閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

約束手形を受け取ったあなたが取るべき3つの行動とメリット・デメリット

約束手形を受け取った方を「受取人」と言い、手形を振り出す方を「振出人」と言います。私たちがもし「受取人」になったとしたら、どのような行動が求められるのでしょうか?

約束手形を受け取ったあなたが取るべき3つの行動とメリット・デメリット

本記事では、約束手形を受け取ったあなたが取るべき3つの行動と、約束手形を受け取るメリットとデメリットについて詳しく解説します。

 

なお以下の記事では、約束手形を払い出す(=手形を発行する)方向けに、支払いを延期する手順や手形利用のメリットとデメリットについて説明しています。手形取引をされる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

参考記事:約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

 

その前に・・・手形の取引にはいくつかのリスクが伴います。例えば、手形が不渡り(=決済不能)になった場合、資金の回収はできなくなります。こうしたリスクを避けたい方は、先にビジネスローンを申し込んでおきましょう。例えば、以下のビジネスローンなら、ネット申込で今すぐ審査してもらうことができ、来店の手間もありません。

 

また、500万円程度の資金であれば『最短1日』で調達できます。お急ぎの場合は、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでみてください。手続きは、わずか10分で終わるので初めての方でもカンタンです。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

▊ 約束手形の受取人(うけとりにん)について

 

約束手形は、現金の代わりに発行される有価証券のことです(※ 約束手形については、後半で詳しく解説)。

 

約束手形とは?

約束手形とは、手形の振出人(支払人)が、代金の受取人に対して、所定の期日に決められた金額の支払いを約束する証書のことです。手形は、一般的に「掛取引」よりも支払期日を先延ばしにできます。そのため、手元の現金が少ない場合などでも、支払期日まで余裕を持ってお金の準備ができるという特徴があります。

出典:フリーウェイ経理|約束手形とは?(支払手形・受取手形の仕訳)より一部抜粋

 

有価証券とは、財産権を持つ証券のことです。私たちが商取引で使う有価証券には、約束手形や為替手形、小切手などがあります。

 

一般的に良く知られている「有価証券」の種類
☑ 約束手形(手形法)
☑ 為替手形(手形法)
☑ 小切手(小切手法)
☑ 債券(国債証券/地方債証券/社債券ほか)
☑ 商品券・図書券

参考:有価証券(Wikipedia)

 

このように本記事で紹介する約束手形は、手形法と呼ばれる法律の下で作成・取引が行われます。

 

手形法とは?

実質的意義の手形法とは,広義では手形に関する私法的規定の全体を意味し,これには手形に特有な私法法規 (固有の手形法) 以外に,一般私法の規定で手形関係にも適用される法規 (民事手形法) も含まれるが,狭義では前者のみをさす。形式的意義の手形法とは,昭和7年法律 20号をさす。これは 1930年の統一条約を国内法化したものである。

出典:手形法とは(コトバンク)より

 

次項では、手形と小切手、良く似ている有価証券の違いについて解説していきます。

 

手形と小切手、よく似ているけれど「全く違う」の有価証券

 

約束手形は(手形の発行時)口座に必要なお金が無くても発行できます。これに対し、小切手は(発行時には)銀行にお金が無ければ発行できません。以下は、全国銀行協会が作成した「手形取引」を分かりやすくイラスト化したものです。

約束手形の役割画像:全国銀行協会「手形・小切手の基礎知識」より

 

約束手形を利用すれば、発行する人(※ 振出人と言う)は支払いの延期ができるので、一定期間資金繰りの余裕が生まれます。

 

約束手形とは、どのようなものですか?

☑ 指定日に指定の金額を支払うことを約束した証券で、一定の期日まで支払いを延ばすことができます。
☑ 銀行に当座預金口座を開かないと発行できません。

☑ 手形上の権利を譲渡する「手形の裏書」により転々と受取人を変えながら、指定日までの間、支払の手段として流通させることが可能です。
☑ 支払期日が到来した手形は、受取人が取引銀行に「取立委任」することにより現金化できます。
☑ 銀行に手形を裏書譲渡し、支払期日までの利息(割引料)を差し引いた金額を受け取る「手形割引」により、支払期日前に現金化する方法もあります。

出典:中小企業庁「夢を実現する創業」より

 

約束手形の受取人(うけとりにん)とは、約束手形を受け取った人を差します。対する「約束手形を発行する」人の事を振出人(ふりだしにん)と言います。

 

全国銀行協会「約束手形」画像:全国銀行協会「約束手形の基本的な流れ」より

 

また約束手形の取引においては、振出人のことを支払人と呼んだり、受取人のことを名宛人と呼ぶこともあります。

 

振出人(支払人)
自分の手形を相手に渡す事を「振り出す」とか「手形を切る」といいます。
手形を振り出した人を振出人といい、振出人と支払人は同じ人のことを指します。

例えば、あなたがA商店から商品を仕入れて、手形を振り出したとします。
その時、あなたは振出人であり支払人でもあります。


名宛人(受取人)
名宛人とは、約束手形を受け取った人で、 受け取った手形を支払期日以降に現金に換金することができます。 名宛人と受取人は同じ人の事を指します。

先ほどの例でいえば、A商店は名宛人であり、受取人でもあります。

出典:わかりやすい簿記「約束手形」より

 

本記事では、前者の「受取人」について徹底解説していきます。

 

▊ 約束手形を受け取った後、取るべき行動は3つ!

 

受取人が約束手形を受け取った後、取るべき行動は3つあります。

 

約束手形を受け取った後、取るべき行動は3つ!
① 約束手形の基礎知識(手形割引)の方法を知っておく
② 約束手形のメリットや特徴を知る
③ 約束手形があれば、交渉はラクになる

 

①〜③について、詳しく解説しましょう。

 

① 約束手形の基礎知識(手形割引の方法)を知っておく

 

約束手形を受け取ったら、まず「手形をどのように扱うべきか」基礎知識を身に付けましょう。具体的には「手形でどのように資金調達できるのか」知ることです。

 

手形による資金調達の方法として手形貸付と手形割引があります。
手形貸付とは金融機関を受取人とし、手形(借り手のみが署名・捺印する単名手形)を担保として差入れて借入れる方法です。

手形割引とは資金調達のため金融機関に対し商業手形を譲渡し現金化することをいいます。
即ち、割引とは手形の支払期日まで現金化を待てない場合に、得意先から受取った商業手形を金融機関に売却し現金を入手する方法です。なお、割引料は経理上「手形売却損」として損金処理します。

出典:港区産業観光ネットワーク「中小企業親管比大百科」より

 

また、手形割引や手形貸付の方法、手形を現金化する手段について、詳しく知っておく必要があります(※手形の現金化については、本記事の後半で詳しく解説します)。「資金の方法」をより多く集めておけば、資金ショートを起こす心配から解放されます。

 

② 約束手形のメリットや特徴を知る

 

手形について「ネガティブなイメージ」を持つ方は多いです。しかし手形を受け取るのは、デメリットばかりではありません。例えば、約束手形を受け取った場合には、以下の様なメリットがあります。

 

約束手形を受け取るメリット
☑ 口約束よりも「支払われる」可能性が高い
☑ 手形があれば、資金調達の選択肢が広がる
☑ 相手より優位な立場で交渉できる

 

取引相手から「支払いの延期」をお願いされた場合、口約束だけでは不安を感じることでしょう。しかし、有価証券としての手形があれば、万が一の場合、支払いを取り立てることができます。

 

また、手形があれば手形割引(てがたわりびき)という方法が利用できるほか、銀行から融資を受けることも可能です(=手形貸付)

 

このほか(次項③でも説明しますが)約束手形を利用すれば「取引先との交渉がラク」になります。

 

③ 相手より優位な立場で交渉できる

 

前項の「メリット」でも取り上げましたが、約束手形があれば、取引先との交渉がラクになります。何故なら、相手は「手形を振り出したこと」に少なからず引け目を感じているからです。手形を振り出した相手と商取引をする場合、より優位な立場で話合いや交渉が進められるでしょう。

 

また、口約束だけでお金の取引をするよりも「手形がある方が」明らかに安全です。そして、万が一の場合(例:こちらの資金調達が難しくなる等)には、期日までに手形割引を行い、支払期日の来ていない手形を換金してもらえるので便利です。

 

なお以下の記事では、手形割引の手数料が低い優良業者を20社紹介しています。手形割引を利用される場合は、ぜひ参考にしてみてください。

 

参考記事:手形割引業者20選!割引料・割引率がお得でスピードが早いおすすめ業者一覧

 

その他、手形のメリット『小切手より期限が長い』

 

約束手形は、期日までの期間は比較的長いです。なぜなら、約束手形は「振出人が支払い日を延期したい」という理由があるので、支払期日(通常2〜3カ月に設定されている)は長めに設定されています。しかし、小切手については『小切手振出日の当日からカウントした10日目まで』が期限なので、支払いの期日は非常に短いです。

 

小切手の期限は「振出日翌日」から10日以内

小切手を換金する場合には、支払銀行ではなく、自分の取引銀行で「小切手の換金が依頼」できます。ただし小切手には換金できる期間があり、小切手振出日の当日からカウントした「10日目まで」に換金する必要があります。振出から換金の期日までの期間が短いので「換金し忘れないよう」注意してください。

出典:約束手形とは?振出人・受取人が知るべきメリットデメリット総まとめ

 

このように、小切手と約束手形を比較した場合、約束手形の方がスケジュールに余裕を持って換金できるというメリットがあります。

 

参考:約束手形とは?振出人・受取人が知るべきメリットデメリット総まとめ

 

手形を受け取っても怖くない、商取引を有利に進めよう!

 

このように①〜③のポイントを抑えておけば、約束手形で失敗する危険は無くなります。また、次項で開設する「手形割引の基礎知識」を身に付けておけば、より正しく手形を処理し、資金繰りを改善するコツが掴めます。

 

※ なお、手形を受け取るメリットについては、本記事の後半でも詳しく解説しています。

 

また、資金繰りに不安が残るようなら、自社の経営状況を良くするために必要な事業資金を調達しましょう。例えば、手形割引だけでなく銀行から事業融資を受けたり、ノンバンクでビジネスローンを利用するなど、資金繰り改善には様々な方法があります。

 

このほか日本政策金融公庫の融資制度を利用したり、信用保証協会を通した融資を利用すれば、返済の負担が少なく、安定した運転資金が手に入ります。

 

日本政策金融公庫の融資画像:日本政策金融公庫公式サイト「トップページ」より

 

資金ショートを起こさないためにも、各種融資制度を上手に組み合わせてください。手形だけで取引をするよりもリスクが少なく、安全に商取引が進められるのでオススメです。

 

以下に、事業資金の調達で役に立つ記事を紹介しておきます。

 

ビジネスローンの利用には

・ 【保存版】ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット 

・ ビジネスローン100%審査ガイド。事業資金借入6つのコツ 

 

ノンバンク(銀行以外の金融業者での)融資
・ 【保存版】ノンバンクから借入!融資審査を通す3つの秘訣とメリット・デメリット

 

信用保証協会を通じた融資
・ 信用保証協会で「融資を受ける」メリット・デメリット総まとめ 

 

日本政策金融公庫からの融資
・ 日本政策金融公庫のメリット・デメリット総まとめ 

 

※ なお上記以外の方法で、安全に資金調達されたい方には「ファクタリングやビジネスローン」の利用がオススメです。ファクタリングやビジネスローンなら、手形不渡のリスクもなく、いつでも安全に資金が手に入ります。

また、資金調達の成功を確実にされたい場合は『ファクタリングとビジネクスト』の両方を申し込んでください。両方を申し込んでおけば、万が一どちらかの審査が落ちても安心ですし、資金ショートは確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

▊ 約束手形の基礎知識を身に付けよう!

 

ここでは、より手堅く「約束手形が上手に扱えるよう」約束手形の基礎知識について解説します。

 

そもそも、約束手形(やくそくてがた)とは?

 

約束手形は「支払いを約束するための有価証券のこと」です。略称を約手(やくて)とも言いますが、一般的には「手形」と呼ぶことが多いです。

 

約束手形とはその名が示すとおり「今すぐではありませんが、支払い期日までにきちんと支払いますよ」と約束を示した有価証券を意味します。国内で流通する手形のほぼすべては「約束手形」で、商取引では「支払いサイクルを先延ばしにする」意図で使用されます。

出典:手形割引業者20選!割引料・割引率がお得でスピードが早いおすすめ業者一覧 より一部抜粋

手形には約束手形のほか、もう一種類「為替手形」と呼ばれる有価証券があります。

 

為替手形画像:全国銀行協会「手形・小切手の基礎知識」より

 

為替手形(かわせてがた)について

 

為替手形は、略称を為手(ためて)と言い、遠くの相手と取引をする際(海外取引など)現金を直接送る場合に用いられることが多いです。

 

為替手形の仕組み画像:全国銀行協会「為替手形の基本を知ろう」より

 

国内の手形取引の「ほぼ100%が約束手形」であるため、本記事では為替手形についての詳しい説明は省きます。

 

手形にはもう一種類「為替手形」もあるが、2・3か月程度の中期信用を担う手段として広く利用されていることもあって、日本国内で流通する手形のほぼすべてが約束手形である。このため、一般に「手形」という場合、約束手形を意味すると見て差し支えない

出典:Wikipedia「約束手形」より一部抜粋

 

ただし、印紙税を節約する目的で一部(特に関西では)為替手形を発行するケースも見られます。こうした「自己為替手形」のしくみについては、以下のサイトが役に立ちます。興味のある方は、参考にしてみてください。

 

参考記事:自己指図為替手形(自己受為替手形)

 

約束手形はどのような時に使用するのか?

 

ここまで説明した通り、約束手形は、支払いを延ばす手段として使われています。

 

例えば「●ヶ月後の〇〇月△△日に〇〇円を支払います」と支払いの約束を正式な書面で約束をすることから「約束手形」と呼ばれるようになりました。

 

振出人が主たる債務者として、受取人その他手形の正当な所持人に対し、一定期日に一定金額を支払うことを約した手形で、一般に、金銭の支払いや貸借などに利用されます。

出典:infobank マネー百科金融用語辞典「約束手形」より

 

記事の冒頭でも説明しましたが、約束手形の取引では発行する側を「振出人」と言い、約束手形を受け取る側は「受取人」と呼んでいます。

 

約束手形の書式は、以下の図(見本)を参照してください。それぞれの約束手形には、手形の種類(ここでは約束手形)、受取人の氏名、金額、支払い約束の文言、振出人の氏名、支払期日、支払地、支払場所のほか、収入印紙、会社印が確認できます。

 

マネー百科「金融用語辞典」約束手形画像:infobank マネー百科金融用語辞典「約束手形」より

 

みなさんも約束手形を受け取ったら、上記のような書面になっているか確認してみてください。

 

このほかにも、手形の金額が訂正されていないか、振り出し日の期日が満期日よりも後になっていないか、受け取り人名と第一裏書人が一致しているかどうかも、合わせて確認しておいてください。

 

手形を受け取ったら確認すべき全項目

☑ 「約束手形」という印刷があるか
☑ 金額が合っているか(チェックライターで記載されている場合、数字はアラビア数字で表記され、支払金額を「¥」と「※」で挟む形で記述されているか)、手書きの場合は漢数字で表記され、「金」と「円」で挟む形で記述されているか
☑ 支払約束の文言が印刷されているか
☑ 支払期日はきちんと暦にある日付か(例:2月31日などの誤った日付ではないか)、振出日よりも後の日付か
☑ 名宛人(受取人)の名前は正確に記載されているか、回し手形の場合、名宛人は第一裏書人と同じか
☑ 正しく支払場所の銀行名が記載されているか、支払銀行の所在地に本当にその銀行があるか
☑ 振出日はきちんと暦にある日付か(例:2月31日などの誤った日付ではないか)、支払期日よりも前の日付であるか
☑ 振出人住所に、本当に振出人の会社または支店・営業所があるか
☑ 振出人名欄に自署またはゴム印、印刷があるか。印は銀行届出印かどうか(届出印鑑票の写しにてチェックできる)

出典:日本保証「手形割引」より

 

中には、上記ポイントが確認できない手形もあるので、受け取った後はすぐに「不備が無いかどうか」必ずチェックしましょう。

 

約束手形が現金化出来ないのは、こんな時!

 

以下の条件に当てはまる場合「約束手形が現金化出来ない」可能性があります。

 

☑ 支払期日が訂正されている

☑ メインバンク以外から振出されている、支払地にその銀行が存在しない

☑ 月商に比べ金額が大き過ぎる

☑ 印紙が貼っていない。もしくは複数枚の印紙が貼られている

☑ ゴム印、印鑑が不鮮明だったり、曲がって押されたりしている

出典:日本保証「手形割引」より

 

まずは、受け取った手形に不審な点が無いかどうか確認し、おかしな点が見つかったら、振出人について調査を進めてみましょう。

 

振り出し日から支払期日までの流れ

 

手形の支払期日は通常「120日まで」になっています。しかし、一部の手形は120日を超えるものがあり(例:七夕手形・台風手形・お産手形等)受取人から「嫌がられる取引方法」として知られています。

 

振出日から支払期日までの期間のことを、手形サイトという。通常は1ヶ月から120日以内(もしくは4ヶ月以内)のものが多く、商品の販売先や元請での代金回収事情や業界の通例で決められることが多い。

なお、下請法では、割引困難な手形を振り出すのを禁じており、手形サイトの基準は120日以内となっている。手形サイトが長い手形は、自然現象等に絡めてよぶ隠語があり、次のようなものがある。

七夕手形
手形サイトが、1年のもの。年に1度であることから。

台風手形
手形サイトが、210日のもの。古来より210日(9月1日前後)は、台風の襲来日として知られていることから。

お産手形
手形サイトが、10か月のもの。妊娠期間を十月十日(とつきとおか)と呼ぶことから。

出典:Wikipedia「約束手形」より一部抜粋

 

手形を受け取ったら「支払期日」を確認しましょう。なお、約束手形の「正しい取引方法」については、以下のサイトが大変役に立ちます。

 

参考サイト:全国銀行協会「手形・小切手の利用方法」

 

▊ でんさい(電子記録債権)とは何か?

 

でんさいとは、電子記録債権の略称です。『手形や売掛債権』などの取引にでんさい(電子記録債権取引)の仕組みが使われています。でんさいは、より「早く正確に取引ができる」新たな金銭債権(決済のインフラ)として流通しています。

 

でんさい(電子記録債権)利便性のキーワードは「ペーパーレス

日々の商取引等を行なうなかで、商品の売買代金など将来決済すべき債権(債務)が発生しますが、「電子記録債権」はそれらの決済すべき内容を電子債権記録機関「でんさいネット」が持つ記録原簿に記録することで、債権・債務を発生させたり、譲渡できる新しい決済手段です。
「でんさいネット」には全国の金融機関が幅広く参加しています。

ユーザーは、パソコンやファクシミリを使って手続きが完結しますので、迅速、簡単、安全に債権・債務の発生・譲渡などを行なうことができます。「でんさい」の利便性のキーワードは「ペーパーレス」であることです。

出典:堀越商事株式会社「電子債権(でんさい)のメリット」より一部抜粋

 

ただし、でんさいは手形・指名債権を電子化したものではありません。非常に間違えやすいのですが、でんさいは電子記録債権の発生や譲渡に関する履歴を『電子債権記録機関の記録原簿』に電子記録する方法を差します。

 

電子記録債権(でんさい)とは?

電子記録債権は、手形・指名債権(売掛債権等)の問題点を克服した新たな金銭債権です(手形・指名債権を電子化したものではありません)。電子記録債権の発生・譲渡は、電子債権記録機関の記録原簿に電子記録することが、その効力発生の要件です。

出典:でんさいネット(全国銀行協会の電子債権記録機関・全銀電子債権ネットワーク)

 

これに対し、電子手形という決済方法があります。電子手形はその名前の通り、書面で使用していた手形を電子化したものです。

 

電子手形とは

電子手形(でんしてがた)とは、電子手形の取扱金融機関と契約した取引者が、インターネットのweb画面上において、あたかも実際に手形を振り出したり、割引したり、裏書譲渡したりするのと同様の操作を行うことにより、他の取引者や取扱金融機関との間で信用取引・決済取引・割引取引を行うシステムのことである。

実際の手形と異なり、手形現物の保管や郵送、取立などの事務が不要であり、紛失などのリスクも無いなど、事務の大幅な合理化・効率化につながる。しかも実際の手形券面(表面・裏面)と同様の画像を表示して操作するため、中小企業にとっては、従来の手形取引と親和性が高いという特徴がある。

出典:Wikipedia「電子手形」より

 

電子手形は、全国銀行協会の「でんさいネット」をはじめ、みずほ銀行や三菱UFJ銀行、三井住友銀行系など、大手メガバンクにおいて、それぞれ独自の電子債権決済サービスが実施されています。

 

2003年5月に実用化され、試験運用も行われた。 振出・割引・譲渡など、従来の手形と同じ取引をネットワーク上で可能とするものであり、中小企業にとってもなじみやすいという特徴があった。電子手形を使うとWeb上から手形割引を受けて、すぐに現金を入手することができる。

日本ではファクタリングなど、似たような仕組みがあったが、2008年10月に電子記録債権法の施行により、全国銀行協会の「でんさいネット」や、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行いわゆる三大メガバンクがそれぞれ独自に行っている電子債権決済サービスが存在している。

出典:Wikipedia「電子手形」より

 

※ なお、手形決済以外の方法で、安全に資金調達されたい方には「ファクタリングやビジネスローン」の利用がオススメです。ファクタリングやビジネスローンなら、手形不渡のリスクもなく、いつでも安全に資金が手に入ります。

また、資金調達の成功を確実にされたい場合は『ファクタリングとビジネクスト』の両方を申し込んでください。両方を申し込んでおけば、万が一どちらかの審査が落ちても安心ですし、資金ショートは確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

「手形と売掛債権」とでんさい(電子記録債権)取引の違い

 

以下は「手形と売掛債権」とでんさい(電子記録債権)取引の違いを示した表です。

 

でんさい(電子記録債権)

画像:でんさいネット(全国銀行協会の電子債権記録機関・全銀電子債権ネットワーク)

 

でんさいの取引は、以下の流れで進められます。

 

でんさい(電子記録債権)取引の流れ

ステップ 取引の内容
① でんさいの『発生』 金融機関によって、でんさいネットに「発生記録」が通知される ⇒でんさいが発生
② でんさいの『譲渡』 金融機関によって「譲渡記録」が行われると、でんさいが譲渡できる(※ 必債権金額の分割譲渡も可能)。
③ でんさいの『決済』 支払期日に支払企業の口座から振替返済を実施、仕入先企業の口座に払込みが実施される。「でんさいネット」は支払が完了すると「支払等記録」を行い決済が完了(=口座間送金決済)

出典:三井住友銀行「でんさいネットとは」より

 

なお、でんさい(電子記録債権)では、仕入先企業は「支払期日の当日」から資金利用できるなど、手形とは大きな違いがあります。

 

三井住友銀行を例に、でんさい取引の仕組みを見てみましょう。

 

「でんさいネット」とは、一般社団法人全国銀行協会が設立した電子債権記録機関「株式会社 全銀電子債権ネットワーク」の通称です。当行をはじめとする全国の金融機関が参加をする、電子記録債権を記録・流通させる新たな決済インフラです。(中略)利用者は「でんさいネット」に参加している取引金融機関を通じて、間接的に「でんさいネット」を利用します。当行では、電子記録債権サービス「SMBCでんさいネット」を通じてご利用いただけます。

出典:三井住友銀行「でんさいネットとは」より一部抜粋

 

上の仕組みをより分かりやすく図式化したのが、下のイラストになります。

 

三井住友銀行(でんさいとりひき)出典:三井住友銀行「でんさいネットとは」より一部抜粋

 

電子記録債権制度は、2003年の7月に始まった制度で、でんさい取引自体は2008年の12月にスタートしています。事業者の資金調達円滑化を図るために創設されました。

 

電子記録債権制度(でんさい)の歴史画像:でんさいネット(全国銀行協会の電子債権記録機関・全銀電子債権ネットワーク)

 

補足:売掛債権(うりかけさいけん)とは?

ここでおさらいとして、売掛債権とでんさいの仕組みを見ておきましょう。売掛債権は、以下のような仕組みを差します。

 

売掛債権(うりかけさいけん)
営業行為などをしたことによって、商品やサービスを顧客に販売・提供をしたにも関わらず受け取っていない代金を請求できることです。売掛債権は資産とみなされます。

 

▊ 約束手形・受取人のメリット

 

一見、取引が「面倒そう」に見えますが、約束手形にも(取引上の)メリットがあります。もちろんその場で現金を受け取るのが一番ですが、手形を受け取ったからといって資金繰りが悪化する訳ではありません。

 

約束手形・受取人のメリット
・ 手形割引で資金が調達できる
・ 交渉で有利な立場になれる

 

例えば、約束手形があれば銀行や専門の業者で手形割引が依頼できます。また、手形を元に融資を受けることや、第三者の支払いに手形を使うことも可能です。それぞれのメリットについて、以下で詳しく解説しましょう。

 

手形割引で資金が調達できる

 

手形を持って期日まで待つのは不安な事ですが、いざという時には、銀行で「手形割引」が利用できるので安心です。

 

手形割引の概要(流れ)画像:港区産業観光ネットワーク「中小企業親管比大百科」より

 

また手形割引を行うのは銀行だけに限りません。手形割引を専門に扱う金融業者が利用できます。

 

手形専門業者とは?

お客さまが、集金されました手形を割引される際には一般的に、銀行や信用金庫などの金融機関があげられます。その一方で意外と便利な存在として手形割引専門商社があります。

出典:森産業株式会社「商業手形割引とは」

 

手形割引業者を利用するメリット

 

手形割引業者を利用するメリットについて説明します。

 

手形割引業者が良いのは、銀行よりも手続きが早く「最短即日〜翌営業日」には、手形を現金化してくれます。以下はある業者の取引例ですが、審査は最短60分と速く、書類が受理されればすぐに振込が実施されるので便利です。

 

手形割引の流れ(業者を利用した場合)画像:日本保証「手形割引」

 

こうした方法を利用すればより素早く、手形が現金化できるので便利です。また最近はインターネットの普及により、手形の見積もりをパソコンやスマートフォンからカンタンに申し込めるようになりました。

 

見積もりは最短5分で結果が分かる(日栄倉庫・手形割引の場合)

見積もりの方法は、手形をスマホでカメラ撮影し、そのまま日栄倉庫にメール送信するだけでOKです。結果が分かるのは最短5分、長くても60分以内には必ず「手形がいくらになるのか」見積もりが出してもらえるので便利です。

出典:手形割引業者20選!割引料・割引率がお得でスピードが早いおすすめ業者一覧

 

遠方の方でも、ネット申込を利用すれば距離に関係なく、スピーディーに手形割引できる仕組みです。郵送やFAXよりも速い方法なので、決済をお急ぎの方は「インターネット申込」を利用しましょう。

 

手形のスマートフォン見積もり画像:日栄倉庫株式会社「スマホカメラで簡単無料お見積」

 

こうしたサービスは、郵送や店舗受付よりも「さらに素早く手形割引の見積もり」ができるので便利です(※ 見積もりの利用は無料)。

 

スマホカメラで簡単無料お見積

お客様のお手元にスマートフォンがあれば、手形とお客様の名刺の写真を撮るだけで手形割引の無料お見積が簡単に出来ます。この手形割引無料お見積サービスは、日栄倉庫株式会社が 2013年4月に、業界初のシステムとして開発したものです。他社の類似するサービスに比べより簡単かつ安全(セキュリティ)にお見積が出来ます。

出典:日栄倉庫株式会社「スマホカメラで簡単無料お見積」

 

※ なお、手形割引以外の方法で、安全に資金調達されたい方には「ファクタリングやビジネスローン」の利用がオススメです。ファクタリングやビジネスローンなら、手形不渡のリスクもなく、いつでも安全に資金が手に入ります。

また、資金調達の成功を確実にされたい場合は『ファクタリングとビジネクスト』の両方を申し込んでください。両方を申し込んでおけば、万が一どちらかの審査が落ちても安心ですし、資金ショートは確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

手形割引業者は慎重に選択しよう!

 

手形業者にも「良い業者と悪い業者」があります。このため、手形の取引で失敗しないためには「良い業者がどこ」なのかを知って申し込むことです。ここで、優良とされる業者の見つけ方を紹介しましょう。

 

良い手形割引業者を見分けるコツ

 

良い手形割引業者を見分けるコツは、以下の通りです。

 

良い手形割引業者を見分けるコツ
☑ 割引料を事前に提示している
☑ 口コミで良い評価が書かれている
☑ 業者に歴史と実績があり、名のある企業も利用している

 

手形割引業者を見ると、業歴60年や業歴80年といった老舗の業者が沢山あります。ここまで長い年数、手形業者として継続できているのなら、信頼して手形割引の依頼ができるでしょう。中には、もともと「銀行として業務を行っていた」手形割引業者もあります。

 

手形割引・口コミ評価を参考に業者を選んでみよう!

 

もし、歴史の浅い手形割引業者を利用する場合は、ネットでの口コミ評価などを参考にしましょう。実際に、個人事業主や経営者が「どのような評価を下しているのか」知っておけば、新しい業者でも失敗することは無いでしょう。

 

手形割引業者と銀行の違い

手形割引を依頼する人(会社)の財務内容が良く、信用度に問題がなければ自社のメインバンクなど取引のある銀行に依頼する方が良いと考えられます。一般的に、手形割引業者よりも金利が低く、日ごろの取引状況や定期預金の金額によってはさらに低い金利が適用されることもあります。

(中略)手形割引業者は手形振出人の与信を重視するため、銀行の審査に通らなかった会社でも、多くの場合割引が可能になります。また、手続きも簡単で即時資金化が可能です。一方、金利が銀行と比べると高めに設定されています。そのため、銀行よりも受取額が少なくなるというデメリットがあります。

まとめると、手続きが簡素で現金化までの流れがスピーディーだが、コストがかかる手形割引業者と、審査のハードルが高く、手間はかかるが手数料は安い銀行になります。状況に合わせて使い分けるとよいでしょう。

出典:堀越商事株式会社「手形割引業者と銀行の違い」より一部抜粋

 

また、当サイトでは経営者の間で口コミ評価が高い「手形割引業者」を厳選して紹介しています。オススメの業者は、以下のページから検索できます。手形割引の依頼でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

参考:手形割引業者20選!割引料・割引率がお得でスピードが早いおすすめ業者一覧

 

「悪質な手形割引業者」に騙されないようにしよう!

 

前項では「良い業者の探し方」について説明しましたが、反対に「悪い手形割引業者に騙されないよう」気をつける必要があります。

 

貸金業者登録がされているか
貸金業を行うためには、財務省や知事に届出をし、許可を得ることが法律で定められています。したがって、貸金業者登録が無い、または登録が済んでいない業者は、絶対に避けなければいけません。

貸金業者として登録されているかどうかは、貸金業登録番号を確認します。貸金業登録番号とは、貸金業者として許可を得た企業に交付される番号のことです。

金融庁のホームページで、貸金業登録番号に登録されている業者を検索できる、登録貸金業者情報検索サービスを行っています。手形割引業者に依頼する際には、貸金業登録番号を検索し、許可を受けているかを必ず確認しましょう。

出典:手形割引業者を選ぶポイント(堀越商事株式会社)

 

利用する業者が健全な取引相手かどうかは以下、日本貸金業協会公式のサイトで「貸金業登録番号」を検索すれば安心です。

 

参考サイト①:登録貸金業者情報検索入力ページ(日本貸金業協会公式サイト)
http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/

 

参考サイト②:悪質業者の検索ページ(日本貸金業協会公式サイト)
http://www.j-fsa.or.jp/personal/malicious/index.php

 

交渉で有利な立場になれる

 

手形を振り出した業者は、受取人に対して「支払いが遅れて、申し訳ないなあ…」という気持ちを持っています。その状態につけ込む訳ではありませんが、手形を受け取っている以上「より話しやすい雰囲気」が出来ているはずです。

 

もし、取引先にお願いしたいことや交渉毎があれば、遠慮無く相談してみてください。相手も(無理難題でない限り)、ある程度の条件には応えてくれることでしょう。

 

▊ 約束手形・受取人のデメリット

 

約束手形のデメリットは大きく分けて二つあります。

 

約束手形・受取人のデメリット
・ 回収できない可能性(手形が紙切れになる)
・ キャッシュフローの悪化

 

それぞれのデメリットは、以下で詳しく説明します。

 

回収できない可能性(手形が紙切れになる)

 

残念ですが「手形が不渡り」になると、代金の回収が難しくなります。一旦不渡りになると、あとは振出人に直接取り立てるしか方法が無くなってしまいます。

 

通常、取引の決済は金融機関の当座取引によって行われ、また金融機関からの融資を受けることもある。したがって二度の不渡りで「銀行取引停止」の処分を受けることは、決済の停止、資金繰りの悪化、ひいては信用の低下につながり実際に事業ができなくなることが多いことから、会社自体は存続しても事実上の倒産といわれることになる。

また、そもそも一度目の不渡りでもその情報が各金融機関に伝わり、実質的には「一切融資を受けられなくなる」ことに等しいので、二度目の不渡りを待つまでもなく事業継続は極めて困難となる。

出典:Wikipedia「不渡り」より一部抜粋

 

また、取引先の経営状況が良くないと、銀行での手形割引が断られる可能性もあります。

 

キャッシュフローの悪化

 

取引先の問題で「代金回収のサイクル」が遅れてしまうと、キャッシュフローの悪化が懸念されます。

 

キャッシュ・フロー計算書画像:日本公認会計士協会「キャッシュフロー計算書」より

 

相手の経済状況によって、私たちの事業にまで「悪い影響」が出るのは、何としても避けたいところです。

 

キャッシュフローとは

「キャッシュフロー」とは、お金の流れのことをいいます。一定期間に流入するお金をキャッシュ・イン・フロー、流出するお金をキャッシュ・アウト・フローといい、両者を総称して「キャッシュフロー」といいます。例えば、掛で商品を売った場合、お金が入ってないにもかかわらず、「売上」として計上してしまうため、決算書の損益計算書に記載されている売上高、純利益等は実際のお金の流れを表していないことになります。

出典:日本証券業協会「キャッシュ・フローとは何ですか?」より

 

このほかにも「手形の期限」が切れないよう、支払い期日の前日までには(銀行へ)手形を持ち込んでおいてください。万が一期日に間に合わないと、銀行での換金は出来なくなってしまいます。このため、手形を期日ギリギリまで持っているのは危険です。

 

事業者向けファイナンス・手形割引画像:日本保証「手形割引」より

 

代金回収できない可能性が出てくるので(手形を受け取ったら)できるだけ早く、銀行に提出しておきましょう。また専門業者でも、手形割引のシミュレーションや銘柄ごとの簡易審査を行っているので、試してみてください。

 

▊ 約束手形を使って、手形割引を行う

 

ここからは、約束手形を使って手形割引をする方法を説明します。取引先から手形を受け取られた方は、各ステップに沿って順に実践してみてください。

 

手形割引の方法・手続きの流れを見ておこう!

 

手形割引を依頼する前に、手続きや申込など「手形割引全体の流れ」を知っておきましょう。各社・各銀行に共通する「手形割引の手続きと流れ」は以下の通りです。

 

手形割引の手続きと流れ
① 申込(銀行や金融機関へ申込)
② 審査(相手の経営状況などをもとに審査)
③ 契約書類の作成(契約書類に必要事項の記入)
④ 現金化(手形を交換し、現金化の手続きが行われる)
⑤ 契約完了・現金の受け取り

 

①〜⑤の流れについて、簡単に説明しておきます。

 

その前に、手形割引に必要な書類を準備しましょう。

 

【必要な書類や持ち物の一例】

① 会社登記簿謄本
② 法人の印鑑証明
③ 実印(法人)
④ 本人確認できる公的証明(運転免許証・パスポートなどの写し)
⑤ その他、取引内容が確認できるもの(注文書、納品書控、支払通知書等の写し)

 

なお、登記簿謄本や印鑑証明、そのほおか公的証明書、取引内容の確認書類等は「それぞれ何通いるのか」手形割引を利用する金融機関で、先に質問しておいてください。

 

※ なお、審査がよりカンタンで、時間が掛からない方法で資金調達されたい方には「ファクタリングやビジネスローン」の利用をオススメしています。ファクタリングやビジネスローンなら、手形不渡のリスクもなく、いつでも安全に資金が手に入ります。

また、資金調達の成功を確実にされたい場合は『ファクタリングとビジネクスト』の両方を申し込んでください。両方を申し込んでおけば、万が一どちらかの審査が落ちても安心ですし、資金ショートは確実に回避できるので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

① 申込(銀行や金融機関へ申込)

 

ネットで手続き(=インターネット申込)ができるほか、店舗での取引、電話、FAX、メール経由でも申込可能です。最も便利なのはネットからの申込で、24時間好きな時間に手形割引の申込が行えます(※ ただし、金融業者での手続きと審査結果の回答は営業時間に合わせて実施されます)。

 

② 審査(相手の経営状況などをもとに審査)

 

相手の経営状況を元に審査が実施されます。審査で問題が無ければ、③の契約書作成へと進みます。しかし、相手の経営状況に問題があると手形割引は断られてしまいます。

 

手形割引の流れ画像:手形割引の流れ(有限会社フレッシュ)より

 

なお審査については、お試し審査(簡易審査)を実施する業者があります。審査が通るかどうか、割引できるかどうかチェックしてみてください。

 

参考サイト:日本保証「銘柄お試し審査」

 

ここでは額面の金額、法人格、手形を振り出した企業名を記入するだけで、お試し審査が受けられます。結果もその場で分かるので、本審査を受ける前に試してみてください。

 

手形割引の簡易審査画像:日本保証「銘柄お試し審査」

 

ただし、簡易的審査なので本審査の結果とは一致しないことがあるので注意しましょう。より詳しい結果が知りたい方は、業者に見積もりを依頼してください。パソコン申込を受け付けている業者なら、スマートフォンや携帯電話で撮影した画像だけで「審査が通るかどうか」調べてくれます。

 

手形割引の無料お見積
インターネットで何時でも簡単に手形割引の無料お見積・お申込みが出来ます。手形とお客様の内容を入力して頂くか、お手持ちのスマートフォンのカメラでやLINEからでも簡単にお見積が出来ます。電話やファックスでも受付しています。お気軽にご連絡下さい。

出典:日栄倉庫株式会社「手形割引の無料お見積」より一部抜粋

 

審査時間も早ければ5〜10分、平均60分程度(手形割引専門業者の場合)で分かるので大変便利です。ただし、銀行に依頼をする場合はより長く時間が掛かるので気をつけましょう。

 

手形金額の見積もり画像:日栄倉庫株式会社「手形割引の無料お見積」

 

※ お急ぎの方は銀行では無く、手形割引専門の業者を利用してください。以下のページでは、手形割引専門業者を厳選して20社紹介しています。割引料や割引率もお得なので、ぜひ業者選びの参考としてお役立てください。

 

参考記事:手形割引業者20選!割引料・割引率がお得でスピードが早いおすすめ業者一覧

 

※ なお、約束手形以外の方法で、安全に資金調達されたい方には「ファクタリングやビジネスローン」の利用がオススメです。ファクタリングやビジネスローンなら手形不渡のリスクもなく、いつでも安全に資金が手に入ります。また銀行よりも手続きが早いので、素早く資金調達が行えます。

また、資金調達の成功を確実にされたい場合は『ファクタリングとビジネクスト』の両方を申し込んでください。両方を申し込んでおけば、万が一どちらかの審査が落ちても安心ですし、資金ショートは確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

③ 契約書類の作成(契約書類に必要事項の記入)

 

審査が通った後は、契約書類に必要事項を記入します。

 

手形取引約定書を作成するために、初回のみお客様の実印と印鑑証明(法人または個人)、会社謄本をご用意いただきます。

約定書作成後、手形と引き換えに現金をお渡しいたします。(原則としてご来店の上現金でのお支払いですが、できるだけお客様のご都合に添いたいと思いますので、配達、お振込みをご希望の際は、担当者にご相談ください。)二回目以降はお手形と印鑑をお持ちいただければ結構です。

参考:森産業株式会社「手形割引の流れ」

 

④ 現金化(手形を交換し、現金化の手続きが行われる)

 

契約書類に手形を同封して、金融業者に送付します。

 

⑤ 契約完了・現金の受け取り

 

業者が手形を受領すると同時に、手数料や利息を引いた現金が支払われます。これで、手形割引の手続きは完了です。

 

手形割引の手数料は、業者によって異なる

 

なお、手数料や手形割引の流れは、各業者や金融機関によってそれぞれ異なります。また手形割引の利率は、依頼人の信頼度によっても異なります。割引料と取引手数料については、以下の記事を参照してください。

 

手形割引料、取立手数料って何?

手形割引料については、次の計算式で算出されます。

・計算式:手形額面金額 × 満期日までの日数 ÷ 365日 × 手形割引率(%) = 手形割引料
・計算例:100万円 × 90日 ÷ 365日 × 10% = 24,658円

 

手形割引率は、銀行の場合は割引依頼人の信用度において変わります。一方、手形割引業者の場合は手形振出人の信用度において変わります。

割引依頼人または手形振出人の信用度が低いほど、手形割引率は高くなる傾向にあります。取立手数料については、銀行、手形割引業者共に、概ね600~1,000円程度(消費税別)の金額となっています。

出典:手形割引の金利について(堀越商事株式会社)

 

このように手形割引料は、依頼人の信用度が低くなれば、その分「利率が高く」なります。これは、経営状況が悪い相手と手形取引をすると「資金回収できないリスク」が高まるからです。

 

一方、経営状況が良く信用度の高い経営者であれば、手形割引料の利率は低くなります。もちろん、業者によっても利率は変わってきます。また、審査のスピードもそれぞれの業者によって異なります。

 

どの業者が早く利用者の口コミ評価が高いのかは、以下の記事を参照してください。

 

参考記事:手形割引業者20選!割引料・割引率がお得でスピードが早いおすすめ業者一覧

 

▊ 約束手形を使って、手形貸付を受ける(銀行融資)

 

続いて、約束手形を使って融資を受ける方法について説明します。

 

手形貸付・手形で融資を受ける方法

 

手形貸し付けとは、手形を担保にして銀行から融資を受ける方法です。手形があれば、銀行はリスクを少なくして、私たちに貸付が行えます。

 

【手形貸付・てがたかしつけ】
手形貸付(てがたかしつけ)とは経済学用語の一つで、銀行などの金融機関が資金を融資する方法の一つである。資金を融資する場合に、借主から銀行宛の約束手形を振り出し、銀行は借主に手形に書かれている額面から利息分を引いただけの金額を交付するという方法。この方法は主に短期資金の融資に用いられている。
Wikipedia「手形貸付」より

 

なお手形貸付の使い方については、以下の記事で詳しく解説しています。

 

参考記事:手形貸付とは?5つの手順であなたの手形を担保に銀行から融資を受けられる!

 

※ なお、本項で解説した「手形貸付」以外の方法で、安全に資金調達されたい方には「ファクタリングやビジネスローン」の利用がオススメです。ファクタリングやビジネスローンなら、手形不渡のリスクもなく、いつでも安全に資金が手に入ります。

また、資金調達の成功を確実にされたい場合は『ファクタリングとビジネクスト』の両方を申し込んでください。両方を申し込んでおけば、万が一どちらかの審査が落ちても安心ですし、資金ショートは確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

▊ 手形割引とファクタリングの違い

 

資金調達を行う際、ファクタリングと手形割引「どちらを利用しようか…」迷われる方は多いです。手形割引、ファクタリングどちらも「キャッシュフローの改善」に役立つ方法です。

 

ファクタリングとは?

ファクタリングは、企業の売掛債権を買い取り、自己の危険負担で代金回収(債権の管理・回収)を行う金融業務をいいます。これは、企業の持つ売掛金や受取手形などの売掛債権(売上債権)をファクタリング会社へ手数料を支払って売却し、本来は企業で行う債権の回収業務をファクタリング会社が行うことを指します。

出典:iFinance「ファクタリング」より一部抜粋

 

ただし、手形割引とファクタリングには明確な違いがあります。まずファクタリングは、業者に売掛金を「買い取ってもらう」ので、原則として「返済義務」が発生しません。

 

ファクタリングのメリット

  • 最短1日で売掛金を早期に資金化
  • 大口の資金調達も可能
  • 取引先に知られないで売掛金を売却出来る
  • キャッシュフローの改善
  • バランスシートのスリム化(負債にならない)
  • 融資ではない・借入金ではない
  • 取引先が倒産しても支払い義務が発生しない
  • 銀行融資の再開も目指せる
  • 信用情報への影響なし
  • 金融機関やビジネスローンと審査方法が違う
  • 赤字、債務超過でも利用ができる

参考記事:経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説!

 

これに対し手形割引は、期日には「返却の必要」が生じます。このため、ファクタリングと手形割引を比較すると「ファクタリングの方がリスクの少ない資金調達方法」と断言できます。

 

ファクタリングの仕組み画像:経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説! 

 

もちろん、ファクタリングには手数料が発生しますが、不渡りの心配や資金回収できないというリスクから解放されます。

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

なおファクタリングについては、以下の記事を参照してください。

 

参考記事:ファクタリングで売掛債権を3日以内に現金化するための6つの手順

 

▊ 番外編:約束手形以外で、オススメの「資金繰り改善」法はコレ!

 

最後に、約束手形以外にオススメの資金繰り改善法をいくつか紹介しておきます。

 

約束手形以外で、オススメの資金繰り改善法① カードローン/ビジネスローン

 

約束手形以外にオススメの資金繰り改善法には、銀行のカードローン、ノンバンクのビジネスローンがあります。

 

参考記事①:ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット 

 

また、経営者の間で特に人気が高いビジネスローンは以下の通りです。

 

経営者の間で特に人気が高いビジネスローン

☑ ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
☑ オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
☑ ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

 

これらのビジネスローンは特に審査が速く、融資枠が大きいので、経営者のさまざまな用途(つなぎ資金、運転資金)に活用できます。

 

各ローンについて簡単に解説しておきましょう。

 

ビジネクスト(ビジネスローン)

 

ビジネクスト「ビジネスローン」の内容と、ローンを利用するメリットは、以下の通りです。

 

【カード内容とローンを利用するメリット】 

「ビジネクスト」は、タレントのバナナマンがイメージキャラクターを務める「ビジネス専門の金融業者」です。ビジネクストではビジネスローンのほか、医療機関向けローン、ビジネクストカードローン、売掛債権ファクタリング(売掛金の買取)、振込代行サービスなどを取り扱っています。

出典: ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット 

 

ビジネクスト「ビジネスローン」の貸付内容は以下の通りです。

 

【融資額と利息について】

融資額:1万円〜1,000万円*
*新規時取引は上限500万
実質年率:8.0%〜15.0%(利用額100万円以上の場合)13.0%〜18.0%(利用額100万円以下の場合)

出典: ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット 

 

なお、ビジネクスト「ビジネスローン」については以下の記事が参考になります。

 

参考記事:ビジネクスト株式会社の評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント

 

オリックスVIPローンカードBUSINESS

オリックスVIPローンカードBUSINESS(オリックスVIPローンカードビジネス)は、もともとORIX CLUB CARDとして知られていました。

 

2016年の冬にリニューアルし、個人事業主や経営者にとって「より使いやすい」貸し付け条件を採用しています。以下は、オリックスVIPローンカードBUSINESS(オリックスVIPローンカードビジネス)の特徴をまとめた表です。

 

 オリックスVIPローンカードBUSINESSの特徴6つ!
① WEB申込なら、最短即日融資が可能!
② ビジネスでの利用に最適なローン(事業目的に使える)
③ 最高500万円まで融資可!
④ 実質年率6.0%〜17.8%と業界トップクラスの低金利を実現
⑤ コンビニでもカードローンが使える、提携先が多い
⑥ オリックスVIPローンカードBUSINESS「会員限定」優待サービスが自動付帯

 

実質年率6.0%〜17.8%と利息も低く、融資枠も最高500万円とゆとりを持って、キャッシングが利用できます。

 

参考記事:オリックスVIPローンカードBUSINESSの評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント 

 

ビジネスパートナー(スモールビジネスローン)

 

ビジネスパートナー(※ ビジネスパートナーは社名)は、企業向け融資を専門に行う「総合金融業者」です。大手企業との取引だけでなく、老舗金融業者として多くの実績と、経営者からの信頼を集めています。

 

ビジネスパートナーで利用できる「スモールビジネスローン」は、少額融資に強いビジネスローンです。融資額は500万円までとコンパクトにまとまっていますが、審査の可決率は高く、運転資金やつなぎ利金として大いに活用できます。

 

以下はビジネスパートナー「スモールビジネスローン」の貸し付け条件です。

 

【融資額と利息】

融資額:50万円〜500万円
実質年率:9.98%〜18.0%

 

貸付条件

・ 満20歳〜69歳までの法人・個人事業主

・ 運転免許証やパスポートなど、本人確認書類(法人の場合は代表者の書類)

・ 発行から3カ月以内の登記事項証明書を提出すること(法人)

・ 直近2期分の決算書(法人)

・ 印鑑証明書

・ 確定申告書(個人事業主)

・ 借入計画書(個人事業主)

出典: ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット 

 

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」で審査を通すポイントについては、以下の記事を参考にしてください。

 

参考記事:ビジネスパートナー(ビジネスローン)の評判・口コミ!審査を通す3つのポイント 

 

約束手形以外で、オススメの資金繰り改善法② 日本政策金融公庫の融資

 

約束手形以外にオススメの資金繰り改善法として人気なのは、日本政策金融公庫の融資です。

 

参考記事②:【保存版】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツ!1000万円の借入申込の秘訣 

 

約束手形以外で、オススメの資金繰り改善法③ 保証付き融資

 

約束手形以外で安心できるのは、信用保証協会を通した保証付き融資です。

 

参考記事③:【保存版】信用保証協会から借入できる!あなたも融資審査を100%通す3つのコツ 

 

約束手形以外で、オススメの資金繰り改善法④ ファクタリング

 

融資とは違いますが、売掛金を現金化するファクタリングは、スピーディーな資金繰り改善に最も効果的方法です。

 

参考記事④:経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説! 

 

▊ まとめ|約束手形は「メリット・デメリット」を事前に知っておくことが重要

 

約束手形を取り扱うには、メリットとデメリットを事前に知っておくことが重要です。また知識があれば、その分(手形取引が)を活用できます。このほか、事業資金調達の調達には、以下の記事が役に立ちます。

 

参考記事:経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説!

 

手形を受け取った方は、ぜひ本記事の内容を参考にして手続きを進めてみてください。

 

※ なお約束手形以外の方法で、安全に資金を調達されたい方には「ファクタリングやビジネスローン」の利用をオススメしています。ファクタリングやビジネスローンであれば、手形不渡のリスクもなく、いつでも安全に資金が手に入ります。

 

また、資金調達の成功を確実にされたい場合は『ファクタリングとビジネクスト』の両方を申し込んでおきましょう。両方へ申し込んでおけば(万が一どちらかの審査が落ちても)資金ショートは確実に回避出来ます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

本テーマと合わせて読みたい関連記事

・ 手形割引とは?4つの手順であなたもスグに手形を換金・現金化できる
・ 手形割引業者20選!割引料・割引率がお得でスピードが早いおすすめ業者一覧
・ 手形貸付とは?5つの手順であなたの手形を担保に銀行から融資を受けられる!
・ 約束手形とは?振出人・受取人が知るべきメリットデメリット総まとめ
・ 約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット
・ 【保存版】ネット銀行人気40行総まとめ!ビジネスローンが利用できる銀行 
・ 【完全版】銀行融資最大の難関「銀行格付け」の仕組みを徹底調査! 
・ 銀行から融資を受ける!審査を通す9のコツ。あなたも1000万円借入できる
・ 経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説! 
・ 【保存版】ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット 
・ 信用保証協会で「融資を受ける」メリット・デメリット総まとめ 
・ 【保存版】ノンバンクから借入!融資審査を通す3つの秘訣とメリット・デメリット
・ ビジネスローン100%審査ガイド。事業資金借入6つのコツ 
・ 日本政策金融公庫のメリット・デメリット総まとめ 
・ 経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説!
・ ファクタリングによる手形削減と4つの効果| 資金調達プロ
・ ファクタリングで売掛債権を3日以内に現金化するための6つの手順
・ ファクタリング手数料相場を6つの角度から徹底解説。安い優良会社選びと交渉の秘訣 
・ 【徹底解説】ファクタリング利用時の債権の流れ 
【完全版】売掛債権担保融資100%成功ガイド|売掛金を活用して「資金繰りを改善する」3つのコツ!
・ ファクタリングでよくある質問47選 
・ 戦略的な資金調達の必要性【売掛金ファイナンスコラム】vol.4
・ 長期的な利用を見据えたファクタリング業者選びと注意点 
・ 【徹底解説】ファクタリング利用時の債権の流れ 
・ 悪徳ファクタリング会社を見抜く為の5つの注意点
・ 資金調達以外にも使える!?ファクタリング3つの活用法

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 06/23 17:13
    無料診断がされました。
  • 06/23 16:13
    無料診断がされました。
  • 06/23 16:09
    無料診断がされました。
  • 06/23 12:24
    無料診断がされました。
  • 06/23 12:09
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

金融機関からの借入の関連記事(73件)

1 2 3 4 5 15

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全430件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる