ビジネスローンの独自審査とは?ビジネスローンは赤字でも申し込みできる?

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/7/27

ビジネスローン 独自審査ある?

 

ビジネスローンの独自審査とはどのような審査なのでしょうか。また、ビジネスローンは赤字でも申し込みできるという噂がありますが本当なのでしょうか? この記事ではビジネスローンの独自審査とは何か、ビジネスローン審査の内容と、赤字でも申し込めるのか「ビジネスローンにまつわる噂」を検証してみました。

 

 

著者情報|資金調達プロ

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

ビジネスローンの独自審査とは?

 

ビジネスローンの独自審査とは、通常のローンやキャッシングとは異なり、企業独自の基準に基づいてカード発行の可否を判断するものです。通常のローンでは、収入やクレジットヒストリー、個人情報などをもとに申込者の信用度を判断します。

 

ビジネスローン会社の中には、通常のフリーローンやキャッシング審査とは異なる「独自の審査方法や、審査基準」を設けているところがあり、銀行で断られた方でも審査に通るローンがあります。

 

ビジネスローンは赤字でも申し込みできる?

 

前項で説明した「独自審査」によって、ビジネスローンのなかには、事業が赤字でも申し込みできるところがあります。

ローン会社は現在が赤字であっても、将来返済できる見込みがあれば少額の貸し付けを行うケースが多いです。

 

ダメだと諦める前に、まずは独自審査を実施しているローン会社に申し込んでみましょう。独自審査を実施しているローン会社は、公式サイト等に「審査基準」を掲載しているケースが多いです。

 

ビジネスローンは税金が未納でも申し込める?

 

赤字でも申し込めるビジネスローンがあるように、一部ローン会社では「税金が未納でも申し込める」融資商品があります。

もちろん税金が未納の場合、審査に通る確率は低くなりますが、将来返済できる見込みや事業の見通しが立っている業者、過去の実績がある場合には(審査を否決にしないで)少額の貸し付けを行うケースが多いです。

 

心配な場合はローン会社にメールや電話で相談し、申し込みできるかどうか聞いてみましょう。

 

他社ローン利用中でも、新しいビジネスローンは申し込みできる?

 

原則「他社ローン利用中」でも、新しいビジネスローンは申し込みできますが、他社で3件〜4件も借入があると新規融資は受けられないでしょう。

同様に他社との合計で、年収の3分の1を超える大きな借入があると審査に可決される確立は低くなります。

 

このほか一定期間内に複数の申し込みをした場合には「多重債務のリスク」から、審査が否決されてしまいます。

短期間で 3社以上申し込むのは止めましょう。また多重申し込みをした場合は、最低でも3カ月程度時間を空けてから、新たな申し込みをしてください。

 

ビジネスローン審査に落ちたらどうする?

 

ビジネスローン審査に落ちたら、他の方法で事業資金を調達しましょう。例えば日本政策金融公庫の融資制度、自治体の補助金や助成金などを並行し申し込んでおけば資金ショートや資金繰り悪化が回避できることも…!

 

日本政策金融公庫の融資制度や、事業資金の調達方法は以下の記事にて詳しく解説しています。ぜひビジネスローンと並行して利用して、申し込んでおきましょう。

 

 

ビジネスローンのメリット・デメリット

 

ビジネスローンのメリットとデメリットをご存じでしょうか。ビジネスローンを活用する際にはぜひとも押さえておきたい内容の一つです。

ビジネスローンのメリットデメリットに関する内容は下記の記事で解説しています。特徴をより深く理解したい方はぜひご覧ください。

 

 

まとめ|審査が柔軟なビジネスローンに申し込んでみよう!

 

今回は、審査が柔軟なビジネスローンの「独自審査」について解説しました。事業資金の調達、運転資金が必要な方は、独自審査を実施しているローン会社に申し込んでみましょう。

 

なお、法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • m***j様が
    300万円を調達しました。

  • x****p様が
    900万円を調達しました。

  • v****b様が
    200万円を調達しました。

  • g***q様が
    200万円を調達しました。

  • q*****l様が
    300万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング