就職したばかりの人がお金を借りる方法とは?

吉永 あき
吉永 あき
更新日2022/5/16

NEW!お金を作る方法30選!カードローンやキャッシング以外の方法で今すぐ10万円のお金を作る最終手段!

就職したばかりの方がお金を借りるのはなかなか大変なことですよね。

 

青空とビジネスマン

 

通常、消費者金融などからお金を借りる場合には「年収を証明する書類」や「勤続年数を証明する書類」の提示を求められますが、就職したばかりですと、これらの書類を提示することができませんので、審査に通ることすら難しい…そのように考える方も多いでのではないでしょうか。

しかし、就職したばかりの方であっても、お金を借りることは可能です。以前に勤務経験がある場合は、これから就職する意思があることをきちんと伝えることにより、少ないながらも融資を受けることはできるのです。

 

そこでここでは、「就職したばかりで融資をなかなかうけることができない方」が、お金を借りる方法についてスポットをあて、検証していきたいと思います。

「勤続年数が少なく、お金を借りることに苦労している…」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

就職したばかりの方であれば、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

 就職したばかりの人は勤続年数の短さで審査に通過できない場合がある

「勤続年数が長いほうがローンの審査には通りやすい」

 

実際、このような話を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

確かに、勤続年数が短い転職したての方、新卒の方は、カードローンの審査にあたって不利な条件となることは事実です。

 

それは、勤続年数が短いということにより、「この人はどこに勤めても長続きしない人なのでは?」「まだ就職して間もないのに、きちんと返済をしてくれるのだろうか?」という疑問を持たれてしまう、ということもあるためです。

自分が貸し手側の立場になったことを考えてみたとしても、同じ印象を持ってしまう…かもしれませんね。

 

それでも、「どうしてもお金が必要…カードローンを利用したい」と希望する場合は、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

このような人がカードローンを利用するためには、次のようなことに気をつけて申込みを検討してみる必要があります。

 

  • 銀行カードローンよりも消費者金融系カードローンを申込み先として考える
  • 少額の融資から申し込んでみる

 

それでは、これらのポイントについて内容を確認していきたいと思います。

 

銀行カードローンよりも消費者金融系カードローンを申込み先として考える

一般的に銀行カードローンと比較し、消費者金融系カードローンは新規契約率が高いと言われています。

銀行カードローンは、消費者金融系カードローンより審査の厳しい傾向があり、勤続年数の少なさがネックとなる方にとってはハードルが高くなりがちです。そのため、転職したばかりの人や勤続年数が短い人には消費者金融系カードローンの申込みをおすすめします。

お金を借りるときのおすすめ方法はこちらの記事にもまとめていますので合わせてご覧ください。

 

関連記事:【2021年2月最新】今すぐお金を借りる25の方法!あなたの必要な欲しい金額は?5万10万30万借りれる/最短30分で融資審査OK

 

少額の融資から申し込んでみる

「勤続年数が少ないうちは貸付金額が少なくなる」

 

このような話を耳にしたことはありませんか?実際、勤続年数が少ないうちは、貸付金額も少なくなる傾向にあるようです。

そのため、勤続年数が少ない人が大型の融資をいきなり申し込んだとしても、融資を断られてしまう可能性が高いといえます。やはり勤続年数は、審査の上でも重要な項目の一つとなっているのです。

ですので勤続年数が少ないうちは、なるべく少額の融資で申込みを行うのがよいでしょう。そして実績を積み、少しずつ大型の融資を勝ち取ることをおすすめします。

 

 カードローン審査、本当に勤続年数だけをチェックしているの?

「勤続年数が短い人は、カードローン審査に通るのが難しい…」

 

これは一般的によく言われることなのですが、カードローン審査では本当に勤続年数だけをチェックしているのでしょうか?

もし、勤続年数のほかに重視される項目があるとすれば、勤続年数で不利になりがちな、転職したての方がカードローン審査に通過するために有利な方法も見つけられそうですよね。

カードローン審査でチェックされる内容として、「勤続年数」の他、次のようなことが挙げられます。

 

・勤務先
勤務先名・勤務先の住所・勤務先の電話番号

・仕事内容
業種(勤務先の会社が主に行っている業務内容)・職種

・雇用形態
正社員・派遣社員・契約社員・パート・アルバイト・自営業

・給与
固定給・一部歩合制・完全歩合制

・年収

 

実際にローンの審査を行う事業者は、これらの内容を総合的に判断することにより、融資の可否を決定します。そのため、一概に、勤続年数で不利になりがちな転職したての方が審査に落ちてしまう…とは言いにくいのです。

特に、カードローンの審査においては、雇用形態(正社員かそれ以外か)という点や給与形態(固定給か歩合制か)という点が影響するといわれています。

 

雇用形態については、正社員が最も収入が安定しているとみなされるため、派遣社員や契約社員等と比較して審査に通過しやすいとみなされます。

また、給与についても、歩合制をとっているのか、固定給なのかによっても収入の安定度が異なるため、審査の通過度合いが異なってきます。

そのため、ローンの審査を受ける際には、このような点にも注意をしつつ申込みを行うことが必要です。

 

 就職したばかりの人は、月々の返済額にもこだわろう

「まだ新しい勤務先に就職して数ヶ月しかたっていない…」そのような方は、お金を借りる際にはぜひ月々の返済額にもこだわってみましょう。

 

就職してまだ日も浅い場合は、生活も安定しない場合も多く、また予定外の出費がある場合もあります。そのためにも、カードローン等を利用してお金を借りる場合には、なるべく月々の返済額が低く抑えられているものがおすすめです。

特に、返済額が月々数千円からとなっているものは、日常生活を圧迫することなく返済ができるものも多いため、ローンを検討する際にはそのような点も考慮に入れるとよいでしょう。

ただし、月々の返済額が少額となっているものの中には、融資額が数百万円といった大型の借り入れを行った場合に限るものも多いため、申込みの際には注意が必要です。

 

就職したばかりの方であれば、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

 就職内定していることが伝わればお金を借りやすくなる

仮に現在ワケあって職についていないという方でも、就職の内定があることが貸し手に伝わればお金を借りやすくなります。

 

このような場合は、申し込みの時点で「就職を控えていること」を事業者に説明することで審査に通る可能性は高くなるのです。

勤続年数が少ない内は、可決される金額は大きくありませんが、一度審査に可決されれば、勤続年数やカードの利用年数の実績を積むことにより、利用できる限度額の引き上げも可能となるでしょう。

 

また、以降、延滞事故などを起こすことなく、優良顧客として貸し手側に認められれば、さらに良い条件で融資を受けることができるようになります。

 

 転職を検討している人は、転職前にローンを契約するのがおすすめ

現在転職を検討している人は、転職前にローン契約をするのがおすすめです。

それには次のような理由があります。

 

  • 転職直後は勤続年数が少なくなるため、ローン審査に通過しにくくなる
  • 収入証明書などの書類が必要となる場合、転職前のほうが準備が容易

 

それでは、これらの理由について確認をしていきましょう。

 

転職直後は勤続年数が少なくなるため、ローン審査に通過しにくくなる

第一の理由として、先程も説明したとおり、就職して間もなくローンを契約すると、勤続年数の少なさから審査に通過しにくくなってしまうためです。

貸し手から見た場合、年齢と比して勤続年数が少ないと「どこに勤めても長続きしない人なのではないか」という印象を持ち、貸し手への信用度も低くなってしまいます。結果として、審査に通過しにくい傾向となってしまうのです。

 

収入証明書などの書類が必要となる場合、転職前のほうが準備が容易

第二の理由として、ローン審査には収入証明書などの書類が必要となるため、転職前のほうがそのような書類の準備が容易なことが挙げられます。

特に、転職した直後は収入を証明する書類の準備が難しく、書類を準備したとしても結果的に転職後の少ない年収の書類を提出しなければならないため、結果的には審査に有利とはいえないでしょう。そのため、転職前のほうが書類の準備が容易といえます。

 

このような理由から、転職前のローン契約がおすすめです。現在転職とローンの契約、両方を検討している方は、頭の片隅に入れておくとよいでしょう。

 

 転職前にクレジットカードを契約していた場合は、クレジットカードのキャッシングの利用も検討する

転職前にクレジットカードの契約をしていた、という方は、クレジットカードのキャッシング機能の利用を検討してみるのもよいでしょう。

クレジットカードのキャッシング機能を利用することにより、100万単位の借り入れは難しくとも、数万~数十万単位で少額の借り入れが可能です。

そのため、急場を凌ぐための借入先として頭の片隅においておくと、いざというときに役立ちます。

 

また、カードローンとは異なり、キャッシングを新規利用の際に審査を受ける必要がないので、必要な時必要なだけ(限度額内で)借り入れをできるという点もうれしいところですね。

利用にあたって新たな契約書類などが送付されてくることもないので、周囲に借り入れを知られたくないという方にもぴったりです。

 

クレジットカードキャッシングの利用にあたっては、以下の記事にも詳しく説明されています。

参考記事: 今すぐ30万円手に入る!?クレジットカードでお金を借りるには

 

まとめ: 勤続年数が少ない人でもあきらめず、お金を借りることができる方法を探してみよう!

いかかでしたか?

勤続年数が少ない方でも、お金を借りる方法があることがおわかりいただけたのではないでしょうか。「金欠でピンチ!」な時でも、本記事の内容を参考にあきらめずお金を借りることができる方法を探してみみましょう。

 

また、勤続年数が少ないうちは、「お金を借りる」ということだけにこだわらず、「お金を作る」「お金をもらう」という方向に視点を変えて、お金を手に入れることを考えてみても良いでしょう。

合法的にお金を手に入れる方法については、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

 

・ お金を作る方法30選!カードローンやキャッシング以外の方法で今すぐ1万円〜100万円手に入れる方法(まとめ)

・ お金が欲しい?合法的にお金をもらう30の方法!あなたも今すぐお金をゲット!

・ 【保存版】お金を稼ぐ方法50選!副業にもオススメ、ネットやスマホでお金が稼げる世界一カンタンな方法!

・ 【保存版】仮想通貨完全ガイド!1000倍以上に跳ね上がる仮想通貨で『億り人』になろう!

・ お金がない?金欠のあなたも今すぐできる30のラクラク解決法!

・ 【2021年2月最新】今すぐお金を借りる25の方法!あなたの必要な欲しい金額は?5万10万30万借りれる/最短30分で融資審査OK

 

就職したばかりの方であれば、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • q**l様が
    500万円を調達しました。

  • h******c様が
    1000万円を調達しました。

  • m***y様が
    600万円を調達しました。

  • c**x様が
    500万円を調達しました。

  • y**m様が
    200万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り9社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング