運転資金の融資を受ける5つのコツ!正しい方法で事業資金を調達しよう!

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/2/28

資金調達プロの人気記事  NEW

運転資金の融資を受けるコツ

 

運転資金を借入するには『正しい計算法』を実践することです。本記事では、運転資金(回転資金)で融資を受ける5つのコツについて、資金調達のプロフェッショナルが丁寧に解説しましょう。

 
この記事を書いた専門家(アドバイザー)
著者情報|資金調達プロ資金調達プロ

資金調達プロのWEBライター、金融系記事の専門家(ビジネス、ローン、クレジットカード)が専門。補助金・助成金制度日本政策金融公庫信用保証協会関連の記事、フリーランスの資金調達情報を収集・記事にしています。

 

お金が欲しい時に参考にしたい|WEBメディア

 

資金調達プロのアンケートはコチラ!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

 

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

運転資金とは何か?

 

運転資金や回転資金は、事業に欠かせない存在です。そもそも「運転資金」には、どのような役割があるのでしょうか?

 

運転資金(うんてんしきん)とは、経営を行うにあたって必要な資金のことである。

出典:Wikipedia「運転資金」より

 

上記の通り、運転資金とは「事業をする上で必要な資金」のことですが、これらの費用は大きく二パターンに分類できます。

 

運転資金
☑ 商品の仕入れや諸経費の支払いに必要な「運転資金」
☑ 車両や機械の購入に必要な「設備資金」

 

運転資金とは、事業をする上で必要な資金のうち「設備資金以外の資金すべて」を指しています。

 

ただ「運転資金」を一括りにすることは難しく、その性質や使いみちは様々です。

また 金融機関が考える「運転資金」は、先程よりも種類が細かく、より専門的な観点で分類が行われています。

 

※ 金融機関が分類する運転資金は、次項で詳しく解説します。

 

「運転資金」について金融機関の定義を解説!

 

ここからは、某金融機関が融資審査をする上で「運転資金をどのように分類しているか」内部情報を暴露したいと思います。

 

実は(他では、決して語られていませんが)金融機関が考える「運転資金」は、以下のように細かく分類されています。

 

金融機関が分類する「運転資金」とは
① 経常運転資金
② 増加運転資金
③ 減少運転資金
④ 季節運転資金
⑤ 設備未払金決済運転資金

 

①〜⑤の意味合いについて、簡単に解説しておきましょう。

 

① 経常運転資金

 

経常運転資金は、運転資金の割合として最も多いものでしょう。

ここでいう「経常」とは、「通常の」くらいの意味で考えていただいて結構です。

 

この資金は日々の「買掛金や支払手形決済」から、「人件費や地代家賃の支払い」まで、幅広い使いみちに充てられます。

 

経常運転資金(正味営業運転資金)=売上債権(売掛金+受取手形)+棚卸資産-買入債務(買掛金+支払手形)

出典:Wikipedia「運転資金」より

 

この説明だけでは、あまりピンと来ないかもしれませんが、以下の4つの資金の「特別さ」と比較すると、経常運転資金の「普通さ」が分かりやすくなるかもしれません。

 

② 増加運転資金

 

あなたの企業が「増加運転資金」を必要とした場合、順調に売上が伸びていることを示しています。

事業形態などにもよりますが、売上が「即金(※1)」ではなく、「毎月末日締め、翌月末日に現金で回収」というケースも良く見られます。

 

一方で「人件費や水道光熱費」等も売上の増加と共に、かさんでいく傾向があります。

 

この場合「売上金の回収」よりも、先に支払わなくてはならないことがあります。

前月までの売上金回収でやりくりできれば良いのですが、それでは足りないケースも出てきます。

 

つまり「売上の増加に伴う諸経費の増加に、売上金の回収が追いつかない」のです。

 

こういった場合、どうしても売上金回収までの「つなぎ資金」が必要となってきます。これが「増加運転資金」です。

 

「増加運転資金」が必要になるということは、売上が増加していることを示しています。

 

その一方で「売上金の回収が、上手くいくかが」経営上、大きなポイントとなります。

 

決算書上は黒字なのに「売上金の回収が遅れて倒産をしてしまう」という、いわゆる「黒字倒産」には、気をつけなければいけません。

 

※1:「即金」を例えるならば、町の飲食店等の売上が、その場で回収されることをいいます。

 

よく「現金」と混同されがちですが、会計学上「現金」というのは手形等で無い、単なる「お金」のことを指します。

 

このため「毎月末日締めの翌月末日に現金で回収」という言葉は、ごく自然な用語として使用されます。

 

③ 減少運転資金

 

減少運転資金とは、②の増加運転資金とは正反対の性質を持ちます。

 

そもそも、減少運転資金は「売上規模の縮小に伴い必要になってくる、諸経費支払い等を目的とした」資金です。

 

売上減少に伴い、不足する資金を補填するための資金なので「前向きな資金」とは言えません…。

 

この場合、できるだけ早急に「売上を増加させるか、諸経費を削減するか」対策を練る必要があります。

 

④ 季節運転資金

 

季節運転資金とは、その名の通り「一定の季節に必要となる資金」を指します。

 

典型的な例としては、従業員への賞与(ボーナス)支払いのための資金等が挙げられます。

 

また業種によっては、商品の一括仕入資金が「季節運転資金」に該当する場合もあります(例:緑茶の卸売業者の「新茶の仕入資金」等)。

 

季節運転資金は通常、1年以内の短期返済で資金繰りを行います。

 

⑤ 設備未払金決済運転資金

 

車両や機械といった「設備を購入」する場合(通常)、資金の手当てが付いてから購入するのが一般的です。

 

しかし何らかの理由が生じ、設備購入資金の一部(あるいは全部)が、未払となり残ってしまうことがあります。

 

この場合「設備購入から半年以上経過」しているのなら、決済資金は「運転資金」として取り扱われることが慣例となります。

 

逆に言えば、設備購入した後でも、半年以内の決済資金であれば「設備資金」とみなされ、貸付金利や返済期間等で優遇される可能性があります。

 

運転資金「まとめ」

 

ここまで、5つの分類について概要をお話ししました。実際に「借入が必要になってくる」背景には(単体のパターンでは無く)5つの要素が複雑に絡み合っているものです。

 

みなさんは「どのパターンに当てはまるのか?」自らのケースと照らし合わせて、考えてみましょう。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

運転資金がいくらあるのか「正しい方法」で計算しよう!

 

自身の企業に「いくら運転資金があるのか」そして「いくら必要なのか」把握しておくことは、経営を行うだけでなく、金融機関と交渉を行う上でも、大変重要なことです。

 

必要な運転資金を計算する方法はいくつかありますが、ここでは「在高方式(ありだかほうしき)」と呼ばれる計算方法をご紹介します。

 

在高方式(ありだかほうしき)

 

これは必要な運転資金の金額は、一般的な業種(建築業は除く)では次のような式で表されるという考え方です。

 

経常運転資金 = (受取手形+売掛金+棚卸資産) − (支払手形+買掛金)

 

上記は、現金預金以外の(お金に換えることが出来るもの)から、(万が一の場合、支払わなくてはならないもの)を差し引いた状態を指します。

 

ある商社の例を使って、シミュレーションしてみよう

 

架空の商社A社を例に、運転資金の金額を計算してみましょう。

 

A社の決算時点売掛金は300万円でした。

 

この場合の商品在庫は500万円、買掛金が200万円、手形取引はなかったとします。

 

すると、以下のような計算式が成立します。

 

売掛金300万円 + 棚卸資産500万円 − 買掛金200万円 = 600万円

運転資金の融資を受ける5つのコツ!正しい計算
このように、売掛金などの残高が「一年を通じて同程度で推移」するのであれば、必要な運転資金は600万円とする考え方です。この場合の600万円は、現金預金(あるいはそれに準ずる形)で持っているのが「経営上、最も理想的」だといえます。

 

 

運転資金の調達に成功する5つのコツ!

 

本項では「金融機関から、運転資金融資を受ける5つのコツ」をご紹介します。

 

金融機関から運転資金の融資を受ける5つのコツ
① なぜ借入が必要になったのか、明らかにしよう!
② いくらの借入が必要なのか、明らかにしよう!
③ いつまでに借入が必要なのか、明らかにしよう!
④ 返済期間についても、しっかり計画を立てよう!
⑤ 金融機関への最後の「殺し文句」とは、一体何!?

 

関連記事:【経営者必見】信頼できる銀行の選び方!融資を断られない6つの心得

 

では、①〜⑤について1つずつ解説していきましょう。

 

運転資金の調達に成功するコツ① なぜ借入が必要になったのか、明らかにしよう!

 

本記事の前半(そもそも運転資金とはの項)では、運転資金をその使いみちから「5つに分類」しました。

今回、あなたの企業が借入を必要としたのは「どういった要因」からですか?

 

借り入れの要因をチェックしてみよう!
☑ 売上と支払う諸経費が急速に増えて、通常の売上金の回収だけでは間に合わなくなったからですか?(②の増加運転資金)
☑ 得意先からの売上入金が手形になってしまったからですか?(①の経常運転資金)
☑ 売上アップを図るべく、新商品を仕入れたいからですか?(①の経常運転資金)

 

いかがでしょうか。金融機関の審査担当者が納得できるよう「借り入れの要因」をまとめておいてください。これには、あなた自身「明確に、理由説明できるようか」が成功のカギを握ります。

 

運転資金の調達に成功するコツ② いくらの借入が必要なのか、明らかにしよう!

 

本記事「正しい計算方法をわかりやすく解説!」の項では、必要運転資金の算出方法について解説しました。

 

ここでの数字を参考に「いくらの借り入れが必要なのか」明らかにしておきましょう。

 

先程例に挙げた商社Aであれば「600万円」が、一つの借り入れ目安となるでしょう。

 

あるいは「売上アップを図るべく、新商品を500万円仕入れたいから」という理由であれば、これも立派な借り入れの根拠となります。

 

ただし(あなたの企業が)町の飲食店のような「即金入金中心」で、在庫もあまり持たないような業態の場合は注意が必要です。

 

なぜなら(このような状態で)必要な運転資金を算出してみると、極端に少ない数字、もしくは「マイナスの数字」が出る可能性があります。

 

実際、上記のような場合は「運転資金をあまり必要としない」ケースが多いです。

 

こうした状況では、審査担当者もなかなか納得しにくいでしょう。

 

問題の解決が難しい場合は⑤の「金融機関への最後の「殺し文句」とは、一体何!?」を参考にしてください。

 

運転資金の調達に成功するコツ③ いつまでに借入が必要なのか、明らかにしよう!

 

例えば、資金の使いみちが「手形決済資金」である場合、借入希望日は、比較的簡単に説明することが可能です。

しかし、資金の使いみちがはっきりしていないと、借入希望日も曖昧になってしまいがちです。

 

実は、私たちが「審査担当者に伝える情報」は、全て融資の可否に繋がっています。

 

審査の可決率を上げるには「売上アップを図るべく、新商品を500万円◯月△日までに仕入れたいので、それまでに借入したい」等、具体的な説明を行いましょう。

 

こちらの熱意と経営方針を伝えるチャンスを活かせば、借り入れできる可能性は飛躍的にアップします。

 

運転資金の調達に成功するコツ④ 返済期間についても、しっかり計画を立てよう!

 

「運転資金の返済期間」について相談する際、何となく最長の返済期間(例えば5年程度)で話を進めていませんか?

 

返済期間の設定で失敗しないためには、以下二つのポイントに注意して借り入れをしてください。

 

まず第一に、資金の使いみちが賞与(ボーナス)支払いなど「季節運転資金」である場合は、次回以降の融資や可能性を考慮し「6か月払いや、12か月払い」で、返済計画を立てる必要があります。

 

第二には、借り入れ残高を計画的に減らすことです。

 

例えば、3年後「改めて融資を申込む」可能性があるなら、それまでに借入残高を十分減らしておく必要があります。

 

4年払い程度で組んで置くと無理なく、新たな融資も受けやすくなるでしょう。このように、「次回以降の借入可能性も考える」のが、上手な借り方と言えます。

 

運転資金の調達に成功するコツ⑤ 金融機関への最後の「殺し文句」を知っておこう!

 

出来るだけ大きい金額を、出来るだけ長い期間で借りたい。

 

しかし、適当な理由が見つからない…。このような状況でお悩みの場合、正直に相談するのが一番です。

 

例えば「毎月の資金繰りが大変なので、長期資金を導入したいのです」これは、金融機関に向けた「立派な理由」として成立します。

 

私たちが正直に理由を提示すれば、金融機関の側も真剣に、融資を検討してくれることでしょう。

 

ただし「大きな金額を長く借りる」ということは、その分「借入残高が減りにくい」ことを指します。

 

つまり、借り入れ残高が減らないと、今後改めて借りる際「借りにくくなる」ので注意が必要です。

 

正当かつストレートな理由は、金融機関への「最後の殺し文句」として、残しておく方が良いでしょう。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

リスケで返済条件を変更しよう!交渉のコツは2つ

 

もしも、あなたの企業が既に「金融機関などから借入」をしていて、その上で「毎月の資金繰りを緩和したい」と思うのなら、金融機関と交渉する方法は二通り考えられます。

 

金融機関などに対して交渉する方法
☑ 新たに運転資金の借入をして「長期資金の導入を図る」
☑ リスケを実施して「毎月出ていくおカネを抑える」

 

ここでのリスケとは「リスケジュール(スケジュールの組み直し)」の略語です。

 

(リスケを)金融機関に対して使う場合は、通常「返済条件の緩和」を意味します。

 

リスケジュール/リスケとは

リスケジュール【reschedule】

① 債務返済を繰り延べること。リスケ。→リスケジューリング
② スケジュールを立て直すこと。日程の再調整をすること。リスケ。

出典:Goo辞書「リスケジュール」より

 

リスケを自社に置き換えて考えてみよう

 

リスケについて、一例を挙げてみます(※ みなさんの会社をイメージすれば、より分かりやすくなるでしょう)。

あなたの企業は、A銀行からの借入金残高が300万円あり、毎月10万円ずつ返済しています。

 

残りの返済回数は30回です。これを毎月5万円ずつ「60回払い」に変更したとしましょう。

返済期間は長くなってしまいましたが、毎月の返済額は10万円から5万円に減額され、資金繰りは緩和されました。

 

毎月、差し引き(10万円 − 5万円=5万円)の資金繰りが緩和できたのですから、これは返済負担の面で大きなことです。

「新たに借入をすること」と「返済条件を緩和すること」は、一見すると正反対のことのように思われがちですが、資金繰り上は同じような効果があるのです。

 

リスケジュールで、留意すべきポイント

 

リスケを行う際、以下の点に留意しておいてください。

 

留意すべきポイント
☑ 保証人の了解:返済期間(=保証期間)が長くなるため、保証人の了解が必要になります。
☑ 他の金融機関の協力:A銀行だけ減額してもらっても、B銀行やC銀行も減額してもらわないと、効果が十分でない場合もあります。
☑ その後の借入への影響:金融機関によっては、一度リスケを受けると次の融資が難しくなる所もあります。

 

これらのポイントを押さえておけば、リスケが効果的に行えます。

 

まとめ|運転資金の借入はコツをつかめば初心者でもカンタンに実現可能!

 

いかがだったでしょうか? 一見、簡単そうに思える「運転資金の借入」にも、コツがあることがお分かりいただけたでしょう。みなさんも今回の借入はもちろんのこと、次回以降の借入をも考慮し「上手な借り主」になってください!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

 

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • j***k様が
    1000万円を調達しました。

  • j****v様が
    900万円を調達しました。

  • p**f様が
    900万円を調達しました。

  • d**j様が
    1000万円を調達しました。

  • q***e様が
    800万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング