介護報酬ファクタリングとは?仕組みや手数料とメリット・デメリット、おすすめの業者3選を比較

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2023/3/18
PR

介護報酬 ファクタリング アイキャッチ

介護報酬ファクタリングはどんなサービスなの?
介護報酬ファクタリング手数料ってどのくらい?
介護報酬ファクタリングはどこの業者が良いの?

こちらの記事では上記の疑問に答えていきます。

「介護報酬をなるべく早く受け取りたい」と考えている人におすすめなのが、介護報酬ファクタリングです。

介護報酬ファクタリングを利用することにより、 安い手数料で資金を前倒しして獲得することが可能 です。

今回の記事では、介護報酬ファクタリングを行う上でのメリットやデメリット、申し込み方法からおすすめ業者について紹介。

介護報酬ファクタリングの利用を検討している、利用方法がわからなくて不安な人に向けて、安心して介護報酬ファクタリングを利用できるように解説 します。

介護報酬ファクタリングをざっくり言うと…
  • 介護報酬ファクタリングとは、 介護報酬債権をファクタリング事業者が買い取って前払いで現金化できるサービス のこと
  • 介護報酬ファクタリングのメリットは 通常のファクタリングより手数料が安く、審査も甘めで資金用途が自由に設定されている点 が挙げられる
  • 一方で、悪徳業者が一部に紛れており、場合によっては高額は手数料を請求されてしまうケースもあるのがデメリット
  • 優良なファクタリング事業者を見つけるには 複数社の契約書や設定された手数料、事業内容について精査する のが重要
  • 「複数の業者を比較している時間が取れない」という方であれば 「ファクタリングかんたん10秒診断」の利用がおすすめ!
  • ファクタリングかんたん10秒診断では、 申込者が持つ債権金額や希望する調達金額から複数の会社を比較し、あなたに最適な業者を紹介するので即日で資金を手に入れられます。
  • 即日で介護報酬が欲しい方は 「かんたん10秒診断」をぜひ利用してください!

資金調達プロ CTA 女性verファクタリングかんたん10秒診断はこちら

目次

介護報酬ファクタリングとは?介護保険給付費を前払いするサービスのこと

介護報酬ファクタリングとは

介護報酬ファクタリングとは
護報酬債権を介護ファクタリングの会社が買い取り、前払いできるサービスのこと。

介護報酬ファクタリングを利用することで、 2~3ヶ月後に入金される介護報酬が手数料を差し引いた金額で通常よりも早く受け取る ことができます。

この章では、介護報酬ファクタリングの仕組みについて解説します。

介護報酬ファクタリングの仕組みは3社間とほぼ同じ

ファクタリングには「2社間」と「3社間」の2種類がありますが、介護報酬ファクタリングは3社間で行われることがほとんどです。

ファクタリングの仕組みの違いは以下の通りです。

ファクタリングの2社間と3社間の違い
  • 2社間の場合、ファクタリング会社と売掛先は直接やり取りをしない
  • 3社間の場合、ファクタリング会社と売掛先とのやり取りが行われる

3社間介護報酬ファクタリングの詳しい流れは以下の通りです。

STEP1
サービス事業者がファクタリング会社に利用したいと伝える

STEP2
介護ファクタリングを利用したい事業者は、ファクタリング会社と債権譲渡契約を結ぶ

STEP3
サービス事業者は、ファクタリング会社に介護報酬債権を譲渡したこと国保連に伝える

STEP4
ファクタリング会社は介護報酬債権譲渡通知後に、サービス事業者とファクタリングの契約を結ぶ

STEP5
ファクタリング会社がサービス事業者に介護報酬(70~90%)を支払う

医療・調剤・介護ファクタリングは国民健康保険団体連合会が通知先

医療・調剤・介護ファクタリングは国保連(国民健康保険団体連合会)が通知先となります。

介護報酬ファクタリングを提供している会社に介護報酬債権を譲渡した時は、必ず国保連に通知する必要があります。

事業者とファクタリング会社で契約を結び、サービス事業者が報酬を受け取った後は国保連に「介護給付費請求書」と「介護給付費明細書」を送ります。

そして国保連は「介護給付費請求書」と「介護給付費明細書」を確認し、サービス事業者に「審査支払い結果帳票」が送られてきます。

国保連は通知額をファクタリング会社へ支払い、ファクタリング会社は介護報酬の残りの金額(10〜30%)をサービス事業者に支払います。

ファクタリング会社から70〜90%しか支払われない理由として、全額保証されるとは限らないからです。

MEMO
審査によって報酬額が削減されたり、返戻となる可能性があるため一部のみ支給される仕組みになっています。

介護報酬ファクタリングのメリット

介護報酬ファクタリングメリット
介護報酬ファクタリングは報酬を早期に受け取ることができるので、介護サービス事業者にとっては便利なサービスです。

この章では介護報酬ファクタリングを利用するメリットについて紹介していきます。

介護報酬ファクタリングのメリット
  • 1か月ほどで介護報酬を受け取れる
  • 介護ファクタリングの手数料は銀行融資やカードローンよりも低い
  • 介護報酬ファクタリング利用の初月は2ヵ月分(2倍)入金!
  • 介護ファクタリングの手数料は1%未満も可能!
  • 通常のファクタリング審査と比較すると甘い・緩い
  • 借入・貸付ではない
  • 新規開業時も利用でき、資金使途が自由

1か月半程度で介護報酬を受け取れる

介護報酬を受け取るまでに通常であれば約60日かかりますが、介護報酬ファクタリングを利用することで1ヶ月半早くなります。

例えば
4月分の介護報酬を5月10日に国保連に請求した場合、入金されるのは6月末なので、この間は待つ必要があります。

一方で介護報酬ファクタリングを使えば、 最短即日で現金化することができる ので、急な出費が必要になった時などに活躍します。

介護ファクタリングの手数料は銀行融資やカードローンよりも低い

介護報酬ファクタリングは手数料が発生しますが、 銀行やカードローンの金利よりも低い設定 になっています。

サービス名 手数料(金利)相場
介護報酬ファクタリング 0.25~3%
銀行融資 2〜3%
カードローン 4.5~20%

上記の表の通り、介護報酬ファクタリングの手数料は 銀行融資やカードローンの金利に比べて低め となっています。

手数料が安いので利用しやすく、介護サービス事業者も安心してファクタリング利用ができます。

MEMO
手数料が安い理由として、売掛先が公的機関であることから信用度が高く、倒産リスクが極めて低いためです。

介護報酬ファクタリング利用の初月は2ヵ月分(2倍)入金!

介護報酬ファクタリングを利用すると、初月は2か月分入金されます。

2ヶ月分入金される理由としては…
2月分の介護報酬を3月10日に請求→4月末に入金
3月分の介護報酬を4月にファクタリング会社に申し込む→1週間前後で入金

上記のように 介護報酬を国保連に請求した後、翌月にファクタリング会社に申し込むことで1か月の間で2回入金される ことになります。

まとまったお金が欲しい時は、国保連に請求した翌月中に介護報酬ファクタリングを利用することがおすすめです。

介護ファクタリングの手数料は1%未満も可能!

介護報酬ファクタリングの手数料相場1%程度とされており、中には1%を切る事業者も存在します。

通常のファクタリング相場との比較は、以下の通りです。

ファクタリングの種類 手数料相場
介護報酬ファクタリング 1%前後
2社間ファクタリング 10〜30%
3社間ファクタリング 1〜10%

表を見ると、介護報酬ファクタリングの手数料が圧倒的に低いのがわかります。

これだけ手数料が低い理由は、介護報酬ファクタリングの売掛先が国が運営をしている国保連(社保)だからです。

国が取引先であれば、倒産して売掛金未回収となるリスクはかなり低いため、 手数料がこれだけ安くなります。

MEMO
仮に100万円の介護報酬債権が発生したとしても、取られる手数料は1万円以内ということになります。

これが通常のファクタリングだと最大で30万円取られますので、その差はかなり大きいです。

通常のファクタリング審査と比較すると甘い・緩い

他のファクタリングよりも審査が緩いのも、介護報酬ファクタリングの魅力のひとつです。

銀行ローンの審査とは違い、赤字で財務状況が悪くても利用することができます。

介護報酬ファクタリングの審査が甘い理由は、介護報酬債権の請求を国保連に行うため です。

他のファクタリング会社であれば、請求先が信用できるかどうかが審査基準となります。

介護報酬ファクタリングの場合は、 国保連がファクタリング会社に対して支払うので信用度が高い と判断できます。

そのため介護報酬債権は審査に通過しやすく、銀行ローンよりもハードルが低くなります。

借入・貸付ではない

介護報酬ファクタリングはビジネスローンや金融機関からの融資ではないので、 調達した資金は負債として計上されません。

負債にならない理由は、ファクタリングが将来的に手に入る債権を、手数料を引いて前倒し入金してもらうためのサービスだからです。

ファクタリング会社が見るのは、売掛先の企業の財務状態なので、自社の経営状況を審査されません。

ファクタリングは売上となるべきお金が入ってくるシステムなので、 借り入れすぎて破綻するということもありません。

MEMO
ファクタリングを使うと、金融機関の融資枠を使わずに済むので、事業を拡大させる時などでも安心です。

新規開業時も利用でき、資金使途が自由

介護報酬ファクタリングは、新規事業を開業した段階でも利用できます。

ファクタリング事業者によっては、開業間もない介護事業者であったとしても利用可能なサービスを提供しているところがあるためです。

介護事業を立ち上げる際は、信用がない中で人件費・水道光熱費・車両代・備品代などの費用がかさみ、金融機関の創業融資だけでは足りない可能性も出てきます。

上記のような資金ショートのピンチの際に、 ファクタリングサービスを使うことで資金繰りを安定させて事業をスケールアップさせる チャンスが増えます。

また、 ファクタリングサービスで手に入れた資金の使い道は自由 です。

先ほども紹介しましたが、費用がかさむ開業時期や設備の修繕代など介護事業は何かとお金がかかります。

ファウタリングは最短即日で資金調達が可能なため、その時々の経営状態に合わせた資金繰りを行えます。

介護報酬ファクタリングのデメリット(注意点)

介護報酬 ファクタリング デメリット
介護報酬ファクタリングは入金までの期間が短い、審査も緩いなどメリットだらけに見えますがデメリットももちろんあります。

注意点を踏まえた上で介護報酬ファクタリングを利用することが重要です。

介護報酬ファクタリングのデメリットを6つ紹介します。

介護報酬ファクタリングのデメリット
  • ファクタリングは手数料が発生する
  • 本来受け取れる報酬よりも少なくなる
  • リピートする依存性がある
  • 社会保険や税金の滞納があると審査落ちする
  • 資金調達できる金額は介護報酬債権による
  • 悪質なファクタリング事業者もいる

ファクタリングは手数料が発生する

ファクタリングを利用する場合は手数料が一定でかかるという点は注意してください。

先ほど紹介した通りで、介護報酬ファクタリングの手数料相場は債権買取金額の1%前後となっています。

なお、介護報酬ファクタリングの手数料は事業者によって異なるため、1%を超えるようなところもあります。

MEMO
手数料の割合が高くなればなるほど、手元に入ってくる資金が少なくなりますので、サービスを使う場合は手数料を確認した上で利用するかどうかを考えるのがおすすめです。

本来受け取れる報酬よりも少なくなる

介護報酬ファクタリングは、本来の報酬よりも少なくなるのがデメリットのひとつです。

他のファクタリングよりも手数料は0.25〜3%と安いですが、通常よりも報酬が低くなることには違いありません。

事業を運営している人にとっては0.25〜3%であっても、手数料が発生するのは痛いです。

MEMO
さらに手数料以外にも内容証明や郵便代など諸々費用が発生します。

リピートする依存性がある

介護報酬ファクタリングは非常に便利なサービスのため、リピートする方も少なくありません。

このようにファクタリングに依存し、頻繁に利用してしまうと、次の介護報酬の入金までに時間がかなり空いてしまいます。

入金までの間に必要な運転資金がなくなるといった事態になる可能性も。

まとまった資金がある時や、資金が回復した時点で介護報酬ファクタリングは控えること。

どうしても資金調達をしたい時にだけ、介護報酬ファクタリングを検討してください。

社会保険や税金の滞納があると審査落ちする

審査が緩いと紹介しましたが、あくまでも基準が緩いだけなので100%審査が通るとは限りません。

赤字や債務超過であっても審査に通る可能性はありますが、社会保険料など税金を滞納している場合は例外です。

何度も税金を滞納していると差し押さえになってしまい、介護報酬が受け取れない可能性があります。

MEMO
介護報酬は差し押さえ対象なので、ファクタリング会社が介護報酬債権の請求ができない状況だと判断する場合、審査落ちとなります。

確実に審査が通るわけではないので、介護報酬ファクタリングのデメリットとなります。

資金調達できる金額は介護報酬債権による

資金調達できる金額は介護報酬債権によって上限が設けられています。

そのため大きい額の資金が必要な時は、介護報酬ファクタリングでは補うことができないことも。

いくら債権報酬債権の額が大きくても、譲渡した額面の70〜90%の掛け目を乗じて前払いをします。

介護報酬債権が800万円だった場合のシミュレーション
1000万円×(掛け目)90%=(受け取れる金額)900万円

上記のように受け取れる額は900万円と、本来の報酬よりも低い金額になっています。

残りの100万円はファクタリング会社が国保連から資金を回収した後に入金されます。

全額入金されるまでにタイムラグもあるので、把握しておく必要があります。

悪質なファクタリング事業者もいる

最近は、ファクタリングと見せかけた高額な貸付を行うファクタリング事業者もいるため、注意をしてください。

ファクタリングはあくまで売掛債権を現金化することであり、貸付ではありません。

そのため、ファクタリングを契約する際は以下のような点に注意してください。

契約する際の注意点
  • 契約書に債権譲渡契約に関する記載がない
  • 契約書になぜか金銭貸借契約に関する条項が書いてある
  • 手数料が相場に対して高すぎる

上記のようなケースの場合ですと、下手をすると闇金業者の可能性もあるので絶対に利用しないようにしてください。

MEMO
悪質事業者を避けるためにも、契約書の内容を精査するのはもちろんのことファクタリング事業者の事業内容についてもよく調べることが大切です。

介護報酬ファクタリングに特化したおすすめの業者3選を比較

介護報酬ファクタリング比較
介護報酬ファクタリングは業者によってシステムや手数料、入金までのスピードはさまざま。

これから紹介する「介護報酬ファクタリングに特化したおすすめの業者3選」は以下の通りです。

サービス名 入金速度 手数料 利用実績 対応エリア
リコーリース株式会社 最短5営業日 非公開 非公開 全国
カイポケ 介護報酬請求から約5営業日後 最大0.8% 1,000社以上 全国
NSパートナーズ 約2~3週間 0.25~1.0% 非公開 全国

それでは、それぞれの詳細を説明していきます。

リコーリース株式会社

リコーリース株式会社公式サイト

画像引用:リコーリース株式会社

リコーリースがおすすめの人の特徴
  • 介護業界に特化した業者を選びたい人
  • 資金調達コストを抑えたい人
  • 介護事業を始めたばかりで不安がある人

リコーリースは、介護報酬をメインにファクタリングをしている業者です。

東証プライム上場のリコーグループなので、非常に信頼性が高いと言えます。

初期審査料・更新料は無料で、新設法人・新設事業者も申し込みOKとなっています。

リコーリースは介護報酬ファクタリングに限らず、介護業界に特化しています。

介護ビジネスを支援サイト「けあコンシェル」を提供しており、介護事業所開設から介護業界を行っている人に向けてサポートをしてくれます。

会員制無料サイトなので登録しておくだけで、経営に関するお得な情報を得ることができます。

さらに対象債権が幅広く、「訪問看護医療費」「診療報酬債権」「調剤報酬債権」にも対応。

国保連に請求データを送る際の「伝送ソフト」の切り替えも不要なので、手間が省けます。

全国対応・訪問対応サービスを行っているので、遠方でも利用しやすい介護報酬ファクタリング業者です。

詳細 項目
手数料 非公開
入金までの日数 非公開
対応エリア 全国対応・訪問対応
本社所在地 東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニ ガーデンコート

カイポケ

カイポケ公式サイト

画像引用:カイポケ公式サイト

カイポケがおすすめな人の特徴
  • 審査通過に不安がある人
  • 手数料を安く抑えたい人
  • 短い期間だけファクタリング利用をしたい人

カイポケは、東証一部上場企業グループが提供する介護ファクタリング・診療報酬ファクタリングサービス。
1,000社以上の利用実績があり、介護業界に特化しているので安心してサービスを利用できます。

カイポケが提供している介護ソフトと、連携して利用できるのは大きなメリット。

そして手数料が最大で0.8%と業界最安値水準で提供しています。

審査料・更新料・解約費も無料となっており、少しでもコストを抑えたい事業者に向けて良心的な設定となっています。

長期契約の縛りがないので必要な期間だけ利用することができ、ファクタリング利用の依存から避けることもできます。

その上、カイポケの審査通過率は99.8%と、申し込みをした利用者のほとんどが審査に通っています。

カイポケは「介護ファクタリングを利用したいけど審査が不安」「短期間だけファクタリング利用をしたい」という人向けの業者です。

詳細 項目
手数料 最大0.8%
入金までの日数 介護報酬請求から約5営業日後
対応エリア 全国対応
本社所在地 東京都港区芝公園2-11-1 住友不動産芝公園タワー

NSパートナーズ

NSパートナーズ公式サイト

画像引用:NSパートナーズ公式サイト

NSパートナーズがおすすめな人の特徴
  • 買取金額を気にせずに利用したい人
  • 長期的にファクタリング利用をしたい人
  • 開業してから数年経過している人

NSパートナーズは、12年の実績がある医療向けファクタリングサービスを提供している会社です。

介護報酬債権や診療報酬債権の買取をしており、介護サービスはもちろんのこと、クリニックや調剤薬局でも活用されています。

NSパートナーズでは買取金額の上限を設けておらず、利用者に合わせて現金化をしてくれます。

手数料は1回あたり0.25〜1.0%と低い設定にされており、他のファクタリング会社よりも安く抑えることができます。

NSパートナーズの事務所は東京と大阪のみですが、出張サービスがあるため全国に対応。

入金スピードは他の介護報酬ファクタリングと比べると遅めですが、「大きな取引をしたい」「手数料を安くしたい」人向けの業者と言えます。

ただし、NSパートナーズでは状況次第では保証人を求められることもあります。

必ず保証人が要るというわけではなく、開業したばかりの事業所の場合、もしくは運営状況によって求められます。

そのため開業して間もない事業所であれば、保証人を探すのが大変なので、他のファクタリング業者を検討することをおすすめします。

それでもNSパートナーズの利用を考えている人は「保証人が必要になる可能性がある」と理解した上で、相談・申し込みをしてください。

詳細 項目
手数料 0.25~1.0%
入金までの日数 約2~3週間
対応エリア 全国対応
本社所在地 東京都港区芝大門二丁目5番5号 住友芝大門ビル6階

介護報酬ファクタリングの申し込み方法から入金までの流れ

介護報酬ファクタリング申し込みから入金までの流れ
介護報酬ファクタリングの申し込みから入金までの流れを解説。

以下の4ステップで、介護報酬ファクタリングの申し込みから入金が行われます。

STEP1
相談・申し込み

STEP2
介護報酬債権の債権譲渡を行い、前払い金を受け取る

STEP3
国保連からファクタリング業者に支払われた介護給付金額を確認する

STEP4
ファクタリング会社から前払い分を除いた差額を受け取る

STEP1 相談・申し込み

一番最初にするべきことは、介護報酬ファクタリングを提供しているファクタリング業者に相談をすることです。

ファクタリング業者の公式HPから、お問い合わせフォーム、もしくは電話で相談をします。

相談する前に、ファクタリング業者選びの際に悪徳業者を選ばないように注意することが重要。

悪徳業者に引っかからないように、事前に口コミや評判などをよく確認してください。

信頼できるファクタリング業者を探して相談をした後は、申し込みをします。

申し込みの際は「申込書」に加えて、以下の書類が必要となります。

申し込みに必要な書類

  1. 履歴事項全部証明
  2. 診療報酬請求書
  3. 診療報酬の支払決定額通知書
  4. 診療報酬の支払いを確認できる通帳コピー
  5. 許認可証の写し

しかしファクタリング業者によって必要書類は異なるので、上記以外の書類を求められることがあります。

利用するファクタリング業者に必要書類を聞く、もしくは公式HPでチェックしておくことをおすすめします。

STEP2 介護報酬債権の債権譲渡を行い、前払い金を受け取る

介護報酬ファクタリングに申し込みをした後は、ファクタリング会社に介護報酬債権を譲渡してください。

介護報酬債権の譲渡が行われてから審査に入り、審査を通過すればファクタリング業者から前払い金を受け取ることができます。

前払いされた金額が合っているかどうか、しっかり確認することが大切です。

STEP3 国保連からファクタリング業者に支払われた介護給付金額を確認する

前払い金が支払われた後は、国保連からファクタリング業者に支払いが行われます。

支払われるタイミングとしては、国保連はサービス事業所から送付された「介護給付費請求書」と「介護給付費明細書」を確認してから、ファクタリング業者に入金。

この場合も、国保連からファクタリング業者に支払われた介護給付額を確認してください。

STEP4 ファクタリング会社から前払い分を除いた差額を受け取る

最後に国保連からファクタリング業者に支払いが行われた後に、前払い分を引いた差額分を受け取ることができます。

差額を受け取った時も、必ず計算通りか確認してください。

以上で介護報酬ファクタリングの申し込みから入金までの流れとなります。

書類などは準備しなければいけませんが、手順さえ把握しておけば難しいことではありません。

「初めての利用でよく分からない」という人は、ぜひ参考にしてください。

介護報酬ファクタリングのまとめ

介護報酬ファクタリングまとめ
今回の記事では、介護報酬ファクタリングの仕組み・メリットからデメリットまで紹介しました。

介護報酬ファクタリングは、介護報酬を短期間で現金化する資金調達法。

通常であれば介護報酬は約60日程度で入金となりますが、ファクタリングを通すことで1.5ヶ月も早く入金される便利なサービスです。

ファクタリングの場合は銀行ローンなどとは違い、担保は不要で信用情報に影響を与えることもありません。

審査基準が緩いので「審査通過するか心配」とファクタリング利用を迷っている人でも、一度相談して申し込むことをおすすめします。

また一般的なファクタリングとは違って手数料が安いのが特徴で、資金繰りの改善につながります。

メリットもあればデメリットもありますが、依存せずに計画的にファクタリングを利用することで経営は安定します。

経営が安定するだけでなく「資金繰りが厳しくて辛い」という精神的苦痛を和らげることにもなります。

今すぐに資金が必要な人、新規開業をしたい人は「介護報酬ファクタリング」を検討してください。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • f**u様が
    1000万円を調達しました。

  • l***b様が
    300万円を調達しました。

  • a****k様が
    1100万円を調達しました。

  • q***e様が
    400万円を調達しました。

  • r******w様が
    900万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング