ビジネスローンは無担保でも借りれる?おすすめの金融機関5選とメリット・デメリット、注意点について

運営事務局
運営事務局
更新日2024/5/1
PR

無担保ビジネスローンとは

無担保ビジネスローンのおすすめが知りたい!

法人と個人事業主で契約時に異なる点はあるの?

資金調達方法や資金調達を行う際の注意点を知りたい!

この記事では、上記の疑問やお悩みを解決します。

無担保ビジネスローンは、金利や融資額、融資期間など金融機関により異なります。

急ぎで資金調達がしたい場合や、今は必要ないけどいざという時のために借入ができる枠を用意しておくなど、ビジネスローンの利便性は高いです。

しかし、無計画に借りてしまうと、予想以上に返済総額が高くなってしまう可能性も。

今回は、 無担保で融資を受けられるおすすめのビジネスローンや、資金調達をする方法・注意点 について、徹底解説していきます。

ビジネスローンと個人事業主、審査が甘いをざっくりいうと...
  • ビジネスローンは個人事業主の場合、無担保で借りれるが、法人は代表者が連帯保証人になる必要がある
  • 無担保のビジネスローンでおすすめは即日で最短1
  • 000万円まで借りることができるAGビジネスサポート
  • 無担保ビジネスローンは銀行融資と比べて審査から融資実行までが早い・諸費用がほぼかからない・必要書類も少ない・総量規制の対象外がメリット
  • デメリットには担保ありと比べて借入限度額が低い・担保ありと比べて金利が高いなどが挙げられる
  • 無担保ビジネスローンで資金調達する注意点は必要資金がいくらなのかの把握・返済シミュレーションしておく・返済不要の資金調達(補助金・助成金)も検討する
  • 無担保ビジネスローン以外で資金調達する方法には日本政策金融公庫の融資や銀行フリーローン、ファクタリングがおすすめ

これから無担保ビジネスローンの利用を検討している方は、改めて経営を見直し資金繰りの改善に繋がる内容になっています。

ビジネスローンならAGビジネスサポートがおすすめ!
  • AGビジネスサポートの事業者ローンなら保証人・担保不要で50万円~最大1,000万円を即日融資することが可能!
  • 赤字決算・事業を開始して間もない個人事業主や法人でも、直近数年間の売上や資産表上の改善箇所など総合的に判断するので、審査が柔軟!
  • 約定日制なので契約時に都合に合わせた日を返済日に指定できる
  • 赤字決算だけど事業資金が必要・事業拡大資金が欲しい・大きな金額を借りたい・創業して間もないのいずれかに当てはまる人におすすめ!

▼ 最短即日融資も可能 ▼

AGビジネスサポート
→AGビジネスサポートで事業資金を融資してもらう

無担保で融資を受けられるおすすめのビジネスローン5選

無担保ビジネスローン おすすめ
無担保で融資を受けられるおすすめのビジネスローンを5選 、それぞれ解説します。

融資額融資スピードなど、それぞれ異なるのでぜひ自分に合った商品を見つけてみてください。

AGビジネスサポート

AGビジネスサポート公式サイト

契約利率(実質年利) 3.1%~18.0%
融資額 50万~1,000万円
融資対象者 法人:75歳まで
個人事業主:69歳まで
融資スピード 最短即日
融資期間 元利均等返済:最長5年(60回以内)
元金一括返済:最長1年(12回以内)
遅延損害金(実質年利) 20.0%

AGビジネスローンがおすすめな人の特徴
  • 赤字決算、債務超過、銀行リスケ中で融資が不安がある。
  • 即日融資が受けたい人。
  • 高額な資金調達がしたい人。

AGビジネスサポートは、法人・個人事業主を対象とした無担保無保証で最大1,000万円を最短即日で資金調達できるビジネスローンです。

銀行融資と比べて審査も甘く、以下のようなケースでも借入の検討が可能です。

・赤字決算、債務超過、銀行リスケ中。
・これから事業をはじめる、またははじめて間もない。
・過去に自己破産や債務整理をした。

ビジネスローンの審査が不安な方にもおすすめ です。

だたし、上限金利が18%と高めなので、返済計画をしっかりと立てて借入の検討してください。

MEMO
毎月の返済日は、自由に決められる「約定日制」のため、返済計画が立てやすい。

▼ 最短即日融資も可能 ▼

AGビジネスサポート
→AGビジネスサポートで事業資金を融資してもらう

無担保融資|オージェイ

オージェイ公式サイト

契約利率(実質年利) 10.0%~18.0%
融資額 30万~2,000万円
融資対象者 法人または個人事業主
融資スピード 最短即日
融資期間 1ヶ月~36ヶ月
遅延損害金(実質年利) 20.0%

無担保融資|オージェイがおすすめな人の特徴
  • 業績が短く融資が受けられるか心配。
  • 事業資金を借りて短期間で返済したい。
  • できるだけ多くの借入が行いたい。

オージェイの無担保ビジネスローンは、法人・個人事業主を対象とした、最高2,000万円を即日で融資を行ってくれるビジネスローンです。

最大融資額が大きいため、 高額融資を受けたい人にもおすすめ。

さらに、即日融資が可能なため、急な資金需要の場合でも迅速に対応してくれます。

金利が10.0%~18.0%と、高めに設定されているため、短期間での返済をお考えの方に向いています。

MEMO
審査結果により、担保や第三者の保証人が必要になる場合があります。
(担保の種類:不動産・動産・売掛債権など)

融資枠型ビジネスローン|あんしんワイド

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド公式サイト

契約利率(実質年利) 0.9%~14.0%
融資額 10万円~1,000万円
融資対象者 ・GMOあおぞら銀行の法人口座をお持ちの方
・営利法人
・GMOあおぞらネット銀行もしくは他の金融機関で、7ヶ月以上連続して入出金取引を行っている方
融資スピード 最短2営業日
融資期間 1年ごとの自動更新(契約期間)
遅延損害金(実質年利) 14.0%

融資ビジネスローン|あんしんワイドがおすすめな人の特徴
  • 事前に融資枠を準備しておきたい人。
  • 創業初期や赤字決算で融資に不安がある人。
  • 他の金融機関の借入金を借り換えしたい。

あんしんワイドのビジネスローンは、法人を対象とした最大1,000万円の融資枠の範囲内で自由に借入ができるローン商品です。

借入した金額に対してのみ利息が発生するため、いざという時に利用できる心強いビジネスローン です。

事業計画書の提出不要で、資金使途が決まっていなくても事業運営において必要な資金であれば借入可能。

MEMO
融資枠の設定のみであれば費用はかからないため、備えとして置いておくこともおすすめ。

なお、来店不要で完結しますが、基本、銀行担当者と電話またはビデオ通話による面談が必要となります。

スタークイックビジネスローン|東京スター銀行

東京スター銀行公式サイト

契約利率(実質年利) 4.5%~14.5%
融資額 50万円~1,000万円
融資対象者 ・法人または個人事業主
(申込時の年齢が満20歳以上、契約時の年齢が満69歳以下の方)
・保証会社(アイフル株式会社)の保証が受けられる方
融資スピード 最短5日
融資期間 1年ごとの自動更新(契約期間)
遅延損害金(実質年利) 14.5%

スタークイックビジネスローン|東京スター銀行がおすすめな人の特徴
  • 資金使途自由な借入がしたい人。
  • 毎月の返済負担が少ない資金調達がしたい人。
  • 来店する時間がなかなかとれない人。

スタークイックビジネスローンは、法人・個人事業主を対象とした最大1,000万円まで資金使途自由な借入が可能なビジネスローンです。

申込から契約まで来店は一切不要なので、 なかなか時間がとれない方にもおすすめ。

毎月の定額返済以外に任意の返済も可能なため、返済計画も立てやすく早く返済することで利息をおさえることも可能です。

MEMO
全国のATMで借入・返済が可能。
任意返済の場合は、「東京スターダイレクト」をスマホ・パソコン・ローンカードで利用し、東京スター銀行またはゆうちょ銀行のATMから返済可能。

法人・個人向けビジネスローン|PayPay銀行

契約利率(実質年利) 1.8%~13.8%
融資額 10万円~1,000万円
融資対象者 ・法人または個人事業主
(申込時の年齢が満20歳以上満69歳以下の方)
・日本国籍を有している、または外国籍で日本での永住権を有している。
・会社の業績が2年以上、または決算を2期終了している(法人の場合のみ)
融資スピード ビジネスアカウントあり:最短翌営業日
ビジネスアカウントなし:最短5営業日
融資期間 1年ごとの自動更新(契約期間)
遅延損害金(実質年利) 20.0%

PayPay銀行の法人・個人向けビジネスローンがおすすめな人の特徴
  • すぐに借入がしたい。
  • 限度額の範囲内で繰り返し利用したい。
  • 低金利で借入がしたい。

PayPay銀行のビジネスローンは、法人・個人事業主を対象とした最大1,000万円の範囲内で何度でも借入可能な、利便性の高いローン商品です。

さらに、24時間365日いつでも借入が可能で、借入金は手続き後に即時入金されるため、スピーディーに融資が受けられます。

申し込み時点では口座開設・決算書・確定申告が不要なため、なかなか時間が取れない方にもおすすめ。

MEMO
m法人の場合は、会社の業歴が2年以上、または決算を2期終了していないと契約不可。
(個人事業主から法人化した場合は、個人事業主からの業歴を通算することが可能。)

無担保ビジネスローンとは

無担保ビジネスローン とは
無担保ビジネスローンとは、担保の提供をせずに融資が受けられるビジネスローン です。

担保が不要なため、審査から融資までの期間が短い場合が多く、最短即日融資可能な場合もあります。

MEMO
ビジネスローンとは、中小企業や個人事業主などが事業に使う資金を調達するローン商品のこと。

また、無担保ビジネスローンの対象者によって契約時に異なる点があります。

無担保ビジネスローンの契約時に異なる点
法人:代表者が連帯保証人
個人事業主:担保・保証人が不要

以下の見出しでは連帯保証人についてなぜ異なるのか、それぞれ解説するのでぜひご参考にしてください。

違いを知っておくことで、無担保ビジネスローンでの借入を検討する際に、注目して確認するポイントがわかります。

連帯保証人とは
契約者(主債務者)が支払困難になった場合に、代わりに返済する義務を負う人。
保証人と異なり、連帯保証人は主債務者と同じ責任が課せられる。

▼ 最短即日融資も可能 ▼

AGビジネスサポート
→AGビジネスサポートで事業資金を融資してもらう

法人は代表者が連帯保証人となる

法人がビジネスローンを組む際、会社の代表者が連帯保証人となるケースが多い です。

このように、法人が融資を受ける際に 代表者個人が会社の連帯保証人となることを「代表者保証」といいます。

MEMO
契約内容の条件に「代表者保証」という表記で記載されている。

会社が返済ができなくなった場合、代表者の財産から返済してもらえるメリットがある反面、財産差押えにより代表者自身の生活が破綻してしまう可能性も。

法人だからといって、自分自身にリスクがないわけではないため、借入は慎重に行ってください。

MEMO
2023年4月から代表者保証の仕組みが見直され、保証人を要求する場合には、その理由などについて説明することが必要になりました。

個人事業主は担保・保証人が不要

個人事業主がビジネスローンを利用する場合は、原則として担保・連帯保証人が不要 です。

そのため、 申込から融資までスピーディー に行えます。

MEMO
一般の銀行での融資を受ける場合は、担保や連帯保証人が必要になるケースが多い。

なお、個人事業主向けのビジネスローンの商品が用意されてない金融機関もあるため、ご確認ください。

また、担保・保証人が不要でも契約名義人は自分なので、法人同様リスクはあるため借入は慎重に!

MEMO
個人事業主がビジネスローンを利用する際、本人の信用状況や健康状態などによって、担保や連帯保証人が必要になるケースもあります。

▼ 最短即日融資も可能 ▼

AGビジネスサポート
→AGビジネスサポートで事業資金を融資してもらう

無担保ビジネスローンのメリット

無担保ビジネスローン メリット
無担保ビジネスローンのメリットは、以下の通り です。

無担保ビジネスローンのメリット
  • 銀行融資と比べて審査から融資実行までが早い
  • 担保ありと比べて諸費用がほぼかからない
  • 担保ありと比べて必要書類も少ない
  • 総量規制の対象外

では、無担保ビジネスローンを利用するメリットについて、それぞれ解説します。

銀行融資と比べて審査から融資実行までが速い

無担保ビジネスローンは、担保や連帯保証人が不要なため、審査や申込の時間が少なく、融資実行までが速い です。

担保が必要な場合は、物的担保(不動産など)や人的担保(連帯保証人)の審査が必要であり、時間がかかります。

無担保ビジネスローンだと 担保に関する時間が不要なため、結果的に融資実行が速くなる ということです。

MEMO
物的担保の場合は担保物件の評価、人的担保の場合は保証人の信用状況の調査が必要。

担保ありと比べて諸費用がほぼかからない

無担保ビジネスローンは、 有担保でかかる「物件調査費用」や「抵当権設定登記の費用」が不要なため、諸費用がほぼかかりません。

MEMO
物件調査:不動産業者が物件の概要について調べる作業。
抵当権設定登記:債務者の土地や建物などの不動産に、担保権を設定すること。

例えば抵当権設定登記を行う際には、司法書士に依頼する必要があるため、登記費用が発生します。

このように、 担保が必要な場合にかかる費用が、無担保ビジネスローンだと不要 になり印紙代のみとなるため、諸費用をおさえることが可能。

担保ありと比べて必要書類も少ない

担保が必要な融資の場合、担保設定の書類や補償契約に関する書類が必要となりますが、無担保ビジネスローンの場合これらは不要 です。

無担保ビジネスローンの申込時に必要となる、主な書類は以下の通りです。

・本人確認書類
・収入証明書(法人の場合は決算書など。個人事業主の場合は確定申告書)

審査の状況により、必要書類は異なる場合がありますが、 担保が必要な融資に比べて無担保ビジネスローンの場合は必要書類は少ない です。

総量規制の対象外

ビジネスローンは 総量規制の対象外となっているため、年収の3分の1を超える資金調達が可能 です。

総量規制とは
個人が賃金業者から借りることが可能な総額の上限を規制する法律。
多重債務者を発生させないよう、返済能力を超える貸付を原則として禁止。
(年収の3分の1を超える貸付)

個人への貸付について規制している総量規制であり、法人や個人事業主を対象としたビジネスローンは対象外となります。

資金繰りに困っている方にとっても、総量規制の対象外であるビジネスローンは大活躍 です。

▼ 最短即日融資も可能 ▼

AGビジネスサポート
→AGビジネスサポートで事業資金を融資してもらう

無担保ビジネスローンのデメリット

無担保ビジネスローン デメリット
無担保ビジネスローンのデメリットは、以下の通りです。

無担保ビジネスローンのデメリット
  • 担保ありと比べて借入限度額が低い
  • 担保ありと比べて金利が高い

利便性の高い無担保ビジネスローンですが、そのぶん金融機関にとってはリスクがある商品です。

では、無担保ビジネスローンのデメリットについてそれぞれ解説します。

デメリットをよく理解した上で、無担保ビジネスローンを活用するか検討してみてください。

担保ありと比べて借入限度額が低い

担保ありと比べて、 貸し倒れリスクの高い無担保ビジネスローンは、借入限度額が低くなっています。

貸し倒れとは
融資などの回収が不能になること。

もし債務者が返済困難になった場合、無担保ビジネスローンだと貸し倒れが起きます。

貸し倒れのリスクを考慮し、利害を最小限におさえるために、無担保ビジネスローンは限度額をあらかじめ低く設定 されています。

MEMO
必要な借入金額に満たない場合は、補助金制度や助成金制度を活用し、併用することをおすすめします。

担保ありと比べて金利が高い

無担保ビジネスローンは、以下の理由で担保ありと比べて金利が高く設定されています。

金利が高い理由

  • 申込から融資までの時間が早い。
  • 貸し倒れリスクが高い。

融資までスピーディーに行える無担保ビジネスローンですが、 無計画で借入を行うと予想以上に返済総額が高くなる ことも。

担保ありと比べて金利が高いので、申込をする前に借入期間借入金額を決め、支払利息がいくらになるのか計算してください。

▼ 最短即日融資も可能 ▼

AGビジネスサポート
→AGビジネスサポートで事業資金を融資してもらう

無担保ビジネスローンで資金調達する注意点

無担保ビジネスローン 資金調達 注意点
利便性の高い無担保ビジネスローンですが、 資金調達をする際に注意するポイントが主に3点 あります。

無担保ビジネスローンで資金調達する注意点

  • 必要資金はいくらなのか把握して融資を受ける。
  • 融資の返済計画をシミュレーションしておく。
  • 返済不要の資金調達(補助金・助成金)も検討する。

これらの注意点を知っておくことで、気を付けるポイントをおさえることができ、より一層便利に活用することが可能になります。

必要資金はいくらなのか把握して融資を受ける

無計画で借入を行わず、必要資金のおおよその目安を把握してから融資を受けてください。

本当にその金額が必要なのか、事業計画書を作成するなどして、現在の状況に合った借入金額なのか確認することをおすすめします。

MEMO
必要書類として、事業計画書が必要な場合もあります。
もし提出不要でも事業計画書を作成することで、改めて経営を見直せるためおすすめです。

融資の返済計画をシミュレーションしておく

確実に返済できる見込みがあるのか、借入の検討段階で返済計画をシミュレーションしておいてください

月々の返済額がいくらになるのか、また、借入金額と返済総額はいくらになるのか、よく確認することをおすすめします。

また、金融機関によっては返済方法も異なるため、自分の返済計画にそった返済方法が行える金融機関を選んでください。

代表的な返済方法
・元金一括返済方式
・残高スライドリボルビング方式
・元利均等返済

返済不要の資金調達(補助金・助成金)も検討する

資金調達方法として、 返済不要の補助金や助成金制度の利用を検討してみることをおすすめ します。

補助金・助成金とは
企業や個人などが行う事業の資金の一部を、国や地方公共団体が給付する制度。

自分の受けられる補助金や助成金があるか確認 してみることをおすすめします。

ただし、申請に手間がかかったり、申請から受給までに時間がかかります。

さらに、申請が必ず通るとは限りません。

無理のない範囲内で行えるかどうか確認したうえで、申請を検討してみてください。

▼ 最短即日融資も可能 ▼

AGビジネスサポート
→AGビジネスサポートで事業資金を融資してもらう

無担保ビジネスローン以外で資金調達する方法

無担保ビジネスローン 以外 資金調達
無担保ビジネスローン以外で資金調達する方法 もあります。

無担保ビジネスローン以外で資金調達する方法

  • 日本政策金融公庫
  • 銀行フリーローン
  • ファクタリング

それぞれの特徴を理解することで、自分に合った資金調達方法が見つかるかもしれません。

日本政策金融公庫

事業に取り組む方々などを支援する政策金融機関 です。

主な融資対象者は、個人企業・小規模企業・中小企業・農林水産事業です。

詳細は以下の通りです。

事業名 主な融資対象 融資の特徴
国民生活事業 個人企業や小規模企業 ・融資残高の平均は約1,000万円
・短期の運転資金の取扱可能
中小企業事業 中小企業 ・融資残高の平均は約1.3億円
・短期の運転資金は取扱不可
農林水産事業 農林業や国産農林水産物を
取り扱う加工流通分野
・長期事業資金の融資可能

さらに、 「新創業融資制度」は、新たに事業を始める方または事業開始後税務申告を2期終えていない場合、他の融資制度と併用することで無担保・無保証人で利用可能。

MEMO
詳しくは日本政策金融公庫へ電話、もしくは来店して相談してください

銀行フリーローン

銀行フリーローンとは、無担保で受けられる場合が多い、資金の使い道が自由な個人向けのローン商品 です。

資金使途が自由であるメリットがありますが、追加で融資が受けたい場合は改めて申請しなくてはいけない場合も。

事前に確認しておくことをおすすめするポイント
  • 融資実行までに要する時間。
  • 追加融資の有無。
  • 手数料の有無。

これらについて 事前に確認しておくことで、より計画的に融資が受けられます。
MEMO
申請から融資まで時間がかかる場合が多いため、急ぎで融資を受けたい場合は無担保ビジネスローンやカードローンの利用をおすすめします。

ファクタリング

ファクタリングとは、企業が保有している「売掛債権」を買い取ってもらい、現金化する金融サービス です。

ファクタリングの主な流れは以下の通りです。

  1. 掛け取引により発生した売掛金をファクタリング業者に譲渡。
  2. 売掛金を買い取ったファクタリング業者から、手数料分以外の買い取り代金が入金される。
  3. 後日、売掛先からファクタリング業者に、本来の売掛金が入金される。

つまり、 代金を先に受け取ることが可能になるため、資金繰りが改善される ということです。

注意点
・売掛金を上回る資金調達はできない。
・手数料が高い。
・取引先に知られてしまう。

▼ 最短即日融資も可能 ▼

AGビジネスサポート
→AGビジネスサポートで事業資金を融資してもらう

無担保ビジネスローンのまとめ

無担保ビジネスローン まとめ
無担保ビジネスローンは、必要書類も少なく無担保のため、申込から融資実行までが早い です。

担保ありに比べて借入限度額が低く金利が高く設定されているため、 申込の前に返済計画を立ててから申込を行うことをおすすめ します。

ビジネスローンと個人事業主、審査が甘いをざっくりいうと...
  • ビジネスローンは個人事業主の場合、無担保で借りれるが、法人は代表者が連帯保証人になる必要がある
  • 無担保のビジネスローンでおすすめは即日で最短1
  • 000万円まで借りることができるAGビジネスサポート
  • 無担保ビジネスローンは銀行融資と比べて審査から融資実行までが早い・諸費用がほぼかからない・必要書類も少ない・総量規制の対象外がメリット
  • デメリットには担保ありと比べて借入限度額が低い・担保ありと比べて金利が高いなどが挙げられる
  • 無担保ビジネスローンで資金調達する注意点は必要資金がいくらなのかの把握・返済シミュレーションしておく・返済不要の資金調達(補助金・助成金)も検討する
  • 無担保ビジネスローン以外で資金調達する方法には日本政策金融公庫の融資や銀行フリーローン、ファクタリングがおすすめ

また、無担保ビジネスローン以外にも日本政策金融公庫などから資金調達も可能なので、ぜひ併用して活用してみてください。

ビジネスローンならAGビジネスサポートがおすすめ!
  • AGビジネスサポートの事業者ローンなら保証人・担保不要で50万円~最大1,000万円を即日融資することが可能!
  • 赤字決算・事業を開始して間もない個人事業主や法人でも、直近数年間の売上や資産表上の改善箇所など総合的に判断するので、審査が柔軟!
  • 約定日制なので契約時に都合に合わせた日を返済日に指定できる
  • 赤字決算だけど事業資金が必要・事業拡大資金が欲しい・大きな金額を借りたい・創業して間もないのいずれかに当てはまる人におすすめ!

▼ 最短即日融資も可能 ▼

AGビジネスサポート
→AGビジネスサポートで事業資金を融資してもらう

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • k*****h様が
    600万円を調達しました。

  • y**v様が
    700万円を調達しました。

  • w**f様が
    700万円を調達しました。

  • c******c様が
    100万円を調達しました。

  • e*****n様が
    1100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング