アコムの借り方は3つ!申し込みや返済方法とお金を借りるデメリット・メリット

運営事務局
運営事務局
更新日2024/1/12
PR

アコム 借り方 アイキャッチ

アコムの借り方は?

アコムでお金借りるとバレる

アコムの返済方法を知りたい!

今回は上記のような疑問に対してお答えしていきます。

アコムは大手消費者金融のなかでも利用者が多く、 融資までのスピードの早さや、原則在籍確認なしで借り入れできるのが特徴です。

急にお金が必要になったときに利用したいカードローンですが、「初めてアコムを利用するから借り方がわからない」という人もいるはずです。

そこで本記事では、アコムの借り方から申し込み、返済方法について紹介します。

アコムの借り方をざっくり言うと...
  • アコムの借り方は指定口座振込かアコムATMでの借入、提携ATMで借入の3つがある!おすすめは指定口座振込かアコムATM
  • アコムで借入する申し込み条件は満20歳以上で安定した収入と返済能力があるかつ、アコムの審査基準を満たす人
  • アコムの審査で提出する書類は「本人確認書類」と「収入証明書」※店舗契約で保険証を提出する場合に限り、住民票の写しか公共料金の領収書が必要になるケースも
  • 【アコムの借り方】申し込み方法はスマホ・パソコン(Web)か自動契約機(むじんくん)、電話、郵送から選ぶことが可能
  • アコムで確実に即日融資を受けるなら、 カードレスのWeb完結で申し込みする
  • アコムの審査では、信用情報や総量規制、他社借入状況、金融事故、申込情報の虚偽、提出した書類をチェックしている
  • アコムの審査に通過するには虚偽申告しない・他社借入がある際は、減らすか完済しておく・在籍確認の電話対応をするが重要
  • アコムの返済方法はインターネット・アコムATM・提携ATM・振込・口座振替の5つから選べる
  • アコムでお金を借りるメリットには知名度の高さによる安心、30日間金利0円サービスの実施、融資スピードが早い、原則、在籍確認がないなどが挙げられる
  • 対してデメリットには金利が高いことや利用限度額が希望よりも少ないことがあるケース、審査落ちする可能性があるなどが挙げられる

アコムで誰にもバレずに借りる方法も解説しているので、ぜひ最後までご覧ください!

目次

アコムで借入する申し込み条件

アコム 借り方 申し込み条件
アコムで借入する場合、以下の条件が必須となります。

アコムで借入する申し込み条件
  • 申込みの時点で20歳以上の人
  • 安定した収入と返済能力がある人
  • アコムの基準を満たす人

このように、アコムには申し込み条件が設けられていますが、 基本的には働いている人であれば申し込み対象者となります。

パートやアルバイトOKとし、主婦であっても収入源があれば申し込みは可能です。

ただし、上記はあくまでも申し込み条件であって、条件に該当しても必ず審査に通過するとは限りません。

アコムなどの消費者金融の審査は、他社の借入件数や信用情報などを確認した上で、融資の可否を決定します。

MEMO
無収入の人や、パートやアルバイトをしてない専業主婦は申し込み不可なので要注意です。

アコムの借り方は3つ

アコ 借り方 3つの借り方
アコムでは、以下のように3つの方法で借り入れできます。

アコムの借り方3つ
  • アコムの借り方① 指定口座振込※おすすめ
  • アコムの借り方② アコムATMで借入※おすすめ
  • アコムの借り方③ 提携ATMで借入

それぞれの借り方を紹介していきます。

アコムの借り方① 指定口座振込※おすすめ

アコムでは、お金を借りる際に ATMまで足を運ばなくても指定口座に直接振り込んでくれます。

さらに、指定口座振込には以下のようなメリットがあります。

指定口座振込を利用するメリット
  • 手数料無料
  • 原則24時間365日借り入れ可能
  • 最短10秒で振込可能

指定口座振込の利用方法ですが、 「インターネット」「スマホアプリ」「電話」の3つから選択できます。

インターネット利用の場合

  1. アコムのマイページにログインする
  2. 「振込で借りる」をクリック
  3. 必要情報の入力後、「申し込む」ボタンをクリック
  4. アコムから指定の金融機関口座に振込が行われる

スマホアプリ利用の場合

  1. アコムのアプリのメニュー画面にアクセスする
  2. 「お金を借りる」より「口座振込で借りる」をクリック
  3. 必要情報の入力後、「お申し込み」ボタンをクリック
  4. アコムから指定の金融機関口座に振込が行われる

電話で指定口座振込を希望する場合、 以下の問い合わせ先に電話をかけて、案内の内容に沿って手続きを行っていきます。

電話利用の場合 問い合わせ先
アコムプッシュホンサービス(自動音声)
※利用可能時間 0:10~23:50
0120-134-567
アコム総合カードローンデスク(担当者受付)
※利用可能時間 平日9:00~18:00
0120-629-215

電話での指定口座振込の手続きをする場合、それぞれ利用可能時間があるので注意が必要です。

担当者受付は平日のみの営業なので、土日祝日に利用する際は自動音声から手続きを行ってください。

アコムの借り方② アコムATMで借入※おすすめ

アコムの契約時にカード発行した場合は、アコムATMで借入するのもおすすめです。

アコムATMを利用するメリット
  • 原則24時間借り入れ可能
  • 手数料無料
  • 設置台数が多い

アコムATMでの借り方の流れは以下のようになります。

アコムATMを利用の場合

  1. アコムのカードをATMに入れて暗証番号を入力する
  2. 選択ボタンの右上にある「ご融資」をタッチする
  3. 利用可能額を入力後に「円」をタッチする
  4. カードと明細書、お金を受け取り完了

アコムATMの設置場所や営業時間については、アコム公式サイトの「店舗・ATM検索」から検索できます。

カードを持っている人限定の借り入れ方法ですが、外出先で「今すぐお金が必要」という場合に便利です。

アコムの借り方③ 提携ATMで借入

アコムは、以下のように多くの金融機関と提携しています。

提携ATM一覧
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • コンビニATM
  • E-net
  • ローソン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • その他、地方銀行のATMなど

ほとんどのATMと連携しているので気軽に借り入れできますが、アコムATMとは違い手数料が発生します。

コンビニATMの場合は、利用金額によって手数料が変わります。

利用金額 手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円

また、ATMごとに営業時間が異なるため、利用可能な時間帯なのか確認した上で借り入れしてください。

提携ATMの借り方は以下の流れになります。

提携ATMを利用の場合

  1. ATMにカードを入れる
  2. 取引画面に表示される「ご出金(借入)」を選択する
  3. 暗証番号を入力する
  4. 取引希望金額を入力する
  5. 「確認」をクリックする
  6. カードと明細書、お金を受け取り完了

アコムの審査で必要になる書類一覧

アコム 借り方 審査で必要になる書類一覧
アコムの審査で必要になる書類は以下の通りです。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード ※個人番号、本籍地を隠すこと
  • 健康保険証 ※記号、番号、保険番号、QRコードを隠すこと

店舗で提出&保険証を提出する場合のみ、補足書類も必要なので、以下のいずれかの書類(発行日から6ヶ月以内)を用意してください。

補足書類(店舗契約で保険証を提出する場合のみ)
  • 住民票の写し
  • 公共料金の領収書(電気・ガス・水道等)

加えて、「契約金額が50万円を超える場合」「赤の太文字になります他社を含めた借入総額が100万円超える場合」は、収入証明書も提出します。

収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書

収入証明書が必要な人は、上記のいずれか1点を用意しておいてください。

アコムの申し込み方法は4つ!融資までの流れ

アコム 借り方 申し込み方法と融資までの流れ
アコムでは、 4つの申し込み方法から手続きが可能です。

アコムの申し込み方法
  • スマホ・パソコン(Web)
  • 自動契約機(むじんくん)
  • 電話
  • 郵送

申し込みから融資までの流れを紹介していくので、これから申し込む人は参考にしてくださいね。

アコムの申し込み方法① スマホ・パソコン(Web)

Webからの申し込み方法は以下のような流れになります。

アコムの申し込み方法①:スマホ・パソコン(Web)

  1. アコム公式サイトにアクセスして「お申し込み」をクリック
  2. 必要項目を入力
  3. 審査申し込み完了
  4. アコムから送られてくるメールに記載されたURLをクリック
  5. 必要書類の提出
  6. 審査結果の可否
  7. 「契約手続きのお願い」という旨のメールを確認できたら「同意」する
  8. 契約完了
  9. 自動契約(むじんくん)・郵送のどちらかでカードを受け取る(カードレスの場合は不要)
  10. 口座振込・アコムATM・提携ATMのいずれかの方法で借り入れを行う

スマホ・パソコンからの申し込みは全てWebで完結します。

必要書類の提出もスマホで撮影した書類をアップロードするだけなので、いつでも簡単に契約手続きが進められます。

MEMO
忙しい人や、誰にもバレずに借り入れしたい人向けの申し込み方法と言えます。

アコムの申し込み方法② 自動契約機(むじんくん)

自動契約機(むじんくん)からの申込み方法は、以下のような流れになります。

アコムの申し込み方法: 自動契約機(むじんくん)

  1. アコム公式サイトから近くの自動契約機を検索する
  2. 必要書類を持参の上、自動契約機(むじんくん)へ行く
  3. 自動契約機の画面に沿って必要情報を入力する
  4. 提出書類を端末で読み取る
  5. 審査結果の可否(その場で結果の回答が届く)
  6. 「契約内容通知書」を受け取る
  7. カードを受け取る
  8. 口座振込・アコムATM・提携ATMのいずれかの方法で借り入れを行う

自動契約機(むじんくん)を利用する際は、 事前にWebから申し込みしておくとスムーズに手続きが完了します。

審査結果やカードの受け取りもその場で完結するので、短時間で借り入れが可能です。

MEMO
注意点として、必要書類を忘れてしまうと審査が受けられないので、全て揃えてから自動契約機(むじんくん)に向かってくださいね。

アコムの申し込み方法③ 電話

電話からの申し込み方法は、以下のような流れになります。

アコムの申し込み方法:電話

  1. アコムのフリーダイヤル(0120-07-1000)に電話をかける
  2. 新規で申し込む旨を伝える
  3. 必要書類の提出
  4. 審査開始
  5. 審査結果の通知
  6. 自動契約機(むじんくん)、または郵送でカードを受け取る
  7. 口座振込・アコムATM・提携ATMのいずれかの方法で借り入れを行う

18時以降に電話で新規申し込みした場合は、翌日扱いになります。

そのため早めの融資を希望する人は、 18時より前に申し込みを済ませることが大切です。

MEMO
契約後は、カードが届く前であっても口座振込であれば借り入れ可能です。

アコムの申し込み方法④ 郵送

郵送からの申し込み方法は、以下のような流れになります。

アコムの申し込み方法:郵送

  1. アコムのフリーダイヤル(0120-07-1000)に電話をかける
  2. 申し込み書類を請求する
  3. 申し込み書類の返送(必要書類の写しも必要)
  4. 審査開始
  5. 電話にて審査結果の通知
  6. 郵送にて契約書類とカードを受け取る
  7. カード受け取り後にマイページにログイン、あるいはフリーダイヤルに電話して、カードを利用開始する
  8. 近くの提携ATMにて借り入れを行う

郵送の場合、フリーダイヤルに電話して申し込み書類を送付してもらい、審査に通過すれば郵送でカードを受け取ります。

他の申し込み方法とは異なり返送しなければいけないので、即日融資はできません。

MEMO
郵送での申し込みは必要書類に不備があった際に書き直しが必要です。簡潔に申し込みたい人はWeb申し込みや自動契約機(むじんくん)がおすすめです。

アコムで最短即日融資を受ける方法

アコム 借り方 最短即日融資を受ける方法
「今すぐお金を借りたい」という人に向けて、アコムで即日融資を受ける方法について紹介します。

アコムは原則最短30分融資が可能ですが、申し込み方法によって融資までの時間が変わります。

確実に即日融資を希望する場合は、 カードレスのWeb完結で申し込みすることで、すぐにお金を受け取れます。

Web完結で申し込む方法は先述した通り、以下の流れで契約を進めていきます。

原則、最短30分融資可能!Web完結での申し込み方法

  1. アコム公式サイトにアクセスして「お申し込み」をクリック
  2. 必要項目を入力
  3. 審査申し込み完了
  4. アコムから送られてくるメールに記載されたURLをクリック
  5. 必要書類の提出
  6. 審査結果の可否
  7. 「契約手続きのお願い」という旨のメールを確認できたら「同意」する
  8. 契約完了
  9. 自動契約(むじんくん)・郵送のどちらかでカードを受け取る(カードレスの場合は不要)
  10. 口座振込・アコムATM・提携ATMのいずれかの方法で借り入れを行う

Web完結であれば即日融資だけでなく、 時間や場所に縛られずに申し込みができるメリットがあります。

ただし、アコムの審査対応は21時までなので、21時以降に申し込みすると翌日以降の対応となります。

MEMO
急ぎでお金が必要な人は、早い時間帯に申し込みをするなど時間に余裕を持っておいてくださいね。

アコムの審査でチェックされる項目

アコム 借り方 審査でチェックされる項目
アコムでお金を借りるには審査をクリアしなければなりません。

アコムの審査基準は公表されていませんが、一般的に消費者金融で行われている審査について解説していきます。

アコムの審査でチェックされる項目
  • 信用情報
  • 総量規制
  • 現在の他社借入状況
  • 金融事故
  • 申込情報の虚偽
  • アコムに提出した必要書類

初めて消費者金融を利用する人や、「審査に通るかどうか心配・・・」という人は参考にしてくださいね。

信用情報

アコムなどの消費者金融が融資の可否を決定するために、申込者の信用情報は必ずチェックします。

信用情報とは
クレジットカードやローンの契約・申し込みなどを記録した個人情報のことです。

主に、信用情報に記録されている情報は以下の通りです。

信用情報に記録されている情報
  • クレジットカードの支払い
  • 携帯料金の支払い履歴
  • ローン契約・借入・返済状況など

これらの記録が全て確認できるため、過去に延滞や事故情報が記録されていると審査通過は難しいです。

事故として記録が残っている時点で「返済能力がない」と判断されるからです。

過去の事故情報が知りたい人は、信用情報機関で自身の信用情報を開示することができます。

信用情報機関の種類は「CIC」「KSC」「JICC」の3つがあり、全て別の信用情報機関ですが提携と情報交流を行っています。

それぞれの違いは以下の通りです。

信用情報機関の種類 記録している情報
株式会社シー・アイ・シー(CIC) ・信販会社
・百貨店
・専門店会
・流通系、銀行系、メーカー系クレジット会社
・流通系クレジット会社
・銀行系クレジット会社
・家電メーカー系クレジット会社
・自動車メーカー系クレジット会社
・保険会社
・保証会社
・銀行
・消費者金融会社
・携帯電話会社など
全国銀行個人信用情報センター(KSC) ・銀行
・信用組合
・信用金庫
・保証会社など
株式会社日本信用情報機構(JICC) ・信販会社
・消費者金融会社
・流通系、銀行系、メーカー系クレジット会社
・金融機関
・保証会社
・リース会社など

信用情報機関で信用情報を開示すると手数料が発生します。

MEMO
信用情報は審査に大きく影響するため、あらかじめ開示しておくことをおすすめします。

総量規制

アコムでは、総量規制で決められた「年収の3分の1以上」の融資を行っていません。

総量規制とは
「貸金業法」で定められた規制のことで、貸金業者は契約者の年収の3分の1を超える貸付を禁止しています。

契約者の返済能力に適した貸付を行い、多重債務を避けるために定められた法律です。

例えば、年収300万円の場合の借入総額は最大100万円までになります。

MEMO
アコムをはじめとした消費者金融で申し込む際は、希望限度額を年収の3分の1以内に設定してくださいね。

現在の他社借入状況

アコムで融資の審査が行われるときに、他社の借入状況を確認します。

信用情報を調べると申込者の借入状況が確認できるので、融資する上で「申込者の返済能力に問題ないか」を判断していきます。

MEMO
多数の借り入れをしている、もしくは借入総額が多額の場合は審査時に不利となるので注意が必要です。

金融事故

先述した通り、過去に金融事故を起こしている人は審査通過は難しいと言えます。

金融事故とは
借り入れしたお金の返済が61日以上遅延した、強制解約された、債務整理や自己破産を行ったときに事故として記録されることです。

信用情報の照会によって、上記のような金融事故の有無が確認できます。

MEMO
現在の延滞している支払いがなくても、過去に金融事故を起こしていると審査時に不利になってしまいます。

申込情報の虚偽

アコムの申し込み時に、申込者の基本情報や勤務先、他社の借入状況などを入力します。

この際に、申込情報に虚偽があった場合は審査に落とされる可能性が高まります。

例えば、審査に通りやすいように年収や勤続年数を多く申告するなどが挙げられます。

これらの虚偽申告は審査時に有利になるどころか、逆に申込者に対する信用度が下がり審査落ちする原因になります。

アコムは細かく申込者の情報をチェックするため、噓をつくとバレてしまうのです。

MEMO
アコムの申し込み時は虚偽申告などせず、正しい情報だけを提出してくださいね。

アコムに提出した必要書類

アコムで申し込み時に提出した必要書類をもとに、融資しても大丈夫かどうか確認していきます。

アコムで求められる必要書類は以下の通りです。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード ※個人番号、本籍地を隠すこと
  • 健康保険証 ※記号、番号、保険番号、QRコードを隠すこと
補足書類(店舗契約で保険証を提出する場合のみ)
  • 住民票の写し
  • 公共料金の領収書(電気・ガス・水道等)
収入証明書(※契約金額が50万円を超える場合、あるいは他社を含めた借入総額が100万円超える場合のみ)
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書

上記の書類は審査時に必須なので、書類の用意ができなかった場合は契約できません。

MEMO
必ずアコムに提出できるように、事前に必要書類の確認と用意をおすすめします。

アコムの審査に通過するコツ

アコム 借り方 審査に通過するコツ
アコムで借り入れを行うには、これから紹介する方法で審査通過を成功させてください。

アコムの審査に通過するコツ
  • 申し込みの際に入力する情報は正確に
  • 他社借入がある際は、減らすか完済しておく
  • 在籍確認の電話対応をする

それぞれ詳しいコツを解説していきます。

申し込みの際に入力する情報は正確に

アコムの審査をスムーズにするためには、 申込内容に不備がないように入力していくことです。

もし入力内容に誤りがあると「虚偽申告かもしれない」と疑われるリスクがあります。

意図的に間違った情報を提出していると思われてしまい、審査通過は難しくなってしまいます。

MEMO
とくに、年収や勤続年数、他社の借入に関しては間違いがないように注意してくださいね。

他社借入がある際は、減らすか完済しておく

アコムを申し込む前に、 他社借入がある人は返済して借入額を減らす、もしくは完済しておくと審査時に有利になります。

他社の借入状況をチェックするため、複数の借り入れが発覚すると「本当に返済できるのか?」「常にお金に困っているのでは?」と思われます。

総量規制に抵触していなくても、お金を借りてる時点で良い印象を与えることはないです。

MEMO
完済まではいかなくても、借入額を減らすだけで「計画的に返済できる人」という印象に変わっていきます。

在籍確認の電話対応をする

アコムは 原則、在籍確認は行っていません。

原則、実施しません。もし実施が必要となる場合でも、お客さまの同意を得ずに実施することはありませんので、ご安心ください。

引用:勤務先に在籍確認の電話がかかってきますか?|アコム公式サイト

ただし、申し込み時の書類不備などにより電話がかかってくる可能性はゼロではありません。

MEMO
万が一、アコムから電話がかかってきた場合は対応できるようにしておいてください。

アコムの返済方法

アコム 借り方 返済方法
アコムには、以下のように5つの方法から返済可能です。

アコム返済方法 詳細
インターネット ・24時間対応
・土日祝日可
・手数料無料
アコムATM ・24時間対応
・土日祝日可
・手数料無料
提携ATM ・24時間対応
・土日祝日可
※手数料発生
振込 ※手数料発生
口座振替 ・手数料無料

上記の返済方法でおすすめなのは「インターネット」と「アコムATM」です。

どちらも 24時間対応の土日祝日可で手数料も無料で、インターネットであれば場所問わず返済可能です。

アコムでお金を借りるメリット・デメリット

アコム 借り方 お金を借りるメリット・デメリット
アコムは大手消費者金融の中の一つであり、安心して利用できるため利用者が多いカードローンです。

即日融資も対応しているため、いざという時に利用したいサービスですがメリットだけではありません。

デメリットもあるのでアコムの利用を検討している人は、これから紹介するメリット・デメリットを踏まえた上で申し込みしてくださいね。

アコムでお金を借りるメリット

アコムのメリットは以下の通りです。

アコムでお金を借りるメリット
  • 知名度が高い
  • 30日間金利0円サービスを実施している
  • 融資までのスピードが早い
  • 原則、在籍確認がない

アコムでは 0日間金利0円サービスを提供しているため、返済額を抑えることが可能です。 3

消費者金融は銀行系のカードローンよりも金利が高いので、少しでもお得に利用できるのは嬉しいポイントです。

さらに、 アコムは即日融資に対応しており、原則として在籍確認がないため職場にバレることなく借り入れできます。

アコムは申込者にとって魅力的なサービスが多い消費者金融と言えます。

アコムでお金を借りるデメリット

アコムのデメリットは以下の通りです。

アコムでお金を借りるデメリット
  • 金利が高い
  • 利用限度額が希望よりも少ないことがある
  • 審査落ちする可能性がある

アコムの金利は3.0%~18.0%(実質年率)です。

一方、銀行系カードローンの金利は平均14.0%なので、アコムの金利は低いとは言えません。

しかし、アコムに限らず消費者金融は金利が高い傾向にあるため、金利を抑えたい人は銀行系カードローンを選ぶべきと言えます。

さらに、アコムでは利用限度額を希望できますが、必ず希望通りのお金を借り入れできるわけではありません。

収入や他社の借入額を総合的に見た上で限度額が決定するので、「利用限度額が思ったよりも少ない」という可能性があります。

また、アコムの申し込み条件に該当している場合でも、審査に通過する保証はありません。

MEMO
アコムで審査落ちしないためには金融事故を起こさない、虚偽申告をしない、他社の借入額を減らすなどの工夫が必要です。

アコムの借り方に関するよくある質問

アコム 借り方 よくある質問
初めてアコムを利用する人に向けて、アコムの借り方に関するよくある質問に答えていきます。

アコムの借り方に関するよくある質問
  • Q:アコムの借り方と返し方を教えてください
  • Q:アコムで借りたら終わりってほんと?
  • Q:アコムでお金を借りるとバレるの?
  • Q:アコムの恐ろしさとはなんですか?
  • Q:アコムは金利どうなっていますか?
  • Q:アコムは学生でも借りることはできますか?
  • Q:アコムのカードなしで借りることはできますか?

Q:アコムの借り方と返し方を教えてください

アコムの借り方と返し方は以下の通りです。
アコムの借り方
  • 指定口座振込
  • アコムATM
  • 提携ATM

アコムの返し方
  • インターネット
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 振込
  • 口座振替

どちらも自身に合った方法で借り入れと返済ができます。

詳しい流れは上の章で紹介しているので、そちらをご覧ください。

Q:アコムで借りたら終わりってほんと?

アコムでお金を借りても終わることはありません。

「アコムで借りると怖い取り立てにあうかも」「他のローンが組めなくなるかも」など心配している人も少なくありません。

しかし、 アコムは金融庁から認可を受けた貸金業者です。

法律上、強引な取り立てはできないので怖い取り立てにあうことは絶対にありません。

また、アコムで借り入れした後でも他のローンを組むことは可能です。

返済能力があり、総量規制に抵触しなければ他のローンを利用できるため、アコムで借りても終わりになることはないと言えます。

Q:アコムでお金を借りるとバレるの?

アコムで誰にもバレずに借りるには、 Webで申し込みをしてカードレスで契約することです。

アコムは原則、在籍確認を行っていないので職場にバレる心配はほとんどありません。

原則、実施しません。もし実施が必要となる場合でも、お客さまの同意を得ずに実施することはありませんので、ご安心ください。

引用:勤務先に在籍確認の電話がかかってきますか?|アコム公式サイト

ただし、提出書類の不備などの理由により電話がかかってくる可能性はあります。

その場合に備えて「クレジットカードを作ったので電話がかかってくるかもしれない」と言っておくと安心です。

Q:アコムの恐ろしさとはなんですか?

アコムは恐ろしい消費者金融ではななく、気軽に利用できるカードローンです。

しかし、アコムの貸付条件は銀行カードローンに比べると不利な点があります。

アコムよりも銀行系カードローンの方が金利が低く、総量規制の対象外なので年収の3分の1を超える貸付が可能です。

消費者金融は銀行系よりも借りやすいカードローンですが、金利の高さや多額の借り入れはできないので注意してください。

Q:アコムは金利どうなっていますか?

アコムの金利は以下の通りです。

契約極度額 借入利率(実質年率)
1万円~99万円 7.7%~18.0%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
501万円~800万円 3.0%~4.7%

銀行系カードローンよりもやや高めの金利ですが、 消費者金融の金利の相場が3.0%〜18.0%なので一般的な金利設定と言えます。

Q:アコムは学生でも借りることはできますか?

アコムは20歳以上の人であり、安定した収入があれば学生でも借り入れ可能です。

借り入れの対象になるか判断するために、アコム公式サイトの「3秒診断」で借り入れ可能かどうかわかります。

「年齢」「年収」「カードローン他社お借入状況」の入力だけで簡易診断できるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

Q:アコムのカードなしで借りることはできますか?

アコムではカードなしでも契約可能で、振込かスマホATMで借り入れできます。

もちろんカードなしで返済もできるので、郵送物なしで契約したい人はカードレスでの契約がおすすめです。

アコムの基本情報

アコムの基本情報は以下の通りです。

項目 詳細
契約限度額 最大800万円まで
金利 3.0%~18.0%(実質年率)
貸付対象者 ・20歳以上の人
・安定した収入と返済能力がある人
・アコムの基準を満たす人
担保・保証人 不要
遅延損害金年率 20.0%
Web完結 あり
スマホアプリ あり

アコムの借り方 まとめ

アコムの借り方 まとめ
  • アコムの借り方は指定口座振込かアコムATMでの借入、提携ATMで借入の3つがある!おすすめは指定口座振込かアコムATM
  • アコムで借入する申し込み条件は満20歳以上で安定した収入と返済能力があるかつ、アコムの審査基準を満たす人
  • アコムの審査で提出する書類は「本人確認書類」と「収入証明書」※店舗契約で保険証を提出する場合に限り、住民票の写しか公共料金の領収書が必要になるケースも
  • 【アコムの借り方】申し込み方法はスマホ・パソコン(Web)か自動契約機(むじんくん)、電話、郵送から選ぶことが可能
  • アコムで確実に即日融資を受けるなら、 カードレスのWeb完結で申し込みする
  • アコムの審査では、信用情報や総量規制、他社借入状況、金融事故、申込情報の虚偽、提出した書類をチェックしている
  • アコムの審査に通過するには虚偽申告しない・他社借入がある際は、減らすか完済しておく・在籍確認の電話対応をするが重要
  • アコムの返済方法はインターネット・アコムATM・提携ATM・振込・口座振替の5つから選べる
  • アコムでお金を借りるメリットには知名度の高さによる安心、30日間金利0円サービスの実施、融資スピードが早い、原則、在籍確認がないなどが挙げられる
  • 対してデメリットには金利が高いことや利用限度額が希望よりも少ないことがあるケース、審査落ちする可能性があるなどが挙げられる

アコムの申し込み方法から借り方、返済方法について紹介しました。

アコムは いつでもどこでも申し込み~借り入れまでできるため、とても利便性の良いカードローンです。

借り方も3つから選べる上に、口座振込やアコムATMであれば手数料無料で利用できます。

さらに、申し込み方法や返済方法も数種類から選べるので、自身に合った方法で取引が可能です。

アコムはいざという時に便利なカードローンですが、借り入れした後は計画的な返済を心掛けてくださいね。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • r**t様が
    200万円を調達しました。

  • d**q様が
    300万円を調達しました。

  • y***c様が
    1000万円を調達しました。

  • l****m様が
    1100万円を調達しました。

  • k**o様が
    700万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング