楽天スーパービジネスローンとは?審査基準や金利とメリット・デメリット、他社ビジネスローンと比較

運営事務局
運営事務局
更新日2023/1/19

楽天 ビジネス ローン アイキャッチ

楽天スーパービジネスローンとは?

楽天スーパービジネスローンの金利は高い?

楽天スーパービジネスローンとPayPay銀行のビジネスローンの違いを知りたい!

楽天スーパービジネスローンとは、楽天が提供しているビジネス向けのローンです。

楽天スーパービジネスローンと他社ビジネスローンとの大きな違いは、楽天市場に出店している法人・個人事業主に向けた金融商品ということ。

楽天スーパービジネスローンには5種類ものローンが用意されているので、それぞれの基本情報や特徴について紹介します。

今回の記事では、楽天スーパービジネスローンの種類、審査基準や金利とメリット・デメリットについて解説します。

他社のビジネスローンとも比較するので、自分に合ったビジネスローンを探している人は参考にしてくださいね。

楽天スーパービジネスローンをざっくり言うと・・・
  • 楽天スーパービジネスローンは 申し込み対象者や貸付金額、金利が異なるプランが5つのローンが用意されている
  • 楽天のビジネスローンは 資金の使い道が自由であり、オンライン完結、担保が不要なのが魅力的
  • 一方で、楽天グループへの加盟が必須で上限金利も15%と高めに設定されているのが不便なポイント
  • 楽天スーパービジネスローンは 楽天市場に出店していて、ビジネスローンを利用したいと考えている方 におすすめのサービス
  • 楽天市場に出店していないし、今後もする予定がない」という方には福岡銀行のビジネスローンである「フィンディ」がおすすめ!
  • フィンディは 福岡銀行の口座がなくても利用でき、金利も2〜14%と一般的なビジネスローンに比べて低めに設定されている
  • 初回申込の際は確定申告書や決算書の用意が不要であり、事業の許認可証を所定のページにアップロードするだけでOK!
  • 余計なサービスに申し込みをしたくない、銀行に行く時間や書類を準備するだけの余裕がない方におすすめのビジネスローンです

福岡銀行ビジネスローン_フィンディ福岡銀行フィンディの申し込みはこちらから!

楽天スーパービジネスローンは5種ある

楽天スーパービジネスローン公式サイト
楽天スーパービジネスローンは、下記の5種類のローンが用意されています。

楽天スーパービジネスローンの種類
  • 楽天スーパービジネスローンエクスプレス
  • 楽天ペイ加盟店様向け楽天スーパービジネスローン
  • 楽天スーパービジネスローン(楽天トラベル)
  • 楽天スーパービジネスローン(楽天カード)
  • 楽天ビジネスカード保有の法人向け楽天スーパービジネスローン

名前が似ているので同じローンに思われがちですが、申し込み対象者や金利、契約額などが異なります。

それぞれの基本情報について説明していきます。

楽天スーパービジネスローンエクスプレス

楽天スーパービジネスローンエクスプレス公式サイト

項目 詳細
申し込み対象者 楽天市場に出店されている店舗を有する法人・個人事業主
契約額 50~1,500万円
担保 不要
※法人のみ代表者の連帯保証人が必要な場合がある
融資利率 3.0%~14.5%
必要書類 法人:代表者本人の確認書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)
個人事業主:代表者本人の確認書類、確定申告書2期分

楽天スーパービジネスローンエクスプレスは、楽天に出店している法人または個人向けのビジネスローンです。

支払いは売上充当方式なので口座振替の手続きは不要で、利用可能額の限度内であれば何度でも借入できる便利なローンです。

担保も
不要で、MAXで1,500万円まで融資が可能となります。

また決算書や担保は不要ということもあり、審査も簡潔に行われるため3~4日程度で審査結果がわかります。

MEMO
楽天に出店しており、スピード重視している人におすすめしたいのが楽天スーパービジネスローンエクスプレスです。

楽天ペイ加盟店様向け楽天スーパービジネスローン

項目 詳細
申し込み対象者 楽天ペイ加盟店
契約額 50~3,000万円
担保 不要
融資利率 3.0%~15.0%
必要書類 法人:代表者本人の確認書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)
個人事業主:代表者本人の確認書類、確定申告書2期分

楽天ペイの加盟店だけが利用できるのが、楽天ペイ加盟店向け楽天スーパービジネスローンです。

楽天ペイ加盟店向けのスーパービジネスローンは、最短で翌日に融資が可能なので、スピーディーに借入できます。

資金用途は自由なため、急にお金が必要になった時に利用したいローンです。

MEMO
利率は0.3~15.0%で審査時に決定するものの、信用情報に傷がなければ低い利率で融資を受けることができます。

楽天スーパービジネスローン(楽天トラベル)

項目 詳細
申し込み対象者 楽天トラベルの加盟店
契約額 50~1,000万円
担保 不要
融資利率 3.0%~15.0%
必要書類 法人:代表者本人の確認書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)
個人事業主:代表者本人の確認書類、確定申告書2期分

こちらは楽天トラベルの加盟店向けの楽天スーパービジネスローンです。

楽天トラベルに参画している宿泊施設のみが申し込み対象者となり、施設の客室リニューアルや改装、設備投資を目的としたローンになります。

2017年の11月1日より開始した楽天スーパービジネスローンで、宿泊施設の需要が高まっていたことから提供されるようになりました。

施設内のリニューアルや改装などはまとまった資金が必要となるため、楽天トラベルに加盟している宿泊施設にとってはありがたいサービスと言えます。

楽天スーパービジネスローン(楽天カード)

項目 詳細
申し込み対象者 楽天カードの加盟店
契約額 50~1,000万円
担保 不要
融資利率 3.0%~15.0%
必要書類 法人:代表者本人の確認書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)
個人事業主:代表者本人の確認書類、確定申告書2期分

楽天カード加盟店に加入している法人・個人事業主向けの楽天スーパービジネスローンです。

こちらも使用用途は自由で、利用可能額の限度額内であれば何度でも借入が可能です。

楽天カードの楽天スーパービジネスローンは、 運営に必要な資金調達としては最適なビジネスローンです。

MEMO
人件費や仕入れ資金などに利用できるので、資金繰りに困った際に利用すべきと言えます。

楽天ビジネスカード保有の法人向け楽天スーパービジネスローン

項目 詳細
申し込み対象者 楽天ビジネスカードを保有している法人
契約額 50~1,000万円
担保 不要
融資利率 3.0%~15.0%
必要書類 法人:代表者本人の確認書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)
個人事業主:代表者本人の確認書類、確定申告書2期分

楽天ビジネスカードの保有、そして法人であれば利用できる楽天スーパービジネスローンです。

楽天ビジネスカードは経費を清算するにあたって利便性が良く、ローンを組んで資金調達もできるので一石二鳥と言えます。

カードを利用することで楽天ポイントが貯まっていくので、 ポイント重視の人はカードを作成してからローンを組むことをおすすめします。

貯まったポイントで買い物したり福利厚生に利用したりと幅広く使用できます。

楽天スーパービジネスローンのメリット

楽天 ビジネス ローン メリット
楽天スーパービジネスローンを利用するメリットについて紹介します。

楽天スーパービジネスローンのメリット
  • 資金の使い道は自由!
  • オンライン完結で手続きできる
  • 担保不要!
  • 繰り返し借入することができる
  • 支払いは売上充当方式になっている

資金の使い道は自由!

楽天スーパービジネスローンは、 基本的に資金の使い道は自由とされています。

ビジネスローンの中には資金使途が限られていることもあり、自由に使えなくて不便を感じることがあります。

しかし、楽天スーパービジネスローンであれば事業拡大のために、設備費や人件費、改装などさまざまなシーンで利用が可能です。

資金繰りに困っている人でもローンを組むことで精神的ストレスが軽減され、事業を営むことができます。

オンライン完結で手続きできる

楽天スーパービジネスローンではオンライン完結なので、店頭に足を運ぶ必要はありません。

24時間いつでも楽天の公式サイトから申し込みができるので、 時間がない人や地方の人でも手軽に申請が可能。

最初に事業形態「法人」「個人事業主」のどちらかを選択し、基本情報と借入申込書の欄を埋めていきます。

最後に同意条項に同意して、入力内容を確認するボタンをクリックすれば申請できます。

MEMO
楽天スーパービジネスローンでは必要な書類は、法人の場合は「代表者本人の確認書類」「登記事項証明書(商業登記簿謄本)」、個人事業主の場合は「代表者本人の確認書類」「確定申告書原則2期分」となっております。

担保不要!

担保は不要なので審査や手続きがスピーディーで、早く融資を受けることができます。

有担保ローンの場合、申込者や保証人などの担保も審査対象となるため審査時間が長くなる傾向があります。

そのため無担保の楽天スーパービジネスローンは審査が早い点が特徴的で、 急遽お金が必要になった時に助けとなるビジネスローンです。

ただし、法人のみ代表者の連帯保証人が必要な場合があるため注意してください

繰り返し借入することができる

楽天スーパービジネスローンの大きなメリットとして、繰り返し借入できる点を挙げることができます。

利用可能額内であればお金を借りれるので、いざという時に借入をして資金の足しにできます。

MEMO
資金繰りに困った時に他のローンに申し込む必要もなく、返済に困るという心配はありません。

支払いは売上充当方式になっている

「楽天スーパービジネスローンエクスプレス」の場合、 支払いは売上充当方式なので、返済がスムーズに行われます。

売上充当方式とは
楽天市場で発生した売上金から直接支払いができるシステムのこと。

楽天スーパービジネスローンエクスプレスの公式サイトには下記のように記載されています。

楽天市場での売上のうち、R-Card Plus・楽天ペイ(楽天市場決済)での売上を原資として、「楽天スーパービジネスローン エクスプレス」のお支払いに自動で充当されます。
※充当対象は楽天カード利用分のみとなります。その他のカード利用分については、充当対象外です。

引用:楽天スーパービジネスローンエクスプレス|楽天カード

楽天スーパービジネスローンエクスプレス以外の「楽天スーパービジネスローン」の場合は口座振替となり支払い方法が異なります。

楽天スーパービジネスローンのデメリット

楽天 ビジネス ローン デメリット
続いて楽天スーパービジネスローンのデメリットについて紹介します。

楽天スーパービジネスローンのデメリット
  • 一般的なビジネスローンと比べて契約期間が3年と短め
  • 上限金利は若干高め
  • 楽天グループに加盟していないと利用できない
  • 再審査の結果によっては利用できなくなる可能性も

楽天スーパービジネスローンは審査が早く、資金使途も自由ではあるもののデメリットもあります。

利用する前にデメリットも把握した上で申し込みをしてくださいね。

一般的なビジネスローンと比べて契約期間が3年と短め

一般的なビジネスローンの契約期間が平均5~10年に対して、楽天スーパービジネスローンの契約期間は3~5年間です。

「楽天スーパービジネスローンエクスプレス」になると支払い期間は3年なので、他社のビジネスローンと比較してもかなり短めに設定されています。

一時的な資金繰りとして利用するには楽天スーパービジネスローンが最適ですが、長期的に利用したい人向けとは言えません。

そのため、 長期的にビジネスローンを組みたい人は、契約期間が長いビジネスローンを選んでおくと安心です。

上限金利は若干高め

上限金利が高めに設定されていることもデメリットの一つと言えます。

楽天スーパービジネスローンは基本的に0.3〜15%、楽天スーパービジネスローンエクスプレスの場合のみ3.0%〜14.5%という設定です。

審査時に融資利率が決定するため、申し込み前にいくら金利が発生するのか把握できません。

下限の3.0%であれば他社と比べても低いものの、15%の金利が発生するとなると返済額が大きく異なります。

MEMO
15%の金利が発生する可能性があることを理解した上で、申請の検討をしてください。

楽天グループに加盟していないと利用できない

楽天スーパービジネスローンは誰でも利用できるわけではなく、楽天グループに加盟してないと利用できません。

楽天スーパービジネスローンのサイトでは以下のように記載されています。

楽天市場にご出店されている事業者様(法人、個人事業主)向け専用ローンです。お申し込みの際に一般的に発生する審査やご契約時に必要な書類を可能な限り簡略化し、また、お支払いに関しても楽天市場での売上の一部から差し引かせていただくことにより、ご出店事業者様の利便性を考慮している点が特徴です。楽天市場で販売される商品の仕入資金など出店事業者様の事業拡大に機動的にご活用ください。

引用:楽天スーパービジネスローンエクスプレス|楽天カード

MEMO
楽天市場に出店していることが大前提ではありますが、楽天グループに加盟さえしていれば、どんな事業でも申し込み対象となります。

再審査の結果によっては利用できなくなる可能性も

契約後でも再審査を定期的に行っているため、利用者の利用状況によって契約額が利用できなくなる恐れがあります。

当社では、ご契約後も定期的に再審査を行っており、その結果、お客様のご利用状況によりご契約額の一部またはすべてのご契約額がご利用できなくなる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※お申し込みの日付から実際のご融資日までの期間は、審査手続きの混雑状況等により異なります。
※お振込み先口座情報の不一致等の事情により、ご希望の期日でのお振込みが出来ない場合がございます。
※楽天グループとのお取引におけるお支払いの遅延等が発生している場合には、審査結果ご通知後においても融資を行えない場合があります。ご希望の期日でのお振込みが出来なかった場合の損害等の発生の責任は負いかねます。

引用:楽天スーパービジネスローンエクスプレス|楽天カード

もし無事に審査が通過し利用できたとしても、状況によって後から借入ができなくなる、または一部の借入額が減る可能性があるということが記載されています。

MEMO
利用可能額内であれば繰り返し借入できる仕組みですが、再審査によって利用不可となるので注意してください。

楽天スーパービジネスローンとアイフルビジネスファイナンス、PayPay銀行と比較

楽天 ビジネス ローン アイフルビジネスファイナンス PayPay銀行 比較

サービス名 融資対象 利用限度額 審査時間 金利 担保 保証人 必要書類
楽天スーパービジネスローン 法人・個人事業主 ・50~1,000万円
・50~1,500万円
・50~3,000万円

※ローンの種類で異なる

最短翌日

※ローンの種類で異なる

3.0~15.0%

※楽天スーパービジネスローンエクスプレスのみ0.3~14.5%

不要 原則不要

※法人のみ代表者の連帯保証人が必要な場合がある

法人:代表者本人の確認書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)
個人事業主:代表者本人の確認書類、確定申告書2期分
アイフルビジネスファイナンス 法人・個人事業主 50~1,000万円 最短即日 3.1~18.0% 不要 原則不要

※法人の場合は原則代表者が連帯保証人となる

法人:代表者本人の確認書類、決算書
個人事業主:本人の確認書類、当社所定の事業内容確認書

※その他必要に応じた書類

PayPay銀行 法人・個人事業主 最大500万円 ビジネスアカウントを持っている人は、最短で翌営業日
※ビジネスアカウントを持っていない人は最短5営業日
1.8~13.8% 不要 原則、代表者の連帯保証は必要 ・事業実態の確認できる資料
・所得証明資料
・永住権または、特別永住権を確認できる資料
・古物商許可証
・直近2年分の決算書(法人の場合)

楽天スーパービジネスローンに比べると、アイフルビジネスファイナンスとPayPay銀行は利用限度額と審査期間、金利が大きく異なります。

楽天スーパービジネスローンが一番利用限度額の自由度が高く、PayPay銀行のビジネスローンは利用限度額が500万円と少ない設定です。

また、 審査期間に関してはアイフルビジネスファイナンスが一番スピーディーに対応してくれます。

楽天スーパービジネスローンもローンによっては最短翌日に融資できる可能性ありますが、明確な審査期間は記載されていないため、数日見ておくと良いです。

PayPay銀行ではビジネスアカウントを持っている人のみ最短で翌営業日、ビジネスアカウントを持っていない人は最短5営業日と少し時間がかかります。

金利はアイフルビジネスファイナンスが高くなっているので、少しでも負担を減らしたい人は楽天スーパービジネスローンかPayPay銀行にするべきと言えます。

MEMO
それぞれにメリットとデメリットがあるので、よく確認した上で申し込みをしてください。

楽天スーパービジネスローンがおすすめできる人

楽天 ビジネス ローン おすすめできる人
楽天スーパービジネスローンがおすすめできる人は下記の通りです。

楽天スーパービジネスローンがおすすめできる人
  • 楽天グループに加盟している
  • まとまったお金を借りたい
  • オンラインだけで完結したい
  • 自由に資金を使いたい
  • 短期的に利用したい

楽天市場に出店しており、ビジネスローンを考えている人は楽天スーパービジネスローンを検討する
ことをおすすめします。

ローンの種類によりますが 限度額も大きいのでまとまった資金が必要な人や、事業をさらに大きくしたい時に最適なビジネスローンです。

返済は必須ですが事業の成長や、資金繰りの改善にもつながります。

またオンラインだけで完結できる上に必要書類が少なく、 24時間いつでも申し込み可能 なので多忙な人でも隙間時間に気軽に申請できます。

MEMO
上限の金利が高く、契約期間が3年間ということもあり長期的な利用には向いてませんが、短期的に借りたい人にとってはメリットばかりと言えます。

楽天スーパービジネスローンと楽天銀行ビジネスローンの違い

楽天スーパービジネスローンと楽天銀行ビジネスローンは名前が似ているため、同じ金融商品と勘違いされることが多いですが、全くの別物のローンなので注意してください。

楽天銀行ビジネスローンは2016年よりサービスを開始したローンで、楽天の普通預金口座を持っている人が対象です。

利用限度額なども違ってくるので、楽天スーパービジネスローンと楽天銀行ビジネスローンの違いを比較していきます。

サービス名 利用対象者 利用限度額 金利 担保 連帯保証人 申し込み方法 資金用途
楽天スーパービジネスローン 楽天グループに加盟している人 ・50~1,000万円
・50~1,500万円
・50~3,000万円

※ローンの種類で異なる

3.0~15.0%

※楽天スーパービジネスローンエクスプレスのみ0.3~14.5%

不要 原則不要

※法人のみ代表者の連帯保証人が必要な場合がある

Web申し込み 自由
楽天銀行ビジネスローン 以下の条件を満たした法人及び個人事業主の方
・楽天銀行の普通預金口座を有している人
・確定した決算書もしくは確定申告書3期分をご提出可能な人
・申込時において税金等の滞納、他金融機関からの借入の延滞がないこと
・他、当行所定の基準を満たす人
100万円~1億円以下 固定・変動金利(当行所定の利率となる) 原則、担保の提供が必要 原則、経営者、もしくは実質的支配者の保証が必要 Web申し込み ・運転資金
・設備資金

楽天銀行ビジネスローンは、楽天スーパービジネスローンと比べて利用限度額が1億円以下と高額な融資を受けることができます。

しかし、担保と連帯保証人が原則必要で、事業の経歴3年以上の赤字決算が否決と審査基準が厳しめです。

一方、楽天スーパービジネスローンは担保不要で利用対象者の基準も厳しくありません。

全く違うサービスなので申し込む時は間違わないようにしてください。

楽天スーパービジネスローンのまとめ

楽天 ビジネス ローン まとめ

楽天 ビジネス ローン
  • 楽天スーパービジネスローンは5種類ある
  • 楽天スーパービジネスローンの対象者は楽天グループに加盟している人のみ
  • 利用可能額はローンの種類によって異なる
  • 資金用途が自由
  • 担保が不要で審査が比較的に早い
  • 申し込みはWeb完結できる
  • 短期的利用に向いている
  • 楽天銀行ビジネスローンとは異なるビジネスローン

楽天スーパービジネスローンは、楽天市場に出店している人向けのローンです。

種類が多いためどれを選ぶべきか悩んでしまうと思いますが、それぞれ申し込み対象者が異なるので、事業に合ったローンを選んでください。

事業に必要なお金であれば使い道は自由なので、新事業をしたい人や、施設をリニューアルしてお客様に快適な環境を提供することもできます。

ビジネスローンはお金を借りるため返済が必要ですが、 計画的にお金を利用することで苦しい資金繰りから抜け出すきっかけになります。

必要書類が少なく、Web完結OKなので事業に関するお金が必要な場合は、ぜひ楽天スーパービジネスローンを利用してみてください。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • l***d様が
    800万円を調達しました。

  • u***b様が
    800万円を調達しました。

  • u*****f様が
    300万円を調達しました。

  • l**n様が
    400万円を調達しました。

  • r******i様が
    900万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング