銀行でお金を借りるメリット・デメリット!個人向け融資や利子と返済の注意点について

運営事務局
運営事務局
更新日2023/12/28
PR

銀行でお金を借りる デメリット アイキャッチ

銀行でお金を借りるのが初めて

どの銀行でお金を借りていいか分からない
銀行でお金を借りる際の注意点を知りたい

この記事では上記の悩みを解決します。

銀行でお金を借りることは消費者金融などよりもメリットが多いですが、審査が厳しいなどのデメリットもあるため、メリットとデメリットをよく理解した上で利用することが重要 です。

また、ローンの種類の違いなども知っておく必要があります。

この記事では銀行でお金を借りたことがない人のために、銀行でお金を借りるデメリットとメリットをご紹介します。

銀行でお金を借りるメリット・デメリットをざっくりいうと...
  • 銀行でお金を借りるデメリットは審査が厳しい、即日融資不可の2つ
  • 銀行でお金を借りるメリットは金利が低く、融資元の信頼性が高い、総量規制の対象外の3つ
  • 銀行でお金を借りるなら目的に応じて選ぶ(家なら住宅ローン、ビジネスならビジネスローンなど)
  • 銀行借入以外の資金調達先は公的機関・消費者金融・信販会社・ファクタリング会社がおすすめ

AGビジネスサポートなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能 です。

創業間もない・赤字続きなどのケースでも前向きに融資を行っている点が魅力なので早急に資金調達したい方におすすめ!

AGビジネスサポート

年利10%以上のビジネスローンは抵抗がある」という方は、手持ちの売掛債権を現金化する ファクタリングもぜひ検討 してください!

資金調達するなら無料の10秒診断がおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

銀行からお金を借りるデメリット

銀行でお金を借りる デメリット 即日融資

銀行からお金を借りることは消費者金融などからお金を借りることと比較して次の2つのデメリットがあります。

銀行でお金を借りるデメリット
  • 審査が厳しい
  • 即日融資不可

銀行融資は消費者金融よりも審査が厳しく、申込日当日にお金を借りることも絶対に不可能です

銀行からお金を借りることの2つのデメリットについて詳しく解説していきます。

銀行からお金を借りるデメリット① 審査が厳しい

銀行からお金を借りることのデメリットの1つめは審査が厳しいという点です。

銀行融資は、消費者金融と比較して金利が低く、保証会社がついています。

保証会社が受け取れる保証料は金利の半分程度ですので、金利14%のカードローンであれば7%程度が保証会社の収入です。

つまり、保証会社は貸し倒れリスク7%以下の人に対してしか融資を行うことができません

一方、消費者金融であれば金利は18%程度で、保証会社はついていません。

つまり、リスク18%以下の人に対してまで融資を行うことができます。

このように、 銀行融資と消費者金融では許容できるリスクが大きく異なるため、銀行融資の方が審査が非常に厳しくなります

銀行からお金を借りるデメリット② 即日融資不可

銀行からは申込日当日にお金を借りる「即日融資」を受けることができません。

銀行は融資の前に、警察庁のデータベースへ照会を行い、「融資をしようとしている人が反社会的勢力の構成員でないかどうか」を検索しなければなりません。

これは公共性の高い銀行が反社会的勢力に融資を行わないように、国が定めたルールです。

この確認には、最短で1日程度の時間がかかります

そのため、 銀行はどんなに審査時間がかからなくても即日融資を行うことはできません

大手消費者金融であれば、最短30分程度で融資を受けることができますが、銀行融資では即日融資を受けられないのはデメリットです。

「どうしても今日お金が必要」という方は、銀行ではなく大手消費者金融へ申し込むようにしてください。

MEMO
銀行融資は即日融資ができない

銀行からお金を借りるメリット

銀行でお金を借りる デメリット メリット

銀行からお金を借りることは、審査が厳しく即日融資ができないなどのデメリットがありますが、次のようなメリットがあることも事実です。

銀行でお金を借りるメリット
  • 金利が低い
  • 信頼性が高い
  • 総量規制の対象外

審査に通過できる属性で、急ぎでお金が必要でないのであれば、銀行融資の方がメリットがあります

銀行融資の3つのメリットについて詳しく解説していきます。

銀行からお金を借りるメリット① 金利が低い

銀行からの借入は金利が低いというメリットがあります。

銀行借入の金利はカードローンの場合、10%〜15%程度です。

一方、消費者金融の場合には15%〜18%程度と、利息制限法で決められている金利ギリギリの設定です。

金利の比較で言えば、銀行借入の方が圧倒的に低いため「少しでも低コストで資金を借りたい」という方にとっては、銀行借入にメリットがあります

金利が低い分、銀行借入の方が審査が厳しいので、最初は銀行で申し込みを行い、審査に通過できなった場合には、銀行へ申し込む方がおすすめです。

銀行からお金を借りるメリット② 信頼できる

銀行のメリットは圧倒的な信頼感です。

「変な会社からお金を借りることは怖い」「万が一闇金からお金を借りてしまったらどうしよう」と不安を感じる人は多いですが、銀行からお金を借りておけば、そのような心配はありません。

闇金からお金を借りて、返済に遅れてしまうと、自宅や職場に督促電話が鳴り止むことなく、脅迫的な督促が行われます

しかし、銀行であれば、普段の対応が丁寧で紳士的であることはもちろんですが、もしも 本人以外にローンの内容を話すこともありません

「安心できる所からお金を借りたい」という方は、銀行からお金を借りることが向いています。

銀行からお金を借りるメリット③ 総量規制の対象外

銀行借入は総量規制の対象外です。

総量規制とは
個人に対して年収の3分の1を超える貸付をしてはならないという、貸金業者に対する規制のこと

貸金業者とは、預金業務を行わずお金を貸し付けることを生業にしている業者のことで、具体的には消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングなどが該当します。

そのため、 消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシングは総額で年収の3分の1までしか借りることはできません

例えば年収300万円の人であれば、トータルで借りることができるのは、その3分の1の100万円までとなります

銀行は貸金業者には該当しないので、総量規制の対象にはなりません。

そのため、理論上は年収の3分の1を超える借入をすることも可能です。

ただし、今やほとんどの銀行が自主規制によって、カードローンやフリーローンなどの使い道自由なローンは年収の3分の1程度までしか融資を行っていません。

銀行が総量規制の対象外だからと言って、 年収と比較して高額な借入ができるわけではないという点には注意してください

銀行融資のメリット・デメリット まとめ

銀行でお金を借りる デメリット 一覧

ここまで銀行融資のデメリットとメリットを解説して来ましたが、ここでデメリットとメリットをまとめてみました。

銀行融資のデメリット 銀行融資のメリット
審査が厳しい
即日融資不可
金利が低い
信頼できる
総量規制の対象外

銀行融資のデメリットとメリットと一言でまとめると「 銀行融資は金利が低いが、審査が厳しく即日融資ができない」と表すことができます

つまり、資金が必要なタイミングまでに時間的な余裕があり、審査に通過できる自信があるのであれば銀行融資の方が向いています。

しかし、急いでお金が必要な場合審査に自信がない場合銀行融資の審査に落ちた場合などは消費者金融の方が向いています。

銀行融資のデメリットとメリットをしっかりと理解して、適切に使い分けるようにしてください。

銀行でお金を借りるなら目的に応じて選ぶ

銀行でお金を借りる デメリット 目的別

銀行でお金を借りるのであれば、目的に応じて適切な商品を選択することが大切です

銀行融資は種類が多く、代表的な融資商品だけでも次のようなものがあります。

銀行が取り扱うローン
  • カードローン
  • フリーローン
  • ビジネスローン
  • 住宅ローン
  • リフォームローン
  • 教育ローン
  • オートローン
  • トラベルローン
  • ブライダルローン
  • 医療費ローン

それぞれの商品の特徴や概要などについて、詳しく解説していきます。

カードローン

対象者 個人
資金使途 自由、限度額の範囲内で繰り返し借入可能
金利 10%〜15%程度
融資速度 最短1日
借入可能額 1万円〜800万円程度

カードローンは使い道が最も自由なローンです。

最初に「〇〇万円まで利用できる」という限度額を設定し、 限度額の範囲内でATMから自由にお金を引き出すことができます

返済は毎月1回の約定返済と、お金に余裕がある時にATMなどから返済を行う随時返済の2種類があり、いつでも随時返済によって自由に返済することが可能です。

使い道も返済も最も自由なのがカードローンの最大の特徴 だと言えます。

フリーローン

対象者 個人
資金使途 自由
金利 5%〜10%程度
融資速度 最短3日程度
借入可能額 10万円〜1,000万円程度

フリーローンもカードローンと同じく、使い道が自由なローンです。

ただし、申込時に申告した使い道にしか使用できず、融資は一括で行われるので、カードローンのように少額を借りて生活費に使用するようなことはできません

自由に使い道を設定できますが、銀行にあらかじめ申告した使い道に対してのみしか使用できないので、銀行にとってはリスクが低く、カードローンよりも金利が低いのが特徴 です。

「家電を買いたい」「欲しいものがあるけど手が出ない」というような場面で、フリーローンを活用するのがおすすめです。

MEMO
フリーローンは使い道自由だが、カードローンのように見積もりの出ない使い道や生活費には使えない

ビジネスローン

対象者 法人・個人事業主
資金使途 事業資金
金利 10%〜14%程度
融資速度 最短1日
借入可能額 1万円〜2,000万円程度

ビジネスローンとは銀行が個人事業主や法人向けに取り扱っている、事業資金に利用できるローンです。

使い道は運転資金にも設備資金にも対応していますが、審査に時間がかからないという点が大きな特徴で、最短で1日程度で借入ができる場合もあります。

通常、銀行が事業者に対して融資をする場合には、信用保証協会の保証付融資やプロパー融資で行うのが基本です。

しかし、ビジネスローンは民間の保証会社の保証をつけて融資を行います。

民間の保証会社は、決算書や確定申告書の内容を精緻に分析して融資を行うようなことはしないので、代表者の個人信用情報に問題さえなければ借入ができるケースがほとんど です。

銀行からプロパー融資や信用保証協会の保証付融資を断られてしまったというケースや、急いでお金が必要という法人や個人事業主や法人の方はビジネスローンの利用を検討することをおすすめします。

住宅ローン

対象者 個人
資金使途 住宅資金のみ
金利 1%〜3%程度
融資速度 最短1週間程度
借入可能額 100万円〜1億円程度

住宅ローンは個人の住宅建築、住宅購入、住宅建築用の土地の購入、他の金融機関から借りている住宅ローンの借り換えだけに使用できるローン です。

購入(建築)した土地と建物が担保になり、厳しい審査が行われるので、金利は1%〜3%程度と非常に低く、ネット銀行などでは1%を切る金利も珍しくありません。

借入期間も35年程度の長期の返済にも対応しています。

また、ほとんどの住宅ローンは借主にもしものことがあった場合に、家族にローンが残らないようにするため、団体信用生命保険に加入することが義務付けられているので、 住宅ローンの借入をすると、住宅ローンの借入残高相当分の生命保険に加入できる点もメリット です。

リフォームローン

対象者 個人
資金使途 住宅のリフォーム資金
金利 2%〜5%程度
融資速度 最短1週間程度
借入可能額 100万円〜3,000万円程度

リフォームローンは住宅のリフォームに必要な資金を融資するローン です。

事前にリフォームの見積もりを提示し、提示した金額の範囲内までしか融資を受けられません

使い道が「住宅関連」に限定されているので、住宅ローン並に金利が低いローンでもあります。

リフォームした住宅を担保に取るローンと、無担保で実行される2つのローンがあり、有担保のローンの方が低金利が適用される傾向にあり、 金融機関によっては1%を切る程度の低金利で融資を受けられる可能性 もあります。

教育ローン

対象者 個人
資金使途 教育資金
金利 1%〜5%程度
融資速度 最短3日程度
借入可能額 10万円〜1,000万円程度

教育ローンは教育資金にしか使用できないローンです。

「子供の教育費を借りたい親」「自分の教育資金を借りたい社会人」が、高校、大学、専門学校、通信教育などの教育資金を借りる目的だけに利用することができます

融資は基本的には授業料などを一括で貸し付ける方法で行われるのが一般的ですが、ローンの中には学生への仕送りに利用するために、カードローンのように事前に限度額を設定して、限度額の範囲内で少しずつ借入を行うタイプも存在します。

また、返済は学生が就職した後から始まるのが基本ですので、 長期間かけて返済することも可能 です。

教育資金という非常に公共性の高い使い道に使用するローンですので金利が低く、金融機関によっては1%台の低金利で借りることもできます。

オートローン

対象者 個人
資金使途 自動車購入資金、修理費用、車検等
金利 1%〜5%程度
融資速度 最短1日程度
借入可能額 10万円〜1,000万円程度

オートローンは自動車関連の使い道に使用できるローン です。

自動車の購入だけでなく、ローンによっては自動車修理や車検費用、さらには運転免許の取得費用や、他社の自動車ローンの借り換えにも使用できるものもあります。

自動車ローンは信販会社なども盛んに取り扱っているため、銀行にとっては競合の多い分野です。

そのため、金融機関によっては1%台の非常に低い金利で借入をすることができる場合があります。

トラベルローン

対象者 個人
資金使途 旅行資金
金利 3%〜8%程度
融資速度 最短1日程度
借入可能額 10万円〜500万円程度

旅行関連の費用を貸し付けるローン です。

フリーローンにおいて使い道が旅行資金の場合に「トラベルローン」という名目で、金利を引き下げて提供している金融機関も存在します。

旅行代金の見積書などを提示することによって、 見積書記載の金額を限度として借入をすることが可能 です。

ブライダルローン

対象者 個人
資金使途 結婚関連の支出
金利 3%〜6%程度
融資速度 最短1日程度
借入可能額 10万円〜500万円程度

結婚にかかる費用を貸し付けるローンで、フリーローンの借入目的がブライダル関連の場合に、金利を引き下げて「ブライダルローン」として取り扱いをしているケース もあります。

借入金が結婚式という比較的社会性が高いものにしか使えないので、金利は低めです。

披露宴の費用だけでなく、 新婚旅行や、新居への入居にかかる費用などに対しても利用可能 です。

取り扱っている金融機関はそれほど多くないので、低金利で借りたい場合には、まずは金融機関へ相談してください。

医療費ローン

対象者 個人
資金使途 医療費、介護費など
金利 1%〜5%程度
融資速度 最短3日程度
借入可能額 10万円〜1,000万円程

医療費や親の介護などに利用できるローン です。

医療費などの非常に社会性の高い目的で利用されるローンですので、銀行によっては1%台の低金利で取り扱っているところもあります。

本人の医療費だけでなく、配偶者や子供や親などにかかる医療費も融資対象となっているのが一般的 です。

また、返済計画に余裕が持てるように、返済期間は10年程度の長期まで設定できる金融機関もあります。

銀行以外でお金を借りるには?

銀行でお金を借りる デメリット 銀行以外

お金を借りることができる機関や資金調達する方法は銀行融資だけではありません

銀行借入以外の方法として代表的なのは次の4つです。

銀行借入以外の資金調達先
  • 公的機関
  • 消費者金融
  • 信販会社
  • ファクタリング会社

銀行以外から資金調達できる4つの方法について詳しく解説していきます。

公的機関

公的機関も個人や法人や個人事業主に対して融資を行っています。

個人に対しては生活困窮者向けに国は融資を行っています。

有名なのは「生活福祉資金貸付制度」です。

生活福祉資金貸付制度は生活困窮者へ低金利で生活資金を国が融資する制度で、例えば緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける「緊急小口資金」は10万円までを無利子で借入することができます

また、個人事業主や法人が事業資金を借りたい場合には「日本政策金融公庫」が様々な事業資金融資の取り扱いを行っています。

1%〜3%程度の低金利で、信用保証協会の保証をつけず融資をしています。

信用保証協会の保証をつけないので、 銀行や信用金庫などの民間金融機関とは完全に別枠で融資を受けることが可能 です。

民間の金融機関から融資を断られた場合には、日本政策金融公庫へ相談してください。

MEMO
日本政策金融公庫は民間金融機関とは別枠で低金利の事業資金を借りられる

消費者金融

消費者金融は、個人向けのカードローンや、法人や個人事業主向けのビジネスローンなどの融資を取り扱っています。

銀行よりも審査が緩いので、銀行から融資を断られた人でも借入ができますし、最短即日融資を受けることもできます。

銀行から資金を借りることができない場合や、急いでお金を必要としている場合には、消費者金融へ相談してください

信販会社

信販会社も貸金業者登録を行い、消費者金融のようにカードローンやビジネスローンを取り扱っている場合がありますし、 クレジットカードのキャッシングは信販会社から借りるローンに該当します

消費者金融よりも若干審査が厳しく、その分だけ金利は低くなっていることが一般的です。

ただし、融資までには数日程度の時間がかかってしまうことも珍しくありません。

クレジットカードにキャッシング枠をつけておくと、いつでもATMなどから借入ができるので、万が一お金が必要になった時に備えて事前にキャッシング枠を作成しておくのがおすすめです。

また、クレジットカードのキャッシングは 海外でも現地通貨を引き出せるというカードローンにはないメリットがあるので、海外出張や海外旅行の前に作っておくのも安心 です。

ファクタリング会社

ファクタリングとは、売掛金などの「まだ入金になっていないが将来入金になる予定」の売掛債権を売却して早期に現金化する方法 です。

支払うのは売掛先企業ですので、審査対象になるのは申込企業ではなく売掛先の企業です。

そのため、 自社に信用がなくても売掛先企業に信用があれば審査に通過できる可能性が高い資金調達方法 になります。

その一方で、売掛債権を持っている事業者でないと利用できません

なお。個人を対象に「未入金の給料を売掛債権」と見做してファクタリングを行う「給料ファクタリング」は違法なファクタリングですので、絶対に利用しないようにしてください

銀行からお金を借りる際の注意点

銀行でお金を借りる デメリット 注意点

銀行からお金を借りる場合には次の3つの点に注意するようにしてください。

銀行からお金を借りる際の注意点
  • お金を借りると利息が発生する
  • 返済計画は具体的に立てる
  • 金融機関は慎重に選ぶ

金利の低い銀行でも利息が発生しますし、具体的な返済計画を立てなければ資金繰りが圧迫されてしまいます

銀行からお金を借りる際の3つの注意点について詳しく解説していきます。

お金を借りると利息が発生する

お金を借りれば利息が発生します。

100万円借りた場合の、金利ごとの1年分の利息の違いは次の通りです。

 金利 利息
1% 1万円
5% 5万円
8% 8万円
15% 15万円
18% 18万円

金利が高ければ利息負担だけで年間10万円以上の負担になるケースは多々あります

お金が必要になるタイミングでは「とにかく借りられればいい」という思いから、利息のことを忘れてしまう人も多いですが、利息のこともしっかりと考慮した上で借入の意思決定をしてください。

返済計画は具体的に立てる

返済計画はできる限り具体的に立てるようにしてください。

「これくらいなら、毎月返済できる」と、安易に考えて返済不能に陥ってしまう人は少なくありません

自分の収入と支出を全て洗い出し、「毎月いくらの余裕があるのか」を算出し、毎月の返済額はその余剰資金の範囲内となるような、具体的な返済計画を立てるようにしてください

金融機関は慎重に選ぶ

お金を借りられる金融機関は多数ありますが、適当に決めるのではなく、 自分に合っている金融機関を慎重に決めるようにしてください

例えば金融機関の規模が大きければ多額の資金を借りられる可能性がありますが、規模の小さな金融機関の方が小回りがきくので、わざわざ銀行へ来店しなくても、自宅や会社に訪問してくれることもあります。

どこからお金を借りるのかの金融機関選びは、金融機関ごとの特徴を把握して、 自分に最もマッチしたところを選択するようにしてください

銀行からお金を借りるに関するよくある質問

銀行でお金を借りる デメリット よくある質問

銀行からお金を借りることについて、よくある質問をご紹介していきます。

Q:消費者金融で一度でも借りるとどうなる?

お金を借りると、個人信用情報に「借入先」「金額」などの情報が記録されます

従って、消費者金融からお金を借りると、個人信用情報に「消費者金融からお金を借りた」という内容が記録されてしまいます。

この情報は他の金融機関のローンや、クレジットカードの審査でも活用されます。

そのため、審査する側から見れば「消費者金融からお金を借りている」という情報が審査で不利になってしまう可能性はあります。

特に審査が非常に厳しいと言われる住宅ローンにおいては、消費者金融からお金を借りているということが審査で不利になり、場合によっては審査に落ちてしまうことがあります。

そのため住宅ローンの申し込みの前には、使っていない消費者金融カードローンの契約は解約しておいた方が無難です。

ただし、 消費者金融からの借入があっても返済に遅れず少額を利用している程度であれば特に問題にはされません ので、消費者金融からの借入がある人は返済に遅れないように注意してください。

Q:銀行カードローンが怖いと言われる理由は?

銀行カードローンだけではありませんが、 カードローンの怖さは「お金を借りている」という実感がない という点です。

カードローンは限度額の範囲内でATMから自由にキャッシングができ、お金に余裕がある時に自由にATMから返済ができます。

まさに自分の財布と同じような感覚で利用できるので、お金を借りている実感がなく、気づいた時には限度額がいっぱいになっているケースが多々あります

自由に借入と返済ができる銀行カードローンだからこそ、「何のために借りたのか分からない」という使い方をすることなく、計画的に借入をするようにしてください

Q:銀行からお金を借りる場合、個人は対象ですか?

個人は対象 です。

むしろ、住宅ローンも自動車ローンもカードローンもフリーローンも銀行で取り扱っている多くのローンが個人への貸付を対象とした商品になっています。

個人の方がお金を借りたいのであれば、気軽に銀行へ相談してください

Q:アコムで借りるとローンが組めないってほんと?

そのようなことはありません。

消費者金融で年収の3分の1もしくは複数の借入をすれば、銀行の審査で不利になり、お金を借りられない可能性はあります

しかし、 アコム1社からお金を借りたことだけで必ずしも審査で不利になることはあり得ません

複数の借入は避けるとともに、返済には遅れないように利用してください

銀行でお金を借りるデメリット・メリットのまとめ

銀行でお金を借りる デメリット まとめ

銀行でお金を借りることは審査が厳しく即日融資ができないというデメリットがあります。

しかし、 銀行借入は消費者金融よりも金利が低く、信用度も高いので安心 です。

即日融資にこだわらないのであれば、 まずは銀行へ申し込み、審査に通過できなかったら消費者金融へ申し込みをするのがおすすめ です。

銀行融資のデメリットとメリットをしっかりと理解して、適切な方法で借入をすることを徹底してください。

銀行でお金を借りるメリット・デメリットのまとめ
  • 銀行でお金を借りるデメリットは審査が厳しい、即日融資不可の2つ
  • 銀行でお金を借りるメリットは金利が低く、融資元の信頼性が高い、総量規制の対象外の3つ
  • 銀行でお金を借りるなら目的に応じて選ぶ(家なら住宅ローン、ビジネスならビジネスローンなど)
  • 銀行借入以外の資金調達先は公的機関・消費者金融・信販会社・ファクタリング会社がおすすめ

AGビジネスサポートなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能 です。

創業間もない・赤字続きなどのケースでも前向きに融資を行っている点が魅力なので早急に資金調達したい方におすすめ!

AGビジネスサポート

年利10%以上のビジネスローンは抵抗がある」という方は、手持ちの売掛債権を現金化する ファクタリングもぜひ検討 してください!

資金調達するなら無料の10秒診断がおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • l******i様が
    300万円を調達しました。

  • b***e様が
    600万円を調達しました。

  • y****w様が
    200万円を調達しました。

  • s***c様が
    1100万円を調達しました。

  • s****r様が
    900万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング