多重債務者でもカードローンでお金を借りれる?借金地獄から抜け出す方法と対処法

運営事務局
運営事務局
更新日2024/3/26
PR

多重債務者 カードローン アイキャッチ

多重債務者でもカードローンでお金を借りれる?

カードローンの借金地獄から抜け出す方法が知りたい

多重債務で新たにカードローンを契約できるかどうかは、「返済能力があるか」「金融事故を起こしていないか」によって異なります。

また、 多重債務で苦しい人はおまとめローンや債務整理を活用することで、借金地獄から抜け出す ことができます。

今回は、多重債務でカードローンが利用できるケースとできないケースに加え、多重債務に陥らないためのポイントや陥った時の対策について詳しく解説します。

この記事を読むことで、自身が多重債務なのかわからない方も多重債務で悩んでいる方も、注意点や対策方法を知ることができます!

アイフルのおまとめローンがおすすめな人

  • アイフルで借入経験がある人は「おまとめMAX」
  • アイフルを初めて利用する人は「かりかえMAX」
  • 総量規制の対象外でおまとめローンを利用したい人
  • カードローン以外のクレカキャッシングやリボをまとめたい人
  • ローンをまとめた後に新規で借り入れしたい人
  • 在籍確認は電話連絡ではなく、書類提出のみで済ませたい人

▼ 貸金業者以外の借金もまとめられる! ▼

おまとめローンの審査に通らない人は債務整理も検討しよう!
はたの法務事務所[債務整理]

  • 相談料や着手金が無料で成功報酬や事務手数料もなしが良い人
  • 電話・メールで相談でき、丁寧で親切な対応をしてほしい人
  • 的確なアドバイスの元、借金減額や過払い金請求したい人
  • 女性でも安心して相談できる・秘密厳守な法律事務所に依頼したい人
  • 借金問題を速く解決したい・債務整理後のサポートも重視したい人

債務整理 診断チャート

▼ 債務整理費用を抑えるならココ! ▼

目次

多重債務でもカードローンで借りることはできる?

多重債務 カードローン 借りること
多重債務でもカードローンで借りることはできます。

ただし、金融事故があったり返済能力がないと判断されると、借りることができないケースもあります。

多重債務で「カードローンで借りることができるケース」と「借りることができないケース」それぞれ解説するので、自身の状況と比較して参考にしてください。

多重債務でもカードローンを借りることができるケース

金融事故がなく返済能力があるケースは、多重債務でもカードローンで借りることができます。

そのため、複数の借入先を「おまとめローン」でひとつにすることもでき、結果的に金利や月々の返済額の軽減へと繋がります。

MEMO
「おまとめローン」ではなく「他社の新規借入」の場合は、借入件数が多いことが原因で審査落ちする可能性がある

多重債務でも、延滞履歴などの金融事故がなく自身に返済能力がある と、カードローンで借りることができます。

多重債務でもカードローンで借りることができないケース

金融事故を起こしていたり、返済能力がないと判断された場合は、多重債務でもカードローンで借りることができません。

申込者の信用情報や借入総額・年収などから「新たに貸し付けた場合に、返済が困難になる可能性」について、カードローン会社に判断されます。

MEMO
金融事故を起こした人は、完済から一定期間経過しなければ信用情報の事故履歴は消えない

「過去に金融事故を起こしている」「年収と借入総額が比例しない」など、返済が困難に陥る可能性が高いと判断されると、多重債務でもカードローンで借りることができません。

そもそも多重債務とは

多重債務 カードローン そもそも
多重債務とは、複数の消費者金融・銀行と賃金契約を結んでいる状態 のことです。

多重債務は、「ひとつの借入先の限度額を超えてしまったため、新たに他社で借り入れる」といった状況から発生してしまうケースが多いです。

また、「多重債務者」は、複数の賃金契約の返済に困っている状態の人のことです。

MEMO
新たに借りたお金で、毎月の返済を行う「自転車操業」のような多重債務者もいる

複数社からの債務を負う「多重債務」ですが、平成22年に賃金業法が改正されてから、多重債務で苦しむ人が急速に減少しました。

多重債務者チェックシート

「多重債務者チェックシート」で、自分が多重債務者かどうか確認できます。

チェックした数が多いほど多重債務者状態であると考えられますので、「自身が多重債務者なのかわからない」という方は確認してみてください。

多重債務者チェックシート
  • 借入先や借入額が複雑になり管理が困難
  • 毎月利息分しか返済できない
  • 新たな借入金で月々の借金返済をしている
  • 賃金契約を4社以上と結んでいる

総量規制が規制されてから減少した多重債務者ですが、現在でも困っている人は相当数存在しています。

多重債務状況に陥った時は、すでに自力で抜け出すことが難しい状況でもあるため、次章から解説する適切な対策やポイントをぜひ確認してください。

多重債務者はおまとめローンと借り換えを活用するのがおすすめ

多重債務 カードローン おまとめローン
多重債務者は、おまとめローンと借り換えを活用することで、 利息総額や月々の返済額を軽減 できます。

「複数社での借金返済の管理・返済が大変…」という悩みがある方は、ぜひおまとめローンの活用を検討してください。

おまとめローンは、審査にさえ通過すれば利用でき、複数のカードローンを1社にまとめるため低い金利を適用することが可能です。

おまとめローンの手順は以下のとおりです。

STEP1
おまとめローンに申し込む

STEP2
審査結果を待つ

STEP3
審査通過後、必要書類を提出

STEP4
おまとめローン業者が他社へ直接返済

STEP5
おまとめローンの返済を完済まで毎月行う

注意点として、通常のカードローンと比較して審査時間が長いです。

また、おまとめローンの契約時に他社契約を解約しなければならない場合もあるので、追加融資を受けることが難しくなる可能性があります。

おまとめローンは主に多重債務の完済を目的としており、多重債務を1本化することで、複雑な返済を整理・月々の返済額の軽減できます。

MEMO
おまとめローンは総量規制の対象外のため、年収の3分の1を超える借入が可能

多重債務で返済ができなくなったら債務整理を検討する

多重債務 カードローン 債務整理
返済ができない場合は、 任意整理・個人再生・自己破産などの債務整理 を検討してください。

「どうしても返済できない…」という状況に陥ったら、絶対に放置をせずに債務整理の手続きを行ってください。

MEMO
返済を放置すると債権者に法的措置をとられる

債務整理を行うと、 財産を手放さずに返済が楽になる などさまざまなメリットが得られます。

債務整理の種類① 任意整理

任意整理は、債権者(賃金業者)と交渉を行い、借金を返済しやすくする手続き です。

任意整理のメリット
  • 将来利息・遅延損害金が免除され、元金のみの返済となる
  • 過払い金が発生していれば元金が減らせる
  • 完済が早まる

「今すぐ督促をとめたい!」という人は、司法書士や弁護士に依頼することで最短即日に督促を止めることも可能です。

ただし、依頼もしくは自分で任意整理の手続きをしても、任意整理に応じてもらえないケースもあります。

任意整理は、債権者に対してのみの手続きであり、債権者との交渉が成立すると元金の分割返済になるため、返済負担を減らして多重債務の完済へと繋がります。

債務整理の種類② 個人再生

個人再生は、裁判所を介して借金の元金を大幅に減額してもらう手続き です。

個人再生のメリット
  • 借金を5分の1~10分の1まで減額できる可能性がある
  • 持ち家を残したまま借金の減額ができる
  • 督促がとまる

個人再生は、申立から手続完了までの間に必要書類の作成・収集・提出する必要があるため、弁護士に依頼することをおすすめします。

MEMO
弁護士は司法書士とは異なり、書類作成だけでなく、債務者の代理人として裁判所とやり取りが可能。

個人再生は、裁判所に再生計画書など書類を提出しやり取りを行うことで、家などの財産を手放さずに返済を楽にすることが可能です。

債務整理の種類③ 自己破産

自己破産は、裁判所を介して、すべての借金を免除してもらう手続き です。

借金がなくなることが最大のメリットですが、財産や不動産を処分することがあるので、慎重に検討してください。

MEMO
「非免責債権」といって、税金や損害賠償金など、一部の債権について免責扱いにならない場合がある。

自己破産は、裁判所に申し立てて破産宣告を受けることで、借金を免除してもらうことが可能ですが、手続きや流れが複雑なため、弁護士などの専門家への相談をおすすめします。

多重債務に陥らないためのポイント

多重債務 カードローン ポイント
多重債務に陥らないためのポイントを3つ解説します。

これらのポイントに留意することで、 多重債務に陥るリスクは抑えることが可能 になります。

多重債務に陥らないためのポイント
  • カードローンは借金でありることを認識する
  • 借りる前に必ず返済計画をシミュレーションしておく
  • 借金返済のために借金しない

カードローンは借金であることを認識する

カードローンは手軽さのあまり、借金をしている感覚が薄れやすいですが借金と違いはありません。

利息を乗せた金額を返済しなくてはいけないため、「気が付いた時には返済しきれない額になっていた」という状況にならないように注意してください。

MEMO
「既存のカードローンが借りれないから即日融資可能なカードローンに申し込みした」など、目先のお金だけを考えた無計画での利用は多重債務へと繋がる。

手軽に使えるカードローンですが、「カードローンは借金」ということを再度認識し、 目的や返済計画を明確にしてから利用 してください。

借りる前に必ず返済計画をシミュレーションしておく

借りる前に必ず返済計画をシミュレーションをしておくことで、「いくらまでなら返済できるか」考えて、借入ができます。

「いくらまで借りられるか」と、借入上限額を重要視してしまうと返済が困難になり、結果的に多重債務へ陥ることもあります。

借りる前に返済計画をシミュレーションし、「月々の返済額が毎月本当に返済できるのか」よく考えたうえで、カードローンを活用してください。

MEMO
各公式サイトで「返済計画のシミュレーション」ができる

借金返済のために借金しない

借金が返済できないからといって、返済のために新たに借金を重ねることは非常に危険です。

借金返済のために借金をすることは、返済日をただ先送りにしているだけであり、「利息負担の増加」「返済窓口の増加」このようなさまざまなデメリットも起こります。

借金返済が困難になった場合は、 新たに借金をせずに、まずは家族や弁護士・司法書士に相談してください。

MEMO
弁護士・司法書士は、借金問題に関して無料相談を設けているケースが多い。

実際に多重債務者になった人の体験談

多重債務 カードローン 体験談
実際に多重債務者になった人の体験談をご紹介します。

「自己破産で無借金生活になった」「多重債務者でもローンは通る」といった、さまざまな体験談がある ので、多重債務で悩んでいる方は確認することで対策をとる際の参考になります。

体験談① 夫のギャンブル多重債務借金に巻き込まれた


夫のギャンブルにより、多重債務に巻き込まれた方の口コミです。

原則として、自己破産でギャンブルによる借金を免責することは難しいため、このような状況で自己破産を検討している方は、弁護士や司法書士へ相談することをおすすめします。

体験談② 自己破産ですら断られた


リボ払いの結果、自己破産をした方の口コミです。

最初に相談した弁護士事務所では、自己破産を断られたようですが、他の事務所に相談して無事に自己破産ができたようです。

1ヶ所の事務所で断られたからといって、絶対に債務整理できないわけではない ので、自分が納得いくまで相談してください。

体験談③ 債務整理後もギャンブルをやめられない


ギャンブルが原因で借金をし、債務整理後にまたギャンブルをしてしまった方の口コミです。

借金がなくなっても借入が必要な方は、 お金を借りる方法についての対処法を弁護士などの専門家に相談し、アドバイスをもらうことが多重債務に再度陥らないためにも重要 です。

体験談④ 延滞していなければ審査に通る


多重債務の状況で返済を滞りなく行い、ローンの審査に通った方の口コミです。

「ローンまみれだから…」と言う理由で、新たなローンの審査を諦めなくとも、 いずれもしっかりと返済を行っていれば問題ない ことがわかります。

体験談⑤ リボ払い多重債務自転車操業からやっと抜け出せました


リボ払い多重債務で、自転車操業から抜け出せた人の口コミです。

リボ払いは、「手数料が高額」「毎月の返済額が少ないとリボ残高が減らない」「仕組みが複雑」といった原因で、多重債務になりやすいと考えられます。

多重債務にならないためにも、リボ払いの利用は控えた方がいいです。

多重債務とカードローンに関するよくある質問

多重債務 カードローン よくある質問
多重債務とカードローンに関するよくある質問を6つご紹介します。

「他社借入が何件なら、どの対策で返済計画を立てると良いのか」「任意整理中のカードローンについて」 など、多重債務の多くが気になる疑問点が解決できます。

多重債務の方も、そうでない方も、よく確認しておくことでポイントをおさえることへと繋がります。

Q:他社5件でも借り入れできるカードローンはありますか?

他社5件から借入をしている場合、カードローンの審査通過が難しいため、おまとめローンがおすすめ です。

おまとめローンは、複数社の借入を一本化することで、管理や返済額の負担を軽減することが可能。

MEMO
総量規制の例外項目に該当しているため、年収の3分の1を超える借入も可能

なお、おまとめローンは、利用者のローン完済を目的としているため、借り直し・繰り返しの利用不可。

融資後返済利用のみとなりますが、他社5件から借入をしている方は「おまとめローン」を活用することで借入ができます。

Q:他社借り入れ7件で借りれるカードローンはありますか?

他社借り入れ7件の場合は、おまとめローンの審査通過も難しいため、 以下のいずれかの債務整理の検討 をしてください。

債務整理の種類
  • 任意整理:将来の利息を免除し、元本のみ返済
  • 個人再生:家を残しつつ、借金の元本を減少
  • 自己破産:財産の一部を処分し、すべての借金を免除

「自分の状況に合う債務整理がどれかわからない…」という人は、弁護士・司法書士事務所で無料相談を設けているケースが多いので、ぜひ相談してみてください。

Q:カードローンの借金地獄から抜け出すには?

カードローンの借金地獄から抜け出すには、以下の方法を検討してください。

カードローンの借金地獄から抜け出す方法
  • 繰り上げ返済をして完済し、借入件数を減らす
  • おまとめローンで借入先を1社にまとめる
  • 債務整理をする

カードローンの借金地獄に陥った際、まずは 繰り上げ返済やおまとめローンを活用し、借入件数を減らしてください。

それでも状況が改善されない場合は債務整理することで抜け出せる可能性が高くなるので、ぜひ検討をしてください。

Q:総量規制オーバーでも借りれるローンはありますか?

総量規制オーバーでも借りられる、 「総量規制対象外になる借入」は、主に以下のローン です。

総量規制対象外になる借入
  • 自動車ローン
  • 銀行カードローン
  • 住宅ローン
  • おまとめローン
  • 借り換えローン

借入金額が年収の3分の1以上になった場合は、契約中のカードローンの追加借入も不可能となります。

カードローンの返済がどうにもならなくなった多重債務者は、おまとめローンの検討をおすすめします。

総量規制オーバーでも、どうしても借りたい場合は自身の資金用途に合ったローンを利用することで、お金を借りられる可能性が上がります。

Q:絶対借りれるカードローン(極甘審査ファイナンス)はありますか?

カードローンには、必ず所定の審査が必要であり、絶対借りられる審査が極甘のファイナンスはありません。

審査基準は、金融機関によって異なりますが、主に「本人の属性」「信用情報」「借入情報」の3つの基準が確認されます。

「絶対借りられる」「審査なし」を謳うカードローンは、賃金業法に違反した闇金のため、絶対に利用しないでください。

MEMO
中小消費者金融は大手消費者金融カードローンよりも審査に通りやすいので、審査が不安な人におすすめ

Q:任意整理中にカードローン審査に通った事例はありますか?

任意整理中にカードローン審査に通った事例はあります。

通常、任意整理を開始すると信用情報に事故情報の記載がされるため、カードローンの利用はできませんが、タイミングによっては利用できたというケースもあります。

しかし、任意整理中はどのような状況であっても、カードローンを利用しないでください。

任意整理中にカードローンを利用すると、任意整理できなくなったり、依頼先に契約解除されたり、個人再生・自己破産しなくてはいけない状況に陥る可能性があります。

Q:アイフルで借りるなら、他社借入何件まで大丈夫ですか?

アイフルは、他社借入が4件あっても大丈夫なケースもあります。

アイフルは、他社とは異なり、銀行と提携関係ではなく独自の判断で融資を実行しているため、 融資を前向きに行っています。

MEMO
プロミス・アコム・レイクいずれも親会社は銀行

他社借入が多くて不安な方は、アイフルのシミュレーションで他社借入金額などを入力して、融資可能かどうか試してみてください。

また、他社借入が多い方は、アイフルのおまとめローンの活用をおすすめします。

多重債務とカードローンのまとめ

多重債務 カードローン まとめ
多重債務でも、滞納履歴などの金融事故がなく返済能力がある と判断された場合、カードローンで借りることができます。

ただし、「金融事故を起こしている」「返済能力がない」という状況だと、カードローンで借りることができません。

多重債務に陥るリスクを防ぐために、以下のポイントに留意してください。

多重債務に陥らないためのポイント
  • カードローンは借金であり違いはないことを認識する
  • 借りる前に必ず返済計画をシミュレーションしておく
  • 借金返済のために借金しない

多重債務で返済ができなくなったら、「無審査を謳う闇金」などは決して利用せず、弁護士や司法書士に相談して債務整理を検討してください。

多重債務で悩んでいる人は、 おまとめローンを活用することで、管理・利息総額・月々の返済額を減らすことができます。

アイフルのおまとめローンがおすすめな人

  • アイフルで借入経験がある人は「おまとめMAX」
  • アイフルを初めて利用する人は「かりかえMAX」
  • 総量規制の対象外でおまとめローンを利用したい人
  • カードローン以外のクレカキャッシングやリボをまとめたい人
  • ローンをまとめた後に新規で借り入れしたい人
  • 在籍確認は電話連絡ではなく、書類提出のみで済ませたい人

▼ 貸金業者以外の借金もまとめられる! ▼

おまとめローンの審査に通らない人は債務整理も検討しよう!
はたの法務事務所[債務整理]

  • 相談料や着手金が無料で成功報酬や事務手数料もなしが良い人
  • 電話・メールで相談でき、丁寧で親切な対応をしてほしい人
  • 的確なアドバイスの元、借金減額や過払い金請求したい人
  • 女性でも安心して相談できる・秘密厳守な法律事務所に依頼したい人
  • 借金問題を速く解決したい・債務整理後のサポートも重視したい人

債務整理 診断チャート

▼ 債務整理費用を抑えるならココ! ▼

【アイフルの貸付条件】
■商号:アイフル株式会社■登録番号:近畿財務局長(14)第00218号■貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)■遅延損害金:20.0%(実質年率)■契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)※1■返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式■返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)■担保・連帯保証人:不要※1:ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • k******q様が
    300万円を調達しました。

  • u*****h様が
    600万円を調達しました。

  • s******w様が
    1100万円を調達しました。

  • i**h様が
    300万円を調達しました。

  • j*****i様が
    200万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング