エクイティとは?意味やデットとの違い、エクイティファイナンスの種類、メリット・デメリット

運営事務局
運営事務局
更新日2023/12/19
PR

エクイティ アイキャッチ

エクイティって何?

エクイティファイナンスにはどんな種類がある?
エクイティの活用にはどんなメリット・デメリットがある?

今回の記事では、上記のような疑問について解決します。

エクイティ(Equity)とは、株式のことを言います。

株式会社は、株式を売却して、資金を調達することが可能 です。

株式会社が資金を調達するうえでは、銀行などから借り入れる方法と株式を売却する方法の2種類があります

前者はデットファイナンスと呼ばれ、後者はエクイティファイナンスと呼ばれる資金調達方法です。

株式会社は、基本的に、事業活動に必要な資金をデットファイナンスとエクイティファイナンスを組みわせて活用して調達します

それぞれの資金調達方法には、様々なメリットがありますが、デメリットもあるので注意が必要です。

この記事では、 エクイティ(株式)を活用して資金を調達することには、どんなメリット・デメリットがあるのかについて詳しく説明するとともに、その手順も解説 していきます。

この記事を読むことで、エクイティを活用した資金調達の方法を理解できるようになります。

エクイティについてざっくり言うと…
  • エクイティとは株式のこと
  • エクイティ(株式)を売却して資金を調達することをエクイティファイナンスと呼ぶ
  • エクイティファイナンスで調達した資金は返済義務がない
  • エクイティファイナンスでは株式を売却するので、会社の経営権を切り売りすることになる

エクイティとは?意味や定義をわかりやすく解説

エクイティ とは
エクイティ(Equity)とは、ビジネスの世界では、 株式を売却して得た資金のこと を言います。

株主に提供してもらった資金のこと を言うので、エクイティ株主資本と呼ばれることもあります。

株式を発行して資金調達をすれば、 返済の義務がない資金を得られるので、資金使途が拘束されていない資金を獲得できるのが特徴 です。

資金使途が拘束されていないので、会社にとっては自分の資金であることから、エクイティ自己資金に分類されます。

株式を使って資金を調達する行為はエクイティファイナンスと呼ばれ、 エクイティファイナンスでは、企業は投資家から直接資金を調達し、その代わりに企業の一部の所有権を投資家に譲渡する ことになります。

エクイティとデットの違い

エクイティ デット
エクイティデット(Debt)は、資金調達の方法や企業の財務構造を説明する際に使用される2つの基本的な概念です。

まず、エクイティとは企業の所有権、つまり株主資本を指します。

エクイティファイナンスは、 企業が新しい株式を発行し、それを投資家に販売することで資金を集める方法 です。

エクイティファイナンスは、 返済の義務がないため、資金繰りの面で企業にとっては柔軟性があります

一方、デットは、 企業が借り入れる資金、つまり借金を指します

借入金を活用した資金調達であるデットファイナンスは、 企業が銀行や金融機関から借入れを行ったり、社債を発行して投資家から資金を借りる方法 です。

デットを通じて資金を調達する際の利点は、 所有権を共有せずに資金を得られること にあります。

ただし、返済能力を超えた借入れは財務の健全性を損ない、最悪の場合、破産につながる可能性もあるので注意が必要です。

エクイティデットを活用した資金調達は、それぞれ異なるリスクを伴います。

エクイティファイナンスの種類は4つ

エクイティ 種類

エクイティファイナンスは、株式を活用した資金調達方法ですが、株式の活用方法には次のような4つの方法があります。

エクイティファイナンスの種類
  • 公募増資
  • 株主割当増資
  • 第三者割当増資
  • 転換社債型新株予約権付社債

以下では、それぞれの方法について詳しく解説していきます。

公募増資

公募増資は、 企業が新たに株式を発行し、それを一般の投資家に売り出すこと です。

この方法により、企業は大量の資金を調達することができます。

ただし、公募増資を行うと既存の株主の持ち分が希薄化する可能性があります

そのため、企業が公募増資を行う際には、その理由や資金の使い道、増資による株主への影響などをしっかりと説明することが重要です。

株主割当増資

株主割当増資は、 企業が新たに発行する株式を既存の株主に優先的に売り出すこと です。

これにより、既存の株主が自分の持ち分が希薄化するのを防ぐことができます。

しかし、新たな投資家を呼び込むことは難しく、また資金調達の規模も限定的になる可能性があります

第三者割当増資

第三者割当増資は、 新たに発行する株式を特定の投資家(第三者)に割り当てる方法 です。

この方法により、企業は大きな投資家やパートナー企業から直接資金を調達することができます。

第三者割当増資は比較的迅速に資金調達を行うことが可能ですが、既存の株主の持ち分が希薄化する可能性があるため、慎重に取り扱う必要があります

転換社債型新株予約権付社債

転換社債型新株予約権付社債(CB: Convertible Bond)は、 企業が投資家に売り出す特殊な社債 です。

社債ですから、基本はデットファイナンスに分類されますが、転換社債型新株予約権付社債は特定の条件下で株式に変換することができるため、変換後はエクイティファイナンスに分類されます。

企業はこれにより資金を調達し、投資家は企業が成功すれば株式としての価値増加の恩恵を受けることができます。

これは、デットファイナンス(負債による資金調達)エクイティファイナンス(株式による資金調達)の特徴を組み合わせた方法とも言えます。

エクイティファイナンスのメリット

エクイティ メリット

エクイティファイナンスは、 株式を活用して資金を調達する方法のこと を言います。

株式を活用して資金を調達することには、以下のようなメリットがあります。

エクイティファイナンスのメリット
  • 返済義務がない
  • 自己資本にできる
  • 赤字でも資金調達できる可能性も

メリット① 返済義務がない

エクイティファイナンスでは、 企業は株式を売却して資金を得ます

これはローンや債券のような借金とは異なり、 特定の返済スケジュールや利息負担が伴わないため、資金調達による負担が軽減されます

つまり、企業は借金返済のためのキャッシュフローを気にする必要がなく、資金を事業運営や成長に集中することができます。

メリット② 自己資本にできる

エクイティファイナンスによって調達された資金は、自己資本と見なされます。

これは企業の財務状態を強化し、企業の信用力を向上させる可能性があります。

自己資本が増えると、企業の資本構造が改善し、将来的にさらなる資金調達を容易にするとともに、債務負担が高まるリスクも軽減されます

メリット③ 赤字でも資金調達できる可能性も

エクイティファイナンスは、 企業の損益の状況に関係なく資金を調達することが可能 です。

投資家は企業の長期的な成長ポテンシャルやビジネスモデル、経営陣の能力などを評価し、それらが有望であれば赤字の企業にも投資することがあります。

エクイティファイナンスのデメリット

エクイティ デメリット
エクイティファイナンスによる資金調達は、企業にとって様々な利点をもたらしますが、一方で次のようなデメリットも考慮する必要があります。

エクイティファイナンスのデメリット
  • 所有権の希薄化
  • 利益分配の義務
  • 株主とのコミュニケーション
  • 公開の義務(アカウンタビリティの履行)

新しい株式を発行することで、既存の株主の所有割合が希薄化します

また、配当や企業の売却益の分配も増えた株主数で分割されるため、既存株主の受け取る部分が減る可能性があります

配当は必ず払わなければならないものではないものの、配当を期待して投資をする投資家も少なくありません。

配当の支払いは、企業のキャッシュフローに影響を与え、再投資や成長戦略の資金調達を制約する可能性があります

加えて、新たな株主が加わることで、定期的な報告、株主総会の開催、株主の問い合わせへの対応など、企業にとって追加的な労力とコストが発生するので注意が必要です。

株式を発行して公開企業となった場合には、企業の財務情報、業績予測、企業の経営に関する重要な決定などを公開する義務が生じます。

エクイティファイナンスで資金調達する流れ・手順

エクイティ 流れ
エクイティファイナンスでは、株式を活用することで様々に資金を調達することができます。

それぞれの手順については、金融商品取引法会社法上の規定に則って行われる必要があります。

エクイティファイナンスの種類別増資方法

ここからは、エクイティファイナンスの代表的な方法である公募増資第三者割当増資株主割当増資の手順についてそれぞれ解説していきます。

STEP1
・株主総会や取締役会で決議

公募増資は、株主総会や取締役会での承認が必要です。


STEP2
・新株発行事項の通知(公告)

新株の発行について、公告で詳細を通知します。


STEP3
株式申込証(新株引受権証書)の受付

新株への申し込みを受け付けます。


STEP4
引受申し込みを募る

投資家からの新株引受申し込みを募ります。


STEP5
投資家が資本金の払い込み

新株の申し込み者が資本金を払い込みます。


STEP6
必要書類の作成や登記申請

増資に伴う書類を作成し、登記を申請します。

STEP1
株主総会や取締役会で募集事項を決議

募集事項を決議を行います。


STEP2
募集事項の通知

募集事項の通知を行います。


STEP3
引受申込みを募る

引受申込みを募ります。


STEP4
投資家に新株を割り当て

持株比率に応じて新株の割り当てを行います。


STEP5
投資家が資本金の払い込み

株主が資本金の払い込みを行います。


STEP6
必要書類の作成や登記申請

必要書類の作成や登記申請を行います。

STEP1
募集事項や株式割当に関する決議

株主総会や取締役会で募集事項を決議します。


STEP2
募集事項の通知

募集事項の通知を行います。


STEP3
引受申込みを募る

第三者から新株引受申し込みを募ります。


STEP4
持株比率に応じて新株の割り当て

第三者への新株割当を行います。


STEP5
株主が資本金の払い込み

新株の申し込み者が資本金を払い込みます。


STEP6
必要書類の作成や登記申請

増資に伴う書類を作成し、登記を申請します。

エクイティファイナンスで資金調達する注意点

エクイティ 注意点
エクイティファイナンスとは、 企業が新たな株式を発行し、それを投資家に売却して資金を調達する方法 を指します。

これにより、企業はその成長や拡大を支えるために必要な資金を得ることができます。

しかし、エクイティファイナンスには以下のような注意点があります

エクイティファイナンスの注意点
  • 所有権の希薄化
  • 利益の分配
  • 投資家との関係
  • 株価への影響
  • 公開情報

所有権の希薄化とは、 新しい株式を発行すると、元の株主の所有権が希薄化することを指す言葉 です。

所有権が希薄化すれば、各株主が所有する企業のパーセンテージが減少することを意味します。

これにより、元の株主の投票権や将来の配当への権利が減少するので注意しなければなりません。

株式を所有する投資家とは、配当という形で利益を共有しなければなりません。

さらに、エクイティファイナンスを通じて資金を調達すると、新しい投資家との関係管理が必要になります。

これは、投資家の期待を満たし、定期的な報告やコミュニケーションを行うという負担を意味するので注意してください。

エクイティに関するよくある質問

エクイティ よくある質問

エクイティという言葉に関連した言葉は様々な場面において使われています。

ここでは、以下のような、エクイティという言葉に関してよくある質問について解説していきます。

エクイティに関するよくある質問
  • DE&I(ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン)とは何ですか?
  • ブランド・エクイティとは何ですか?
  • エクイティ投資とは何ですか?

Q:DE&I(ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン)とは何ですか?

ダイバーシティ(Diversity)、エクイティ(Equity)、インクルージョン(Inclusion)とは、組織がその中に存在する様々な人々の違いを認識し、敬意を持ってそれを包含し、それらの違いを利用して成功を達成するためのアプローチを指す3つの主要なコンセプトのことを言います。

DE&Iの3つのコンセプト
  • ダイバーシティ(Diversity)
  • エクイティ(Equity)
  • インクルージョン(Inclusion)

ダイバーシティ」は人々の違いを認識すること、「エクイティ」は公平性を追求すること、「インクルージョン」はすべての声を尊重し、全員が参加できる環境を作ることを指します。これらの組み合わせは、より多様な視点とアイデアを生み、効果的な取り組みを可能にします。

Q:ブランド・エクイティとは何ですか?

ブランド・エクイティとは、 顧客がそのブランドに対して持っている認識、経験、信頼性、関連性、その他の要素によって生じるブランドの価値のこと を指します。

ブランド・エクイティは主に次の3つの要素で構成されます

ブランド・エクイティの構成要素
  • ブランド認知度
  • ブランドの好感度
  • ブランド関連性

高いブランド・エクイティは、製品やサービスの高価格設定、競争優位性の強化、顧客満足度の向上につながる可能性があります。

Q:エクイティ投資とは何ですか?

エクイティ投資とは、 企業の株式、つまり企業の所有権の一部を購入する形の投資 を指します。

エクイティ投資を行う投資家は、企業の成長と成功に直接的に関与し、その結果として得られる利益を共有する機会があります。

エクイティ投資には次のような利点があります。

エクイティ投資の利点
  • インカムゲインの獲得
  • キャピタルゲインの獲得
  • 議決権の行使

エクイティ投資をすることで、配当を受けたり、株式の売却益を得られます。

さらに、エクイティ投資をして、株式を所有することで企業の所有権の一部と投票権を獲得し、企業の意思決定に影響を与えることが可能になります。

エクイティのまとめ

エクイティ まとめ
エクイティとは、株式のことを言い、 株式会社はエクイティを活用して資金を調達することができます

エクイティを活用して資金を調達するエクイティファイナンスでは、 会社の所有権である株式を投資家に売却して資金を調達します

ただし、株式を売却することは、会社の所有権を売却していることになるので、あまりに多く株式を発行する(売却する)と、会社の所有権を奪われる可能性があるので注意してください。

エクイティファイナンスは、誰に株式を売却するかによって名前が変わります。

新しく株式を発行して一般投資家に引き受けてもらう場合を公募増資、既存の株主に引き受けてもらう場合を株主割当増資、特定の第三者に引き受けてもらう場合を第三者割当増資と言います。

それぞれの方法によって、必要となる手続きが異なるので、適切に対応することが大切 です。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • l***b様が
    300万円を調達しました。

  • a****k様が
    1100万円を調達しました。

  • q***e様が
    400万円を調達しました。

  • r******w様が
    900万円を調達しました。

  • v******v様が
    400万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング