直接金融と間接金融(銀行融資について)

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/6/30

金融とは資金を融通しあう行為のことを言います。金融には大きく分けて直接金融と間接金融の2種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

直接金融と間接金融

 

その前に「事業資金」が今すぐ必要な方には、以下の方法を参考にしてください。

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

直接金融とは

札束

直接金融とは、貸し手が借り手に対して直接お金を貸し出す方法です。たとえば、AさんがBさんにお金を貸し出す場合、これは直接金融になります。貸し倒れのリスクはAさんが追うことになります。

また、証券会社は直接金融を行う金融機関の一つです。

 

アメリカでは金融市場全体の9割近くが直接金融で成り立っています。日本ではどちらかといえばマイナーな存在でしたが、最近は間接金融(後述)から直接金融への流れが顕著になっています。

 

直接金融とは

 

直接金融のメリット

直接金融の貸し手のメリットは、利率が高いことです。直接金融は元本割れなどのリスクがある反面、大きなリターンを得ることが出来ます。銀行に普通預金でお金を預けても預金利率が0.1%を超えることはあまりありませんが、直接金融ならば自分で利回りを設定することが出来ます。

また、借り手側にとっては情報開示のリスクが小さくなるというメリットもあります。通常、銀行から間接金融でお金を借りるときは審査などの際に情報開示をする必要がありますが、直接金融の場合はそれが少なくて済みます。

 

直接金融のデメリット

直接金融の貸し手のデメリットは、先述の通り元本割れのリスクがあることです。直接金融は貸し手にとってはハイリスクハイリターンな仕組みであり、使い方を間違えると非常に危険です。リスク管理を怠るとあっという間に損失を出してしまいます。

 

間接金融とは

間接金融とは、貸し手と借り手の間に金融機関が入る仕組みのことです。たとえば銀行は融資を行っていますが、この時貸し付けているお金はもともと預金者のものです。このような仕組みが間接金融です。貸し倒れのリスクは銀行が負います。

間接金融という存在は長年日本の金融市場の中心であり続けてきましたが、ここにきて若干その影響力が小さくなっています。

間接金融とは

 

間接金融のメリット

間接金融の貸し手のメリットは、企業の情報を知れることです。銀行は審査という名目で企業から様々な情報を引き出すことが出来るため、信頼できると判断した相手にだけ貸付を行うことが可能です。

また、間接金融は預金者にとっては元本割れのリスクのない安全な資産運用であるといえます。企業に直接金融を行えば大きく儲かる可能性もある反面、大損する可能性もあります。間接金融はほとんど儲からない代わりに、損もしません。

 

間接金融のデメリット

間接金融の借り手のデメリットは銀行に対して情報を提供しなければならないことです。銀行に余計な情報を提供したくないという方には、直接金融がお勧めです。

また、間接金融は貸し手のリスクが少ない反面、リターンも少なくなりがちです。現代のような超低金利時代においては、利回りで儲けることはほとんど不可能であるといってもいいでしょう。

このように直接金融と間接金融にはそれぞれメリットとデメリットがあります。自分にとって最もメリットが大きい手段を選ぶことが大切です。

 

直接金融と間接金融※ なお、直接金融や間接金融について分かったけれど「もっとシンプルかつ確実に資金を調達したい」という方には、ファクタリングやビジネスローンがオススメです。

銀行融資のように審査のハードルは高くなく、また直接金融のように「個人間でお金のトラブル」になる危険性もありません。

 

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

銀行融資の理解に役立つオススメ記事一覧

最後に本記事と併せてオススメの記事をまとめておきます。

・ 事業資金の借り換えの注意点!銀行融資で借り換えるメリット・デメリットとは?

・ 銀行融資枠(コミットメントライン)とは?追加融資を受ける5つのコツ!

・ 銀行融資の必要書類一覧|融資実現を叶える100%の準備ガイド!

・ 銀行融資担当者が「思わず融資したくなる」100%完璧な事業計画書の書き方ガイド!

・ 銀行融資を受けやすい決算書作り!5つのポイントとは?(実務編)

・ 銀行融資を受けやすい決算書作り!5つのポイントとは?(準備編)

・ 【完全版】銀行融資最大の難関「銀行格付け」の仕組みを徹底調査!

・ 銀行融資完全ガイド・銀行との交渉は「5つのポイント」を守ればOK!

・ 銀行融資を受けるために「資金繰りを改善する」3つのステップと5つの改善法

・ 【保存版】銀行融資や公的融資に役立つ・信用保証協会を攻略する「3つの裏技」とは?

・ 銀行融資を100%成功させる近道は「コネと人脈」って、ホント?

・ 銀行融資を勝ち取る「格付け」を120%アップさせる5つのコツ

・ 【保存版】銀行融資を受ける為の12の秘訣。金融機関からの借入の審査対策!

・ 銀行融資の仕組み

・ 直接金融と間接金融(銀行融資について)

・ 銀行との付き合い方、銀行融資を活用するため良い関係を築こう!

・ 銀行融資(資金調達プロ)

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • f****l様が
    1000万円を調達しました。

  • a******o様が
    200万円を調達しました。

  • q*****t様が
    1100万円を調達しました。

  • t**g様が
    300万円を調達しました。

  • j******y様が
    300万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング