ビジネスローンとは?ビジネスローン(事業融資)がおすすめの理由

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/7/27

ビジネスローンとは, ビジネスローンおすすめ

 

ビジネスローンとはどのような融資商品なのでしょうか。ここでは【保存版】として、ビジネスローンとは何か。ビジネスローン(事業融資)がおすすめの理由について詳しく解説します。

 

著者情報|資金調達プロ

 

なお 法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

ビジネスローンとは?

 

ビジネスローンは、ビジネスのための資金調達に特化したクレジット商品です。申し込みができるのは、ビジネスオーナーや個人事業主のみで、ビジネスを営んでいない個人は申し込みできません。

 

ビジネスローンで借りたお金は、新規事業の立ち上げ、工場や設備への投資、運転資金、顧客への支払いなど、ビジネスの目的に使用することができます。ビジネスローンは、銀行、信販会社、消費者金融会社などが提供しており、融資基準、金利、与信限度額などは提供者によって異なります。

ビジネスローンの審査は通りやすい?甘いってホント?

 

ビジネスローンは通りやすい、審査が甘いという意見もありますが、他のローンと同じく厳正に審査が実施されます。

 

ただし、ビジネスローンの独自審査は、銀行ローンに比べて甘いとされています。その理由の一つとして、ビジネスローンは銀行ローンよりも金利が高いことが挙げられます。金利が低いということは、利息収入が少ないということであり、ローン不履行の際のリスクカバーが少ないということですよね。

 

ビジネスローン審査が甘いという噂が広まったのは、消費者金融会社がビジネスローン市場に参入していることが原因です。

 

ビジネスローンとは、もともと銀行が企業向けに発行していた事業者ローンの総称ですが、日本の企業は中小・零細企業が多いため、より小口のローン商品が求められていました。結果審査難易度が比較的甘い「中小企業事業向けビジネスローン」が広まる結果となりました。

 

とはいえビジネスローンの審査も、一般のカードローン審査も同じように「申込者の信用情報」を元に審査の可否が決定されます。

 

ビジネスローン 独自審査

 

ビジネスローンでは、一般的なフリーローンとは異なる基準で審査を実施しています。なおビジネスローンの独自審査は、以下の記事にて詳しく解説しています。

 

 

ビジネスローンは個人事業主も利用OK!

 

「ビジネスローン=企業向け融資」というイメージも強いのですが、最近のビジネスローンは、個人事業主やフリーランスの方も利用できます。また生計費と事業費の使途が認められているビジネスローンもあり、資金繰りの改善におすすめです。

 

 

法人におすすめのビジネスローン

 

法人におすすめのビジネスローンを3社紹介します。

 

アイフルビジネスファイナンス

 

アイフルのビジネスローン「ビジネスファイナンス」は、シンプルな申込方法と使い勝手の良さから、個人事業主や経営者に人気のあるビジネスローンです。

アイフルビジネスファイナンスはビジネスローン専門の金融機関です。アイフルビジネスファイナンスでは、ビジネスローンのほか、医療機関向けローン、アイフルビジネスファイナンスのカードローン、売掛債権ファクタリング(売掛債権の買取)、銀行振込サービスなどを行っています。
アイフルビジネスファイナンス株式会社の「ビジネスローン」は、経営者の間で「口コミで評価されている」ことで知られています。事業拡大時、決算時、まとまった資金が必要な時、つなぎ資金として利用でき、平均「最短3営業日」での提供が可能です。

 

 

アイフルビジネスファイナンスビジネスローンの融資条件

融資対象者 法人または個人事業主 ※お申込時年齢 満20歳~満69歳まで
融資額 50万円~1,000万円
契約利率(実質年率) 3.1%~18.0%
担保 不要
保証人 原則不要 ※ただし、法人の場合は代表者様に原則、連帯保証をお願いします。
返済方式および返済期間・回数 元利均等返済:最長5年(60回以内)
元金一括返済:最長1年(12回以内)
遅延損害金(実質年率) 20.0%
必要書類 <法人>
・代表者ご本人様を確認する書類
・決算書
※その他必要に応じた書類
<個人事業主>
・ご本人様を確認する書類
・確定申告書
・当社所定の事業内容確認書
※その他必要に応じた書類
契約時締結費用 印紙代(実費)

 

ビジネスローン アイフルビジネスファイナンスのお申込はこちら(10分でカンタン)

 

MRF(エムアールエフ)

 

MRFのビジネスローンは、融資限度額(最大3億円)や金利(最低4%)など、魅力的な条件が揃っています。仮審査は24時間以内に行われるため、スピード感も他社と遜色ありません。株式会社エム・アール・エフが提供するビジネスローンです。 営業エリアは西日本に限られますが、エリア内であれば営業担当者が直接伺い融資について手続きを進めてくれます。

 

長期間元金据置プランの場合

借入限度額 100万円~3億円
お利息(契約年率) 4.00%~9.90%
実質年率 15.00%以内
事務手数料 融資金額の3.00%+税
資金使途 事業性資金
必要書類(申込時)
  • 運転免許証、健康保険証等ご本人を証明するもの2点
  • 不動産登記簿謄本
  • 公的な営業許可証又は届出書
  • 事業実績を証する書類[決算書・青色申告書・確定申告書・納税証明書、資金繰り表又は事業計画等の書類など]
  • 残高証明書(または返済予定表と引落通帳)
必要書類(契約時)
  • 権利証
  • 実印
  • 印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)
返済方式及び期間(回数) 元金据置一括返済:3年以内(1回~36回) ※最長15年まで更新可能です。更新時は、返済期間更新手数料(借入残高の3.00%+税)が必要となります。 ※毎月約定日にお利息のお支払いが必要です。元金は期限日に全額ご返済となります。
遅延損害金(年率) 20.00%
解約違約金 期限前償還等を行う場合、残元金に対して3.00%の違約金が必要となります。
担保 土地・建物に根抵当権設定
保証人 連帯保証人原則不要 ※法人企業は、代表者の連帯保証が必要な場合があります。
登記費用 登記設定費用、抹消費用はお客様負担となります。
要審査 お客様や担保物件により、必要書類が異なる場合がございます。 詳しくは営業担当者にお問合せ下さい。

 

参考リンク:MRF(公式サイト)

 

スモールビジネスローン ビジネスパートナー

 

スモールビジネスローン」は、株式会社ビジネスパートナーのビジネスローン商品です。スモールビジネスローン」は、法人・個人事業主が対象で、年利は9.98%~18.0%、融資額は50万円~最高500万円です。

 

株式会社ビジネスパートナーでは、不動産担保ローン(1億円までの融資が可能)、分割払いローン(ご希望の物件を分割して購入できるサービス)、ファイナンスリース(設備投資のためのリース)を取り扱っています。スモールビジネスローンの利点は、担保や保証人が必要ないことです。ただし、会社の場合に限り、会社の代表者が保証人になることが求められます。

 

ビジネスパートナービジネスローンの詳細

融資対象
法人様又は個人事業主様
申込時の年齢
満20歳 〜 満69歳まで
融資限度額
50万円 〜 500万円
ご利用方法
限度額の範囲内で繰り返しご利用頂けます
利息(実質年率)
9.98% 〜 18.0%
遅延損害金(実質年率)
20.0%
担保
不要
繰り上げ返済
可能(繰上返済手数料不要)
保証人
原則不要(但し、法人の場合は代表者の連帯保証が必要)
返済方式及び返済期間・回数 内容
必要書類
借入時残高スライド元金定額リボルビング返済:最長5年(60回以内)
契約締結費用
【法人】・代表者様の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)
・発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの)
・発行後3ヶ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等【個人事業主】・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの)
・発行後3ヶ月以内のもの
・確定申告書(原則 直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等
・契約締結費用
・印紙代(実費)

 

公式サイト:スモールビジネスローン ビジネスパートナー

 

その他、法人におすすめのビジネスローンは、以下の記事にて詳しく解説しています。

 

 

なお 法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

ビジネスローンは即日利用できない?

 

ビジネスローンは即日利用に対応しておらず、最短でも申し込みの翌日〜平均三営業日程の時間がかかります。ビジネスローンだけでなく、銀行ローンも即日融資には対応していません。

 

 

即日融資を希望する場合は、申し込みの当日中に融資が受けられるローン会社の「フリーキャッシング」を利用しましょう。

 

 

楽天ビジネスローンとは?

 

楽天グループも、個人事業主やフリーランス、中小企業事業におすすめの「ビジネスローン」を提供しています。楽天スーパービジネスローンは楽天市場に出店している事業者であれば、申し込みに必要な複雑な手続き(必要書類の準備や事前審査など)が大幅に簡略化されています。

 

楽天スーパービジネスローンエクスプレスの審査は難しくありません。以前から楽天と取引のある企業向けのビジネスローンであり、全く取引のない相手に融資を申し込むわけではないので、楽天側もサポートする体制が整っています。

 

 

ビジネスローン金利の平均は?

 

ビジネスローン金利は、利用する金融機関、ローン会社によって異なります。一般的には銀行>信販会社>ローン会社の順番に、借入の金利(利息)は高くなります。銀行ローンは一般的に低金利で「信頼性の高さ」で人気があります。

 

さらに国が出資する金融機関の日本政策金融公庫であれば、さらに定額で事業資金が調達できます。日本政策金融公庫の融資制度や利息は、以下の記事を参考にしてください。

 

 

ビジネスローンは総量規制の対象外

 

日本では、個人が返済能力を超えた借り入れをしないように、「総量規制」というルールがあり、貸金業者からの借り入れは年収の3分の1を超えてはならないとされています。このルールにより、消費者金融やクレジットカード会社、消費者金融からの借り入れは、年収の3分の1を超えてはならないことになっています。

 

総量規制とは?

1990年3月27日、大蔵省銀行局の土田正明局長から全国の金融機関に向けて通達が出された。その目的は、投機的な熱を冷ますために、土地取引のための融資の増加を抑制することだった。

財務省銀行局長の指示は、不動産取引向け融資の伸び率を総融資額の伸び率以下に抑えるというものだった。この政策の目的は、不動産価格の過度な上昇を抑制することにあった。

銀行は総量規制の対象外だが、同様の規制を課す内規を設けていることが多く、個人向けローンの上限額は年収の3分の1であることが多いですが、ビジネスローンはその例外で、年収の3分の1以上の資金を調達することができます。

 

ビジネスローンおすすめランキング

 

ビジネスローンのランキングは、以下の記事で詳しく紹介しています。全35種類のビジネスローンを紹介しているので、個人事業主やフリーランスの方、中小企業事業経営者の方におすすめです!

 

 

ビジネスローンのメリット・デメリット

 

ビジネスローンのメリットとデメリットをご存じでしょうか。ビジネスローンを活用する際にはぜひとも押さえておきたい内容の一つです。

ビジネスローンのメリットデメリットに関する内容は下記の記事で解説しています。特徴をより深く理解したい方はぜひご覧ください。

 

 

まとめ|ビジネスローンで事業資金を調達しよう!

 

ビジネスローンで事業資金を調達しよう

 

なお、法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • f****l様が
    1000万円を調達しました。

  • a******o様が
    200万円を調達しました。

  • q*****t様が
    1100万円を調達しました。

  • t**g様が
    300万円を調達しました。

  • j******y様が
    300万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング