日本政策金融公庫は自己資金50万で融資を受けられる?自己資金なしのケースや100万・200万用意した時の融資可能額

運営事務局
運営事務局
更新日2024/4/8
PR

日本政策金融公庫 自己資金50万 アイキャッチ

日本政策金融公庫自己資金30万や50万で融資を受けられる?

日本政策金融公庫から自己資金の何倍まで借りれるの?
タンス預金は自己資金の証明で使える?

この記事では、上記のような疑問や悩みを解決します。

日本政策金融公庫融資を受ける際、自己資金の額は多くの起業家や事業者の関心事となっています。

特に、自己資金が50万円の場合、どれだけの融資を受けられるのか、また自己資金がないケース。

100万円、200万円という異なる金額を用意した場合の融資可能額はどう変わるのか、気になっている人も多いはずです。

そこでこの記事では、 日本政策金融公庫から融資を受ける際に必要となる自己資金について詳しく解説 していきます。

この記事を読むことで、 日本政策金融公庫から融資を受ける場合にどれくらいの自己資金が必要になるのか、その具体的な金額がわかる ようになります。

融資を検討している方は、このガイドを参考に、より適切な資金計画を立てる手助けとしてください。

自己資金なしで資金調達するなら10秒診断がおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

AGビジネスサポートのビジネスローンなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能!

▼ 起業や開業資金もOK! ▼

AGビジネスサポート

目次

結論:日本政策金融公庫は自己資金50万でも融資を受けられる

日本政策金融公庫 自己資金50万 結論
結論から言えば、 日本政策金融公庫から融資を受ける場合、自己資金を用意した方が融資を受けられる可能性は高くなります

その際、「では、実際にいくら必要なのか?」が気になる人も少なくありません。

たとえ、 自己資金50万円と比較的少ないケースでも、融資を受けることは可能 です。

以下では、日本政策金融公庫から融資を受ける場合の具体的な金額目安について説明していきます。

融資希望額の10分1程度、自己資金が必要

日本政策金融公庫から融資を受ける場合、 融資希望額の10分の1程度の自己資金が必要 です。

500万円の融資を受けたいのであれば、自己資金は50万円必要となります。

自己資金が全くない状態では、基本的に融資を受けられないと考えてください。

実際、日本政策金融公庫は以下のように自己資金の重要性を説明しています。

借入に依存した計画では、思っていたほど売上が上がらなかったり、予想外の出費がかさんだりすると、資金繰りが苦しくなる場合があります。自己資金と借入金のバランスを考え、ゆとりを持った資金計画を立てることが大切です。

引用:創業計画Q&A|日本政策金融公庫

このように、日本政策金融公庫から融資を受けるに際しては、 基本的に自己資金が必要 です。

もちろん、自己資金の確保は、融資に際しての重要な要素の一つではあるものの、 それ以上に創業計画全体がしっかりしているかが重要となります

日本政策金融公庫の融資担当者を納得させられるだけの創業計画書の作成に加えて、 創業資金調達総額の10分の1程度を自己資金として準備しておくのが大切 です。

自己資金の額は、100万円、50万円という絶対額ではなく、創業資金調達総額に応じて相対的に変化するものです。

したがって、 創業資金調達総額のおよそ10分の1程度を準備しておくと、融資を受けられる可能性が高くなります

自己資金なしでも日本政策金融公庫から融資を受けられるケース

日本政策金融公庫 自己資金50万 なし
日本政策金融公庫からの融資を受けるためには、通常、事業資金の10%以上の自己資金が求められます。

しかし、 特定の条件下では、自己資金がなくても融資を受けられるケースが存在します

具体的には、新創業融資制度を活用することが可能です。

新創業融資制度を利用する場合、以下のいずれかの要件を満たしている場合には、自己資金の要件を満たしたものとされます。

  1. お勤めの経験がある企業と同じ業種の事業を始める方で、当該業種の企業に通算して5年以上お勤めの方
  2. 大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
  3. 創業塾や創業セミナーなど(産業競争力強化法に規定される認定特定創業支援等事業)を受けて事業を始める方
  4. 民間金融機関と公庫による協調融資を受けて事業を始める方
  5. 技術・ノウハウ等に新規性が見られる方
  6. 新商品・新役務の事業化に向けた研究・開発、試作販売を実施するため、商品の生産や役務の提供に6ヵ月以上を要し、かつ3事業年度以内に収支の黒字化が見込める方
  7. 「中小企業の会計に関する基本要領」または「中小企業の会計に関する指針」の適用予定の方

したがって、これらの要件に当てはまる方は、自己資金が0であっても、融資を受けられる可能性があります。

ただし、この制度を利用する際の条件を満たしているとしても、すべての融資制度に適用されるわけではない点に注意が必要です。

また、 自己資金が全くない状態では、融資の審査に通りにくくなる可能性が高まります

自己資金が0の場合で融資を受けられるとしても、大きな金額を借りることは難しいと言わざるをえません

具体的には、300万円以上の融資を受けることは困難とされているので注意してください。

MEMO
日本政策金融公庫の「創業企画Q&A」の回答によれば、創業資金調達総額に占める自己資金の割合は24%となっています。

日本政策金融公庫から創業融資を受けるコツ

日本政策金融公庫 自己資金50万 コツ
日本政策金融公庫からの創業融資を成功させるためには、いくつかの重要なポイントを押さえておく必要があります

日本政策金融公庫から創業融資を受けるコツ
  • 創業資金額の3分の1程度、自己資金を用意しておくのが良い
  • 自己資金が少ない場合、親族や知人に援助を求めてみる
  • 長期間コツコツ自己資金を貯めた方が審査通過しやすい
  • 現物も自己資金に加えることが可能
  • 出資者を増やすことで自己資金も増加する

以下では、日本政策金融公庫から創業融資を受けるために重要なポイントを具体的に解説していきます。

創業資金額の3分の1程度、自己資金を用意しておくのが良い

創業融資を受ける際、 自己資金として創業資金額の3分の1程度を用意しておくことが推奨 されています。

これは、融資を受ける際の信用度を高めるための基本的な条件です。

自己資金をしっかりと持っていることは、事業の安定性や経営者の意欲を示すものとして、金融機関からの信頼を得る上で非常に重要 です。

自己資金があることで、万が一のリスクが発生した場合でも、一定の資金で対応できるため、事業の継続性が保たれます。

また、自己資金を持っていることは、他の出資者パートナーからの信頼も得られる理由となり得ます。

これにより、ビジネスの拡大新たな取引のチャンスを増やすことが可能です。

自己資金が少ない場合、親族や知人に援助を求めてみる

自己資金が不足している場合、親族や知人からの援助を検討することも一つの方法 です。

信頼関係が築けている人からのサポートは、融資の際の大きな後押しとなります。

親族や知人からの資金援助は、金利が低いか、または無利子での支援となることが多いため、返済の負担が軽減される可能性があります。

また、 親族や知人はビジネスの成功を心から願ってくれるため、精神的なサポートやアドバイスも期待できます

しかし、この方法を選択する際には、返済計画を明確にし、援助を受ける条件や期間をしっかりと確認・合意することが重要です。

資金の援助を受けることで生じるトラブルを避けるためにも、事前のコミュニケーションを十分にとり、信頼関係を保ち続けることが必要 です。

親族や知人との関係性を損ねないよう、透明性を持って取り組むようにしてください。

長期間コツコツ自己資金を貯めた方が審査通過しやすい

短期間で大きな資金を集めるよりも、長期間にわたってコツコツと自己資金を貯めることが、審査の際に有利 となります。

計画的に資金を準備することで、融資の確率を高めることが可能 です。

長期間にわたる資金の蓄積は、経営者の経済的な安定性や事業への継続的な取り組みを示すものとして、金融機関からの信頼を得る要因となります。

また、 一定の期間をかけて資金を準備することで、事業の方向性や計画を見直す時間も持てるため、より堅実なビジネスプランを策定することが可能 です。

さらに、長期的な視点で資金を準備することは、緊急時のリスク対策未来の投資計画にも役立ちます。

短期的な視点での資金調達は、一時的な解決策となることが多いのに対し、長期的な資金計画事業の持続性を高める要素として評価されるため、融資審査においても高く評価されると言えます。

MEMO
長期間コツコツ自己資金を貯めてきたことをアピールできるように事業資金は口座を分けて貯めておくのもポイントです

現物も自己資金に加えることが可能

自己資金として現金だけでなく、現物(機械や設備など)も考慮される ことがあります。

具体的には、 新しい事業を開始する際に必要な機械や設備、あるいは既存の事業で使用している資産を自己資金として評価してもらうことが可能 です。

これは、金融機関が融資の際にリスクを評価する上で、 現物資産の存在が事業の安定性や信用度を示す要因として考慮される からです。

また、現物資産を自己資金として持っていることは、事業の拡大新たな投資の際にも大きなアドバンテージになります。

例えば、新たな設備投資が必要な場合、既存の資産を担保として追加の融資を受けることが考えられます。

さらに、 現物資産は、事業の実績や実力を示すものとして取引先やパートナーとの交渉の際にも信頼を獲得する理由となり得るもの です。

出資者を増やすことで自己資金も増加する

複数の出資者を持つことで、自己資金の総額を増やすことが可能 です。

これにより、融資を受けやすくなる可能性が高まります。

出資者を増やすことは、事業の信頼性や安定性を示す要因として金融機関に評価されることが多い です。

多くの出資者がいることは、その事業やアイディアに対する信頼や期待の表れとして捉えられ、融資審査の際にもプラスの要因となります。

また、多様な出資者からの資金提供は、事業のリスク分散にも寄与します。

一つの出資者からの大きな資金提供に依存するよりも、複数の出資者からの資金提供を受けることで、一方の出資者とのトラブルや資金提供の中断が生じた場合でも、他の出資者からのサポートを受けることができるため、事業の継続性が保たれます。

さらに、 出資者が増えることで、それぞれの出資者からのアドバイスやネットワーク、経験を活用することができる可能性も あります。

これにより、事業の拡大や新たな取引先の開拓、さらなる資金調達のチャンスなど、多岐にわたるビジネスの機会を得ることが可能です。

日本政策金融公庫から自己資金として認められる・証明できるもの一覧

日本政策金融公庫 自己資金50万 一覧
日本政策金融公庫からの融資を受ける際、自己資金として認められるものやその証明方法についての疑問を持つ方は多い のが実際のところです。

ここでは、日本政策金融公庫における自己資金として認められるものや、それを証明するための方法について詳しく解説します。

日本政策金融公庫から自己資金として認められる・証明できるもの一覧
  • 預金通帳のお金
  • 家族から譲り受けたお金
  • 退職金
  • 保険の解約返戻金
  • 資産売却で得たお金
  • 事業投資したお金
  • 現物出資

預金通帳のお金

預金通帳に記載されているお金は、最も一般的な自己資金の形として認められます

この金額は、融資の際の自己資金として直接考慮されるため、預金通帳のコピーなどを提出することで証明することができます。

実際に、多くの起業家や事業者が預金通帳の残高を自己資金の一部として活用しています。

預金通帳の金額が多ければ多いほど、融資の審査も有利に進む可能性が高まります。

ただし、 預金通帳だけでなく、他の資産や資金の形態も併せて考慮されるため、全体的な資金計画をしっかりと立てることが重要 です。

MEMO
生活用口座と事業資金口座は分けておくのが普通です。

家族から譲り受けたお金

家族からの援助や譲り受けたお金は、多くの起業家や事業者が利用する自己資金の一形態 です。

このような形での資金提供は、家族間の信頼関係に基づいて行われることが多く、返済条件などが柔軟に設定される場合があります。

しかし、日本政策金融公庫などの金融機関での融資を受ける際には、家族からの援助や譲渡を正式に証明する必要があります。

具体的には、 譲渡証明書や預金通帳のコピー、家族間での契約書などが求められることが一般的 です。

これにより、融資を受ける側としての信用度を高めることができ、より有利な条件での融資を受ける可能性が高まります。

退職金

退職金は、長年の勤務の結果として受け取ることができる金額であり、これも自己資金として認められます

退職金は、従業員が会社を退職する際に支払われるもので、その額は勤務年数や役職、会社の規模や業績などによって異なります。

多くの場合、退職金は大きな金額となるため、これを起業や事業の資金として活用することで、初期の投資や運転資金の確保が容易になります。

また、 日本政策金融公庫などの金融機関での融資を受ける際には、退職金の受領を証明するための書類、例えば退職金の受領証明書や給与明細書、退職届などを提出することが求められることが一般的 です。

これにより、正確な金額や退職金の出所を明確にすることができ、融資の審査においても信用度を高めることが期待されます。

保険の解約返戻金

保険を解約した際に受け取ることができる返戻金は、契約者が保険料を支払ってきた結果として得られる金額 です。

この返戻金は、特定の保険商品や契約期間、支払った保険料の総額などに基づいて計算されます。

多くの人々が、将来のリスクをカバーするためや資産形成の一環として保険に加入していますが、事情により解約を選択する場合もあります。

このような場合、得られる返戻金を自己資金として活用することで、新たな事業や投資の資金源として利用することが可能です。

日本政策金融公庫などの金融機関での融資を受ける際には、保険の解約返戻金の金額や出所を明確にするため、保険会社からの通知書や証明書を提出することが求められます

これにより、返戻金の正確な金額やその使用目的を証明し、融資の審査において信用情報として考慮されることが期待されます。

資産売却で得たお金

不動産や株式、貴金属、車などの資産を売却することで得られる金額は、多くの場合、一時的な大きな収入となります

これらの資産は、長期間の保有や投資の結果として価値が増加することが多く、その売却によって得られる利益を自己資金として活用することが可能です。

特に、不動産の売却は、その価値や市場状況によっては数百万、数千万という大きな金額が動くこともあります。

このような資産売却によって得たお金を自己資金として使用する場合、 日本政策金融公庫などの金融機関での融資を受ける際には、売却の事実を証明するための書類が必要 となります。

具体的には、不動産の場合は売買契約書や物件の登記簿謄本、株式の場合は売却証明書取引明細書などが求められることが一般的です。

これにより、資産売却の正確な金額やその使用目的を明確にし、融資の審査において信用情報として考慮されることが期待されます。

事業投資したお金

事業への投資は、新しい機器の購入、施設の改修、研究開発、マーケティング活動など、多岐にわたる活動をサポートするための資金として使用されます

このような投資は、 事業の成長や拡大、効率化を目指す上で欠かせない要素 です。

事業への投資として使われたお金は、その事業の発展や収益性の向上を目的としているため、自己資金(事業資金)としての認知がされることが多いです。

特に、新しい事業を始める際や事業の拡大を図る際には、大きな投資が必要となることが一般的です。

日本政策金融公庫などの金融機関での融資を受ける際には、事業投資の事実を証明するための書類が必要となります。

具体的には、 事業計画書や投資の詳細を示す資料、購入した機器や施設の領収書、契約書などが求められることが一般的 です。

これにより、投資の正確な金額やその使用目的、期待されるリターンなどを明確にし、融資の審査において信用情報として考慮されることが期待されます。

現物出資

現物出資は、特に新しい事業を始める際や事業拡大を図る際に、資金調達の一つの方法として利用されることが多い です。

金銭の出資だけでなく、具体的な物品や資産を事業に投じることで、事業の基盤を強化することが期待されます。

例えば、新しい製造ラインを設立する際に、既存の機械や設備を現物出資として提供することで、初期投資を抑えることができるのです。

また、現物出資は、出資者と事業者との信頼関係を示すものとしても評価されます。

具体的な資産を事業に投じることは、その事業への確固たる信念や期待を示すものとして、他の関係者や金融機関からの信頼を得る上で有効です。

日本政策金融公庫などの金融機関での融資を受ける際には、現物出資の事実やその詳細を証明するための書類が必要 となります。

具体的には、提供される資産の詳細な仕様書、購入時の領収書や契約書、第三者による評価書などが求められることが一般的です。

これにより、現物出資の具体的な内容やその価値を明確にし、融資の審査において信用情報として考慮されることが期待されます。

自己資金を多く見せる「見せ金」は審査に落ちるリスクが高くなる

日本政策金融公庫 自己資金50万 見せ金
「見せ金」とは、 融資の審査を通過するために、実際よりも多くの自己資金を持っているかのように見せること を指します。

しかし、このような行為は審査に落ちるリスクを高める可能性があります。

金融機関は、申し込み者の信用情報や資金の流れを詳しく調査するため、不正確な情報を提供すると信用を失う恐れがあります

自己資金を準備するうえでの注意点
  • そもそも必要資金以上の融資を申し込むのはNG
  • タンス預金や借りたお金は自己資金の証明に使えないので注意

そもそも必要資金以上の融資を申し込むのはNG

融資を申し込む際には、実際に必要な資金の額を正確に申告することが重要 です。

必要以上の金額を申し込むと、返済能力が不足していると判断される可能性があります

その結果、融資の審査に通らないリスクが高まるでしょう。

MEMO
必要資金は事業計画に紐づいて計算されます。したがって、まずは事業計画を立案することが大切です。

タンス預金や借りたお金は自己資金の証明に使えないので注意

自己資金の証明として、タンス預金や他人から借りたお金を使用することは適切ではありません

これらの資金は、 正式な証明書類が存在しないため、信用情報として認められない可能性が高い です。

正確かつ信頼性の高い情報を提供することで、融資の審査をスムーズに進めることができます。

MEMO
審査の際には、自己資金が十分にあることを証明することが必要です。証明できない資金は自己資金としてカウントできないので注意してください。

日本政策金融公庫の審査で自己資金は大事だが創業計画を重視すべき理由

日本政策金融公庫 自己資金50万 創業計画書
日本政策金融公庫の審査において、自己資金は確かに重要な要素となりますが、創業計画の重要性はそれを上回る と言われています。

以下では、その理由を詳しく解説します。

創業計画が自己資金よりも重要な理由
  • 市場調査などのデータから成功と発展のイメージができる
  • 独自性や優位性がわかる具体的な事業内容
  • 無理なく・納得できる創業期の資金計画
  • 過度な利益予想が記載された収支計画は悪影響を与えることも

市場調査などのデータから成功と発展のイメージができる

創業計画には、 市場調査などのデータを掲載するのが普通 です。

その理由は、 市場調査などのデータから成功と発展のイメージができる からです。

市場調査は、事業の成功の鍵となる要素です。

適切な市場調査を行うことで、 ターゲットとなる市場の規模やニーズ、競合状況などを正確に把握することができます

これにより、事業の方向性や将来的な発展のイメージを具体的に描くことが可能となります。

日本政策金融公庫の審査においても、このような市場調査に基づく明確なビジョンが評価される のです。

さらに、市場調査を通じて得られるデータは、事業計画の策定マーケティング戦略の立案にも役立ちます。

具体的な市場の動向や消費者の嗜好を理解することで、事業のリスクを低減し、成功の確率を高めることができるのです。

また、市場調査の結果をもとに、新たなビジネスチャンスニッチな市場を発見することも可能です。

これらの情報は、事業の競争力を強化し、持続的な成長を実現するための貴重な手がかりとなります。

独自性や優位性がわかる具体的な事業内容

事業の独自性や優位性は、競合他社との差別化を図る上で非常に重要 です。

具体的な事業内容をしっかりと策定し、その中での独自性や優位性を明確にすることで、事業の持続性や成長性をアピールすることができます。

日本政策金融公庫の融資審査においても、この点が高く評価される要因となります。

独自性や優位性を持つ事業は、市場での競争力を高め、顧客からの選好性を得ることができるため、収益性や事業の拡大可能性が向上する からです。

また、独自の技術やサービス、商品などを持つ事業は、模倣や競合からの攻撃を防ぐことができ、長期的なビジネスの安定性を確保することができます。

さらに、独自性や優位性を持つ事業は、ブランド価値の向上顧客ロイヤルティの獲得にも寄与します。

これにより、リピート顧客の増加や口コミによる新規顧客の獲得など、多岐にわたるビジネスのメリットを享受することが可能です。

無理なく・納得できる創業期の資金計画

創業期の資金計画は、事業の健全な運営をサポートするための重要な要素 です。

適切な資金計画を立てることで、事業の初期投資や運転資金など、必要な資金を確保することができます。

また、無理なく、かつ納得できる計画を提示することで、融資審査を行う担当者の信頼を得ることが可能です。

資金計画を策定する際には、将来の収益予測や市場の動向、事業の拡大計画などを考慮し、リアルな数字を基に計画を立てることが求められます

過度な楽観的な予測や不確実な数字を基にした計画は、審査の際に不利となる可能性があるので注意が必要です。

一方、現実的で具体的な資金計画は、事業の持続性や安定性を示すものとして評価されます。

さらに、資金計画を策定する過程で、事業の弱点やリスクを発見し、それらを対策することも可能です。

これにより、 事業のリスクを低減し、長期的なビジネスの安定性を確保することができる と言えます。

過度な利益予想が記載された収支計画は悪影響を与えることも

収支計画は、事業の財務状況を示す重要なドキュメント です。

しかし、過度な利益予想を記載することは、現実的でないとの評価を受けるリスクがあります。

適切な収支計画を策定し、現実的な利益予想を提示することで、審査においても好印象を与えることが可能です。

金融機関や投資家は、収支計画を通じて事業の健全性や将来性を判断します

過度な利益予想は、事業のリスクを過小評価しているとの印象を与え、信頼性の低下を招く可能性があるので注意が必要です。

また、過度な利益予想を基にした事業計画は、実際の運営においても計画通りの達成が難しくなり、経営の困難を引き起こすリスクが高まります。

そのため、収支計画を策定する際には、 市場の動向や競合状況、事業の特性などを十分に考慮し、現実的な数字を基に計画を立てることが重要 です。

正確で現実的な収支計画は、 事業の安定的な成長をサポートし、金融機関や投資家からの信頼を獲得するための鍵 となります。

日本政策金融公庫の自己資金に関するよくある質問

日本政策金融公庫 自己資金50万 よくある質問
日本政策金融公庫融資を受ける際、自己資金に関する疑問や不安を持つ方は多いはずです。

ここでは、日本政策金融公庫の自己資金に関するよくある質問とその回答を詳しく解説します。

日本政策金融公庫の自己資金に関するよくある質問
  • Q:自己資金100万で日本政策金融公庫からいくら融資を受けられますか?
  • Q:自己資金200万で日本政策金融公庫からいくら融資を受けられますか?
  • Q:女性起業家が自己資金なしで融資を受けることはできますか?
  • Q:日本政策金融公庫から自己資金の何倍まで融資を受けることができますか?
  • Q:日本政策金融公庫で開業資金を借りたいのですが、 審査は厳しいですか?
  • Q:自己資金30万でも始められるビジネスはありますか?

Q:自己資金100万で日本政策金融公庫からいくら融資を受けられますか?

自己資金100万円を持っている場合、日本政策金融公庫からの融資額は、その金額や事業計画に応じて変動します。

一般的に、 自己資金の額が多いほど、融資の上限額も増加する傾向がありますが、具体的な融資額は、事業の内容や将来性、市場の動向など多くの要因によって決まります

Q:自己資金200万で日本政策金融公庫からいくら融資を受けられますか?

自己資金200万円を持っている場合も、融資額は事業計画市場の状況によって異なります。

しかし、自己資金の額が増えることで、融資の上限額や審査の際の信頼度が向上する可能性が高まります。

創業時に必要となる資金のうち、可能な限り自己資金の割合を高めておくことが大切 です。

Q:女性起業家が自己資金なしで融資を受けることはできますか?

女性起業家に対しても、日本政策金融公庫は融資は行っています

自己資金がない場合でも、事業計画がしっかりしていれば、融資を受けることももちろん可能です。

特に、女性起業家を支援するための特別な融資制度やプログラムが設けられている場合もあるため、詳しく情報を調査することをおすすめします。

MEMO
たとえば、日本政策金融公庫の「新規開業資金(女性、若者/シニア起業家支援関連)/ 女性、若者/シニア起業家支援資金」は、一定の要件を満たす女性起業家に有利な利率で融資を行っています。

Q:日本政策金融公庫から自己資金の何倍まで融資を受けることができますか?

自己資金の何倍まで融資を受けられるかは厳密には決まっていません

おおよその目安としては、2倍〜5倍程度です。

日本政策金融公庫からの融資額は、自己資金の額だけでなく、事業の内容や市場の動向、事業計画の質など多くの要因によって決まります

一般的には、自己資金の数倍の融資を受けることが可能ですが、具体的な倍率は個別のケースによって異なるので注意してください。

Q:日本政策金融公庫で開業資金を借りたいのですが、 審査は厳しいですか?

日本政策金融公庫の審査は、事業計画の質や市場の動向、自己資金の額など多くの要因を考慮して行われます

審査は厳格に行われるものの、しっかりとした事業計画市場調査を行い、その上で融資を申請することで、審査の通過率を高めることができます。

Q:自己資金30万でも始められるビジネスはありますか?

自己資金30万円でも始められるビジネスは多数存在します

特に、オンラインビジネスサービス業コンサルティングなど、 初期投資が少なくても始められるビジネスモデルがあります

重要なのは、 自己資金の額よりも、事業の内容や市場のニーズ、自身のスキルや経験を活かしたビジネスプランの策定 です。

日本政策金融公庫は自己資金50万でも融資を受けられる?のまとめ

日本政策金融公庫 自己資金50万 まとめ
日本政策金融公庫から融資を受ける場合、少しでも自己資金を準備しておくことが大切 です。

自己資金の額によって受けられる融資の金額や条件が異なる場合もあるので注意してください。

自己資金が50万円の場合でも、一定の条件下で融資を受けることは可能 です。

一方、自己資金がないケースでは融資のハードルは高まるものの、特定の支援制度を利用することでチャンスはあります。

100万円や200万円といったより多くの自己資金を用意することで、融資の幅や条件が有利になる傾向が見られます。

最終的には、事業計画の質や将来性も大きく影響するため、自己資金だけでなく、総合的なビジネスプランの充実が求められます

しっかりした事業計画を立案したうえで、その必要資金を明確に示し、必要資金のうち、 可能な限り自己資金の割合を高めておくことが重要 です。

自己資金がなくても資金調達するならファクタリングがおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

AGビジネスサポートのビジネスローンなら 最短即日で融資を受けられ、最大1,000万円まで借入が可能!

▼ 起業や開業資金もOK! ▼

AGビジネスサポート

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • n***b様が
    800万円を調達しました。

  • n**b様が
    400万円を調達しました。

  • k***p様が
    400万円を調達しました。

  • l**b様が
    800万円を調達しました。

  • b*****i様が
    900万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り3社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング