無担保で組めるおすすめのビジネスローン5選を徹底比較!法人の注意点や選び方とメリット・デメリット

運営事務局
運営事務局
更新日2022/12/15

無担保 ビジネスローン アイキャッチ

無担保で組めるビジネスローンのおすすめは?

ビジネスローンを組むときの注意点は?
無担保でビジネスローンを利用するメリットデメリットは?

この記事では、上記のような疑問や悩みを解決します。

ビジネスローンとは、会社の事業活動のための融資です。

会社の事業活動のためにのみ利用可能な資金調達方法として、個人事業主から中小企業経営者、大企業まで、多くの方が活用しています。

ビジネスローンは、事業者から融資を受けるため審査を受けなければなりません。

一般に、多額の資金を調達する場合には、担保を組むことになりますが、ビジネスローンには無担保でも融資を受けられるケースがあります。

担保がなくて融資を受けられなかった人も、 上手に無担保のビジネスローンを使うことで資金を調達することができる のです。

この記事を読むことで、 ビジネスローンを無担保で組む際のメリット・デメリットが理解できる ようになり、事業者ごとの特徴を踏まえて融資を受けられるようになります。

無担保 ビジネスローンの記事をざっくり言うと・・・
  • 無担保ビジネスローンは中小企業事業者・個人事業主に特におすすめの資金調達方法
  • 無担保ビジネスローンは少額で利用しやすく入金までも早い
  • 無担保ビジネスローンは、金利・融資限度額・融資期間などをよく比較する

無担保で組めるおすすめのビジネスローン5選

無担保 ビジネスローン おすすめ

無担保でビジネスローンを組むなら、以下の事業者がおすすめです。

アイフルビジネスファイナンス PayPay銀行ビジネスローン ビジネスパートナー|スモールビジネスローン オージェイ オリックス・クレジットVIPローンカードBUSINESS
申込条件 法人または個人事業主※法人のお客様:75歳まで 個人事業主のお客様:69歳まで 法人または個人事業主 法人または個人事業主 法人または個人事業主 法人または個人事業主
金利 年3.1%~18.0%(実質年利) 1.8%~13.8% (実質年利) 9.98% 〜 18.0%(実質年利) 10.00%~18.00%(実質年率) 6.0~17.8%(実質年利)※コースにより異なる
融資限度額 50万円〰1,000万円 最大500万円 50万円 〜 500万円 30万円~2,000万円 最大500万円
審査時間 即日 即日 5日 即日 即日(最短60分)
最短融資 即日 即日 5日 即日 即日
担保・保証人 原則不要 原則不要 原則不要 原則不要 原則不要
融資期間 元利均等返済:最長5年(60回以内)元金一括返済:最長1年(12回以内) 返済期間の指定なし 最長5年(60回以内) 最長3年(36回以内) 最長10年2ヵ月(122回払い)
手数料 印紙代(実費) 0円 印紙代(実費) 0円 0円
無担保のビジネスローンの利用がおすすめな人
  • スピーディに資金を調達したい人
  • 担保なしで資金を調達したい人
  • 簡単な手続きで資金を調達したい人

会社の資金調達手段の一つとして無担保のビジネスローンは以上のような方におすすめできます。

ここまでで各事業者が提供するビジネスローンの概要についてまとめたので、以下では、それぞれの事業者が提供するビジネスローンについて詳しく解説していきます。

アイフルビジネスファイナンス

無担保 ビジネスローン アイフルビジネスファイナンス

審査時間即日最短融資即日担保・保証人原則不要融資期間元利均等返済:最長5年(60回以内)元金一括返済:最長1年(12回以内)手数料印紙代(実費)

詳細
申込条件 法人または個人事業主※法人のお客様:75歳まで 個人事業主のお客様:69歳まで
金利 年3.1%~18.0%(実質年利)
融資限度額 50万円〰1,000万円
アイフルビジネスファイナンスの利用がおすすめな人
  • はじめて無担保ビジネスローンを利用する人
  • 担保なしで資金を調達したい人
  • スピーディな資金調達をしたい人

アイフルビジネスファイナンスは、 無担保での事業者向けカードローンを中心として様々な事業資金のニーズに合わせた商品を幅広く展開している 事業者です。

アイフルビジネスファイナンスは、アイフルグループ内で事業者ローンを担当する部門で、累計15万口座以上の取引実績があります。

融資額も50万円~1,000万円となっており、幅広い資金ニーズに対応してくれる事業者です。

担保・保証人は原則不要で、最短即日融資可能となっているなど、 幅広い資金ニーズにスピーディに対応してくれるのが魅力 となっています。

PayPay銀行ビジネスローン

無担保 ビジネスローン PayPay銀行ビジネスローン

審査時間即日最短融資即日担保・保証人原則不要融資期間返済期間の指定なし手数料0円

詳細
申込条件 法人または個人事業主
金利 1.8%~13.8% (実質年利)
融資限度額 最大500万円
PayPay銀行ビジネスローンの利用がおすすめな人
  • 金利を低く抑えたい人
  • 審査手続きを簡略化したい人
  • 手数料を低く抑えたい人

PayPay銀行ビジネスローンとは、利用限度額の範囲内で繰り返し利用できる事業者向けの銀行融資です。

申込みから借入れまで来店は一切不要で、全ての手続きをウェブ上で完結させられる のが魅力です。

専用のアカウントを使った簡単な借り入れ操作で、普通預金口座に即時入金されます。

PayPay銀行ビジネスローンでは、利用限度額および貸出金利を、契約後、原則1年ごとに見直しを行います。

審査が厳しい分、最低金利が低く設定される など、金利を低く抑えてビジネスローンを利用したい方におすすめです。

ビジネスパートナー|スモールビジネスローン

無担保 ビジネスローン ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」

審査時間5日最短融資5日担保・保証人原則不要融資期間最長5年(60回以内)手数料印紙代(実費)

詳細
申込条件 法人または個人事業主
金利 年9.98% 〜 18.0%(実質年利)
融資限度額 50万円〜500万円
ビジネスパートナー|スモールビジネスローンの利用がおすすめな人
  • 限度内で繰り返しローンを利用したい人
  • 長期で資金を調達したい人
  • 返済額を低く抑えたい人

来店することなく利用可能で、 利息を除く事務手数料や繰上返済手数料など、手数料がかからないのが魅力 となっています。

審査の結果、融資枠が決定されますが、限度内の範囲内で繰り返しローンを利用できます。

融資限度額は50万円~500万円と小規模であるものの、返済期間・回数は最長5年(60回以内)となっているので、毎月の返済額を低く抑えたい方におすすめです。

オージェイ

無担保 ビジネスローン オージェイ「ビジネスローン」

審査時間即日最短融資即日担保・保証人原則不要融資期間最長3年(36回以内)手数料0円

詳細
申込条件 法人または個人事業主
金利 10.00%~18.00%(実質年率)
融資限度額 30万円~2,000万円
オージェイの利用がおすすめな人
  • 多額の資金を調達したい人
  • 手数料を低く抑えたい人
  • 素早く資金を調達したい人

オージェイは、個人事業主様から中小企業の経営者様まで、事業資金融資・ビジネスローン・手形割引など、様々な資金の融資を行っている事業者です。

急な資金需要でも、迅速な対応が魅力となっています。

融資金額が最低30万円、最大2,000万円となっており、他の事業者と比べて融資枠が大きく幅広いことが特徴です。

審査のために必要となる書類の数も少なく、シンプルでわかりやすい契約内容なので、 はじめての利用の方でも安心 して利用できます。

オリックス・クレジットVIPローンカードBUSINESS

無担保 ビジネスローン オリックス「VIPローンカードBUSINESS」

審査時間即日(最短60分)最短融資即日担保・保証人原則不要融資期間最長10年2ヵ月(122回払い)手数料0円

詳細
申込条件 法人または個人事業主
金利 6.0~17.8%(実質年利)※コースにより異なる
融資限度額 最大500万円
オリックス・クレジットVIPローンカードBUSINESSの利用がおすすめな人
  • はじめてビジネスローンを利用する人
  • 素早く資金を調達したい人
  • 借入・返済をコンビニでしたい人

オリックス・クレジットVIPローンカードBUSINESSは、Web契約で最短即日借り入れができるビジネスローンです。

借り入れも返済も、いつもの銀行・コンビニでできるのが最大の魅力となっています。

契約内容の確認・同意手続きも郵送ではなくWEBから行う ため、スピーディーに利用を開始できますし、アプリ・会員専用サイトから手続きをすることで、 24時間365日、手数料0円で希望の口座に即時振込みが完了 します。

コンビニで深夜の利用も可能であるなど、利用しやすいビジネスローンを探している方におすすめです。

無担保ビジネスローンの選び方

無担保 ビジネスローン 選び方

無担保ビジネスローンを選ぶときは次の点に注目してください。

次の点を各事業者で比較することで自分に合った無担保ビジネスローンを見つけられます。

無担保ビジネスローンの選び方
  • 金利で選ぶ
  • 融資の上限額で選ぶ
  • 審査基準で選ぶ
  • 融資までのスピードで選ぶ
  • 申し込み方法・返済方法で選ぶ

以下では、無担保ビジネスローンの選び方をそれぞれの観点から詳しく解説していきます。

金利で選ぶ

無担保ビジネスローンを提供している事業者によって金利は異なります。

金利の大きさは、将来返済しなければならないお金に直結する問題 です。

各事業者ごとに特徴のある無担保ビジネスローンを提供しているため、同じ条件下においてどこ事業者の無担保ビジネスローンを利用するか検討してみてください。

MEMO
ビジネスローンは1年以上の借入を行うものです。金利が高いと毎月の支払金額が高くなり資金繰りが逆に苦しくなる可能性があるので注意してください。

融資の上限額で選ぶ

無担保ビジネスローンは、 事業者によって融資の上限額が決まっています。

自身の希望する融資額は無担保ビジネスローンで組めない可能性もあるので注意が必要です。

そのため、無担保ビジネスローンを組む際に、事業者ごとに融資の上限額を比較してみてください。

自分の希望する融資額が得られるかどうかを確認 してから、金利面・融資までのスピードなど、他の観点を比較して自分に合った無担保ビジネスローンを利用するのがおすすめです。

MEMO
上限額が高くなればなるほど金利は高くなるので、必要以上の買い入れは行わないことが大切です。

審査基準で選ぶ

同じ金額の融資を受ける場合でも、 審査基準が厳しい事業者もいれば、審査基準が比較的ゆるい事業者も います。

審査基準が厳しい事業者で無担保ビジネスローンを組もうとすると、融資に時間がかかったり、提出を求められる書類の数が多いケースがあるので注意してください。

審査基準が緩い事業者であっても、その分金利が高く設定されているケースもあります。

融資上限額が高い事業者ほど、審査基準は厳しくなるケースが多い ので参考にしてください。

融資までのスピードで選ぶ

融資までのスピード感で事業者を選ぶ方法もあります。

近年では、 多くのビジネスローンが即日で融資に対応してくれる ようになっています。

この場合、 契約までの手続きはウェブ上で完結する ことがほとんどです。

簡単な手続き・審査を経て迅速に資金を調達できます。

融資まで時間がかかる事業者は近年少なくなってきているので、時間がかかる事業者を選びたくない場合、融資までのスピードで選ぶようにしてみてください。

MEMO
ビジネスローンは、多くの事業者が即日審査・即日入金に対応しています。

申し込み方法・返済方法で選ぶ

ビジネスローンの申し込み方法・返済方法は事業者ごとに異なっています。

昨今では、申込み手続きはWeb・電話・FAXでの対応が多く、 迅速に融資を実行できる事業者ほど申込みから融資までWeb上で完結できる ケースが多いです。

融資を受けたあと、返済するときに、 返済資金の振込手数料は利用する金融機関ごとに異なります

返済のときの手数料を減らしたいのであれば、ネット銀行など、24時間365日手続き可能な事業者を選んだ方が良いですし、コンビニ等のATMを使って返済できる事業者は利便性に優れていると言えます。

MEMO
コンビニなどで返済手続きができる事業者もいます。返済にはATM利用手数料がかかるので注意してください。

ビジネスローンを無担保で利用するメリット

無担保 ビジネスローン メリット

ビジネスローンを無担保で利用する場合、次のようなメリットがあります。

ビジネスローンを無担保で利用するメリット
  • 担保や保証人不要(代表者保証除く)なのでお手軽に融資を受けられる
  • 銀行や公的機関などの融資と比べて審査が早い
  • 担保ありと比較して諸費用がほぼ一緒(印紙代のみ)
  • 通常融資と比べて必要書類も少ない
  • 総量規制の対象外

以下では、ビジネスローンを無担保で利用する様々なメリットについて詳しく解説していきます。

担保や保証人不要(代表者保証除く)なのでお手軽に融資を受けられる

無担保ビジネスローンは、 資金を調達するときに、担保や保証人を用意する必要がありません。

一般に、資金調達を行う際には、会社が保有する資産を担保として差し出したり、経営者が保証人となったりする必要があります。

しかし、無担保ビジネスローンであれば、その必要はないため、 中小企業や個人事業主のように、担保がない場合でも資金を調達できる というメリットがあります。

MEMO
法人の場合、代表者保証が必要となるので注意してください。

銀行や公的機関などの融資と比べて審査が早い

無担保ビジネスローンは、 銀行や公的機関などの融資と比べて審査が早い こともメリットの一つです。

銀行や公的機関などから融資を受ける場合、申込みを行ってから1ヶ月以上かかるのが普通です。

これは、会社の経営状態、経営成績のチェックに時間がかかるからです。

担当者が実際に会社を訪問してチェックするということも少なくありません。

しかし、無担保ビジネスローンであれば、 申し込んでから即日審査・即日入金というケースもあり、迅速な資金調達が可能 です。

担保ありと比較して諸費用がほぼ一緒(印紙代のみ)

無担保ビジネスローンであっても、 担保ありと比較して手数料(諸費用)はほとんど変わりません。

手数料として印紙代がある程度で、無担保であろうと、担保有りであろうと同じです。

したがって、 担保を必要としない無担保ビジネスローンの方が、手数料面ではお得に利用できます。

MEMO
一回の手数料は低くともビジネスローンは長期にわたる借入です。一回あたりの手数料だけでなく、総じていくら手数料を支払うことになるかしっかりと考えておくことが大切です。

通常融資と比べて必要書類も少ない

無担保ビジネスローンであれば、審査に必要となる書類も少なくて済みます。

通常、銀行などから融資を受ける場合、会社の決算書類、資金繰り表、事業計画など、様々な書類の提出が求められます。

銀行などからの融資は、多額の資金であることが多いため、チェックも厳しくなることから、提出しなければならない書類も多くなるわけです。

一方、 無担保ビジネスローンで必要となる書類は、個人事業主の場合は確定申告書、法人の場合は決算書類のみで済むことも多い です。

必要書類が少ない分、 準備の負担も少なくなります。

総量規制の対象外

ビジネスローンは、総量規制の対象ではありません。

ビジネスローンは、事業性融資であるため、総量規制の対象外となります。

自身の年収が低い場合でも、ビジネスローンを利用すれば、資金を調達することが可能 です。

総量規制
総量規制とは、2010年6月から施行された改正賃金業法によって個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みのこと。

ビジネスローンを無担保で利用するデメリット(注意点)

無担保 ビジネスローン デメリット

ビジネスローンを無担保で利用する場合、次の点に注意が必要です。

ビジネスローンを無担保で利用するデメリット(注意点)
  • 法人の場合、代表者が連帯保証人になる必要がある
  • 担保ありの融資と比べて借入可能額の上限が低い
  • 担保ありの融資と比べて金利が高くなりがち

それぞれの点について詳しく説明していきます。

法人の場合、代表者が連帯保証人になる必要がある

ビジネスローンを利用する場合、代表者が連帯保証人となる必要があります。

つまり、ビジネスローンを利用して会社が融資を受けそれを返済できない場合、 会社の代表者が代わりに返済しなければならない ということです。

MEMO
連帯保証人は、債務者と同じだけの義務を負うことになることを理解しておくことが大切です。

担保ありの融資と比べて借入可能額の上限が低い

ビジネスローンは、担保有りの融資と比較すると、 借入可能額の上限は低い という特徴があります。

これは、ビジネスローンの欠点というよりも、担保なしで迅速な資金調達を可能とするためのビジネスローンの特徴と言えます。

多額の資金を借り入れることが難しい分、ビジネスローンは迅速性を高めている ことに注意してください。

担保ありの融資と比べて金利が高くなりがち

担保あり融資と比べると、 ビジネスローンは金利が高くなります。

そのため、毎月の返済額が高くなる可能性があるので注意してください。

MEMO
貸し手側からしてみれば、担保がない分、リスクが高くなるので、その分が金利に反映されていることから高くなっているのです。

無担保のビジネスローンを活用して資金調達するコツ

無担保 ビジネスローン コツ

無担保のビジネスローンを活用して資金調達する場合、次のポイントに気をつけてみてください。

このポイントに気をつけながら融資を申し込めば、融資を受けられる可能性がぐっと高くなります。

無担保のビジネスローンを活用して資金調達するコツ
  • 必要な資金以上の金額を調達しない
  • 資金調達する金額の返済計画・シミュレーションを行う
  • 公的機関の融資も活用する

それぞれのポイントについて詳しく説明していきます。

必要な資金以上の金額を調達しない

必要以上の金額を資金調達するのは危険 です。

ビジネスローンの融資額はさほど大きくないので、借りられるだけ借りようという人も少なくありません。

しかし、ビジネスローンはあくまでも借入の一種です。

しっかりと返済計画を練り、返済シュミレーションをして、会社の資金繰りを圧迫しないようにする 必要があります。

資金調達する金額の返済計画・シミュレーションを行う

ビジネスローンで資金調達をする場合でも、借り入れた資金をどのように活用するか、その目的の明確化返済計画の策定シュミレーションは行う必要があります。

無計画な借入が資金繰りを悪化させるように、 ビジネスローンも資金繰りに影響を与える ことを認識しておくことが大切です。

MEMO
事業性資金であるビジネスローンは、幅広い使途で利用できますが、借入であることに変わりはありません。

公的機関の融資も活用する

資金調達の手段は、ビジネスローンだけに限りません。

ビジネスローンの他にも、公的機関からの融資などを検討することも大切です。

公的機関からの融資、補助金などは、数多く存在しているので、そういった融資・補助金の存在を忘れてはなりません。

銀行などからの融資やビジネスローンよりも、公的機関の融資は金利面で有利であるケースもある ので、資金調達の手段は最適なものを選ぶのが大切です。

無担保ビジネスローン以外で資金調達する方法

無担保 ビジネスローン 資金調達方法

無担保ビジネスローン以外にも、資金を調達する方法はたくさんあります。

たとえば、次のような方法です。

無担保ビジネスローン以外で資金調達する方法
  • 即日・少額融資希望ならカードローンがおすすめ
  • 低金利で融資を受けたいなら銀行フリーローン
  • 債権の現金化を早めたいならファクタリング

それぞれの方法についてわかりやすく説明します。

即日・少額融資希望ならカードローンがおすすめ

少額融資希望で、かつ即日の資金調達を希望する場合には、カードローンの利用がおすすめです。

カードローンは個人向けの融資サービスです。

ビジネスローンとは異なり、 利用する個人の年収や借入状況などを総合的に勘案して融資額が決定 されます。

審査も短く、少額であれば即日資金を調達できる などといったメリットがあります。

低金利で融資を受けたいなら銀行フリーローン

低金利で融資を受けたいのであれば、銀行フリーローンがおすすめです。

銀行フリーローンは使いみちに制限がない(フリー)個人向けローンなので、 様々な用途に資金を活用できる というメリットがあります。

MEMO
銀行フリーローンも個人向けのローンですが、審査が厳しく時間がかかる分、低金利で融資を受けることができます。

債権の現金化を早めたいならファクタリング

ファクタリングとは、債権の早期現金化のことを言います。

ファクタリング事業者に保有する債権を譲渡して資金を調達する方法です。

債権を保有する企業であれば利用することができるものの、個人事業主は利用不可であるケースが多いため注意が必要です。

無担保ビジネスローンのまとめ

無担保 ビジネスローン まとめ

無担保ビジネスローンは担保や保証人不要(代表者保証除く)なので手軽に融資を受けられるなど、多くのメリットがあります。

即日審査、即日入金というサービスを展開している事業者もいるので、 すぐに資金を調達したいという方におすすめ です。

法人だけでなく、個人事業主も利用できることも特徴の一つです。

小規模な会社であっても利用しやすい資金調達手段 であると言えます。

ビジネスローンは、通常融資と比べても、事業者に提出が必要となる書類も少なく、手数料もほとんどかからないので、素早く簡単に資金を調達できる手段です。

多くの事業者がビジネスローンのサービスを提供していますが、金利融資限度額融資期間を中心として違いがあるので、自社に合ったサービスを選択することが大切です。

この記事で紹介した5つのサービスはどれもおすすめできる事業者ですので、参考にしてみてください。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • l***r様が
    500万円を調達しました。

  • k***g様が
    200万円を調達しました。

  • i****u様が
    600万円を調達しました。

  • s****v様が
    900万円を調達しました。

  • b**n様が
    800万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り9社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング