資金繰りが苦しい・厳しい・やばいときの対策!資金繰りが悪い会社の特徴や改善方法

運営事務局
運営事務局
更新日2024/3/22
PR

資金繰り 苦しい アイキャッチ

資金繰りが苦しい・厳しい・やばいときの対策は?

会社のお金がなくなったときの最終手段は?
資金繰りの悪い会社の特徴や自営業の資金繰りについて知りたい

資金繰りが苦しい時の対策は、基本的に4つあります。

対策 具体的な方法
入金を増やす ・売上を高める
・融資(銀行や日本政策金融公庫など)を利用する
入金を早める ・支払いの前倒しを取引先に依頼する
・売掛債権を業者や金融機関に売って資金調達する
出金を減らす ・取引先への分割支払いのお願い
・税金の分割納付
・無駄な経費(接待交際費や新規事業投資など)の削減
・ボーナスや給料の減額・カット
出金を遅らせる ・金融機関への返済のリスケ
・取引先への支払いのリスケ

会社や事業を運営していく上で、資金繰りが悪くなると仕入れ費用や借入金の返済などができず、倒産してしまうリスクがあります。

つまり、「会社のお金がなくなった」という状態になる前に資金繰りの改善をする必要があるということ。

今回は、 資金繰りが苦しい・やばいときの対策 について詳しく解説していきます。

資金繰りの悪い会社の特徴や資金繰りの最終手段などまとめているので、資金繰りが厳しいという事業者の方は、参考にしてください!

資金調達したい事業者は10秒診断がおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

AGビジネスサポートのビジネスローンなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能!

▼ 起業や開業資金もOK! ▼

AGビジネスサポート

目次

資金繰りが苦しい状況とは?入金より出金が多い状況のこと

資金繰り 苦しい 状況とは
資金繰りが苦しい状況とは、入金よりも支出が多い状況のことを指しています。

入金よりも支出が多い状況が続くと、会社内の預金残高に対して支出が上回るため、取引先や税務署に対して「支払い不可能」な状態に陥ります。

もし、支払いができないと、仕入れ費用や借入金の返済ができないので、最悪の場合会社が倒産してしまうリスクもゼロではありません。

したがって、支出よりも入金額の方が常に上回るような資金繰りの対策を講じることが、経営者には常に求められるのです。

そもそも資金繰りとは

資金繰りとは、会社内の資金の流れを適切に管理することを指します。

会社の売上や融資、資産などから税金や経費・仕入れを支払うまでの一連の動きを「会社内の資金の流れ」と言います。

会社で「資金」として挙げられるもの、挙げられないものの違いは以下の通りです。

会社内の「資金」になるもの 会社内の「資金」にならないもの
・現金預金
・有価証券
・定期預金
・貸付金
・売掛金
・自社ビルなどの不動産
・自社の機械や設備など

「資金」として利用できるものは、 支払いにすぐ利用できるかどうか で分けられます。

例として、表で挙げた有価証券・現金預金などはすぐに支払いに使えるため「資金」として計算可能です。

一方で、解約がすぐにできない定期預金や、支払いがまだ先になる可能性の高い売掛金や貸付金などは「資金」として計上できません。

また、自社で保有する機械設備や不動産などもすぐに現金化するのは難しいため「資金」には該当しません。

もし、現金預金や有価証券よりも支出が多い状況が続くと、給与や取引先への支払いが滞ってしまい、最悪の場合黒字倒産する可能性があります。

今すぐできる資金繰りが苦しい時の対策

資金繰り 苦しいとき 対策
今すぐできる資金繰りが苦しい時の対策は、以下の4つです。

今すぐできる資金繰りが苦しい時の対策
  • 不動産などの資産を売却する
  • 維持費削減のため、在庫を減らす
  • 手形割引で資金調達する
  • ファクタリングで資金調達する

資金繰りが苦しい時は、資産の売却や在庫の削減、すぐに資金調達ができる手段を使い、少しでも会社内の現預金を増やすことです。

次の内容で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

不動産などの資産を売却する

今すぐできる資金繰りが苦しい時の対策1つ目は「不動産などの資産を売却する」です。

理由として、手持ちの資産を売却するのは、 融資などに比べると実施しやすい資金調達方法だから です。

また、維持管理費が高額な資産に関しては、売却をすることにより支出が減るので、資金繰りの改善することが期待できます。

例として、自社で保有している余分な機械や不動産が売却するべき資産に該当します。

必要最低限以外の機械や不動産などの資産を売却することは、資金繰りの改善が期待できる対策方法の一つです。

維持費削減のため、在庫を減らす

今すぐできる資金繰りが苦しい時の対策2つ目は「維持費削減のため、在庫を減らす」です。

過剰な在庫は維持管理費を高額にして、資金繰りを苦しくさせる原因となります。

過剰な在庫を抱えると会社の経営が圧迫されるので、 資金繰りを改善する場合は必要最低限の在庫だけを残すように管理をすることが重要 です。

手形割引で資金調達する

今すぐできる資金繰りが苦しい時の対策3つ目は「手形割引で資金調達する」です。

手形割引とは
為替手形・約束手形を、手数料を払う代わりに振出日(支払期日)よりも前に代金を受け取ること。

手形割引を利用することで、人件費や原材料などの仕入れ費用に対応できる可能性があります。

なお、手形割引の手数料の相場は専門業者や金融機関ごとに異なります。

  • 専門業者:2.5%〜15%前後
  • 金融機関(銀行など):2%〜4.5%前後

なお、手形割引の手数料は申込者の信用情報や支払期日までの期間などの要素で変わります。

そのため、 複数の業者・金融機関に依頼し比較検討をして、手数料が安いところを選ぶのがおすすめ です。

ファクタリングで資金調達する

今すぐできる資金繰りが苦しい時の対策4つ目は「ファクタリングで資金調達する」です。

ファクタリングとは
自社が所持している売掛債権を、支払期日前に専門業者に現金化してもらう資金調達方法。

ファクタリングのメリットとして、 最短即日で現金を用意できる、借入ではない 点が挙げられます。

審査に数週間かかる可能性のある銀行融資などに比べると優れています。

また、借入ではないため、将来的に資金繰りを悪くする恐れのある負債が増えないのも魅力的です。

ただ、ファクタリングは手数料として売掛債権の1〜30%が必要なので、手元に入る現金が融資などに比べると少なくなる可能性があります。

資金繰りが厳しい・やばいときにやるべきこと

資金繰り 苦しい 厳しい やばい やるべきこと
資金繰りが厳しい・やばいときにやるべきことは、以下の4つです。

資金繰りが厳しい・やばいときにやるべきこと
  • 入金を増やす
  • 入金を早める
  • 出金を減らす
  • 出金を遅らせる

それぞれの具体的な方法や注意点などについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

入金を増やす

資金繰りが厳しい・やばいときにやるべきこと1つ目は「入金を増やす」です。

入金を増やす具体的な方法は以下の通りです。

  • 売上を増やす
  • 融資を使う

入金を増やすためには「売上を増やす」ための施策をまず打つべきです。

ただ、会社の売上をすぐに増やすことは難しいので、直近で資金不足が想定される場合は「融資を使う」選択をしてください。

融資を利用することにより、 会社に現預金が増えるため経費の支払いに備えることができます。

ただ、融資なのでいずれ利子をつけて返済しなければなりません。

MEMO
融資を使う場合は、将来の返済を見越して売上を増やし続ける必要があります。

入金を早める

資金繰りが厳しい・やばいときにやるべきこと2つ目は「入金を早める」です。

入金を早める具体的な方法は、以下の2つです。

入金を早める方法 利用するメリット 利用するデメリット
支払いの前倒し取引先に依頼 ・資金を支払期日前に確保できる ・取引先に不安を与える場合がある
・取引が不利になる可能性がある(支払い金額の減額など)
売掛債権を業者や金融機関に売却する(手形割引やファクタリングなど) ・資金を支払期日前に確保できる ・利用した事実が取引先に知られて関係が悪化する可能性がある
・高額な手数料を取る業者が存在する

入金を早めた場合は、資金を支払いの期日前に確保することができます。

ただ、手数料を取られる・取引先との関係が悪化することにより、資金繰りをさらに悪くするリスクがあります。

出金を減らす

資金繰りが厳しい・やばいときにやるべきこと3つ目は「出金を減らす」です。

出金を減らす具体的な方法は以下の通りです。

出金を減らす方法 利用するメリット 利用するデメリット
ボーナスや給料の減額・カット ・人件費を削減できる
・即効性が高い
・従業員の働くモチベーションが低下するおそれがある
・売上が下がる可能性がある
取引先への支払いの分割のお願い ・人件費を削減できる
・即効性が高い
・関係が悪化する可能性がある

出金を減らすのは即効性の高い対策ですが、必要以上に出費をカットすると従業員のモチベーションが低下し、取引先との関係が悪くなる可能性があります。

MEMO
出金を減らす場合は、従業員や取引先の理解が何より重要だということに留意してください。

出金を遅らせる

資金繰りが厳しい・やばいときにやるべきこと4つ目は「出金を遅らせる」です。

出金を遅らせる具体的な方法は以下の2つです。

出金を遅らせる 利用する場合に必要なこと 利用する場合の注意点
金融機関に借入金返済のリスケのお願い ・返済計画とその根拠を提示 ・将来の返済金額が増える可能性がある
取引先に支払いのリスケ・猶予のお願い ・現状を取引先に説明
・支払いがいつ頃になるのかの説明や根拠の提示
・資産の差し押さえなどの手段を取られる可能性がある
・リスケジュールを断られることがある

返済や支払いのリスケ(再調整)のお願いをするのが、出金を遅らせる方法となります。

ただ、将来の返済金額が増えたり、資産を差し押さえされる可能性があることには留意をしてください。

資金繰りが苦しいときは資金調達する

資金繰り 苦しい 厳しい 資金調達
資金繰りが苦しいときには資金調達してください。

経営者は状況が苦しいと、視野が狭くなりがちですが、日本には困窮した会社のために様々な支援制度が充実しています。

そのため、赤字続きで資金がショートしそうだという場合は、ためらわずに金融機関などに相談するようにしてください。

資金調達で利用したい制度や窓口

資金調達する際に利用するのがおすすめな公的制度や窓口は、以下の表の通りです。

制度・窓口名 支援内容
日本政策金融公庫
セーフティーネット貸付
新型コロナウイルスなどの情勢変化によって、業績が悪化した企業に対する支援制度
セーフティーネット保証資金
信用保証協会保証制度
新型コロナウイルスや台風などによって、経営安定に支障をきたしている企業に対する保証制度
中小企業119
商工会議所
金融機関(銀行や信用金庫など)
資金繰りの改善に関して専門家がアドバイスをしてくれる

日本では、資金繰りが厳しくなっている企業に対する支援制度が充実しています。

コロナウイルスや災害などによって資金繰りが苦しい場合は、 セーフティーネット貸付や信用保証協会の保証制度を利用してお金を調達 してください。

もし、資金繰りの改善方法がわからなくなっている場合は、商工会議所などに相談し、改善策のアドバイスをもらうのがおすすめです。

資金繰りが苦しいときにやってはいけないこと

資金繰り 苦しい やってはいけないこと
資金繰りが苦しいときにやってはいけないことは以下の5つです。

資金繰りが苦しいときにやってはいけないこと
  • パニックになっていはいけない
  • 税金や社会保険の滞納
  • 従業員の給料未払いや仕入れ先への支払いを滞納
  • 従業員の給料未払いや仕入れ先への支払いを滞納
  • 新規事業に投資など支出を増やさない
  • 街金融や商工ローンからは借入しない

支払いをしなければならない税金や人件費を優先的に確保しつつ、投資や新規事業などの優先度が低い支出に関しては後回しにしてください。

次の内容で詳しく解説します。

パニックになっていはいけない

資金繰りが苦しくても、経営者はパニックになってはいけません。

理由として、経営者自身がパニックになると視野が狭くなって、資金繰りが悪化した要因を突き止められなくなるからです。

もし、パニック状態が続くのであれば、 専門家などの第三者に相談して客観的な視点から資金繰りが苦しい要因を見てもらう ことが必要になります。

MEMO
資金繰りが苦しい時は一人で抱え込まず、商工会議所や中小企業119などに自社の経営状況を相談してください。

税金や社会保険の滞納

資金繰りが苦しくても税金や社会保険の滞納をしてはいけません。

理由は、それぞれ支払いが遅れると税金は延滞税、社会保険は延滞金がかかるためです。

支払いをしないと延滞税・延滞金は増額するため、すぐに対応する必要があります。

最悪の場合、督促状が送られてきて、会社の資産を差し押さえされる可能性があります。

以下は、税金支払いを滞納した際の差し押さえに関する条文です。

次の各号の一に該当するときは、徴収職員は、滞納者の国税につきその財産を差し押えなければならない。
一 滞納者が督促を受け、その督促に係る国税をその督促状を発した日から起算して十日を経過した日までに完納しないとき。
二 納税者が国税通則法第三十七条第一項各号(督促)に掲げる国税をその納期限(繰上請求がされた国税については、当該請求に係る期限)までに完納しないとき。

引用:国税徴収法 | e-Gov法令検索

MEMO
もし税金や社会保険料を一括で支払うのが難しいのであれば、年金事務所や税務署に相談して分割納付の方法を選んでください。

従業員の給料未払いや仕入れ先への支払いを滞納

従業員への給料未払いや仕入れ先への支払いを滞納することもやってはいけません。

なぜなら、従業員に対する給料未払いは労働基準法24条に違反しており、30万円以下の罰金が科される可能性があるためです。

賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。

引用:労働基準法 | e-Gov法令検索

また、仕入れ先への支払いの滞納は信用低下を招き、最悪の場合は取引中止や裁判手続きにより資産を差し押さえされる可能性があります。

支払いの分割やリスケなどを取引先と交渉し、関係を維持できるように努めてください。

MEMO
取引先との交渉では、具体的にいつまでに支払えるのかなどの根拠を示せるような資料を提示できるようにしてください。

新規事業に投資など支出を増やさない

資金繰りが苦しい時は、新規事業への投資や支出を増やさないでください。

理由として、新規事業を開始すると、今の事業の経費に加えて更なる支出が生まれるためです。

大抵の場合、支出や投資が売上を圧迫することで資金繰りが苦しくなります。

そのため、資金繰りが苦しい時、さらに支出がかさむ新規事業を起こすことは避けるべきです。

街金融や商工ローンからは借入しない

街金融や商工ローンは、うえで紹介したようなその他の資金調達手段と比較して、 金利・手数料が割高です。

そのため、一時的に資金繰りを改善することはあっても、将来的には資金繰りを悪化させる要因となります。

また、街金融や商工ローンを利用した履歴は信用情報として残っています。

日本政策金融公庫や民間の金融機関から融資を受ける際、信用情報は参照されることになるので、資金繰りがよほど悪い会社というイメージでみられてしまいます。

その結果として、 融資を受けられなくなる可能性もあるので、街金融や商工ローンで借入を行ってはいけません。

資金繰りの悪い会社の特徴と原因

資金繰り 苦しい 悪い会社 特徴 原因
資金繰りの悪い会社の特徴と原因は以下の3つです。

資金繰りの悪い会社の特徴と原因
  • 売上が少ない
  • 無駄な経費や支出が多い
  • 支払いや入金を管理できていない

資金繰りが苦しい会社は入金や支払いを管理できていないケースが多く、無駄な出費が会社の資金繰りを悪くしている可能性が高いです。

ご自身の会社が次の内容に該当していないか、ここで確認をしてください。

売上が少ない

売上が少ないのは、資金繰りが悪い会社の特徴の1つです。

売上が少ないと、会社の預金が増えないため、支出が増加した場合一気に資金繰りが苦しくなります。

一方で、売上が増えるとその分会社の預金も増えるので、 金融機関からの借入返済や取引先への支払いをしつつ、新たな事業投資も積極的に行うことが可能 です。

MEMO
売上が少ないのであれば、営業活動などを頑張り入金を少しでも増やす必要があります。

無駄な経費や支出が多い

無駄な経費や支出が多いのも、資金繰りが悪くなる原因となります。

理由として、会社の拡大に必要な仕入れや事業投資に充てるお金が減り、結果として資金繰りが苦しくなるためです。

無駄な経費や支出の例として、接待交際費や福利厚生費・人件費などが挙げられます。

ただ、福利厚生費や人件費に関しては過度にカットを行うと、従業員の離職やモチベーションの低下を招く可能性があります。

支払いや入金を管理できていない

支払いや入金を管理できていないと、資金繰りは苦しくなります。

企業の支払いと入金のタイミングは、一致しているとは限らないためです。

例えば仕事が完了して商品を納品したとしても、取引先からの入金が2ヶ月先の場合、その2ヶ月の間に多額の出費が発生すると、資金ショートを起こす可能性があります。

資金繰りを健全化するには、 いつどのくらいの金額が入金されるのか、出費があるのかを適切に管理しなければなりません。

MEMO
入金と支出の管理ができれば、更なる融資や出資が必要なのかについて判断ができるようになります。

資金繰りを長期的に改善する方法

資金繰り 苦しい 改善 方法
資金繰りを長期的に改善する方法は以下の3つです。

資金繰りを長期的に改善する方法
  • 事業計画の策定や戦略を考える
  • 実施期間を設ける
  • 実施期間の結果に基づいて進退を判断する

資金繰りを改善するためには、まず施策を打ち出して実施し、検証を行って次の施策を打ち出すべきかどうか判断することを繰り返す必要があります。

次の内容で詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

事業計画の策定や戦略を考える

資金繰りを改善するためには今後の事業計画の策定・戦略を考えることが大切です。

計画や戦略を練る場合は、まず 現状の会社の売上や利益、費用、負債などについて把握する必要があります。

資金繰りに関する情報を掴んだら、事業計画の策定および売上や利益を上げるための戦略を考えてください。

事業計画の策定は、具体的には新規開拓や既存顧客の関係値強化のためにできる施策、支出の最適化などが挙げられます。

また、資金ショートの可能性があれば、金融機関や取引先に対して支払いや返済のリスケを交渉することも必要です。

実施期間を設ける

事業計画を策定する際は、同時に実施期間を設定してください。

期限を設定することで、何をすべきかが明確となるため 会社全体で集中してビジネスに取り組みやすくなります。

また、実施期間を設定することにより、設定した目標と進捗にどれだけの差があるのかがわかりやすくなります。

目標に対する進捗を可視化すると、従業員が緊張感を持って仕事をしてくれるようになるのです。

MEMO
実施期間が完了した段階で、事業計画の練り直しや改善策について検討してください。

実施期間の結果に基づいて進退を判断する

実施期間が終了した段階で、結果に基づき事業の進退を以下のポイントを用いて判断してください。

  • 実施期間が終了したら、結果の目標に対する進捗率を評価する
  • 改善策の検討と第三者(専門家)からのアドバイスをもらう

結果が出たら検証して、改善を繰り返す「PDCAサイクル」を回し続けることが重要 です。

MEMO
もし、目標未達だった場合は、改善策を練るのかもしくは撤退するのかなどを練る必要があります。

資金繰りが苦しいに関するよくある質問

資金繰り 苦しい よくある質問
最後に資金繰りが苦しいことに関するよくある質問について紹介します。

資金繰りが苦しいに関するよくある質問
  • Q:「資金繰りが苦しい」の言い換えはなんですか?
  • Q:自営業ですが資金繰りが苦しいです
  • Q:会社のお金がなくなったらどうすればいい?

自営業の資金繰りが苦しい時や自社にお金がなくなった時の解決法について紹介しています。

資金不足で困っている方は、ぜひ次の内容を参考にしてください。

Q:「資金繰りが苦しい」の言い換えはなんですか?

資金繰りが苦しいの言い換えとして、以下のような言葉があります。

  • 資金繰りに苦労する
  • 資金調達がうまくいかない
  • 資金繰りに苦しむ
  • 資金集めに苦労する
  • 資金調達に苦しむ
  • 資金繰りがうまくいかない
  • 資金集めに苦しむ

どの言葉でも、相手には「資金繰りが苦しいんだな」という意味で伝わります。

Q:自営業ですが資金繰りが苦しいです

自営業で資金繰りが苦しい場合は、 資金調達をしてください。

なお、資金調達する方法として、売上増加などがありますが時間がかかるため現実的には難しいです。

もし資金繰りが苦しいのであれば、日本政策金融公庫の融資やファクタリングなどを利用し現預金を増やすのがおすすめです。

Q:会社のお金がなくなったらどうすればいい?

会社のお金がなくなった時は、まず売上を無理にあげようとしないでください。

売上を上げる場合、先行投資が必要となり手元のお金が減ってしまうためです。

粗利が低い売上を減らすことにより、手元にお金が残るようになります。

また、資金繰りの悪さに関して誰に相談するかは重要です。

相談先としては、順番に金融機関や株主・役員、従業員・仕入れ先となります。

今の会社が現状どのくらい資金繰りに苦しんでいるかを正しく認識して、相談と施策打ちをしてください。

そして「お金がないから病む」というようなネガティブ思考を捨て去ることです。

お金がないと視野が狭くなりがちですが、 適切な対策を打つことで資金繰りが改善する可能性があります。

資金がないことで病むのではなく、今の状況を脱却するために何ができるかを考えてください。

Q:資金繰りの最終手段にはなにがありますか?

資金繰りの最終手段は、以下の4つの方法があります。

それぞれの特徴についてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

資金繰りの手段 特徴
ビジネスローン ・事業資金を目的としたローンであり、限度額の範囲内であれば繰り返し使うことが可能
・原則無担保・無保証で利用可能
・総量規制(年収の3分の1)の対象外
・金利が高い
カードローン ・融資まで最短1時間程度の業者もある
・資金用途が事業性資金以外は自由
・金利が高い
ファクタリング ・最短即日で入金できる
・借入でないので赤字でも利用できる
・手数料が高い
手形割引 ・審査が通りやすい
・手数料が低め
・手形が不渡りを出すと買戻の必要あり

どれが合うかは、 現在の自社の状況に照らし合わせ最適なものを選んでください。

資金繰りが苦しいときの対策や原因のまとめ

資金繰り 苦しい まとめ
資金繰りが苦しい時にすべき対策は、 資金調達を行って入金を増やしつつ出金を減らす・または遅らせることが重要 です。

入金を増やす対策としては、具体的に売上を増加させることや銀行・日本政策金融公庫などから融資を受けて現預金を増やすことです。

現預金を増やしつつ、同時に出金を減らすために必要最低限の資産や在庫のみを残して経費支払いを抑えてください。

それでも資金繰りが苦しいのであれば、取引先や税金の支払いのリスケ、従業員の給与やボーナスの一部カットなどを実施する必要があります。

また、資金繰りが苦しい状況でも、経営者自身は冷静でいることが大切です。

自社の状況を見てどうすれば売上を上げることができるか、資金繰りを改善できるかについて冷静に考え続けることが経営者に求められます。

この記事をヒントに、資金繰りがピンチの状況をぜひ脱してください。

資金調達したい事業者は10秒診断がおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

AGビジネスサポートのビジネスローンなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能!

▼ 起業や開業資金もOK! ▼

AGビジネスサポート

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • d***d様が
    600万円を調達しました。

  • k*****h様が
    600万円を調達しました。

  • y**v様が
    700万円を調達しました。

  • w**f様が
    700万円を調達しました。

  • c******c様が
    100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り8社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング