親にお金を借りる時の言い方や頼み方は?正当な理由や贈与税がかかる条件と借用書の必要性

運営事務局
運営事務局
更新日2024/3/26
PR

親にお金を借りる アイキャッチ

親にお金を借りる時の言い方や頼み方は?

親にお金を借りることが言いづらい

親にお金を10万円借りるなら借用書が必要?

親や身内、兄弟などからお金を借りることは言いづらいものです。

また、親からお金を借りる金額が年間110万円を超えると贈与税が発生します。

住宅ローン負担を減らすために、住宅購入の頭金を借りるなど、金額が高額になる場合は注意が必要 です。

今回は、親にお金を借りることが言いづらいという方に言い方や頼み方について詳しく解説していきます。

記事では、言い訳に使える理由や借用書の必要性などもまとめているので、参考にしてください。

▼ 親にお金を借りにくい人におすすめのカードローン ▼

比較項目 アイフル プロミス SMBCモビット
金利(年率) 3.0%~18.0% 4.5%〜17.8% 3.0%~18.0%
無利息期間 最大30日間
(初回契約)
最大30日間
(初回契約)
なし
融資スピード※1 最短18分 最短3分 最短30分
限度額※2 1万円〜800万円 1万円〜500万円 1万円〜800万円※3
公式サイト プロミス

※1:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合
源泉徴収票など収入を証明するものが必要。
※3:SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

目次

親にお金を借りるときのマナー!理由や頼み方のポイント

親にお金を借りる 親にお金を借りるときのマナー 理由や頼み方のポイント
親にお金を借りるときのマナーや頼み方のポイントは以下の通りです。

親にお金を借りるときのマナー!理由や頼み方のポイント
  • 基本は対面でお願いする
  • お金が必要になった正当な理由を伝える
  • 今後、借金はしないことを説明しておく
  • 返済計画を伝える
  • 借用書を作成する

それぞれ解説していきます。

基本は対面でお願いする

親からお金を借りたいときは、LINEやメールなどのメッセージではなく基本的に対面でお願いするのが一番です。

メッセージだけでは本気で言っているのか、本当にお金に困っているのか伝わりにくいという欠点があります。

親子だからといって金銭的なやりとりをメッセージだけで済ませるのは印象が良くありません。

「親しき仲にも礼儀あり」ということわざがあるように、お金を借りたいときは誠意を見せるのが大切です。

もし遠方に住んでいる人であれば電話で相談してみてください。

MEMO
自分から直接話すことがなによりも重要なので、実際に会えなくてもメッセージだけで済ませるのは避けるべきと言えます。

お金が必要になった正当な理由を伝える

お金を親に借りたいときは「お金を借りたい正当な理由」を伝えるようにしてください。

理由があやふやな状態では「お金を借りたい」と言っても、親からすると「なぜ?どうして?」と疑問を持ってしまいます。

また、理由もなく困っている様子で相談すると「なにか悪いことでもあったのでは?」と心配させてしまう可能性があります。

親に心配をかけないようにも、以下のような理由をしっかりと伝えてください。

親にお金を借りるときの理由
  • 収入が減ってしまい生活費がなく困っている
  • 〇〇が必要だけど購入するお金がない
  • 病気や怪我の治療費が払えない
  • 急な冠婚葬祭でどうしてもお金が必要になった
  • 引越し費用が足りなかった
  • 財布を落としてしまい一時的にお金を借りたい

具体的に「現在の状況」「必要な理由」「貸してほしい金額」を伝えるのがベストです。

一例として、引越し費用が足りない場合の説明方法を見ていきます。

「賃貸の初期費用が準備していたお金では足りなかった。敷金・礼金の〇〇円が支払えなくて貸してほしい。」
MEMO
お金を借りる理由によりますが、請求書や見積書も一緒に見せておくと尚良しです。

今後、借金はしないことを説明しておく

親には借りる理由以外にも「お金を借りるのは今回限り」と伝えておくと◎です。

なぜなら、「お金を貸すと借金癖がついてしまうのでは?」と懸念する人もいるためです。

実際に一度でもお金を借りると借金癖がついてしまい、多重債務者になる人も一定数いるため気をつける必要があります。

お金を借りる相手が親であっても借金には変わりありません。

親に納得してもらうには「もう借金はしない」という意志とともに今後の対策も必要です。

借金癖がつかないための対策
  • 今月は急な出費があったけど、来月以降の生活費は大丈夫
  • 今度の転職先では給料が上がるから、しっかり貯金する
  • 最近無駄遣いが多かったから、これからは家計簿をつけながら節約していく
MEMO
「心配しないで」「大丈夫だから」だけでは納得してくれない可能性があるため、問題点があれば改善する旨も付け加えて説明してくださいね。

返済計画を伝える

お金を借りる際の返済計画は重要です。

金融機関からお金を借りるときと同じく、親に借りたお金も返済期日や返済額などを予め決めておいてください。

返済計画の立て方
  1. 返済期日を決める
  2. 返済額を決める(一括、もしくは分割など)
  3. 返済方法を決める(現金や銀行振込など)

親とのお金のやりとりは厳しいルールがないため、借金している意識が薄れがちです。

返済する気はあっても「とりあえず〇〇日でいっか」と気が緩んでしまいます。

それではお金にだらしないイメージが定着してしまい、心配させてしまう可能性も否めません。

返済計画を立てる際は「今月は厳しいから少しだけ返そう」とならないために、無理のない範囲で返済額を決めておくのもポイントです。

MEMO
明確な返済計画がなければ親としても不安になってしまうので、自分の方から返済計画を立てて交渉してくださいね。

借用書を作成する

お金を借りるときは借用書も用意しておくと金銭トラブルを防げます。

借用書とは
借主と貸主の間でお金の貸し借りがあることを証明する書類のことです。

一般的には借主が借用書を作成して、お金を借りた事実や返済期日などを記載して貸主に提出します。

借用書の作成は手書きやパソコンの書面で構いません。

借用書の作成方法
  • 借主と貸主の氏名
  • 借主と貸主の住所
  • 借用書の作成日
  • 借入日
  • 返済期日
  • 返済方法
  • 利息の有無

借入額が1万円以上の場合は収入印紙を貼る必要があります。

借入額 収入印紙の金額
1万円未満 非課税
10万円以下 200円
10万円超え50万円以下 400円
50万円超え100万円以下 1千円
100万円超え500万円以下 2千円
500万円超え1千万円以下 1万円
1千万円超え5千万円以下 2万円
5千万円超え1億円以下 6万円
1億円超え5億円以下 10万円
記載がないもの 200円

※5億円超えの場合はさらに収入印紙の金額が大きくなります。

借用書があれば親もお金が返ってくる期日が明確になるだけでなく、返済する意志がある証にもなります。

口約束だけでは記憶が曖昧になったり、事実とは異なることを言われたりと金銭トラブルになりかねません。

一見、借用書は貸主だけにメリットがあるように思われがちですがそんなことはありません。

例えば、貸主から「貸したお金はもっと大きい金額だった」「利息は〇〇円払うはずだ」と言われたときに役立ちます。

MEMO
もし親から「借用書はなくていい」と言われた場合は口約束だけになりますが、しっかりと返済計画だけは話しておいてくださいね。

親にお金を借りると贈与税がかかってしまう可能性も

親にお金を借りる 贈与税がかかってしまう可能性も
親にお金を借りる際は、贈与税がかかる可能性もあるため把握しておかなければなりません。

親にお金を借りると贈与税がかかる?
  • 親にお金を借りることで贈与税がかかるケース
  • 親にお金を借りることで贈与税がかからないケース

それぞれ贈与税がかかるケースと贈与税がかからないケースに分けて説明します。

親にお金を借りることで贈与税がかかるケース

借入額が年間110万円以上の場合に贈与税の対象となります。

贈与税は、一人の人が1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額に対してかかります。したがって、1年間に贈与を受けた財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません(この場合、贈与税の申告は不要です。)。

引用:贈与税がかかる場合|国税庁

しかし、110万円以上の借入で必ず贈与税がかかるとは限りません。

以下のようなケースに該当する場合、親からお金を借りたお金であっても贈与税の対象になる可能性があります。

贈与だとみなされる受け取り方
  • 無利子の貸し借り
  • 出世払い

通常、お金を借りる際は利息を支払わなければいけませんが、親子間の貸し借りは利息なしでお金を受け取ることも少なくありません。

このような場合、借入の利息に相当する金額の利益を受けたものと判断されてしまいます。

また、出世払いのような返済期日が明確でない場合も、贈与としてみなされることがあるため注意が必要です。

親にお金を借りることで贈与税がかからないケース

親からの借入額が110万円以下であれば贈与税は発生しません。

また、110万円超えた借入であっても金銭の貸借と認められた場合は、贈与の対象にはならないと記載されています。

親と子、祖父母と孫など特殊の関係がある人相互間における金銭の貸借は、その貸借が、借入金の返済能力や返済状況などからみて真に金銭の貸借であると認められる場合には、借入金そのものは贈与にはなりません。

引用:親から金銭を借りた場合|国税庁

つまり、 目に見える形で貸借の証拠を残しておくと、110万円以上の借入であっても贈与税は発生しないことになります。

貸借の証となる借入方法は以下の通りです。

貸借の証となる借入方法
  • 金利を設定して利息を返済する
  • 返済期日や返済額を明確化する
  • 借用書を作成してお金を借りた証拠を残す
  • 口座振込の返済で記録を残す

貸借の証拠があったとしても「贈与税の対象になるかも」と不安になる場合は、税務署などに問い合わせて贈与税の対象かどうか確認しておくと安心です。

親にお金を借りる人に対するSNSでの意見や反応

親にお金を借りる 親にお金を借りる人に対するSNSでの意見や反応
「親にお金を借りるのって世間的にどうなんだろう?」と考えてしまう人もいるはずです。

そこで今回は親にお金を借りる人に対する意見を集めてみました。

肯定的な意見から否定的な意見を紹介するので、お金を借りる際の心構えとして受け取ってくださいね。

親にお金を借りることに肯定的な意見


金融機関などでお金を借りると利子がつくため、親から借りていた人がいました。

親の立場からすると「家族以外や金融機関で借りるくらいなら貸してあげる」という考えなのかもしれません。


お金を借りる事情によっては「親から借りるのもあり」という意見がありました。

こちらの方は、お金はあるけど仕事のモチベーションアップとしてお金を借りてみたいという気持ちがあるようです。

お金を返すあてがあれば親としても「少しなら貸しても大丈夫そう」と快く貸してくれそうです。


辛いときは親に甘えても良いのではないかという意見もありました。

例えば、病気で働けない、上司のパワハラで仕事を辞めて収入がないなどの理由で収入が途絶えることがあります。

そんなときこそ親に相談してお金を貸してもらうべきです。

親にとっても自分の子どもが一人で抱え込むよりも相談してほしいと考えているはずです。

MEMO
肯定的な意見として「時には親に甘えることも必要だ」という反応が多い傾向にあります。親に依存するのではなく、あくまでも一時的に援助してもらうのであれば問題ないと言えます。

親にお金を借りることに否定的な意見


お金を借りる=金銭管理ができない人」というイメージが定着してしまっているようです。

実際にお金を借りるのは印象が良くないため、お金を借りた際は誠実な姿勢を心掛け、しっかりと返済していくのが大切です。


「親から借りるのは恐ろしい」という意見の人もいました。

家庭事情や関係性によっては親から借りるのが難しいケースもあるため、このような意見があるのも珍しくありません。


お金を借りたことにより自己嫌悪に陥っている人もいました。

やはり「お金を借りるのは良くない」「大人なのにお金を借りるなんて」という考えの人は多い傾向にあります。

MEMO
否定的な意見のほとんどが「お金の貸し借りはしてはいけない」という反応が多い印象です。しかし、理由によっては人に頼らなければいけないケースもあるため、一概に「借金=悪いこと」とはいえません。

親にお金を借りる理由

親にお金を借りる 理由
親にお金を借りる目的は人それぞれですが、主に以下のような理由で「お金を借りたい」と考えている人が多いです。

親にお金を借りる理由
  • 親にお金を借りる理由① 退職による生活費の不足
  • 親にお金を借りる理由② 住宅ローンなどの頭金
  • 親にお金を借りる理由③ 結婚式の費用(一部)
    親にお金を借りる理由④ 卒業旅行
  • 親にお金を借りる理由⑤ 病気や怪我による医療費
  • 親にお金を借りる理由⑥ 学費・教育費
  • 親にお金を借りる理由⑦ 借金の返済

現在、お金がなくて困っている人や親にどう説明するべきか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

親にお金を借りる理由① 退職による生活費の不足

仕事を辞めたことにより、生活費で困っている場合は親に頼んでみてください。

「仕事もお金もない状態で親に話すのはちょっと・・・」と抵抗があるかもしれませんが、お金がなければ生活はできません。

「良い生活を送ってほしい」と思うのが親心なので、お金の相談であっても快く聞いてくれるはずです。

お金の相談をする際は、必要な生活費を計算して「〇〇万円あれば生活できる」と具体的な金額を伝えてくださいね。

親にお金を借りる理由② 住宅ローンなどの頭金

住宅ローンの頭金は金額が大きいため、親からの援助を希望している人も少なくありません。

金額が大きいため頼みにくいかもしれませんが、住宅ローンという正当な理由があるため貸してくれる可能性はあります。

正直に「住宅ローンの頭金を貸してほしい」と伝え、具体的な返済方法や返済期日も説明してください。

借用書の作成も忘れずに、返済する意志があることもアピールしておくとベストです。

親にお金を借りる理由③ 結婚式の費用(一部)

結婚式の費用を一部援助してもらいたいときは、正直にお願いしてみてください。

結婚式費用を親から援助してもらうのは珍しいことではなく、むしろ資金援助してもらっている人は多いです。

結婚式は人生の一大イベントなので、喜んでお金を貸してくれる親もいます。

資金援助を頼むタイミングは、結婚式の見積もり確定後がおすすめです。

見積り確定後であれば親もいくら用意すれば良いのか把握できるので、「資金が足りなかった」などのトラブルを防げます。

親にお金を借りる理由④ 卒業旅行

学生が卒業旅行のお金で困っている場合、親に資金援助を頼んでも問題ないと言えます。

学生は稼げるお金に限度があったり、バイト代だけでは旅費を用意できない可能性は十分にあります。

親も「学生のうちは楽しませてあげたい」と考えてお金を貸してくれるかもしれません。

ただ「お金が足りなくて卒業旅行の費用がない」だけでは、親もいくら貸してあげるべきか悩んでしまいます。

卒業旅行のお金を相談するときは、交通費・宿泊費・食費などの費用を全て伝えておいてください。

親にお金を借りる理由⑤ 病気や怪我による医療費

急な病気や怪我による医療費が払えないとき、親に相談したら大抵の場合はお金を貸してくれるはずです。

子どもが大変な目に遭っている状況なので、よほど親の経済状況が苦しくない限りは支援してくれると言えます。

とくに、高額な治療費を1人で支払うのは難しいです。

もし仕事もできない状況の場合は、今後の生活費の相談や支援制度の検討をおすすめします。

親にお金を借りる理由⑥ 学費・教育費

学費や教育費などは子どものために承諾してくれる親は多いです。

例えば、専門学校に通うための学費や留学資金など「将来のためならお金を貸してもいい」と考えてお金を貸してくれる可能性はあります。

他にも、自分の子どもの教育費を親に頼むケースもあります。

子どもや孫のためなら援助してあげたい気持ちが強いので、かしこまらず相談してみてください。

親にお金を借りる理由⑦ 借金の返済

借金の返済による相談は言い出しにくい理由かもしれませんが、生活に困っている人は一度頼ってみてください。

少しでも返済が滞ると延滞金が発生したり、長期的な滞納は信用情報に悪影響を及ぼします。

最終的に支払いができなければ裁判沙汰になるので、最悪の事態を避けるためにも相談するのが一番です。

借金の返済のためにお金を借りるときは、 今後の借金対策も加えて話しておくと納得してくれるかもしれません。

親にお金を借りるならいくら借りれる?

親にお金を借りる いくらなら借りれる
親からお金を借りたいとき「いくらなら借りられるのかな」と気になると思います。

家庭によって借りられる金額は異なりますが、一般的に借りられる金額について解説します。

親の経済状況や関係性

親の経済状況や関係性で借りられる金額は異なります。

経済的に余裕がある家庭であればすぐに貸してくれるかもしれませんが、経済的に厳しい家庭だと「貸してあげたいけど厳しい」と言われてしまうかもしれません。

また、お金に厳しい親であれば理由を話しても「お金の貸し借りはよくない」と断る可能性もあります。

親子の関係性も影響するため、良好な関係を築いていれば快く貸してくれたり、お金を工面してくれるかもしれません。

ただし、数千円~数万円程度であればすぐに用意してくれるかもしれませんが、数十万以上になると躊躇する親がいてもおかしくないです。

MEMO
借りる側の態度も大きく影響するため、返済する意志や誠実な態度は心掛けてくださいね。

親にお金を借りる理由

お金を借りる理由によって借りられる金額は変わります。

例えば、医療費が足りなくて10万円貸してほしいと言われた場合と、ギャンブルで10万円貸してほしいと言われた場合はどのように感じるでしょうか。

親の立場になったとき、明らかに医療費が足りなくて10万円貸してほしいと言われたときの方が緊急性が高く「助けてあげなきゃ」と感じます。

どれだけ経済的な余裕がある家庭であっても、ギャンブルや遊び目当てで10万円を貸してあげたいと思う人は少ないです。

MEMO
一般的に「緊急性がある」「お金がないと生活ができない」「将来的に役立つ」と判断できる理由があれば、貸してもらえる金額も大きくなると考えられます。

親にお金を借りるに関するよくある質問

親にお金を借りる よくある質問
親にお金を借りるに関するよくある質問を集めてみました。

親にお金を借りるに関するよくある質問
  • Q:社会人で親にお金を借りる際に 言いづらいときはどうすればよいですか?
  • Q:大学生で親にお金を借りる際に 言いづらいときはどうすればよいですか?
  • Q:住宅購入で親からお金を借りる際に注意することはありますか?
  • Q:親から借りたお金を返す際の利息はどのくらいですか?

それぞれ回答していきます。

Q:社会人で親にお金を借りる際に 言いづらいときはどうすればよいですか?

親にお金を借りる際に言いづらいときは、最初に申し訳なく思っていることを伝えてみてください。

頼むときは「社会人なのに親に頼って恥ずかしい」と自責の念に駆られるかもしれませんが、親は案外気にしてない可能性もあります。

申し訳なく思っている気持ちと借りたい理由、返済計画なども正確に説明してください。

どうしても親に相談できないときは、カードローンに頼るのも一つの手段と言えます。

Q:大学生で親にお金を借りる際に 言いづらいときはどうすればよいですか?

大学生であれば旅行や合宿など、バイト代だけでは賄いきれないことも多々あるため親も理解してくれるはずです。

言いづらいかもしれませんが、お金が必要なときは申し訳なく思っていること、お金を借りたい理由や返済計画を話してみてください。

バイト代だけでお金を返すのが難しい場合は、就職後に返済する約束をして返済する意志がある旨を説明するのが大切です。

それでも親に言いづらいときは、大学生でも借入できるカードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

Q:住宅購入で親からお金を借りる際に注意することはありますか?

住宅購入で親からお金借りる際の注意点は以下の通りです。
住宅購入で親からお金を借りる際の注意点
  • 借用書を作成すること
  • 贈与税の対策をすること

親子間のやりとりでもお金が絡むとトラブルになりかねません。

とくに住宅購入資金は大きな金額の貸し借りになるため、借用書の作成と贈与税対策はしっかりやっておいてください。

Q:親から借りたお金を返す際の利息はどのくらいですか?

常識範囲内の金利を設定しておくのが無難です。

金融機関から借りた場合の金利を参考にして親に提案してみてください。

親にお金を借りるのまとめ

親にお金を借りる まとめ

親にお金を借りるのまとめ
  • 親にお金を借りるときのマナーは「対面でお願いする」「正当な理由を伝える」「借金しない約束をする」「返済計画を伝える」「借用書を用意する」
  • 親にお金を借りるときは贈与税に注意すること
  • お金を借りる人に対する反応は肯定的な意見も一部ある
  • 親から借りられる金額は経済状況や理由で大きく左右される
  • お金を借りたいと言いづらいときは申し訳なく思っている旨を伝える

親にお金を借りるときの言い方や頼み方、正当な理由や贈与税などについて紹介しました。

親からお金を借りるのは気が引けるかもしれませんが、人生なにがあるのかわからないため、一時的に頼るのは悪いことではありません。

親からしても「困ったときは教えてほしい」と考えている人は多いです。

お金を借りるときは正当な理由や返済計画を伝え、借用書の作成を行い贈与税対策もしてくださいね。

▼ 親にお金を借りにくい人におすすめのカードローン ▼

比較項目 アイフル プロミス SMBCモビット
金利(年率) 3.0%~18.0% 4.5%〜17.8% 3.0%~18.0%
無利息期間 最大30日間
(初回契約)
最大30日間
(初回契約)
なし
融資スピード※1 最短18分 最短3分 最短30分
限度額※2 1万円〜800万円 1万円〜500万円 1万円〜800万円※3
公式サイト プロミス

※1:お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※2:利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合
源泉徴収票など収入を証明するものが必要。
※3:SMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

【アイフルの貸付条件】
■商号:アイフル株式会社■登録番号:近畿財務局長(14)第00218号■貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)■遅延損害金:20.0%(実質年率)■契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)※1■返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式■返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)■担保・連帯保証人:不要※1:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • n***b様が
    800万円を調達しました。

  • n**b様が
    400万円を調達しました。

  • k***p様が
    400万円を調達しました。

  • l**b様が
    800万円を調達しました。

  • b*****i様が
    900万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り4社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング