デット・ファイナンスとエクイティ・ファイナンスの違いとは?種類やメリット・デメリットをわかりやすく解説

運営事務局
運営事務局
更新日2023/9/29
PR

デットファイナンス アイキャッチ

デットファイナンスメリット・デメリットとは?

デットファイナンスエクスティファイナンスの違いが知りたい!

デットファイナンスにはどんな種類があるの?

この記事では、上記のような疑問・お悩みを解決します。

デットファイナンスは、金融機関からの融資や社債の発行などを通じて負債を増やす資金調達の方法です。

デットファイナンスにはさまざまな種類があるため、事業形態や成長段階に応じて適している方法が異なります。

例えば、起業してすぐの場合には、信用力が必要となるコマーシャルペーパーなどは不向きで信用保証付きの銀行融資などがおすすめです。

デットファイナンスのメリット・デメリットだけでなく、どのような種類があるのかを知っておかなければ、資金繰りに負担がかかってしまう可能性があります。

また、資金調達を大きく分類すると、デットファイナンスだけでなくエクスティファイナンスという方法も存在します。

自社の需要に合わせた方法で資金調達するためには、デットファイナンスだけでなくエクスティファイナンスについても理解しておくことが重要です。

そこで今回は、デットファイナンスの種類やメリット・デメリット、エクスティファイナンスとの違いを詳しく解説します。

資金調達を考えている人は、デットファイナンスやエクスティファイナンスについてぜひ理解を深めてください。

デットファイナンスをざっくり言うと・・・
  • 借入や社債の発行など負債の形で資金調達する方法
  • 利息が発生し返済義務がある
  • 経営権に影響が出ない
  • 株式発行など出資の形で資金調達するエクスティファイナンスとは異なる

目次

デットファイナンスとエクイティファイナンスの違い

デットファイナンス エクスティファイナンス 違い
デットファイナンスとエクスティファイナンスはいくつかの異なる点があります。

デットファイナンス エクスティファイナンス
返済義務 あり なし
利子 あり なし
リターン ローリスク・ローリターン ハイリスク・ハイリターン
バランスシート 負債 資産

デットファイナンスとエクスティファイナンスの最大の違いは、返済する必要があるかどうかです。

デットファイナンスは、金融機関や投資家からお金を借り入れる資金調達の方法で、最終的には返済をしなければなりません。

一方で、エクスティファイナンスは、 株式を発行することで資金調達を行う方法で返還は不要になります。

そのほか、賃借対照表に関しては、デットファイナンスは負債が増加するのに対し、エクスティファイナンスは資本が増加する点が異なっています。

また、デットファイナンスはローリスク・ローリターンなのに対し、エクスティファイナンスの方はハイリスクハイリターンです。

資金を支出する側から見るとリターンにも大きな違いがあります。

MEMO
エクスティファイナンスでは、資金の返還請求ができません。その代わり配当を得られる可能性があります。株価が上昇することで大きなキャピタルゲインを期待できるだけでなく、上限もないため大きな利益が得られる場合があります。

デットファイナンスの種類

デットファイナンス 種類
主に銀行などの金融機関から資金調達する方法をデットファイナンスといい、資金調達先も多く種類も豊富です。

ここでは、デットファイナンスによる資金調達で代表的な7つをご紹介します。

デットファイナンスでの資金調達を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

デットファイナンスの種類
  • 公的融資
  • 公銀行融資
  • 社債
  • 私募債
  • コマーシャルペーパー
  • シンジケートローン
  • ソーシャルレンディング

デットファイナンスの種類① 公的融資

公的融資は、国や自治体を通して実施する融資のことです。

日本政策金融公庫の「新創業融資制度」や「制度融資」などがあります。

日本政策金融公庫とは
100%政府が出資している金融機関のことです。事業を初めて間もない人やこれから事業を始める人に対し、無担保・無保証人で利用できる融資制度を扱っています。

公的融資は金利が低い特徴を持っており、長期間の借入もできるため、借入しやすい融資といえます。

ただし、手続きは複雑で必要書類が多いなどの手間がかかるため、そう簡単ではありません。

新創業融資制度
要件を満たしていれば無担保・無保証人で利用できる低金利の融資ですが、審査には時間がかかる点には注意が必要です。
制度融資
地方自治体・民間の金融機関・信用保証協会の3つが連携して融資を実行しています。

日本政策金融公庫と等しく、連帯保証人が不要で低金利で融資を受けることが可能ですが信用保証協会による保証が必要です。

公的融資は融資が実行されるまでに数ヶ月はかかってしまうため、急いで資金調達したい人には向いていません。

デットファイナンスの種類② 銀行融資

民間の金融機関からの融資を銀行融資といい、「プロパー融資」と「ビジネスローン」に分かれます。

プロパー融資
  • 金融機関独自の融資で信用保証協会を活用しない
  • 小さい規模の会社や起業したばかりだと利用が難しい
  • 保証料の支払いは不要
ビジネスローン
  • クレジットカード会社や消費者金融などが提供している融資商品
  • 銀行よりもスピードが早く審査が厳しくない
  • 金利は高めの設定

申し込む金融機関や、自社の経営状況などによって融資の際の条件が異なります。

担保や保証は必要なのかをしっかりと確認してから申し込むようにしてください。

デットファイナンスの種類③ 社債

社債とは、資金調達を目的として会社が発行する債券のことです。

株式と同じ有価証券ですが、投資家に社債を購入してもらうことでお金を借りるため、会社の借金といえます。

社債にはいくつか種類がありますが、デットファイナンスの代表的な手段は「普通社債(公募債)」です。

会社が債券を発行する際は、発行期限や利息・期日などを決めた上で行い、一般の投資家に売って資金調達します。

満期には一括償還となる場合が多いため、融資と比べても資金繰りに余裕ができやすい特徴があります。

ただし、社債を発行する際には有価証券報告書などの書類の提出が必要となるため注意してください。

デットファイナンスの種類④ 私募債

私募債は、社債の一種で発行対象が少数の投資家に限定されています。

公募の手続きがないため、通常の社債を発行するよりも簡単に行える点が特徴です。

中小企業においては、金融機関や信用保証協会などが償還について保証する方法が主流となっています。

また、財務状況が一定の水準を超えていれば一括償還を行うことも可能です。

MEMO
金融機関や信用保証協会から保証を受けられるのは、一定の財務基準を満たす優良企業に限定されています。審査に通ることで、会社の信用度がアップするなどの効果も期待できます。

デットファイナンスの種類⑤ コマーシャルペーパー

短期間で資金調達を行うための方法で、無担保の約束手形のことです。

無担保のため、コマーシャルペーパーを発行できるのは、信用のある企業のみとなっており、額面金額は1億円以上とされています。

証券会社や金融機関が発行を引き受けて、投資家に販売します。

社債と少し似ていますが、償還期間が異なっており、社債は1年以上あるのに対して、コマーシャルペーパーは1〜3ヶ月以内などの1年未満であることが多いです。

金利に関しても、発行する企業の信用度合いや優良性などによって決定されます。

デットファイナンスの種類⑥ シンジケートローン

複数の銀行から組成されるシンジケート団から融資を受ける方法を、シンジケートローンといいます。

シンジケート団とは
高額の資金調達に際して、シンジケートローンや新しく発行される株式や債権などの有価
証券の引き受けのため、複数の金融機関で結成される団体のことです。売り出しなどで販売力を強めることや、売れ残りの危険性を分散させることを目的としています。

社債の発行と少し似ていますが、 シンジケートローンは金融機関からの借入です。

返済スケジュールや借入条件などの設定が柔軟に行えるメリットはありますが、金利とは別にエージェントフィーなどの手数料が必要な点には注意してください。

デットファイナンスの種類⑦ ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとはクラウドファンディングの1種で、融資を受けたい企業と利益を得たい投資家をマッチングするサービスのことです。

具体的な仕組みは以下の通りです。

  1. ソーシャルレンディングサービスを運営する会社がネット上でファンドの募集をする
  2. 個人投資家から資金を集める
  3. ファンド業者を通じて企業に貸し付ける


投資家側のメリットとしては、1万円ほどの小さな金額で利用ができ、元本が少なくても資産運用を行える点です。

また、一般的な融資と比べてスピーディーに資金調達できるため、借り手側においても大きなメリットがある方法です。

ただし、金利は銀行よりも高く設定されることが多い点には注意してください。

エクイティファイナンスの種類

エクスティファイナンス 種類
企業が新しい株を発行して、事業に必要な資金調達を行う方法をエクスティファイナンスといいます。

エクスティファイナンスで資金調達することで、自己資本となるため、外部へ悪い印象を与えることもありません。

ここでは、エクスティファイナンスによる資金調達で代表的な4つをご紹介します。

エクスティファイナンスでの資金調達を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

エクイティファイナンスの種類
  • 公募(時価発行増資)
  • 株主割当増資
  • 第三者割当増資
  • 転換社債型新株予約権付社債

エクイティファイナンスの種類① 公募(時価発行増資)

時価で新株を発行して資金調達をする方法を公募といいます。

額面ではなく時価で発行するため、時価発行増資とも呼ばれています。

自社の株価が高いほど、発行株が少なくても大きな資金調達が可能な点は非常に大きなメリットです。

エクイティファイナンスの種類② 株主割当増資

新株を発行する際に、株主に対して割り当てを受ける権利を、保有株数に応じて与える方法です。

ただし、株主は新株の申し込みや払い込みをする義務などは特にありません。

株主割当による新株の払い込み金額は、時価よりも低い金額が通常となりますが、株主は割り当てられた全てを申し込む必要はないのです。

株主からの申し込みがなければ、その権利は失効するだけとなり、企業側は株主構成の大きな変化がない点がメリットといえます。

エクイティファイナンスの種類③ 第三者割当増資

株主かどうかは関係なく、特定の第三者に新株を引き受ける権利を与える方法を第三者割当増資といいます。

取引先などとの関係を安定させたい場合や、自社の株価が低いために通常の増資ができない場合に有効な方法です。

MEMO
第三者割当増資では、割当先の主体実態が不明瞭などの事例が多くなっており問題視されてます。上場企業が実施する場合には、増資の目的や割当先に関して十分な情報開示を行い、既存の株主の権利保護に配慮することが大切です。

エクイティファイナンスの種類④ 転換社債型新株予約権付社債

一定の価格で発行する企業の株式に、転換できる権利がついた社債を発行する方法を転換社債型新株予約権付社債といいます。

投資家からすれば、転換価額よりも株価が上がれば株式に転換できるメリットがあるため、普通社債よりは利回りは低くなります。

利回りとは
投資元本に対する収益の割合のことです。収益には利息だけでなく、売却損益も含まれます。

一時的に大量の株式が市場に出回らない方法のため、株価に対しての影響が少ない点がメリットです。

デットファイナンスのメリット

デットファイナンス メリット
デットファイナンスによる資金調達方法には、いくつかのメリットがあります。

代表的なメリットを5つご紹介するので、デットファイナンスでの資金調達を検討している人はぜひ参考にしてください。

デットファイナンスのメリット
  • 経営権に影響がない!
  • 借入金額に応じた節税効果がある
  • 返済実績が記録に残ることで信用力向上
  • 資本金が増加するわけではないため支払う税金に影響がない
  • 返済額が明確なので資金計画が立てやすい

デットファイナンスのメリット① 経営権に影響がない!

株式を用いるエクスティファイナンスでは、経営権に影響を及ぼす可能性があります。

しかし、 デットファイナンスでは株式を利用しないため悪影響の心配がありません。

また、資金調達を行ったあとでも、経営者が経営権を持った状態を維持できます。

金融機関や株主などは意見を述べたり、干渉したりすることはほとんどないため、外部からの制限もなく自由に経営することが可能です。

ただし、経営状態が危機に陥った場合、融資を行う金融機関などから、さまざまなアドバイスを受ける可能性があります。

デットファイナンスのメリット② 借入金額に応じた節税効果がある

デットファイナンスは、元金に利息をつけて返済しなければなりません。

そのため、融資を受けないケースと比べると金銭的な損失を被ることにはなりますが、利息の支払い分は法人税の対象から外れます。

所得額から支払った利息の分を差し引くことが可能なため、借入金額に応じた節税効果があるといえます。

企業の法人税率が高い場合もしくは債務残高が多い場合ほど、負債の利用による節税効果は大きいです。

デットファイナンスのメリット③ 返済実績が記録に残ることで信用力向上

金融機関からの借入に当たるデットファイナンスは、企業が計画的に利用してきちんと返済することで、返済実績の評価を金融機関がすることになります。

この返済実績により、次回の融資の際は借入枠が広がったり、前回よりも低金利の融資を受けられたりと企業の信用力の向上につながるのです。

ただし、返済を滞りなく行った場合のメリットのため、しっかりと返済ができなければ信用度が急激に落ちることになりかねません。

信用情報機関に滞納などの記録が残ることも十分に考えられるため、このような状況になると、金融機関からの借入は難しくなると考えてください。

今後の資金調達の際に困ることのないよう、融資を受ける際はしっかりとした返済計画を立ててから申し込みをすることが大切です。

デットファイナンスのメリット④ 資本金が増加するわけではないため支払う税金に影響がない

デットファイナンスは、 資本金の増加にならないため税金に影響することはありません。

一方で、エクスティファイナンスは株式を用いた資金調達のため、資本金の増加につながります。

自己資本比率は改善されるものの、税金の支払いは増える傾向にあります。

資本金が増加してしまうと、法人税率や法人住民税の均等割などに対して影響が出ます。

ただし、デットファイナンスでは負債が増加するため、税金面に影響がない点はメリットのひとつです。

デットファイナンスのメリット⑤ 返済額が明確なので資金計画が立てやすい

デットファイナンスの返済額は非常に明確で、融資を受けた元金とその利息分のみです。

配当金を支払う必要がない上に利率が一定の場合、融資を受けた際には返済金額を明らかにすることができます。

そのため、今後の資金計画が立てやすい点はメリットといえます。

一方で、エクスティファイナンスは一般的に利益に応じた配当金の支払いが必要となるため、資金計画を立てにくい資金調達方法です。

MEMO
事業に必要な資金をどのように調達して運用していくのかなどの計画のことを資金計画といいます。

デットファイナンスのデメリット

デットファイナンス デメリット
メリットの多いデットファイナンスですが、いくつかのデメリットも存在します。

デットファイナンスでの資金調達を検討している人は、メリットだけでなくデメリットもしっかりと確認しておいてください。

デットファイナンスのデメリット
  • 返済が遅れると延滞利息や強制執行される
  • 貸借対照表上は負債となる
  • 他人資本に分類されるので自己資本比率が下がる

デットファイナンスのデメリット① 返済が遅れると延滞利息や強制執行される

デットファイナンスは、金融機関からの借入や社債がメインとなるため、融資元へ元本の返済をしなければなりません。

返済には期限があり、期限を過ぎてしまうと強制執行や延滞利息の支払いなどを請求されます。

強制執行とは
債務者の財産を差し押さえて、強制的に債権を回収する手段のことです。会社や経営者である個人の資産などが差し押さえの対象となります。

そのため、毎月の返済を無理なく行える資金計画が重要です。

ただし、天災などの被害で売上や利益を得られなくなり、期限内の返済ができないことも考えられます。

このようなケースは、 企業努力の範囲ではない部分のため、金融機関によっては事情をくんでくれることもあるので一度相談をしてみてください。

デットファイナンスのデメリット② 貸借対照表上は負債となる

デットファイナンスで資金調達をした場合、賃借対照表では負債の扱いとなります。

賃借対照表上で負債が増えると、各種の財務指標に影響が出てしまうのです。

負債が発生することが必ずしも悪いとは言い切れませんが、負債が増え過ぎることで債務超過になることも考えられます。

債務超過に陥ることで、企業の財務体質が弱まり信用を失うことになりかねません。

負債が増え過ぎないようにするだけでなく、資産や資本の財務バランスを常に意識することが重要です。

デットファイナンスのデメリット③ 他人資本に分類されるので自己資本比率が下がる

デットファイナンスで調達した資金に関しては、全て負債として扱われ「他人資本」に分類されます。

その結果、企業の財務的安全性を測る指標のひとつである「自己資本比率」が低下することになるのです。

自己資本比率とは
総資本のうち返済不要の自己資本が何%を占めるかを示す数値のことです。自己資本比率が小さいほど、他人資本の影響を受けやすく不安定な経営になりやすいです。反対に、自己資本比率が高ければ高いほど、経営は安定して倒産しにくい会社であるといえます。

負債が増えて自己資本比率が低下していくと、さまざまな弊害が生じる可能性が高くなります。

自己資本比率が低下することで考えられる弊害
・他の企業や金融機関からの評価が悪くなる
・補助金や助成金の利用が困難になる
・金融機関からの融資が受けづらくなる

資金繰りが大変な時に、融資や補助金などの利用ができなくなれば、会社に大きな影響を与えてしまい成長できなくなる恐れがあるので注意してください。

エクイティファイナンスのメリット

エクスティファイナンス メリット
エクスティファイナンスによる資金調達方法にも、いくつかのメリットがあります。

代表的なメリットを3つご紹介するので、エクスティファイナンスでの資金調達を検討している人はぜひ参考にしてください。

エクイティファイナンスのメリット
  • 返済義務がない
  • 自己資本が増える
  • 社会的信用があがる

エクイティファイナンスのメリット① 返済義務がない

エクスティファイナンスの最大のメリットは、返済の義務がないことです。

株式を新しく発行するエクスティファイナンスは、金融機関などからの借入とは異なっているため、返済義務だけでなく利子の支払いもありません。

ただし、新規公開株などが実現できなかった際には、投資家から株式の買取を求められることもあり、急激に資金繰りがうまくいかない場合も考えられます。

新規公開株(IPO)とは
未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場して、投資家に株式を取得させることです。投資家は上場前の安い時に株を購入し、上場後すぐに売却するなどして利益を得ます。

リスク回避のためには出資契約書をしっかりと確認し、細かな部分まで理解した上で実行するようにしてください。

エクイティファイナンスのメリット② 自己資本が増える

エクスティファイナンスでは、株式だけでなく資本も同時に増やすことができます。

自己資本が増加することで、企業の財務体質が強化される点もメリットのひとつです。

同時に、企業の信用度をさらに高めるために、有名な投資家や社会的信頼性の高い企業に株主になってもらうことをアピールすることにもつながります。

エクイティファイナンスのメリット③ 社会的信用があがる

自己資本が上がり、財務体質が強化されることで周りからの企業に対する信用度も高くなります。

他の企業や金融機関からの評価が上がると、多額の資金調達ができることも十分に考えられます。

また、社会的信用度が高くなるだけでなく、投資家から将来性もあると見込まれると、さらにスムーズに資金調達できる可能性が高くなる点もメリットです。

エクイティファイナンスのデメリット

エクスティファイナンス デメリット
エクスティファイナンスには、メリット同様にデメリットも存在します。

エクスティファイナンスでの資金調達を検討している人は、メリットだけでなくデメリットもしっかりと確認しておいてください。

エクスティファイナンスのデメリット
  • 経営権や配当金などに気を付けなければならない
  • 1株あたりの価値が薄まる
  • 急な資金調達では不向き

エクイティファイナンスのデメリット① 経営権や配当金などに気を付けなければならない

エクスティファイナンスは、発行した新株を多くの第三者が保有してしまった場合、株主構成が大きく変わる可能性があります。

そうなると、企業の経営権や配当金の支払いに多大な影響を与える可能性がある点には十分に気をつけなければなりません。

企業に出資する人が多くなるということは、その分株主が増えることにもなりさまざまな意見が寄せられるということを知っておく必要があります。

株式を付与しすぎないように、常に持株比率に留意して資金調達するように注意してください。

MEMO
持株比率は、発行済みの株式総数に対する、ある株主の所有している株式数の割合のことです。持株比率に応じて株主の権利が変わるため非常に重要です。

エクイティファイナンスのデメリット② 1株あたりの価値が薄まる

エクスティファイナンスのデメリットのひとつとして、 既存の株主からみた場合、新株発行が行われることで1株あたりの価値が薄まる点が挙げられます。

エクスティファイナンスで資金調達を行う際には、既存の株主に対してしっかりとした理由や説明を述べた上で理解を得なければならない場面も少なくありません。

場合によっては、企業への信頼感を失ってしまう可能性もあります。

短期的には1株あたりの価値を下げてしまいますが、資金調達を行うことで事業がさらに成長し、株主に還元する利益も増えるということをしっかりと伝えるようにしてください。

エクイティファイナンスのデメリット③ 急な資金調達では不向き

エクスティファイナンスは、急な資金調達には向いていません。

なぜなら、手続きが複雑で手間がかかるだけでなく、費用もそれなりにかかってくるからです。

新株を発行するだけでなく、まずは既存の株主への合理的な説明や多くの手続きを行う必要があります。

しっかりとした説明が行われなければ、最悪の場合、不公正発行に該当してしまい新株発行が差止めの対象になる可能性も出るので注意してください。

デットファイナンスとエクイティファイナンスのまとめ

デットファイナンス エクスティファイナンス まとめ
資金調達する方法は、金融機関から借り入れる「デットファイナンス」と、新株を発行して出資する形の「エクスティファイナンス」に分けられます。

さまざまな種類があるデットファイナンスには、利子が発生し返済義務と返済期限があります。

ただし、 経営権に影響が出ない、節税効果があるなどのメリットがあるだけでなく資金調達先も多いため、融資の条件や自社の状況に合わせて柔軟に調達先を選択することが可能です。

一方で、エクスティファイナンスは、新株を発行して資金調達する方法で、負債ではなく自己資本が増えます。

原則として返済義務はないため、調達した資金がマイナスになることはなくしっかりと確保することが可能です。

エクスティファイナンスにも種類がいくつかあり、株価が低い・取引先との提携を強めたいなど自社の状況にあった方法を選択できますが、株主構成に影響を及ぼす場合もあり注意が必要です。

資金調達が必要になった際には、デットファイナンス・エクスティファイナンスのそれぞれのメリットやデメリットをしっかりと理解して、自社の状況に適した方法を検討するようにしてください。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • k*****h様が
    600万円を調達しました。

  • y**v様が
    700万円を調達しました。

  • w**f様が
    700万円を調達しました。

  • c******c様が
    100万円を調達しました。

  • e*****n様が
    1100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング