ビジネスローンが短期借入に最適!活用シーンや注意点とおすすめの金融機関3選

運営事務局
運営事務局
更新日2022/12/30

ビジネスローン 短期 アイキャッチ

ビジネスローンの短期利用はできる?

短期利用目的のビジネスローンの審査は甘い

急ぎの資金調達にはビジネスローンがおすすめ?

この記事では、上記のような疑問・お悩みを解決します。

金利が高い一方で融資までの期間が短いビジネスローンは、短期利用に向いています。

しかしビジネスローンの短期利用では、繰上返済手数料や諸費用によってはトータルでかかる費用が高くなる可能性も。

今回はビジネスローンが短期利用におすすめな理由や利用時の注意点、おすすめのビジネスローンについて解説していきます。

5分もあれば理解できる内容になっているので、これから短期利用でのビジネスローンを検討している方であれば賢い業者選びができるようになります!

ビジネスローンの短期利用をざっくり言うと・・・
  • ビジネスローンは、 審査が早く借入までの時間が短い点、金利が高いことから短期の資金繰りに活用するのが最適な資金調達方法
  • ビジネスローンを利用すべき場面として「取引先の都合による入金の遅れ」や「資金計画のミスによる一時的な資金ショート」など急に資金が必要になったケースが挙げられる
  • 一方で、ビジネスローンの短期利用は繰上返済による違約金の支払いなどのコストがかかるという点に注意
  • ただ、ビジネスローンは10数%の金利を払い続けるより、 違約金が出てでも短期で借りて全額返済した方がお得に利用できる
  • 短期利用するのであれば、 銀行系ビジネスローンより審査が甘く、融資実行までの時間が短い消費者金融系のビジネスローンから選ぼう
  • 消費者金融系のビジネスローンなら、 最短即日で資金調達できるアイフルビジネスファイナンスの利用がおすすめ!
  • アイフルビジネスファイナンスは、 3.1%~の金利で最大1,000万円の融資が可能
  • また、 会社の業績が赤字の場合でも審査に通過する可能性があるのも魅力的なポイント
  • 急いで資金調達をしなければならない」という方はアイフルビジネスファイナンスをぜひ活用してください!

アイフルビジネスファイナンスアイフルビジネスファイナンスの申し込みはこちらから!

結論:ビジネスローンは短期の資金繰りにおすすめ!

ビジネスローン 短期 結論
ビジネスローンは短期の資金繰りへの活用がおすすめです。

ビジネスローンは審査が早く融資までの時間が短いため、必要な時にお金を借り入れることができます。

一方で、審査が甘い分金利が高いことから、長期よりも 短期の借り入れに向いています

ビジネスローンを短期利用するにあたって、いくつかのポイントがあります。

まずビジネスローンは金利が高いことから、借入金額が高いほど、借入期間が長期になるほど支払利息が増えます。

支払利息の増加による返済額を抑えるためにも、利用は最大6か月までとし、利用額も必要最低限の額の借り入れにすることをおすすめします。

同様に、短期の借り入れを繰り返すと長期借り入れと同様支払利息の増加のリスクがあるため、繰り返しの利用も避けます。

MEMO
銀行融資を検討する場合、決算書に高金利のビジネスローン借入の記録が残ることを防ぐため、返済は決算期をまたがないようにします。

このようにビジネスローンのメリットやデメリットを活かし、短期の資金繰りに活用するのがおすすめです。

ビジネスローンを利用すべき活用シーン

ビジネスローン 短期 活用シーン
ビジネスローンの短期の資金繰りの活用シーンとしては、 緊急性があり不測の事態による資金不足への対応 がおすすめです。

具体的には以下の状況が挙げられます。

ビジネスローンの短期の資金繰りの活用シーン
  • 取引先の都合によって入金が遅れる
  • 仕入れ資金不足のカバーとして利用
  • 一時的な資金ショート

それぞれの状況について、具体的に解説します。

取引先の都合によって入金が遅れる

取引先の売掛金の入金遅れなど、不測の事態に陥ることがあります。

まとまった金額の売掛金を資金繰り計画の一部としていた場合、その後の事業の運営にも支障が出る可能性があります。

そのような事態に陥った時、 ビジネスローンの短期借り入れによって資金調達 を行うのがおすすめです。

ただし売掛債権には貸倒のリスクに備え、日本政策金融公庫のセーフティーネット貸付等を申し込んでおくことをおすすめします。

セーフティーネット貸付
社会的、経済的環境の変化などの外的要因により、一時的に売上の減少など業況悪化の状態であるが、将来的には、その業績が回復し、かつ発展することが見込まれる中小企業者の経営基盤の強化を支援する融資制度。

仕入れ資金不足のカバーとして

資金不足は事業の売り上げが伸びた場合でも起こります。

売上が急に伸びた場合、売上の入金前に仕入れや製造費の支払いが来るため、一時的に資金不足に陥るのです。

最悪の場合、黒字倒産する可能性もあるのです。

黒字倒産
帳簿上では利益が出ているが、支払いに必要な資金が不足することにより倒産すること

支払いには期限が決まっており、銀行融資などの審査を待っていれば支払いに間に合わず取引先の信用も失う可能性もあります。

取引先の信用を守り、かつ黒字倒産を避けるためにも、 融資まで最短即日のビジネスローンの利用がおすすめ です。

ビジネスローンによる資金繰りを行えば、事業の成長チャンスも逃すこともありません。

一時的な資金ショート

事業を運営していく上で、資金繰り計画を立てることで資金不足を回避できます。

しかし資金繰り計画のミスにより、資金が一時的に足りなくなることもあります。

計画や運用段階で気づけば資金不足が防げますが、多くの場合は支払い直前まで発覚しません

仕入れ資金不足と同様、支払い期限を守らなければ取引先からの信用を失ってしまいます。

そのため、 融資まで最短即日のビジネスローンの利用がおすすめ です。

同時に、資金繰り計画のミスの再発防止策を考えることをおすすめします。

ビジネスローンを短期利用する注意点

ビジネスローン 短期 注意点
ビジネスローンを短期利用するにあたり、いくつか注意点があります。

ビジネスローンを短期利用する注意点
  • 繰上返済にかかる手数料負担額
  • 繰り上げ返済は金融機関の印象に影響する可能性がある
  • 諸費用がかかるビジネスローンでは短期利用が負担になりやすい

これらの注意点について、それぞれ解説します。

繰上返済にかかる手数料負担額

ビジネスローンの短期利用の場合、通常の利用よりも早くに返済することから繰上返済を行います。

しかしビジネスローンによっては、繰り上げ返済時に手数料をかけたり違約金を手数料としたりする場合もあります。

手数料がかかる場合、契約日からの経過日数や繰り上げ返済時の元金残高等により手数料が決まります。

ビジネスローンによって手数料の定義が異なるため、繰り上げ返済を検討する際は事前に商品概要書や金融機関などに確認することをおすすめします。

繰り上げ返済は金融機関の印象に影響する可能性がある

返済にかかる支払利息は金融機関の収益でもあります。

繰り上げ返済することで支払利息が減ることから、金融機関の受け取る収益は減ってしまうためあまり良い印象を持たれない可能性があります。

1回のみの利用しか考えていない場合は、大きな問題はありません。

しかし今後も借り入れの可能性がある場合は、繰り上げ返済の可能性を借入時に事前に伝えておくことをおすすめします。

MEMO
今後も継続して取引したいことも伝え、金融機関との関係を良好に保つことを心がけてください。

諸費用がかかるビジネスローンでは短期利用が負担になりやすい

ビジネスローンの中には支払利息や繰り上げ返済の手数料以外にも、諸経費がかかる場合があります。

例えばビジネスローンの借入時に住宅や土地を担保とした場合、抵当権の設定や解除に費用がかかります。

抵当権の設定と解除には、合計で数十万円かかることもあります。

このようにビジネスローンの支払利息の負担以上の諸経費により、トータルの支払額が増えてしまうことがあるため注意が必要です。

短期でのビジネスローンによる借り入れの際には、繰り上げ返済手数料やその他諸経費による出費がどれくらいになるかを確認することをおすすめします。

ビジネスローンを短期利用した場合の金利について

ビジネスローン 短期 金利
ビジネスローンを短期で借りた場合の金利について、100万円・300万円・500万円のときの利息負担を比較します。

返済期間60か月、100万円を1・3・6か月で繰上返済した場合

1か月 3か月 6か月
年5% 4,166円 12,314円 24,073円
年10% 8,333円 24,675円 48,365円
年15% 12,500円 37,074円 72,845円

返済期間60か月、300万円を1・3・6か月で繰上返済した場合

1か月 3か月 6か月
年5% 12,500円 36,947円 72,226円
年10% 24,999円 74,028円 145,101円
年15% 37,500円 111,223円 218,531円

返済期間60か月、500万円を1・3・6か月で繰上返済した場合

1か月 3か月 6か月
年5% 20,833円 123,380円 241,836円
年10% 41,666円 74,028円 145,101円
年15% 62,500円 185,373円 364,235円

それぞれの条件の比較から、返済額が多いほど、かつ返済期間が長くなるほど支払利息が多くなることがわかります。

返済方法によっても返済額は変わるため、上記の比較表は参考程度に考えてください。

ビジネスローンの短期利用でおすすめな金融機関3選

ビジネスローン 短期 おすすめ
短期利用ができる、おすすめのビジネスローンを紹介します。

まずおすすめするビジネスローン3種類について比較をします。

アイフルビジネスファイナンス オージェイ キャレント
申込条件 ・法人:75歳まで
・個人事業主:69歳まで
20歳以上 20歳~65歳
金利 3.1%~18.0% 10.0%~18.0% 7.8%~18.0%
融資限度額 1,000万円 2,000万円 500万円
審査時間 最短即日 最短即日 最短即日
最短融資 即日 最短即日 即日
担保・保証人 原則不要
※法人は代表者が連帯保証
原則不要
※審査結果によって必要な場合もある
※法人は代表者が連帯保証
不要
融資期間 最長5年 1か月~36か月 最長120か月
手数料 無料 無料 無料

比較表をもとに、それぞれのビジネスローンの特徴やおすすめの人について紹介します。

アイフルビジネスファイナンス

ビジネスローン アイフルビジネスファイナンス

詳細 項目
申込条件 ・法人:75歳まで
・個人事業主:69歳まで
金利 3.1%~18.0%
融資限度額 1,000万円
審査時間 最短即日
最短融資 即日
担保・保証人 原則不要
※法人は代表者が連帯保証
融資期間 最長5年
手数料 無料

出典:事業者向けビジネスローン|アイフル公式サイト

アイフルビジネスファイナンスがおすすめの人
  • まとまった資金が必要な人
  • オンラインで申し込み~融資を完結させたい人
  • カードローンの利用も考えている人

アイフルビジネスファイナンス融資可能額が50~1,000万円と高いことから、まとまった金額の資金の借り入れが可能です。

さらにアイフルビジネスファイナンスは来店不要のため、 24時間365日いつでもインターネットからの申し込みができる のも特徴です。

ただし申し込みの時間帯によっては、即日審査や融資の対象とならない場合があります。

また法人・個人事業主向けにビジネスローンだけでなく カードローンも提供しています

カードローンは融資額が1万円からと少額な借り入れが可能ですが、新規取引時の上限は500万円となっているため注意が必要です。

アイフルビジネスファイナンス

オージェイ

オージェイ公式サイト

詳細 項目
申込条件 20歳以上
金利 10.0%~18.0%
融資限度額 2,000万円
審査時間 最短即日
最短融資 即日
担保・保証人 原則不要
※審査結果によって必要な場合もある
※法人は代表者が連帯保証
融資期間 1か月~36か月
手数料 無料

出典:無担保融資(ビジネスローン・事業資金融資)|オージェイ公式サイト

オージェイがおすすめの人
  • まとまった資金が必要な人
  • 対面で相談をしたい人
  • 営業年数が短い個人事業主や法人

オージェイでは無担保での融資限度額が2,000万円であることから、多くの資金を一時的に借りたい人におすすめです。

さらに担保を用意することで、場合によっては無担保での借り入れよりも低い金利で最大1億円の融資も可能です。

担保にできるものとしては不動産、動産、売掛債権などがあり、 自分の事業に合った担保 を選んで融資を申し込めます。

また申し込み後に 営業担当者との面談がある ため、商品の選び方がわからない人やインターネットだけでのやり取りでは不安な人も安心して取引ができます。

オージェイでは営業年数が短い個人事業主や法人でも、必要書類を準備の上申し込むことが可能です。

キャレント

キャレント公式サイト

詳細 項目
申込条件 20歳~65歳
金利 7.8%~18.0%
融資限度額 500万円
審査時間 最短即日
最短融資 即日
担保・保証人 原則不要
融資期間 最長120か月
手数料 無料

出典:ネットキャッシングの申し込みならキャレント|キャレント公式サイト

キャレントがおすすめの人
  • 少額での融資を希望する人
  • オンラインで申し込み~融資を完結させたい人
  • 急ぎで資金が必要な人

キャレントは1万円と 少額の融資から可能 であるため、数十万円単位の借り入れで十分な人や多額の資金が必要ない人におすすめです。

キャレントではインターネットから24時間365日申込可能であり、 審査から振込も全て来社不要で完結 します。

家にいながら申し込み~融資が完了するため、事業の運営が忙しい人などにおすすめです。

また平日14時までに申し込み~契約までの手続きを完了すれば、当日中に資金の振り込みが可能です。

そのため、忙しい人だけでなく急ぎで資金を調達したい人にもおすすめです。

ビジネスローンの短期利用が消費者金融系と相性が良い理由

ビジネスローン 短期 消費者金融
ビジネスローンには消費者金融系と銀行系がありますが、短期利用には消費者金融系のビジネスローンがおすすめです。

銀行系のビジネスローンよりも以下の点が優れているためです。

消費者金融系と相性が良い理由
  • 融資までのスピード
  • 審査の厳しさ
  • 諸費用の抑えやすさ

それぞれどのような理由から、消費者金融系が銀行系よりもおすすめであるかを解説します。

融資までのスピードは最短即日も可能

ビジネスローンを短期で利用する人の多くは、急いで資金を調達したい場合が多いです。

銀行系のビジネスローンでは準備する書類の多さや審査の段階が多いことから、審査期間は数日~数週間かかります。

一方で消費者金融系であれば必要書類も少なく審査のステップもシンプルであることから、融資までの期間がかかりません。

審査時間の短さから 最短即日で資金を調達できる ことも多いため、急ぎで資金調達が必要な人には消費者金融系がおすすめです。

銀行のビジネスローンよりも審査が甘い

銀行系のビジネスローンでは、ある程度利益が出ていることや赤字出ないことが融資の条件とされることも多く、審査が厳しくなっています

一方で消費者金融系であれば事業を始めて間もない、 利益の出ていない事業主や赤字が続いている場合でも申し込める ものもあります。

また 決算書や事業計画書などの提出がそもそも必要ない ことも多いです。

そのような消費者金融系のビジネスローンの審査であれば、赤字や事業年数の短さなどが大きな問題になることなく融資を受けられます。

諸費用を抑えやすい

銀行系のビジネスローンでは多くの場合、担保や保証人を用意する必要があります。

「諸費用がかかるビジネスローンでは短期利用が負担になりやすい」の項でシミュレーションした通り、担保として不動産を用意する場合には数十万円程度の諸経費がかかります。

一方で消費者金融系のビジネスローンでは担保や保証人を費用とすることが多いため、諸経費としては印紙代の数千円のみで済みます。

利息は消費者金融系の方が高いものの、短期利用時のトータルコストを比較すれば 消費者金融系の方が安く済みます

ビジネスローンで短期借入する場合の考え方

ビジネスローン 短期 考え方
ここまでビジネスローンの短期借り入れについてみてきましたが、実際にどのように短期借入を利用するべきか悩みますよね。

そこで短期借入を利用する場合のシミュレーションをします。

シミュレーション
  • 手元資金は200万円
  • 2か月後に売上500万円入金予定
  • 売上の諸経費は支払い済み
  • 1か月の運転資金は150万円
  • ビジネスローンの審査通過済み(借入限度額500万円、金利10%)

この場合、売上分の500万円を借り入れるためにビジネスローンの申し込みをしていますが、この状況ではいくら借り入れるのが正解でしょうか?

ここで不足する金額を計算します。

手元資金200万円-2か月分の運転資金300万円=不足金100万円

「ビジネスローンを短期利用した場合の金利について」の試算から、金利10%で500万円借りた場合と100万円借りた場合では、1か月で返済した場合でも33,333円の差があります。

そのためキャッシュフローや金利負担を考えると、 不足分の100万円のみを借りる のが最適です。

ビジネスローンの短期利用 まとめ

ビジネスローン 短期 まとめ
ビジネスローンは、取引先からの入金遅れや仕入れ資金不足の際に短期の資金繰りに活用するのがおすすめです。

さらに銀行系より消費者金融系のビジネスローンの方が審査が甘く融資が早いことから、短期での緊急性の高い資金調達に向いています。

今回の記事を参考にして、上手にビジネスローンを短期利用し事業の資金繰りを成功させてくださいね!

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • l***r様が
    500万円を調達しました。

  • k***g様が
    200万円を調達しました。

  • i****u様が
    600万円を調達しました。

  • s****v様が
    900万円を調達しました。

  • b**n様が
    800万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り8社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング