おまとめローンがどこも通らない!600万成功させるには?審査落ちの原因と対策について

運営事務局
運営事務局
更新日2024/3/29
PR

おまとめローン どこも通らない アイキャッチ

おまとめローンどこも通らない!
おまとめローンで600万円成功させるには?
審査が甘い・ゆるい・柔軟なおまとめローンは?

おまとめローンは通常の審査と比較して審査難易度が高くなるため、特に返済能力が低いと判断された人ブラック入りしている人は審査に通過することができません。

おまとめローンとは
複数社のローンを一本化すること。

借金一本化 図解

おまとめローンを利用するには専門商品に申し込みをするか、低金利なカードローンにおまとめ目的として申し込む2種類 があります。

いずれも金利や返済金額負担を低くすることを目的としているため、審査では「信用」を判断するための基準が高くなります。

今回は、おまとめローンがどこも通らない人向けに審査基準や審査落ちする具体的な原因について詳しく解説していきます。

記事では、 おまとめローンにどこも通らないときの対策や銀行と消費者金融はどちらを選ぶべきか などもまとめているので、審査が不安という方もぜひ参考にしてください!

アイフルのおまとめローンがおすすめな人

  • アイフルで借入経験がある人は「おまとめMAX」
  • アイフルを初めて利用する人は「かりかえMAX」
  • 総量規制の対象外でおまとめローンを利用したい人
  • カードローン以外のクレカキャッシングやリボをまとめたい人
  • ローンをまとめた後に新規で借り入れしたい人
  • 在籍確認は電話連絡ではなく、書類提出のみで済ませたい人

▼ 貸金業者以外の借金もまとめられる! ▼

おまとめローンの審査に通らない人は債務整理も検討しよう!
はたの法務事務所[債務整理]

  • 相談料や着手金が無料で成功報酬や事務手数料もなしが良い人
  • 電話・メールで相談でき、丁寧で親切な対応をしてほしい人
  • 的確なアドバイスの元、借金減額や過払い金請求したい人
  • 女性でも安心して相談できる・秘密厳守な法律事務所に依頼したい人
  • 借金問題を速く解決したい・債務整理後のサポートも重視したい人

債務整理 診断チャート

▼ 債務整理費用を抑えるならココ! ▼

おまとめローンがどこも通らない理由は審査がより厳しくなるから

おまとめローン どこも通らない 理由
どこのおまとめローンも通らない理由は、審査が非常に厳しいことが考えられます。

審査が厳しい理由のひとつは、すでに借入残高のある人の申し込みする割合が大きいことです。

そもそも、 金融商品の審査で重要とされるのは利用者の返済能力 です。

例えば、年収が200万円の人であっても、他の借入がなく返済に充てられる資金に余裕があれば返済能力が高いと判断されます。

しかし、年収1,000万円を超える高収入者でも、たくさんの借金を抱えており、返済に充てられる資金がない場合には、返済能力が低いという判断となるのです。

金融業者としては、滞納の可能性がない利用者に貸付をしたいと考えます。

しっかりと返済能力があるかどうかを見極める必要があるので、結果的に審査が厳しくなる傾向です。

以上の観点から見ると、おまとめローンはすでに借入残高のある利用者が多いといえ、返済能力の低い利用者の申し込みが多数ということになるのです。

そのため、審査もより厳しくなり通らない人の割合も高くなってしまいます。

おまとめローンの審査基準

おまとめローン どこも通らない 審査基準
おまとめローンの審査基準は、各社によって異なり内容等は公開されていません。

しかし、一般的なおまとめローンの審査では確認されるポイントが4つあります。

おまとめローンの審査基準について理解を深めたい人はぜひ参考にしてみてください。

おまとめローンの審査基準
  • 申込者情報と在籍確認の一致
  • 返済能力の確認
  • 信用情報の確認
  • 申し込み条件の確認

申込者情報と在籍確認の一致

申し込みの際には氏名や住所、年齢などの基本情報を記載します。

その情報が本人確認書類と一致しているかどうかを確認し、 金融機関によっては在籍確認も行われます。

もしも、相違点が見つかった場合には虚偽とみなされ、審査に影響する可能性が高いです。

申込情報に間違いがないか、しっかりと確認するように注意してください。

返済能力の確認

返済能力が十分にあるかの確認 も行われます。

おまとめローンでは、ある程度のまとまった金額を融資するため、一定以上の収入が継続しているかどうかが重要です。

一般的に、雇用形態に関しては安定した収入のある正社員が有利となります。

ただし、収入額と返済額を総合的に判断するため、パートやアルバイトが必ずしも不利というわけではありません。

また、勤続年数は長いほど有利になるので、1年以上の勤続年数であることが望ましいです。

MEMO
大企業や公務員といった雇用が安定している場所で勤務している場合は審査に有利です。

審査では、居住形態や家族構成も参考にされるため、居住年数が長く家族がいる人は有利になる可能性が高いといえます。

信用情報の確認

おまとめローンの審査で、 最も重要とされているのが信用情報 です。

信用情報とは
クレジットカードやローンなど、個人の信用取引に関する情報を記録したものです。情報は、個人信用情報機関で管理されています。

審査では、契約情報や現在の借入状況、また返済の実績などを照会します。

今後の返済に問題が生じないかどうかを判断され、リスクが高いとみなされれば審査に通らない可能性が高いです。

申し込み条件の確認

おまとめローンによっては、申し込みの際にいくつかの条件が設定されている場合があります。

年齢や年収などの条件がある場合は、 その条件をクリアしていなければ審査に通りません。

一般的な申し込み条件は「満20歳以上65歳未満で、安定した収入が継続的にある人」といった内容です。

金融機関によっては、年収や勤続年数の要件が設定されている場合もあり、条件を満たしていなければ審査の通過ができないため注意してください。

申し込みの際には、商品情報やローンの内容画面に条件が記載されているので、見落とさないようにしっかりと確認する必要があります。

おまとめローンの審査に落ちる6つの原因

おまとめローン どこも通らない 原因
おまとめローンの審査に落ちる主な原因は全部で6つあります。

1つでも当てはまると審査を通過するのは難しくなるので、申し込みの前にきちんと確認しておいてください。

おまとめローンの審査に落ちる6つの原因
  • 収入が不安定で少ない
  • 滞納や債務整理の履歴がある
  • 借入先が4社以上など多すぎる
  • 年収に対する返済負担率が高い
  • 申込内容に虚偽や誤りがある
  • 短期間で複数の金融機関に申込している

収入が不安定で少ない

収入が不安定で少ない場合は、審査の通過が難しいといえます。

なぜなら、おまとめローンの借入額は大きくなる場合が多く、 借入額に対して収入が少ないと返済不能のリスクがあると判断されやすい からです。

ただし、最も重要なのは収入と借入額のバランスが取れているかどうかです。

一般的に、年収200万円以上はなければ審査を通過するのは難しくなります。

ただし、収入がいくらあっても借入額が収入を上回ると、返済不能に陥る可能性が高いと判断されるため、収入と借入のバランスは重要です。

また、収入が不安定の場合も、滞りなく返済できるかどうかわからないと判断され、審査に落ちる原因になります。

特に、自営業で収入の増減が大きな人や転職して間もない人などは、申し込み時点で不安定な収入とみなされやすいので注意してください。

滞納や債務整理の履歴がある

滞納や債務整理の履歴がある場合も、審査に落ちる原因になります。

債務整理の履歴とは
減額や免除、支払いの期間を調整するなどして債務の問題を解決する手段のことです。「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類があります。

おまとめローンの審査では、 返済能力が重視されるため、過去に返済できなかった事実があれば審査に通るのが難しくなる からです。

審査の際、金融機関は個人情報信用機関へ照会を行います。

申込者の滞納や債務整理など、金融事故情報は内容によっても異なりますが、5〜10年ほどは記録・保管されています。

この間におまとめローンを利用する場合、審査通過は厳しい可能性が非常に高いです。

借入先が4社以上など多すぎる

借入先が4社を超えるなど多すぎる場合には、審査に通らない可能性があります。

多数の金融機関からの借入は、返済が難しいと判断されやすくなる からです。

年収や職業といった個人属性に何ら問題はなく、それぞれの借入額が少ない場合でも、借入件数が多い時点で一般的には多重債務扱いとなります。

加えて、借入額が少なくても複数社で借りている場合には、各金融機関からの信用度が低く計画性がないと判断されやすいといえます。

そのため、借入額よりも借入先が多い場合には、審査において不利になる可能性が高くなるため注意してください。

年収に対する返済負担率が高い

年収に対する返済負担率が高い場合も、審査に落ちる原因となりやすいです。

返済負担率とは
年収に対しての年間返済額の割合です。返済負担率が大きければ大きいほど生活に負担がかかりやすくなります。返済負担率が小さい方がゆとりを持って返済できます。

おまとめローンは、 借入額が年収3分の1以下に制限される総量規制の対象ではありません。

条件を満たせれば利用する人にとって有利な借り換えとなるからです。

ただし、おまとめローンを契約した後に返済負担率が高くなりすぎると、返済を滞納してしまう可能性が出てきてしまい審査通過は厳しくなると考えられます。

どれくらいの返済負担率であれば審査通過できるのかは、金融機関によって異なりますが、一般的には40%までです。

40%を超えての借入は返済が難しいと判断され、審査に落ちたり希望額より少額になったりする可能性が非常に高くなります。

申込内容に虚偽や誤りがある

勤務状況や他社からの借入など、 申し込み内容に虚偽や誤りがある場合も審査に落ちる可能性 があります。

申し込み内容が一致していることは、審査を通過するためには非常に重要な項目となり、誤りや虚偽は信用できないと判断されるからです。

特に、借入額や借入件数に関しては、個人信用情報機関でしっかりと情報照会するため、正しい内容かどうかはすぐに判明します。

そのほか、審査を有利にするために勤務先や勤続年数を長く偽っても、すでに登録済みの信用情報との矛盾から虚偽申告が判明するケースも少なくありません。

金融機関によっては在籍確認が行われる場合もあるため、勤務先の情報は正しく記載することが重要です。

申し込みの内容は、偽りなく記載することはもちろんですが、記載のミスも審査落ちの原因になる可能性があるため注意してください。

短期間で複数の金融機関に申込している

短期間で複数の金融機関に申し込みをしている場合も、審査に通らない可能性があります。

短期間で連続して申し込みをしている、複数社に同時に申し込みをしているといったケースは、 経済的に困窮していると判断されやすい からです。

おまとめローンの申し込みや審査落ちの情報は、個人信用情報機関に登録され6ヶ月間にわたって保管されます。

MEMO
6ヶ月以内に連続で申し込みをした場合には、次の金融機関では審査落ちの履歴がわかるようになっています。

本来であれば審査に通る可能性がある場合でも、短期間に複数社へ申し込みしていることが原因で審査落ちになるケースも少なくありません。

審査に通るか不安でも、短期間に多くの会社へ申し込みはしないように注意してください。

おまとめローンにどこも通らないときの対策

おまとめローン どこも通らない 対策
おまとめローンに通らない時はいくつかの対策をとることで、審査に通る可能性が高まります。

青まとめローンの審査に通らず困っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

おまとめローンにどこも通らないときの対策
  • 【3社以下】借入件数を減らしてから申し込む
  • 滞納歴がある人は返済と期間を空けてから申し込む
  • 転職直後に申し込みしない
  • 中小消費者金融のおまとめローンに申し込む

【3社以下】借入件数を減らしてから申し込む

借入先が多ければ多いほど、審査の通過は厳しくなります。

借入件数が4社以上の場合は、3社以下に減らしてから申し込みを行ってください。

借入件数をできるだけ減らせば審査に通過する可能性は高まります。

MEMO
例えば、借入額が同じ場合でも借入件数が少ない方が審査には有利です。

おまとめローンを申し込みする前の準備として、可能であれば借入額が少ないローンは先に繰上げ返済するようにしてください。

返済中の件数を1件でも減らしておけば、審査に影響する可能性も低くなります。

滞納歴がある人は返済と期間を空けてから申し込む

現在、返済を滞納している場合は、 返済を済ませ6ヶ月以上の返済実績を積んでから申し込みをしてください。

滞納は原則として審査落ちの原因のひとつとなり、借入額が大きくなるおまとめローンでは返済能力がないと判断されてしまうからです。

一般的に滞納が61日または3ヶ月を超える長期間になると、個人信用情報に事故情報として登録されます。

MEMO
延滞した期間は、信用情報機関によって異なります。

事故情報として登録されると、ローンの契約だけでなくクレジットカードの発行や分割払いができなくなる問題が発生するので注意してください。

また、滞納は金融機関からの借入だけではありません。

クレジットの支払いや携帯電話料金の本体割賦分の滞納も審査に影響するため、申し込みの前には解消しておいてください。

転職直後に申し込みしない

転職直後の申し込みはしないように注意してください。

おまとめローンの審査では、信用情報だけでなく年収や勤続年数も確認して安定した返済能力があるかを判断するからです。

転職してすぐは属性的に非常に不利となるため、 勤続1年以上経過してからの申し込みがおすすめ です。

また、一度申し込みをして審査に通らなかった場合、6ヶ月間は審査落ちした履歴が信用情報に残ってしまいます。

転職直後だけでなく審査落ちした後も、期間を空けずに申し込むと審査の通過が難しいので注意してください。

再度申し込みをする場合には、6ヶ月以上の期間をあけてから申し込むなどタイミングも非常に重要です。

中小消費者金融のおまとめローンに申し込む

中小消費者金融のおまとめローンに申し込むのも、対策のひとつといえます。

独自の審査基準がある中小消費者金融では、大手消費者金融でも審査に通ることがある からです。

ローンをまとめて月々の返済を楽にする効果としては、中小消費者金融でも何ら変わりはありません。

おまとめローンは、銀行や消費者金融といったさまざまな金融機関が取り扱いをしています。

消費者金融のおまとめローンは、銀行と比較して借入がしやすい反面、大手は明確な基準にそって審査を行うため注意しなければなりません。

そのため、個人属性上おまとめローンの審査が厳しい状態であれば、中小消費者金融へ相談してみてください。

金利は高めになる場合もありますが、複数社の返済をまとめて管理を楽にしたい場合にはおすすめです。

また、中小消費者金融でおまとめローンを利用するならおまとめローンを専門にしている「中央リテール」が最もおすすめです!

中央リテールのおまとめローンがおすすめな人

  • おまとめ後の金利は年10.95%〜13.0%でも負担が減る見込みがある人
  • おまとめ完了まで最短即日が良い人
  • 返済についてのアドバイスが欲しい人
  • 契約時に来店することができる人
  • クレジットカードなどを解約しても問題ない人

▼ 最短即日でおまとめ可能! ▼

「ブラックOKや審査激甘、審査がゆるい」など通りやすいおまとめローンは存在しない

おまとめローン どこも通らない 通りやすい ローン
審査に通るかどうか不安で審査激甘といったローンを探している人は多いですが、審査が緩く通過しやすいおまとめローンは存在しません。

借入をまとめるために貸付すること自体が、金融機関にとってはリスクが非常に大きいからです。

そのため、審査に通りやすくなってしまえば、金融機関側が何らかのリスクを背負ってしまう可能性が高まります。

審査に通過しやすいおまとめローンはないため、事前に借入件数や借入額を少なくしたり、属性をあげたりと準備できることをしておいてください。

信用情報に大きな問題がなければ、審査に通る可能性も十分にあります。

特に重視される信用情報3つ
・現在の借入件数と残高、申し込みの内容が一致しているか
・滞納履歴はないか
・債務整理歴はないか

おまとめローンを利用するなら銀行と消費者金融どっちがおすすめ?

おまとめローン どこも通らない どちら
おまとめローンは、銀行でも消費者金融でもどちらでも利用可能です。

どちらを利用すればいいのか迷われる人も多いですが、銀行の方が低金利のため大きなメリットが得やすいといえます。

おまとめローンを利用する2つのメリット
・利息が削減するため返済の効率化が期待できる
・毎月の返済負担を軽減できる

なぜなら、 低金利な銀行の方が元契約との金利差が大きく生じるから です。

金利差が生じると、毎月の返済負担が減らせるため長期でみても安心です。

そのため、消費者金融でのおまとめ専用ローンよりも、銀行のカードローンをおまとめローンとして利用する方が選択としてはおすすめになります。

おまとめローンがおすすめのサービス3選

おまとめローン どこも通らない おすすめ
おまとめローンがおすすめのサービスを3つご紹介します。

どのおまとめローンにしようか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

三井住友カード カードローン アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローン アイフルのおまとめMAX
金利 1.5〜15.0% 7.7%〜18.0% 3.0%〜17.5%
限度額 最大900万円 最大300万円 最大800万円
審査~融資の時間 最短即日 最短即日可能 即日融資
無利息期間 なし 30日間無利息サービス(アコムでのご契約が初めての人) なし
申込受付時間 毎日9:00〜20:00(12月31日〜1月3日除く) 24時間、土日も銀行口座振込可能(金融機関・申し込み時間帯によってはご利用いただけない場合があります) WEBからの申し込みなら24時間365日手続き可能
担保・保証人 不要 不要 不要
申込対象年齢 満20歳以上満69歳以下 20歳以上 満20歳以上満69歳まで
カードレス 選択可能 カードレスでも借入は可能 選択可能
Web完結 可能 可能 可能
郵送物 なし 原則なし なし
在籍確認 あり 原則、電話による在籍確認なし 原則、電話による在籍確認なし
返済方法 元金定額返済方式 元利均等返済方式 元利定額返済方式

三井住友カード カードローン

三井住友銀行カードローン 基本情報

金利 1.5〜15.0%
限度額 最大900万円
審査~融資の時間 最短即日
無利息期間 なし
申込受付時間 毎日9:00〜20:00(12月31日〜1月3日除く)
担保・保証人 不要
申込対象年齢 満20歳以上満69歳以下
カードレス 選択可能
Web完結 可能
郵送物 なし
在籍確認 あり
返済方法 元金定額返済方式
返済期間 最長15年1ヶ月
三井住友カード カードローンがおすすめの人三井住友カード カードローン
  • 利息を抑えたい人
  • すぐにお金が必要な人
  • 担保・保証人なしで借入したい人

三井住友カードのカードローンでは、金利が1.5%〜15.0%となっており、 最大金利になったとしても利息が増えづらい メリットがあります。

ほかの会社では最大金利が17.0%を超えるところも多く、15.0%が適用されるのは100万円以上の借入や既存のローンを15.0%〜15.5%で借りている場合などに限られます。

そのため、借入金額があまり多くない人や既存のローンで18.0%ほどの金利の人は上限金利が低くなるのでおすすめです。

また、三井住友カードのカードローンでは返済を続けることで、最大1.2%の金利を引き下げしてくれるサービスもあり非常にお得です。

MEMO
将来的には13.8%が適用となります。

ただし、短期間で完済できる人にはあまり恩恵が受けられません。

長期間にわたって返済を続ける予定であれば、段階的に金利引き下げのある三井住友カードのカードローンの申し込みを選択してみてください。

即時発行にも対応しており、限度額も最大900万円なので、金額の高い借入が今すぐ必要という人には非常にメリットが大きいです。

アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローン

アコム ロゴ

金利 7.7%〜18.0%
限度額 最大300万円
審査~融資の時間 最短即日可能
無利息期間 30日間無利息サービス(アコムでのご契約が初めての人)
申込受付時間 24時間、土日も銀行口座振込可能(金融機関・申し込み時間帯によってはご利用いただけない場合があります)
担保・保証人 不要
申込対象年齢 20歳以上
カードレス カードレスでも借入は可能
Web完結 可能
郵送物 原則なし
在籍確認 原則、電話による在籍確認なし
返済方法 元利均等返済方式
返済期間 最長13年7ヶ月
アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローンがおすすめの人
  • 返済の管理が大変な人
  • 返済利息を減らしたい人
  • 本気で完済したい人

アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローンは、一般的なカードローンと比べるとさまざまな制約があります。

そのため、 本気で完済を目指したい人には非常におすすめ のおまとめローンです。

例えば、アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローンでは、追加の借入はできなかったり返済額を自由に変更できなかったりします。

借りたお金の使い道は他者への返済のみと限られているため、無駄にお金を借りるということはありません。

限度額内の範囲で自由に借りられるカードローンなどでは、便利な分、不必要な借入をしてしまいそうと考えている人には、アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローンは非常にメリットが大きいといえます。

また、複数社のローンをまとめると必ず金利は下がります。

MEMO
下がる目安としては、借換え専用ローンを利用する前の平均金利よりも1%以上です。

1社にまとまったことで、今まで返済日がバラバラで大変だった管理も非常にシンプルになります。

ただし、銀行カードローンやクレジットカードのショッピングリボ枠はおまとめできないので注意してください。

また、おまとめした後の返済額を少なくしすぎてしまうと、それだけ元金が減りづらくなってしまいます。

反対に完済までの期間が長引いてしまう点にも注意が必要です。

アイフルのおまとめMAX

金利 3.0%〜17.5%
限度額 最大800万円
審査~融資の時間 即日融資
無利息期間 なし
申込受付時間 WEBからの申し込みなら24時間365日手続き可能
担保・保証人 不要
申込対象年齢 満20歳以上満69歳まで
カードレス 選択可能
Web完結 可能
郵送物 なし
在籍確認 原則、電話による在籍確認なし
返済方法 元利定額返済方式
返済期間 最長10年
アイフルのおまとめMAXがおすすめの人
  • 返済管理を楽にしたい人
  • クレジットカードのリボ払いもまとめたい人
  • 金利負担を下げたい人

おまとめMAXは、複数社の借入をまとめて毎月の返済額を抑え、金利も低くなるアイフルのおまとめローンのひとつです。

返済の管理が大変な人やクレジットのリボ払いもまとめたい人には非常におすすめ です。

特に、クレジットカードのリボ払いは対象とならないことも多く、リボ払いの残高が増えすぎて困ってしまう人も少なくありません。

残高が増えるとクレジットカードの枠もなくなり、カードの利用ができなくなります。

リボ払いでの返済がある人は、おまとめMAXで一度に清算することで、クレジットカードの枠にも余裕ができ利用が可能となります。

非常に便利なおまとめMAXですが、利用するには以下の条件が必要です。

おまとめMAX利用条件
・現在アイフルを利用している人
 もしくは
・かつてアイフルを利用したことがある人

現在アイフルを使用している人はアイフルからの借入もおまとめの対象となるため追加の借入は不可となります。

不必要に借りる心配は少なくなりますが、どうしても必要になった場合も借入できないため注意してください。

また、返済期間が長くなると支払い総額が増える可能性もあります。

利用の際は、毎月の返済金額を抑えつつ、低金利で借りられるようにうまく調整してください。

※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

おまとめローンがどこも通らない人は債務整理も有効

おまとめローン どこも通らない 債務整理
おまとめローンがどこも通らない人は債務整理も有効です。

債務整理とは、借金を減らす、支払いに猶予を持たせるといったお悩みを解決する手続きです。

借金に追われる生活から救われるメリットがある反面、デメリットも存在します。

債務整理を行う場合には、メリットとデメリットどちらも理解しておかなければなりません。

また、債務整理の方法はいくつかあり、状況に合わせて使い分ける必要があります。

MEMO
任意整理や自己破産、個人再生、消滅時効援用などの方法があります。
債務整理のメリット
・借金の減額や返済義務の免除ができる
・一時的に督促や取り立てを止められる
債務整理のデメリット
・ブラックリストに載ってしまう
・保証人に請求が行ってしまうことがある
・弁護士費用が別途かかる

債務整理をするべきかどうかは、 借金の総額と収入のバランスに問題が生じているかどうかで判断 するのが基準です。

債務整理は方法によって目安となる項目に違いがありますが、以下の項目も確認してみてください。

  1. 返済額のほとんどが利息の返済である
  2. 返済が長期間にわたり完済の目処が立たない
  3. 自転車操業状態になってしまっている
  4. 収入が減少したり無収入になり返済が困難になった
  5. 年収の3分の1を超える借入がある
  6. 借入先から一括返済を請求されているが払える見込みがない

どのようなケースにも当てはまるのは、自力での返済が困難になっている状態です。

収支のバランスが崩れており、上記のようなケースに当てはまる人は債務整理の利用を検討してみてください。

▼ とにかく安く任意整理したい人におすすめ! ▼

おまとめローンがどこも通らないに関するよくある質問

おまとめローン どこも通らない 質問
おまとめローンがどこも通らない場合によくある質問をまとめてみました。

審査に通りやすい銀行や柔軟に対応してくれる金融機関など解説しているのでぜひ参考にしてください。

おまとめローンがどこも通らないに関するよくある質問
  • おまとめローン審査に通りやすい銀行はありますか?
  • おまとめローンで600万円の借り入れを成功させるには?
  • まとめローンで独自審査や柔軟に対応してくれる金融機関はありますか?

基本として、おまとめローンの審査に通りやすい銀行は存在しません。

おまとめローンであっても、一般的な貸付と同様に業者にとってリスクの大きな行為だからです。

ただし、おまとめローンの審査の基準は、金融機関によってさまざまです。

大手の消費者金融では審査に通らなかったとしても、 中小消費者金融であれば審査に通る可能性はあります。

中小消費者金融とは
大手より規模は小さいですが、正式に金融庁へ登録された貸金業者のことです。銀行や大手消費者金融とは違った視点で審査をしてくれる可能性が高いです。

大手と呼ばれるのは、アコム株式会社やアイフル株式会社といった一般的に知られている消費者金融です。

これらの大手貸金業者以外の貸金業者はまとめて中小消費者金融と呼ばれています。

知名度はどうしても劣ってしまいますが、審査に通る可能性は充分にあります。

おまとめローンで600万円の借入を成功させるためには、いくつかのポイントを意識しなければなりません。

おまとめローンで600万円の借り入れを成功させるためのポイント7つ
・信用情報が良好である
・安定した収入がある
・返済能力がきちんとある
・勤続年数が長い
・収入証明書の提出、在籍確認にしっかりと応じる
・申し込み内容を正確に申告する
・短期間のうちに複数社へ申し込みを行わない

600万円の金額に限らず借入する際には重要な部分 となるので、申し込みの際には注意してください。

基本的に、おまとめローンで審査が甘い・柔軟に対応してくれるといった金融機関はありません。

それぞれの審査基準があり、基準を満たしていなければ審査の通過は難しいです。

ただし、アイフル株式会社をはじめとする大手消費者金融では、申込者の与信情報を独自に数値化して審査をするスコアリングシステムを導入しています。

また、アイフルは銀行の傘下には入っておらず、 独自の審査基準を設定できるといった点がほかとは異なります。

おまとめローンの審査は必ず通過できるものではありません。

審査が甘く柔軟に対応してくれるといった金融機関はないということを理解しておく必要があります。

おまとめローンがどこも通らないのまとめ

おまとめローン どこも通らない まとめ
おまとめローンの審査は、金融機関によって異なり、そう簡単に通るものではありません。

借入先が多い場合や収入が少なく不安定といった場合には、どこに申し込んでも通らない可能性が高いといえます。

ただし、 おまとめローンは大手消費者金融だけでなく、中小消費者金融でも取り扱っています。

通らない原因や対策を確認するだけでなく、まずは現状をしっかりと把握して、自身に合ったおまとめローンを検討してみてください。

おまとめローンがどこも通らないのまとめ
  • おまとめローンがどこも通らない理由は審査がより厳しくなり、返済能力をより重視するため
  • おまとめローンの審査基準は申込者情報と在籍確認の一致しているかどうかや信用情報、申し込み条件などチェックしている
  • おまとめローンの審査に落ちる原因は収入が不安定で少ない・滞納や債務整理履歴がある・借入先が4社以上など多すぎる・年収に対する返済負担率が高い・申込内容に虚偽や誤りがある・短期間で複数の金融機関に申込しているなど
  • おまとめローンにどこも通らないときは借入件数を3社以下にする・滞納歴がある人は返済と期間を空けてから申し込む・転職直後に申し込みしない・中小消費者金融のおまとめローンに申し込むで対策する
  • また、おまとめローン審査の通過がどうしても困難という方は「債務整理」することで借金の減額や返済期間の猶予、金利を低くするなどが可能
  • 「ブラックOKや審査激甘、審査がゆるい」など通りやすいおまとめローンは存在しないので注意
  • 消費者金融でのおまとめ専用ローンよりも、銀行のカードローンをおまとめローンとして利用する方がおすすめだが審査に不安な人は消費者金融が良い
アイフルのおまとめローンがおすすめな人

  • アイフルで借入経験がある人は「おまとめMAX」
  • アイフルを初めて利用する人は「かりかえMAX」
  • 総量規制の対象外でおまとめローンを利用したい人
  • カードローン以外のクレカキャッシングやリボをまとめたい人
  • ローンをまとめた後に新規で借り入れしたい人
  • 在籍確認は電話連絡ではなく、書類提出のみで済ませたい人

▼ 貸金業者以外の借金もまとめられる! ▼

おまとめローンの審査に通らない人は債務整理も検討しよう!
はたの法務事務所[債務整理]

  • 相談料や着手金が無料で成功報酬や事務手数料もなしが良い人
  • 電話・メールで相談でき、丁寧で親切な対応をしてほしい人
  • 的確なアドバイスの元、借金減額や過払い金請求したい人
  • 女性でも安心して相談できる・秘密厳守な法律事務所に依頼したい人
  • 借金問題を速く解決したい・債務整理後のサポートも重視したい人

▼ 債務整理費用を抑えるならココ! ▼

【アイフルの貸付条件】
■商号:アイフル株式会社■登録番号:近畿財務局長(14)第00218号■貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)■遅延損害金:20.0%(実質年率)■契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)■返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式■返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)■担保・連帯保証人:不要

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • l******i様が
    300万円を調達しました。

  • b***e様が
    600万円を調達しました。

  • y****w様が
    200万円を調達しました。

  • s***c様が
    1100万円を調達しました。

  • s****r様が
    900万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング