おまとめローン300万は成功例は?ブッラクOK?どこも通らない理由や審査に通りやすい銀行

運営事務局
運営事務局
更新日2024/3/29
PR


おまとめローン300万は成功例はある?

ブラックOK?おまとめローン審査にどこも通らない理由は?
おまとめローン審査通りやすい銀行はどこ?必ず借りれるおまとめローンはない?

結論からお伝えすると、300万の借金をおまとめローンで成功させることはできます。

しかし、おまとめローンは通常の審査と比較して審査難易度が高くなるため、「返済能力が低い・ブラック入りしている」ような人は審査に通過することができません。

そのため、必ず借りれるおまとめローンは存在しないため覚えておいてください。

おまとめローンとは
複数社のローンを低金利のカードローンなどに一本化すること。

300万円の借金をおまとめローンで一本化するには、貸金業者から借りた借金であり、借金総額が利用限度額以内であることが条件となります。

おまとめローンは総量規制の対象外となっているため、年収の3分の1以上の借入ができるものの、上記の条件を満たしていないと利用できないため注意。

また、 200万・300万・400万と高額の借金を一本化するのであれば、銀行のおまとめローンを活用するのがおすすめ です。

今回は、おまとめローン審査に通りやすい銀行やどこも通らない理由について詳しく解説していきます。

借金一本化 図解

アイフルのおまとめローンがおすすめな人

  • アイフルで借入経験がある人は「おまとめMAX」
  • アイフルを初めて利用する人は「かりかえMAX」
  • 総量規制の対象外でおまとめローンを利用したい人
  • カードローン以外のクレカキャッシングやリボをまとめたい人
  • ローンをまとめた後に新規で借り入れしたい人
  • 在籍確認は電話連絡ではなく、書類提出のみで済ませたい人

▼ 貸金業者以外の借金もまとめられる! ▼

おまとめローンの審査に通らない人は債務整理も検討しよう!
はたの法務事務所[債務整理]

  • 相談料や着手金が無料で成功報酬や事務手数料もなしが良い人
  • 電話・メールで相談でき、丁寧で親切な対応をしてほしい人
  • 的確なアドバイスの元、借金減額や過払い金請求したい人
  • 女性でも安心して相談できる・秘密厳守な法律事務所に依頼したい人
  • 借金問題を速く解決したい・債務整理後のサポートも重視したい人

債務整理 診断チャート

▼ 債務整理費用を抑えるならココ! ▼

目次

おまとめローン300万は成功する?

おまとめローン 300万 成功 総量規制対象外
おまとめローンは、借金総額300万でも成功する可能性は十分あります。

おまとめローンは総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超える金額になっても審査通過する可能性は高いです。

総量規制とは
年収の3分の1を超える貸付を禁止する賃金業法のルール。

一定の条件を満たせば、総量規制の対象外となり「おまとめローン」の活用ができるので、「複数社からの借入をまとめたい!」と考えている人はぜひ参考にしてください。

この記事を読むことで、複数社の借金を一本化する「おまとめローン」の詳細がわかり、おまとめローン300万の成功へと繋がります。

総量規制対象外なので300万円以上の借金もOK

おまとめローンは総量規制の対象外のため、 300万以上の借金も審査通過することが可能 です。

通常、消費者金融などの賃金業者は、総量規制の対象となっているため年収の3分の1を超える借入はできません。

しかし、下記の一定の条件を満たせば「顧客に一方的有利となる借換え」と判断され、「総量規制の例外貸付け」に該当し、年収の3分の1を超える金額を利用できます。

総量規制の「例外貸付け」に該当する「借り換え」であるための条件
(1)借換えの対象となる債務は、賃金業者からの借入債務全般。銀行からの借入債務や、親族・知人などからの借入債務は対象になりません。
(2)「借換え後」の金利が、借換え前の金利を上回らない。
(3)返済方法は、約定に基づく返済により段階的に残高を減らしていくことを要件とする。
(4)1ヶ月の負担額について、借換え後の負担額が、借換え前の負担額を上回らない。
(5)担保・保証に係る要件について、借換え後の条件が、借換え前の条件より厳しくならない。

引用:総量規制が適用されない場合について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

総量規制の対象だと300万円借りるには年収900万円は必要ですが、上記の内容に該当するおまとめローンの活用で、年収についての問題が解決できます。

300万円以上の借金があると追加融資はできない場合が大半ですが、 借金をまとめるための「おまとめローン」だと審査に通りやすくなります。

MEMO
銀行と消費者金融どちらも「おまとめローン」の取り扱いはあり、いずれも追加融資と比較して審査通過の可能性は高い。

おまとめローン300万で成功するための条件

おまとめローン 300万 成功 条件
おまとめローン300万で成功するための条件を知っておけば、不安要素を取り除くことができます。

おまとめローン300万で成功するための条件
  • 借りたお金は全て賃金業者
  • 消費者金融のおまとめローンで利用限度以内

上記の条件をそれぞれ詳しく解説するので、事前によく確認しておまとめローン成功に繋げてください。

借りたお金は全て貸金業者

消費者金融のおまとめローンの対象となる債務は、 他社借入の消費者金融のカードローン・クレジットカードのキャッシングのみを対象 にしている場合が多いです。

そのため、銀行からの借入債務や、親族・知人などからの借入債務はおまとめローンの対象になりません。

「銀行やキャッシングでの借金がある」という方は消費者金融ではなく、銀行でのおまとめローンを検討してください。

消費者金融でのおまとめローンで300万を成功させるには、借りたお金が全て賃金業者からの借金である必要があります。

MEMO
利用にあたっては、申し込み前に「おまとめローン」を取り扱っている賃金業者に相談してください。

消費者金融のおまとめローンで利用限度以内

消費者金融によっておまとめローンの利用限度額が決められており、それを超える借金は借りれません。

大手消費者のおまとめローンの利用限度額 は下記のとおりです。

消費者金融 利用限度額
プロミス 300万円
アイフル 800万円
SMBCモビット 800万円
レイク 500万円

消費者金融によって利用限度額は異なりますが、借金が多ければ多いほど選択肢が少なくなります。

300万円未満の借金をおまとめローンで一本化する場合、選択肢は多いため金利などを比較して検討できます。

自身の借金の合計金額を確認して、利用限度以内の消費者金融で申し込み をしてください。

おまとめローンで300万以上の借金を一本化するなら銀行がおすすめ!

おまとめローン 300万 成功 一本化 銀行
300万以上の借金を一本化するなら、銀行のおまとめローンがおすすめです。

銀行のおまとめローンがおすすめな理由
  • 銀行カードローンは低金利
  • 銀行カードローンは利用限度額が高い

300万以上の借金がある人は、 利用限度額が高く低金利で利用できる銀行のおまとめローン をぜひ活用してください。

銀行カードローンは低金利

複数社の借金を「おまとめローン」でひとつにすると総額が高額になるため、低金利の銀行カードローンを活用して利息をおさえることをおすすめします。

銀行カードローンのおまとめローンで、300万の契約した際の金利の例 を紹介します。

金融機関名称 利用額 金利
楽天銀行スーパーローン 300万円以上350万円未満 年2.9%~12.9%
三井住友銀行カードローン 300万円以上400万円未満 年7.0%~8.0%
みずほ銀行カードローン 300万円以上400万円未満 年7.0%

利息をおさえることは、月々の返済額・返済総額が減ることに繋がる ため、低金利の銀行を活用して返済負担を軽減してください。

銀行カードローンは利用限度額が高い

銀行カードローンは利用限度額が高いため、おまとめローンで借金を一本化する際に活躍します。

消費者金融の利用限度額は300万のケースが多い ため、300万円以上の借金がある方は利用できる消費者金融が限られてきます。

名称 利用限度額
楽天銀行スーパーローン 800万円
三井住友銀行カードローン 800万円
みずほ銀行カードローン 800万円

上記のように、 銀行カードローンは利用限度額が高く設定されている ため、合計300万以上の借金がある人に向いています。

MEMO
銀行カードローンは低金利に加えて高額融資も可能。
そのため、借金が300万超えの方はもちろん300万未満の方も、まずは銀行での審査を受けることをおすすめします。

メガバンクから300万円借入したときの返済額早見表

おまとめローン 300万 成功 返済額早見表

銀行名 金利 毎月の返済額 返済期間
三菱UFJ銀行 年7.6%~年10.6% 30,000円~34,335円 最大159ヶ月~168ヶ月
みずほ銀行 年7.0% 30,367円 150ヶ月の場合(最大999ヶ月まで可能)
三井住友銀行 年8.0%~年10.0% 36,397円~39,645円 最大120ヶ月

上記の表は、 メガバンクから300万円を借り入れ、返済期間を最大で設定したときの返済額早見表 です。

この返済額早見表を見ると、300万の借入の月々の返済額は30,000円〜40,000円程と判断できます。

もちろん、返済回数を減らすことで月々の返済額は増えますが、完済までの期間を短縮できます。

MEMO
みずほ銀行の返済シミュレーションについて、最大返済回数で算出すると利息だけで元本を超えるため、今回は現実的な150回で算出しました。

繰り上げ返済を活用して返済期間を短くする

借入した300万円を返済する時のコツは、繰り上げ返済を活用して返済期間を短くすることです。

繰り上げ返済
ローンの返済において、毎月の決まった返済金額とは別にまとまった金額を返済すること。

「今月お金がいつもより多く残っている」「給料が今月多かった」など、 自分が繰り上げ返済できるタイミングに、任意的に返済を進められます。

繰り上げ返済を好きなタイミングに活用して、可能な限り借入期間を短縮・利息の負担軽減に繋げてください。

おまとめローン目的で300万円借りるには収入証明書の提出が必須

おまとめローン 300万 成功 収入証明書
おまとめローン目的で300万円借りるには、 すべての金融機関で収入証明書の提出が必須 となります。

収入証明書の具体例
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 課税証明書
  • 納税証明書

高額融資の場合は、収入証明書の提出が必須であることを認識し、事前に準備しておくことでよりスムーズに手続きが完了します。

基本的に50万円以下の場合、収入証明書の提出が不要

銀行・消費者金融いずれのカードローンも、 限度額が50万円以下であれば基本的に収入証明書の提出は不要 です。

銀行カードローンは、「50万円超の利用限度額をご希望の場合は収入証明書の提出が必要」と申込者に求めています。
引用:カードローン「バンクイック」のお申込方法と審査について | 三菱UFJ銀行

しかし、消費者金融カードローンでは、賃金業法の規制により「他社を含めた借入総額が100万円を超える」場合にも、収入証明書の提出が求められています。
引用:貸金業法Q&A|金融庁

50万円を超える限度額を希望する場合は、原則として収入証明書の提出が必要になりますが、各会社ごとで条件が異なる場合もあるため事前に確認しておくと安心です。

以前は収入証明書なしで200万円まで借入可能だった

以前は収入証明書なしで200万円まで借入可能でした。

しかし、多重債務者が増加したことにより、条件に応じて年収を証明する書類「収入証明書」の提出が義務付けられました。

出典:年収を証明する書類とは【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

収入証明書の提出により、 各消費者金融は申込者の正確な年収が確認できる ため、過度な融資が防げます。

現在は、原則融資希望額が50万円を超える場合には収入証明書が必要なので、収入証明書なしで借入が可能だった頃と比較すると手間がかかります。

おまとめローン300万を成功させる審査通過のポイント

おまとめローン 300万 成功 審査通過
おまとめローン300万を成功させる審査通過のポイントを4つ ご紹介します。

300万という高額融資の審査を通過するために、これらのポイントをしっかりとおさえておいてください。

入力ミスや虚偽情報で申込しない

申し込み時に、入力ミスや虚偽情報の申告はしてはいけません。

おまとめローン含め、いずれのローンも信用が重要になるため、虚偽情報を申告する人を信用して審査通過・融資してくれる金融機関はありません。

加えて、申込情報に入力ミスがあった場合も同様に、虚偽情報の申告と判別がつかないため、審査落ちに繋がります。

些細な間違いが審査落ちを招いてしまうので、申し込みの際は「年収に間違いはないか」「他社借入額に間違いはないか」など、丁寧に何度も確認をしてください。

他社借入件数が多い人は減らしておく

他社借入件数が多い人は、可能な限り返済を進めて件数を減らしておく ことで、審査通過の可能性をあげることができます。

他社借入件数が多いと、多重債務に陥り債務整理をする可能性が高いと判断され、審査が不利になります。

「もう少しで完済できそう」という他社借入がある人は、繰り上げ返済を積極的に活用して完済してください。

MEMO
何社までが審査落ちするという決まりはないが、他社借入件数が少なければ少ないほど審査に通りやすくなる。

なるべく利用限度額が高い銀行を選ぶ

おまとめローンを利用する際は、なるべく利用限度額が高い銀行を選ぶことをおすすめします。

「利用限度額の枠いっぱい借りる」よりも 「利用限度額にある程度余裕を残して借りる」 方が、金融機関側として重みが変わるため、審査の厳しさも異なると考えられます。

利用限度額が高い金融機関を選ぶことで、おまとめローン300万が成功する可能性もあがります。

MEMO
利用限度額いっぱいまで借りる場合、審査が厳しくなると考えられている。

借り換え目的であることを明確に伝える

「追加融資で300万」と勘違いされないように、「借り換え目的」であることを明確に伝えてください。

新たな融資で300万円受けるには、総量規制により最低でも年収900万円以上必要なので、審査も厳しいです。

そのため、申し込みの際に「借り換え目的」としっかり伝えておいてください。

借り換えの場合は借入金額が増加しないので、審査がよりスムーズに進みます。

MEMO
Web申し込みの場合は、申込後に電話にて問い合わせをしてください。

おまとめローンがどこも通らない理由

おまとめローン 300万 成功 通らない理由

おまとめローンがどこも通らない理由を6つ解説します。

おまとめローンがどこも通らない理由
  • 収入がない・収入が不安定
  • 滞納や債務整理など信用情報に履歴がある
  • 借入先が4社以上ある
  • 返済負担率が高すぎる
  • 申し込み不備
  • 短期間で複数社の銀行に申し込みした

いずれも該当すれば審査通過が厳しくなる理由となっているため、申し込みを行う際は十分注意してください。

収入がない・収入が不安定

収入がない・収入が不安定だと、返済不能に陥るリスクが高いと判断されて審査落ちする可能性が高くなります。

おまとめローンは複数社の借入をまとめるため、金額が大きくなるケースが多いです。

そのため、 安定した収入がとても重要 になります。

仮に低収入だとしても、滞りなく返済できる見込みが立つ「収入と借入のバランス」であれば、審査通過の可能性は高くなります。

MEMO
自営業で収入が安定しない方や、転職したての方は収入が安定していないと判断される。

滞納や債務整理など信用情報に履歴がある

過去に滞納や債務整理をした場合は、信用情報に履歴がある可能性が高いので審査通過が厳しいです。

信用情報に登録される期間は、信用情報機関や借入時期などによって多少異なりますが、完済してから5〜10年の一定期間が経過しなければ削除されません。

信用情報に滞納や債務整理した履歴があると審査通過できないため、 該当する人は一定期間経過してするまで待つ 必要があります。

MEMO
完済後の過払い金返還請求の場合は、信用情報の履歴に登録されない。

借入先が4社以上ある

金額に関わらず借入先が4社以上あると、審査通過が難しくなる場合が多いです。

他社借入件数が多いことは、多重債務・債務整理の可能性が高くなると判断されてしまいます。

そのため、 少額での借入が複数ある方はまずは完済して借入件数を減らしてください。

借入先が4社以上あると、個人属性に問題がなくても多重債務になる可能性が高いと判断され、審査が不利になる傾向があります。

MEMO
少額の借入が多い=カードローン会社からの信用度の低さや利用の計画性のなさが疑われてしまう。

返済負担率が高すぎる

返済負担率が高すぎると、返済が滞るリスクが高くなると判断されるため審査落ちしやすくなります。

おまとめローンは、一定の条件を満たせば「顧客に一方的有利となる借換え」と判断され、「総量規制の例外貸付け」に該当するので、年収の3分の1を超えても問題ありません。

しかし、おまとめローン後の返済負担率が高すぎると、返済不可に陥る可能性があるので審査通過が厳しくなります。

MEMO
返済負担率が、一般的に30%〜40%を超える借入は断られるケースが多いと言われている。

申し込み不備

申し込み際に入力した情報の不備は、審査に悪い影響を与えます。

申込情報を事実と異なる内容で申告すると、提出書類や信用情報機関の確認で発覚し、信用を疑われてしまいます。

また、勤務先の情報に不備があると、在籍確認が完了できず審査落ちするケースも。

申し込みの際の不備は、虚偽申告と同様の扱いをされる可能性が高いので、よく確認してから申し込みを完了してください。

MEMO
収入証明書で年収の確認・信用情報機関で他社借入額の情報照会・在籍確認もしくは社会保険証で勤務先の確認がされる。

短期間で複数社の銀行に申し込みした

短期間で複数の銀行に申し込むと、よほど経済的に困窮していると判断されて審査落ちする可能性が高くなります。

審査落ちが不安で複数社に申し込む人もいますが、 申し込み履歴は最長半年間個人信用情報に記録 されてしまいます。

そのため、複数社への申し込みは審査を不利にするのでしてはいけません。

「審査落ちが不安…」という方でも、短期間で複数社に申し込まず、まずは1社目の審査結果を待つことが大切です。

MEMO
申し込み履歴は半年間信用情報機関に残るため、可能であれば再申し込みまで半年空ける方が良い。

必ず借りられるおまとめローンはない

おまとめローン 300万 成功 ない
おまとめローンは審査があるので、必ず借りられるわけではありません。

消費者金融は賃金業法によって、返済能力の調査が義務付けられているため、申し込み時に必ず審査が行われます。

また、銀行は独自の審査体制を導入しているため、消費者金融・銀行どちらも必ず借りられるおまとめローンはありません。

ブラックOKのおまとめローンもない

銀行・消費者金融いずれのおまとめローンでも、「ブラックOK」と断言しているところはありません。

そのため、ネットなどで見かける「ブラックOKのおまとめローン」は、違法な賃金業者なので絶対に利用してはいけません。

ブラックの方は、利用中の金融機関に「おまとめローンをしたい」と相談する、もしくはおまとめローンを専用で用意している金融機関の利用を検討してください。

MEMO
一部のカードローン会社でもおまとめローンとして利用できるが、おまとめローン専用で用意しているカードローン会社の方が審査通過を積極的にしていると考えられている。

おまとめローンで審査に通りやすい銀行はある?

おまとめローン 300万 成功 通りやすい 銀行
おまとめローンで審査に通りやすいおすすめの銀行を3つご紹介します。

銀行は消費者金融と比べて、金利が低く審査が厳しい傾向 にあります。

しかし、 キャンペーンや優遇措置を用意しているといった、融資に前向きな銀行もある ので以下で紹介する銀行をぜひ確認して活用してみてください。

おまとめローンでおすすめの銀行① 楽天銀行スーパーローン

基本情報 詳細
申込条件 20歳以上62歳以下の安定した定期収入のある方、または専業主婦
( パート・アルバイト・専業主婦の方は60歳以下)
金利(実質年率) 年1.9%~14.5%
利用限度額 800万円(専業主婦の方は50万円)
審査・融資スピード 審査:最短当日
融資:最短翌営業日
無利息期間 30日間(楽天銀行スーパーローン+楽天銀行口座同時申し込みの場合)
担保・保証人 なし

楽天銀行スーパーローンの特徴
  • 楽天会員のランクに応じて審査が優遇される
  • 無利息期間がある
  • 当行口座開設不要

楽天銀行スーパーローンは、楽天会員ランクに応じて審査が優遇されたり、キャンペーンを用意している銀行カードローンです。

「入会特典としてポイント進呈」「金利半額」 など、お得におまとめローンを利用できるキャンペーンが常に用意されています。

また、 楽天会員ランクが高い人ほど審査で優遇される ため、「審査通過が不安…」という方も審査通過率を高めることが可能。

さらに、300万円〜350万円の借入利率が年2.9%〜年12.9%(変動金利)と、他者と比較して低めに設定されているため、300万円以上のおまとめローンにとても向いている商品です。

下記の条件すべてを満たすと無利息期間が適用されるので、適用できそうな人はぜひ活用してください。

無利息特約の適用対象
楽天銀行の普通預金の開設と楽天銀行スーパーローンの同時申し込み
初回の借入で個人のお客さま
返済のための自振口座として楽天銀行の普通預金口座を登録

引用:ご利用規定 | 楽天銀行

楽天銀行スーパーローンは、「審査優遇」「無利息特約」「キャンペーン」があるので、条件を満たすとより一層お得におまとめローンの契約ができます。

おまとめローンでおすすめの銀行② 三井住友銀行カードローン

基本情報 詳細
申込条件 20歳以上69歳以下で、原則安定した収入がある方(年金収入のみの方は利用不可)
金利(実質年率) 年1.5%~14.5%
利用限度額 800万円
審査・融資スピード 審査:最短即日
融資:最短翌営業日
無利息期間 なし
担保・保証人 なし

三井住友銀行カードローンの特徴
  • 郵送物なしで利用できる
  • 条件を満たせば金利が引き下げられる
  • 下限金利が他社よりも低い
  • キャッシュカードでローンの利用ができる

三井住友銀行カードローンは、 下限金利が年1.5% と低めに設定されているため、高額なおまとめローンにおすすめな商品です。

三井住友銀行の住宅ローンを借り入れしており返済の滞納がなければ、借入利率が年1.5%~年8.0%に引き下げられるので、条件に該当する方はぜひ利用を検討してください。

MEMO
三井住友銀行カードローンの300万円~400万円の通常借入利率は、年7.0%~8.0%

また、ローン契約機での契約もしくはカードレスの場合、郵送物が一切なしになるので自宅に郵送物が来てほしくない方におすすめです。

さらに、三井住友銀行普通口座のキャッシュカードでローンの利用も可能なため、「ひっそりとおまとめローンをして返済負担を下げたい!」という人にとても向いている商品です。

三井住友銀行カードローンは、周囲に知られるリスクを最小限におさえることもでき、さらに 条件を満たせばお得におまとめローンが利用できる 銀行カードローンです。

MEMO
カードレスで契約した場合は、利用方法がインターネットバンキングのみに限られる。

おまとめローンでおすすめの銀行③ みずほ銀行カードローン

基本情報 詳細
申込条件 20歳以上66歳未満で、安定かつ継続した収入の見込める方
金利(実質年率) 年2.0%~14.0%
利用限度額 800万円
審査・融資スピード 審査:最短即日
融資:記載なし
無利息期間 なし
担保・保証人 なし

みずほ銀行カードローンの特徴
  • 条件を満たせば金利が引き下げられる
  • 上限金利が他社よりも低い
  • キャッシュカードでローンの利用ができる

みずほ銀行カードローンは、 上限金利が年14.0% と他者よりも低めに設定されており、さらに条件を満たせば基準金利が0.5%引き下げられることが特徴です。

みずほ銀行で住宅ローンを契約していると、基準金利の引き下げが可能です。

MEMO
みずほ銀行カードローンの300万円~400万円の借入利率は年7.0%

なお、みずほ銀行カードローンは、口座開設が必須になっているので「これ以上口座を増やしたくない」という人には不向きです。

みずほ銀行の口座のキャッシュカードに、ローン機能を付けることもできるので、口座を便利に活用したい人はぜひ利用を検討してください。

MEMO
申し込み方法が、電話・Web・店舗から可能なため、自分に合った方法を選びやすい。

おまとめローン300万は成功する?のまとめ

おまとめローン 300万 成功 まとめ
借金をまとめるための「おまとめローン」で、 300万円の契約が成功する可能性は十分あります。

おまとめローン300万を成功させるには、 融資を積極的に行っている下記の銀行 を利用することをおすすめします。

おまとめローンでおすすめの銀行
  • 楽天銀行スーパーローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン

銀行カードローンは低金利かつ利用限度額が高いため、おまとめローンにとても向いています。

おまとめローン300万を成功させる審査通過のポイントを事前に確認しておき、審査通過率を上げてください。

おまとめローン300万を成功させる審査通過のポイント
  • 入力ミスや虚偽情報で申込しない
  • 他社借入件数が多い人は減らしておく
  • なるべく利用限度額が高い銀行を選ぶ
  • 借り換え目的であることを明確に伝える

なお、おまとめローンで300万成功することは可能ですが、必ず審査が必要です。

「ブラックOK・審査不要」を謳う違法な賃金業者に注意して、おまとめローンを活用し返済負担を軽減してください。

アイフルのおまとめローンがおすすめな人

  • アイフルで借入経験がある人は「おまとめMAX」
  • アイフルを初めて利用する人は「かりかえMAX」
  • 総量規制の対象外でおまとめローンを利用したい人
  • カードローン以外のクレカキャッシングやリボをまとめたい人
  • ローンをまとめた後に新規で借り入れしたい人
  • 在籍確認は電話連絡ではなく、書類提出のみで済ませたい人

▼ 貸金業者以外の借金もまとめられる! ▼

おまとめローンの審査に通らない人は債務整理も検討しよう!
はたの法務事務所[債務整理]

  • 相談料や着手金が無料で成功報酬や事務手数料もなしが良い人
  • 電話・メールで相談でき、丁寧で親切な対応をしてほしい人
  • 的確なアドバイスの元、借金減額や過払い金請求したい人
  • 女性でも安心して相談できる・秘密厳守な法律事務所に依頼したい人
  • 借金問題を速く解決したい・債務整理後のサポートも重視したい人

▼ 債務整理費用を抑えるならココ! ▼

【アイフルの貸付条件】
■商号:アイフル株式会社■登録番号:近畿財務局長(14)第00218号■貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)■遅延損害金:20.0%(実質年率)■契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)※1■返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式■返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)■担保・連帯保証人:不要※1:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • c**n様が
    800万円を調達しました。

  • n***b様が
    800万円を調達しました。

  • n**b様が
    400万円を調達しました。

  • k***p様が
    400万円を調達しました。

  • l**b様が
    800万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り2社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング