ファクタリングの金利相場は?手数料を安くする方法や年利換算した場合と融資金利の比較、おすすめのファクタリング会社6選

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2023/8/31
PR

ファクタリング 金利 アイキャッチ

ファクタリング金利相場はいくらなの?
どうしたらファクタリングの手数料を安くできるの?
ファクタリングの手数料について考えるときの注意点は?

この記事では、上記のような疑問・悩みを解決します。

ファクタリングは融資ではなく資金調達のひとつであることから、金利という概念は存在せず、手数料が資金調達金額から差し引かれます。

ファクタリングの手数料は、ファクタリング事業者や売掛先の信頼性、債権金額などで変わるものですが、これを金利に換算すると相場は非常に高くなります。

なので、ファクタリングは手数料が安い業者を選ぶことが賢く使うポイントです。

今回は、ファクタリングの手数料を金利換算した時の相場や手数料(金利)を安くする方法や注意点を詳しく解説したうえで、おすすめの業者を6つ厳選して紹介していきます。

金利や手数料利率など難しい用語もでてきますが、わかりやすく解説していくので、最終的にファクタリングの金利・手数料で失敗しない業者選びができるようになります!

ファクタリングの金利をざっくり言うと…
  • ファクタリングに金利は存在せず手数料が差し引かれるという仕組みになっている
  • ファクタリングの手数料の相場は売掛金額に対して1〜30%程度だが、これを年利換算すると10〜120%という数字になる
  • ファクタリングをお得に利用するのであれば、 手数料が安い会社を選ぶことが重要
  • ただ、中には高額な手数料をかけてくる悪徳業者も一部いるので注意すること
  • トラブルを避けつつ手数料を安くするのであれば、 ファクタリング会社を複数社比較検討する のが重要
  • 複数のファクタリング会社を比較検討するなら「かんたん10秒診断」がおすすめ!
  • かんたん10秒診断では、 あなたの業種や手持ちの債権に適したファクタリング会社を紹介します。
  • ファクタリングの利用を検討している方は 「かんたん10秒診断」を活用 してください!

資金調達プロ CTA 女性verファクタリングかんたん10秒診断はこちら

目次

【結論】ファクタリングは金利ではなく「手数料」


ファクタリングには、金利という概念はなく、手数料があるだけです。

その理由はファクタリングはあくまでも債権の早期現金化を指し、借り入れを行うわけではないからです。

手数料であることから、ファクタリングを利用する場合は以下のポイントをきちんと理解しておく必要があります。

ファクタリングで認識しておくべき重要ポイント
  • ファクタリングには利息制限法が適用されない
  • ファクタリングの手数料を金利(年率)に換算するとかなり高い

以下の見出しでは、それぞれのポイントについて詳しく説明していきます。

ファクタリングには利息制限法が適用されない

ファクタリングには金利という概念がないため、金利について制限した法律である利息制限法は適用されません。

利息制限法とは、利息の計算に用いられる利率を一定に制限するための法律で、賃借契約を行う利用者に適用されます。

利息を制限するためのものなので、利息とは関係がないファクタリングには適用されません。

ファクタリングとは
会社が保有している売掛債権などを期日よりも前に一定の手数料を徴収したうえで買い取るサービスであり、会社の資金調達手段の一つとして広く活用されています。

ファクタリングは、法的には、賃借契約ではなく、債権の売買(債権譲渡)契約ですから、利用の際に「利息」の徴収があるわけではなく「手数料」が徴収されます。

ファクタリングの手数料を金利(年利換算)するとかなり高い

ファクタリングは金利を徴収するわけではないものの、ファクタリングの手数料を金利(年利)に換算した場合、かなり高いです。

ファクタリングの手数料は、ファクタリング事業者が買い取る金額に割合(%)をかけることで計算します。

例えば
100万円の債権額に対して、手数料の割合である3%をかけると3万円の手数料がかかるわけです。

ファクタリングの手数料が3%なら、安いと勘違いしてしまいがちですが、この手数料は1回のみの月率を意味しています。

ファクタリング手数料を年率に換算する場合、ファクタリングの手数料に12(12ヶ月分)をかけて計算します。

この場合、ファクタリングの手数料が3%であるとすると、年換算で36%もの手数料をとられてしまうということなのです。

このように、ファクタリングの手数料は、他の資金調達手段である株式や銀行による資金調達の資本コストよりも割高となるため注意が必要となります。

そのため、ファクタリングを利用する場合には、手数料をできるだけ安くしなければなりません。

ファクタリンリングの手数料相場について

ファクタリング 金利 手数料相場
ファクタリングの手数料相場をきちんと理解していないと、割高の手数料でファクタリングを利用していることに気づきません。

金融機関からお金を借りる場合、貸付金利(年利)は1%〜2%程度である一方、ファクタリングは年利に換算すれば数十%となります。

この章では、ファクタリングの手数料相場について解説します。

ファクタリングの種類で比較した場合の相場

ファクタリングには、2社間ファクタリング3社間ファクタリングがあります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングというファクタリングの種類で比較すると、3社間ファクタリングの方が手数料は安くなります。

ファクタリングの種類で比較した場合の相場
  • 2社間ファクタリングの手数料相場は月率10%~20%
  • 3社間ファクタリングの手数料相場は月率1%~9%
  • 保証型ファクタリングの手数料相場は年率2%~15%
  • 国際ファクタリングの手数料相場は月率1%~2%
  • 医療ファクタリングの手数料相場は月率1%~2%

2社間ファクタリングの手数料相場は10%~20%(年利60%~120%)

2社間ファクタリングの手数料相場は、10%〜20%(年利に換算すると60%〜120%)となります。

2社間ファクタリングとは
ファクタリング事業者とその利用者だけが関係する、2社間契約のファクタリングのこと

2社間ファクタリングでは、ファクタリング事業者とその利用者だけが関係する取引なので、債務を負っている取引先は利用者に対して債務を支払うわけではありません。

取引先は、ファクタリング事業者に対して債務を支払います。

ファクタリング事業者は取引先からお金(債権)を回収しなければなりません。

取引先はファクタリング事業者に対して債務を支払わなければならないことを事前に通知されていないので、債務の支払いの際に躊躇するかもしれません。

そうなれば、ファクタリング事業者はお金(債権)を回収できない、あるいは、回収に時間と手間がかかる可能性が高く、結果として、2社間ファクタリングの手数料相場は高くなりがちです。

3社間ファクタリングの手数料相場は1%~9%(年利10%~54%)

3社間ファクタリングの手数料相場はおよそ1%〜9%(年利に換算すると10%〜54%)です。

3社間ファクタリングとは
ファクタリング事業者とその利用者、そして、債権者となる取引先の3者間契約のファクタリングのこと

3社間ファクタリングでは、債権を所持している取引先に対してファクタリング利用に関する承諾を得る必要があります。

取引先に対して通知と承諾を受けたうえでファクタリングを利用するため、ファクタリング会社による債権の回収が容易になります。

3社間ファクタリングは、2社間に比べて債権の回収不能リスクが減るため、手数料は安くなるのが一般的です。

MEMO
それでも手数料は年利換算すると、ビジネスローンや銀行融資に比べると高いので、継続して利用すると損になりかねません。

ファクタリング手数料と融資金利を比較

資金調達の目標金額によっては、ファクタリングよりもカードローンビジネスローンを活用したほうが良いケースもあります。

以下表はファクタリング手数料と各融資の金利(年率)を比較したものになります。

サービス名 利率
2社間ファクタリング 月利換算:約10%~30%
年利換算:約120%~360%
3社間ファクタリング 月利換算:約10%~30%
年利換算:約120%~360%
銀行カードローン 2%~15%
消費者金融カードローン 4%~18%
ビジネスローン 5%~18% キャッシング(クレジットカード) 15%~18%

ファクタリング手数料を金利に換算した場合、非常に割高なのがわかりますね。

この表だけみれば、銀行カードローンが最低2%からと低金利で融資を受けることができます。

しかし、融資の使い道として事業用資金は認められないケースもあるので、この場合はビジネスローンがおすすめです。

ビジネスローンのネックな点はおよそ1,000万円が上限となっていることが多く、事業者によっては足りない可能性もあります。

この点 ファクタリングであれば、利用金額に制限がないケースが多い ので、利用するメリットがでてきます。

つまり、 資金調達の目標金額と差し引かれる手数料や支払う金利の金額次第ではカードローンの方がお得になる場合もある ことを覚えておいてください。

ファクタリングの金利(手数料)を安くするには?

ファクタリング 金利 安くするには
ファクタリングの金利(手数料)をできるだけ安くするためのポイント は下記3つです。

ファクタリングの金利(手数料)を安くするポイント
  • 売掛先の信用力が高い
  • なるべく3社間ファクタリングを使う
  • 金額によってはカードローンやビジネスローンを検討する

これら3つのポイントがなぜ金利・手数料を安くすることに繋がるのかについて次の章で詳しく解説していきます。

売掛先の信用力が高い

ファクタリングでは、「売掛先の信用力」が高いことで金利(手数料)を安くすることができます。

売掛先の>信用力が高いということは、資金繰りに困っていたり、倒産のリスクが少ないことから債権の回収ができないというリスクが軽減されるためです。

ファクタリング事業者にとって最も重要なリスクは、お金(債権)を回収できないことです。

なので、債権の回収先となる取引先(ファクタリング利用者の取引先)の信用力が低い場合には、債権を回収できないリスクが高くなるため、手数料を高く設定します。

信用力の高い売掛先の特徴
  • 社会的信用がある企業(上場している・知名度が高いなど)
  • 国民健康保険団体連合会や社会保険診療報酬支払基金などの公的機関

上記が売掛先に当てはまる場合、手数料が安くなる可能性が高くなるので「どの取引先でファクタリングすべきか」の参考にしてくださいね!

なるべく3社間ファクタリングを使う

ファクタリングの手数料を安くしたいのであれば3社間ファクタリングを使うのがおすすめ です。

3社間ファクタリングは前述でも話した通り、手数料相場が1%~9%と低めになっています。

これは、ファクタリング事業者が債権を回収できる可能性が高くなるため、手数料を高く設定しません。

2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社の取引になりますが、3社間では利用者+取引先+ファクタリング会社となり、請求先が取引先になることが3社間ファクタリングの手数料が安くなる仕組みになっています。

なので、 取引先にファクタリング利用を知られても問題ない方は積極的に3社間ファクタリングを活用してください!

ファクタリングの金利(手数料)の注意点

ファクタリング 金利 手数料 注意点
ファクタリングの金利(手数料)に関する注意点は下記の通りです。

ファクタリングの金利(手数料)の注意点
  • 利用金額が低いとファクタリングの手数料は高くなる
  • 契約書は隅々までチェックし概要を把握しておく
  • 【危ない】貸金業登録を受けていない給与ファクタリングは違法
  • ファクタリング業者を装ったヤミ金融業者と契約しない

注意点を理解しておけば、トラブルに巻き込まれることなく、ファクタリングを上手に利用できるようになります。

利用金額が低いとファクタリングの手数料は高くなる

利用金額が低いとファクタリングの手数料は高くなります。

ファクタリング事業者は債権を回収できないという事態を最も恐れており、債権を回収できなければ、譲渡された債権分が全て損失となるからです。

ファクタリングを利用する金額が高ければ、一度の取引で多額の資金を回収できますが、利用金額が低いと、回収できる資金は少なくなります。

資金を回収する手間を考えると、ファクタリング事業者にとっては、一度の取引で多額の資金を回収できた方が良いと考えるのが自然です。

なので、多くのファクタリング事業者が利用金額が低い場合、ファクタリングの手数料を高く設定しています。

契約書は隅々までチェックし概要を把握しておく

ファクタリング契約は、ファクタリング事業者とその利用者が債権譲渡契約を結ぶことを意味します。

債権譲渡契約とは
債権の保有者が第三者に債権を譲渡する契約のことを指しており、ファクタリング契約のためには、契約事項を記載した契約書が必要。

利用者は契約書を隅々までチェックして、内容を十分に把握してしてください。

具体的には、

  • 債権譲渡通知が取引先にされるのか
  • 債権譲渡登記がされるのか
  • 手数料は何%なのか

など、契約の中身を確認するのが大切です。

ファクタリング事業者のなかには、悪徳な事業者も混ざっており、金融庁からも悪徳なファクタリング事業者の利用に関して金融庁が注意喚起を行っています

契約書を十分にチェックして、悪徳なファクタリング事業者に騙されないようにしなければなりません。

【危ない】貸金業登録を受けていない給与ファクタリングは違法

賃金業登録を受けていない給与ファクタリングは違法です。

給与ファクタリングとは
労働の対価として従業員が受け取る将来の給与(債権)を、ファクタリング事業者に買い取ってもらう行為のこと。

ファクタリングは債権譲渡契約であるというのが基本的な認識です。

MEMO
事前に労働者の給与を受給する権利(債権の一種)をファクタリング事業者が買い取って、雇用主に対して請求を行うのは債権譲渡契約ではなく、金銭の賃借であると法的に解されています。

したがって、給与ファクタリングのように金銭の賃借を行う事業者は、賃金業として登録しなければなりません。

賃金業として登録をしていないにも関わらず給与ファクタリングを行うことは違法となります。

ファクタリング業者を装ったヤミ金融業者と契約しない

給与ファクタリングに限らず、ファクタリング事業者を装って、法外な手数料を請求したりと、悪徳な闇金融業者も存在するのでこういったヤミ金融業者との契約はしないようにしてください。

新型コロナウイルスの影響で資金繰りに苦しむ事業者が大勢いるなかで、このような闇金融業者が暗躍しています。

ファクタリングは有用な資金調達手段のひとつである一方で、利用者がそれほど多いわけではないことから、闇金融業者の口車にのって騙されるというケースも少なくありません。

ファクタリングの手数料に消費税はかからない

ファクタリング 金利 消費税 かからない
実はファクタリングの手数料は、消費税がかからないことになっています。

こちらの章では、ファクタリングの手数料に消費税がかからない訳を3つの根拠から解説します。

ファクタリングの手数料に消費税がかからない理由
  • ファクタリング取引の消費税は「非課税となる取引」の対象だから
  • ファクタリングの手数料も消費税の課税対象ではないから
  • ファクタリング取引と手数料に消費税がかからないことは国が認めているから

もし、ファクタリング取引の手数料に関して消費税を設けているような会社があった場合は、悪徳業者の可能性がありますので、面倒なトラブルに巻き込まれないようにしっかりとチェックしてくださいね。

ファクタリング取引の消費税は「非課税となる取引」の対象

ファクタリング取引は、国税庁の公式ホームページにある「非課税となる取引」の対象です。

国税庁のホームページでは「非課税となる取引の根拠」として、以下のように記述されています。

消費税は、国内において事業者が事業として対価を得て行う取引を課税の対象としています。

しかし、これらの取引であっても消費に負担を求める税としての性格から課税の対象としてなじまないものや社会政策的配慮から、課税しない非課税取引が定められています。

引用:No.6201 非課税となる取引|国税庁公式ホームページ

ファクタリングは売掛債権の譲渡を行う取引のため、非課税取引の2つ目に記載されている「有価証券等の譲渡」に当たります。

(2) 有価証券等の譲渡

国債や株券などの有価証券、登録国債、合名会社などの社員の持分、抵当証券、金銭債権などの譲渡

引用:No.6201 非課税となる取引|国税庁公式ホームページ

上記の引用の通りで、有価証券の譲渡に記載されている「金銭債権などの譲渡」が、売掛債権の譲渡に該当するため、 ファクタリングは「非課税取引の対象」です。

ファクタリングの手数料も消費税の課税対象ではない

ファクタリングは利用すると「手数料」がかかりますが、 この手数料に関しても消費税は課税対象ではありません。

ファクタリングの手数料が課税対象ではない根拠は国税庁の「預金や貸付金の利子」の20ある非課税の取引の13番目「手形の割引料」にファクタリングの手数料が該当するためです。

手形割引とは
ファクタリングと同様に、手形を支払期日まで待たず手形割引業者・金融機関(銀行や信用金庫)へ譲渡することにより現金を得る資金調達法のこと。

手形割引を行う場合は、債権を受け取る側が手形の金額から「割引料」と呼ばれる手数料を差し引いた額を手形の所有者に渡す決まりとなっています。

手形の割引料は、消費税がかからないため、 ファクタリングの手数料も同様の形で消費税は非課税になる とわかります。

ファクタリング取引と手数料に消費税がかからないことは国が認めている

ファクタリング取引と手数料は、 消費税が非課税であることを国が公式に認めています。

根拠となるのは、国税庁のホームページにある「金銭債権の買取等に関する課税関係」というページにある以下の記載です。

【照会内容】
売掛金、貸付金等の金銭債権に関する次の取引は、どのように取り扱われるのでしょうか。

【回答】
金銭債権の譲り受けの際に債権者から徴収する割引料、保証料又は手数料は、その名目の如何にかかわらず、金銭債権の譲受対価として非課税となります。

引用:金銭債権の買取り等に対する課税関係|国税庁ホームページ

上記の回答では、金銭債権を譲渡を受けた際の手数料は、 どのような理由があっても非課税 としています。

MEMO
このことから、ファクタリング取引と手数料は消費税がかからないと考えることができるのです。

ファクタリングの手数料(金利)が安いおすすめの会社6選

ファクタリング 金利 おすすめ 会社 6選
この章では、ここまでの説明を踏まえたうえで、ファクタリング手数料(金利)が安いおすすめのファクタリング事業者(会社)を6つ厳選して紹介していきます。

サービス名 手数料 調達金額 入金速度 2社間ファクタリングの利用
QuQuMo 1%〜14.8% 下限・上限なし 最短2時間で入金が可能 可能
ビートレーディング 2者間: 4%~12%程度
3者間: 2%~9%程度
3万円~7億円 最短5時間で入金が可能
アクセルファクター 100万円未満(10%~)
101~500万円(5%~)
501~1000万円(2%~)
1001万円以上(別途相談)
30万円~1億円 即日入金可能
(確認書類が整っていれば、最短で1時間程度で完了)
ベストファクター 5%以上(ファクタリングの種類による) 30万円〜1億円 最短1日のスピード買い取り
日本中小企業金融サポート機構 1.5~10% 下限・上限なし 当日中
OLTA 2〜9% 非開示(要問い合わせ) 2〜9%

QuQuMo

QuQuMo公式サイト

画像引用:QuQuMo公式サイト

QuQuMoがおすすめの人の特徴
  • 今日中に資金調達を必ずしたい人
  • オンラインで手続きを完結させたいと考えている人
  • 少ない書類で審査に出せるファクタリングサービスを探している人

QuQuMoは、手数料が1〜14.8%と低く、一般的な2社間・3社間ファクタリングよりも 多く資金を調達できる可能性が高い ファクタリングサービスです。

また、最短2時間という業界最速レベルのスピードで入金されるファクタリングサービスでもあり、当日中に入金が期待できます。

売掛債権の買取金額も数億円の大型債権から数十万円の少額債権まで幅広く設定されている点は魅力的。

さらに、審査申し込みを行う際の必要書類は決算書・契約書の2種類だけなので、準備に手間がかからないのも便利なポイントです。

MEMO
QuQuMoはどうしても本日中に債権を現金化したい人におすすめするファクタリングサービスです。
項目 詳細
会社名 株式会社アクティブサポート
設立年 2017年
契約方法 2社間ファクタリング・3社間ファクタリング
入金スピード 最短2時間で入金が可能
法人利用 可能 個人利用 可能 手数料(目安) 1%〜14.8% 調達額 下限・上限なし オンライン利用 可能 公式ホームページ QuQuMo公式サイト

ビートレーディング

ビートレーディング公式サイト

画像引用:ビートレーディング公式サイト

ビートレーディングがおすすめの人の特徴
  • ウェブ上で手続きを完結させたい人
  • 様々な書類を揃えるのが面等な人
  • 法人・個人事業主

株式会社ビートレーディングは、2012年に設立されたファクタリング事業者です。

幅広い範囲でサービスを提供しているため、日本全国どこからでもファクタリングサービスを利用できます。

ファクタリング事業者として、取引実績3.7万社以上、累計買取額900億円(2022年3月時点)を達成するなど、経験豊富なファクタリング事業者です。

オンライン契約を導入することで、手続きを簡素化し、最短5時間でのファクタリングを利用した資金化を実現しています。

ビートレーディングでは、ファクタリングを利用するにあたって審査の際に必要となる書類についても簡素化されていることが特徴です。

必要な書類としては、売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)と、売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)が必要となります。

介護報酬債権の買取り(介護報酬ファクタリング)や診療報酬債権に関しても買取り(診療報酬ファクタリング)も行っているなど、幅広い種類の債権について取扱いがあるので安心して利用できます。

ただし、 賃金業を営む事業者ではないため、給与ファクタリングの取扱いはありません。

項目 詳細
会社名 株式会社ビートレーディング
設立年 2012年
契約方法 2社間ファクタリング・3社間ファクタリング
入金スピード 最短5時間で入金が可能
法人利用 可能 個人利用 個人事業主であれば可能 手数料(目安) 手数料は2者間ファクタリングで4%~12%程度、3者間ファクタリングで2%~9%程度 調達額 3万円~7億円までの買取実績有り オンライン利用 可能 公式ホームページ ビートレーディング公式サイト

アクセルファクター

アクセルファクター公式サイト

画像引用:アクセルファクター公式サイト

アクセルファクターがおすすめの人の特徴
  • 少額でも安い手数料でファクタリングを利用したい人
  • 素早く資金を調達したい人
  • 法人・個人事業主

株式会社アクセルファクターは、2018年に設立されたファクタリング事業者です。

ネクステージグループの一員として、ファクタリング事業を担当する会社となっています。

ファクタリングサービスの利用件数は年間3,000件を超え、2022年現在までの買取申込額は300億円弱となるなど、多くの会社から利用されています。

アクセルファクターでは、少額を理由に他社に断られた債権であっても対応してもらえる可能性があることが特徴です。

ほとんどの契約において即日で入金可能であるなど、スピード感のある審査で、資金繰りに困っている会社を強力にサポートしてくれます。

アクセルファクターが提供するファクタリングサービスは、 手数料2%〜、債権額30万円~と、非常にリーズナブルな手数料体系となっており、状況に応じて柔軟に対応してくれるので安心して利用できます。

最長180日支払いの債権まで対応しているため、長期工事や元請け企業の都合で入金サイクルが長い場合など、入金まで期間が空いてしまう売掛債権でも買い取ってもらえるなど、柔軟な対応が魅力です。

他のファクタリング事業者と同様に、個人への請求権(債権)や貸倒リスクが高い債権については買い取りを行っていないので注意してください。

項目 詳細
会社名 株式会社アクセルファクター
設立年 2018年
契約方法 2社間ファクタリング・3社間ファクタリング
入金スピード ほとんどの契約において即日で入金可能(確認書類が整っていれば、最短で1時間程度で完了)
法人利用 可能 個人利用 個人事業主であれば可能 手数料(目安) 100万円未満(10%~)
101~500万円(5%~)
501~1000万円(2%~)
1001万円以上(別途相談)
調達額 30万円~1億円 オンライン利用 可能 公式ホームページ アクセルファクター公式サイト

ベストファクター

画像引用:ベストファクター公式サイト

ベストファクターがおすすめの人の特徴
  • できるだけ安くファクタリングを利用したい人
  • 担保や保証人が立てられないが、ファクタリングを利用したい人
  • 法人・個人事業主

ベストファクターは、株式会社アレシアが提供するファクタリングサービスです。

株式会社アレシアは、2017年に設立されています。

個人事業主や中小企業によく利用される2社間ファクタリングをはじめ、大企業・上場企業に利用されている3社間ファクタリングサービスを提供するなど、幅広いサービスが魅力です。

審査通過率も92.2%と高い水準を誇っており、売掛債権請求額30万円以上から利用できるなど、少額のファクタリングにも対応しています。

なお、最高の利用金額は、売掛先1社につき1億円までとなっています。

無料の財務コンサルティングを提供するなど、ファクタリングサービスだけではないサービスが充実していることも特徴です。

ベストファクターでは、基本的に検収(売掛金の残高に間違いがないか)を完了し、入金日が確定している売掛金であれば、業種を問わず買取が可能となっています。

ただし、次のような売掛債権は買い取れない場合があるので注意が必要です。

  • 譲渡禁止特約が設定されている売掛金
  • 既に他に譲渡している売掛金
  • 回収の難しい売掛債権(金融庁定義の不良債権)
  • 売掛先が反社会的勢力や公序良俗に反する企業
項目 詳細
会社名 株式会社アレシア
設立年 2017年
契約方法 2社間ファクタリング・3社間ファクタリング
入金スピード 最短1日のスピード買い取り
法人利用 可能 個人利用 個人事業主であれば可能 手数料(目安) 2%以上(ファクタリングの種類による 調達額 30万円~1億円 オンライン利用 可能 公式ホームページ ベストファクター公式サイト

日本中小企業金融サポート機構

画像引用:日本中小企業金融サポート機構公式サイト

日本中小企業金融サポート機構がおすすめの人の特徴
  • はじめてファクタリングを利用する人
  • ファクタリング以外にも相談したいことがある人
  • 法人・個人事業主

日本中小企業金融サポート機構は、資金調達に関する斡旋及び仲介業務、並びに資金調達、資本政策、企業の財務及び事業再生等に関するアドバイザリー及びコンサルティング業務を遂行する事業者です。

ファクタリング事業だけではなく、様々な事業を展開しています。

関東財務局長及び関東経済産業局長が認定する経営革新等支援機関として事業を展開しているので、安心してサービスを利用できるのが魅力です。

無料相談を受けて、その後、提案を受け、サービスを利用するかどうかを利用者自身で判断します。

相談だけなら無料ででき、資金調達だけでなく、様々な経営の悩みに親身になって相談にのってくれるのが魅力です。

なお、日本中小企業金融サポート機構でも、給与ファクタリングについては取扱いがありませんので注意が必要です。

項目 詳細
会社名 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
設立年 2017年
契約方法 2社間ファクタリング・3社間ファクタリング
入金スピード 当日中
法人利用 可能 個人利用 個人事業主であれば可能 手数料(目安) 1.5~10% 調達額 下限・上限なし オンライン利用 一部可能 公式ホームページ 日本中小企業金融サポート機構公式サイト

OLTA

OLTA公式サイト

画像引用:OLTA公式サイト

OLTAがおすすめの人の特徴
  • 中小企業経営者・個人事業主
  • 請求書でファクタリングを利用したい人
  • 法人・個人事業主

OLTAは、株式会社オルタが運営するファクタリング事業です。

OLTAの特徴は、資金調達までのプロセスがオンラインで全て完結するオンライン型ファクタリングであるということです。

日本マーケティングリサーチ機構調べによると、中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリングとしてNo.1となる実績を誇っています。

累計利用者(事業者)数は10,000人、累計申込金額は900億円となっており、大手企業にも利用されているサービスです。

様々なメディアでも取り上げられるなど、ファクタリング事業者として急成長しています。

OLTA最大の特徴は、資金調達までのプロセスが全てオンライン上で完結し、AIを用いたスピーディーな審査が実現されていることです。

OLTAで買取対象となっている売掛債権は下記のような債権となっています。

OLTAで買取対象となっている売掛債権
  • 法人または官公庁向けの売掛債権
  • 入金日と金額が確定している「確定債権」

他の事業者よりも信用度の高い債権を取り扱うことで、オンライン上での審査を可能にしているため、他の事業者よりも買取対象となっている債権が少ないことに注意が必要です。

個人事業主や個人向けの債権は対象外となっており、支払い期日の決まった確定債権であっても、入金日が過去の物は対象外となっています。

項目 詳細
会社名 OLTA
設立年 2017年
契約方法 2社間ファクタリング・3社間ファクタリング
入金スピード 即日ないし翌日
※必要書類が全て不備なく揃ってから審査を開始し、24時間(1営業日)以内に見積り結果が出ます。
法人利用 可能 個人利用 個人事業主であれば可能 手数料(目安) 2〜9% 調達額 非開示(要問い合わせ) オンライン利用 一部可能(電話によるヒアリング必須) 公式ホームページ OLTA公式サイト

ファクタリング以外の資金調達方法

ファクタリング 金利 ファクタリング以外 資金調達方法
この章では、ファクタリング以外の資金調達方法について解説します。

ファクタリング以外の資金調達方法
  • ビジネスローン
  • 銀行融資

審査はファクタリングよりも難しくなってしまうのですが、急ぎではない方はぜひ検討してみてください。

ビジネスローン

ビジネスローンは融資金を事業目的で利用することを前提として、法人や個人事業主が使えるローンのことです。

ビジネスローンの提供事業者は以下の通りです。

ビジネスローンの提供事業者
  • 銀行
  • 信販会社
  • 消費者金融

それぞれの金利の相場をまとめましたので、事業者選びの参考にしてください。

ビジネスローンの種類 金利の相場
銀行系 1〜14%程度
信販会社系 6〜15%程度
消費者金融系 3〜18%程度

上記の表から、銀行系は金利が低めに設定されており、消費者金融が高めに設定をされていることがわかります。

信販会社系は、下限金利は高めですが上限に関しては消費者金融よりも低めとなっています。

銀行系は審査が比較的厳し目であり、消費者金融系は逆に審査は銀行に比べると甘めです。

MEMO
いくら審査が甘めといっても、必ず融資がされるということはありませんので注意してください。

銀行融資

銀行融資とは、りそなや三菱東京UFJ銀行などのメガバンク、地方銀行・信用金庫といった金融機関からお金を借りることです。

金利が低いことが特徴であり、融資によりますが相場として年利2〜3%前後に落ち着くことが多いです。

なお、金利が低い分審査は厳しいので、一発で融資に受かる事業者はほぼいません。

これまで銀行融資を受けた実績のある方や、事業が安定しており黒字を維持し続けている場合は、 銀行から融資を受けることをぜひ検討してください。

ファクタリングの金利 まとめ


ファクタリングの金利相場について解説してきましたが、ファクタリングは、債権の現金化であるため金利の概念はなく、手数料の支払いが必要です。

ファクタリングの手数料は融資系のカードローン、ビジネスローンなどと比べて高く、 年利換算すると手数料の割合に対して数十倍になることもあり割高になりやすいです。

信頼性の高い取引先に対する債権をファクタリング会社に譲渡したり、3社間ファクタリングを利用することで手数料を安く抑えられます。

なので、ファクタリングの利用にあたってはどこの会社に依頼するかも重要です。

ファクタリング会社の中には利息制限法が適用されないことをを利用して、多額の手数料を請求してくるケースもあるため、依頼する会社の信頼性や契約書の内容を十分に確認してください。

特に、 貸金業登録を受けていない給与ファクタリングは違法なので絶対に契約や関わりを持ってはいけません。

この記事でおすすめしたファクタリング事業者であれば、 比較的安い手数料でファクタリングを有効に利用することができる ので安心して資金調達を進めてくださいね!

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • u*****m様が
    1100万円を調達しました。

  • f*****v様が
    600万円を調達しました。

  • p***e様が
    1000万円を調達しました。

  • y*****f様が
    500万円を調達しました。

  • b*****a様が
    500万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング