法人が銀行融資を受けるには?融資の種類や必要書類と金利相場、法人融資を受ける流れ

運営事務局
運営事務局
更新日2023/12/19
PR

銀行融資 法人 アイキャッチ

銀行融資法人が受ける場合の金利は?

審査流れ、必要書類について知りたい

保証人は必要?赤字でも大丈夫?審査が甘い銀行はある?

経営において資金調達は必須ですが、その中でも利用者が多い選択肢として「銀行融資」が挙げられます。

銀行融資とは
銀行が法人や個人事業主に事業用資金を貸し出す制度のこと

法人が銀行融資を受けるには、必要書類の準備や審査に通らなければなりません。

今回は、 法人が銀行融資を受けるにはどうすればよいか について解説していきます。

記事を読むことで、法人が銀行融資を受ける際の金利や審査と流れ、保証人の有無、必要書類などについてまとめているので、融資を検討している方は参考にしてください。

また、 審査の甘い銀行からの融資や種類、その他の資金調達方法 にも触れているので、経営者の方必見です!

法人が銀行融資を受ける方法をざっくりいうと...
  • 銀行が提供する事業者向け融資には保証付き融資・プロパー融資・不動産担保融資・ビジネスローン・売掛債権担保融資・カードローンの主に7種類がある
  • 法人が銀行融資を受ける際に用意する必要書類は社内で用意できるものと入手しなければならないものがあるので要確認
  • 提出書類をもとに事業の格付けが行われるため、金利や借入限度額にも大きく影響
  • 法人が銀行融資を受ける場合の金利は2%~3%が相場
  • 法人が銀行融資を受ける流れは「事前相談と提出書類の準備→必要書類の提出と審査→契約」の順で進む
  • 銀行融資の審査基準には「格付け」があり、定量評価と定性評価の2種類がチェックされる
  • 法人が銀行融資の審査に通過するコツは事業や財務状況の健全性をアピール、経営計画書の作成と返済の見通しを可視化することが重要
  • 銀行融資以外で法人が融資を受けるなら日本政策金融公庫や地方自治体の融資制度、ビジネスローンを検討する
  • 融資以外で法人が資金調達するなら補助金・助成金、ファクタリングも選択肢にいれる
資金調達にファクタリングがおすすめな理由
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

AGビジネスサポートのビジネスローンなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能!

▼ 起業や開業資金もOK! ▼

AGビジネスサポート

法人が銀行融資を受けるには?事業者向け融資の種類

銀行融資 法人 種類
銀行融資は、個人事業主や法人へ銀行が融資を行うことです。

法人が事業を運営するには、多くの資金を必要とするため資金融資は必須といえます。

事業者向けの融資は主に6種類があり、それぞれの特徴や利用シーンなどが異なります。

1つずつ解説していくので、銀行融資について理解を深めたい人はぜひ参考にしてみてください。

事業者向け融資の種類
  • 信用保証協会の保証付き融資
  • プロパー融資
  • 不動産担保融資
  • ビジネスローン
  • 売掛債権担保融資
  • カードローン

信用保証協会の保証付き融資

信用保証協会の保証付き融資
・審査期間:1ヶ月〜1ヶ月半
・借入上限額:2億8,000万円

信用保証協会の保証付き融資は、銀行から融資を受ける際に、信用保証協会が連帯保証人になってくれる制度のことをいいます。

返済が困難になった場合、 代わりに信用保証協会が支払いを行なってくれるのが最大の特徴 です。

MEMO
信用保証協会は融資額の80〜100%を保証してくれるため、貸し倒れのリスクが低くなります。

ただし、誰でも利用ができるわけではありません。

いくつかの利用基準を満たしていなければならず、信用保証料を支払う義務も生じます。

できて間もない企業は、銀行から融資を受けにくいとされていますが、信用保証協会の保証付き融資では融資を受けやすい点がメリットです。

また、長期借入にも対応しており原則保証人も担保も不要ですが、金利は高めに設定されているため注意してください。

プロパー融資

プロパー融資
・審査時間:2〜3週間
・借入金上限額:原則なし

銀行から直接企業へ融資することをプロパー融資といいます。

信用保証協会を介していない融資となるため、仮に企業側が返済困難になった場合には銀行がすべて損失を被らなければなりません。

そのため、審査が非常に厳しいのが特徴で、中小企業などの信用度があまり高くない企業においては融資を受けられない可能性が高いといえます。

逆に、信用度が高い企業が融資を受けられるため、 保証付き融資に比べると金利は低く、限度額の上限もない点が特徴 です。

また、プロパー融資が受けられると企業の信用度がグッと上がることや保証料がかからないなどのメリットもあります。

MEMO
銀行融資の中でも審査日数が短く、元々取引がある優良企業であれば1〜2週間で審査が終わることもあります。

ただし、返済期間は短く設定されることが多いため、長期の借入は難しい点には注意してください。

不動産担保融資

不動産担保融資
・審査期間:1週間〜1ヶ月
・借入金上限額:数億円まで可能

不動産担保融資とは、土地や建物などの不動産を担保に入れて、銀行から融資を受けることです。

審査基準は、返済能力があるかだけでなく担保となる不動産の価値も判断の基準となります。

一般的に、 無担保の融資よりも一度に利用できる借入額が大きく、低金利で長期返済も可能といった特徴 があります。

ただし、利用する場合には手数料などの費用が必要となるため、ある程度の現金を用意しなければなりません。

MEMO
手数料は融資額の1〜3%です。そのほか登記費用や不動産の鑑定費用が発生するケースもあります。

また、返済できなくなった場合には不動産を失うことになるため、慎重に検討することが重要です。

融資の条件によっては、他者への借り換えで中途解約するといった場合には違約金が発生することもあるため、しっかりと確認しておいてください。

ビジネスローン

ビジネスローン
・審査期間:即日〜1週間
・借入金上限額:数百万〜1,000万円ほど

事業を営んでいる法人や個人事業主を対象とした事業資金専用のローン商品をビジネスローンといいます。

運転資金や新事業の立ち上げ資金など事業全般の資金に使用可能です。

保証人と担保は必要なく、総量規制の対象にもなりません。

MEMO
借入する本人の年収3分の1を超えてはならないとされている総量規制のルールがあります。ただし、ビジネスローンは例外とされており、年収3分の1以上の資金調達も可能です。

また、即日〜数日程度で借入ができるため融資スピードが早い点が特徴といえます。

ただし、高金利な点や借入可能金額は低めに設定されている点には注意が必要です。

さらに、今後銀行融資を受ける際には審査に影響する可能性が少なからずあることも理解しておいてください。

売掛債権担保融資

売掛債権担保融資
・審査期間:1週間〜1ヶ月
・借入金上限額:100万〜2億円程度

企業が保有している売掛債権を担保として、銀行から融資を受けることを売掛債権担保融資といいます。

売掛債権担保融資であれば、信用保証協会や不動産担保に頼ることなく資金調達が可能です。

借入金額は取引先によって異なり、100万円単位から数億円までと幅が広いです。

業績が厳しい、担保が足りないといった場合でも利用できるメリットがあります。

売掛金を前倒しで資金化できるため、有効な資金調達手段のひとつです。

ただし、利用する場合は一般的に取引先へ通知して承諾を得なければなりません。

取引先によっては契約をした段階で禁止としているところもあるため、事前にしっかりと確認しておくことが重要といえます。

また、事業を継続することが前提となっている融資のため、金融機関と密にコミュニケーションをとることが重要となる方法です。

MEMO
似ている方法にファクタリングがありますが、ファクタリングは売掛債権を売却して資金を得る方法です。売掛債権担保融資は、売掛債権を担保にして融資を受ける点が異なっています。

カードローン

カードローン
・審査期間:即日〜1週間
・借入金上限額:数百万〜2,000万円ほど

カードローンは、ATMから借入・返済ができる方法で手軽に利用ができます。

保証人と担保なしで簡単に利用ができ、即日融資も可能ですが高金利なのが特徴です。

そのため、多額の資金を長期で借り入れる際には向いてないといえます。

MEMO
金額によっては信用保証協会の利用が必要となるケースもあるので注意してください。

ただし、 使い道は決められておらず資金使途は自由なので、急な出費にも柔軟に対応 ができます。

金利が高いため、利用の際は借入金額を十分に検討し、さらに返済計画をしっかりと立てることが重要です。

法人が銀行融資を受ける際に提出する必要書類一覧

銀行融資 法人 必要書類
法人が銀行融資を受ける際には、提出しなければならない書類がいくつかあります。

提出の抜かりや不備がないようにしっかりとした準備が必要です。

必要書類 入手場所 入手期間の目安 費用
商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書) 法務局 申請後1週間〜10日ほど 1通につき手数料600円
定款の写し 社内または公証役場 即日 公証役場では1枚につき250円
事業計画書 作成済であれば社内 作成済みであれば即日(作成未で代行した場合は5〜10日) 作成代行は10〜25万円ほど
試算表 作成済であれば社内 作成済みであれば即日 代行費用は、年間仕訳数や依頼先により異なる
資金繰り表 作成済であれば社内 作成済みであれば即日 代行費用は依頼先により異なる
決算書 作成済であれば社内 作成済みであれば即日 税理士が作成する場合は費用がかかる
商取引の履歴証明書類 社内 即日 かからない
納税証明書 所轄の税務署 即日 諸面:1枚につき400円(電子納税証明書であれば1枚370円)でコピー可能
借入申込書 申し込みの際お客様控えをもらう 即日 かからない
印鑑証明 法務局(法人はコンビニ不可) 即日 書面請求であれば1通450円

書類によっては、社内で保管しているものも多いですが、中にはわざわざ入手しなければならないものも多くあります。

提出書類をもとに事業の格付けが行われるため、金利や借入限度額にも大きく影響します。

良い評価をもらえるように、担当者とのコミュニケーションだけでなく提出書類もしっかりと準備することが重要です。

法人が銀行融資を受ける場合の金利は2%~3%が相場

銀行融資 法人 金利
法人が銀行融資を受ける際の金利相場は、およそ2〜3%といわれています。

企業によって金利は異なりますが、 融資の時期や調達方法、どのくらいの事業規模かによって決定するのが基本です。

例えば、融資の期間が長ければ長いほど、金利も高くなるのが一般的です。

返済までの期間が長ければ、返済が困難になるリスクが上がったり、何らかのトラブルが起きたりすることも十分考えられるため金利は高めに設定されてしまいます。

そのほか、その融資方法を選択するかによっても金利が変化し、カードローンやビジネストーンは信用補書教会の融資に比べると高金利の傾向があります。

金利の決定は、さまざまなリスクや要素を踏まえて定められているのを、しっかりと理解しておかなければなりません。

法人が銀行融資を受ける流れ

銀行融資 法人 流れ
法人が銀行融資を受ける方法には3つのステップがあります。

流れと合わせて提出書類についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

STEP1
事前相談と提出書類の準備

STEP2
必要書類の提出と審査

STEP3
契約

STEP1 事前相談と提出書類の準備

まずは、 申し込みをする前に、相談窓口にて事前相談を行うようにしてください。

事前相談を行うことで、融資の際に銀行が何に重きをおいているのかといった情報や必要な資料などをを知ることができるからです。

銀行ごとに融資での必要書類や重点をおいていることは異なるため、事前相談は審査を通る上でも大切なポイントとなります。

それから、事前相談で得た情報をもとに必要書類を準備します。

一般的に求められる必要書類
  • 決算書(損益計算書・貸借対照表)
  • 資金使途明細
  • 試算表
  • 受注明細(売上見込み)
  • 事業計画書
  • 資金繰り表
  • 確定申告書
  • 登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 納税証明書
  • 銀行取引明細書

提出書類は銀行によって異なりますが、返済能力を確認して融資可能金額や金利に影響するため、信頼できる企業であるとアピールできるように抜かりなく行ってください。

STEP2 必要書類の提出と審査

申し込み後は複数名によって審査が行われますが、その間に追加の資料を提出しなければならないケースもあります。

事前相談で漏れがないと思っていても、情報提供が必要な場合には追加で準備が必要になるため、迅速に対応できるように心がけてください。

STEP3 契約

審査に通過できれば、契約となります。

契約に関しては「金銭消費賃借契約書」をはじめとするさまざまな契約書が必要です。

金銭消費賃借契約書とは
金銭を消費賃借の対象とする契約のことです。争いごとが起こらないように、いくらをいつまでに返すのか、どのような方法で払うのかといった事項を記載しています。

それぞれの契約書を作成し不備がなければ契約の締結となり、銀行からの融資が開始します。

融資を受けた後は、審査の際に定められた返済条件に基づいて融資額の返済を行ってください。

法人向け銀行融資の審査基準|格付けについて

銀行融資 法人 格付け
銀行融資では、審査をするために格付けを行っています。

格付けには、定量評価と定性評価の2種類があります。

MEMO
「定量評価」は決算書などの資料をもとにしており、評価軸は安全性・収益性・成長性・債務返済能力の4つです。一方で「定性評価」は、経営者の人柄や経営方針などから判断します。

法人は、この2つをもとに5つの債務区分に振り分けられています。

正常先 業績が良好で財務内容も問題がない
要注意先 業績は低調。決算書の内容などに問題がある
破綻懸念先 今後経営破綻に陥るリスクがある
実質破綻先 深刻な経営難。実質的に経営破綻ともいえる状態である
破綻先 法的または形式的な経営破綻の状態にあるといえる

一番上の正常先に分類されなければ、希望の融資額や良い条件で融資を受けることは難しくなります。

法人が銀行融資の審査に通過するコツ

銀行融資 法人 通過コツ
貸し倒れにならないために、銀行の審査は簡単に通過できないようになっています。

法人が銀行融資の審査に通過するためには2つのコツを押さえなければなりません。

1つずつ確認して、ぜひ参考にしてみてください。

法人が銀行融資の審査に通過するコツ
  • 事業や財務状況の健全性をアピールする
  • 経営計画書の作成と返済の見通しを可視化する

事業や財務状況の健全性をアピールする

銀行側が強く求める要素として、事業や財務状況が健全であるかどうかが挙げられます。

融資を行った後に経営が悪化し返済ができなくなってしまうことを、銀行側は極力避けたいからです。

企業が健全であるアピールは非常に大切で、 信頼できる会社と認識してもらえれば審査は通過しやすくなる といえます。

審査では、売上総利益や在庫、売掛金、在庫などの項目がチェックされるので、漏れのないようにしっかりと資料を作ることが重要です。

いくら魅力的なビジネス内容であっても、賃借対照表や損益計算書に不備があれば審査の通過は難しくなります。

収益がマイナスになっていることも融資が難しいと判断されやすいですが、同様に、資料内容に問題があることも不利になる場合が多いです。

経営計画書の作成と返済の見通しを可視化する

経営計画書を作成し、返済の見通しを可視化することも重要なコツのひとつといえます。

特に、創業の前やスタートアップ企業であれば、実績が少なくアピールできる要素が不十分なことが多くあるため、経営計画書の作成は非常に重要です。

まず、 経営計画書には融資額の使用用途をきちんと記載してください。

どんなものにいくら必要なのかを明確にすることで、審査する際も納得感を出すことができます。

さらに、返済の見通しが経っていることもしっかりと示さなければなりません。

審査には、無理のない返済計画であることを示す必要があり、可視化は非常に大切です。

収益予定と返済の見込みを説明するには、事業計画書や資金繰表を作成してください。

銀行融資以外で法人が融資を受ける方法

銀行融資 法人 方法
法人が融資を受ける方法は、銀行以外にもあります。

条件や金利などそれぞれ異なっているため、融資を受ける前にしっかりと確認しておいてください。

銀行融資以外で法人が融資を受ける方法
  • 日本政策金融公庫からの融資
  • 地方自治体の融資制度
  • ビジネスローン

日本政策金融公庫からの融資

日本政策金融公庫とは、財務省が管轄する政府系の金融機関のことです。

ビジネスと新しく始める企業をバックアップしており、創業したばかりの企業や中小企業などを積極的に支援しています。

低金利な上に、担保や保証人は不要で審査に通りやすいメリットがあります。

しかし、銀行と同様に審査があるため、事業計画書の提出や、返済計画について説明しなければ融資を受けることができません。

融資は比較的受けやすい反面、着金までにはそれなりに時間がかかるため、余裕を持って申し込みを行う必要があります。

MEMO
申し込みを行ってから融資が始めるまでは、およそ3週間です。

また、事業の発展と安定を目標としているため、創業や経営に関するサポートや情報提供も行っています。

地方自治体の融資制度

中小企業をバックアップするために、地方自治体ごとに融資制度が設けられています。

企業の経営状態の安定や新規創業を目的としており、金融機関と地方自治体が連携して行っている融資です。

銀行融資と比較すると金利が低い点がメリットといえます。

ただし、自治体によっては、中小企業診断士などの専門家と面談が必須だったり、多額の資金調達はできなかったりといったデメリットも存在します。

制度の内容はそれぞれの自治体によって異なるため、利用前にしっかりと確認するようにしてください。

ビジネスローン

いくつもの種類があるビジネスローンは、銀行だけにとどまらず、クレジットカード会社や消費者金融などさまざまな会社から提供されています。

担保や保証人は不要で、来店しなくても簡単に資金調達できる点が特徴的です。

また、比較的審査に通りやすく、赤字でも融資可能な点はメリットといえます。

ただし、銀行融資と比較すると、高金利で融資額の上限も低いため、高額かつ長期で利用する際にはあまり向いていません。

MEMO
銀行によってはビジネスローンでの利用が審査に影響することもあり、今後の融資が難しくなるケースもあるので注意してください。

融資以外で法人が資金調達するなら補助金・助成金も検討する

銀行融資 法人 補助金
地域の復興や経済を活性化することを目的として、国や地方自治体が法人向けに補助金などを整備しています。

融資以外で資金調達をする場合、補助金や助成金の利用も検討するのもおすすめです。

補助金や助成金は返済不要のものが多いため、資金力が不十分な創業期には心強い資金調達法の一つといえます。

起業する前から受けられるものがあったり、収益性や信用力がそれほど問われなかったりとメリットが多いのも魅力です。

しかし、申し込みの期間が決められており、いつでも資金調達ができるわけではありません。

また、抽選や使用目的が限定されていることも多いため、必ず得られるわけではない点も覚えておいてください。

売掛金を現金化するファクタリングは即日資金調達が可能

法人が保有している売掛債権を売却して、資金を調達する方法としてファクタリングがあります。

一般的な融資とは異なるため、借入にはならない点が特徴です。

ファクタリングであれば、赤字など経営上に問題があってもすぐに利用できます。

資金調達までの時間は即日から1週間程度で完了するので、資金が急に必要になった際には便利な方法です。

MEMO
買取ファクタリングには、2社間と3社間の2種類の取引方法があります。自社とファクタリング会社のみで完結する2社間に対し、3社間は取引先の合意が必要です。

ただし、売掛金がなければ利用ができない点や、手数料を支払わなければならない点には注意しなければなりません。

銀行融資×法人に関するよくある質問

銀行融資 法人 質問
法人が銀行融資を受ける際によくある質問をまとめてみました。

法人融資について理解を深めたい人はぜひ参考にしてください。

銀行融資×法人に関するよくある質問
  • 法人融資で審査の甘い銀行はありますか?
  • そもそも法人融資とは?個人融資との違いはなんですか?
  • 日本政策金融公庫は個人事業主でも融資を受けることができますか?

法人融資で審査があまり厳しくない銀行を探す場合、やはりノンバンク系や消費者金融系が提供するビジネスローンの方が審査通過率が高い傾向にあります。

中でも、ビジネスローンを検討している人には「AGビジネスサポート」がおすすめです。

過去の業績よりも現在の信用力を見る傾向にあるため、柔軟に審査してもらえます。

AGビジネスサポートは、無担保・無保証でまとまった資金を自由に借入できるため非常に便利です。

利用限度額も1000万円とやや高めに設定されています。

高額な事業資金が必要な人や、開業して間もない人でも利用しやすいビジネスローンです。

ただし、金利は18%と高めに設定されており、必要書類も多めになっている点には注意が必要です。

法人融資は、企業が保有している売掛債権を担保にして銀行から融資してもらう方法です。

信用保証協会や不動産の担保は使用せずに資金調達が可能です。

借入金額は少額から数億円までと幅広く、取引先によって異なります。

一方で、個人融資とは知人や家族ではない個人との間で行う融資のことです。

SNSなどで金銭の貸し借りをする個人融資は、貸金業に未登録で融資している違法の場合もあり、トラブルに巻き込まれてしまうことも少なくありません。

また、高金利で貸付けられるケースも多く安全性は低いといえます。

個人に借りる場合は、親族に借りる方法も選択肢として検討することをおすすめします。

個人事業主でも、日本政策金融公庫で融資を受けることは可能です。

日本政策金融公庫は、中小企業や個人事業主を対象にしたさまざまな融資制度を提供しています。

個人事業主は、個人企業や上規模企業向けの融資である「一般貸付」を利用します。

一般貸付の流れは以下の通りです。

STEP1
融資を申請する

STEP2
担当者と面談をして審査が行われる

STEP3
審査通過後、融資の手続きを行う

STEP4
融資が実行されたら返済をスタートする

金利は安めで借入期間も長く、融資の種類によっては担保や保証人が不要の場合もあります。

ただし、返済能力を証明するために多くの資料が必要な点や、審査が厳しい点はデメリットといえます。

法人が銀行融資を受ける方法のまとめ

銀行融資 法人 まとめ
法人が銀行融資を受ける方法は、直接融資を受けるプロパー融資だけではありません。

信用保証協会や不動産担保融資などさまざまな方法があります。

それぞれの特徴や借入上限額などは異なっているため、法人に合ったものを選択してみてください。

ただし、どの銀行融資も必要書類はたくさんあるため、事前の準備が必要不可欠です。

法人が銀行融資を受ける方法のまとめ
  • 銀行が提供する事業者向け融資には保証付き融資・プロパー融資・不動産担保融資・ビジネスローン・売掛債権担保融資・カードローンの主に7種類がある
  • 法人が銀行融資を受ける際に用意する必要書類は社内で用意できるものと入手しなければならないものがあるので要確認
  • 提出書類をもとに事業の格付けが行われるため、金利や借入限度額にも大きく影響
  • 法人が銀行融資を受ける場合の金利は2%~3%が相場
  • 法人が銀行融資を受ける流れは「事前相談と提出書類の準備→必要書類の提出と審査→契約」の順で進む
  • 銀行融資の審査基準には「格付け」があり、定量評価と定性評価の2種類がチェックされる
  • 法人が銀行融資の審査に通過するコツは事業や財務状況の健全性をアピール、経営計画書の作成と返済の見通しを可視化することが重要
  • 銀行融資以外で法人が融資を受けるなら日本政策金融公庫や地方自治体の融資制度、ビジネスローンを検討する
  • 融資以外で法人が資金調達するなら補助金・助成金、ファクタリングも選択肢にいれる

書類の不備は融資審査にも影響するため、抜かりなく準備を行うことが重要です。

資金調達にファクタリングがおすすめな理由
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

AGビジネスサポートのビジネスローンなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能!

▼ 起業や開業資金もOK! ▼

AGビジネスサポート

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • r**m様が
    800万円を調達しました。

  • l***h様が
    200万円を調達しました。

  • o***o様が
    1100万円を調達しました。

  • c****w様が
    1000万円を調達しました。

  • j****l様が
    400万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング