どこも融資してくれない場合はどうする?原因と対策、信用情報の照会から融資以外の資金調達方法

運営事務局
運営事務局
更新日2023/12/22
PR

どこも融資してくれない場合 アイキャッチ

どこも融資してくれない場合はどうすればいい?

融資してくれない原因を知りたい!

融資してくれない場合の対策とは?

上記のような、どこも融資してくれない場合のお悩みを解決していきます。

「お金が必要なのに金融業者から断られた・・・」と困っている人は多いかと思います。

金融業者から融資を断られる原因として、信用情報の問題や多重債務などさまざまな理由があります。

そこで今回は、どこも融資してくれない原因と対策、信用情報の照会方法まで紹介します。

融資以外の資金調達方法も紹介するので、審査に通らない人は最後までご覧くださいね。

どこも融資してくれない場合の対策をざっくり言うと...
  • どこも融資してくれない場合は信用情報を照会し、事故情報がないかをチェック!
  • 信用情報は、日本信用情報機構(JICC)、シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人情報センター(KSC)の3つから確認可能
  • 法人は帝国データバンクや東京商工リサーチなどの信用調査会社に依頼するのがおすすめ!
  • どこも融資してくれない原因は多重債務や信用情報、事業赤字、与信情報の4つが基準に達していない
  • どこも融資してくれない場合の対策には、おまとめローンや任意整理の検討、事業赤字の場合は、黒字になる見込みが伝わるよう書類作成を行うがあげられる
  • 信用情報に問題がある場合5年~10年は融資を受けられず、個人事業主は総量規制にも注意!
  • どこも融資してくれない場合の資金調達方法はファクタリング・資産の売却・親戚や知人に借り入れ・クラウドファンディングがある
【無料】融資が無理なら資金調達10秒診断がおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

資金繰りの改善はお金の調達だけじゃない!
資金が不足していて、請求書の支払いが間に合わないという方は、請求書払いをカードで先のばしにできる「支払い.com」がおすすめです!

期限の迫った請求書でも、支払いまで最長60日延長することができるため、お金を借りることなく、資金繰りの改善が可能 です。

▼ 請求書払いの期日を最大60日延長できる! ▼

支払い.com

どこも融資してくれない場合は信用情報を照会する

どこも融資してくれない場合は信用情報照会する
どこも融資してもらえず、さらに融資してくれない原因が不明な場合は「信用情報」の照会をするのが一番です。

法人の信用情報の開示については、帝国データバンクや東京商工リサーチなどの信用調査会社に依頼するのがおすすめです。

個人の信用情報機関に関しては、以下の3つがあります。

信用情報機関一覧
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人情報センター(KSC)

それぞれの信用情報機関の特徴や加盟企業は以下の通りです。

信用情報機関 特徴 加盟企業
日本信用情報機構(JICC) 消費者金融業者が中心となって設立された会社。
消費者金融やクレジットカード会社、ローン会社などの貸金業者が加盟している。
・消費者金融会社
・信販会社
・金融機関
・保証会社
・リース会社
・流通系・銀行系・メーカー系クレジット会社など
シー・アイ・シー(CIC) 国内のクレジットカードを発行している会社が出資して立ち上げられた会社。
消費者金融・信販会社、自動車ローンや保険会社などの多くの金融機関が加盟している。
・信販会社
・百貨店
・専門店会
・流通系・銀行系・メーカー系クレジット会社
・流通系クレジット会社
・銀行系クレジット会社
・家電メーカー系クレジット会社
・自動車メーカー系クレジット会社
・保証会社
・保険会社
・銀行
・消費者金融会社
・携帯電話会社など
全国銀行個人情報センター(KSC) 民間銀行のほとんどが加盟している「全国銀行協会」が運営している会社。
主に銀行や信用金庫が加盟している。
・銀行
・信用組合
・信用金庫
・保証会社
・銀行業を含む会社

信用情報の開示方法は次の章で紹介します。

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

資金が不足していて、請求書の支払いが間に合わないという方は、請求書払いをカードで先のばしにできる「支払い.com」がおすすめです!

期限の迫った請求書でも、支払いまで最長60日延長することができるため、お金を借りることなく、資金繰りの改善が可能 です。

▼ 請求書払いの期日を最大60日延長できる! ▼

支払い.com

信用情報の照会・開示方法は3つ

どこも融資してくれない場合 信用情報の照会・開示方法は3つ
信用情報の照会・開示方法には以下の3つがあります。

信用情報の照会・開示方法
  • 開示請求方法① インターネット
  • 開示請求方法② 郵送
  • 開示請求方法③ 窓口

開示請求方法は信用情報機構によって異なるので、それぞれの詳しい開示方法を紹介します。

開示請求方法① インターネット

JICC・CIC・KSCではインターネット(スマートフォン・PC)での開示請求を受け付けています。

それぞれの開示請求方法を見ていきます。

日本信用情報機構(JICC)のインターネットによる開示請求方法

  1. アプリのダウンロード
  2. 本人認証
  3. お客様情報の入力
  4. 手数料の支払い(クレジットカード・コンビニ等のオンライン収納代行・携帯キャリア決済)
  5. 開示結果の受取

シー・アイ・シー(CIC)のインターネットによる開示請求方法

  1. CICのホームページにある「インターネットで開示する」をクリック
  2. 利用環境・クレジットカードの確認
  3. 受付番号の取得
  4. 認証コードの取得(キャリア決済の場合)
  5. お客様情報の入力
  6. 利用手数料の決済(カード決済・携帯キャリア決済)
  7. 開示情報の表示

全国銀行個人情報センター(KSC)のインターネットによる開示請求方法

  1. KSCのホームページにある「本人開示の手続き」をクリック
  2. メールアドレスの登録
  3. 申込情報の入力
  4. 本人確認
  5. 手数料の支払い(クレジットカード・デビットカード・PayPay・携帯キャリア決済)
  6. 開示報告書ダウンロード

以上の手順で信用情報を開示できます。

信用情報機関ごとに手順が違うので、それぞれの方法をホームページでよく確認した上で利用してくださいね。

開示請求方法② 郵送

3社とも郵送での開示請求受付を行っています。

それぞれの開示請求方法は以下の通りです。

日本信用情報機構(JICC)による郵送での開示請求方法

  1. 必要書類を用意する(本人確認書類・信用情報開示申込書)
  2. 開示手数料の支払い方法を選択する(クレジットカードor定額小為替証書)
  3. 指定の書類送付先に必要書類と開示手数料を同封して郵送
  4. 開示結果「信用情報記録開示書」が届く

JICCでは、必要書類として信用情報開示申込書を提出しなければなりません。

信用情報開示申込書を入手するには、JICCのホームページにある「開示申込書作成フォーム」から必要事項を入力の上、印刷してください。

シー・アイ・シー(CIC)による郵送での開示請求方法

  1. 信用情報開示申込書を記入
  2. 手数料を用意する(ゆうちょ銀行の定額小為替証書のみ)
  3. 必要書類を用意する(本人確認書類など)
  4. 必要書類を「郵送開示センター」に郵送
  5. 約10日後に開示報告書が届く

信用情報開示申込書はウェブから作成orダウンロードが可能です。

信用情報開示申込書の作成やダウンロードは、CICのホームページからできるので、作成後に本人確認書類と共に指定の送付先に郵送してください。

全国銀行個人情報センター(KSC)による郵送での開示請求方法

  1. 必要書類を用意する(開示請求申込書・本人開示手続き利用券・本人確認書類)
  2. 指定の送付先に必要書類3つを同封して郵送する
  3. 開示報告書が届く

KSCではゆうちょ銀行の定額小為替証書には対応しておらず、本人開示手続き利用券をコンビニで購入して郵送しなければなりません。

登録情報開示申込書はKSCのホームページからダウンロード、もしくはコンビニプリントも可能です。

開示請求方法③ 窓口

続いて、窓口による開示請求方法ですが、JICCのみ窓口でも受け付けています。

しかしながら、2023年4月時点では新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、窓口での開示サービスを休止しています。

休止状況については変更になる可能性があるため、窓口受付が再開された後に利用してください。

最新の開示請求の窓口受付に関する情報は、JICCのホームページから確認してください。

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

資金が不足していて、請求書の支払いが間に合わないという方は、請求書払いをカードで先のばしにできる「支払い.com」がおすすめです!

期限の迫った請求書でも、支払いまで最長60日延長することができるため、お金を借りることなく、資金繰りの改善が可能 です。

▼ 請求書払いの期日を最大60日延長できる! ▼

支払い.com

どこも融資してくれない原因

どこも融資してくれない場合_どこも融資してくれない原因
どこからも融資してもらえずに悩んでいる人は多いかと思いますが、まずは融資できない原因を突き止める必要があります。

融資できない原因は以下4つが考えられます。

どこも融資してくれない原因
  • 多重債務
  • 信用情報
  • 事業赤字
  • 与信情報

心当たりのある原因があれば問題を解決し、融資してもらえるようにしてくださいね。

多重債務

多重債務がある場合は返済能力が低いと見なされ、融資ができない可能性が高いです。

そもそも多重債務とは、借金の返済をするために、他の金融業者から借入する行為を繰り返すことです。

利息の支払いもかさみ、借金だけが増え続ける状態になっているため、金融業者からの印象は良くありません。

MEMO
もし、返済が滞っていない場合でも、新たに借金を作ることで返済が滞る可能性があると判断されているといえます。

信用情報

過去に延滞や債務整理、自己破産などの問題がある場合は、信用情報に事故情報として登録されて融資を断られるケースがあります。

信用情報に登録されていると、信用力を失ってしまい融資が難しい状態になります。

さらに以下のような情報も、審査時にチェックしています。

  1. 申込件数
  2. 住所異動

信用情報では申込み状況の確認ができるため、直近で複数の金融業者に申込みをすると「複数社申込むほどお金に困っている」という印象を与えます。

必死になってお金を借りようと、手当たり次第申込みするとマイナスなイメージが定着し、全ての金融業者から断られるケースがあります。

また、現住所から過去に契約していた住所なども登録されており、転居している回数や延滞情報なども審査に含まれます。

これらの情報を全て確認して融資の可否を決定しています。

気になる人は先程紹介した信用情報の開示請求をして、自身の信用情報を把握しておいてください、

事業赤字

事業赤字も審査に大きく影響します。

事業の収益から借入金の返済を行いますが、事業からの収益がない場合は、事業以外の収入から返済しなければなりません。

しかし、事業赤字の状況が続くかぎり長期的な返済が難しく、返済が滞ってしまう恐れがあります。

このような理由をもとに金融業者は、事業赤字の企業に対して融資を断る傾向にあります。

与信情報

個人事業主の年収や企業の売上高に比べ、借入金額が大きい場合は審査に落ちる原因になります。

すでに借入している金額が、収入額や売上高よりも額が大きい場合は、返済能力に見合ってないと判断されます。

返済が滞ってない、自己破産などの経験がないにしても、借入金額が過大になっている可能性があります。

MEMO
事業赤字や信用情報に問題ない人は、借入総額の確認をすると原因がわかるかもしれません。

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

資金が不足していて、請求書の支払いが間に合わないという方は、請求書払いをカードで先のばしにできる「支払い.com」がおすすめです!

期限の迫った請求書でも、支払いまで最長60日延長することができるため、お金を借りることなく、資金繰りの改善が可能 です。

▼ 請求書払いの期日を最大60日延長できる! ▼

支払い.com

どこも融資してくれない場合の対策

どこも融資してくれない場合の対策
どこも融資してくれない場合は、以下の対策方法で融資が可能になるかもしれません。

どこも融資してくれない場合の対策
  • 多重債務はおまとめローンや任意整理を検討する
  • 信用情報に問題がある場合5年~10年は融資を受けられない
  • 事業赤字の場合は、黒字になる見込みが伝わるよう書類作成する
  • 個人事業主は総量規制にも注意!

詳しく説明していくので、融資できなくて困っている人は参考にしてくださいね。

多重債務はおまとめローンや任意整理を検討する

多重債務で融資できないときは、おまとめローンや任意整理の検討をしてみてはいかがでしょうか。

おまとめローンのメリットとして、 借入金額が大きいほど金利が低くなるため総利息が減り、返済額を抑えられます。

ただし、返済管理をしやすくするのがおまとめローンの目的であり、新しく融資ができるわけではありません。

また、 任意整理をして現在の返済負担を軽減して、将来の不安を解消させる方法があります。

任意整理は債務整理手続の記録が残るため、新たな借入はできないデメリットが生じます。

MEMO
多重債務によって返済に追われている人は、任意整理をして月々の返済を減らすか、借金をゼロにしてリセットするのも良いかもしれません。

信用情報に問題がある場合5年~10年は融資を受けられない

信用情報に問題がある場合は、5~10年ほど融資が受けられませんが、 信用情報の登録期間の制限が解除されたら融資を受けられる可能性があります。

信用情報の事故には、信用情報機構ごとに登録期間が設けられています。

事故登録された原因 JICC CIC KSC
61日以上の延滞 1 年 5年 5年
3ヶ月以上の連続延滞 5年 5年 5年
強制解約 5年 5年
任意整理・特定調停・個人再生 5年 5年 5年
自己破産 5年 7年 10年
代位弁済 5年 5年

上記の登録期間を目安に、事故登録が解除されるまで待つと審査に通りやすくなります。

事業赤字の場合は、黒字になる見込みが伝わるよう書類作成する

事業赤字が原因で融資してくれない場合でも 事業計画や収支計画の書類作成によって融資を受けられる可能性があります。

黒字を維持して申込みするのが一番確実ではありますが、黒字化にするのは難しいことです。

赤字決算であっても一時的な赤字や、事業の成長が見込める上に返済能力に問題なければ審査に通るケースもあります。

MEMO
審査を通過させるには赤字解消の対策案を提示し、黒字化していくための事業計画や収支計画などの書類を策定します。

個人事業主は総量規制にも注意!

個人事業主で総量規制に抵触している場合は注意しなければなりません。

総量規制とは多重債務者が増えないために、個人利用者に対する借入金額の上限を定めています。

個人事業主の場合でも総量規制の対象になり、総量規制に抵触すると借り入れはできません。

しかし、 個人事業主で年収の3分の1を超えていても、返済能力があると判断されたら総量規制の例外として借り入れ可能です。

MEMO
総量規制の例外として貸付を行う場合は、事業計画・収支計画・資金計画を記載した書面の提出が必要です。

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

資金が不足していて、請求書の支払いが間に合わないという方は、請求書払いをカードで先のばしにできる「支払い.com」がおすすめです!

期限の迫った請求書でも、支払いまで最長60日延長することができるため、お金を借りることなく、資金繰りの改善が可能 です。

▼ 請求書払いの期日を最大60日延長できる! ▼

支払い.com

どこも融資してくれない場合の資金調達方法

どこも融資してくれない場合の資金調達方法
事業の資金調達方法は融資だけではありません。

どこも融資してくれず困っている人は、以下の資金調達方法を試してください。

どこも融資してくれない場合の資金調達方法
  • 売掛債権がある場合、ファクタリングを活用する
  • 不動産や自動車など資産の売却
  • 親戚や知人に借り入れの相談をしてみる
  • クラウドファンディングで資金を集める

売掛債権がある場合、ファクタリングを活用する

売掛債権がある場合は、売掛債権をファクタリング業者へ売却することで素早く資金調達できます。

ファクタリングは金融業者からお金を借りるわけではなく、売掛債権の売却なので負債が増えません。

また、ファクタリングは売掛先の信用度を重視しているため、事業が赤字決算でも利用できるのが大きなメリットです。

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

不動産や自動車など資産の売却

不動産や自動車などの資産売却を行い資金調達する方法があります。

例えば、 所有している土地や不動産を売却すると、数千万円以上の金額が入ってくる可能性があります。

ただし、市場価値によって資金調達できる額が変動する、資金化するまでに時間を要するなどのデメリットがあります。

急ぎで資金調達したい人にはおすすめできませんが、不要な資産を所有している場合は売却してみてはいかがでしょうか。

▼ 【初回利用】事業者の方にもおすすめ! ▼

アサックス 不動産担保ローン バナー
→優遇金利で不動産担保ローンを利用してみる

親戚や知人に借り入れの相談をしてみる

売掛債権や資産がない場合は、信頼できる親戚や知人に相談して借り入れする方法もあります。

親戚や知人にお金を借りることで、 審査がない、無金利などのメリットがあります。

しかし、身内からお金を借りると金銭トラブルが起きる可能性も否定できません。

トラブル回避のために こ返済計画の提示や、金銭のやりとりが記録できるように通帳で返済をするのが得策です。

身内であっても返済を怠らない、甘えすぎないように注意してください。

クラウドファンディングで資金を集める

クラウドファンディングを利用して、インターネット上の不特定多数の人から資金を集める方法があります。

クラウドファンディングでは事業でやりたいことを発信し、支援者が購入や寄付する仕組みになっています。

さらに こ融資のような返済はないので負担が少ない上に、提示している目標額を超えるケースもあります。

ただし、クラウドファンディングは支援者へのリターン確保や、資金調達ができなったときは返金しなければなりません。

MEMO
クラウドファンディングをする際は安易に利用するのではなく、計画的なプロジェクトや注目を集めるための宣伝が必要です。

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

資金が不足していて、請求書の支払いが間に合わないという方は、請求書払いをカードで先のばしにできる「支払い.com」がおすすめです!

期限の迫った請求書でも、支払いまで最長60日延長することができるため、お金を借りることなく、資金繰りの改善が可能 です。

▼ 請求書払いの期日を最大60日延長できる! ▼

支払い.com

どこも融資してくれない場合に関するよくある質問

どこも融資してくれない場合 よくある質問
どこも融資してくれない場合、以下のような質問が多く寄せられます。

どこも融資してくれない場合に関するよくある質問
  • Q:本当に本当にお金がどこからも借りれないどうしよ...
  • Q:絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンスはどこですか?
  • Q:ローンが通らない人の為のローンはありますか?
  • Q:審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社はありますか?
  • Q:総量規制でどこも借りれないのですかどうしたら良いですか?

それぞれの質問に答えていくので、資金調達で困っている人は参考にしてくださいね。

Q:本当に本当にお金がどこからも借りれないどうしよ…

どうしてもお金が必要な人は、最終手段として以下の方法を試してください。

・お金を貸してくれる人に依頼する
・不用品を売る
・単発アルバイトを探す
・質屋を利用する
・中小消費者金融に申し込む
・火災保険申請サポートを利用する

上記の方法では、多額のお金を調達するのは難しいですが、どうしてもお金が必要なときに利用してみてください。

Q:絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンスはどこですか?

金融業者でお金を借りるには必ず審査があります。

しかし、独自審査を行っている中小消費者金融であれば融資を受けられるかもしれません。

信用情報機構に登録されている人でも、利用できる可能性があるファイナンスを紹介します。

・セントラル
・フクホー
・首都圏キャッシングサービス
・キャレントキャッシング

これらのファイナンス全てが「日本貸金業協会」に営業登録しているため、闇金ではありません。

安心して利用できるので、信用情報に問題ある人は検討してみてはいかがでしょうか。

Q:ローンが通らない人の為のローンはありますか?

ローンは条件によって審査の通りやすさが異なるため、ローンの条件を下げることでローンが受けられる場合があります。

例えば、銀行ローンの審査に通らない人は大手消費者金融のカードローンであれば借りられる可能性があります。

銀行ローンは好条件で借りられますが、審査が厳しい傾向にあります。

銀行ローンよりも審査基準が低い大手消費者金融のカードローンに申し込むと、審査に通るかもしれません。

大手消費者金融のカードローンでも無理だった場合に、中小消費者金融を利用してください

Q:審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社はありますか?

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社はありません。

もし「審査に通らない人でも融資します」などの広告や勧誘をする業者がいれば、100%闇金業者だと思ってください。

闇金からお金を借りてしまうと、多額の利息や手数料の請求、脅迫的な取り立てなどの恐れがあるので要注意です。

Q:総量規制でどこも借りれないのですかどうしたら良いですか?

総量規制によって借りられない人は、借金を増やすよりも、借金を減らすことを重点的に考えることが大切です。

総量規制は多重債務者の増加を防ぐ規定なので、総量規制に抵触したままでは借り入れは難しいといえます。

現在の借金を減らすために、債務整理の手続きをして返済額の負担を少なくする方法があるので検討してみてください。

どこも融資してくれない場合のまとめ

どこも融資してくれない場合 まとめ

どこも融資してくれない場合のまとめ
  • どこも融資してくれない場合は信用情報を照会し、事故情報がないかをチェック!
  • 信用情報は、日本信用情報機構(JICC)、シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人情報センター(KSC)の3つから確認可能
  • 法人は帝国データバンクや東京商工リサーチなどの信用調査会社に依頼するのがおすすめ!
  • どこも融資してくれない原因は多重債務や信用情報、事業赤字、与信情報の4つが基準に達していない
  • どこも融資してくれない場合の対策には、おまとめローンや任意整理の検討、事業赤字の場合は、黒字になる見込みが伝わるよう書類作成を行うがあげられる
  • 信用情報に問題がある場合5年~10年は融資を受けられず、個人事業主は総量規制にも注意!
  • どこも融資してくれない場合の資金調達方法はファクタリング・資産の売却・親戚や知人に借り入れ・クラウドファンディングがある

どこも融資してくれない場合の原因や対策、信用情報の照会、融資以外の資金調達方法について紹介しました。

どこの金融業者からも資金調達できない場合は、まず原因を探ることから始めてください。

融資してもらえない原因さえ追求できれば、新たに借り入れできるように改善できるかもしれません。

そのために、 信用情報の照会・開示を行って登録されているかどうかの確認をおすすめします。

信用情報に問題がなければ多重債務や、事業赤字によって審査に落ちている可能性が考えられます。

多重債務であればおまとめローンの検討をする、事業赤字であれば黒字化にしたり、計画書を作成して提示してください。

また、 資金調達は融資以外にも方法はあるので、融資だけにこだわらずに資金を集めてみてはいかがでしょうか。

【無料】融資が無理なら資金調達10秒診断がおすすめ!
ファクタリングによる資金調達を検討するなら無料の10秒診断を活用してください。その理由は、 自社に適した業者選びやファクタリング以外の資金調達も専門家に相談できるから!

無料診断を使うべき理由

また、 24時間対応・最短即日入金もできるので、資金繰りを改善したい人におすすめ!

▼ 提携事業者数1,000社以上! ▼

資金調達プロ CTA 女性ver今すぐ事業資金を確保する

資金繰りの改善はお金の調達だけじゃない!
資金が不足していて、請求書の支払いが間に合わないという方は、請求書払いをカードで先のばしにできる「支払い.com」がおすすめです!

期限の迫った請求書でも、支払いまで最長60日延長することができるため、お金を借りることなく、資金繰りの改善が可能 です。

▼ 請求書払いの期日を最大60日延長できる! ▼

支払い.com

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • b****f様が
    500万円を調達しました。

  • m******c様が
    400万円を調達しました。

  • d***d様が
    600万円を調達しました。

  • k*****h様が
    600万円を調達しました。

  • y**v様が
    700万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り9社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング