信用金庫のメリット・デメリット!銀行との違いや審査基準とおすすめな人

荒井美亜
荒井美亜
更新日2023/5/10
PR

信用金庫 メリット デメリット

信用金庫と銀行は何が違うの?

銀行で借りられなくても信用金庫ならOKってホント?

この記事では、上記のような疑問や悩みを解決します。

信用金庫とは
信用金庫とは、信用金庫法という法律に基づき、預金や融資の業務を行う金融機関を指します。

日本全国にさまざまな信用金庫があるため、一度も見たことがないという人は少数派のはずです。

しかし、銀行と何が違うのか、利用にあたっては何に注意すべきかをしっかり理解してください。

今回は、信用金庫と銀行の違いやメリット・デメリット、融資を受ける際の審査に通るための工夫について解説します。

信用金庫のメリット・デメリットをざっくり言うと...
  • 信用金庫とは、預貯金を取り扱う金融機関の一種で、店舗の数は250を超える
  • 信用金庫と銀行には法律・出資者・組織としての目的・営業地域・サービス利用の制限で違いがある
  • 信用金庫のメリットには金利優遇、専用ローンの利用や中小企業・個人事業主でも利用できる、貸し渋りや貸し剥がしの可能性が低いなどがあげられる
  • 信用金庫のデメリットには利用者・対象地域が限定されている点や銀行・メガバンクと比較して融資限度額は低く金利が少し高い、店舗が少ない・ATMによっては手数料がかかるなどがある
  • 信用金庫から融資審査では資金の使い道や返済能力、経営者や事業に対する強み・信用度が基準となる
  • 信用金庫をおすすめできる人の特徴は銀行融資に落ちてしまった人や中小企業・個人事業主が向いている

5分もあれば理解できる内容になっているので、これから信用金庫を利用したい方はぜひ参考にしてください。

信用金庫以外の資金調達にはファクタリングもおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

ファクタリングだけでは資金調達できない!という方はAGビジネスサポートなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能 です。

AGビジネスサポート

信用金庫とは?

信用金庫 メリット とは信用金庫とは、預貯金を取り扱う金融機関の一種です。

MEMO
2023年1月31日現在、日本にある信用金庫の数は250を超えています。

これだけあれば、ほとんどの人が信用金庫の店舗を見たことがあるはずと言っても過言ではありません。

しかし、銀行の業務である預金・貸付・為替は信用金庫でも扱っているため、いまいち違いがわかりにくいのも事実です。

ここでは、信用金庫と銀行の違いについて、詳しく解説します。

信用金庫と銀行の違い

信用金庫と銀行の違いは主に以下の5点です。

信用金庫と銀行の違い
  • 根拠になる法律
  • 出資者
  • 組織としての目的
  • 営業地域
  • サービスの利用に関する制限

分かりやすくするため、表にまとめました。

項目 信用金庫 銀行
根拠になる法律 信用金庫法 銀行法
出資者 法人、個人などの会員 株主
組織としての目的 相互扶助を前提とする非営利法人として地域の中小企業・住民を支援する 営利法人として利益を追求する=儲けを出すことを目指す
営業エリア 狭め(同一・近隣都道府県内もしくは2~3の市区町村内など) 広め(複数の都道府県もしくは日本全国)
サービスの利用に関する制限 融資は会員のみが利用可能(会員以外でも利用できるケースもあり)、預金は会員でなくても利用できる 制限なし(ただし、自宅もしくは勤務先の近隣店舗でないと口座が開設できないなど一定の制約はある)

▼ 即日で1,000万円まで借入可能! ▼

信用金庫のメリット

信用金庫 メリット メリット信用金庫のメリットとして、以下の3点が指摘できます。

信用金庫のメリット
  • 会員になると金利優遇、専用ローンが利用できる
  • 中小企業・個人事業主でも利用しやすい
  • 貸し渋りや貸し剥がしの可能性が低い

それぞれについて、詳しく説明します。

信用金庫のメリット① 会員になると金利優遇、専用ローンが利用できる

信用金庫のメリットとして、 出資金を払って会員になると、金利の優遇が受けられたり、専用のローンが利用できたりする
点が挙げられます。

MEMO
相談に行く際は会員でなくても問題ない場合がほとんどですが、実際にサービスを利用する際は、会員になっておいたほうが無難です。

信用金庫のメリット② 中小企業・個人事業主でも利用しやすい

中小企業や個人事業主でも利用しやすいのも、信用金庫ならではのメリットです。

銀行から融資を受ける場合、営業年数の短い中小企業や個人事業主はかなり不利になります。

プロパー融資(銀行が独自に行う融資)の場合、過去2期分の決算書や登記簿謄本を求められることが多く、申込すらできないケースも珍しくありません。

また、営利企業である以上、融資を行っても会社としての儲けにならないと判断された場合は、審査に落ちてしまいます。

一方、 信用金庫は地域社会への貢献を目的とする非営利組織である以上、中小企業や個人事業主にも広く門戸を開いている
のが銀行との大きな違いです。

MEMO
融資に関しても、審査の際の面談で「地域社会への貢献につながる」と判断されれば、現時点で利益が出せていなくても審査に通る可能性は出てきます。

ただし、100%審査に通るわけではない点に注意してください。

信用金庫のメリット③ 貸し渋りや貸し剥がしの可能性が低い

貸し渋りや貸し剥がしの可能性が低い
のも、信用金庫のメリットとして指摘できます。

貸し渋りとは
貸し渋りとは、企業の財務・経営状況のよしあしに関わらず、金融機関が新規・継続融資に対し消極的になることを言います。
貸し剥がしとは
貸し剥がしとは、銀行等の金融機関が既に融資している資金を積極的に回収することです。

すでに触れた通り、信用金庫は出資者を含む地域社会への貢献を大きな目的として運営されています。

そのため、銀行に比べると、個々の事情を勘案した柔軟な対応をしてくれる信用金庫が多いのも実情です。

ただし、融資を実行・継続することで、信用金庫側の損失が膨れ上がると判断された場合はこの限りではありません。

▼ 即日で1,000万円まで借入可能! ▼

信用金庫のデメリット

信用金庫 メリット デメリット一方、信用金庫のデメリットとして以下の4つが指摘できます。

信用金庫のデメリット
  • 利用者・対象地域が限定されている
  • 銀行・メガバンクと比較して融資限度額は低い
  • 金利が若干高い
  • 店舗が少ない・ATMによっては手数料がかかる

信用金庫のデメリット① 利用者・対象地域が限定されている

信用金庫の特徴として「利用者・対象地域が限定されている」ことが挙げられます。

簡単に言うと、信用金庫の営業区域内に住んでいる人、勤めている人、自分が経営もしくは役員として参画している事業所がある人でないと、会員にはなれません。

MEMO
会員でなくても一部のサービスは利用できますが、すべてのサービスを使いたいなら会員になるのが大前提になります。

たとえば、横浜信用金庫の場合、以下の営業区域のいずれかに在住・在勤していないと会員にはなれません。

横浜信用金庫公式サイト

出典:営業地区|横浜信用金庫

さらに、以下のいずれかに当てはまる場合も、信用金庫の会員にはなれないので気を付けてください。

信用金庫の会員になれない具体的なケース
  • 個人事業者で常時使用する従業員数が300人を超える場合
  • 法人事業者で常時使用する従業員数が300人を超え、かつ資本金が9億円を超える場合

信用金庫のデメリット② 銀行・メガバンクと比較して融資限度額は低い

赤の太文字になります
銀行・メガバンクと比較して融資限度額は低い点が、信用金庫のデメリットです。

具体的な融資限度額は、信用金庫や銀行によって異なりますが、資本金の額の違いを考えると妥当です。

たとえば、横浜信用金庫の出資金とみずほ銀行の資本金を比べた場合、組織としての規模が大きく違うことがわかります。

横浜信用金庫の出資金(2022年3月31日現在) 17億4,300万円
みずほ銀行の資本金(2022年3月31日現在) 1兆4,040億円

信用金庫のデメリット③ 金利が若干高い

信用金庫のデメリットとして、銀行から融資を受ける場合に比べ、金利が若干高いことが挙げられます。

信用金庫は非営利企業として地域社会への貢献を目指している以上、銀行の審査に通らない利用希望者でも受け入れているのが現状です。

そのリスクを担保するためにも、融資を行う際の金利は銀行のそれと比べ、若干高めになる点には注意してください。

信用金庫のデメリット④ 店舗が少ない・ATMによっては手数料がかかる

信用金庫は限られた地域で営業しているため、店舗が少ないのも実情です。

ATMに関しては、 「しんきんATMゼロネットサービス」といって、全国の信用金庫のATMを相互利用できる サービスがあります。

その場合、平日は8時45分から18時まで、土曜は9時から14時までであれば、引き出し・預け入れの手数料は無料です。

ただし、それ以外の時間では手数料がかかります。

銀行やコンビニのATMも利用できますが、その場合も所定の手数料がかかるため事前に確認してください。

▼ 即日で1,000万円まで借入可能! ▼

横浜信用金庫の審査基準

信用金庫 メリット 審査基準横浜信用金庫を含め、ほとんどすべての信用金庫が、融資においての審査基準は公開していません。

しかし、 審査基準になり得る点をある程度推測することはできます。

ここでは、横浜信用金庫を含めた信用金庫から融資を受ける場合の審査基準になり得る点として、以下の3つについて解説します。

信用金庫から融資を受ける場合の審査基準になり得る点
  • 資金の使い道
  • 返済能力
  • 経営者や事業に対する強み・信用度

資金の使い道

融資を受ける際は、資金の使い道を明確にしてください。

特に、事業用資金を借りる場合は、面談においてかならずその点を追求されます。

受け答えがしどろもどろになっている場合、資金流用や裏金などあらぬ疑いをかけられて、審査に通過できない可能性も出てくるので要注意です。

事前に担当者に相談しておくのはもちろん、 事業計画書や見積書など、資金の使い道の裏付けになる書類は不備のないよう揃えておいてください。

事業計画書の作り方がわからない場合は、信用金庫の担当者や税理士などの専門家に相談してみるのも1つの手段です。

返済能力

返済能力も、審査においてはかならずチェックされるポイントです。

担当者は、事業の売上や自己資金額、その他の融資状況などを総合的に勘案し、返済能力を見極めます。

いくら優れた事業計画や構想があったとしても、事業で得られる年間売上が乏しかったり、自己資金が少なかったりすれば借りられません。

返済できなくなる可能性が極めて高いためです。

たとえば、融資の対象となる事業で得られる年間売上が200万円しか見込めないにもかかわらず、300万円の融資を希望した場合、まず審査には通りません。

経営者や事業に対する強み・信用度

経営者や事業に対する強み・信用度も、審査の結果を左右する要素の1つです。

他の会社がやっていないことを事業として打ち出せれば、その独自性により、将来大きな収益がもたらされる可能性も出てきます。

また、経営者個人に、自己破産や税金滞納、事業上の債務超過などがあった場合、融資を受けるのは難しくなります。

これらのトラブルがあると、信用度が低く評価されるのも事実です。

MEMO
クレジットカードなど個人的な債務の延滞・滞納もマイナス要素になるため気を付けてください。

▼ 即日で1,000万円まで借入可能! ▼

信用金庫と銀行はどっちを選ぶべき?おすすめできる人の特徴

信用金庫 メリット おすすめ信用金庫と銀行はどっちを選ぶべきか、信用金庫をおすすめできる人の特徴とともに解説します。

信用金庫をおすすめできる人の特徴
  • 銀行融資に落ちてしまった人
  • 中小企業・個人事業主

信用金庫の融資における審査基準は、銀行の場合とはまったく異なります。

そのため、 銀行融資に落ちてしまった人であっても、信用金庫に申込をしたら通過できるのは珍しくありません。

ただし債務超過に陥っていたなど、決定打になる理由があって落ちてしまった場合は、信用金庫であっても厳しいです。

また、中小企業や個人事業主など、銀行からは融資を受けづらい立場の人・会社にも信用金庫は向いています。

MEMO
「この人・会社に貸すことが地域貢献につながる」と判断されれば、審査に通る可能性は出てくるはずです。

▼ 即日で1,000万円まで借入可能! ▼

信用金庫のメリット・デメリット まとめ

信用金庫 メリット まとめ信用金庫は、銀行と同じような業務を行うものの、根拠となる法律や事業の目的という点でまったく異なります。

地域への貢献を目的とする非営利法人であるため、 銀行から資金調達しづらい立場の中小企業や個人事業主にとっては、何かと重宝するはずです。

一部の銀行で起こりがちな貸し渋りや貸し剥がしも、信用金庫ではあまり起こりません。

一方で、銀行に比べると資金面でははるかに小規模であるため、高額の資金調達はしづらくなっています。

金利も若干高めなため、その点がネックになる人もいるかもしれません。

すべてのサービスを利用するには会員にならなくてはいけないなど、独特な面もあるので注意が必要です。

それでも、親身な担当者が多く、寄り添った対応をしてくれるのも珍しくないので、資金調達のことで不安があるなら、一度相談するのをおすすめします。

信用金庫のメリット・デメリット まとめ
  • 信用金庫とは、預貯金を取り扱う金融機関の一種で、店舗の数は250を超える
  • 信用金庫と銀行には法律・出資者・組織としての目的・営業地域・サービス利用の制限で違いがある
  • 信用金庫のメリットには金利優遇、専用ローンの利用や中小企業・個人事業主でも利用できる、貸し渋りや貸し剥がしの可能性が低いなどがあげられる
  • 信用金庫のデメリットには利用者・対象地域が限定されている点や銀行・メガバンクと比較して融資限度額は低く金利が少し高い、店舗が少ない・ATMによっては手数料がかかるなどがある
  • 信用金庫から融資審査では資金の使い道や返済能力、経営者や事業に対する強み・信用度が基準となる
  • 信用金庫をおすすめできる人の特徴は銀行融資に落ちてしまった人や中小企業・個人事業主が向いている
信用金庫以外の資金調達にはファクタリングもおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

ファクタリングだけでは資金調達できない!という方はAGビジネスサポートなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能 です。

▼ 即日で1,000万円まで借入可能! ▼

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • i*****u様が
    600万円を調達しました。

  • u******e様が
    400万円を調達しました。

  • r**n様が
    1100万円を調達しました。

  • e******e様が
    800万円を調達しました。

  • w*****y様が
    300万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り4社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング