な人
  • 楽天市場に出店している人
  • オンラインで済ませたい人

楽天関連のローンにはいくつか種類があり、楽天スーパービジネスローンは、貸金業である楽天カードが提供している、楽天市場出店者向けのお手軽ローンのことです。

MEMO
その他、楽天銀行が提供しているエキスパート向けのローンである「楽天銀行ビジネスローン」や、楽天銀行が提供、楽天カードが保証している個人向けローンである「楽天銀行スーパーローン」などがあります。

名前が似ているものがありますが、それぞれ特徴が異なるため間違えないように注意してください。

中でも楽天スーパービジネスローンは、一般的なビジネスローンや事業者カードローンに近いです。

楽天市場に出店している店舗、楽天ペイの加盟店、楽天カード加盟店のいずれかであることが必須となっています。

原則担保や保証人は不要で24時間いつでもインターネットから申し込みができるので、非常に利用しやすいローンの一つです。

楽天市場を利用している店舗経営の人が資金調達する際には、手軽に利用ができるため非常におすすめです。

また、楽天市場の取引実績が審査に反映するという特徴を持っており、しっかりとした取引実績があれば審査も通りやすくなっています。

PayPay銀行ビジネスローン(法人・個人事業主)

PayPay銀行ビジネスローン

申込条件 法人・個人事業主
金利 2.8%〜13.8%
融資限度額 500万円
審査時間 最短即日
最短融資 最短翌日
担保・保証人 法人:原則代表者・個人:不要
融資期間 指定なし
手数料 なし
PayPay銀行ビジネスローンがおすすめの人の特徴
  • PayPay銀行のビジネスアカウントを持っている人
  • 低い金利で借入したい人
  • 返済日を選択したい人

PayPay銀行ビジネスローンにはいくつかの種類があり、法人・個人向け以外にFreee会員専用、ヤフー出店者専用があります。

PayPay銀行ビジネスローンの法人向けローンは、業歴2年以上の法人が利用可能となっています。

また、個人事業主向けのローンは、個人事業主で借入申込時に満20歳以上69歳未満の人のみが対象です。

さらに、 法人・個人向けの資金使途は事業性資金と定められており、事業性資金であれば原則自由に利用が可能です。

また、利用限度額は上限500万円までとなっており、10万円単位で利用が可能なため設定しやすいメリットがあります。

また、返済に関しても4つの返済日のうちから、自社にあった返済日を選択することができる点もポイントが高いです。

ただし、PayPay銀行ビジネスローンの保証会社はアイフル株式会社です。

過去にアイフルで審査落ちした人やトラブルがあった人は、利用ができない可能性もあるため注意が必要です。

セゾンファンデックス|事業者向け不動産担保ローン

セゾンファンデックス「法人向け 不動産担保ローン」

申込条件 法人・個人
金利 変動金利:2.75%〜4.55%
固定金利4.5%〜9.9%
融資限度額 100万〜5億円
審査時間 最短即日
最短融資 最短3営業日
担保・保証人 担保:法人・代表者またはその親族が所有する不動産
保証人:原則不要
融資期間 5年〜25年(60〜300回)
手数料 事務手数料:融資金額の1.65%以内
セゾンファンデックス|事業者向け不動産担保ローンがおすすめの人の特徴
  • 銀行以外で事業資金を探している人
  • 低い金利で借入したい人
  • 家族所有の不動産を担保にしたい人

セゾンファンデックスは、事業者向けの不動産担保ローンのことで銀行とは異なる審査基準を設けている特徴があります。

そのため、以下のような場合でも銀行と比較して、審査に通りやすい柔軟な対応をしてくれます。

  1. 赤字決算がある
  2. 原稿で返済条件の変更を行っている
  3. 開業資金の実績がない

また、 金利は固定金利と変動金利どちらかの契約となっており、特に上限が3.6%である変動金利は不動産ローンの中でも非常に低い点がメリットといえます。

ただし、選択はできず、審査によって決定する点には注意してください。

そのほかに、代表者だけでなく、家族が所有している不動産も担保にできる特徴があり、不動産の担保価格がきちんと認められれば、第2順位以下の対応も可能です。

特に気をつけておきたい点として、全校対応ではありますが、来店契約ができない場合は手数料が必要になるということです。

店舗は東京本社と大阪支店の2店舗のため、来店が難しい場合は別途20,000円〜40,000円(税抜)が必要となるので注意してください。

オージェイ

オージェイ「ビジネスローン」

申込条件 法人・個人
金利 10%〜15%
融資限度額 2,000万円
審査時間 最短即日
最短融資 最短即日
担保・保証人 原則不要
融資期間 最長36ヶ月
手数料 なし
オージェイがおすすめの人の特徴
  • 急いで資金調達したい人
  • 返済方法を選択したい人
  • 大きい金額の借り入れをしたい人

オージェイは、法人・個人事業主向けのビジネスローンで、日本貸金業教会に加盟している株式会社オージェイが提供しています。

オージェイの特徴は、 融資可能額が2,000万円と高額なこと、さらに、資金調達のメニューが非常に多くラインナップが豊富なことです。

サービスラインナップ
・商業手形割引
・手形小切手貸付
・ビジネスローン・事業資金融資
・不動産担保融資
・売掛債権担保融資
・動産融資

このようにどれかの方法で資金調達できる可能性が高いため、審査などの不安がある人でも利用しやすくなっています。

ただし、金利は高く返済期間は36ヶ月と短めなので、長期間の資金繰りには向いていません。

そのため、一時的な短期間での資金調達で利用するなど、計画性をしっかりと持つ必要があります。

オリックスVIPローンカードBUSINESS

オリックスVIPローンカードBUSINESS

申込条件 法人・個人
金利 6%〜17.8%
融資限度額 50万〜500万円
審査時間 最短60分
最短融資 最短即日
担保・保証人 不要
融資期間 最長10年2ヶ月(122回払い)
手数料 なし
オリックスVIPローンカードBUSINESSがおすすめの人の特徴
  • 急いで資金調達したい人
  • オンラインで完結したい人
  • 追加借入を自由に行いたい人

オリックスVIPローンカードBUSINESSは、法人と業歴1年以上経っている個人事業主向けのローンです。

申し込みから契約まで全てオンラインで行うことができるため、来店の必要がありません。

また、最短60分で審査ができ即日借入可能なため、急いで資金が必要な人に非常におすすめのビジネスローンです。

さらに、ガードローン型のビジネスローンのため、 融資限度額の範囲であれば追加で借入できる特徴があります。

三井住友銀行のATMやゆうちょ銀行のATMなど提携しているATMの種類が多く手数料もかからない点も魅力的です。

そのほか、オリックスのビジネスローンならではの特徴として、オリックスグループの優待を受けることもできます。

MEMO
オリックスグループの優待とは、ビジネスホテル・シティホテルの宿泊費やレンタカーの基本料金優待、またレストランの優待などがあります。

審査や融資が早いなど利便性が高いため、急な資金調達が必要になった際には、非常におすすめのビジネスローンです。

必ず借りれるビジネスローンのまとめ

必ず借りれるビジネスローン まとめ
急遽、資金が急に必要になった場合、銀行などの融資は審査が厳しく時間もかかってしまいますが、そんな時でも頼りになるのがビジネスローンです。

ビジネスローンであれば、公的機関ほど審査が厳しくなく、申し込みから資金が調達できるまでに時間がかかりません。

しかし、高めの金利設定や融資期間が短いなど、利用の際にはいくつか注意しなければならないこともあります。

また、返済は長引かせないようにし、必要以上に借入しないことなどにも気をつけることが重要です。

注意しなけらばならない点をしっかり確認できていれば、すぐに資金調達ができるビジネスローンは非常に利便性が高いローンとなります。

そして、ビジネスローンを取り扱う金融機関はさまざまあり、審査の厳しさや融資スピードなど内容が異なるためしっかりと見極める必要があります。

それぞれの特徴やメリット・デメリットを確認し、自社にあったビジネスローンを選択するようにしてください。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • y******x様が
    1100万円を調達しました。

  • f****u様が
    500万円を調達しました。

  • j***w様が
    1100万円を調達しました。

  • n*****g様が
    700万円を調達しました。

  • r*****j様が
    700万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング