ファクタリングの審査は甘い?審査基準や通らない人の特徴、審査落ちの理由とポイントを解説

運営事務局
運営事務局
更新日2022/10/28

ファクタリング 審査 アイキャッチ

ファクタリング審査ってどこを見ているの?

ファクタリングの審査は甘いってほんと?

誰でも審査に通るファクタリングはないのかな

上記のようにファクタリング審査で疑問や悩みを持つ方を対象した記事となっています。

ファクタリングの利用にあたって審査は必要不可欠で、目的は「ファクタリング業者が売掛債権の現金化に応じても問題ないかを見極めるため」に行います。

仮に審査を行わなかったとしたら、買い取った売掛債権の支払いが行われなかったり、利用者が入金に応じなかったりなどのトラブルが起きうるからです。

利用者から提出された書類の精査やヒアリングを行い、総合的に応じて問題ないかを決定するのが大まかな審査の内容です。

初めてファクタリングを利用する人なら特に、わからないことが多くて不安になる方も多いですよね。

そこで今回は、 具体的な審査方法や審査にかかる時間、断られないためのコツ について詳しく解説します。

個人事業主であっても使いやすく、即日入金にも対応できるファクタリング業者も紹介する ので、ぜひ参考にしてくださいね!

この記事の監修者
荒井美亜

立教大学大学院経済学研究科修了(会計学修士)。出版社、Webマーケティング会社での勤務を経て、現在は金融事業を中心に活動中。2級FP技能士貸金業務取扱主任者(登録済み)税理士簿記論財務諸表論など多数の難関資格や試験に合格。資金調達プロの専門家としてファクタリングに関する悩みや疑問を解消できるようサポート致します。

<保有資格>
税理士簿記論日商簿記検定1級AFP(日本FP協会認定)2級FP技能士貸金業務取扱主任者(登録済み)

そもそもファクタリングとは

ファクタリングとは 審査

ファクタリングとは
ファクタリングとは、企業や個人事業主が有する売掛債権を専門の会社(ファクタリング業者、ファクター)が買い取る資金調達の手法です。

売掛債権(取引先からの売掛金など)さえあれば利用できるので、以下のようなシーンで活用できます。

ファクタリングの活用シーン
  • 法人税など税金の支払期日が迫っているが手元の現金だけでは足りない
  • フリーランスとして事業を始めたばかりで生活基盤が整っていない
  • 大口の取引先からの入金が遅れていて資金ショートを起こしそうになっている

ファクタリングを「関係者の数」で分類すると2社間ファクタリングと3社間ファクタリングに分けられます。

ここでは、それぞれのファクタリングについて解説します。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは
ファクタリング業者と利用者とのやり取りのみで完結するタイプのファクタリングです。

一般的には、次の流れで進みます。

  1. ファクタリング事業者と利用者の間で債権譲渡契約を結ぶ(債権譲渡登記が行われるケースもある)
  2. 利用者が売掛債権を売却し、ファクタリング事業者は手数料が差し引かれた金額を振り込む
  3. 売掛先から入金されたら、利用者がファクタリング事業者に返金をする

ファクタリング業者と利用者との間でやり取りが完結するため、 資金化までのスピードが速い
のがメリットです。

中には、即日での資金化にも対応しているファクタリング業者もあります。

その上、 債権譲渡登記をしない限りは、売掛先にファクタリングを利用したのが知られることもありません。

一方で、後述する3社間ファクタリングに比べると、手数料が高いのがデメリットです。
2社間ファクタリングの場合、ファクタリング業者が売掛先から直接売掛債権を回収できません。

利用者が売掛先からの入金があっても返金に応じてくれない可能性もあるため、そのリスクを勘案した分手数料は高めになっています。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは
ファクタリング業者と利用者、売掛先の3社間でのやり取りで行われるタイプのファクタリングです。

一般的には、次の流れで進みます。

  1. 利用者がファクタリング業者に3社間ファクタリングの利用を申し込む
  2. 売掛先にファクタリングを利用するのを伝え承諾を得る
  3. 売掛債権をファクタリング業者に譲渡する
  4. ファクタリング業者から手数料が差し引かれた残りが買取代金として入金される
  5. 本来の売掛債権の支払期日が到来したら、売掛先がファクタリング業者に支払いをする

3社間ファクタリングでは、最終的に売掛先からファクタリング業者に支払いを行います。

2社間ファクタリングに比べると、ファクタリング業者が 回収できなくなるリスクが低いことから、手数料も安め です。

一方、2社間ファクタリングに比べると、資金化までに時間はかかります。

売掛先が関与する以上、了解を取り付けなくてはいけないため、事務手続きにも時間がかかるからです。

また、売掛先との関係性次第では、今後の取引に影響を及ぼす恐れもあります。

MEMO
「他の売掛先からの入金が滞っていて」など、角が立ちにくい理由を伝え、理解を求めるのがおすすめです。

ファクタリング会社が審査で見ているのは売掛先と利用者の「信頼性」

ファクタリング 審査 信頼性

ファクタリングを利用する際は、かならず審査を受けなくてはいけません。

ファクタリング業者が売掛先と利用者の「信頼性」を見極めるためには不可欠だからです。

そこで、審査が必須である事情や、甘いと言われがちな理由について解説します。

ファクタリング審査なしの業者は原則ない

結論から言うと、審査なしで利用できるファクタリング業者はありません。

ファクタリングを利用する際は、どの業者であっても審査を受け、通過するのが絶対条件になります。

仮に、利用者から売掛債権を買い取り、手数料を差し引いた金額を入金したとしても、本来の支払期日までに全額回収できる保証はありません。

売掛先が倒産してしまったり、利用者が入金を拒んだりする可能性もあります。

そのため審査を行い、 以下の点をチェックした上で問題がなければ利用させる流れです。

ファクタリングの審査にあたってチェックされる点
  • 売掛債権の回収可能性が高い
  • (2社間ファクタリングの場合)利用者が売掛債権の回収後入金してくれる見込みが高い
  • その他、ファクタリングの利用にあたって障壁となる事項がない

ファクタリング審査が甘いと言われる理由について

ファクタリング審査は甘いと言われがちです。その理由として、以下のものが考えられます。

ファクタリング審査が甘いと言われがちな理由
  • 売掛先の業績、支払能力に主眼を置いた審査が行われる
  • 業者によっては、30分ほどで審査結果の回答がなされる場合もある
  • 個々の事情を勘案した対応をする業者もいる

銀行やノンバンクからの融資とは違い、ファクタリングの審査では売掛先の業績、支払能力に主眼を置いた審査が行われます。

そのため、 多少であれば利用希望者の業績が芳しくなかったとしても利用できる のは珍しくありません。

加えて、 30分ほどで結果を回答する業者もいるほど、ファクタリングの審査はスピーディーに進むことが多い です。

また、ファクタリングは 銀行やノンバンクからの融資を断られた人が利用することも多い という実情があります。

そのため「できる限りのことをしよう」と相談者に寄り添い、個々の事情を勘案した対応をする業者も一定数います。

これらの特殊な事情があるため、ファクタリング審査は甘いと言われがちです。

だからと言って誰でも審査に通るわけではない点に注意してください。

ファクタリングの審査基準と通らないケース

ファクタリング 審査 方法 通らないケース

ファクタリングの審査においては、利用者から提出された書類を精査し、必要に応じてヒアリングを行います。

その結果をもって、最終的に利用の可否を判断する流れです。

ここでは、審査において特に重視されるポイントを、通らないケースや注意点を交えながら解説します。

売掛金(請求先)の信用力

売掛金(請求先)の信用力は、ファクタリングの審査においてもっとも重視される項目の1つです。

売掛金(請求先)が上場企業やそれに準ずる規模の企業、公的機関などであれば、 信用力は高く判定されます。

倒産する可能性が低い以上、相応の支払い能力=信用力もあるはずだからです。

一方、売掛金(請求先)が中小企業の場合、信用力という意味ではやや不利になります。

最終的には他の要素も勘案して判定するため、絶対に審査に通らないという意味ではありません。

しかし、リスクが高いと判断された場合は審査に通らないか、通っても高い手数料を提示される可能性があります。

また、業種や組織形態によっても信用力が低いと判断される場合があるので要注意です。

水商売やギャンブル関連など、社会的信用力が低い業種を営む売掛先(請求先)だった場合、対応してくれるファクタリング業者は限られます。

さらに、売掛金(請求先)が法人ではなく、個人事業主だった場合はまずファクタリングは利用できません。

売掛金(請求先)の支払い期日

売掛金(請求先)の支払い期日は、近ければ近いほど有利です。

逆に、支払い期日が遠くなればなるほど、回収リスクも上がるため、審査においては不利になります。

具体的にどの程度先まであれば買い取ってもらえるかはケースバイケースです。

売掛先(請求先)の信用力が高ければ期間が空いても応じてもらえることもありますが、逆ももちろんあります。

MEMO
ファクタリング業者によってこのあたりの扱いはまったく異なるため、複数の会社に打診してみるのをおすすめします。

ファクタリング利用者の信頼性

ファクタリングでは、売掛先(請求先)の信用力のみならず、ファクタリング利用者の信頼性もチェックされます。

特に、2社間ファクタリングの場合、ファクタリング業者は売掛先(請求先)から直接支払いを受けることができません。

回収できるかどうかはファクタリング利用者の支払能力とモラルにかかっているため、シビアにチェックするのも当然です。

この場合も、ファクタリング利用者の会社としての規模が大きければ大きいほど有利になります。

逆に、個人事業主の場合は、ファクタリング業者によっては無条件でNGになるケースもあるので注意が必要です。

もっとも、 個人事業主に対し門戸を開いているファクタリング業者もある ので、そこまで心配しすぎる必要はありません。

また「安心して取引ができる相手かどうか」も審査においては重視されます。

極端にかしこまった態度を取る必要はありませんが、最低限の礼儀は守ってください。

特に、以下の行動はファクタリング業者の担当者からの印象が悪くなるので要注意です。

ファクタリング業者の担当者からの印象が悪くなる行動
  • 服装があまりにみすぼらしい、だらしない、派手すぎる
  • 面接に無連絡で遅刻してきた
  • 面接での態度が横柄で人の話を聞かない
  • 面接での受け答えがしどろもどろである
  • メールや電話をしても返信が遅い
  • 会社・事業のお金を私的な目的に流用している可能性がある
  • 審査に必要な書類を期限までに用意してくれない、抜け漏れが多い
  • 過去に自己破産をしていた事実が官報により発覚した

一般的なファクタリングにかかる審査時間

ファクタリング 審査 時間 期間
ファクタリング業者に申込をしてから審査が完了するまでの時間について解説します。

ファクタリングの審査にかかる時間の目安
  • 2社間ファクタリングは即日〜3日
  • 3社間ファクタリングは約1週間

2社間ファクタリングは即日〜3日!3社間ファクタリングは約1週間

2社間ファクタリングの場合は即日から3日、3社間ファクタリングの場合は約1週間 です。

なぜこれだけかかる時間に差があるのか、理由を説明します。

2社間ファクタリングは、売掛先が一切関与しなくても利用が可能です。

しかし、3社間ファクタリングの場合は、売掛先も関与する必要があります。

利用者から売掛先に事情を説明し理解してもらうのはもちろん、ファクタリング業者も売掛先へのヒアリングを行わないといけません。

かかる手間がまったく違うため、審査が完了するまでの時間も長くなりがちです。

審査時間は短くても、契約・入金までが長い場合もある

2社間ファクタリングの場合、利用者と業者だけのやり取りで完結するため、 申込から審査完了までの時間はあまりかかりません。

しかし、そこから契約を結び、実際に入金されるまでの時間は個々のファクタリング業者によってまちまちです。

審査が完了したのと同じ日に入金されることもあれば、1週間以上かかるなどタイムラグがかなりある場合もあります。

MEMO
審査に通過した場合の契約・入金までにかかる時間については、事前にファクタリング業者に確認するのがおすすめです。

ファクタリング審査で落ちる売掛債権の種類

ファクタリング 審査 売掛債権 種類
ファクタリング審査で落ちる売掛債権の種類を一言でまとめると「回収可能性に不安があるもの」です。

具体例を紹介しましょう。

ファクタリング審査で落ちる売掛債権の例
  • 売掛先が個人事業主である
  • 売掛先の業績が芳しくなく、倒産するリスクが高い
  • 事業とは関係ない個人間の債権である(例:個人的なお金の貸し借り)
  • 「下請代金支払遅延防止法」に規定される債権である
  • その他売掛金の回収に不安がある

実際の審査の結果は、個々の状況に基づいて判断されます。

上で列挙したものに当てはまらないからといって、審査にかならず通るとは限りません。

MEMO
自分が売却しようとしている売掛債権が審査に通る見込みがあるかは、ファクタリング業者に事前に相談し、見解を仰ぐのがおすすめです。

ファクタリングの審査で断られないようにするには?

ファクタリング 審査 断られない
ファクタリングの審査で断られないようにするために心がけたいポイントとして、以下の3つを解説します。

ファクタリングの審査で断られないようにするために心がけたいポイント
  • 上場企業などの社会的信用度が高い売掛債権を利用する
  • 売掛債権の支払い期日がなるべく短いものを利用する
  • なるべく大きな金額の売掛債権を利用する

上場企業などの社会的信用度が高い売掛債権を利用する

ファクタリングの審査で断られないためには、 上場企業などの社会的信用度が高い売掛債権を用意してください。

社会的信用度が高ければ高いほど、突然の倒産などによる回収不能のリスクは低いためです。

国、地方公共団体、独立行政法人などの公的機関への売掛債権も申し分ありません。

一方、風俗、ギャンブル業界など社会的評価が低いとされる業種の場合、審査は厳しくなります。

突然倒産したり、経営者が夜逃げをしたりなどのトラブルも起こりうるので、売掛債権が回収不能になる可能性も高く判定されがちです。

比較的規模の大きい法人だった場合でも、業種によっては審査においてはシビアに評価されがちな点に注意してください。

売掛債権の支払い期日がなるべく短いものを利用する

ファクタリングを利用する際は、 売掛債権の支払い期日がなるべく短いもの を利用すると審査に通りやすくなります。

売掛債権の支払い期日が長くなればなるほど、回収不能のリスクは上がるためです。

支払い期日が長い売掛債権でも買い取ってくれるファクタリング業者も存在しますが、高めの手数料を提示される可能性もあります。

具体的にどれぐらい先の支払い期日までであれば買い取ってくれるのかは、ファクタリング業者によってもまったく異なるのが実情です。

「60日以内」というケースもあれば「180日以内」というケースもあります。

MEMO
利用を検討しているファクタリング業者に事前に確認したうえで、買い取ってくれる場合の手数料についても相談してみることをおすすめします!

なるべく大きな金額の売掛債権を利用する

なるべく大きな金額の売掛債権を利用する ことも、ファクタリングの審査に通るためには重要です。

ファクタリング業者側から見た場合、大きな金額の売掛債権を一度に買い取ったほうが、手数料収入も増えます。

実際のところ、売掛債権の金額が少額でも多額でも、ファクタリング業者の事務的な負担はあまり変わりません。

同じくらいの手間をかけて得られる手数料が多ければファクタリング業者にとっても得になります。

このことが審査においてプラスに働く可能性はゼロではない以上、なるべく大きな金額の売掛債権を売却する前提で進めていくのがおすすめです。

ファクタリング業者の賢い選び方

ファクタリング 審査 選び方
たくさんのファクタリング業者がある以上、自分に合ったところを選ぶのがとても重要です。

ここでは、賢い選び方の基準として、以下の3点を解説します。

  1. 申し込みから審査、融資(入金)までのかかる期間で選ぶ
  2. 相場に適した手数料かどうかで選ぶ
  3. ファクタリング会社が公表している審査通過率で選ぶ

申し込みから審査、融資(入金)までのかかる期間で選ぶ

ファクタリング業者を選ぶ際は、まず申し込みから審査、融資(入金)までにどのぐらいかかるかを確認してください。

かかる時間はファクタリング業者によってもまちまちだからです。

1つの目安として、2社間ファクタリングであれば即日〜2日ほど、3社間ファクタリングであれば1週間程度かかります

できるだけ早く資金調達をしたい場合は、 2社間ファクタリングを利用する前提 でファクタリング業者を選ぶようにしてください。

相場に適した手数料かどうかで選ぶ

相場に適した手数料かどうか も、ファクタリング業者を選ぶ時の決め手になります。

一般的な手数料は、2社間ファクタリングであれば10%〜30%、3社間ファクタリングであれば1%〜10%程度です。

具体的な手数料は個々のケースによっても異なりますが、見積もりの段階で相場から明らかに高い手数料を提示される可能性もあります。

回収不能になるリスクが高いなど明確な理由があるケースもあれば、単にファクタリング業者への実入りを多くしたいというケースも考えられます。

そのため、まずは手数料の根拠についてかならず質問してください。

MEMO
なぜ、相場より高いのか」に関して納得のいく回答が得られなかった場合は、別のファクタリング業者にあたるのをおすすめします。

ファクタリング会社が公表している審査通過率で選ぶ

審査通過率を基準にしてファクタリング業者を選ぶのも1つのやり方です。

審査通過率が高いファクタリング業者であれば、 自分が売却しようとしている売掛債権を買い取ってもらえる可能性も高くなります。
自分が売却しようとしている売掛債権を買い取ってもらえる可能性も高くなります。

ただし、審査通過率が高いからといって、かならず審査に通るとは限りません。

売掛先の業績などさまざまな条件を踏まえた結果、不合格になる可能性もある点に気を付けてください。

なお、ファクタリング業者によっては、Webサイト上のフォームに必要事項を入力するだけで簡易査定を行ってくれることがあります。

たとえばファクタリングサービス「labol」を提供する株式会社ラボルの場合「請求書のかんたん査定」という名前で簡易査定サービスを公開中です。

入金日と請求先、請求書の金額の3つを入力すると、審査通過率を表示してくれるので参考にしてください。

出典:5秒請求書のかんたん査定|labol公式サイト

即日・個人対応のおすすめファクタリング業者3選

ファクタリング 審査 即日 個人
即日入金も可能で、個人事業主でも利用できるファクタリング業者として、以下の3つを紹介します。

ファクタリングの審査が甘い優良業者3選
  • アクセルファクター
  • QuQuMo(ククモ)
  • ビートレーディング

審査通過率93%の「アクセルファクター」

アクセルファクター公式サイト

アクセルファクターをおすすめする人の特徴
  • 少額だけ資金調達がしたいが、手数料も抑えたい
  • 請求書をなくしてしまい困っている
  • 開業して間もない

株式会社アクセルファクターでも、ファクタリングサービスを運営しています。

公式Webサイトによれば、審査通過率は93%とのことです。

アクセルファクターでは、下限額を設定せずに少額からの債権買取に応じていると明言しています。

手数料もあまり高くはないので、気軽に利用できるのが強みです。

また、請求書がない場合は通帳や領収書・基本契約書・注文書等などの別の書類で対応してもらうことが可能です。

開業してまもない場合でも利用できる ため、駆け出しのフリーランスの人にもぴったりです。

総合評価 ★★★★★
契約方法 2社間ファクタリング
法人利用 可能
個人利用 可能
入金スピード 最短翌日
調達額 30万円~1億円
手数料 10%~
※売掛債権額が100万円以下の場合
オンライン利用 可能
債権譲渡登記 不要
運営会社 株式会社アクセルファクター

売掛債権があれば誰でも利用できるオンライン完結の「QuQuMo(ククモ)」

QuQuMo公式サイト

QuQuMoをおすすめする人の特徴
  • できるだけ早く資金化したい
  • オンラインで手続きを完結したい
  • 用意する書類は少ないほうが良い

QuQuMoは株式会社アクティブサポートが運営するファクタリングサービスです。

個人事業主やフリーランスの資金調達支援に力を入れていることから、利便性の高いサービスが受けられます。

手続き開始から契約締結、振込完了まで最短2時間で進められるため、 できるだけ早く資金化したい場合に向いているサービスです。

加えて、用意すべき書類は入出金明細と請求書の2点(※)と非常にシンプルです。

※個人事業主の場合は、開業届又は青色、白色の確定申告書一式および健康保険証が必要。

電子契約システム「クラウドサイン」を導入しているため、オンラインで手続きが完了します。

必要に応じてサポート窓口から電話がかかってくる場合もありますが、面談は行われません。

総合評価 ★★★★★
契約方法 2社間ファクタリング
法人利用 可能
個人利用 可能
入金スピード 最短2時間
調達額 応相談
手数料 1%~
オンライン利用 可能
債権譲渡登記 不要
運営会社 株式会社アクティブサポート

最短12時間で入金してくれる「ビートレーディング」

ビートレーディング公式サイト

ビートレーディングをおすすめする人の特徴
  • 実績が豊富な会社を選びたい
  • 受注時点でファクタリングの相談をしたい
  • 即日入金してくれる会社を希望

株式会社ビートレーディングは2012年4月に設立されたファクタリング会社です。

公式Webサイトによれば、2022年3月時点での累計買取額は900億円を達成しています。

実績が豊富な会社を選びたいという人にはぴったりです。

また、請求書だけでなく、注文書の買取(注文書ファクタリング)も行っています。

できる限り早めの資金化を検討している場合にも利用できるのが強みです。

契約締結後、原則即日振込対応してくれる ため「今日、どうしても資金が必要」という場合にも活用できます。

総合評価 ★★★★
契約方法 2社間ファクタリング、3社間ファクタリングともに利用可能
法人利用 可能
個人利用 可能
入金スピード 最短即日
調達額 3万円〜7億円
手数料 2社間ファクタリング:4%~12%程度
3社間ファクタリング:2%~9%程度
※詳細は要確認
オンライン利用 可能
債権譲渡登記 不要
運営会社 株式会社ビートレーディング

ファクタリングの審査 まとめ

ファクタリング 審査 まとめ
ファクタリングを利用するにあたっては、審査は不可欠です。

ただし、銀行やノンバンクからの融資とは違い、自社だけでなく売掛先の信用力にも着眼した審査がなされます。

審査に通りやすくするには、できるだけ社会的信用度が高く、支払日までの期間が短い債権を選ぶのが重要です。

金額は大きいに越したことはありませんが、少額からでも相談できるファクタリング業者もあるのでそこまで心配する必要はありません。

また、ファクタリング業者の担当者の心証を良くする努力 も不可欠です。

必要以上にへりくだる必要もありませんが、社会人として最低限のマナーをわきまえて接してください。

身だしなみを整えたり、遅刻をしないようにしたり、必要な書類はすぐに出せるようにしたりなど、できることはたくさんあります。

ファクタリングの利用は、いわば「大きなお金が動く相談」である点をわきまえた上で審査に臨めば、きっと良い知らせが受け取れるはずです。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • f****u様が
    500万円を調達しました。

  • j***w様が
    1100万円を調達しました。

  • n*****g様が
    700万円を調達しました。

  • r*****j様が
    700万円を調達しました。

  • x******j様が
    1100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング