ビジネスローンで開業資金は調達できる?開業資金調達の方法

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/7/27

ビジネスローン 開業資金

 

ビジネスローンで開業資金は調達できるのでしょうか? ビジネスローンで開業資金が調達できれば、仕入れや設備投資に資金が活用できますね。

この記事では、開業資金に役立つ「ビジネスローン」の有無、創業融資が受けられる金融機関について解説します。

 

関連記事:事業者ローン(事業融資/ビジネスローン)

 

□ Googleニュースでも資金調達プロの最新ニュースが読める様になりました!

Googleニュース|資金調達プロ

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

開業資金を調達する方法

 

開業資金を調達する方法は、大きく分けて5つあります。

 

  • 自己資金(貯蓄、退職金など)
  • 日本政策金融公庫
  • 信用保証協会の制度融資
  • 銀行融資
  • 信用金庫の融資
  • 出資を受ける
  • 補助金・助成金

 

 

自己資金(貯蓄、退職金など)

 

貯蓄や退職金などを利用し、自己資金を開業資金にする方法があります。

 

自己資金の種類
貯蓄
退職金
株式や投資信託の売却
保険の解約
不動産売却
贈与

 

「貯蓄」は、最もスタンダードな自己資金の準備方法です。節約を行えば、年200〜300万円程度貯蓄に回せる可能性があります。

また退職金の一部を使い、開業時金に充てることもでき、売却できる土地や家屋など「不動産資産」があれば、売却を行い自己資金に充てても良いでしょう。

 

この後に紹介する方法と合わせて、より多くの創業資金を集めましょう。

 

日本政策金融公庫

 

日本政策金融公庫は、これから開業する人や起業する人におすすめの金融機関です。公庫は『国が100%出資する金融機関』であり、これから起業をする人(会社設立が初めての方でもOK)に対しても小口融資や創業融資を実施しています。また一般的な金融機関よりも融資の利息が低く、借入機関が長く設定されています。

 

信用保証協会の制度融資

 

信用保証協会の使い方は、大きく分けて二種類に分類されます。一つ目は信用保証協会に直接融資を申し込む方法です。信用保証協会で審査を行った後は(保証協会から)金融機関を斡旋してくれます。

 

 

銀行融資

 

銀行融資は、銀行から受ける融資のことですが、都市銀行や地方銀行、ローン会社では「創業資金や起業資金」の扱いがありません。

これらの金融機関では「事業の実態がある経営者や起業、個人事業主」にしか事業融資を行いません。

銀行の融資は、これまでの経営実績などをもとに融資の可否が決められます。

 

信用金庫の融資

 

信用金庫でも融資が受けられますが、銀行同様に「事業の実態がある経営者や起業、個人事業主」にしか事業融資を行いません。

出資を受ける

 

出資を受ける方法には、クラウドファンディング、エンジェル投資(第三者割当増資のほか、転換社債型新株予約権付社債(CB)など)ベンチャーキャピタルから出資を受ける方法があります。

 

補助金・助成金

 

補助金/助成金とは「原則、返済不要な給付金」のことを指します。各自治体は地域活性化や企業誘致などを目的に、さまざまな創業補助金・企業助成金制度を設けています。

 

こうした制度を利用すれば、月々の返済負担に悩まされることも無く、必要な資金が起業時に調達できるので便利です。

 

 

オススメは日本政策金融公庫の創業融資

 

日本政策金融公庫の創業融資は、銀行融資とは違った審査基準を採用しています。このため「銀行で借り入れできなかった方」にも融資を受けるチャンスがあります。

また公庫の融資制度は実質年率1%〜2%台と非常に低く、返済猶予もあるので「ゆとりのある返済計画」が立てられます。

 

日本政策金融公庫の融資制度は、以下の記事を参考にしてください。

 

 

ビジネスローンのメリット・デメリット

 

ビジネスローンのメリットとデメリットをご存じでしょうか。ビジネスローンを活用する際にはぜひとも押さえておきたい内容の一つです。

ビジネスローンのメリットデメリットに関する内容は下記の記事で解説しています。特徴をより深く理解したい方はぜひご覧ください。

 

 

まとめ|創業融資は時間に余裕を持って申し込もう!

 

今回は「開業融資」について解説しました。資金調達プロでは、この他にも経営者や個人事業主の方に役立つ「ビジネスローン」や事業融資、起業資金の調達法について特集を組んでいます。この記事とあわせて、ぜひチェックしてみてください。

 

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • a******o様が
    200万円を調達しました。

  • q*****t様が
    1100万円を調達しました。

  • t**g様が
    300万円を調達しました。

  • j******y様が
    300万円を調達しました。

  • c***s様が
    300万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング