ファクタリングは投資や資産運用目的で利用できる?銀行融資が利用できない理由とメリット・デメリット

運営事務局
運営事務局
更新日2023/5/24
PR


ファクタリングは投資や資産運用目的でも利用できる?

銀行融資で投資や資産運用を行うことは可能?

銀行融資とファクタリングのメリットとデメリットが知りたい!

この記事では、上記のような疑問を具体的に解説します。

ファクタリングは、投資や資産運用目的でも利用可能 な、利便性の高いサービスです。

また、銀行融資は投資や資産運用目的で融資してくれない場合が多く、資金使途に制限があります。

ファクタリングを投資や資産運用目的で利用する際のメリットや注意点を解説するので、ぜひ参考にしてください。

事前に具体的な内容を知っておくことで、自分に合った条件のファクタリング業者が探しやすくなります。

ファクタリングの投資をざっくり言うと・・・
  • ファクタリングは投資や資産運用の資金調達にも利用可能。
  • 銀行融資は資金使途に制限があり、投資や資産運用目的で融資してくれない場合が多い。
  • ファクタリングは銀行融資と比べて手数料が高い。
  • ファクタリング会社を選ぶ際は、信頼性・手数料の安さが重要。

ファクタリングとは


ファクタリングとは、会社が保有する売掛債権をファクタリング業者に買い取ってもらうサービス のことです。

ファクタリングを利用することにより、売掛債権の回収日よりもはやく現金化することが可能になるため、短期間での資金調達が必要な場面で活躍します。

MEMO
売掛債権から取引手数料を引いた金額が支払われます。

ファクタリングは 売掛債権があればスピーディーに現金化することができ、さらに借入ではないため信用情報への影響もありません。

このように、ファクタリングは会社が保有する売掛債権をファクタリング業者に買い取ってもらうことにより、資金繰りの改善に繋がる便利なサービスです。

ファクタリングは投資・資産運用の資金調達でも利用できる!


ファクタリングで資金調達した資金は自由度が高く、投資や資産運用の資金に利用することが可能 です。

銀行融資では、資金使途が限定されている場合が多いですが、ファクタリングでは資金使途が限定されていません。

そのため、 売掛債権の設定されている支払期日をファクタリングを利用して短期化し、投資や資産運用を行うことで、より無駄なくお金に働いてもらうことも可能。

MEMO
投資や資産運用は、長期的に運用するほど収益のブレをおさえ、さらに複利の効果に期待できます。

このように、ファクタリングで売掛債権を現金化した場合は資金使途が限定されていないため、企業の判断で自由に投資や資産運用などに活用が可能です。

ファクタリングを投資・資産運用の目的で利用するメリット


ファクタリングを投資・資産運用の目的で利用するメリットは、主に以下の4つ です。

  • 資金調達までの期間が早い。
  • 銀行融資と比べて審査が甘い。
  • 借入ではないので返済義務なし。
  • バランスシートに影響しない。

以下では、メリットについてそれぞれ詳しく解説するのでぜひ参考にしてください。。

ファクタリングの利用を検討している方はメリットを詳しく知ることで、より利便性の高さを確認することができ、利用を検討する際の判断材料となります。

【最短即日】資金調達までの期間が早い!

ファクタリングは、資金化までの流れが早いことが特徴で、最短即日に資金調達することも可能 です。

銀行から融資をうける場合、一般的に新規申し込みで審査に約1ヶ月ほど時間がかかります。

さらに不動産を担保に入れたり保証協会の保証をつける場合は、さらに時間がかかる可能性も。

そのため、 最短即日に資金調達が可能なファクタリングは、短期間での資金化が可能なため、投資に向いています。

銀行融資と比べて審査が甘い

ファクタリングは、銀行融資と比べて審査が甘いため、銀行融資を断られている企業でも利用できる場合があります。

銀行融資の場合は、融資を希望している企業の決算書の内容を重視して審査を行うため、赤字経営だと融資が受けられない可能性が高いです。

しかし、 ファクタリングの場合は、売掛先企業の業績が良く、売掛債権の回収に問題がなければ利用できる ことが多いです。

借入ではないので返済義務なし

ファクタリングは借入とは異なり、売掛債権を現金化するサービスなので、返済義務がありません。

売掛債権を利用して負債を作らずに資金を増やすことが可能 なため、「資金調達をしたいけど借入を行うことに抵抗がある…。」という方にもおすすめです。

ファクタリングを利用することは、借入ではなく売掛債権を現金化することなので、返済義務がないため安心して利用できます。

バランスシートに影響しない

ファクタリングでの資金調達は負債にならないため、バランスシートに影響しません。

ファクタリングは銀行融資とは異なり売掛金の売買なので、今後金融機関での融資を検討している方も安心して利用できます。

現金化することで手元の資金が増えるため、金融機関などの審査に通りやすくなる など良い影響を与えることが可能です。

銀行融資は投資・資産運用目的で融資してくれない


銀行融資は、資金使途に厳しく、投資や資産運用目的で融資をしてくれない場合が多いです。

また、企業の運転資金目的で銀行融資を受けたのに、投資や資産運用に使用した場合、契約違反となりその後の取引に支障をきたす場合もあります。

融資を受けて投資や資産運用を考えている方は、ぜひ参考にしてください。。

事前に銀行融資と投資・資産運用について具体的に確認しておくことで、銀行融資とファクタリングのどちらが自分に適しているのかわかります。

銀行融資は資金使途に制限がある

銀行融資は、申請した資金使途以外に利用することを禁止されています。

そのため、企業の運転資金の目的で融資を受けた場合、それ以外に利用することはできません。

また、投資目的として申請した場合、企業の財務状況によっては無理のない投資かどうか審査されるため、融資不可になる場合もあります。

資金使途違反するとその後の取引に支障をきたす

銀行は資金使途に厳しく、資金使途違反をした場合、以下のような状況になる可能性があります。

  • 資金使途違反後、融資を受けられなくなる。
  • 融資の早期返済を求められる。

銀行融資を受ける場合は、資金使途をしっかりと守り利用してください。

MEMO
融資実行後、銀行は銀行口座の動きを見て、融資金を申し込みの目的通り利用しているか確認する「資金トレース」を行います。

投資・資産運用の資金調達でファクタリングを利用するデメリット・注意点

投資・資産運用の資金調達でファクタリングを利用する際の、デメリットや注意点は以下の3点です。

  • 銀行融資の金利と比較すると手数料が高い。
  • リピートすると慢性的な資金不足に陥る可能性がある。
  • 売掛債権以上の金額は調達できない。

デメリットや注意点の詳細を解説するので、ファクタリングを利用する前によく確認してからご活用ください。

デメリットや注意点をよく理解しておくことで、便利かつ安全にファクタリングを活用でき、企業の資金繰りが改善されます。

銀行融資の金利と比較すると手数料が高い

ファクタリングは、銀行融資の金利と比較すると手数料が高いです。

契約先や売却する売掛債権により異なりますが、 手数料はおおよそ以下の通り です。

銀行借入 1%~3%
2社間ファクタリング 8%~18%
3社間ファクタリング 2%~9%

このように、銀行借入の金利と比べると、ファクタリングの手数料は高いため、長期的な利用だと資金繰りが悪化してしまう可能性があります。

リピートすると慢性的な資金不足に陥る可能性

ファクタリングは売掛債権を前倒しで資金化するため、リピートすると慢性的な資金不足に陥る可能性があります。

売掛債権の回収日に資金繰りが悪くなってしまうと、ファクタリングを利用し続けなければいけない状況になります。

ファクタリングの利用は、企業の経営状況に応じてよく考えて利用しなければ、資金繰りを圧迫し慢性的な資金不足に繋がります。

売掛債権以上の金額は調達できない

ファクタリングは、売掛債権以上の金額は調達できません。

売掛債権から一定の手数料を差し引いた金額 のみ、資金調達ができます。

資金調達できる金額は、売掛債権の範囲内 であることを認識しておいてください。

売掛債権以上の金額の資金調達が行いたい場合は、ファクタリング以外の資金調達方法を検討してください。

ファクタリング会社の選び方


ファクタリング会社の選び方について解説します。

いざファクタリングを利用しようと決めても、ファクタリング会社は多く、迷う場合が多いです。

そこで、ファクタリング会社を選ぶ際に以下の4つを意識していただきたいです。

  • 信頼性があるかどうかで選ぶ。
  • なるべく安い手数料の業者を選ぶ。
  • 申込から入金までの手間やスピードで選ぶ。
  • ファクタリングの契約形態で選ぶ。

これら4つのポイントについて知っておくことで、 ファクタリング会社を選ぶ際の判断基準となりスムーズに利用することが可能 です。

信頼性があるかどうかで選ぶ

ファクタリングを選ぶ際、 信頼性がある会社を選ぶことはとても重要 です。

信頼性があるかどうか、以下の内容を確認してください。

なお、賃金業登録の有無は、金融庁webサイト登録貸金業者情報検索サービス : 金融庁 から検索可能です。

違法な金融業者と契約しないよう、事前に信頼性があるかどうかしっかりと確認してください。

なるべく安い手数料の業者を選ぶ

信頼性があるファクタリング業者と確認した上で、 なるべく安い手数料の業者を選びます。

MEMO
ファクタリングの手数料は、売掛債権の回収可能性が高いかどうかで決定されるため、売掛債権の信頼性により異なる。

複数のファクタリング業者に見積を出し、手数料を比較することをおすすめします。

ファクタリングを利用する際は、 手数料率を比較してなるべく安い手数料の業者 を選んでください。

申込から入金までの手間やスピードで選ぶ

短期間での資金化が可能なファクタリングですが、 業者によって申込から入金までの手間やスピードが異なります。

手続き方法がオンラインで完結する業者の場合、 見積依頼・契約・入金までが1日で完結する 業者もあります。

ファクタリング業者によって申込から入金までの手間やスピードが異なるため、自分に合った内容の業者と契約してください。

ファクタリングの契約形態で選ぶ

ファクタリングには、 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの契約形態があります。

契約詳細 デメリット
2社間ファクタリング ファクタリング会社と利用企業の2者間で契約。 3社間ファクタリングよりも手数料が高い。
3社間ファクタリング 売掛債権の譲渡後、ファクタリング会社が売掛先企業へ債権譲渡の通知を行う。
売掛先企業がファクタリング会社へ直接入金。
取引先に債権譲渡が知られるため、関係に影響が出る可能性がある。

また、 リコースとノンリコースの契約形態 があります。

  • リコース:売掛金が回収できないリスクを利用企業が負う。
  • ノンリコース:売掛金が回収できないリスクをファクタリング会社が負う。
  • リストアイテム

2社間か3社間、リコースかノンリコースか、自分に合った契約形態で契約してください。

MEMO
ノンリコースは未回収時のリスクが0になる分、手数料が高く設定されている。

ファクタリング 投資のまとめ


ファクタリングは投資や資産運用目的でも利用可能な、利便性の高いサービス です。

スピーディーで審査も甘く、バランスシートに影響しないため、メリットも多いですが、手数料が銀行融資よりも高いため、計画を立てて利用してください。

また、リピートすると慢性的な資金不足に陥る可能性があります。

ファクタリングで投資を行う場合は、メリットとデメリットを理解したうえで利用することで、便利かつ早く投資を始めることが可能です。

ファクタリングを利用して 回収日を短期化し、投資や資産運用を行うことで、より無駄なくお金に働いてもらうことが可能 になります。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • f**u様が
    1000万円を調達しました。

  • l***b様が
    300万円を調達しました。

  • a****k様が
    1100万円を調達しました。

  • q***e様が
    400万円を調達しました。

  • r******w様が
    900万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング