閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

ビジネクスト株式会社の評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント

ビジネクスト(ビジネクスト株式会社)は、事業融資に特化した金融業者で、個人事業者〜中小企業の間で評価が高く「資金繰りを早急に改善する」のにふさわしいビジネスローンを多数取り扱っています。

ビジネクスト株式会社の評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント

ビジネスローン審査を通す3つのポイント|ビジネクスト株式会社の評判・口コミ

またビジネクストでは、一番人気のビジネスローン(=事業者融資)のほか、不動産担保ローン、売掛債権ファクタリング、法人クレジットカードの発行、振込代行サービス、医療機関・介護従事者向けローンなど、多彩な「事業者向けサービス」を展開しています。

 

本記事では、ビジネクスト株式会社の評判や口コミのほか、ビジネスローン「ビジネクスト」の審査を通す3つのポイントについて解説します。事業資金の調達をお考えの方はぜひ、本記事を参考に手続きを進めてみてください!

 

なお、個人事業主&経営者に役立つビジネスローンについては、以下の記事でも詳しく解説しています。本記事と合わせて参考にしてみてください。

 

参考記事:【保存版】ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット

 

ビジネクストでの資金調達をお急ぎの方は、今すぐ以下のリンクをクリックしてみてください。フォームでの申込みはカンタンで「わずか10分程度」で完結します。

 

目次

▊ ビジネクストの審査はカンタン、それとも厳しい?

 

ビジネクストビジネスローンは「事業者ローン」という用途が決まっているため、他のローンやキャッシングなどに比べて、事業資金が「調達しやすい」といった特徴があります。

 

実際に、銀行融資や日本政策金融公庫の融資、地方自治体の助成金制度が利用できなかった方が、ビジネスローンや売掛債権ファクタリングなどを利用し、資金ショートを回避していると言います。

 

なお、ビジネクストビジネスローンの審査については、本記事の後半でより詳しく解説します。

 

▊ ビジネクストビジネスローンは、経営者の間で評価が高いローン

 

ビジネクスト株式会社の「ビジネスローン」は、経営者から「口コミ評価が高い」ローンとして有名です。このローンは、事業の拡大や決算時、まとまった資金が必要な時、つなぎ資金が必要な時に利用できるほか、平均「最短3営業日内」に融資をしてくれるなど、スピーディーな対応をウリにしています。

 

ビジネクストビジネスローンの詳細(契約内容)

 

ここで、ビジネクストで最も人気が高い「ビジネスローン」の内容を簡単に説明しておきましょう。個人事業主の場合「確定申告書Bに営業所得の記載がある方」であれば、誰でも申し込めます。また法人の場合は「法人代表者の方」が申込をすればOKです。

 

気になる可決額ですが、最高1,000万円の融資が受けられる(※ 担保融資であれば最高1億円まで)ので、事業目的に合わせた使い方が自由に行えます。

 

ビジネクスト「ビジネスローン」の内容

融資対象者 法人または個人事業主 ※ 申込時の年齢が、満20歳~満69歳の方
融資額 50万円から、最高1,000万円まで
契約利率 ① 8.0%~15.0%(利用限度額100万円以上)
② 13.0%~18.0%(利用限度額100万円未満)
遅延損害金 20.0%
担保・保証人 原則不要(※ ただし、法人が契約する場合は、代表者が連帯保証人となる)。
返済方式 元利均等返済:最長5年(60回以内)
元金一括返済:最長1年(12回以内)
必要書類 ① 法人の場合
代表者の本人確認書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)、決算書原則2期分
② 個人事業主の場合
申込者の本人確認書類、確定申告書原則2年分

※ 契約時の「印紙代」は実費(200円〜2,000円程度)となります。

 

ビジネクスト株式会社では、上記ビジネスローンの他にも最高1億円の融資に対応した担保ビジネスローンやカードローンなど、多彩な融資商品を扱っていますが『その他サービス』については、本記事の後半で詳しく説明します。

 

ビジネクストビジネスローンの融資対象者

 

ビジネクストビジネスローンが利用できるのは、法人または個人事業主(申込時の年齢が満20歳から、満69歳までの事業主)です。一般のフリーキャッシング、使途自由なローンでは無いので間違えないようにしましょう。

 

ビジネクストビジネスローンの借入方法

 

ビジネクスト「ビジネスローン」は電話、提携銀行、提携ATMから借入できます。

 

ビジネクストビジネスローンの金利(利息)

 

ビジネクスト「ビジネスローン」の利息は、二段階に別れています。まず、利用限度額100万円以上の場合は「8.0%〜15.0%」の利息となり、利用限度額100万円未満の場合は「13.0%〜18.0%」の契約利率が適用されます。

 

● 利用限度額100万円以下の場合・・・8.0%〜15.0%(年)

● 利用限度額100万円以上の場合・・・13.0%〜18.0%(年)

 

ビジネクストビジネスローンの限度額(融資額)

 

ビジネクスト「ビジネスローン」の融資は、最小1万円から最大1,000万円にまで対応しています。ただし、初回契約時の取引限度額は「500万円まで」です。

 

ビジネクストビジネスローンの返済方法

 

ビジネクストビジネスローンの返済方法は、以下の二種類から選択できます。

 

① 元利均等返済:最長5年(60回以内)
② 元金一括返済:最長1年(12回以内)

 

元金均等返済とは、以下のような返済方法を指します。

 

毎回の返済額が元金を均等割にした額と利息の合計となる利息の算出方式。最初のうちの返済額は多いが、元金の減りに比例して利息分が減り返済額が減少していくのが特徴。元金が均等に減るため元利均等返済と比較すると利息総額(=返済総額)が安いという結果になっている。

出典:Wikipedia「元金均等返済」より抜粋

 

また、元金一括返済とは以下のような返済を意味します。

 

元金一括返済は、「期日一括返済」とも呼ばれ、ローンの返済方法の一つで、借入期間の最終支払期日(決められた期日)に一括して元金を支払う(返済する)方法のことをいいます。これは、借入金の利息支払い(利払い)は契約書で決められた約定日毎に行われ、また借入金の元金返済は最終支払期日に一括して行われる仕組みのため、元金均等返済や元利均等返済などと比べて、毎月の支払額を低く抑えることが可能となっています。

出典:iFinance「元金一括返済」より抜粋

 

月々の返済日ですが、公式サイト説明では「毎月一定日」と書かれています。このため契約時には「月々の返済日」について、確認をしてみてください。なお返済のサイクルは、次の通りです。

 

毎回のお支払期限は、前回のご返済の翌日(初回借入時は借入日の翌日)から数えて31日目となります。お借入残高が有る場合に追加借入をされても次回お支払日の期間は変わりません。なお、支払期限前に返済されますと、次の支払期限はその翌日より31日目となります。(31日目が土日祝日(当社休業日)に該当する場合は翌日となります)出典:ビジネクスト公式サイトより

 

契約は「最長5年」となっていますが、契約終了時に完済できない場合は相談の上「契約更新」をお願いすることも可能です。その際、再度審査が行われますが「柔軟に契約延長を検討」してもらえるので安心です。借り入れで困った時には、すぐにビジネクスト融資担当者に相談をしてみてください。

 

月々の返済額を計算してみよう!

 

前述のとおり、ビジネクストでは二種類の返済方式が利用できます。例えば、同じ50万円でも「元利均等返済」と「元金一括返済」では、月々の返済額や返済総額も大きく変わってきます。

ビジネクスト(元利均等返済)

ビジネスローン審査を通す3つのポイント|ビジネクスト株式会社の評判・口コミ

画像:ビジネクスト「元金一括返済」のシミュレーション

上の「元利均等返済」では月々11,900円の返済額ですが、下の「元金一括返済」は、月々6,369円の返済を11回で行い、最終の支払いでは「元金と利息分を一括」で支払うなど、それぞれの返済方法や返済総額は大きく異なっています。

ビジネクスト(元金一括返済)

ビジネスローン審査を通す3つのポイント|ビジネクスト株式会社の評判・口コミ

画像:ビジネクスト「元金一括返済」のシミュレーション

 

なお具体的な返済額は、借入額や借り入れの年数によって異なります。みなさんが「月々いくら返していくのか」は、以下のシミュレーションツールを使って試算してみてください。

 

ビジネクスト返済シミュレーション

ビジネスローン審査を通す3つのポイント|ビジネクスト株式会社の評判・口コミ

画像:ビジネクスト公式サイト「返済シミュレーション」より

 

ここでは、借入額や返済回数、返済利率によって「月々いくら返済するのか」が簡単に調べられます。もちろん契約後に、直接ビジネクストの担当者に(返済回数等)相談をしても構いません。自社にとってより良い方法で返済を続けていきましょう。

 

返済計画や今後の事業計画が正確であればあるほど、融資をする側(担当者も含め)から信頼を受け、次回の融資や増枠などの手続きもスムーズに行われます。まずは「信頼される経営者」になれるよう、丁寧な経営と資金繰りを心がけましょう。

 

参考:ビジネクスト公式サイト「返済シミュレーション」より

 

ビジネクストビジネスローンと口座振替

 

ビジネクスト「ビジネスローン」の返済は、銀行口座引き落としが利用できます。

 

ビジネクストビジネスローンの必要書類

 

ビジネクスト「ビジネスローン」の契約時に必要な書類は、個人事業主と法人によって異なります。

 

【法人の必要書類】

① 代表者の本人確認する書類

② 決算書

※ その他必要に応じた書類
【個人の必要書類】

① 本人確認する書類

② 確定申告書

③ 所定の事業内容確認書(←提出書類がダウンロードできます)

※ その他必要に応じた書類

 

このほか、契約時には印紙代が別途必要になります。

 

ビジネクストビジネスローンの審査難易度

 

ビジネクスト「ビジネスローン」の審査難易度は一般に公表されていません。ただ、銀行のローンや事業者貸付より「柔軟で利用しやすい」と(法人、個人事業主の間で)評価が高いです。

 

ビジネクストビジネスローンの審査日数・カードの発行日数

 

ビジネクスト「ビジネスローン」の仮審査は最短当日中に実施されます。その後、必要書類を提出し「本審査」を受けるのですが、申込から融資実施までは、最短翌日(※)と手続きがスピーディーです。

※ ただし、審査の結果によっては翌営業日に遅れることもあります。

 

ビジネクストビジネスローン(個人事業主、法人の申し込み方法)

 

ビジネクスト「ビジネスローン」は、個人事業主や法人の申込が可能です。

 

ビジネクストビジネスローンの年会費と保証料

 

ビジネクストビジネスローンには、年会費や保証料は必要ありません。

 

ビジネクストビジネスローンに必要な保証人と担保

 

ビジネクストビジネスローンには、保証人や担保は必要ありません。ただし、個人事業主の場合は(審査の状況に応じて)保証人を立てる場合もあります(※ 契約時に要確認のこと)。

 

ビジネクストビジネスローンの共通ポイント

 

ビジネクスト「ビジネスローン」には、カード利用で貯まる「共通ポイント」は存在しません。ただし、ビジネクストが発行する法人クレジットカードゴールドは、LIFEサンクスポイントが貯まります。

 

ビジネクストビジネスローン|ETCカード

 

ビジネクスト「ビジネスローン」には、自動車の走行に役立つ「ETCカード」は付帯しません。ただし、ビジネクストが発行する法人クレジットカードゴールドには、ETCカードが付帯します(年会費無料)。

 

ビジネクストビジネスローンの取引手数料は無料?

 

ビジネクスト「ビジネスローン」の返済は、口座引き落としのほか、来店、提携ATMから返済できます。銀行から振り込み返済した場合は、手数料を支払う必要があります。

 

ビジネクストのクレジットカード、ゴールドカード

 

ビジネクスト「ビジネスローン」では法人クレジットカードゴールドを発行しています。国際ブランドはVISAで、カードの利用毎にLIFEサンクスポイントが貯まります。

 

ビジネスローン審査を通す3つのポイント|ビジネクスト株式会社の評判・口コミ

ビジネクスト・法人クレジットカードゴールド

 

ビジネクストでの資金調達をお急ぎの方は、今すぐ以下のリンクをクリックしてみてください。フォームでの申込みはカンタンで「わずか10分程度」で完結します。

 

 

▊ そもそも、ビジネスローンとは?

 

ビジネスローンは、その名の通り「事業資金」を融資するローンです。ビジネスローンの使途は「事業目的」であり、主に運転資金や、つなぎ資金、設備投資などに使用されます。また従業員の支払いが厳しい時に、事業融資を使って資金繰りを改善する経営者も多いです。

 

ビジネスローンのメリット

 

ビジネスローン最大のメリットは「総量規制の対象外」という点です。例えば経営者自身に多額の借り入れがあったとしても、事業目的での貸付は総量規制の対象外となっています。

 

また、ビジネスローンの審査は主に「決算書の内容」などで、金利や貸し付け条件が決められます。また、多くのビジネスローンは「原則、無担保・保証人なし」で融資が受けられます。経営者が申し込む場合は、本人を保証人として立てる必要がありますが、第三者の保証人を依頼せずに済むので「気軽に融資が受けられる」という利点もあります。

 

ビジネスローンは審査が速い、融資に対して前向き

 

ビジネスローンは決算書の内容だけでなく、各企業の「今後の事業計画」も参考にして、融資を前向きに検討してくれます。このため、赤字決済の企業であっても融資が可決される確率は大きいのが特徴です。ただし、銀行や銀行系消費者金融のビジネスローンは「赤字決済にうるさい」ところが多いので審査のハードルはやや高めと言えます。

 

もし、経営状況や審査に不安があるのなら、本記事で紹介しているビジネクストのような「事業融資専門」の企業に依頼をするのが一番です。事業融資専門の業者は、経営状態に限らず今後の事業計画などを総合的に判断し、融資の可決を決定します。

 

このほかにも、ビジネスローンに強いビジネスパートナー(スモールビジネスローン)も、総合的に融資を決定してくれるので安心して審査を受けることができます。

 

参考:ビジネスパートナー(ビジネスローン)の評判・口コミ!審査を通す3つのポイント

 

またビジネスローンだけでなく、ファクタリングなどの「即日〜翌日に融資ができる」方法を組み合わせておけばさらに安心です。資金調達の方法を複数持っておけば、資金繰りショートの危険性も無く、ビジネスローンの良さを最大限に引き出して使用することができるからです。

 

参考:経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説! 

 

生計費と事業費が併用できるローンもある

 

ただ、ビジネスローンの中にも少額融資を得意とするものがあり、消費者金融が融資する「個人事業主向け」ローンの中には、事業目的と生計費での併用を認めたローンがあります。

 

例:プロミス「自営者カードローン」

 

プロミス自営者カードローンの内容

ご融資額     300万円まで
ご契約額     お客さまご指定の契約額(極度額)の範囲内で、当社が決定した金額
金利適用方式     単一金利
借入利率     6.3%~17.8%(実質年率)
遅延利率     20.0%(実質年率)
返済方式     残高スライド元利定額返済方式
ご返済期日     5日、15日、25日、末日の中から、お客さまのご都合にあわせてお選びいただけます。

※三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替によるご返済を希望される場合、ご返済期日は5日となります。
ご返済期間・ご返済回数     最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
お申込みいただける方     年齢20歳以上、65歳以下の自営者の方
資金使途     生計費および事業費に限ります。
担保・保証人     不要

 

▊ 「ビジネクスト株式会社」とは、どのような企業なのか?

 

ここからは「ビジネクスト株式会社」がどのような企業なのか、紐解くことにしましょう。ビジネクスト(ビジネクスト株式会社)は、平成13年1月18日に設立された比較的新しい金融業者ですが、これまでの契約数は既に「累計10万口座」を超えるなど、事業融資を専門とする大手企業として成長を続けています。

 

実際にビジネスローンの分野では「個人事業主〜中小企業経営者」の間で知名度が高く、急激に利用者を増やしていることでも知られています。

ビジネスローン審査を通す3つのポイント|ビジネクスト株式会社の評判・口コミ

ビジネスローン審査を通す3つのポイント|ビジネクスト株式会社の評判・口コミ

画像:ビジネクスト株式会社「公式サイト」より

 

ビジネクスト株式会社が得意とするのは個人事業主〜中小企業への融資

 

ビジネクストが得意とするのは個人事業主〜中小企業への融資です。実際にビジネクストでも『アイフルグループの事業ノウハウを結集してつくられた、
個人事業主様および中小企業をサポートするためのローン会社です』との説明を行っており、「スモールビジネス向けローン」としての地位確立を目指しています。

 

ビジネクストは、法人・個人事業主様の「頼れるパートナー」として資金面から事業をサポートするローン会社ですビジネスローン(事業者ローン)のビジネクストでは、「お客様第一主義」と「コンプライアンスの徹底」に全力を傾け、経営者の皆様にお役に立つ金融サービスを積極的にご提供して参ります。

[ 営業方針 2つの「S」]
● Speedy!:スピーディーなご融資
● Style! :「非対面」と「対面」の二つの営業スタイル

出典:ビジネクスト公式サイト「企業情報」より抜粋

 

ビジネクスト株式会社の会社概要は、以下の通りです。

 

ビジネクスト株式会社の概要

社名 ビジネクスト株式会社(英字表記:BUSINEXT CORPORATION)
本社所在地 東京都港区芝2丁目31-19
事業内容 事業者金融業
資本金 1億円
設立 平成13年1月18日
登録番号 登録番号:関東財務局長(6)

第01262号 日本貸金業協会会員 第001208号

公式サイト http://www.businext.co.jp/

 

ビジネクストのイメージキャラクターは、タレントの「大地真央」が務めています。大地真央と言えば、カードローンアイフルのコマーシャルでも知られていますが、実はビジネクスト株式会社はアイフルのグループ企業(=完全子会社)にあたり、アイフルとは異なる「事業資金に特化したサービス」を実施しています。

 

ビジネスローン審査を通す3つのポイント|ビジネクスト株式会社の評判・口コミ

ビジネスローン審査を通す3つのポイント|ビジネクスト株式会社の評判・口コミ

画像:アイフル「公式サイト」より

 

実際に、アイフルを利用していた顧客(個人事業者、中小企業の経営者等)が、ビジネクストで事業資金を申し込んだり、他社のビジネスローンから乗り換えるケースもよく見られます。またビジネクストがきっかけで、親会社「アイフル」のサービスを利用したり、プライベート資金(生計費等)を調達する方も多く見られます。

 

アイフルグループの事業ノウハウを結集してつくられた、
個人事業主様および中小企業をサポートするためのローン会社です。

中小企業事業者には短期間で実行される融資のニーズが根強くありますが、当該ニーズに即した金融サービスは未発達な状況です。その様な金融の未開拓部分を補完することは、中小企業事業者の健全な育成を支援する観点からも社会的意義が高く、そのニーズにも合致しております。このような状況をふまえ、「スモールビジネス向けローン」の会社、『ビジネクスト株式会社』が設立されました。

出典:ビジネクスト株式会社公式サイト「起業理念より」抜粋

 

ビジネクストでの資金調達をお急ぎの方は、今すぐ以下のリンクをクリックしてみてください。フォームでの申込みはカンタンで「わずか10分程度」で完結します。

 

 

ビジネクストの親会社「アイフル」は、銀行との繋がりが強いローン会社!

 

ここで「ビジネクストの親会社」アイフルについて、簡単に説明しておきましょう。アイフルは、国内を代表する消費者金融の大手企業です。

 

アイフルの名前を出すと「消費者金融でお金を借りるなんて…」と躊躇される方も多いのですが、アイフルは「三井住友銀行の大口融資先」として知られています。また銀行との繋がりが非常に強いだけでなく、個人事業主はもちろん中小企業〜大手企業にも融資を行うなど「信頼できる金融業者」として業界内での評価は非常に高いです。

 

現在のビジネクストは、アイフルの完全子会社として経営が行われていますが、2013年の4月まで「三井住友信託銀行の合弁会社」として事業向け融資が実施されていました。その後アイフルが完全子会社とし、2010年には、ファクタリングサービスの大手「ワダツミ株式会社」と業務提供を結んでいます。

 

また現在は、中小・ベンチャー企業の資金ニーズに対応する「事業資金専門の金融業者」として、ビジネクストは更なる成長を続けています。

 

1.提携内容
ワダツミ株式会社は、少額・短期・多数の売掛金を有効活用するファクタリングサービスを中核事業として展開しており、「ワダツミ」「企業様(調達先)」「売掛先」の『3社間契約』によるサービスを提供し、そのノウハウを活用してまいりました。

一方、ビジネクスト株式会社は、個人事業主や中小・ベンチャー企業向けの事業性ローンを中核事業として行ってまいりました。また、売掛金を活用したファクタリングサービスにおいては「ビジネクスト」「企業様(調達先)」の『2社間契約』によるノウハウを蓄積してまいりました。

今回、両社間の業務提携による事業主様の相互の紹介で、両社が持つファクタリングサービスのノウハウである『3社間契約』『2社間契約』のいずれかを企業様が選択できることとなり、幅広い資金ニーズにお応えすることが可能となります。

参考:2014年ワダツミ株式会社「プレスリリース」記事より

 

アイフルとビジネクストは、何が違うのか?

 

親会社のアイフルと言えば、フリーキャッシングのイメージが強いのですが、実はアイフルでも「事業者向けローン」を扱っています。ここで、アイフルのビジネスローンと、ビジネクスト株式会社の「ビジネスローン」は何が違うのか、それぞれの内容(限度額や利息、返済方式等)を比較してみましょう。

 

アイフル事業者ローンとビジネクスト「ビジネスローン」の比較

区分 ビジネクスト アイフル
① 事業者ローンの名称 ビジネスローン 事業サポートプラン(無担保/担保あり)
② 利用限度額 50万円~1,000万円まで 無担保型は最高500万円まで、担保ありの場合は最高1億円まで融資可能。
③ 利息(実質年率) 8.0%~15.0%(利用限度額100万円以上)

3.0%~18.0%(利用限度額100万円未満)

※ 遅延損害金の実質年率は20.0%

無担保型は6.0〜18.0%、担保ありの場合は6.8%~12.0%

※ 遅延損害金の実質年率は20.0%

④ 返済方式 ・ 元利均等返済:最長5年(60回以内)
・ 元金一括返済:最長1年(12回以内)
【無担保型】

・ 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
・ 元利定額返済方式
・ 元金一括返済方式

【担保あり】元金一括返済方式

⑤ 必要な書類 【個人事業主の場合】本人確認書類、確定申告書原則2年分
【法人の場合】代表者の本人確認書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)、決算書原則2期分
【無担保型】確定申告書、事業内容確認書、本人確認書類(法人の場合は、先の書類に加えて、決算書2期分、商業登記簿謄本、代表者の本人確認書類が別途必要)

【担保あり】上記書類に加えて不動産担保の書類、担保連帯保証人に関する書類や印紙代等が別途必要(※ 要確認のこと)。

⑥  使途 事業融資 事業融資

※ 無担保型は、個人事業者〜法人の事業融資として貸付を行う。不動産担保融資については、より高額な資金を必要とする事業主に融資を行っている。

⑦  申込条件 申込時年齢 満20歳~満69歳の個人事業者、法人経営者 個人事業者の場合は、原則担保が不要。法人経営者の場合も担保や第三者連帯保証人については(原則)不要。

※ 年齢制限などの記載はなし。

⑧  保証人 申込時年齢 満20歳~満69歳の個人事業者、法人経営者 原則不要、ただし法人経営者の場合は、代表者の連帯保証が原則必要

 

上記からも分かるように、ビジネクストは『最小50万円〜最高1,000万円』までと、個人事業者〜中小企業の借り入れに適した事業融資です。

 

これに対し、アイフルは担保なしの場合と不動産担保有りでは貸付金額が大きく異なります。アイフルの場合「担保なし」の融資限度額は500万円となります。しかし、不動産担保融資を受けると「最高1億円」の大口融資が受けられるのです。

 

ビジネクスト株式会社にも「不動産担保融資」があるのですが、この場合「どのような貸し付け条件が適用さえるのか」合わせて見てみることにしましょう。

 

ビジネクスト株式会社「不動産担保融資」の貸し付け条件

区分 内容
① 事業者ローンの名称 不動産担保ビジネスローン(ビジネクスト)
② 利用限度額 100万円~1億円まで
③ 利息(実質年率) 5.0%~15.0%(※ 遅延損害金の実質年率は20.0%)
④ 返済方式 ・ 元金一括返済:最長1年(12回以内)

・ 元利均等返済:最長30年(360回以内)

⑤ 必要な書類 【個人事業主の場合】本人確認書類、確定申告書原則2年分
【法人の場合】代表者の本人確認書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)、決算書原則2期分
⑥  使途 事業融資
⑦ 申込条件 申込時年齢 満20歳~満69歳の個人事業者、法人経営者
⑧ 保証人 原則不要、ただし法人経営者の場合は、代表者の連帯保証が原則必要

 

このように、ビジネクストの不動産担保ビジネスローンは「最低金利が5.0%から」と、アイフルの不動産担保融資よりも「低い利息」で融資が受けられます。

 

ビジネクスト「不動産担保」カードローンについて

 

他にも、ビジネクストでは不動産担保をベースにした「カードローン」を扱っています。ビジネクスト不動産担保融資「カードローン」の貸し付け条件は、次の通りです。

 

ビジネクスト不動産担保融資「カードローン」

区分 内容
① 事業者ローンの名称 不動産担保カードローン(ビジネクスト)
② 利用限度額 100万円~2,000万円まで
③ 利息(実質年率) 8.0%~15.0%(※ 遅延損害金の実質年率は20.0%)
④ 返済方式 元金定率リボルビング返済(最長5年|60回以内)
④ 必要な書類 【個人事業主の場合】本人確認書類、確定申告書原則2年分
【法人の場合】代表者の本人確認書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)、決算書原則2期分
⑤  使途 事業融資
⑥ 申込条件 申込時年齢 満20歳~満69歳の個人事業者、法人経営者
⑦ 保証人 原則不要、ただし法人経営者の場合は、代表者の連帯保証が原則必要

 

カードローンは「最高2,000万円まで」と融資枠は限定されます。しかしローン専用のキャッシュカードが発行されるため、セブン銀行や東京スター銀行のほか、アイフル提携ATMでキャッシングできるなど(※ ただし、東京スター銀行は出金のみ)利便性は高いです。

 

ビジネクスト不動産担保融資カードローン画像:ビジネクスト株式会社「不動産担保融資カードローン」より

 

ビジネクストのように提携ATMの数が多ければ、全国のコンビニやアイフルの各店舗、キャッシュディスペンサーが使えるので大変便利です。不動産担保融資が用意できる方で「カードローンを利用したい」という方は、ビジネクスト「不動産担保」カードローンを利用してみてください。

 

ただし、不動産担保融資ローンは肝心の担保がなければ、事業融資は受けられません。また「不動産を失うリスク」等を考えると、不動産担保融資を躊躇う方は多いはずです…。この場合は、担保や保証人が不要で大きな資金調達ができる銀行ローンを探すか、最短即日〜翌営業日には1,000万円の資金調達も可能なファクタリングを利用してみてください。

 

ファクタリングは持っている「売掛金を現金化」してくれる便利なサービスで、銀行や金融業者のローン審査とは異なる基準を採用為、よりスピーディーでカンタンに事業資金が調達できます。

 

参考記事:経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説! 

 

ビジネクストでの資金調達をお急ぎの方は、今すぐ以下のリンクをクリックしてみてください。フォームでの申込みはカンタンで「わずか10分程度」で完結します。

 

 

▊ ビジネクスト・ビジネスローンのメリットは?

 

ビジネクストビジネスローンのメリットは、以下の通りです(※ ビジネクスト公式サイトから抜粋)。

 

事業拡大・決算時などのまとまった事業資金のニーズに、一時的なつなぎ資金など資金繰りに、ご好評いただいているビジネクストのビジネスローン(商工ローン)。お借入後はご返済のみを行っていただく商品となります。事業拡大・一時的なつなぎ資金・決算時などのまとまった事業資金として、ご好評いただいております。参照:ビジネクスト株式会社公式サイトより

 

ビジネクストビジネスローンは事業の拡大や、つなぎ融資としても活用できるなど「多様なニーズに」対応した(融資)商品であることが、良く分かります。ここで、ビジネクスト「ビジネスローン」の特徴を4つにまとめてみました。

 

ビジネクスト「ビジネスローン」のメリット
☑ 審査から融資まで手続きが速い
☑ 原則、保証人や担保が不要
☑ 来店不要、ネットから申込OK!
☑ 総量規制の対象外

 

各項目について、詳しく解説しましょう。

 

☑ 審査から融資まで手続きが速い

 

ビジネクストは、申込から原則「3営業日以内」に融資が実施されます。融資額が「最高1億円まで」対応しているにも関わらず、審査がスピーディーなのは、事業融資を専門にした大手「ビジネクスト」ならではと言えるでしょう。

 

ビジネクストビジネスローン

ビジネスローン審査を通す3つのポイント|ビジネクスト株式会社の評判・口コミ

画像:ビジネクスト公式サイト「企業情報」より

 

また、銀行融資と比べても審査の手続きはスムーズで、経営者の目線に立ち「資金繰りの改善をサポート」してくれるのが他には無いビジネクスト最大の特徴と言えます。

 

☑ 原則、保証人や担保が不要

 

通常どの金融機関でも、借り入れ額が大きくなると「保証人や担保」を用意するよう求めてきます。しかし、ビジネクストの場合は、原則「保証人や担保なし」で融資が受けられるので安心です。こうした手続きの手間が省けると、審査可決までの時間は大幅に短縮できます。お急ぎの方は、ビジネクストのように「保証人や担保不要のローン」を利用しましょう。

 

☑ 来店不要、ネットから申込OK!

 

ビジネクストのビジネスローンは、ネット上から申込ができます。ビジネスローンのほかにも、ビジネス専用カードローン、不動産担保ビジネスローン、不動産担保融資カードローン、医療機関向けローンの5種類はパソコンやスマートフォンから申込可能です。

 

ただし、ビジネクストのローンは「法人・個人事業主」しか申込ができません。給与所得者は「審査外」となっているので注意しましょう。給与所得者の方はビジネクストではなく、親会社のアイフルで申込をしてください。

 

☑ 総量規制の対象外

 

ビジネクストのビジネスローンは、総量規制の対象外です。ローンを利用される方は、どなたも「年収の3分の1を超えていないか」心配される方が多いでしょう。しかし、ビジネスローンのような「事業融資」については、総量規制の関係上、年収の3分の1を超えても(原則)新たな契約が申し込めます。

 

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)貸付けの契約には「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類があります。その中で、総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」のみであって、法人向けの貸付けと保証、また個人向けであっても個人向け保証については総量規制の対象にはなりません。

参考:総量規制とは(日本貸金業協会公式サイトより)

 

また、ビジネクストの「ビジネスローン」同様、総量規制対象外の資金調達法としては、手形割引やファクタリングなどの方法もあります。例えば、ビジネスローンと合わせて、売掛債権が即現金化できるファクタリングサービスを利用すれば、どちらも「総量規制外の方法」なので無理なく、必要な資金が調達できます。

 

ビジネクストのローンを含め、これからビジネスローンを利用される方は『ビジネスローン+ファクタリング』を上手に併用し、会社の資金繰りを早期改善しておきましょう。

 

▊ ビジネクスト・ビジネスローンのデメリットは?

 

ビジネクストビジネスローンのデメリットは、扱うローンの種類が多く、親会社アイフル「ビジネスローン」との比較が難しい点です。もし、アイフルとビジネクストでお悩みの方は、本記事前半にある「アイフルとビジネクストの比較」を参考にしてください。一見、似たような貸し付け条件ですが、実質年率や融資の上限額はそれぞれ異なります。

 

またビジネクストでは、アイフルのような「おためし審査」サービスがありません。このため、審査に通るかどうかは仮審査を受けて判断するしかありません。ビジネクストの審査が不安という方は、一本に絞るのでは無く、他の資金調達方法を併用すると良いでしょう。

 

例えば、ビジネスローンを申し込むのと同時に、自治体の助成金制度や日本政策金融公庫の融資を利用したり、銀行の保証付き融資を利用するなど「いくつかの融資」を組み合わせておけば安心です。

 

また、融資だけでなく(前述の)ファクタリングサービス等を利用すれば、最短1日〜翌日には1,000万円もの資金調達が行えます。受験でも「滑り止め」を受けられる方は多いですが、事業資金の調達にも「安全な滑り止め」が必要です。審査に自信の無い方は、複数の方法を組み合わせて申し込んでおいてください。

 

参考記事①:【保存版】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツ!1000万円の借入申込の秘訣 

参考記事②:【保存版】信用保証協会から借入できる!あなたも融資審査を100%通す3つのコツ 

参考記事③:経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説! 

 

ビジネクストでの資金調達をお急ぎの方は、今すぐ以下のリンクをクリックしてみてください。フォームでの申込みはカンタンで「わずか10分程度」で完結します。

 

 

▊ ビジネクスト「ビジネスローン」申込の流れ

 

次に、ビジネクストビジネスローンの申込から融資までの流れについて説明します。

 

ビジネクスト(申込の流れ)

ビジネスローン審査を通す3つのポイント|ビジネクスト株式会社の評判・口コミ

 

ビジネクストビジネスローンは『5つのステップ』で、初めての方でもカンタンに申込が完結します。ホームページの申込から、融資までは「最短3営業日」となっています。

 

例えば、月曜日の朝に申込をすれば、最短水曜日の午後か木曜日の朝には、必要な資金が受け取れる仕組みです(※ ただし、土日や祝日を挟む場合は、翌営業日に持ち越される)。

 

ビジネクストビジネスローン「申込の流れ」
STEP1:ホームページから申込をする
STEP2:仮審査の実施
STEP3:仮審査の結果が出た後、必要書類をFAXまたは郵送で提出する
STEP4:本審査の実施
STEP5:審査可決後に契約を交わし、いよいよ融資の実施!

 

STEP1〜5について、順に説明しましょう。

 

STEP1:ホームページから申込をする

 

ビジネクストのローンは来店不要で手続きが行えます。親会社アイフルの審査ノウハウを生かして「スピーディーに手続き」が行われます。まずは、パソコンかスマートフォンから申込をしましょう。

ビジネクストビジネスローン(申込の流れ①)

ビジネスローン審査を通す3つのポイント|ビジネクスト株式会社の評判・口コミ

画像:ビジネクストビジネスローン(申込フォーム)より

 

「申込フォーム」には、利用するローンの名称、希望する金額のほか、資金の使途を入力します。

 

ビジネクストビジネスローン(申込の流れ②)

ビジネスローン審査を通す3つのポイント|ビジネクスト株式会社の評判・口コミ

画像:ビジネクストビジネスローン(申込フォーム)より

 

次に、申込者の氏名や生年月日、住所、電話番号等を記入しましょう。

 

ビジネクストビジネスローン(申込の流れ③)画像:ビジネクストビジネスローン(申込フォーム)より

 

最後に会社名や所在地、電話、創業年、年商、税込み年収などを記入します。以上の内容で「申込内容」に間違いが無ければ、そのまま仮審査が実施されます。

 

STEP2:仮審査の実施

 

仮審査の結果は(審査が混み合っていなければ)当日〜翌営業日には「電話通知」が行われます。

 

STEP3:仮審査の結果が出た後、必要書類をFAXまたは郵送で提出する

 

仮審査が通過したら、ビジネクストが指定する必要書類をFAXか郵送で提出します。郵送の場合は速達でも時間が掛かるので、できればFAXで送るようにしてください。本記事の前半部分でも説明した通り、本審査には以下の書類が必要になります。

 

個人事業主の場合・・・本人確認書類、確定申告書原則2年分のいずれか一通(コピー
法人の場合・・・代表者の本人確認書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)、決算書原則2期分のいずれか一通(コピー)

 

これらの書類は、審査を受ける前に用意しておけば、手続きが早く済むので便利です。事業資金の調達をお考えの方は、なるべく早めに準備を始めておいてください。

 

STEP4:本審査の実施

 

全ての書類が揃うと、審査は「3営業日」かけて実施されます。ただし、審査が混み合う時期には3〜5営業日ほど時間が掛かる事もあるので、できるだけ時間に余裕を持って申し込まれることをおすすめします。

 

STEP5:審査可決後に契約を交わし、いよいよ融資の実施!

 

本審査が可決されれば、仮審査同様電話にて通知が行われます。ここでローンの契約書を結べば、晴れて「事業融資の実施」となります。

 

後はビジネクストが指定する方法で資金を受け取ってください。なお、審査結果はメールや郵送では通知されないので、必ず電話が出られるようにしておきましょう。

 

参考:ビジネクスト「ビジネスローン」商品の説明より

 

ビジネクストでの資金調達をお急ぎの方は、今すぐ以下のリンクをクリックしてみてください。フォームでの申込みはカンタンで「わずか10分程度」で完結します。

 

 

▊ ビジネクスト・事業計画書・資金繰り表の書き方について

 

ビジネクストでは、審査の内容によって事業計画書や資金繰り表を書くよう求められることがあります。

 

事業計画書・資金繰り表について

弊社のご融資に伴う審査で事業計画書・資金繰り表が必要な場合がございます。お手数をお掛け致しますが以下の項目をダウンロード後に入力・プリントアウト後に捺印していただき弊社へ郵送もしくはFAXをお願致します。

出典:ビジネクスト公式サイト「事業計画書について」

 

審査で「事業計画書や資金繰り表」が必要になった方は、以下の様なフォーム(参考)に必要事項を記入してください。

 

① ビジネクスト・事業内容確認書の例(エクセル)

事業内容確認書

ビジネスローン審査を通す3つのポイント|ビジネクスト株式会社の評判・口コミ

 

② ビジネクスト・資金繰り表の例(エクセル)

資金繰り表

 

書式はエクセルファイルで用意されています。事業計画書や資金繰り表は、以下のページからダウンロードをしてください。

 

参考:事業計画書・資金繰り表について(ビジネクスト公式サイト)

 

▊ ビジネクストビジネスローンで、審査を通す3つのコツ

 

いよいよ、本記事で最も重要なテーマ「ビジネクスト」の審査を通す3つのコツについて説明します。ビジネクストの審査は非常に簡単です。コツさえ掴んでいれば、業歴が短い方や経営状態に自信が無い方でも、高い確率で「審査可決」が狙えます。

 

ビジネクスト(ビジネスローン)で、審査を通す3つのコツ
① 審査の傾向、貸し付け条件を先に調べておく
② 借り入れ金の「使途」を明確にしておく
③ ネットから申込をした後、担当者と細かな打ち合わせをする

 

①〜③について、以下で詳しく見ていきましょう。

 

① 審査の傾向、貸し付け条件を先に調べておく

 

ビジネクストの審査は、銀行や消費者金融よりも「審査が通過しやすい」と言われています。具体的な審査基準は明かされていませんが、利用者の声を参考にすると「赤字決算でも融資が受けられた」という声や、税金の滞納があっても親身になって「融資できる方法を考えてくれた」という声を耳にします。

 

また実際に、ビジネクスト株式会社の公式サイトを確認すると「ご提出いただいた書類に基づき当社所定の審査を行い、本審査結果をご連絡します」と説明しています。ビジネクストは独自審査の審査を行っており、銀行や一般の消費者金融とは違った視点で「経営者に返済能力があるのか」判断していると言います。

 

ビジネクスト株式会社では、同じビジネスローンでも一般のビジネスローンのほか、カードローンや不動産担保融資など、多彩な融資商品を扱っています。それぞれの融資によって、利用限度額や申込条件は変わってきます。まずは「どのローンが自分に向いているのか」確認してから、申込手続きを進めてみてください。

 

※ ビジネクストビジネスローンの「貸し付け条件」については、本記事前半の「ローン詳細」を参考にしてください。

 

② 借り入れ金の「使途」を明確にしておく

 

ビジネクストに限らず、事業融資をスムーズに調達するには「使途を明確にする」ことです。お金を貸す側は必ず「資金を何に使うのか」細かな部分まで精査します。ここで借り入れ金の使途が曖昧だと「お金の管理がなっていない」と誤解されたり「経営者として信頼できない人物だ」と誤解される可能性があります…。

 

審査を素早く通すためにも、書類の作成には矛盾が無いようにしてください。また、どのような目的で使用するのか使途を明確にし、返済計画についても正確な数字を出して「相手を安心させる」材料作りが、審査結果を大きく左右します。

 

③ ネットから申込をした後、担当者と細かな打ち合わせをする

 

インターネットから申込をした後は、ビジネクストの担当者と「今後について」細かな打ち合わせをしましょう。ここでの「今後」とは、融資を受けた後、どのように返済していくのか「事業計画」を元に打ち合わせをすることです。

 

ビジネクストでは、インターネットから申込をした後、簡単な仮審査を実施します。その後、本審査に向けて「必要事項」などを書類に記入し、ビジネクスト独自の基準で審査が実施されます。

 

もし決算の状況など気になることがあれば、ローンの申込後(仮審査の後で)ビジネクストの担当者に相談されると良いでしょう。

 

ビジネクストでの資金調達をお急ぎの方は、今すぐ以下のリンクをクリックしてみてください。フォームでの申込みはカンタンで「わずか10分程度」で完結します。

 

 

▊ ビジネクストについて「良くある質問」をまとめてみました

 

ここで、ビジネクスト「ビジネスローン」について『良くある質問』をまとめてみました。

 

質問① 本当に赤字決済でも融資が受けられるの?

 

【回答】 ビジネクストは赤字決算だけを見て審査を行うのでは無く、企業の将来性も含めてトータルで審査を行います。不安な方は、ネット審査の申込後に「経営状況」の詳しい内容をビジネクストに相談してみてください。

 

質問② 業歴が浅くても審査が受けられるのか?

 

【回答】 業歴1年以上で、最新の決算書もしくは確定申告書があれば、業歴が浅い方でもビジネクストビジネスローンが利用できます。

 

質問③ 審査まで何日かかるの?

 

【回答】 申込から融資の実施までは、最短3営業日となっていますが、審査が混み合う時期や土日祝日を挟むと、3営業日以上の時間が掛かります。お急ぎの場合は、時間に余裕を持って行動するほか、手続きが早い「ネット申込」を利用しましょう。

 

質問④ 来店なしで融資が受けられるのか?

 

【回答】 来店不要で申込ができます。ただ、本審査や契約に関する書類は、FAXまたは郵送で提出する必要があります。

 

質問⑤ 審査結果は、どうやって分かるの?

 

【回答】 審査結果は必ず、電話にて通知されます。郵送やメールでは通知が行われないので注意しましょう。もし、日中忙しい場合はあらかじめ「何時〜何時までは都合が良い」と予定を(ビジネクスト側に)伝えておけば安心です。審査が速く済ませられるよう、電話は出来るだけ早めに受け取るようにしてください。

 

▊ ビジネクスト・ビジネスローンの口コミ評価は?

 

次に、ビジネクスト利用者の「口コミ評価」を見てみましょう。ビジネスローンを賢く利用するには、利用者の声を聞くのが一番です。ここでは、ネット上の口コミを元に『ユーザーの満足度』もまとめておきました。

 

利用者の口コミ① 個人事業主(20代)男性

 

【ビジネクストの感想】 ビジネクストを利用するのは初めてです。実は、以前アイフルの事業融資を利用していたのですが、たまたま(アイフル公式サイト)のバナーから、ビジネクストのことを知りました。ビジネクストは、アイフルよりも「ビジネスに強い」ローン会社という印象です。

 

私の会社はそれ程業績が良くないのですが…ビジネクストの担当者さんは丁寧に話を聞いてくださり、資金の融資はもちろん、今後の経営アドバイスについても有益な話が聞けました。経営上の不安もいろいろ相談できるのは何かと心強いですね。

 

利用者①の「ビジネクスト」満足度

満足度

★★★★★★★★★☆

(とても満足している)

審査の速さ 速かった
融資の大きさ 150万円調達できたので満足している
利息について ノンバンクなので、妥当な利率だと思います

 

利用者の口コミ例② 経営者(30代)女性

 

【ビジネクストの感想】 設立3年目の会社経営者です。今回、仕入れの資金をビジネクストで借り入れしました。当初は少なめの金額で希望していたのですが、経営状況を高く評価して頂き、希望額以上の融資が受けられたのでうれしかったです。また来店不要だったので、ネット手続きだけで済んだのも便利でした。また資金が不足したら継続利用したいと思います。

 

利用者②の「ビジネクスト」満足度

満足度

★★★★★★★☆☆☆

(満足している)

審査の速さ もう少し速ければ、さらに満足していたと思います。
融資の大きさ 希望額以上の融資が受けられました。
利息について 担保なしなので、こんなものかな…と思います。

 

利用者の口コミ例③ 中小企業経営者(40代)男性

 

【ビジネクストの感想】 仕入れなどの運転資金が足りなくなり、ビジネクストのカードローンを利用しました。アイフルは知っていたのですが、事業資金専門の子会社があったのですね。申込から審査結果がでるのも速かったですし、融資も申込から4日目には受け取れたので大変助かりました。

 

また今回はカードローンを利用したのですが、最寄りのATMが利用できるなど、キャッシングには便利なサービスだと思います。

 

利用者③の「ビジネクスト」満足度

満足度

★★★★★★★★★☆

(大変満足している)

審査の速さ 自分的には、速かったと思います。
融資の大きさ カードローンなのでやや少なめですが、目的にあった使い方が出来ています。
利息について 銀行のように、もう少し低ければ助かります。

 

みなさんもユーザーの口コミを読み解き、ビジネクストが「どのようなローンなのか」を知る参考にしてください。

 

▊ ビジネクスト(ビジネスローン)を利用する際、注意したいポイント

 

ここでは、ビジネクストを利用する際「注意したいポイント」をまとめておきます。

 

ビジネクストの利用で注意したいポイント3つ!
① ローン毎に貸し付け条件が大きく異なる
② 不動産担保融資は、返済年数が指定できない
③ 一括返済は違約金が発生することも…!

 

①〜③のポイントについて、順に説明します。

 

① ローン毎に貸し付け条件が大きく異なる

 

本記事の前半でも取り上げた通り、ビジネクストでは無担保ローン、不動産担保融資ローン、医療機関向けローンなど多彩な融資商品が揃っています。しかし、各ローンの特徴を知らなければ「どれが自社にあっているのか判断が難しく」なります。

 

なお、ビジネクストのビジネスローンについては、本記事の前半を参照してください。その他のサービスと融資については、本記事の後半で解説します。

 

② 不動産担保融資は、返済年数が指定できない

 

残念ながら、不動産担保融資については以下の通り、返済年数が指定できません。

 

最長30年とあるがこちらで指定できるのか?

返済年数の指定はできませんが、お客様の年齢、希望金額を考慮し、返済年数(回数)を決定させていただきます。

ビジネクスト公式サイト「良くある質問」より

 

このため、自ら返済を立てにくいのがネックと言えます。返済回数や年数は融資結果を見るか、担当者に質問をして「どのくらいの年数になるのか」目安を立てておきましょう。

 

③ 一括返済は違約金が発生することも…!

 

ビジネクストのローンで注意したいのは、一部の融資は「一括返済」に違約金が掛かる可能性があります。全てのローンではありませんが、一括返済を希望する場合は先に、ビジネクストの融資担当者に相談(※ 違約金が発生しないかどうか確認をする等)し、返済手続きを行ってください。

 

可能です。但し、ビジネスローンにつきましてはお客様との手続きが必要となりますので、営業担当者へご相談ください。

出典:ビジネクスト「ビジネスローン・よくある質問」より抜粋

 

また、同じビジネスローンでも「ビジネスパートナー株式会社」のローンは、一括返済の手数料が無料で済みます。ビジネスパートナーについては以下の記事が参考になります。

 

参考記事:ビジネスパートナー(ビジネスローン)の評判・口コミ!審査を通す3つのポイント

 

▊ 補足:ビジネクスト「その他サービス」

 

本記事では主に、ビジネクストのビジネスローンや親会社アイフルのローンについて説明しました。最後に「補足」として、ビジネクストで利用できる全サービスをまとめておきます。

 

ビジネクストで利用できる「全サービス」

① 事業者ローン ビジネクストの一番人気ビジネスローンの名称。
② 不動産担保ローン 不動産を担保に融資を受けるビジネスローンで、ビジネスローンとカードローンの二種類が選択できる。
③ 売掛債権ファクタリング 売掛債権を現金化するサービスです。最高1億円まで対応しており、原則「売り掛け先の経営状況」をもとに審査が実施されます。
④ 法人クレジットカード 法人向けに発行されるクレジットカードで、国際ブランドVISAと提携しています。事業に必要な費用が決済できるなど利便性が高い。
⑤ 振込代行サービス 振込を代行してくれるサービスで、資金を立替て振り込むサービスも同時に行っている。
⑥ 医療機関・介護事業者向けローン 最高5億円の融資が可能。診療報酬、調剤報酬、介護給付費を担保として、医療機関、調剤薬局、介護事業経営者向けに融資を行うサービス。

 

①〜⑥について、簡単に説明します。

 

① ビジネクスト事業者ローン

 

ビジネクスト事業者ローンの詳細は、本記事の前半を参照して下さい。

 

② ビジネクスト不動産担保ローン

 

ビジネクスト不動産担保融資ローンの詳細は、本記事の前半を参照して下さい。

 

③ ビジネクスト売掛債権ファクタリング

 

ビジネクスト売掛債権ファクタリングは、上限1億円まで、売掛債権を現金化するサービスです。

 

ビジネクスト売掛債権ファクタリング

ビジネスローン審査を通す3つのポイント|ビジネクスト株式会社の評判・口コミ

画像:ビジネクスト公式サイト「売掛債権ファクタリング」

 

なお、売掛債権ファクタリングについては以下の記事が参考になります。

 

参考記事:経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説! 

 

④ ビジネクスト法人クレジットカード

 

ビジネクストは、国際ブランドのVISAと提携を結び、事業者用クレジットカード(ビジネクスト法人クレジットカード)を発行しています。通常、法人や個人事業者が「ビジネス用クレジットカード」を取得するのは(審査のハードルが高いなど)至難の業です。しかし、ビジネクストの場合は審査の基準が緩やかなので、申込のハードルも低く「誰でもカンタンに取得できる」というメリットがあります。

ビジネクストの法人クレジットカード(VISA)画像:ビジネクスト法人クレジットカード

 

ビジネス用のクレジットカードは、事業に必要な決済できるなど資金管理がしやすく経営者の間で人気です。また、VISAは国内だけでなく海外でも利用できるので、旅行や出張先でもカード決済が行えます。年会費も無料なので、会社を設立された方は申し込んでおいて損は無いでしょう。

 

参考:ビジネクスト法人クレジットカード公式サイト

 

⑤ ビジネクスト振込代行サービス

 

ビジネクスト振込代行サービスは、ビジネスで必要な「振込作業」をビジネクストが一括代行するサービスです。このほか「立替振込代行サービス」は、ビジネクストが一旦振込金額を立替えて、後日精算してくれる便利なサービスです。一時的に費用を立て替えれば、キャッシュフローの改善にも役立つでしょう。

 

ビジネクスト振込代行サービス

ビジネスローン審査を通す3つのポイント|ビジネクスト株式会社の評判・口コミ

画像:ビジネクスト振込代行サービスより

 

ただし、振込に関しては10件〜20件といった少数取引には対応していません。大量の振込を必要とする企業、経営者の方のみ利用してください。

 

参考:ビジネクスト振込代行サービス

 

⑥ ビジネクスト医療機関・介護事業者向けローン(名称:大きな安心、医風堂々)

 

「大きな安心、医風堂々」は、ビジネクストの中では、唯一医療機関・介護事業者向けのサービスです。最高5億円の融資が可能で、診療報酬・調剤報酬・介護給付費を担保として融資が受けられます。

 

診療報酬担保のメリット

保証料・契約時手数料のご負担はございません。月々の計画的なご返済が可能です。
お支払は、弊社が譲り受けた担保からご返済いただくのでお手間がかかりません。

出典:ビジネクストの診療報酬担保

 

医療機関で働く方、医師、病院を経営されている方にオススメのサービスです。

 

参考:ビジネクストの診療報酬担保

 

▊ ビジネクストと比較されやすい他社ビジネスローン

 

最後に、ビジネクストと比較されやすいビジネスローンを一覧にまとめておきます。

 

ローン名 特徴
・ スモールビジネスローン ビジネスパートナー 大手企業から指示される総合金融業者、株式会社ビジネスパートナーのビジネスローン。 事業目的であれば使途自由なので、運転資金やつなぎ融資として活用できる。融資枠は最高500万円まで、実質年率は9.98% 〜 18.0%。
・ オリックスVIPローンカードBUSINESS オリックス・クレジット株式会社 2016年の冬に完全リニューアルしたオリックス・クレジット株式会社の新しいビジネスローン。最高500万円まで融資が受けられる上に、実質年率は6.0%〜と業界トップクラスの低金利が魅力。個人事業者の間で人気が高い。
・ VIPローンカード/事業コース・・・(セゾンファンデックス/クレディセゾングループ) セゾンカードでおなじみクレディセゾンの事業用カードローン。融資額は1万円から最高500万円まで、年利も6.5~17.8%と借りやすい条件で利用者は多い。
・ ビジネスエール500(日本保証) 事業融資で信頼の厚い日本保証が用意するビジネスローン。最高500万円まで、年率 9.8%~18.0%で個人事業者〜中小企業を中心に事業融資を行う。
ビジネスサポートカードローン アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ) 銀行系カードローンの中で人気が高いアコムのリリースする事業資金専用ローン。銀行に近い金利で融資が受けられるなどメリットは多い。
・ 自営者カードローン プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス) カードローン「プロミス」がリリースする個人事業者を対象にしたビジネスローン。事業融資だけでなく、プライベートな資金(生計費)にも併用できる珍しいローン。 融資は最大で300万円まで。実質年率は6.3%~17.8%と銀行レベルの低金利で利用者を増やしている。
・ 楽天スーパービジネスローン 楽天カード 楽天カードが発行する個人事業者を対象にしたカードローン。ただし、楽天市場出店者(企業)しか利用できないのが最大のネック。
・ CREST for Biz(個人事業者専用ローン)オリコ クレジットカードでもおなじみのオリコが発行する個人事業主専用のビジネスローン。 融資額は最高300万円まで。実質年率は6.0%~18.0%と使いやすい貸し付け条件を設けている。
・ 法人&個人事業主専用証書型ローン「ビジネスサポートプラン」 オリコ オリコが発行する個人事業主と法人を対象にしたビジネスローン。証書貸付タイプは100万円から最高1,000万円までと大口融資にも対応している。実質年率は6.0%~15.0%
・ 個人事業者専用ローン/ビジネスプラン(アプラス) アプラスが発行するビジネスローン。融資枠は10万円から最高200万円までと小口融資に特化している。実質年率は14.40%~16.80%とやや高めだが、決算書が要らないなどの借りやすさで人気がある。

 

このほか2016年〜2017年度以降も人気が高く、利用者の増加が見込まれるビジネスローンについて、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ、本記事と合わせて参考にしてみてください。

 

参考記事:【保存版】ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット

 

▊ まとめ・ビジネクストビジネスローンは、経営者の評価が高い!

 

本記事で解説したとおり、ビジネクストビジネスローンは、経営者の評価が高く「使い勝手が良い」ローンであることが良く分かりました。会社の資金繰りでお困りの方は、気軽に借りられるビジネクストビジネスローンを利用してみましょう。

 

資金繰りの問題を早い段階で解決しておけば、資金ショートを起こす前に「安定した方法」へと舵が切れるので安心です。また、資金調達の方法や審査に不安を感じる方は「ビジネスローン」と併用して、銀行の保障付き融資や政策金融公庫の融資、最短1日で売掛金の現金化が行える「ファクタリング」を申し込んでみてください。

 

複数の資金調達方法を「万が一の滑り止め」として用意しておくのは、経営者として正しい判断と言えます。ぜひ本記事を参考に、必要な資金を手に入れてください!

 

ビジネクストでの資金調達をお急ぎの方は、今すぐ以下のリンクをクリックしてみてください。フォームでの申込みはカンタンで「わずか10分程度」で完結します。

 

 

 

本記事と合わせて読みたい参考記事

【保存版】ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット

・  ビジネスパートナー(ビジネスローン)の評判・口コミ!審査を通す3つのポイント

【保存版】ネット銀行人気40行総まとめ!ビジネスローンが利用できる銀行 

おまとめローン20選!100万円以上の借金返済をラクにする借り換え専用カードローンまとめ

ビジネスローン100%審査ガイド。事業資金借入6つのコツ 

オリックスVIPローンカードBUSINESSの評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント 

信用保証協会で「融資を受ける」メリット・デメリット総まとめ

事業融資に影響を与える「起業ビジネスプランコンテスト」参加マニュアル 

【保存版】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツ!1000万円の借入申込の秘訣 

ノンバンク融資を味方に付けて、事業資金を確保する6つのメリット 

【完全版】銀行融資最大の難関「銀行格付け」の仕組みを徹底調査! 

・ ビジネクスト「ビジネスローン」

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 07/20 01:22
    無料診断がされました。
  • 07/19 23:39
    無料診断がされました。
  • 07/19 23:04
    無料診断がされました。
  • 07/19 22:54
    無料診断がされました。
  • 07/19 21:14
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

事業者ローンの関連記事(44件)

1 2 3 4 5 9

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全448件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる