請求書買取サービスとは?仕組みやデメリット・メリットとフリーランス・個人事業主におすすめのファクタリング会社5選

運営事務局
運営事務局
更新日2022/12/17
PR

請求書 買取 アイキャッチ

請求書買取の仕組みを知りたい!

請求書買取は個人事業主やフリーランスも対応しているの?

請求書買取のおすすめの業者を知りたい!

請求書買取サービスは簡潔に言うと「ファクタリングサービス」のことで、請求書を買い取ってもらい、早期に資金化することが可能です。

今回の記事では請求書買取サービスの仕組みやデメリット・メリットなどについて解説します。

フリーランス・個人事業主におすすめのファクタリング会社も紹介するので、これから請求書買取サービスを利用したい人は参考にしてくださいね。

請求書買取サービスをざっくり言うと・・・
  • 請求書買取サービスとは、専門業者に請求書を買い取ってもらい、資金調達を行う「ファクタリング」のこと
  • 請求書買取は、取引先にサービス利用の事実が知らされない「2社間ファクタリング」と、通知される「3社間ファクタリング」がある
  • 通常のメリットには 売掛金を予定よりも早く現金化することができる
  • 利用するサービスにより異なりますが、 「即日入金」「オンライン完結」などの付加価値があるファクタリング業者が多い のも魅力
  • 請求書の買取サービスは 公的機関や銀行、ビジネスローン融資と比べて審査が甘い傾向にあるため、資金調達が最もしやすい のも特徴
  • 公的機関や金融機関の融資審査に落ちた」という方は 請求書買取サービスが資金調達最後の砦!
  • 請求書買取サービスはまず、 いくらで買取してもらえるのかを把握してから申し込みするのがベスト!
  • 以下バナーより無料で利用できる「10秒診断から手持ちの売掛金でいくら現金化できるのか?」をチェックすると...
  • 金額だけでなく、 事業形態に適した業者の紹介もできるので、最短即日で資金調達が完了します!
  • 取引先からの入金はまだ先だが、資金繰りで悩んでいるという方は 「請求書買取サービス」 を上手に活用してください!

資金調達プロ CTA 女性ver請求書買取(ファクタリング)かんたん10秒診断はこちら

請求書買取サービスとは?

請求書買取サービスとは

請求書買取サービスとは
業者に請求書を買い取ってもらい現金化するファクタリングです。

売掛債権を業者に売却することにより、 実際の支払い日よりも早く報酬を受け取ることができます。

本来であれば報酬は、納品してからお金を受け取るまでに数ヶ月ほど時間を要します。

数ヶ月は報酬が入ってこない日が続くため「資金繰りが苦しい」「手元にまとまったお金がない」という状況になることも。

しかし、このような事態を防ぐために請求書買取サービスを利用して、本来の期日よりも早くお金を受け取って資金繰りの改善をしていきます。

請求書買取サービスが今注目されている理由

近年、請求書買取サービスが新しい資金調達方法として注目されています。

請求書買取サービスが今注目されている理由として、Webから申し込めるファクタリング業者が増えていることが挙げられます。

Webで申し込みから入金まで完結できる業者もあるので、以前に比べると手軽に利用しやすい仕組みになってきています。

MEMO
請求書買取サービスを行っている「OLTA」というファクタリング業者は、25億円の資金調達を行ったことにより話題になりました。

請求書買取の仕組み

請求書 買取 仕組み
以下の請求書買取の仕組みについて説明します。

請求書買取の仕組み
  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

請求書買取の仕組み① 2社間ファクタリング

請求書買取には2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングの2種類が存在します。

まずは2社間ファクタリングについて解説します。

2社間ファクタリングとは
「利用者」と「ファクタリング業者」の2社間で契約するファクタリングのこと。

利用者が業者に請求書の買取依頼をし、業者が請求書債権を買い取ります。

そして業者は利用者に対して買取金額を支払い、最後に利用者が集金した売掛金を業者に支払う、という流れになります。

2社間ファクタリングは売掛先を含めずに契約を結ぶため、 資金化までのスピードが早く、売掛先に知られることなく早く報酬を受け取ることができます。

しかし、3社間に比べると売掛金の未回収リスクがあるため、買取手数料の相場が10~20%と少々高めに設定されています。

請求書買取の仕組み② 3社間ファクタリング

続いて3社間ファクタリングの仕組みについて解説します。

3社間ファクタリングとは
「利用者」と「ファクタリング業者」と「売掛先」の3社間で契約するファクタリングのこと。

2社間とは違い、 未回収リスクが低いので手数料の相場が1〜5%と安い料金設定になっています。

ただし、売掛先も含めて契約するので、売掛先への利用承諾を得るまでに時間がかかります。

そのため2社間ファクタリングよりも資金化するまでのスピードが遅くなります。

請求書買取サービスを利用するメリット

請求書 買取 メリット
請求書買取サービスは資金繰りの改善につながる利便性の良いファクタリングです。

請求書買取サービスを利用するメリットについて解説していきます。

請求書買取サービスを利用するメリット
  • 売掛金の入金を速くすることが可能
  • 即日入金できるサービスもある
  • オンライン完結できるサービスも

請求書買取のメリット① 売掛金の入金を速くすることが可能

請求書買取サービスでは、 通常の報酬受け取り日よりも入金を早めることができます。

通常であれば、受注→納品してから報酬を得るまでに1〜2ヶ月ほどの期間があります。

報酬を受け取るまでの期間が長いため、資金繰りが苦しくて経営困難に陥ることも少なくありません。

経営していく中で「急にお金が必要になった」「支払いが滞っていて困っている」といった状況になる可能性が出てきます。

MEMO
このような状況にならないために、請求書買取サービスを利用して売掛金を早く受け取り、困難な状況を乗り越えることが可能となります。

請求書買取のメリット② 即日入金できるサービスもある

請求書買取のメリットは、即日入金できるサービスがあることです。

前述した通り、 2社間ファクタリングでは売掛先に知られずに取引ができるので、入金スピードが早いです。

MEMO
業者によっては即日入金を行っているので、今すぐにまとまったお金が必要な人にとってありがたいサービスといえます。

請求書買取のメリット③ オンライン完結できるサービスも

請求書買取はオンライン完結できるサービスもあります。

申し込みから入金までオンラインで完結できる便利なサービスを提供している、ファクタリング業者があります。

来店しなくていいので気軽に利用ができる上に、いつでも好きな時間に申し込みができるのでスムーズに契約ができます。

MEMO
「地方に事業所があり来店が難しい」「忙しくて来店できない」という人は、オンライン完結が可能な業者を探してみてください。

請求書買取サービスを利用するデメリット

請求書 買取 デメリット
請求書買取は便利なサービスですが、一方で悪い面もいくつかあります。

請求書買取サービスのデメリットは以下の通りになります。

請求書買取サービスを利用するデメリット
  • 手数料がかかる
  • 売掛金以上の金額は買取できない

それぞれのデメリットを説明していきます。

請求書買取のデメリット① 手数料がかかる

請求書買取サービスは、売掛金を早く現金化できるものの手数料が発生します。

2社間であれば10~20%、3社間であれば1~5%の手数料を引かれた額しか受け取れないので、本来の請求書額よりも少なくなってしまいます。

お金に困っている状況の中で利用する人が多いサービスなので、手数料を引かれるのは痛いです。

請求書買取サービスをリピートして利用すると、手数料を差し引かれた金額しか入ってこないので、現状よりも資金繰りが悪化する恐れがあります。

MEMO
とくに2社間ファクタリングは手数料が高いので、請求書買取サービスを利用する際は要注意です。

請求書買取のデメリット② 売掛金以上の金額は買取できない

請求書買取サービスの2つ目のデメリットは、売掛金以上の金額は買取できません。

銀行ローンの融資のように希望額を受け取れるわけではなく、請求書の額面以上の金額は資金化できません。

MEMO
売掛金以上の高額取引をしたい場合に関しては、請求書買取サービスは不向きともいえます。

個人事業主・フリーランスにおすすめの請求書買取サービス5選

請求書 買取 おすすめ会社
個人事業主・フリーランスにおすすめの請求書買取サービスを5社を紹介します。

自分に合ったファクタリング業者を選ぶ際に参考にしてください。

サービス名 手数料 契約種類 調達可能額 最短入金スピード オンライン完結 債権譲渡登記
アクセルファクター 2%~ ・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング
30万~1億円 即日 可能 不要
ビートレーディング 2~12% ・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング
下限・上限なし 即日 可能 不要
Pay Today 1~9.5% 2社間ファクタリング 10万円~上限なし 最短30分 可能 不要
FREENANCE 3~10% 2社間ファクタリング 非公開 最短即日 可能 不要
QuQuMo 1~14.8% 2社間ファクタリング 下限・上限なし 最短2時間 可能 不要

アクセルファクター

アクセルファクター公式サイト

アクセルファクターがおすすめな人の特徴
  • 手数料を抑えたい人
  • 少額取引をしたい人
  • 審査通過が心配な人
  • 実績のあるファクタリング業者を利用したい人

アクセルファクターは東京を拠点にしており、仙台や名古屋に営業所を有しているファクタリング業者です。

アクセルファクターでは審査通過率が93%と高く、申し込みをした人のほとんどが審査に通っていることがわかります。

柔軟性のある対応をしており、買取可能額は少額からでもOKとし、最長で6ヶ月までの売掛金を現金化することが可能です。

手数料も2%〜と安く設定されているので、手数料をなるべく抑えたい人におすすめのファクタリング業者です。

項目 詳細
手数料 2%~
契約種類 ・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング
調達可能額 30万~1億円
最短入金スピード 即日
オンライン完結 可能
債権譲渡登記 不要

ビートレーディング

ビートレーディング公式サイト

ビートレーディングがおすすめな人の特徴
  • オンライン完結で済ませたい人
  • スピーディーに資金化したい人
  • 少ない必要書類で申し込みをしたい人

ビートレーディングは東京に本社、仙台や大阪、そして福岡に支店を構えており、月800件の取引実績と累計買取額900億円を達成している業者です。

ビートレーディングでは注文書ファクタリングのサービスを行っており、請求書より前の「注文書」を買い取って資金化することができます。

仕事を受注した時点で資金化できる業者はなかなかありません。

売掛先が法人であることが必須ですが、個人事業主でも請求書買取サービスを受けることができます。

項目 詳細
手数料 2~12%
契約種類 ・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング
調達可能額 下限・上限なし
最短入金スピード 即日
オンライン完結 可能
債権譲渡登記 不要

Pay Today

Pay Today公式サイト

Pay Todayがおすすめな人の特徴
  • 即日入金を希望している人
  • 手数料を抑えたい人
  • 少額取引をしたい人
  • 手軽に資金化したい人

Pay Todayは、東京に拠点を置くAIファクタリング業者です。

Pay Todayではオンライン完結OK、入金スピードは最短30分とかなりスピーディーな対応をしてくれるファクタリングサービスです。

書類の届出は不要な上に、AIで審査をするため面談の必要もなく全国に対応しています。

法人・個人事業主・フリーランスと幅広い人を対象とし、入金待ちの請求書を資金化することが可能。

また、手数料がファクタリング業界最低水準の1%~と良心的な設定なので、最小限のコストで請求書買取サービスを利用できます。

項目 詳細
手数料 1~9.5%
契約種類 2社間ファクタリング
調達可能額 10万~上限なし
最短入金スピード 最短30分
オンライン完結 可能
債権譲渡登記 不要

FREENANCE

フリーナンス公式サイト

FREENANCEがおすすめな人の特徴
  • フリーランスの人
  • オンラインだけで契約を完結したい人
  • 2社間ファクタリングを利用したい人

FREENANCEは、GMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営しているフリーランス向けのファクタリング業者です。

FREENANCEはGMOグループの子会社が提供しているので安心安全に利用ができ、 フリーランスに特化している珍しいファクタリングサービスです。

フリーランス向けに「あんしん保証」「即日払い」「銀行口座」の3つのサービスを用意されており、「即日払い」でファクタリングサービスを行っています。

ファクタリングサービスは個人事業主やフリーランスの場合は利用できないことが多々ありますが、FREENANCEではフリーランスの活動を応援しています。

これまでフリーランスであることからファクタリング利用をできなかった人は、FREENANCEの申し込みを検討してみてください。

項目 詳細
手数料 3~10%
契約種類 2社間ファクタリング
調達可能額 非公開
最短入金スピード 最短即日
オンライン完結 可能
債権譲渡登記 不要

QuQuMo(ククモ)

QuQuMo公式サイト

QuQuMoがおすすめな人の特徴
  • 最低限の必要書類で契約したい人
  • スピーディーに資金化したい人
  • 高額取引をしたい人

QuQuMoは、株式会社アクティブサポートが運営しているファクタリングサービスです。

オンライン完結でスピードを追求したファクタリング業者ということもあり、 最短2時間という速さで入金が可能です。

その上、取引金額に上限がないので少額〜高額でも柔軟に対応、2点の書類のみで申し込みができるので面倒な書類は必要ありません。

とにかく手続きの手間を減らしたい、スピード重視という人に向けたファクタリング業者です。

項目 詳細
手数料 1~14.8%
契約種類 2社間ファクタリング
調達可能額 下限・上限なし
最短入金スピード 最短2時間
オンライン完結 可能
債権譲渡登記 不要

請求書買取に関するよくある質問

請求書 買取 よくある質問
請求書買取に関するよくある質問を集めてみました。

請求書買取に関するよくある質問
  • Q:個人事業主やフリーランスでも請求書の買取は可能ですか?
  • Q:請求書の買取は違法ではないのですか?
  • Q:担保や保証人は必要ですか?
  • Q:請求書買取サービスは借入ではない?
  • Q:ノンリコース契約とはどういった内容ですか?

初めて請求書買取サービスを知った、これから請求書買取サービスを利用したい人に向けて回答していきます。

Q:個人事業主やフリーランスでも請求書の買取は可能ですか?

個人事業主やフリーランスでも請求書の買取が可能です。

ただし、売掛先が個人事業主やフリーランスの場合は買取が不可となっています。

売掛先が法人のみ取り扱っている場合がほとんどなので要注意です。

Q:請求書の買取は違法ではないのですか?

請求書の買取は違法ではありません。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングには、それぞれ法的根拠があります。

2社間ファクタリングの場合は、売掛債権をファクタリング業者が買い取るため「売買契約」になります。

売買契約は 民法555条にあたるため法律上問題なく取引を行えます。

売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

引用:民法第555条|WIKIBOOKS

また3社間ファクタリングの場合も2社間ファクタリングと同様、法的根拠があるため問題ありません。

3社間ファクタリングは売掛先からの承諾を得てから債権の譲渡を行います。

法的根拠となるのは民法466条と民法467条になります。

債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。
当事者が債権の譲渡を禁止し、又は制限する旨の意思表示(以下「譲渡制限の意思表示」という。)をしたときであっても、債権の譲渡は、その効力を妨げられない。
前項に規定する場合には、譲渡制限の意思表示がされたことを知り、又は重大な過失によって知らなかった譲受人その他の第三者に対しては、債務者は、その債務の履行を拒むことができ、かつ、譲渡人に対する弁済その他の債務を消滅させる事由をもってその第三者に対抗することができる。
前項の規定は、債務者が債務を履行しない場合において、同項に規定する第三者が相当の期間を定めて譲渡人への履行の催告をし、その期間内に履行がないときは、その債務者については、適用しない。

引用:民法第466条|WIKIBOOKS

債権の譲渡(現に発生していない債権の譲渡を含む。)は、譲渡人が債務者に通知をし、又は債務者が承諾をしなければ、債務者その他の第三者に対抗することができない。
前項の通知又は承諾は、確定日付のある証書によってしなければ、債務者以外の第三者に対抗することができない。

引用:民法第467条|WIKIBOOKS

Q:担保や保証人は必要ですか?

請求書買取サービスでは原則、担保や保証人は不要です。

融資や借入のように代表者の連帯保証も必要ありません。

Q:請求書買取サービスは借入ではない?

請求書買取サービスは借入ではありません。

請求書買取サービスは売掛債権を譲渡する資金調達方法の一つであり、融資とは異なります。

もちろん信用情報にも影響がないので、銀行ローンなどで審査が通らない場合であっても、 請求書買取サービスであれば審査に通過する可能性が高いです。

MEMO
請求書買取サービスのようなファクタリングの場合、個人の返済能力は関係なく、売掛先の信用度が重要視されています。

Q:ノンリコース契約とはどういった内容ですか?

ノンリコース契約とは
リコースのないファクタリング契約のことを指します。

「リコース」とは償還請求権のことで、売掛先が倒産して売掛金が回収できなくなった場合でも、利用者は責任を負わなくて済むのがノンリコース契約です。

日本では基本的にはノンリコース契約が主流なので、 利用者側にはリスクがないので安心してファクタリング利用ができます。

請求書の買取 まとめ

請求書 買取 まとめ

請求書の買取 まとめ合
  • 請求書買取サービスはファクタリングと同じ
  • 請求書買取は近年注目されているサービス
  • メリットは「売掛金の入金を速くすることが可能」「 即日入金できるサービスもある」「オンライン完結できるサービスがある」
  • デメリットは「手数料がかかる」「売掛金以上の金額は買取できない」
  • 個人事業主やフリーランスでも利用できる業者はある
  • 請求書買取サービスは違法ではない
  • 売掛先は法人のみの場合がほとんど

請求書買取サービスの仕組みやデメリット・メリットと、フリーランス・個人事業主におすすめのファクタリング会社について紹介しました。

請求書買取は法的根拠のあるサービスなので違法ではありません。

しかし、数多くある業者の中には悪質業者や違法業者が存在するので、利用する際は口コミや公式ホームページを確認したり、契約書によく目を通してください。

今回紹介した請求書買取サービス会社は評判が良く、実績のある信頼のおける業者ばかりなので安心安全に利用ができます。

また、 請求書買取サービスは個人事業主やフリーランスでも利用できる業者が増えてきています。

資金繰りに困っている、まとまったお金が必要になった、銀行ローンを断られた人は請求書買取サービスを検討してみてください。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • f*****v様が
    600万円を調達しました。

  • p***e様が
    1000万円を調達しました。

  • y*****f様が
    500万円を調達しました。

  • b*****a様が
    500万円を調達しました。

  • l******i様が
    300万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング