ファクタリングで必要書類が少ないおすすめの業者7選!基本的な書類と入手方法、申し込みから契約までの流れ

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/9/27

ファクタリング 必要書類 アイキャッチ

ファクタリングの必要書類は?

必要書類が少ないおすすめの業者を知りたい!

ファクタリングの申し込み契約の流れを知っておきたい!

この記事では、上記のような疑問・お悩みを解決します。

ファクタリングの利用にはいくつかの必要書類を用意しなければなりません。

時間や手間を考えると必要書類の提出が少ない業者を選びたいですが、極端に提出が少ない業者を選ぶとトラブルに巻き込まれる可能性も。

今回は、ファクタリングの必要書類と入手方法、申し込みの流れを解説し、必要書類の提出が少ないおすすめの業者7選も併せてご紹介します!

ファクタリングの利用を検討している方であれば自社に合った業者選びができるようになります!

ファクタリングの必要書類をざっくり言うと…

  • 法人と個人で必要書類が異なる
  • 法人の場合は登記簿謄本、身分証明書、決算書、印鑑証明、通帳のコピー、請求書など
  • 個人の場合は身分証明書、確定申告、印鑑証明、通帳のコピー、請求書など
  • 業者によっては必要書類が少なくても利用可能

ファクタリングの必要書類と入手方法

ファクタリング必要書類入手方法

ファクタリングを利用する際は、ファクタリング会社ごとに必要書類が異なります。

しかし、提出することが多い必要書類は大まかに決まっているため、よく提出する書類に絞って詳しく解説していきます。

書類の内容だけでなく、入手方法もまとめているので、用意に時間のかかるものから準備していくとスムーズです。

法人の場合は「登記簿謄本」

登記簿謄本は、法人の場合は必要になる書類です。

いわば身分証明書のようなもので、実際に法人が存在しているか明示することができます。

登記簿謄本は誰でも入手が可能で、その入手方法は下記の3つです。


  1. 法務局で入手する
  2. 請求書を郵送する
  3. オンライン請求で入手する

入手の際は、印鑑など特に必要なものはなく、1通600円(オンラインでは1通500円)の手数料がかかるのみです。

3つある入手方法の中では、費用だけでなく時間の節約にもなるオンライン請求がおすすめです。

免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの「身分証明書」

法人・個人事業主どちらでも、代表者の身分証明書の提示が必要な場合が多いです。

免許証やパスポートが一般的ですが、 ファクタリング会社によっては、マイナンバーカードや住民基本台帳カードでも可能な場合があります。

法人なら決算書、個人なら確定申告

業績を確認するための書類として、法人の場合は決算書、個人の場合は確定申告書が必要です。

決算書は、直近3年分程用意しておくと十分です。

ただし、決算月を3カ月〜半年以上経過している場合は、その年の試算表が必要な場合もあります。

また、独立や創業したばかりで業績を提示できるものがない場合は、ファクタリング会社に問い合わせてみてください。

ファクタリング会社によっては、柔軟に対応してくれる場合もあります。

印鑑証明書

ファクタリング会社と契約を結ぶ際には、契約書に実印での押印が必要です。

そのため印鑑が本物であることを証明する書類として、印鑑証明書の提出を求められる場合があります。

印鑑証明書がない場合は、コンビニや役所などで入手 できます。

MEMO
この際に、印鑑登録証またはマイナンバーカードが必要となるので忘れないようにしてください。

指定期間の通帳コピー

口座通帳がある場合は、財務状況や取引先との継続した取引など、出金・入金の履歴で確認します。

審査の対象を通帳にすることで、 利用者の信用度や売掛債権の存在把握を補強する狙い もあります。

一般的には、期間の指定をされるので、その分の通帳記録をコピーして提出します。

売掛債権を確認できる書類(請求書・発注書・納品書・契約書)

ファクタリング会社が利用者の売掛債権の額や、取引内容、入金日を確認するために必要な書です。


請求書・発注書・納品書・契約書は、売掛金が発生していることを証明する非常に大切な書類
になるので、慎重に取り扱い手違いのないようにしてください。

売掛先企業との基本契約書

売掛先企業と継続的な取引をしていると、請求書や納品書がない場合もあります。

このような場合は、 基本契約書の提出で確認できるので問題ありません。

売掛先との契約締結や、売掛債権の存在を確認するために基本契約書を提出するので、請求書や納品書がない場合でもファクタリング会社が柔軟に対応してくれることがあります。

ファクタリングで必要書類の少ないおすすめの業者7選

ファクタリング必要書類業者

ファクタリング会社を利用する際は、請求書や身分証明書など、用意しなければならない必要書類が多くあります。

個人や法人、またファクタリング会社によっても必要書類は異なります。

中には少ない必要書類の提出でファクタリングが利用できる業者も存在するのです。

手続きが面倒な人、忙しくて書類を用意する時間がない人におすすめの業者を7つご紹介します。

必要書類と入手方法が確認できたら、提出する必要書類が少ないファクタリング会社を検討してみてください。

今回ご紹介するファクタリング会社は以下の7社です。

必要書類 入金速度 手数料 買取金額 2社間ファクタリング
ペイトナーファクタリング ・本人確認書類
・請求書
・法人番号(法人のみ)
最短10分 一律10% 1万円〜
(利用回数ごとに上限アップ)
QuQuMo(ククモ) ・本人確認書類
・請求書
・通帳
最速2時間 1%〜14.8% 上限なし
FREENANCE(フリーナンス) ・本人確認書類
・請求書
・登記簿謄本(法人のみ)
即日払い 3%〜10% 記載なし
ビートレーディング B・通帳のコピー
・債権に関する資料
最短5時間 2%〜 上限・下限なし
GMO BtoB早払い ・決算書2期分
・審査依頼書
・取引証明書類
最短2営業日で着金 1%〜10% 上限なし
labole(ラボル) 3つ:本人確認書類・請求書・取引を示すメールなどのエビデンス 申し込み〜入金まで最短60分 一律10% 上限なし
オルタ ・昨年度の決算書一式
・入出金明細(直近4ヶ月の全銀行口座)
・請求書
最短即日(申し込みの時間帯によっては翌営業日) 2〜9% 上限・下限なし

ペイトナーファクタリング(旧:yupの先払い)の必要書類は2つ

ペイトナーファクタリング公式サイト

ペイトナーファクタリング(旧:yupの先払い)がおすすめの人の特徴
  • すぐに資金調達したい人
  • 個人事業主やフリーランスの人
  • 少額のファクタリングが希望の人

ペイトナーファクタリング(旧:yupの先払い)は、簡単な無料会員に登録すると最短10分で完了するファクタリングサービスです。

身分証明書があれば会員登録も簡単に行えるので、手間もかかりません。

また、必要な書類も請求書のPDF・画像データのみと少ないため、忙しい人に最適なサービスです。

さらに、売掛金の買取手数料が一律10%なため、事前に手取り額が分かり安心できます。

買取可能額も利用しやすい1万〜25万円となっており、利用状況によってはさらに拡大も可能です。

ただし、平日のみの営業時間のため、入金が休み明けになる場合もあるので注意してください。

必要書類(個人) 2つ:本人確認書類・請求書
必要書類(法人) 3つ:本人確認書類・請求書・法人番号
申し込み〜入金まで 最短10分
2社間 可能
3社間 不可能
買取手数料 一律10%
買取可能額 1万円〜
◉利用回数が増えるごとに限度額がアップ
オンライン 可能
債権譲渡登記 不要
法人 可能
個人 可能
土日対応 平日のみ
運営会社 ペイトナー株式会社

QuQuMo(ククモ)の必要書類は3つ

QuQuMo公式サイト

QuQuMo(ククモ)がおすすめの人の特徴
  • オンラインで完結させたい人
  • 必要書類の用意が面倒な人
  • 法人、個人ともに利用可能

QuQuMo(ククモ)は、オンラインで簡単に手続きができ、最速2時間で入金されるファクタリング会社です。

また、ファクタリング会社の中でもダントツで手数料が低く、審査によって1%になる場合もあります。

買取可能額も少額から高額まで柔軟に対応しているため、法人・個人とも利用しやすくなっています。

また、必要書類も請求書と通帳の2点のみなので、用意する書類が少なく、入金まで最速2時間なので急な入用にも最適です。

さらに、取引先に通知しない2社間ファクタリングに特化しており、安心して利用ができます。

必要書類 3つ:本人確認書類・請求書・通帳
申し込み〜入金まで 最速2時間
2社間 可能
3社間 不可能
買取手数料 1%〜14.8%
買取可能額 上限なし
オンライン 可能
債権譲渡登記 不要
法人 可能
個人 可能
土日対応 平日のみ
運営会社 株式会社アクティブサポート

FREENANCE(フリーナンス)の必要書類は2つ

フリーナンス公式サイト

FREENANCE(フリーナンス)がおすすめの人の特徴
  • 個人事業主やフリーランスの人
  • 即日払い希望の人
  • 土日や夜間に利用したい人

FREENANCE(フリーナンス)は即日払いのファクタリングサービスで、特徴は、補償・保険サービスをフリーランス向けに提供している点です。

フリーランス利用者の 専用口座を設けており、口座開設手数料と振り込み手数料は無料 で、フリーナンス口座を開設できます。

フリーナンス口座を利用することで、より低い手数料で即日払いができる、反社会勢力のデータベースに記載されていない証明になる、というメリットがあります。

そのほか、提出書類が少なくオンラインでの手続きもできるので利用が簡単です。

必要書類(個人) 2つ:本人確認書類・請求書
必要書類(法人) 3つ:本人確認書類・請求書・登記簿謄本
申し込み〜入金まで 即日払い
2社間 可能
3社間 不可能
買取手数料 3%〜10%(再建金額や利用頻度で変動・フリーナンス口座利用で手数料下がる)
買取可能額 記載なし
オンライン 可能
債権譲渡登記 不要
法人 可能
個人 可能
土日対応 365日24時間対応
運営会社 GMOクリエイターズネットワーク株式会社

ビートレーディングの必要書類は2つ

ビートレーディング公式サイト

ビートレーディングがおすすめの人の特徴
  • 信頼できるファクタリング会社を利用したい人
  • 確実に資金調達をしたい人
  • 注文書ファクタリングを利用したい人

ビートレーディングは、毎月豊富な取引実績があり累計3.7万件を超えているファクタリング会社です。

特徴として、注文書ファクタリングという受注した時点で資金調達できるシステムがあります。

また、買取可能額に制限がないため、利用者に応じて金額設定できる点も魅力的です。

さらに、負債があっても対応策を考え、資金調達ができるように今後の方針を検討してくれます。

そのため、ファクタリングの審査通過率が98%と高確率である点も特徴です。

ただし、個人事業主が利用できるのは、3社間ファクタリングのみとなっているので注意してください。

必要書類 2つ:通帳のコピー・債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)
申し込み〜入金まで 最短5時間
2社間 可能
3社間 可能
買取手数料 2%〜
買取可能額 上限・下限なし
オンライン 可能
債権譲渡登記 不要
法人 可能
個人 可能
土日対応 平日のみ
運営会社 株式会社ビートレーディング

GMO BtoB早払いの必要書類は3つ

GMO BtoB早払い公式サイトGMO BtoB早払い公式サイト

GMO BtoB早払いがおすすめの人の特徴
  • すぐに資金調達したい人
  • オンラインで完結したい人
  • 手数料が安いファクタリング会社を利用したい人

GMO BtoB早払いは、GMOグループの子会社が運営しており、企業間取引のファクタリング会社として信用度が高く実績が豊富です。

一般的には、2社間ファクタリングは手数料が高くなりますが、最大10%と非常に安く設定されています。

即日払いが多い中では、2営業日かかるGMO BtoB早払いですが、企業間の取引で金額の上限もないサービスではかなり早い着金といえます。

また、注文書の買取も可能なため発注段階での現金化も可能です。

ただし、注文書ファクタリングを行うと手数料は高くなるので注意してください。

必要書類 3つ:決算書2期分・審査依頼書・取引証明書類(請求書・見積書・発注書)
申し込み〜入金まで 最短2営業日で着金
2社間 可能
3社間 可能
買取手数料 1%〜10%
買取可能額 上限なし
オンライン 可能
債権譲渡登記 不要
法人 可能
個人 不可能
土日対応 365日24時間対応
運営会社 株式会社GMOペイメントゲートウェイ

株式会社ラボルの必要書類は3つ

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

株式会社ラボルがおすすめの人の特徴
  • 独立してすぐの個人事業主
  • 事業を小規模で展開している人
  • すぐに資金調達したい人

株式会社ラボルは、2社間ファクタリングを行う会社で、小規模事業者や個人事業主におすすめです。

受付も365日24時間対応で最速1時間で入金可能なため、資金調達をお急ぎの時にも利用しやすくなっています。

買取可能額も1万円〜となっており、近年利用が増加している少額向けのサービスです。

また、ラボル独自の与信管理をしており、信用できるユーザーと認識されれば、審査が通りやすくなったり、買取金額が増えたりします。

ただしラボルは請求書だけでは利用できず、請求書以外にも契約書などのエビデンスを提出する必要があるので注意してください。

必要書類 3つ:本人確認書類・請求書・取引を示すメールなどのエビデンス
申し込み〜入金まで 最短60分
2社間 可能
3社間 不可能
買取手数料 一律10%
買取可能額 1万円〜上限なし
オンライン 可能
債権譲渡登記 不要
法人 可能
個人 可能
土日対応 365日24時間対応
運営会社 株式会社ラボル

OLTAクラウドファクタリングの必要書類は3つ

OLTA公式サイト

OLTAクラウドファクタリングがおすすめの人の特徴
  • すぐに資金調達したい人
  • 取引先へ通知してほしくない人
  • 手数料が安いファクタリング会社を利用したい人

OLTAクラウドファクタリングは、取引先に通知されない2社間ファクタリングを採用しており、安心して利用できます。

また、他社と比較しても手数料が安くてお得なだけでなく、買取金額に制限もないため資金調達をしたい人におすすめです。

さらに、来店や面談の必要がなくオンラインで完結するので、全国どこからでも利用が可能です。

ただし、確定していない請求書や入金日を過ぎた請求の買取は不可能なので注意してください。

必要書類 3つ:昨年度の決算書一式・入出金明細(直近4ヶ月の全銀行口座)・請求書
申し込み〜入金まで 最短即日(申し込みの時間帯によっては翌営業日)
2社間 可能
3社間 不可能
買取手数料 2〜9%
買取可能額 上限・下限なし
オンライン 可能
債権譲渡登記 不要
法人 可能
個人 可能
土日対応 365日24時間対応
運営会社 OLTA株式会社

ファクタリング申し込みから契約までの流れ

ファクタリングの申し込みから契約までは4つのステップを踏む必要があります。

ファクタリング会社によって各ステップの流れが異なる場合もありますが、ここでは一般的な契約の流れを詳しく解説していきます。

STEP1
ファクタリング会社への申し込み

STEP2
必要書類の提出

STEP3
審査と面談

STEP4
振り込み確認とファクタリング会社への支払い

また、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは異なる部分もあるので注意してください。

STEP1 ファクタリング会社への申し込み

初めにファクタリング会社へ申し込みをしますが、一度申し込むとキャンセルが難しくなります。

申し込みの前に、ファクタリング会社の条件や必要書類などを調べ、自分にあっているか確認できてから行ってください。

申し込み方法は以下の4つです。

  1. オンライン
  2. 電話
  3. 窓口
  4. 郵送

近くに営業所があれば窓口でも問題ありませんが、 スムーズな申し込みを希望の場合はオンラインがおすすめ です。

STEP2 必要書類の提出

申し込みの次は必要書類を提出します。

ファクタリング会社によって必要書類は異なるので、確認してから用意すると過不足がありません。

書類に不備があったり、提出が遅れたりすることは絶対に避けてください。

ファクタリング会社からの指示通りに提出できれば信用度はぐっと上がります。

提出書類が多いと手間はかかりますが、手数料がお得になる場合もあるので、必要書類はしっかりと揃えてください。

ただし、初めの見出しでお伝えした書類全てが必要ではないファクタリング会社も存在します。

MEMO
少ない書類だとスムーズに利用はできますが、悪徳業者の可能性もあるのでしっかりと見極めて利用してください。

STEP3 審査と面談

ここまでに提出した書類を元に審査に入ります。

審査または打ち合わせは、オンラインか面談で行います。

オンラインでは、提出書類をもとに審査が行われますが、面談の場合は面談内容が非常に重要です。

面談内容はそれほど難しくなく、知っていて当たり前の内容ばかりなので、偽りなく伝えることが求められます。

面談の内容は以下の4つです。

  1. 事業内容
  2. ファクタリングを利用する理由
  3. 売掛先の事業内容や取引の内容
  4. 3社間ファクタリングのみ、利用に関する売掛先の承諾

3社間ファクタリングでは、売掛先にもヒアリングを行うことがある ので、事前に伝えておくとベストです。

STEP4 振込確認とファクタリング会社への支払い

無事に審査を通過すると、ファクタリング会社より、買取債権額から手数料を引いた金額が振り込まれます。

ここでは契約書も発生するので、必ず隅々まで確認してください。

2社間ファクタリングでは、利用者がファクタリング会社に支払い をします。

方法はファクタリング会社によって異なるので、指示された順序で支払いを行ってください。

ファクタリングの必要書類に関するよくある質問

ファクタリング必要書類質問

最後にファクタリングに必要な書類に関して、よくある質問について解説します。

質問は以下の5つです。

ファクタリングの必要書類に関するよくある質問
  • 【審査が緩い】個人事業主でも利用できるファクタリング業者で提出書類が少ないところは?
  • ファクタリングの必要書類で通帳なしは審査にどれくらい響きますか?
  • 個人事業主のファクタリング必要書類はなんですか?
  • 個人事業主のファクタリングは審査が緩いってほんと?
  • ファクタリングは請求書なしでも利用できますか?

それでは、詳しく解説します。

Q:【審査が緩い】個人事業主でも利用できるファクタリング業者で提出書類が少ないところは?

A.ファクタリングの審査が甘くなる基準として、以下の8つに多く当てはまる業者は審査が緩いと定義できます。

ファクタリングの審査が甘くなる基準
  • 個人、フリーランス向けである
  • 信用度の高い売掛金である
  • 即日対応してくれる
  • 手数料が高額または上限の明記がない
  • 必要書類の提出が少ない
  • 債権譲渡登記を求められる
  • 中小/独立系のファクタリング会社である
  • 審査通過率が高めである

いくつかあるファクタリング会社の中でも、月に800件を超える取引実績がある「ビートレーディング」なら提出書類が少なく短時間で資金調達ができます。

提出する必要書類は、 売掛先の入金が確認できる通帳と、契約書などの債権に関する資料の2点だけで審査可能 です。

全てオンラインで完結するので、お急ぎの人や全国どこの地域にいても利用できます。

Q:ファクタリングの必要書類で通帳なしは審査にどれくらい響きますか?

A.ファクタリングの利用にはいくつかの必要書類があり、その中には取引先との支払いがきちんと成されているか確認するための通帳が必要となります。

売掛債権の存在を示す、期日までに支払いができているかなど、通帳の果たす役割は非常に大きいです。

そのため、通帳なしでの審査通過は難しく、通常よりも長く時間がかかってしまうことが多いです。

しかし、現金での取引している場合は通帳での証明ができないため、代わりとなる売掛先との基本契約書などの書類を準備しなければなりません。

Q:個人事業主のファクタリング必要書類はなんですか?

A.ファクタリングを利用する際に必要な書類は、法人・個人で共通している申込書や身分証明書などの他に、個人事業主だけに提出を求められる書類が3つあります。

個人事業主だけに求められる提出書類
  • 開業届
  • 確定申告
  • 税金、社会保険関連の納付書や領収書

開業届は、個人事業主にとっての登記簿謄本です。

税務署や国税庁のオンラインサイトなどで取得可能です。

また、必ず決算書を作成しているとは限らない個人事業主には、確定申告の提出が求められることもあります。

決算書と同程度である3年分ほど残しておくと安心です。

また、納税証明や、保険料の納付書・領収書の提出が必要な場合もあります。

ファクタリング会社によって税金を滞納していても利用できる所もありますが、支払いが滞っている時は利用前に確認してください。

Q:個人事業主のファクタリングは審査が緩いってほんと?

A.審査が緩いファクタリング会社では、個人事業主の申し込みでも承諾する場合があります。

ただし、法人と比べると個人事業主は信用度が低いため、審査を通過するために以下の要素を調整するのがおすすめです。

審査を通過するための調整要素
  • 売掛先の企業規模や経営状況が良く、黒字収支である
  • 売掛金の支払い期限が1週間から遅くても1ヶ月前後
  • 身分証明書をすぐに提示できるよう準備しておく
  • 売掛債権の存在証明を用意しておく(請求書・受領書・契約書)

このような資料を前もって準備しておくことで、提出を求められてもすぐに対応できます。

Q:ファクタリングは請求書なしでも利用できますか?

A.請求書なしでもファクタリングの利用は可能ですが、売掛債権の証明が必要です。

請求書がない場合、 売掛金の存在を証明するためには請求書に代わる書類を求められることがほとんど です。

請求書に代わる書類となるのは以下の4つに絞られます。

請求書に代わる4つの書類
  • 売掛先との取引基本契約書
  • 商品を納めた際の納品書
  • 取引した履歴が記帳されている銀行口座の通帳またはコピー
  • 請求書以外で売掛債権の証明ができる書類を複数

請求書なしでファクタリングを利用したい場合は、上記の対処法を検討してみてください。

ファクタリングの必要書類まとめ

ファクタリング必要書類まとめ

ファクタリングの必要書類は、法人か個人によって異なります。

また、ファクタリング会社によっても提出しなければいけない必要書類は異なるため、指示通りに用意をする必要があります。

基本的な申し込みから契約までの流れはどのファクタリング会社も同じですが、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは異なる手順になる場合があるので注意が必要です。

ファクタリングを利用するにあたって、必要書類の提出が少ないところもいくつか存在します。

ただし、極端に提出書類が少ない場合はトラブルに巻き込まれる可能性もあることを十分に頭に入れておいてください。

ファクタリング会社それぞれの特徴やメリット・デメリットをしっかり確認し、自社に合ったファクタリングを利用してください。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • u******k様が
    100万円を調達しました。

  • v*****v様が
    700万円を調達しました。

  • a****b様が
    1100万円を調達しました。

  • s****t様が
    500万円を調達しました。

  • i******t様が
    1100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング