資金調達の種類と方法19選を徹底解説!返済不要の制度や個人事業主、ベンチャーにおすすめの融資とは

運営事務局
運営事務局
更新日2023/12/19
PR

資金調達 種類 アイキャッチ

資金調達種類を知りたい

どの種類や方法で資金調達をすべきか知りたい

資金調達種類ごとの違いを知りたい

この記事はで上記の悩みを解決します。

企業が資金調達する方法は非常に多くあります。

しかし 種類が多いからこそ、自社にとって最適な資金調達方法が分からないという疑問を持っている方も多数います

資金調達の種類による違いを理解して、自社にとって最適な方法で資金調達することが重要 です。

この記事では、資金調達の種類の特徴や方法の違いを解説します。

5分もあれば理解できる内容になっているので、資金調達の方法について悩んでいる方は、自社に合った最適な資金調達方法が分かるようになります。

資金調達の種類をざっくり言うと・・・
  • 資金調達種類は3つ、資金調達の方法は19ある
  • 会社の事情や状況に応じて最適な方法はさまざま
  • 違いと特徴を理解して自社にとって最適な方法で調達することが重要

目次

資金調達の種類:デッドファイナンス

資金調達 種類 デッドファイナンス

デッドファイナンスとは借入や社債の発行などの方法で外部から資金調達する方法 です。

デッドファイナンスには次のようなメリットとデメリットがあります。

メリット 経営の独立性が保てる
規模にかかわらず資金調達しやすい
節税効果がある
デメリット 返済期限がある
負債が増えて自己資本比率が低下する
返済金流出でキャッシュフローが悪化する

デッドファイナンスは資金を集める際に株式を発行しないので、経営の独立性を保つことができます

また、デッドファイナンスは非常に 事業規模の小さな事業者でも資金調達することが可能 です。

さらに利息の支払いは損金になるので課税所得の圧縮による節税効果が期待できます。

しかしデッドファイナンスは期日までに借りたお金を返済しなければなりませんし、資金調達を行うと負債が増えてしまいます

デッドファイナンスの資金調達方法の特徴について詳しく解説していきます。

資金調達の種類① 日本政策金融公庫の融資

日本政策金融公庫は国が出資している公的金融機関 として次のような特徴があります。

日本政策金融公庫の融資の特徴
  • 金利が低い
  • 融資制度が多い
  • 無担保・無保証で借りることもできる

公的金融機関ですので、 低金利融資を無担保・無保証 で行ってくれます。

また、売上減少時、創業時、設備投資、業種転換、事業承継など様々な場面で活用できる専門的な資金が数多く用意されており、 どのような場面でも資金調達の相談にのってもらうことができます

日本政策金融公庫は無担保・無保証での融資も行っています。

銀行などの民間金融機関が中小企業へ融資する際に、必ずと言っていいほど利用する信用保証協会の保証は付けないため、民間金融機関とは別枠で融資を行うのが大きな特徴です。

資金調達の種類② 保証付き融資・制度融資

保証付き融資とは銀行や信用金庫などの民間金融機関から信用保証協会の保証をつけて融資を受ける方法 です。

また 、制度融資とは地方自治体が金利や保証料の補助を行う融資制度を信用保証協会の保証をつけた上で民間金融機関から借りる方法 で、中小企業が銀行などからお金を借りる際には最もポピュラーな借入方法の1つです。

制度融資には次のような特徴があります。

保証付融資・制度融資の特徴
  • 金利が低い
  • 保証料が低くなる
  • 融資の種類が多い
  • どんな企業でも平等な条件で借入ができる

制度融資はそもそもの金利設定が低い上に、自治体によっては利子補給があるので資金調達コストを大きく引き下げることができます。

また、地方自治体によっては利息だけでなく、 信用保証協会へ支払う保証料の補助を行っている場合もあるので、保証料を引き下げることも可能 です。

制度融資も地域の事業者が抱えている問題を解決するための特色ある融資制度がいくつも用意されています。

経営不振、開業時など、さまざまな場面で利用できる制度資金が用意されているので活用してください。

さらに制度融資はあらかじめ金利や融資限度額が決められています。

一般的に金利は規模が大きく安定している企業ほど低くなりますが、制度融資はどのような企業でも低金利で借りることができます。

資金調達の種類③ プロパー融資

プロパー融資は銀行や信用金庫などの民間金融機関が信用保証協会の保証をつけずに実行する融資 で、次のような特徴があります。

プロパー融資の特徴
  • 保証料がかからない
  • 対外的な信用が高くなる

プロパー融資では信用保証協会などの保証を付けないので保証料が発生しません。

金利は格付けによるため、格付けが高ければ非常に低い金利で借りることができますが、格付けが低い場合には制度融資などよりも金利が高くなることもあります。

また、保証を付けないプロパー融資は銀行にとってリスクの高い融資です。

そのため、ある程度の信用力のある企業でないとプロパー融資を借りることはできません。

つまり、 プロパー融資を利用しているということそのものが対外的な信用の証 だと言えます。

ただし、プロパー融資は銀行にとってリスクの高い融資ですので審査に時間がかかり、融資までには3週間以上の時間がかかることもあります。

資金調達の種類④ ノンバンク融資

ノンバンク融資とは預金業務を行わずに貸付業務を行っている貸金業者から事業資金を借りる方法 で、次のような特徴があります。

ノンバンク融資の特徴
  • 融資までの時間が早い
  • 金利が高い
  • 借入額が少ない

ノンバンク融資は最短即日で借りることができる一方、金利は10%〜18%程度と非常に高くなっています。

また、融資限度額は500万円〜1,000万円程度ですので、数千万円単位で借りられる日本政策金融公庫や銀行と比較して少額しか借りることができません。

資金調達の種類⑤ 親族・知人からの借入

事業資金は親族や知人から借りることもできます。

親族・知人からの借入の特徴
  • 利息がかからない
  • 返済期限に遅れてもリスクがない
  • 人間関係を壊してしまうことが多い

一般的に 個人的に人間関係のある人からお金を借りても利息はかかりません

また、 返済期限に遅れても法的な措置を取られることはあまりないので、差し押さえなどのリスクもありません

しかし返済に遅れてしまうと人間関係を壊してしまうこともあるため、借入の際には必ず借用書を作成して、返済期限は確実に守るようにしてください。

資金調達の種類⑥ 手形割引

手形割引は企業が保有する受取手形を銀行へ買い取ってもらうことで資金調達する方法 です。

手形割引の特徴
  • 手形を期日前に資金化できる
  • 手形の取り立ては銀行が行う
  • 手形が不渡りになると申込企業へ返済義務が生じる

期日にならないと資金化することができない受取手形ですが、 手形割引を利用することで期日前に資金化できます

借入としてはコストが低く、1%〜5%程度の低金利で利用することが可能です。

また、手形の取り立ては売却した銀行が行うので、申込企業は期日にすることは何もありません。

ただし手形が不渡りになると申込企業に返済義務が生じるので、安全な企業の手形だけを割り引く必要があります。

資金調達の種類⑦ 私募債

私募債とは企業が独自に債券を発行して、お金を貸してくれる人を募る方法 です。

主な特徴は次の通りです。

私募債の特徴
  • 自社で借入条件を決められる
  • 対外的な信用がアップする
  • 優良企業でなければ資金調達ができない

利息や返済期限等は自社で条件を決めることができ、人気企業は比較的すぐにお金を借りられます

また銀行が私募債を引き受ければ「銀行が引き受けるほど優良企業なんだ」という対外的なアピールになるので、企業の信用度は飛躍的にアップします。

ただし、規模が大きくもなく、特殊な技術も持たない一般的な企業が私募債を発行しても、お金を貸してくれる人を集めるのは難しいのが実情です。

どんな企業でも資金調達できるわけではないという点はデメリットです。

資金調達の種類⑧ クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、事業資金融資の案件をインターネット上に公開し、その案件に賛同した人から少しずつ資金を集める方法 です。

クラウドファンディングの特徴
  • 返済の必要がない
  • 経営に関与されない
  • 賛同者が集まらない可能性がある

クラウドファンディングは返済の必要がなく、利息もかからない資金調達方法です。

また、株式を発行するわけではないので 出資者から経営に関与される心配もありません

ただし、事業の案件に魅力がない場合には、賛同者が集まらないので、想定した金額の1割にも満たない金額しか集められないケースもあります。

ローンと異なり、希望した金額を調達できない可能性があるのがデメリットです。

資金調達の種類:エクイティファイナンス

資金調達 種類 エクイティファイナンス

エクイティファイナンスとは、増資によって資金調達する方法で、次のようなメリットとデメリットがあります。

メリット 返済義務がない
財務体質が強化できる
人脈やノウハウが向上する
信用力が強化される
デメリット 経営に関与される
税制の優遇が受けられない
デッドファイナンスよりも手続きが面倒

エクイティファイナンスで集めたお金は返済する必要がなく、調達した資金は自己資本になりますし、投資家との企業や投資家との人脈ができます

さらに新株発行によって資本金が強化されれば、 自社に対する外部からの信用が向上します

しかしエクイティファイナンスは株式を発行して資金調達するため、経営に口を出される可能性があります。

資本金が1億円以下の企業には税制優遇が用意されていますが、資本金が増えることによって税制優遇がなくなります。

また、新株を発行する手続きは面倒だという点もデメリットです。

エクイティファイナンスの4つの資金調達方法について詳しく解説していきます。

資金調達の種類⑨ 株主割当増資・第三者割当増資(新株発行)

既存の株主や投資家に対して新株を発行して資金調達する方法 です。

私募債と同様に 会社へ資金提供してくれる人を選択できるメリットがあります

私募債には返済義務がありますが、増資には返済義務はありません。

そのため、財務状態は強化されますが、投資家は株式を引き受けるので経営の独立性が妨げられるリスクがあります。

資金調達の種類⑩ ベンチャーキャピタル(VC)

ベンチャーキャピタルは上場前の企業へ出資して、上場後に大きな利益を狙う投資会社 です。

数十億円規模の大きな資金を調達することができ、企業を育成するためにベンチャーキャピタルやノウハウや人脈等で大きなサポートをしてくれます

ただし、将来的には上場が見込めるような特殊な技術やアイデアを持っている企業でなければ資金調達は困難です。

資金調達の種類⑪ エンジェル投資家

エンジェル投資家とは、個人で若手経営者へ出資を行っている投資家 のことです。

営利目的というよりも若手経営者を育成する目的で出資をしているケースが多く、投資家の中には引退した経営者も多いので、経営に関するノウハウや人脈を伝授してくれる可能性もあります

ただし、あくまでも個人による投資ですので、ベンチャーキャピタルのような高額の資金調達を行うことはできません

資金調達の種類⑫ 資本性劣後ローン

資本性劣後ローンは日本政策金融公庫などから借入を行うものですが、負債ではなく、自己資本と見なされるローン です。

期日一括返済で返済期間を最大20年先まで設定できる ので、資本金と同じように扱うことができます。

なお、資本性劣後ローンは長期間返済義務がないというだけで、返済義務は残りますので、資本金とは異なる点に注意してください。

資金調達の種類:アセットファイナンス

資金調達 種類 アセットファイナンス

アセットファイナンスとは会社の資産を売却して資金調達する方法で次のようなメリットがあります。

メリット 保有資産の信用で資金が調達できる
返済義務がない
財務状況を改善できる
デメリット 資産の信用度しか資金調達できない
社員や外部からネガティブに評価される

不要な資産売却して資金調達する方法ですので、借入でも資本調達でもありません

そのため 資産さえ持っていればどんな企業でも資金調達できますし、返済義務はありません

しかし資産を売却によって資金調達する方法ですので、資産価値以上の資金調達はできません

また、あまりにも資産を売却してしまうと、「あの会社は危うい」などと自社がネガティブに評価される可能性があります。

アセットファイナンスによる資金調達方法について詳しく解説していきます。

資金調達の種類⑬ ファクタリング

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社へ売却して資金調達する方法 です。

売掛債権は期日になるまで現金化できない資産ですが、ファクタリングを利用すれば期日前に早期資金化が可能です。

また ファクタリング会社の中には最短即日で資金化できる業者も多いので、急いで資金が必要な事業者にも向いています

ただし、手数料が高く2社間の場合は売掛債権金額の10%〜20%程度の手数料が必要になります。

さらに、ファクタリングで調達できるのは売掛債権の金額が限度です。

つまり、絶対に売上規模を超えるような資金調達は不可能ですので、高額の資金調達は難しい方法です。

資金調達の種類⑭ 固定資産の売却

会社の不動産や建物や設備や自動車などを売却して資金調達する方法 です。

不要な資産で売却できるものがあれば、資金調達手段としては非常に有効 。ですが、資産がない場合には資金調達手段としては活用できません

資金調達の種類⑮ リースバック

リースバックとは、主に不動産などの固定資産を売却し、売却代金を手にした状態で、賃料を支払って引き続き固定資産を使用し続ける方法 です。

売却代金を手にしながらも、固定資産を使用し続けることができるのでメリットの大きな方法ですが、賃料が発生するので長期的に見れば資金繰りが苦しくなる可能性があります

また、不動産の売却額は通常の不動産売却の7割程度となってしまうので、調達額は一般的な方法よりも少なくなってしまいます。

資金調達の種類:その他の資金調達方法

資金調達 種類 その他

デッドファイナンスにもエクイティファイナンスにもアセットファイナンスにも該当しない資金調達方法として次の4つの方法が挙げられます。

その他の資金調達方法
  • 補助金・助成金
  • 契約者貸付制度
  • 事業継続力強化計画認定制度
  • ブロックチェーン(ICO)

これらの方法であれば 返済不要かつ経営に口出しされることが少なくなる可能性があります

4つの資金調達方法について詳しく解説していきます。

資金調達の種類⑯ 補助金・助成金

行政などが実施している補助金や助成金を受け取ることで資金調達する方法 です。

補助金や助成金の政策目的となっている事業を実施することで、その事業にかかる経費の一部や全部を受け取れる仕組みです。

設備投資と補助金を絡めることで非常に少ない自己負担で資金調達できる 可能性がありますが、運転資金などは調達できないので注意してください。

資金調達の種類⑰ 契約者貸付制度

保険に加入している方は、 保険の積立金の中から契約者貸付制度を利用することによって、契約返戻金の範囲内で借入をすることが可能 です。

金利も3%程度と比較的低く、低コストで借りることができますが、解約返戻金がある保険に加入していなければ借入はできません。

また、借入限度額も解約返戻金の範囲内となっているので、自由な借入は不可能です。

資金調達の種類⑱ 事業継続力強化計画認定制度

事業継続力強化計画認定制度とは、中小企業が策定した防災・減災の事前対策に関する計画を経済産業大臣が認定する制度 です。

認定された事業者は、税制措置や金融支援、補助金の加点などを受けることができる ので、 有利な補助金を取得できる 可能性があります。

資金調達の種類⑲ ブロックチェーン(ICO)

企業がトークンを発行し、ブロックチェーン上にトークンを発行し、トークンを投資家から購入してもらうことで資金調達する方法 です。

ブロックチェーンが有用なものであったり、トークンそのものの価値が上がるものであれば、高額な資金調達もできます

しかしICOには詐欺まがいの案件も多く、金融庁も注意喚起をしているため、中小の事業者が安易に資金調達できる方法ではありません。

資金調達が必要になるケースと目的

資金調達 種類 ケース

資金調達が必要になる状況や目的としては次のようなケースがあります。

資金調達が必要になるケース
  • 起業・開業・創業資金
  • 運転資金
  • 設備投資
  • 事業拡大

どのようなケースで資金が必要になるのか、具体的に解説していきます。

起業・開業・創業資金

事業を始める際にはある程度まとまった資金が必要 になります。

事業開始のために必要な設備投資や、事業が軌道に乗るまでの運転資金も用意しなければなりません

自己資金で事業開始のために必要な資金を用意できるのであれば問題ありませんが、用意できない場合には外部から資金調達が必要です。

運転資金

運転資金とは事業を運転していくために必要な資金 です。

通常、日本の商慣習においては「支払いが先」「入金が後」というサイクルになります。

そのため、手元に支払いのために必要な資金をある程度確保しておかなければ、仕入れ代金や人件費や家賃などを支払うことができず事業継続が困難になります。

一般的に運転資金は2ヶ月〜3ヶ月分手元に確保しておかなければならないとされています。

自己資金で運転資金が用意できない場合には、借入などの方法で外部から資金調達する必要があります。

運転資金はそれほど高額にはならないので、さまざまな方法で資金調達できます。

しかし「赤字を計上したことによって運転資金が不足している」というネガティブなケースでは資金調達方法が限られます。

売上減少時に利用できる制度融資などを活用するようにしてください。

なお、赤字体質が改善できず、複数回運転資金の調達が必要になるケースでは借金が膨らむだけになってしまいます。

このような場合には資金調達方法を考えるだけでなく、根本的な経営改善を検討すべきです。

設備投資

設備投資の際にも資金が必要です。

会社の新社屋建設、機械設備導入など、会社を運営していくためには定期的に設備を入れ替える必要があります

また、創業時にも一定の設備が必要です。

リースなどを利用するのではなく、自己資金もない場合には、借入などの方法で外部からの資金調達が必要になります

設備投資に必要な資金は運転資金と比較して高額になる傾向があります。

そのため、銀行融資は新株発行による増資など、適した資金調達方法が限られるので、調達金額に応じて最適な資金調達方法を選択するようにしてください。

事業拡大

事業を拡大する場合には運転資金も設備資金も必要になります

例えば、新店舗開設の場合には、店舗の建築費や設備導入のために設備資金が必要ですし、手元に一定の運転資金が必要になります。

このような事業拡大の際も、外部からの資金調達によって必要な資金を賄うケースが少なくありません。

事業拡大は企業にとっては外部からポジティブに評価されること です。

そのため、事業拡大のための事業計画が健全なものであればデッドファイナンスでもエクイティファイナンスでも比較的容易に資金調達することができます。

資金調達の種類に関するよくある質問

資金調達 種類 Q&A

資金調達種類と方法について解説していきましたが、最後に資金調達の種類に関するQ&Aをご紹介していきます。

資金調達に関する素朴な疑問やベンチャーや個人事業主が選択すべき資金調達方法について詳しく解説していきます。

Q:返済不要の資金調達は?

返済不要の資金調達はエクイティファイナンスとアセットファイナンスや補助金 などです。

ただし、どの企業も返済不要の資金調達ができるわけではありません。

返済不要の資金調達ができれば、資金繰りは非常に楽になるので、まずはエクイティファイナンスとアセットファイナンスでの資金調達 を検討し、不可能な場合にデッドファイナンスによる資金調達を検討するのがおすすめです。

Q:個人事業主でも利用できる資金調達方法が知りたい

個人事業主は新株を発行できないので、補助金以外の返済不要の資金調達方法を選択できません。

規模の小さな個人事業主でも資金調達できる方法がデッドファイナンス です。

日本政策金融公庫や制度融資などは規模が小さな事業に対しても必要な資金を円滑に融資しているので、 個人事業主はデッドファイナンスを活用する のがおすすめです。

Q:ベンチャーが利用すべき資金調達の種類は?

ベンチャーは 最初はデッドファイナンスで必要最小限の資金調達を行い、事業が形になってきたらベンチャーキャピタルやエンジェル投資家からの出資で資金調達する のがおすすめです。

新しい技術や斬新なアイデアで事業をする事業者であれば、ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家から出資を引き出せる可能性があります

返済不要で高額な資金調達ができる可能性があるので、将来的に事業規模を大きくしたいベンチャー事業者の方は積極的にエクイティファイナンスを活用してください

Q:融資による資金調達でおすすめはありますか?

金利の低い日本政策金融公庫制度融資 の借入がおすすめです。

ビジネスローンなどの金利の高いローンは審査基準がそれほど厳しくはないので、まずは低金利の融資に申し込みをするようにしてください。

資金調達の種類 まとめ

資金調達 種類 まとめ

資金調達の種類には次の3つの方法があります。

資金調達の3つの種類
  • デッドファイナンス
  • エクイティファイナンス
  • アセットファイナンス

エクイティファイナンスとアセットファイナンスは返済の必要がない方法 ですが、この方法で資金調達できる企業は限られています。

最初はデッドファイナンスで資金調達を行い、会社の成長とともにエクイティファイナンスでの資金調達を検討する のが基本です。

それぞれの資金調達方法の特徴やメリット・デメリットを理解し、自社にとって最適な方法で資金調達することを心がけてください

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • t**e様が
    300万円を調達しました。

  • y******l様が
    300万円を調達しました。

  • s*****o様が
    1100万円を調達しました。

  • u****a様が
    300万円を調達しました。

  • e****c様が
    700万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング