ファクタリングと建設業者の相性が良い10の理由!建設業特化のおすすめ業者3選と選び方、比較ポイントや注意点

運営事務局
運営事務局
更新日2022/10/6

ファクタリング 建設業者 アイキャッチ

ファクタリングはなんで建設業者と相性がよいの?
けんせつくん評判・口コミって実際どうなの?

今回の記事では、上記のような疑問を解決する記事です。

建設業界は、売掛金を支払うまでのフローが長く、小規模事業者の場合は資金不足に悩まされるのが常。

そのため、支払いフローの長さに悩む建設業者と、即日で債権の現金化ができるファクタリングの相性は良いのです。

今回は、 ファクタリングと建設業者の相性が良い10の理由や注意点、ファクタリング会社を選ぶポイント、おすすめのファクタリング会社3つについて徹底解説 します。

記事を読むことで、自分の理想にあったファクタリング会社を選べるようになりますので、ぜひ参考にしてください。

ファクタリング会社目線で建設業との相性が良い2つの理由

ファクタリング 建設業者 ファクタリング会社目線 相性 良い理由
こちらの章では、ファクタリング会社から見る建設業とファクタリングの相性が良い理由について解説します。

建設業とファクタリングの相性が良い2つの理由
  • 建設業界は多額の売掛金が発生しやすい
  • 短期間に資金が必要になるケースがよくある

ファクタリング会社視点で解説しますが、今後利用を検討している方々にも参考になりますので、ぜひ確認してください。

建設業界は多額の売掛金が発生しやすい

建設業とファクタリングの相性が良い理由は 多額の売掛金が発生する ことが挙げられます。

建設業界の仕事は、下請けや元請けへの受発注業務が多く発生し、動く金額も多くなります。

そのため、建設業界は売掛金が多額に発生するケースが往々にしてあります。

MEMO
多額の売掛金が発生するのであれば、資金調達が金融機関よりも早くできるファクタリングはピッタリのサービスです。

短期間に資金が必要になるケースがよくある

建設業とファクタリングの相性が良いのは、 短期間で資金が必要になるケースが多い という点です。

建設業界において多額の資金が必要になるのは、受発注をしている間に限られており、数年〜数十年に渡って必要になるものではないためです。

数年に渡りお金が必要なのであれば、金融機関からの融資によって資金調達するのがおすすめですが、短期間の場合は利子を取れないので金融機関は貸し渋りをする可能性があります。

そのような時に役立つのが、金融機関に比べて資金調達がしやすいファクタリングなのです。

建設業者目線でファクタリングとの相性が良い8つの理由

ファクタリング 建設業者 建設業者目線 相性 良い理由
この章では、建設業者目線から見るファクタリングと建設業の相性の良さを見ていきます。

建設業者視点で見るファクタリングとの相性が良い理由8選
  • 多額の前金が必要になる
  • 大型受注も受けやすくなる
  • 支払いまでの期間を短縮することができる
  • 即日で資金を用意することができる
  • 赤字でもファクタリングの審査に通りやすい
  • 建設業の売掛金支払いは基本長い
  • 元請会社の倒産リスクを回避できる
  • 負債は増えず、企業価値にも影響しない

今後利用する際に役立つ情報が入っておりますので、ぜひ参考にしてください。

多額の前金が必要になる

建設業とファクタリングの相性が良い理由としてよく見られるのは、多額の前金が発生するケースが多いという点です。

建設業界の仕事は、ほとんどの場合他社の協力が必要不可欠です。

他社と呼ばれる会社は下請けの場合が多く、資金力に乏しい会社は材料を揃えられないので仕事を受けづらくなります。

機会損失を産まないために、建設業界の元請会社は仕事を発注する際に多額の前金を支払うことが慣例となっています。

この前金の負担は元請側にとっても小さくないので、 ファクタリングによる資金調達 が好まれます。

大型受注も受けやすくなる

ファクタリングを利用すると、大型受注を受けやすくなるという点があります。

建設業界は受発注業務でそれぞれ多額のお金がかかるので、あまりに大きい案件ですと資金不足で受注できず機会損失を生む可能性も否定できません。

特に、資金不足に喘ぐ建設業者であれば、大型案件の受注を逃すのは大きな痛手となります。

そのような場合に、ファクタリングを利用して資金調達をすれば 大型案件受注も可能となり、大きな利益を計上 できます。

支払いまでの期間を短縮することができる

ファクタリングと建設業界の相性が良いのは、 お金が支払われるまでの期間を短縮できる ことも理由の一つです。

建設業界は請負契約で仕事が行われているケースが多く、支払いまでに時間がかかってしまうことも珍しくありません。

請負契約とは

納期までに指定された建物を建設するという契約のこと。

つまり、建物が完成してかつ工事が完了するまで売掛金が支払われることはありません。

ただ、事前に契約書は交わされますので、ファクタリングを利用すればすぐに売掛金を手に入れられます。

MEMO
ファクタリングを利用すれば、すぐにお金が必要になるケースが発生した場合でも対応しやすくなります。

即日で資金を用意することができる

ファクタリングが即日で資金を用意できるという点も、建設業界と相性が良い理由の一つに挙げられます。

先ほども紹介した通りで、建設業界は売掛金を支払うまでのフローが長く、税金などの多額の支払いが発生する際に資金不足に陥って払えないという事態に陥る可能性も否定できません。

ファクタリングは、 最短即日で資金が用意できる ので、お金が今すぐ必要な場合だとしても対応できるのが魅力的なポイントです。

赤字でもファクタリングの審査に通りやすい

ファクタリングは自社の財務状況が赤字だったとしても審査に通過するという点が魅力的です。

一般的な金融機関で借入を行う場合は、自社の財務状況が赤字だった場合は印象がマイナスとなります。

つまり、金融機関から資金借入ができないというリスクも往々にして考えられます。

一方で、ファクタリングは売掛債権を回収するので、自社の業績よりも売掛先の状況が重視されるのです。

MEMO
そのため、ファクタリングは自社の経営状況が赤字だったとしても審査に通過する可能性があります。

建設業の売掛金支払いは基本長い

建設業界の売掛金支払いは、完了するまでが基本的に長めです。

一般的には、納品した翌月に売掛金が支払われるケースが多いですが、建設業界の支払いサイトは2〜3ヶ月程度間を空けなければなりません。

支払いサイトとは
取引期間の締め日から売掛金が実際に支払われるまでの期間を指した言葉

支払いサイトが長ければ長いほど資金が枯渇するリスクも高くなります。

MEMO
支払いサイト待ちによる資金不足リスクを抑えるために、ファクタリングが利用されるケースがあります。

元請会社の倒産リスクを回避できる

元請会社の倒産リスクを避けられるのも、ファクタリングと建設業界の相性が良い理由の一つです。

下請け会社が使うファクタリングでは、元請会社からの売掛債権を担保として資金調達を行います。

一般的なファクタリング会社であれば、元請会社が倒産した場合でも債権を返還する必要はありません。

一方、ファクタリングを利用せずに債権支払いを待っていてそのまま元請会社が倒産した場合は、報酬を受け取れません。

その場合、元請会社の倒産により自社の連鎖倒産のリスクも考えられます。

ファクタリングを利用した場合は、 会社倒産のリスクを回避できます。

MEMO
もし、元請会社が倒産した場合でも返還請求をするようなファクタリング会社は悪徳会社なので、契約書などを隅々までチェックしてください。

負債は増えず、企業価値にも影響しない

ファクタリングの大きな特徴として、負債として計上されないという点が挙げられます。

ファクタリングは会社の資産側に計上される売掛金が減少するだけであり、負債側にカウントされないからです。

負債が増えないので、 経営状態を対外的に不安視される可能性が低い です。

よって、負債が増えず企業価値を下げるというリスクを避けられます。

MEMO
一般的に少ない資産で利益を多く上げる企業の価値は高いので、ファクタリングをしつつ収益が増加すると企業価値が向上する可能性があります。

建設業者がファクタリングを利用する際の注意点

ファクタリング 建設業者 注意点
こちらの章では、建設業者がファクタリングを利用する際の注意点について紹介します。

建設業者がファクタリングを利用する際の注意点
  • 手数料は決して安くはない
  • 売掛先の経営状況や業績によってはファクタリングを利用できない
  • 3社間ファクタリングでは売掛先に通知が届く
  • 譲渡できない売掛債権は利用不可
  • 売掛金以上の金額は融資されない
  • 闇金などの悪徳業者リスクやイメージが悪くなる可能性も

ここを読まないとファクタリングを利用した際に後悔する可能性がありますので、利用する前に確認をしてください。

手数料は決して安くはない

ファクタリングの特徴として挙げられるのが、取られる手数料の金額が安くないという点です。

ファクタリング会社はビジネスとして事業を行っているので、金融機関の融資と同じように手数料はかかります。

ファクタリングの手数料ですが、安いと1%、高くなると30%ほどが相場です。

ファクタリングの手数料が決まる基準

ファクタリングの手数料は売掛先会社の財務状況や売掛債権や税金などの支払い履歴などから総合的に勘案されて決まります。つまり、売掛先会社が売掛や税金などの支払いなどを滞納している場合は、ファクタリングの手数料が高くなります。

売掛先の経営状況が悪いことは、業者側も債権回収リスクを負っているので、手数料が高くなるという点は注意してください。

売掛先の経営状況や業績によってはファクタリングを利用できない

ファクタリングによる資金調達は、売掛先の経営状況や業績により審査落ちする可能性があります。

ファクタリング会社にとっての最大のリスクは、売掛先の倒産により債権回収が不可能になるという点です。

債権回収リスクを起こさないためにも、ファクタリング会社は依頼会社よりも売掛先会社の財務状況を審査対象とします。

MEMO
ファクタリングをもし使う場合は、経営が安定している会社の売掛債権を選んでください。

3社間ファクタリングでは売掛先に通知が届く

3社間ファクタリングを利用した場合は、売掛先にファクタリングを利用したことが通知として行きます。

3社間ファクタリングとは

「ファクタリング会社」と「依頼会社」および「売掛先会社」の3社間でやりとりをするファクタリングの形態のこと。

売掛先にファクタリングを利用した事実が伝えられるものの、その分手数料は低めに設定されるケースが多いのが特徴。

先ほども解説した通り、ファクタリングは財務状況が赤字の場合でも利用できるので「経営状態があの会社は良好でない」と話が広がってしまう可能性があります。

財務状況を公表しない非上場企業の場合は、ファクタリングを利用した事実が発覚すると取引に支障が出る恐れも。

そのため、ファクタリングを利用するかどうか慎重に検討しなければなりません。

譲渡できない売掛債権は利用不可

売掛債権の契約で「債権譲渡不可」の条項が含まれているものに関しては、ファクタリング利用ができません。

債権譲渡不可とは
第三者に対して債権の譲渡を禁止するための契約のこと。

ファクタリングは売掛債権を依頼先の会社から譲渡して資金調達するものなので、債権譲渡不可が契約書に書かれている場合はファクタリングが使えません。

MEMO
ファクタリングを利用する前に、契約書に債権譲渡不可が条項として記載されているかを確認してください。

売掛金以上の金額は融資されない

ファクタリングは売掛金以上の金額は融資されないという特徴が有ります。

これは当然の話にはなりますが、売掛債権を担保として資金調達するので、売掛金額以上のお金は借りれません。

もし、多くの金額を必要としているのであれば 金融機関を頼り融資してもらうのがおすすめ です。

闇金などの悪徳業者リスクやイメージが悪くなる可能性も

ファクタリングは注目されているビジネスのため、悪徳業者が紛れ込んでいる可能性も高く、騙されるリスクがあることも頭に入れてください。

悪徳業者がファクタリング業界に紛れ込むのは、ファクタリングサービス自体が貸金業法の外にあることが関係しています。

中には、相場よりもはるかに高い手数料を請求してくる業者もいますので注意してください。

もし、 悪徳業者にあった場合は契約を結ばない ようにしてください。

また、ファクタリングは財務状況が悪くても利用できるサービスなので、利用の事実が発覚した場合は自社のイメージが下がる可能性があります。

MEMO
取引先にファクタリング利用の事実を知られたくないのであれば、通知が売掛先会社に行かない2社間ファクタリングの利用を検討してください。

建設業者がファクタリング会社を選ぶ際の比較ポイント

ファクタリング 建設業者 比較ポイント
建設業者がファクタリング会社を選ぶ際のポイントは以下の6つです。

建設業者がファクタリング会社を選ぶ際の比較ポイント
  • 手数料が安い業者を選ぶ
  • 融資・入金速度が早い業者を選ぶ
  • 売掛金の限度額が高い業者を選ぶ
  • 建設業界での取引実績がある業者を選ぶ
  • 建設業界での取引実績がある業者を選ぶ
  • 2社間・3社間に対応した業者を選ぶ
  • 信頼できる業者を選ぶ

この章を読まないと法外な手数料を請求してくるような悪徳業者に出くわす可能性がありますので、確認してください。

ファクタリング会社の選び方① 手数料が安い業者を選ぶ

建設業者がファクタリング会社を選ぶ際は手数料が安いところを選んでください。

先ほども紹介した通りで、ファクタリングは資金調達できるスピードが早く、審査も金融機関のものと比べると緩めなので、手数料も高くなりがちです。

MEMO
なお、一般的な相場として3社間ファクタリングの方が2社間ファクタリングよりも手数料は安く設定されています。

ファクタリング会社の選び方② 融資・入金速度が早い業者を選ぶ

ファクタリング会社を選ぶ際は、入金および融資のスピードが早いところを選ぶようにしてください。

ファクタリング会社の中には、 最短即日で債権を現金にできるところもあります。

売掛債権を即日現金化できるファクタリング会社としては「けんせつくん」「ビートレーディング」「トップ・マネジメント」がおすすめです。

ファクタリング会社の選び方③ 売掛金の限度額が高い業者を選ぶ

建設業者がファクタリング会社を選ぶ際には、売掛金の限度額が高い業者を選んでください。

ファクタリング会社は、売掛金額に上限を定めているケースが多く、限度額を超える売掛債権は買取できません。

売掛債権に上限額を設けている理由
売掛債権を買い取って支払いをした後で踏み倒しがあった場合、ファクタリング会社自体が倒産してしまうため。

建設業界はやりとりする金額も多いので、 なるべく限度額が高い業者を選ぶのがおすすめ です。

MEMO
「ビートレーティング」「OLTA」などのファクタリング会社は、売掛資金の上限なしなので建設業者におすすめのサービスです。

ファクタリング会社の選び方④ 建設業界での取引実績がある業者を選ぶ

建設業界での実績がある会社にファクタリングをお願いするのも大切なポイントです。

建設業界のファクタリングを経験した会社であれば、 業界の特殊な慣例などの理解が深い です。

先ほど名前を出した「けんせつくん」は建設業界専門のファクタリング会社となっておりますので、候補の一つになります。

ファクタリング会社の選び方⑤ 2社間・3社間に対応した業者を選ぶ

建設業者がファクタリング会社を選ぶ際は2社間・3社間ファクタリングに対応しているところを選んでください。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いは以下の通りです。

ファクタリング名 特徴
2社間ファクタリング ・ファクタリング利用の事実が売掛先企業に伝わらない
・手数料が高い
・利用の事実は知られないので、これまで通り取引できる
3社間ファクタリング ・ファクタリング利用の事実が売掛先に伝わる
・手数料は低め
・経営状態が悪いと悟られ、取引から撤退されるリスクがある

ファクタリングには2社間・3社間ファクタリングの他に医療・国際・保証のファクタリングがありますが、後者の3つに関してはそれぞれ特殊なファクタリングなので建設業者には向いていません。

そのため、ファクタリングを利用するのであれば2社間or3社間のいずれかを選択してください。

ファクタリング会社の選び方⑥ 信頼できる業者を選ぶ

ファクタリング会社を選ぶ際は信頼できる会社に必ず依頼してください。

先ほども説明した通りで、ファクタリング会社の中には悪徳業者も紛れ込んでいるからです。

もし、業者とのやりとりなどで以下のようなことがあった場合は、悪徳業者の可能性があるので注意してください。

ファクタリング悪徳業者の例
  • 法外な手数料を請求してくる
  • ファクタリングをうたって実は貸付て返済を迫る
  • 一括返済が契約書に書かれていない
  • 契約書に買戻請求特約がついている
  • 消費税が契約書に明記されている
  • 電話番号が記載されていない
  • 入金期日が売掛金支払い期日よりも前

上記のような業者と契約を結んでしまうと、法外な手数料を請求されるといったトラブルに巻き込まれる可能性があります。

MEMO
上記のような業者を避けて、信頼できるファクタリング会社を利用してください。

建設業者におすすめのファクタリング会社3選

ファクタリング 建設業者 おすすめ 会社
こちらの章では、おすすめのファクタリング会社3選について紹介します。

それぞれ特徴やおすすめな人を解説しますので、自社に合ったファクタリング会社を見つけられます。

項目 けんせつくん ビートレーディング トップ・マネジメント
2社間ファクタリング対応 可能 可能 可能
3社間ファクタリング対応 不可 可能 可能
手数料 5%~ 2社間ファクタリング:4〜12%程度
3社間ファクタリング:2%~9%程度
2社間ファクタリング:3.5〜12.5%程度
3社間ファクタリング:3.5〜12.5%程度
資金調達額 非公表 下限・上限なし 下限・上限なし
入金速度 最短2時間で現金化 最短5時間で現金化 即日

建設業特化型ファクタリングは「けんせつくん」

けんせつくん公式サイト

けんせつくんがおすすめの人の特徴一覧
  • 手数料をなるべく抑えたい人
  • 取引先にファクタリング利用の事実を知られたくない人
  • 即日で資金調達が必要な人

けんせつくんは最短2時間で現金化ができる建設業専門のファクタリングサービスです。

特徴は、最短2時間の入金スピードを誇っているという点。

申し込みから2時間で入金されれば、 その日にお金が必要になった場合でも、すぐに資金調達ができる 点は大変魅力的です。

手数料も最低5%からと、2社間ファクタリングを専門にして運営しているサービスとしては破格の安さを誇ります。

また、担当者は建設業界での実務経験を元にした、財務状況改善などのアドバイスをするので、他社とは一線を画したサービスを受けられます。

項目 詳細
2社間ファクタリング 可能
3社間ファクタリング 不可
法人利用 可能
個人利用 可能
オンライン申し込み 可能
資金調達額 非公表
手数料 5%~
入金速度 最短2時間で現金化
運営会社 株式会社ウィット

けんせつくんの評判・口コミ

期待通りでした

建設業専門のファクタリング会社なので、対応がスムーズです。 担当者の知識も豊富でアドバイスも的確にしていただけました。

引用:けんせつくんの口コミ・評判|ファクコミ

悩みが解決

今まで他のファクタリング会社を利用しており、手数料が高いことが悩みでした。 今回、初めて利用しましたが、提示された手数料が今までよりかなり安くて、驚きました!手続きも比較的簡単だったので、乗り換えを考えているならオススメです!

引用:けんせつくんの口コミ・評判|ファクコミ

売掛金の金額に上限がない「ビートレーディング」

ビートレーディング公式サイト

ビートレーディングがおすすめの人の特徴一覧
  • 信頼できる会社にファクタリングをお願いしたい人
  • 大規模な資金調達が必要な人
  • 地方で建設業を営んでいる人

ビートレーディングは日本におけるファクタリングサービスの先駆者です。

これまでに、累計900億円、3.7万社との資金調達を成功させており、豊富な取引実績から 顧客のニーズに合わせた対応ができるのも魅力的なポイント です。

特徴は、売掛債権の金額に上限がないことでであり、数億円の資金が必要な場合でも対応できます。

これまでの最高資金調達額はどのくらい
ホームページより、これまでだと最高7億円の債権買取実績が有ります。

初回利用を除いてオンラインで申し込みから契約までできますので、 スムーズな資金調達が可能 です。

MEMO
ただ、初回に関しては必ず対面契約となりますので、その点は注意してください。もし、会社事務所が近くにない場合は担当者が出張訪問しますので、相談するのがおすすめです。
項目 詳細
2社間ファクタリング 可能
3社間ファクタリング 可能
法人利用 可能
個人利用 可能
オンライン申し込み 可能
※初回は対面での契約が必要
資金調達額 下限・上限なし
手数料 2社間ファクタリング:4〜12%程度
3社間ファクタリング:2%~9%程度
入金速度 最短5時間で現金化
運営会社 株式会社ビートレーディング

ビートレーディングの評判・口コミ

これは便利ですね

受注した時点で資金化ができたので、今までのファクタリングよりも圧倒的なスピードで資金調達することができました。 今まで資金難で断るしかなかった案件も受けられるようになったので、チャンスを広げることが出来ました。

引用:けんせつくんの口コミ・評判|ファクコミ

知り合いのコンサルタントに紹介してもらった会社。
簡単な書類で手軽に資金を調達できて驚きました。
これで売掛金が増えても安心です。

引用:Googleクチコミ

公共工事に強い「トップ・マネジメント」

トップマネジメント公式サイト

トップ・マネジメントがおすすめの人の特徴一覧
  • 国・県など行政からの請負工事が多い人
  • 経験豊富なファクタリング会社に依頼したい人
  • 今後公共工事の受注予定がある小規模事業者

トップ・マネジメントは公共工事に強みをもつファクタリングサービスです。

公共工事は発注元が国や県なので売掛金の回収が100%できるのですが、納品完了後の検査に時間がかかってお金がなかなか入らずに、利益率が悪く赤字になってしまうというリスクがあります。

上記のようなリスクを防ぐ上で、トップ・マネジメントでは、民間の建設会社を企業間マッチングサービスにて紹介して、キャッシュフローを改善します。

キャッシュフローが改善されることにより、 安定した企業経営をすることが可能 です。

項目 詳細
2社間ファクタリング 可能
3社間ファクタリング 可能
法人利用 可能
個人利用 可能
オンライン申し込み 可能
資金調達額 下限・上限なし
手数料 2社間ファクタリング:3.5〜12.5%程度
3社間ファクタリング:3.5〜12.5%程度
入金速度 即日
運営会社 株式会社トップ・マネジメント

トップ・マネジメントの評判・口コミ

素早い対応でした

急ぎで資金が必要なことを伝えたので、色々と頑張ってくれたのか翌日には入金されました。 どこのファクタリング会社も最短即日を売りにはしているものの、だいたい数日はかかるので、素早く対応してもらえて感謝しています。 会社にも行かせてもらいましたが、信頼できる会社だと感じました。

引用:トップ・マネジメントの口コミ・評判|ファクコミ

スピード感のある対応でした

今までに数社のファクタリングを利用してきたのですが、トップ・マネジメントの担当者さんは親切でファクタリング以外の面でも色々と提案していただけました。 大手の百貨店が取引先にあるので、審査はスムーズでした。審査から入金まで2日で完了したので、迅速に対応していただけて感謝しています。

引用:トップ・マネジメントの口コミ・評判|ファクコミ

ファクタリングと建設業者に関するよくある質問

ファクタリング 建設業者 よくある質問
この章では、ファクタリングと建設業者に関してよく出てくる質問について紹介します。

ファクタリングと建設業者に関するよくある質問
  • Q:建設業の資金調達ではファクタリングの需要がなぜ高い?
  • :ファクタリングはゼネコン(総合建設業)向きの資金調達方法ってほんと?

見てる方も当てはまる可能性がありますので、ぜひ確認してください。

Q:建設業の資金調達ではファクタリングの需要がなぜ高い?

A.建設業があらゆる業種の中で資金繰りが厳しい業種だからです。

建設業における契約は完成品を納品することで、報酬が支払われる「請負契約」がほとんどであり、工事完了まで売上の全額が入りません。

そのため、現金を一定数保有していない企業は資金調達の問題を常に抱える形になります。

そのため、 早めに資金調達ができるファクタリング が建設業と相性が良いのです。

Q:ファクタリングはゼネコン(総合建設業)向きの資金調達方法ってほんと?

A.ファクタリングは中小企業はもちろんのこと、ゼネコン(総合建設業)にも有効な資金調達方法です。

なぜなら、建設業は中小企業・ゼネコン問わず資金繰りが厳しいのは同じであり、売掛金の支払いまでの期間が長いため、資金には常に悩まされやすいです。

そのような時に、役立つのが融資よりも早く資金調達ができるファクタリングであり、 資金不足から自社を救ってくれる可能性があります。

ファクタリングと建設業者のまとめ

ファクタリング 建設業者 まとめ
今回紹介した建設業界に強いファクタリング会社は以下の3つです。

建設業界に強いファクタリング会社
  • けんせつくん
  • ビートレーディング
  • トップ・マネジメント

建設業は売掛債権が現金化されて支払われるまでが長く、ファクタリングとの親和性が高い業界です。

中小建設業者であれば、ファクタリングを利用することで 資金不足を解消して、外注や材料費に回してさらなる工事の受注を狙えます。

ただ、ファクタリング会社の中には法外な手数料を請求してくるなどの行為を行う悪徳会社もありますので、今回紹介した3つの会社を軸にして、ファクタリング会社選びをするのがおすすめです。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • f****u様が
    500万円を調達しました。

  • j***w様が
    1100万円を調達しました。

  • n*****g様が
    700万円を調達しました。

  • r*****j様が
    700万円を調達しました。

  • x******j様が
    1100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング