閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

就職したばかりの人がお金を借りる方法とは?

NEW!お金を作る方法30選!カードローンやキャッシング以外の方法で今すぐ10万円のお金を作る最終手段!

就職したばかりの方がお金を借りるのはなかなか大変なことですよね。

 

青空とビジネスマン

 

通常、消費者金融などからお金を借りる場合には「年収を証明する書類」や「勤続年数を証明する書類」の提示を求められますが、就職したばかりですと、これらの書類を提示することができませんので、審査に通ることすら難しい…そのように考える方も多いでのではないでしょうか。

しかし、就職したばかりの方であっても、お金を借りることは可能です。以前に勤務経験がある場合は、これから就職する意思があることをきちんと伝えることにより、少ないながらも融資を受けることはできるのです。

 

そこでここでは、「就職したばかりで融資をなかなかうけることができない方」が、お金を借りる方法についてスポットをあて、検証していきたいと思います。

「勤続年数が少なく、お金を借りることに苦労している…」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

就職したばかりの方であれば、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

参考記事:今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2021年最新版】

 

 就職したばかりの人は勤続年数の短さで審査に通過できない場合がある

「勤続年数が長いほうがローンの審査には通りやすい」

実際、このような話を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。確かに、勤続年数が短い転職したての方、新卒の方は、カードローンの審査にあたって不利な条件となることは事実です。

それは、勤続年数が短いということにより、「この人はどこに勤めても長続きしない人なのでは?」「まだ就職して間もないのに、きちんと返済をしてくれるのだろうか?」という疑問を持たれてしまう、ということもあるためです。自分が貸し手側の立場になったことを考えてみたとしても、同じ印象を持ってしまう…かもしれませんね。

 

それでも、「どうしてもお金が必要…カードローンを利用したい」と希望する場合は、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

このような人がカードローンを利用するためには、次のようなことに気をつけて申込みを検討してみる必要があります。

 

・銀行カードローンよりも消費者金融系カードローンを申込み先として考える

・少額の融資から申し込んでみる

 

それでは、これらのポイントについて内容を確認していきたいと思います。

 

銀行カードローンよりも消費者金融系カードローンを申込み先として考える

一般的に銀行カードローンと比較し、消費者金融系カードローンは新規契約率が高いと言われています。

銀行カードローンは、消費者金融系カードローンより審査の厳しい傾向があり、勤続年数の少なさがネックとなる方にとってはハードルが高くなりがちです。そのため、転職したばかりの人や勤続年数が短い人には消費者金融系カードローンの申込みをおすすめします。

お金を借りるときのおすすめ方法はこちらの記事にもまとめていますので合わせてご覧ください。

関連記事:【2021年2月最新】今すぐお金を借りる25の方法!あなたの必要な欲しい金額は?5万10万30万借りれる/最短30分で融資審査OK

 

少額の融資から申し込んでみる

「勤続年数が少ないうちは貸付金額が少なくなる」

 

このような話を耳にしたことはありませんか?実際、勤続年数が少ないうちは、貸付金額も少なくなる傾向にあるようです。

そのため、勤続年数が少ない人が大型の融資をいきなり申し込んだとしても、融資を断られてしまう可能性が高いといえます。やはり勤続年数は、審査の上でも重要な項目の一つとなっているのです。

ですので勤続年数が少ないうちは、なるべく少額の融資で申込みを行うのがよいでしょう。そして実績を積み、少しずつ大型の融資を勝ち取ることをおすすめします。

 

 

 カードローン審査、本当に勤続年数だけをチェックしているの?

「勤続年数が短い人は、カードローン審査に通るのが難しい…」

 

これは一般的によく言われることなのですが、カードローン審査では本当に勤続年数だけをチェックしているのでしょうか?

もし、勤続年数のほかに重視される項目があるとすれば、勤続年数で不利になりがちな、転職したての方がカードローン審査に通過するために有利な方法も見つけられそうですよね。

カードローン審査でチェックされる内容として、「勤続年数」の他、次のようなことが挙げられます。

 

・勤務先
勤務先名・勤務先の住所・勤務先の電話番号

・仕事内容
業種(勤務先の会社が主に行っている業務内容)・職種

・雇用形態
正社員・派遣社員・契約社員・パート・アルバイト・自営業

・給与
固定給・一部歩合制・完全歩合制

・年収

 

実際にローンの審査を行う事業者は、これらの内容を総合的に判断することにより、融資の可否を決定します。そのため、一概に、勤続年数で不利になりがちな転職したての方が審査に落ちてしまう…とは言いにくいのです。

特に、カードローンの審査においては、雇用形態(正社員かそれ以外か)という点や給与形態(固定給か歩合制か)という点が影響するといわれています。

 

雇用形態については、正社員が最も収入が安定しているとみなされるため、派遣社員や契約社員等と比較して審査に通過しやすいとみなされます。また、給与についても、歩合制をとっているのか、固定給なのかによっても収入の安定度が異なるため、審査の通過度合いが異なってきます。

そのため、ローンの審査を受ける際には、このような点にも注意をしつつ申込みを行うことが必要です。

 

 

 就職したばかりの人でも利用しやすいローン商品は?

「勤続年数が少ないため、ローンの審査に落ちてしまう…」そのようなお悩みを持つ方が少しでも利用しやすい商品にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ここではこのように就職したばかりの方でも利用しやすいローン商品について紹介してみたいと思います。

勤続年数が短く、借り入れ先についてお困りの方には、次の商品がおすすめです。

 

J.Score(ジェイスコア)「AIスコア・レンディング」

株式会社J.Score(ジェイスコア)(みずほ銀行とソフトバンク株式会社の合弁会社)が発行する、「AIスコア・レンディング」。スマートフォンを利用した簡単な手続きで融資を受けることのできる商品です。

 

この「AIスコア・レンディング」は、今までにない全く新しい金融サービスとして、審査の際には、顧客についての年齢や年収、勤務先といった情報の他、性格や好み・ライフスタイルといった情報を取り入れた「AIスコア」を用いることにより、顧客の信頼性や可能性の審査を行います。そのため、勤続年数の短さを不安に思う方でも、顧客について様々な観点からのチェックを行うといった点から融資を受けられる可能性があります。

 

また、他のローン商品と比較して、圧倒的に低い金利「年0.8%~年15.0%」をうたっており、最短即日で融資を受けることができるため、「少しでも利息分は節約したい」「とにかく早く融資を受けたい」と希望される方にもおすすめです。

勤続年数を理由に、他社ローンの融資を断られてしまった…という方は、ぜひJ.Score(ジェイスコア)「AIスコア・レンディング」の利用をご検討ください。

(※)貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

 

また、J.Score(ジェイスコア)「AIスコア・レンディング」については、以下の記事も参考になります。

参考記事:資金調達プロカードローン「J.Score」(ジェイスコア)

参考サイト:株式会社J.Score(ジェイスコア)「AIスコア・レンディング」

 

 

 就職したばかりの人は、月々の返済額にもこだわろう

「まだ新しい勤務先に就職して数ヶ月しかたっていない…」そのような方は、お金を借りる際にはぜひ月々の返済額にもこだわってみましょう。

 

就職してまだ日も浅い場合は、生活も安定しない場合も多く、また予定外の出費がある場合もあります。そのためにも、カードローン等を利用してお金を借りる場合には、なるべく月々の返済額が低く抑えられているものがおすすめです。

特に、返済額が月々数千円からとなっているものは、日常生活を圧迫することなく返済ができるものも多いため、ローンを検討する際にはそのような点も考慮に入れるとよいでしょう。

ただし、月々の返済額が少額となっているものの中には、融資額が数百万円といった大型の借り入れを行った場合に限るものも多いため、申込みの際には注意が必要です。

 

就職したばかりの方であれば、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

参考記事:今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2021年最新版】

 

 

 就職内定していることが伝わればお金を借りやすくなる

仮に現在ワケあって職についていないという方でも、就職の内定があることが貸し手に伝わればお金を借りやすくなります。

このような場合は、申し込みの時点で「就職を控えていること」を事業者に説明することで審査に通る可能性は高くなるのです。勤続年数が少ない内は、可決される金額は大きくありませんが、一度審査に可決されれば、勤続年数やカードの利用年数の実績を積むことにより、利用できる限度額の引き上げも可能となるでしょう。

 

また、以降、延滞事故などを起こすことなく、優良顧客として貸し手側に認められれば、さらに良い条件で融資を受けることができるようになります。

 

 

 転職を検討している人は、転職前にローンを契約するのがおすすめ

現在転職を検討している人は、転職前にローン契約をするのがおすすめです。それには次のような理由があります。

 

  • 転職直後は勤続年数が少なくなるため、ローン審査に通過しにくくなる
  • 収入証明書などの書類が必要となる場合、転職前のほうが準備が容易

 

それでは、これらの理由について確認をしていきましょう。

 

転職直後は勤続年数が少なくなるため、ローン審査に通過しにくくなる

第一の理由として、先程も説明したとおり、就職して間もなくローンを契約すると、勤続年数の少なさから審査に通過しにくくなってしまうためです。

貸し手から見た場合、年齢と比して勤続年数が少ないと「どこに勤めても長続きしない人なのではないか」という印象を持ち、貸し手への信用度も低くなってしまいます。結果として、審査に通過しにくい傾向となってしまうのです。

 

収入証明書などの書類が必要となる場合、転職前のほうが準備が容易

第二の理由として、ローン審査には収入証明書などの書類が必要となるため、転職前のほうがそのような書類の準備が容易なことが挙げられます。

特に、転職した直後は収入を証明する書類の準備が難しく、書類を準備したとしても結果的に転職後の少ない年収の書類を提出しなければならないため、結果的には審査に有利とはいえないでしょう。そのため、転職前のほうが書類の準備が容易といえます。

 

このような理由から、転職前のローン契約がおすすめです。現在転職とローンの契約、両方を検討している方は、頭の片隅に入れておくとよいでしょう。

 

 

 転職前にクレジットカードを契約していた場合は、クレジットカードのキャッシングの利用も検討する

転職前にクレジットカードの契約をしていた、という方は、クレジットカードのキャッシング機能の利用を検討してみるのもよいでしょう。

クレジットカードのキャッシング機能を利用することにより、100万単位の借り入れは難しくとも、数万~数十万単位で少額の借り入れが可能です。そのため、急場を凌ぐための借入先として頭の片隅においておくと、いざというときに役立ちます。

 

また、カードローンとは異なり、キャッシングを新規利用の際に審査を受ける必要がないので、必要な時必要なだけ(限度額内で)借り入れをできるという点もうれしいところですね。

利用にあたって新たな契約書類などが送付されてくることもないので、周囲に借り入れを知られたくないという方にもぴったりです。

 

クレジットカードキャッシングの利用にあたっては、以下の記事にも詳しく説明されています。

参考記事: 今すぐ30万円手に入る!?クレジットカードでお金を借りるには

 

 

まとめ: 勤続年数が少ない人でもあきらめず、お金を借りることができる方法を探してみよう!

いかかでしたか?

勤続年数が少ない方でも、お金を借りる方法があることがおわかりいただけたのではないでしょうか。「金欠でピンチ!」な時でも、本記事の内容を参考にあきらめずお金を借りることができる方法を探してみみましょう。

 

また、勤続年数が少ないうちは、「お金を借りる」ということだけにこだわらず、「お金を作る」「お金をもらう」という方向に視点を変えて、お金を手に入れることを考えてみても良いでしょう。

合法的にお金を手に入れる方法については、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

・ 【2021年最新】お金を作る方法30選!カードローンやキャッシング以外の方法で今すぐ1万円〜100万円手に入れる方法(まとめ)

・ 【2021年4月版】お金が欲しい?合法的にお金をもらう30の方法!あなたも今すぐお金をゲット!

・ 【保存版】お金を稼ぐ方法50選!副業にもオススメ、ネットやスマホでお金が稼げる世界一カンタンな方法!

・ 【保存版】仮想通貨完全ガイド!1000倍以上に跳ね上がる仮想通貨で『億り人』になろう!

・ お金がない?金欠のあなたも今すぐできる30のラクラク解決法!

・ 【2021年2月最新】今すぐお金を借りる25の方法!あなたの必要な欲しい金額は?5万10万30万借りれる/最短30分で融資審査OK

 

就職したばかりの方であれば、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

参考記事:今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2021年最新版】

 


 

***

この記事は、資金調達プロのお金&資産運用の専門家Tommyが作成しました。

資金調達プロ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

■ shikin-pro.com 2021

【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

新着記事

クレジットカードおすすめ比較&人気ランキング

ネット銀行オススメ比較&人気ランキング

ネット証券おすすめ比較&人気ランキング

資産運用おすすめ比較&人気ランキング

FX・投資おすすめ比較&人気ランキング

 

人気記事

楽天カードの審査を通す3つのコツ!楽天カード申込前に知るべき審査ポイントを徹底解説!

楽天ビジネスカードの特徴と最新情報を解説!審査を通すコツも紹介

フリーランスに人気のクレジットカード!個人事業主OKのクレカ5選!

還元率の高いクレジットカードでお金を増やそう

年会費無料で人気のクレジットカードベスト5!

消費増税10%で最も得するクレジットカード6選!高還元率はコレ!

法人クレジットカードを選ぶなら!審査・年会費おすすめカード一覧

クレジットカードってどのようなもの?個人・法人向け商品についても検証!

クレジットカードのキャッシング機能、カードローンとはどのような違いがあるの?

カードローン&クレジットカードキャッシング、限度額を上げるにはどうしたらいい?

個人事業主の資金の調達に役立つ!経費をクレジットカードで計上するメリット

今すぐ30万円手に入る!?クレジットカードでお金を借りるには

クレジットカードの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のカードを作れる

法人クレジットカード20選!あなたの経営に必ず役立つオススメカードまとめ

 

人気クレジットカード一覧

楽天カード

JCB CARD W

Orico Card THE POINT

イオンカードセレクト

dカード

三井住友カード

dカードGOLD

ビックカメラSuicaカード

セブンカード・プラス

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

 

お金の人気カテゴリー

日本政策金融公庫のローン概要【おすすめローン・金利・審査】

日本政策金融公庫の審査

経営者におすすめのクレジットカード

人気ビジネスローン

個人事業主におすすめのクレジットカード

法人クレジットカードおすすめ比較!

経営者におすすめのプラチナカード

クレジットカード人気ランキング

カードローン人気ランキング

信用保証協会の審査

経営者おすすめファクタリング業者

フリーランスにおすすめの請求書買取サービス

フリーランスと仕事

個人投資家・エンジェル投資家

 

関連サイト

■ shikin-pro.com 2021

【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

【関連リンク】

Amebaブログ|資金調達プロ

Amebaブログ|資金調達プロ

note|資金調達プロ

note|資金調達プロ

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

ビジネス関連のニュース

Googleニュース「ビジネス」

Googleニュース「日本」

Googleニュース「国際」

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co

Google for Startups(Twitter)

Googleがスタートアップを東京で支援!Google Startups Campusで起業しよう

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

2020年から始まった経済悪化への対策

【経済対策情報を発信中!】内閣官房国際感染症対策調整室

 

労働問題の解決

雇用・労働 |厚生労働省

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省

労働政策全般 |厚生労働省

労働基準行政の相談窓口 |厚生労働省

労働 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

JFBA日本弁護士連合会

法テラス 公式ホームページ

労働(法テラス)

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

上場・IPO・証券取引関連情報

JPX 日本取引所グループ

JSDA日本証券業協会

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

お金の問題解決・信用情報

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

公的制度の借入と融資

 JFC日本政策金融公庫

日本政策金融公庫東京支店国民生活事業

(社)全国信用保証協会連合会

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

法務省

中小企業庁

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

中小企業・起業

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co

日本商工会議所

中小機構

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

公式Twitter

日本政策金融公庫【公式】Twitter

厚生労働省【公式】Twitter

日本年金機構【公式】Twitter

内閣府政府広報オンライン【公式】Twitter

国民生活センター【公式】Twitter

金融庁【公式】Twitter

法務省【公式】Twitter

消費者庁【公式】Twitter

首相官邸【公式】Twitter

内閣官房【公式】Twitter

財務省【公式】Twitter

経済産業省【公式】Twitter

消費者庁【公式】Twitter

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

公式Facebook

内閣府【公式】Facebook

厚生労働省【公式】Facebook

金融庁【公式】Facebook(学生向け)

財務省【公式】 Facebook

経済産業省【公式】Facebook(学生向け)

消費者庁【公式】Facebook

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

公式LINEアカウント

金融庁 経済対策 サポート!

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

Study Abroad

BBC Business

BBC News (World)

※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

 

Youtube

経済産業省チャンネル(YouTube)

国税庁動画チャンネル(YouTube)

首相官邸(YouTube)

金融庁チャンネル(YouTube)

厚生労働省【公式】Youtube

日本年金機構【公式】Youtube

消費者庁PR動画

法務省【公式】Youtube

マイナンバー制度【内閣官房・内閣府】

国民保護チャンネル

財務省【公式】Youtube

 

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫(公式サイト)

全国の日本政策金融公庫

 

地方銀行

横浜銀行

埼玉りそな銀行

千葉銀行

静岡銀行

常陽銀行

東京スター銀行

関西アーバン銀行

スルガ銀行

北洋銀行

北海道銀行

みちのく銀行

岩手銀行

北日本銀行

秋田銀行

仙台銀行

北都銀行

きらやか銀行

荘内銀行

山形銀行

大東銀行

東邦銀行

福島銀行

常陽銀行

筑波銀行

足利銀行

栃木銀行

東日本銀行

神奈川銀行

第四北越銀行

北越銀行

富山銀行

北陸銀行

北國銀行

福井銀行

福邦銀行

長野銀行

八十二銀行

大垣共立銀行

十六銀行

静岡銀行

静岡中央銀行

清水銀行

愛知銀行

中京銀行

名古屋銀行

第三銀行

百五銀行

三重銀行

滋賀銀行

京都銀行

池田泉州銀行

大正銀行

但馬銀行

みなと銀行

南都銀行

紀陽銀行

山陰合同銀行

鳥取銀行

島根銀行

中国銀行

トマト銀行

広島銀行

もみじ銀行

西京銀行

山口銀行

阿波銀行

徳島銀行

徳島大正銀行

香川銀行

百十四銀行

伊予銀行

愛媛銀行

高知銀行

四国銀行

北九州銀行

筑邦銀行

西日本シティ銀行

福岡銀行

福岡中央銀行

佐賀共栄銀行

佐賀銀行

十八親和銀行

長崎銀行

熊本銀行

肥後銀行

大分銀行

豊和銀行

宮崎銀行

宮崎太陽銀行

鹿児島銀行

南日本銀行

沖縄海邦銀行

琉球銀行

 

ネット銀行

イオン銀行

auじぶん銀行

楽天銀行

PayPay銀行

新生銀行

住信SBIネット銀行

ソニー銀行

あおぞら銀行

GMOあおぞらネット銀行

 

都市銀行

みずほ銀行

三井住友銀行

三菱UFJ銀行

りそな銀行

ゆうちょ銀行

 

信用金庫

旭川信用金庫

大阪信用金庫

京都信用金庫

京都中央信用金庫

きのくに信用金庫

近畿労働金庫

但陽信用金庫

富山信用金庫

のと共栄信用金庫

山形信用金庫

 

信販会社

オリエントコーポレーション

クレディセゾン

JCB

セゾンファンデックス

ビジネスパートナー

三井住友カード

全日信販

三菱UFJニコス

 

信託銀行

三井住友信託銀行

 

主要な消費者金融

アイフル

アコム

アプラス

オリックスクレジット

新生パーソナルローン

レイクALSA

ダイレクトワン

 

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
※ 本項、当サイトの内容、コンテンツ、テキストの無断転載・無断使用、コピー等を固く禁じます。

【資金調達プロ】日本最大の資金調達情報サイト!

Twitterアカウント(資金調達プロ)

Tommyの公式Twitterアカウント

The following two tabs change content below.
吉永 あき

吉永 あき

Webライティング歴4年の元システムエンジニア。 資金調達プロでは、「カードローン」や「クレジットカード」の情報を中心に、記事制作を行っています。 「日常生活の中で切っても切り離せない「お金」について、皆さまの疑問についてしっかりとお応えしていきたい」 そんな気持ちで自分自身も日々お金についての知識を勉強中です。 「より正確な記事」であることはもちろんのこと、「だれにでもわかりやすい記事」を目指した執筆を心がけています。

クレジットカードの関連記事(107件)

1 2 3 4 5 22

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全1,401件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

診断中・・・

JSX

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる