税理士の選び方とは?近い方がいい?いい税理士はすぐわかる?見極めるポイントや探し方と悪いダメな税理士の特徴

運営事務局
運営事務局
更新日2023/9/27
PR

税理士 選び方 アイキャッチ

法人・個人事業主税理士選び方は?近い方がいい

良い税理士ダメな税理士見極めるポイントは?
税理士選び失敗しないためには?

法人や個人事業主の場合、税理士と関わる機会は多いですよね!

顧問契約や単発の依頼、相談など関わり方は様々ですが、事業を継続し、大きくしていくにはビジネスパートナーとしての税理士が必要 です。

税理士とは
国が認めた税務のプロフェッショナル・専門家のこと。税理士の独占業務には「税務代理」や「税務書類の作成」、「税務相談」がある。

法人税・所得税などの各種税金納税においてアドバイスや申告書作成を生業としますが、会計業務や経営、相続などのコンサルティング業など幅広く手掛ける税理士もいます。

また、「会社の成長には良い税理士との出会いが重要」と言われるほど重要であり、それゆえ税理士選びで失敗すると経営に悪い影響を及ぼす可能性が高いので慎重に選ぶ必要があります。

今回は法人・個人事業主向けに失敗しない税理士の選び方について詳しく解説していきます。

記事では良い税理士と悪い税理士を見極めるポイントやダメな税理士の特徴などについてまとめているので、これから税理士を探す必要がある経営者の方は必見です!

税理士の選び方をざっくりいうと...
  • 法人・個人事業主が知っておきたい税理士の選び方には基本的に税理士事務所は近い方がいいと言われており、得意ジャンルや税理士事務所の規模で選ぶのがおすすめ!
  • いい税理士を見極めるポイントには考え方や相性が良い、費用が明確でレスポンスや対応が早い、業界・業種の実績や知識、経験年数が長いなどこれらに当てはまるかどうかで判断する
  • 悪いダメな税理士の特徴には高圧的な態度・専門用語の多用・レスポンスが遅い・生命保険や損害保険を売り込んでくる・仕事が完了した後に請求額が決まるなどがある
  • 税理士に依頼できる業務内容は主に「経理・税務申告業務」「経営サポート」の2つ
  • 税理士選びで失敗したくない人は知人・友人からの紹介や銀行・保険会社からの紹介、税理士紹介サイトやマッチングサイトを使って探すのがおすすめ!
税理士の選び方で税理士ドットコムがおすすめできる理由!

  • 税理士ドットコムとは利用者実績No.1の税理士紹介サービス
  • 登録税理士数6,000人以上!紹介実績27万件以上なので安心して利用できる
  • 完全無料で何度でも無料紹介してくれる他、クラウド税務相談で税務の悩みを非公開で相談できる!
  • 個人事業主も利用でき、相続や確定申告など単発の依頼も可能!
  • 顧問料が高い・対応に不満など法人の悩みも解決できる可能性が高い!

▼ 相談料無料! ▼

法人・個人事業主が知っておきたい税理士の選び方

税理士 選び方 事務所
法人の経営者の方や個人事業主であれば、 どんな税理士を選ぶかは非常に重要な問題 です。

特に、中小事業者にとって、税理士は経営のパートナーとして位置づけられることから、 事業の継続性にも関わるほど重要な存在 となります。

それだけ重要な存在であるにも関わらず、適切に税理士を選ぶことができているという方は多くありません。

以下では、法人の経営者や個人事業主が知っておきたい税理士の選び方のポイントを解説していきます。

税理士の選び方
  • 税理士事務所所在地は近い方がいい
  • 得意ジャンルで選ぶ
  • 税理士事務所の規模で選ぶ

税理士の選び方① 税理士事務所所在地は近い方がいい

税理士事務所の所在地は、選び方の一つとなる重要な基準 です。

地元の税理士事務所を選ぶメリットとしては、直接対面で会議や相談ができること、定期的な打ち合わせが容易であることが挙げられます。

また、地方銀行や信用金庫、地域の助成金や補助金など、地元特有の情報を提供してもらいやすいのも大きなメリットです。

ただし、現代のコミュニケーション手段の多様化により、オンラインでの打ち合わせやデジタルツールを用いた記帳など、必ずしも対面での対話が必要とは限らなくなってきています

税理士の選び方② 得意ジャンルで選ぶ

税理士の得意分野は、選び方の一つ です。

各税理士はその経験や専門知識により、特定の分野を得意とすることがあります。

例えば、ある税理士は資金調達のサポートが得意である一方、別の税理士は新規事業設立のアドバイスに長けているかもしれません。

そのため、 自身のニーズと合致する税理士を選ぶ際には、税理士の得意分野やこれまでの実績を確認することが重要 です。

ほとんどの税理士事務所のウェブサイトでは、その税理士の得意分野が掲載されています。

自身のビジネスに最もマッチする税理士を見つけ出すことで、最適なアドバイスを受けられる可能性が高まります

税理士の選び方③ 税理士事務所の規模で選ぶ

税理士事務所の規模も、税理士選びの一つの基準となります

税理士事務所には、一人の税理士だけで運営されている個人事務所から、多数の税理士を抱える大規模な事務所まで、さまざまな規模のものが存在します。

小規模な事務所の場合、アットホームな雰囲気で気軽に相談できるという利点がありますが、対応可能な業種や問題の範囲が限られる場合もあります。

対して、複数の税理士が所属する大きな事務所では、幅広いニーズに対応可能であり、特に複雑な案件(例えばM&Aや国際税務等)についても適切なアドバイスが得られる可能性があります。

規模により、税理士事務所が提供できるサービスや専門性は異なりますので、自身のニーズに合わせて検討することが重要 です。

▼ 相談料無料! ▼

いい税理士はすぐわかる?見極めるポイント

税理士 選び方 ポイント
いい税理士かどうかは、次のポイントを見極めることで判断することができます。

良い税理士を見極めるポイント
  • 考え方や相性が良い
  • 費用が明確
  • 対応が素早い
  • 業界・業種の実績・知識・経験年数

以下では、それぞれのポイントについて解説していきます。

考え方や相性が良い

税理士との関係性は、ビジネスパートナーとの関係と同じくらい重要 です。

長期的な関係性を維持するためには、無理なくコミュニケーションが取れ、考え方やビジョンに大きな違いがない税理士を選ぶことが理想的であると言えます。

税理士と直接会って話をしてみて、お互いの理解やコミュニケーションスタイルが合うかを確認することが重要 です。

費用が明確

税理士には顧問料とは別に、業務ごとの料金が発生する場合があります

会社の規模や訪問回数によっても料金が変動します。

費用と業務内容を事前に確認せずに依頼すると、「打ち合わせ料金が別途発生する」「追加料金が発生した」といった予期せぬトラブルにつながる可能性があります

そのため、 税理士を選ぶ際は、費用の詳細と具体的な業務内容を確認することが重要 です。

対応が素早い

税理士にとって、迅速な対応は非常に重要な要素 です。

税務調査の連絡が税理士事務所に来たときなど、即座に対応が必要な状況では、迅速なコミュニケーションが必要 となります。

事前に電話やメールでの問い合わせを試み、その対応速度を確認することで、その税理士の対応能力を一定程度は測ることができます。

業界・業種の実績・知識・経験年数

自社の業界や業種に関する知識を持つ税理士は、効果的な節税対策や、業界特有の慣行、法規制に対応したアドバイスを提供できる 可能性があります。

そのため、 税理士に依頼する前に、その税理士がどの業界や業種のクライアントを持っているのか、またその経験年数や知識の深さを確認することが重要 です。

これにより、自社の業界に対する理解がある税理士を見つけることができます。

▼ 相談料無料! ▼

悪いダメな税理士の特徴

税理士 選び方 悪い
悪いダメな税理士については、次のような特徴があります。

悪いダメな税理士の特徴
  • 高圧的な態度
  • 専門用語多用して話す
  • レスポンスが遅い
  • 生命保険や損害保険を売り込んでくる
  • 仕事が完了した後に請求額が決まる

これらの特徴に当てはまった場合には、税理士の変更を検討してください。

高圧的な態度

税理士との長い関係を続けていくうえで、態度の問題は避けられません

税理士が常に高圧的で、自分の意見や専門知識を強引に押し付けてくるのは大きな問題です。

こうした税理士は、クライアントが自分の意見を尊重しない、または専門的な意見に耳を傾けないと感じると、ますます横柄になる可能性があります。

専門用語多用して話す

税法の専門家である税理士は、その専門知識を一般的な言葉で説明できるべき です。

しかし、一部の税理士は専門用語を多用し、クライアントが理解できないままに残すことがあります。

これはクライアントにとって混乱を招き、重要な決定を下す際に不確実性を増加させる可能性があります

レスポンスが遅い

迅速な対応はビジネスの一部であり、税理士も例外ではありません

税理士がメールや電話の返信に遅いと、クライアントの業務に大きな遅延を引き起こす可能性があります。

これは、例えば確定申告の期日までに必要な書類を提出できないといった問題を引き起こす可能性があるため注意が必要です。

納期が守れないのは、税理士として失格なだけではなく、社会人としても疑わしいと言えます。

レスポンスの遅さは、 お互いの信頼関係の構築を大幅に阻害します

生命保険や損害保険を売り込んでくる

税理士が生命保険や損害保険を売り込んでくる場合、それはその税理士が自己の利益を優先している兆候かもしれません

税理士はクライアントの最善の利益を優先すべきですが、保険契約により手数料を得るためにクライアントに不適切な保険を強制するのは不適切です。

したがって、 不要なコストをクライアントに払わせようとするような税理士は、悪いダメな税理士であると考えるべき です。

仕事が完了した後に請求額が決まる

税理士が業務を完了させた後に初めて請求額を提示するのは、クライアントにとって予想外の費用を強いる可能性があります

事前に明確な料金の見積もりを提供することは、クライアントが予算を管理し、将来的な費用に対する準備をするために重要です。

後から料金を提示してくる税理士は、その他のサービスでも同様の問題を引き起こす可能性があるので注意しなければなりません。

▼ 相談料無料! ▼

税理士に依頼できる業務内容

税理士 選び方 業務内容
税理士には、以下のような業務を依頼することができます。

税理士に依頼できる業務内容
  • 経理・税務申告業務
  • 経営サポート

依頼できる場合でも、税理士の専門性によってサービスの質は異なるので注意してください。

経理・税務申告業務

税理士に依頼できる業務の一つとして、経理・税務申告業務があります

代表的な経理・税務申告業務は以下の通りです。

代表的な経理・税務申告業務
・経理代行サービス(請求書発行や振込業務など)
・記帳代行サービス(会計ソフト入力や記帳指導)
・給与計算サービス(給与計算や年末調整など)
・自計化支援サービス(経理業務を自社で行うための支援)
・決算申告サービス
・税務調査立ち会いサービス

これは、経理の全般的な業務を税理士に依頼することで、請求書の発行振込業務などの経理代行から、会計ソフトの入力記帳指導といった記帳代行まで含みます。

また、給与計算や年末調整などもこの範疇に入ります。

さらに、自計化支援というサービスもあり、これは自社で経理業務を行うための支援を税理士から受けることを指します。

そして、年度末には決算申告業務が必要となり、税務調査においては税理士が立ち会うことも一般的です。

経営サポート

税理士は経営サポートという形で企業の経営に対して様々なアドバイスや支援を提供します

これには、経営に関する税務相談や節税対策が含まれます。

代表的な経営サポートサービスは以下の通りです。

代表的な経営サポートサービス
・税務相談サービス
・節税対策サービス
・経営計画の策定サービス
・資金繰りやキャッシュフロー計画の改善相談
・事業承継、M&A支援

税理士は税法の専門家であるため、経営者にとって有益な税務上のアドバイスを提供し、企業の税負担を軽減するための戦略を策定することが可能です。

また、経営計画の策定や資金繰り、キャッシュフロー計画の改善についてのアドバイスも提供します。

これらは企業の成長や安定した経営を支える重要な要素であり、専門的な知識や経験をもつ税理士の意見は非常に価値あるものです。

そして、会社設立や事業承継、M&A(合併・買収)などの大きな経営判断に際しても、税理士は重要な助言を提供します。

▼ 相談料無料! ▼

税理士選びで失敗しない税理士の探し方

税理士 選び方 探し方
良い税理士を見つけるために、以下の方法を試してみてください。

失敗しない税理士の探し方
  • 知人・友人からの紹介
  • 銀行や保険会社からの紹介
  • 税理士紹介サイトやマッチングサイトを使う

従来では、知人・友人からの紹介が紹介が多かったものの、近年では、税理士紹介サイトやマッチングサイトを使って税理士を探す事例も増えてきています

知人・友人からの紹介

税理士を探す際の最も手軽な方法は、友人や知人からの紹介 です。

友人や知人から紹介された税理士は、既に第三者の評価があるため、 失敗するリスクは低くなる傾向があります

友人や知人からの紹介で税理士を探す場合は、自身のニーズと紹介された税理士が提供できるサービスをきちんと照らし合わせてみてください。

銀行や保険会社からの紹介

銀行や保険会社も税理士を紹介してくれることがあります

ただし、銀行や保険会社からの紹介は、取引上の利害関係が絡んでくる可能性があるため、必ずしも良い税理士を紹介してくれるとは限りません

そのため、 銀行や保険会社から紹介された税理士を選ぶ場合は、その税理士と紹介元との関係性や、税理士の専門性と自身のニーズが合致しているか等をよく考慮して選ぶことが大切 です。

税理士紹介サイトやマッチングサイトを使う

インターネットを利用して税理士を探す方法もあります

税理士事務所のホームページや税理士紹介サイトを利用することで、あなたのニーズに適した税理士を見つけることが可能です。

ただし、税理士事務所のホームページは自社の良い点しか書かれていないことが多いため、客観的な評価を得るのは難しい点に注意してください

一方、税理士紹介サイトでは、運営会社が登録税理士を任意で探し、何件かの紹介をするシステムになっています。

紹介された税理士が成約した場合、運営会社への紹介料が発生し、その分税理士の報酬が上乗せされてしまうこともあります。

そのため、 利用する際は各サイトの運営方法や費用体系について十分に調べ、理解した上で利用する ようにしてください。

▼ 相談料無料! ▼

税理士の選び方に関するよくある質問

税理士 選び方 よくある質問
税理士を選ぶにあたっては、以下の点について質問する方が多くいます。

税理士の選び方に関するよくある質問
  • Q:遺産相続の依頼をしたのですが、税理士の選び方がわかりません
  • Q:税理士に対しての不満ランキングはありますか?

これらの典型的な質問について、ここからは回答していきます。

Q:遺産相続の依頼をしたのですが、税理士の選び方がわかりません

相続税に強い税理士を選ぶためには、6つのポイントに注意 すべきです。

相続税に強い税理士を選ぶポイント
  • 年間相続税申告実績を確認する
  • 事務所のホームページを確認する
  • 税理士会のホームページで所属税理士の数をチェックする
  • どれくらいのコストがかかるかチェックする
  • 書籍出版実績をチェックする
  • 実際の担当者をチェックする

遺産相続に強い税理士を選ぶ場合、まず、税理士が、相続税法の知識と実務経験を持っているかを確認してください。

この確認によって、適切な税額の計算や有効な節税策を税理士が提案できるかどうかを判断できるようになります。

さらに、 遺産相続は、秘匿性の高い情報を取り扱うので、税理士が信頼できるかどうか、確認することが大切 です。

この場合には、税理士に相談の連絡をして、その対応が迅速であるか、丁寧であるか、専門用語が少なく、コミュニケーションに問題がないかをチェックするようにしてください。

Q:税理士に対しての不満ランキングはありますか?

税理士が提供するサービスに対する代表的な不満は以下のとおりです。

事業者が税理士に対して抱える不満
  • サービスの質
  • コミュニケーション不足
  • 価格設定

事業者の多くが税理士が提供するサービスの質に対して不満を抱えています

サービスの質に次いで、コミュニケーション不足価格設定に不満を抱えている事業者が多いのが現状です。

税理士は、顧問料というかたちで定額の料金をサービスの対価として受け取っています。

事業者側としては、時代の変化に合わせて、税理士に様々なサービスを提供してほしいと思っている一方で、税理士は、毎年のように同じ業務をこなすだけとなっており、
それが事業側との期待ギャップを生み出しています。

結果として、コミュニケーション不足や価格設定に対する不満が表面化しているのが実情です。

▼ 相談料無料! ▼

税理士の選び方 まとめ

税理士 選び方 まとめ
税理士を選ぶ際には、税理士事務所の所在地得意ジャンル事務所の規模をまずは参考にしてみてください。

それだけで、自分にあった税理士選びができるようになるはずです。

税理士事務所の規模が大きい場合でも、実際にサービスを提供するのは、一人ひとりの税理士ということになるので、しっかりと個人個人の税理士の専門性を確認することが重要 となります。

確認する際には、これまでの経験や専門性、対応の早さなどを参考にしてください。

悪いダメな税理士は、専門用語を多用したり、高圧的な態度をとったりと、十分なコミュニケーションがとれないケースが多い です。

友人や知人から紹介してもらったり、税理士紹介サイトやマッチングサイトを利用すると、自分と合った税理士を探しやすくなります。

税理士の選び方 まとめ
  • 法人・個人事業主が知っておきたい税理士の選び方には基本的に税理士事務所は近い方がいいと言われており、得意ジャンルや税理士事務所の規模で選ぶのがおすすめ!
  • いい税理士を見極めるポイントには考え方や相性が良い、費用が明確でレスポンスや対応が早い、業界・業種の実績や知識、経験年数が長いなどこれらに当てはまるかどうかで判断する
  • 悪いダメな税理士の特徴には高圧的な態度・専門用語の多用・レスポンスが遅い・生命保険や損害保険を売り込んでくる・仕事が完了した後に請求額が決まるなどがある
  • 税理士に依頼できる業務内容は主に「経理・税務申告業務」「経営サポート」の2つ
  • 税理士選びで失敗したくない人は知人・友人からの紹介や銀行・保険会社からの紹介、税理士紹介サイトやマッチングサイトを使って探すのがおすすめ!
税理士の選び方で税理士ドットコムがおすすめできる理由!

  • 税理士ドットコムとは利用者実績No.1の税理士紹介サービス
  • 登録税理士数6,000人以上!紹介実績27万件以上なので安心して利用できる
  • 完全無料で何度でも無料紹介してくれる他、クラウド税務相談で税務の悩みを非公開で相談できる!
  • 個人事業主も利用でき、相続や確定申告など単発の依頼も可能!
  • 顧問料が高い・対応に不満など法人の悩みも解決できる可能性が高い!

▼ 相談料無料! ▼

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • l***b様が
    300万円を調達しました。

  • a****k様が
    1100万円を調達しました。

  • q***e様が
    400万円を調達しました。

  • r******w様が
    900万円を調達しました。

  • v******v様が
    400万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング