ベンチャー企業とは?年収や大手との違い、有名ベンチャー企業の例を売上ランキングで3社比較

運営事務局
運営事務局
更新日2023/12/19
PR

ベンチャー企業 アイキャッチ

ベンチャー企業とはどんな企業のこと?

有名なベンチャー企業ランキングが知りたい!

危ないベンチャー企業はどうやって見分けるの?

この記事では、上記のような疑問・お悩みを解決します。

ベンチャー企業には明確な基準や定義はなく、一般的に独自の技術やアイデアで新しいビジネスを展開する企業のことを指します。

常に新しいことに挑戦できたり、経営のノウハウを学びやすかったりと、将来起業や独立を考えている人にとっては知識や経験を吸収しやすい環境です。

ただし、ベンチャー企業の多くは成長過程であり、大手と違って収入が安定しないことや教育体制が整っていないなどのデメリットもあります。

そこで今回は、ベンチャー企業の年収や大手との違いなど、メリット・デメリットを交えて詳しく解説します。

有名ベンチャー企業の比較もしているので、ベンチャー企業について詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

ベンチャー企業をざっくり言うと・・・
  • 明確な定義はないが、技術やアイデアを使って新しいビジネスにチャレンジする企業のこと
  • 責任のある仕事ができ、早い時期から経験を積むことができる
  • 給料や福利厚生面は大企業と比べると安定していないことが多い
  • 起業や独立を考えていて、自ら発信できるタイプの人に向いている企業

ベンチャー企業とは?独自の技術やサービスを提供する新興企業のこと

ベンチャー企業とは
ベンチャー企業とは、簡単にいうと新しい技術やサービスを提供する新興企業のことです。

独自の技術や発想を用いることで、大手で行うには難しいビジネスを展開する企業を指します。

しかし、実際のところベンチャー企業に関して明確な定義はありません。

一般的には、成長過程にある企業で設立してから数年しか経っておらず、従業員も100名以下の企業を指すことが多いです。

新興企業とは
新しく設立された企業のことです。また、設立してから間もない企業で、経営の基盤や規模が小さい企業を指します。新興企業というと、特にベンチャー企業のことを指す場合が多いです。

ベンチャー企業の平均年収は350万円〜400万円前後

ベンチャー企業の平均年収は、350万円〜400万円前後が一般的です。

ベンチャー企業だけでなく、給与所得者全体の一般的な平均年収を年代別で見ると以下の通りです。

平均年収
20〜24歳 269万円
25〜29歳 358万円
30〜34歳 431万円
35〜39歳 495万円

引用:年齢階層別平均給与|国税庁

この表から見ても、一般的な平均年収と比べるとベンチャー企業の年収はあまり高くはありません。

ただし、ベンチャー企業の多くは20代〜30代前半の若い世代がメインです。

そのため、年代別で見るとベンチャー企業の平均年収は一般よりも高いといえます。

とはいうものの、ベンチャー企業の年収は業界や規模、職種などによって異なるため200万円台の低い企業も存在します。

一方で、業績が良く、伸びているベンチャー企業であれば年収1000万円を超える場合もあります。

もしも、ベンチャー企業への転職を希望しているのであれば、前職の給与を考慮してくれる場合も多く、示した平均的な年収はあくまでも平均として考えてください。

ベンチャー企業とスタートアップ・大手との違い

ベンチャー企業 スタートアップ 大手 違い
ベンチャー企業、スタートアップ、大手企業はそれぞれ異なる点があり全く違う企業です。

ベンチャー企業とスタートアップ、ベンチャー企業と大手それぞれで比較して、詳しく解説します。

ベンチャー企業とスタートアップの違い

独自の発想や技術でビジネスを展開していくベンチャー企業に対し、スタートアップとは数年間の短い期間で数千億円もの価値評価がつく会社など、急成長をする組織のことをいいます。

多くのスタートアップは、ハイリスクや急激な変化をためらわないビジネスを手がけている点が特徴的です。

このようなスタートアップとベンチャー企業とでは、いくつかの違いがあります。

スタートアップとベンチャー企業の異なる点
・革新性
・成長率
・出口戦略
・資金調達の方法など

特に、革新性や成長率の2点に大きな違いがあるといえます。

ベンチャー企業の多くは、市場である程度受け入れられるであろう見込みがある事業をビジネスモデルの既存にしており、安定した収益を図ります。

一方で、スタートアップは人々の生活や社会全体を変革する、革新性をメインとして立ち上げられる組織です。

また、着実に成長することを目的としているベンチャー企業と、短期間で急速な成長を目指すスタートアップでは成長率という点でも大きな違いがあります。

ベンチャー企業と大手の違い

はっきりとした定義は定められていませんが、 ベンチャー企業と大手の大きな違いのひとつに会社の規模が挙げられます。

社員数が100〜900人程度のベンチャー企業に対し、社員数が1万人を超える企業が大手とされていることが多いです。

また、大手企業ではおこなっていない独自のサービスや技術などを提供しているのがベンチャー企業とされており、元々の軸となる部分にも大きな違いがあるといえます。

ベンチャー企業と大手にはそれぞれ特徴があり、以下のようなメリットとデメリットから多くの違いがあると考えられます。

ベンチャー企業 大手
メリット ・新しい仕事に挑戦する機会が多い
・成果をあげれば昇進しやすい
・結束が強い
・社会的信用が高い
・在籍期間に応じて年収が上がる
・福利厚生が充実
・マニュアルや研修制度がしっかりしている
デメリット ・社会的信用が低い
・労働時間が長い
・責任が大きい
・成果につながらなければ減給になることもある
・成果が給与に反映されにくい
・革新的なアイデアを提案しても取り入れられにくい
・出世を目指す場合は、転勤を受け入れる必要がある

ベンチャー企業で働く4つのメリット

ベンチャー企業 メリット
ベンチャー企業で働く場合には、4つのメリットが考えられます。

ベンチャー企業での就職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ベンチャー企業で働く4つのメリット
  • 個人の裁量が大きく、責任ある仕事を経験できる
  • 考え方が近い人達と仕事ができるので意見を通しやすい
  • 成果次第で昇進・昇給・待遇がよくなりやすい
  • 経営者と意見交換しながら仕事ができる

個人の裁量が大きく、責任ある仕事を経験できる

一般的に、ベンチャー企業では個人の裁量が大きいといった特徴があります。

責任のある仕事を任されることが多く、 大きな責任を追いながら仕事をすることは大企業ではなかなか経験することができません。

若いうちから裁量の大きい仕事ができ、さまざまな業務を幅広くできるということはベンチャー企業で働く上では非常に大きなメリットといえます。

考え方が近い人達と仕事ができるので意見を通しやすい

ベンチャー企業では、同じような考えや志向を持っている人が多いため、自分と考えの近い人たちと仕事をすることができます。

複雑な組織である大企業では、意見を述べてもなかなか通らないことも多く、まとめることすら困難な場合も少なくありません。

ベンチャー企業であれば、社員数が多い会社とは異なり、 意見が通りやすいだけでなく事業を進めるスピードも早い傾向です。

成果次第で昇進・昇給・待遇がよくなりやすい

ベンチャー企業の給与は大企業と比べて低いことが多いですが、事業の成長が会社の成長に直結しやすい特徴があります。

どれだけ会社に貢献できたかなど、成果次第で昇進や昇給など待遇がよくなりやすく年収がアップする可能性も高いです。

個人の成果が評価されやすい傾向のベンチャー企業では、入社してすぐに高給となることも少なくありません。

経営者と意見交換しながら仕事ができる

経営者と意見交換をしながら仕事ができる点も、ベンチャー企業のメリットのひとつといえます。

一般的に大企業では、社長や役員と顔を合わせる機会は少なく、ましてや意見交換を行うことはほとんどありません。

少人数のベンチャー企業であれば、同じフロアに社長が居る場合もあり、社長を含む経営陣との距離が近い場合が多いです。

日常的に社長と接する機会が多いため、意見交換や提案などがしやすい環境であるといえます。

MEMO
経営陣との距離が近ければ考えを直接聞くことができ、士気を高めながら仕事に取り組めます。

ベンチャー企業で働く3つのデメリット

ベンチャー企業 デメリット
ベンチャー企業で働く場合は、メリットだけではありません。

いくつかのデメリットもあるため、就職を希望する際にはメリットと合わせて参考にしてみてください。

ベンチャー企業で働く3つのデメリット
  • 経営の安定性に欠けるので倒産のリスクもある
  • 福利厚生が弱い
  • 独特な企業文化や価値観が合わないと苦痛になる

経営の安定性に欠けるので倒産のリスクもある

成長段階で発展途上のベンチャー企業は、経営面での安定性に欠けています。

事業に投資できる資金にも限りがあり、いつ競合他社に立場を追われるかわかりません。

そのため、大企業などと比べると軌道に乗るまでは経営基盤が弱く倒産のリスクが高いといえます。

成長を感じながら働けることが魅力でありメリットではありますが、経営が安定するまでは多くの労力が必要です。

福利厚生が弱い

ベンチャー企業は、財政面が安定していないことが多く、事業以外の資金投資ができないことがあります。

そのため、福利厚生の面が弱く保険や住宅補助、休暇などに関しては整っていない場合もあるので注意が必要です。

ただし、最近では人材確保のために福利厚生を充実させているベンチャー企業も増えており、状況は少しずつ変化してきています。

ベンチャー企業で働く場合には、福利厚生面についてもしっかりと確認をしておくと安心です。

福利厚生とは
給料以外に従業員とその家族に提供する報酬のことです。導入している福利厚生は企業ごとで異なりますが、健康保険や厚生年金保険、労災、退職金制度などがあります。

独特な企業文化や価値観が合わないと苦痛になる

多くのベンチャー企業は、経営者自体の個性が強いため、独特な企業文化や価値観が合わなければ苦痛になることも少なくありません。

意思決定まではあまり多くのプロセスを必要とせず、経営陣の意見がそのまま反映されやすくなっているのがベンチャー企業の強みでもあります。

しかし、この強みはメリットである反面、経営陣の権力が強ければワンマン経営になる場合もありデメリットにもなり得ます。

経営陣の考えや価値観にギャップを感じて苦痛になることも十分にあるため、雰囲気に馴染めない可能性があることも視野に入れておくことが大切です。

有名ベンチャー企業の例を売上ランキングで3社比較

ベンチャー企業 ランキング
ベンチャー企業は、就職や転職で人気を集めており、有名なベンチャー企業も数多くあります。

しかし、それぞれの企業の特徴や規模などをしっかりと確認しておかなければ、安心して就職や転職に進むことができません。

ここでは、売上ランキングの上位を占める3社を比較しているので、各社の情報収集の参考にしてみてください。

  1. リクルート
  2. 楽天
  3. サイバーエージェント

第1位 リクルート

会社名 株式会社リクルート
サービス例 ・リクナビ(人材)
・SUUMO(不動産)
・ゼクシィ(結婚式)
・ホットペッパーグルメ(グルメ)
・じゃらん(旅行)
売上高 2兆8,717億円
従業員数 19,836名(2023年4月現在)
平均年収 約997万円(2021年度有価証券報告書)
平均年齢 38.9歳
平均勤続年数 8.3年

第1位は、ベンチャー企業ではダントツの売上高を誇る「リクルート」。

1963年に設立、2012年に社名をリクルートホールディングスに変更し、2014年には東証一部上場を果たし、2018年に現在の株式会社リクルートへ商号変更をしています。

リクルートの売上は2兆円を超えており、 ベンチャーに限らず国内の企業全体でみても売上上位の企業です。

リクルートが大きな売上を上げているのは、メディアや人材業などさまざまなグループ会社があるためです。

人に関わる多くの事業を積極的に展開している企業であり、ベンチャー企業の特色が色濃く残る企業でもあります。

第2位 楽天

会社名 楽天グループ株式会社
サービス例 ・楽天市場
・楽天トラベル
・楽天銀行
・楽天ブックス
・東北楽天ゴールデンイーグルス(球団運営)
売上高 1兆6,817億円
従業員数 31,957名(2023年3月現在)
平均年収 約774万円(2022年9月有価証券報告書)
平均年齢 34.3歳
平均勤続年数 4.7年

第2位は、1997年に設立し3年後には上場を果たした、売上高1兆6000億円を誇る楽天です。

楽天は、通信事業や金融、ECサイトなど多岐に渡り事業を展開しており、 生活の一部として楽天サービスを浸透させることに成功しています。

売上高は大きいものの、近年は楽天モバイルの赤字決算が大きく影響し、2021年に過去最大の赤字決算計上となっている企業でもあります。

しかし、2023年には赤字決算である楽天モバイルの黒字化を見込んでおり、その将来性に期待が高まっています。

第3位 サイバーエージェント

会社名 株式会社サイバーエージェント
サービス例 ・アメーバブログ
・AbemaTV
・グランブルーファンタジー
・タップル誕生
売上高 7,105億円
従業員数 6,337名(2022年9月現在)
平均年収 約820万円
平均年齢 33.3歳
平均勤続年数 6.1年

第3位は、1998年に設立し2年後には上場を果たしたメガベンチャー企業のひとつであるサイバーエージェントです。

メガベンチャー企業とは
ベンチャー企業といわれる企業が成長し、規模が大きくなった企業をメガベンチャー企業といいます。ベンチャー企業との数値などの違いに明確な定義はありません。ただし、メガベンチャー企業の多くは、従業員数が500人以上で時価総額が500億円を超えている企業です。

売上高6,664億円のサイバーエージェントは、 インターネット広告の最大手であり、広告業界においても3位と上位の企業です。

サイバーエージェントの主な事業は4つで、メディア事業、ゲーム事業、インターネット事業、投資育成事業となっています。

創業してからずっと右肩上がりの企業のひとつで、売上を伸ばし続けています。

ベンチャー企業に向いている人

ベンチャー企業 向いている人
ベンチャー企業の特徴や働くメリットやデメリットをふまえて、ベンチャー企業が向いている人の特徴は3つあります。

ベンチャー企業で働きたいけれど、活躍できるかどうか不安な人はぜひ参考にしてみてください。

ベンチャー企業に向いている人
  • 自発的にどんな仕事でも取り組める人
  • たくさんの経験で早く成長したいポジティブな人
  • 将来的には独立したいと考えている人

自発的にどんな仕事でも取り組める人

自発的にどんな仕事でも取り組める人は、ベンチャー企業に向いています。

ベンチャー企業では、新規事業の開発や顧客の拡大など社員それぞれの方法で売上のアップにつながる働きをしなければなりません。

やりたいことや課題の解決など、自ら発信してさまざまな提案ができるような能力が高い人は、ベンチャー企業に向いているといえます。

経営方針に従うことも大切ですが、会社にとって最善な方法を考え出せる人材であることが非常に重要です。

たくさんの経験で早く成長したいポジティブな人

新しいことに恐れずたくさん経験を積んで、早く成長したいと考えているポジティブな人もベンチャー企業に向いています。

ベンチャー企業では、さまざまな物事がスピーディーに展開する場面も多く、変化に対応できる人が望ましいです。

入社して間もない場合でも、大きな仕事を任されることも少なくありません。

さまざまなことにチャレンジできる環境の一方で、失敗するリスクも上がります。

しかし、色々な経験や挑戦をしていきたいという前向きな姿勢が、ベンチャー企業には非常に重要です。

MEMO
さまざまな経験をすることで専門性の高い知識を得られるだけなく、マネジメント能力や臨機応変な対応力などの成長が見込めます。

将来的には独立したいと考えている人

将来的に独立をしたいと考えている人も、ベンチャー企業に向いているといえます。

なぜなら、 ベンチャー企業では経営陣との距離が近いため、事業を立ち上げていく過程や利益を生み出す方法などさまざまなノウハウを学ぶ機会が多いためです。

一般の企業では経営陣との距離があるため、経営者の考え方や経営のやり方を学ぶ機会はなかなかありません。

将来的にどんな仕事がしたいかの目標がしっかりあれば、起業するための能力を養える期間となります。

ベンチャー企業に関するよくある質問

ベンチャー企業 質問
ベンチャー企業に関するよくある質問をまとめてみました。

ベンチャー企業に興味のある人は、ぜひ参考にしてみてください。

ベンチャー企業に関するよくある質問
  • 危ないベンチャー企業とはどんな企業ですか?
  • 創業から何年目までがベンチャー企業になりますか?

Q:危ないベンチャー企業とはどんな企業ですか?

危ないベンチャー起業には共通する3つの特徴があります。

危ないベンチャー企業3つの特徴
・3年以内の離職率が高いこと
・社員数に対し新卒採用予定の人数が多いこと
・口コミサイトなどで評判がよくないこと

3年以内に離職する割合が高いベンチャー企業は、ブラック企業の可能性があります。

入社する人の大半が、起業や独立を目指しているため長期に渡って勤務する人はそう多くはありません。

それでも、3年以内の離職率が高いベンチャー企業は危ない可能性が非常に高いとされています。

また、 新卒採用の予定人数が多すぎる場合も、それだけ辞める新卒者が多いことを意味します。

会社全体で慢性的に人員が不足していることも考えられ、危ないベンチャー企業の特徴のひとつです。

そのほか、口コミサイトなどの評判が悪い場合も危ない可能性が高いです。

口コミは一個人の主観ではあるものの、残業が多い、待遇が良くないなど会社の構造に問題がある口コミが多い場合は注意してください。

Q:創業から何年目までがベンチャー企業になりますか?

ベンチャー企業には、創業からの年数や従業員はどれくらいなのかなど、明確な定義は存在しません。

ただし、一般的には設立してからの年数が短く、売上や従業員の数が成長過程にある企業などをベンチャー企業と呼びます。

また、 大企業ができないような新しいビジネスを行っている企業や、ベンチャーキャピタルからの資金を受け入れている企業なども含まれます。

ベンチャーキャピタルとは
高い成長率が見込まれる未上場企業に、資本と引き換えに株式を投資する投資ファンドのことです。キャピタルゲインと呼ばれる当初の投資額と、企業が成長した後の株価の売買差益を獲得することを目的としています。

ベンチャー企業のまとめ

ベンチャー企業 まとめ
ベンチャー企業とは、独自の技術やアイデアで新しいビジネスを展開する企業のことです。

新しいことに挑戦したい人、将来の起業や独立のために経営のノウハウを学びたい人などにとっては、さまざまな知識や経験ができる場所でもあります。

ただし、ベンチャー企業の多くは成長過程のところも多く、収入や福利厚生、教育体制などが整っていないことも多いです。

安定した収入よりも、仕事に対してやりがいを求めている人や幅広い知識を身につけて成長したい人にはベンチャー企業が適しています。

一般的な企業とは異なる点も多いため、ベンチャー企業への就職や転職を考えている人は、自分に向いているかどうかもしっかりと確認することが重要です。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • k*****h様が
    600万円を調達しました。

  • y**v様が
    700万円を調達しました。

  • w**f様が
    700万円を調達しました。

  • c******c様が
    100万円を調達しました。

  • e*****n様が
    1100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング