楽天銀行の不動産担保ローンとは?利用者の評判・口コミからわかったメリット・デメリットと審査基準や金利について

千田紗代
千田紗代
更新日2023/8/17
PR

楽天銀行 不動産担保ローン アイキャッチ

楽天銀行に不動産担保ローンがあるって本当?

ネットのみで手続きできる不動産担保ローンで借り入れしたい!

低金利のローンを借入したい!

この記事は 楽天銀行の不動産担保ローンの借入を検討している方に役立つ記事です。

楽天銀行の不動産担保ローンは、低金利で借入できるだけではなく、最大1億円未満の借入、二番抵当の不動産でも借入できます。

さらに、申込みは ネットのみで完結できるので、忙しい方に利用しやすいのも魅力 です。

今回は、楽天銀行の不動産担保ローンの評判や商品のメリットデメリットを第三者目線で紹介します。

楽天銀行の不動産担保ローンをざっくりいうと...
  • 楽天銀行の不動産担保ローンは、金利1.11%~9.87%で複数の不動産を担保にできる
  • 他の不動産担保ローンで借入している方の借り換えや、借入が多い方のローンを一本化できるおまとめローンが支持されている
  • 借入限度額は最大1億円、個人向けローンではとても大きな金額だが、必ず楽天銀行の口座開設が必須
  • 利用者の良い評判・口コミでは建ぺい率オーバーの物件でも融資を受けられた、不動産投資をしている人向き、銀行の不動産担保ローンの中では審査が緩めなどの意見も
  • 利用者の悪い評判・口コミでは必要書類の提出が面倒、提示された金利に納得いかない、審査が遅いといった意見がある
  • 楽天銀行の不動産担保ローンを利用するメリットは知名度からくる安心と金利の低さ、担保にできる不動産の幅やおまとめローン、住宅ローン残額6割以下で融資受けることができるなどがある
  • 楽天銀行の不動産担保ローンを利用するデメリットには事業性融資としての利用できない、事務手数料が高い、融資まで数週間~1カ月かかる、固定金利は5年ごとに見直しがあるなどが挙げられる
  • 二番抵当の不動産や築古の物件での融資実績があることから銀行の中で審査は緩い方
事業にも使える不動産担保ローンはAGビジネスサポートがおすすめ!

  • 簡易診断最短1日!融資まで最短3日と速い
  • WEB申込なら入力1分で完了!手数料・保証料0円
  • 法人・個人事業主どちらも利用OKで100万円~最大5億円の融資が可能!
  • 審査の結果次第では契約利率が2.49%とお得に融資できる可能性も!

▼ 年間3,000件以上の融資実績あり! ▼

目次

楽天銀行の不動産担保ローンとは

楽天銀行 不動産担保ローン 特徴

楽天銀行
不動産担保ローン
概要
金利(年率) 1.11%~9.87%
融資限度額 100万円以上~1億円未満
融資スピード 3週間
融資期間 25年以内
対象者 下記の条件を満たす個人の方
・お借入時年齢満20歳以上70歳未満で、完済時年齢が満80歳未満の方
・日本国籍を有する方、または永住許可等を受けている外国人の方
・継続して安定した収入がある方

引用:楽天銀行不動産担保ローン|楽天銀行

楽天銀行がおすすめな人の特徴
  • 申込みから融資までネットで完結したい
  • 低金利で借入したい
  • 住宅ローンを含めた借入をまとめたい
  • 居住していない不動産を担保にしたい
  • 法定違反の建物を担保にしたい
  • 不動産投資をしている

楽天銀行の不動産担保ローンは、1.11%~9.87%の低めの金利と、複数の不動産を担保にできるのが特徴です。

特に、他の不動産担保ローンで借入している方の借り換えや、借入が多い方がローンを一本化できるローンとして支持されています。

借入限度額は最大1億円と個人向けローンではとても大きな金額なので、 まとまった資金を調達したい方 に最適です。

楽天銀行の不動産担保ローンの申込みの場合は、 必ず楽天銀行の口座を開設する必要 があります。

▼ 年間3,000件以上の融資実績あり! ▼

楽天銀行の不動産担保ローンに関する良い評判・口コミ

楽天銀行 不動産担保ローン 良い 評判 口コミ
楽天銀行は他の銀行系の不動産担保ローンと比較すると、審査基準が緩和されている点が口コミに書かれています。

楽天銀行の不動産担保ローンの良い評判・口コミ
  • 建ぺい率オーバーの物件でも融資を受けられた
  • 不動産投資をしている人は利用しやすい
  • 銀行の不動産担保ローンでは審査が緩め

建ぺい率オーバーの物件でも融資を受けられた

築古や建築基準法の規定に違反している建物は、不動産の担保力が低いので審査落ちもしくは減額承認になります。

特に、増築工事を行った場合に、建ぺい率が規定より超えたという事例はよくあります。

しかし、楽天銀行の不動産担保ローンでは、 建ぺい率オーバー物件の融資実績 があります。

築古や増築で建ぺい率を超えている物件は、仮審査を受けることをおすすめします。

不動産投資をしている人は利用しやすい

楽天銀行の不動産担保ローンは 複数の不動産を担保にすることができ、資金力が高い借入が可能です。

特に不動産投資をしている方は、個人で住宅取得や教育資金でまとまった資金が必要な場合、投資物件を担保にして資金調達ができます。

借入限度額が最大1億円なので、不動産の担保価格次第では大きな借入もできます。

銀行の不動産担保ローンでは審査が緩め

築古の建物や住宅ローン返済中の物件の融資実績もあることから、他の銀行の不動産担保ローンより審査が緩めというツイートもありました。

さらに、他の銀行で通らなかった方でも楽天銀行で融資できたと 口コミサイトでも高く評価されています。

抵当権が第二順位でも借入可能と強くアピールしているので、 住宅ローンがある不動産を担保にしたい方は借入相談するのがおすすめです。


▼ 年間3,000件以上の融資実績あり! ▼

楽天銀行の不動産担保ローンに関する悪い評判・口コミ

楽天銀行 不動産担保ローン 悪い 評判 口コミ
一方、楽天銀行は低金利で借入できる反面、審査のスピードや申込み手続きに手間がかかるという悪い口コミやツイートもあります。

特に、銀行の不動産担保ローンならではの 審査の厳しさに対して満足していない方 の声を詳しく紹介しますので参考にしてください。

楽天銀行の不動産担保ローンの悪い評判・口コミ
  • 必要書類の提出が面倒
  • 提示された金利に納得いかない
  • 審査が遅い

必要書類の提出が面倒

楽天銀行は、 窓口がないため、事前審査から契約まで、全て郵送対応です。

窓口がある金融機関では、書類について説明がありますが、楽天銀行に限らずネット銀行の場合、書類の内容を理解し、自力で揃える必要があります。

さらに本審査で提出する書類は個人によって異なりますので、日中に証明書を取得する、家族に依頼して書類をもらうなど労力がかかります。

不動産担保ローンの提出書類は、 揃える書類の量も多く、普段で取得できる証明書ではないので、時間と手間がかかることを覚えておきます。

提示された金利に納得いかない

楽天銀行の不動産担保ローンの適用金利は 借入金額や、個人の属性と不動産の担保力 を判断して決まります。

そのため、審査で提示された金利に納得いかない方という声もあります。

詳しい審査基準は公開されていませんが、収入が低い、不動産の担保力が弱いという懸念点があると高い金利を提示される結果となります。

審査が遅い

楽天銀行の口コミツイートから審査が遅いという声もありますが、商品ホームページには、最短で3週間となっています。

しかし、手続きがネットや電話のみなので、審査中のヒアリングや不足書類の発送に時間がかかります。

ネット銀行の手続きでよくある話ですが、対面で説明できないことによって、書類のやりとりが難航し、タイムラグが発生します。

▼ 年間3,000件以上の融資実績あり! ▼

楽天銀行の不動産担保ローンを利用するメリット

楽天銀行 不動産担保ローン メリット
楽天銀行は、金利の低さだけでなく、 知名度の高さや第二抵当の物件でも申込みできるのが強み です。

特に、おまとめローンとしての利用で人気があり、 返済額の負担が少なくなったという高い評価 もあります。

その他のメリットもありますので、詳しく紹介します。 

楽天銀行の不動産担保ローンを利用するメリット
  • メリット① 知名度が高いことによる安心感
  • メリット② 上限金利が他社と比較して低め
  • メリット③ 本人所有以外の物件でも利用できる
  • メリット④ 住宅ローンが残り6割以下なら融資を受けれる可能性もある
  • メリット⑤ 複数のローンを1本にまとめることもできる
  • メリット⑥ 取り扱いエリアは全国
 

メリット① 知名度が高いことによる安心感

楽天銀行は、大手通販サイトで有名な楽天グループが運営していることもあり、安心と信頼性があります。

知らない会社で借入するよりも、安心して借入したいという方も多いので、 楽天グループの大きいネームバリューのある会社は信頼性が高いです。

メリット② 上限金利が他社と比較して低め

楽天銀行は、ノンバンクの不動産担保ローンと比較しても上限金利が低めになります。

銀行では対面の融資相談窓口を設けていますが、楽天銀行はネット銀行なので 窓口を設けずコストを抑えて運営しています。

営業コストを掛けずに営業しているので、低金利での融資が実現できます。

メリット③ 本人所有以外の物件でも利用できる

楽天銀行では、本人所有以外の物件を担保不動産]でも申込みできます。

他の銀行では、本人以外の不動産を担保にできない金融機関が多いので、銀行の不動産担保ローンでは非常に珍しいです。

本人所有の不動産に担保力がない場合、家族の不動産を担保にすることも可能です。

メリット④ 住宅ローンが残り6割以下なら融資を受けれる可能性もある

楽天銀行は、不動産の担保力があれば、 抵当権が第二順位の担保不動産も申込み可能 です。

特に、持ち家を担保にする場合、 住宅ローンが残っていると銀行系の不動産担保ローンは審査落ちする 可能性があります。

住宅ローンの残債が6割以下でも融資実績があるので、事前審査を受けることを推奨します。

メリット⑤ 複数のローンを1本にまとめることもできる

楽天銀行は、低金利で借入可能なので、 借入を一括にまとめる目的や借り換えのローンとして人気です。

「複数の借入があって一つにまとめたい」、「月々の借入額の負担を減らしたい」など返済に負担がある方は借り換えのローンとしての利用もできます。

借入を一つのローンにまとめることで、 月々の返済日が固定されるので家計がしやすい点 があります。

メリット⑥ 取り扱いエリアは全国

最後のメリットは、担保不動産が全国の物件を対象としている点です。

例えば、 地方に投資物件がある方や家族が所有している物件 が地方でも申込みができます。

特に銀行の場合は、管轄地域でないと申込みができない場合や、借入や金消契約のために現地に行く必要があります。

担保不動産が遠方にある場合でも、 ネットで申込みできるのも楽天銀行の強みです。

▼ 年間3,000件以上の融資実績あり! ▼

楽天銀行の不動産担保ローンを利用するデメリット

楽天銀行 不動産担保ローン デメリット
楽天銀行の不動産担保ローンにもデメリットがありますが、特に多いのが融資までに時間がかかる点や事業用での借入ができない点です。

その他にも懸念点がありますので、詳しく紹介します。

楽天銀行の不動産担保ローンを利用するデメリット
  • デメリット① 事業性融資としての利用不可
  • デメリット② 事務手数料が高い
  • デメリット③ 融資まで数週間~1カ月かかる
  • デメリット④ 固定金利は5年ごとに見直しがある

デメリット① 事業性融資としての利用不可

楽天銀行の不動産担保ローンは、個人向け融資のため、事業資金や楽天銀行の貸付商品の借り換えには利用できません。

借入用途は個人向けであれば、基本的に自由なので 自家用車や自宅のリフォーム、教育資金や老後資金などに利用できます

しかし、借入金額が1000万以上になると、聞き取り調査される可能性があるので、審査に説得力のある借入理由を記載します。

デメリット② 事務手数料が高い

楽天銀行の不動産担保ローンの事務手数料は、別途借入金額の2.2%発生し、借入金額が高いほど高額になります。

さらに、事務手数料だけでなく、登記費用など諸経費にコストが発生します。

銀行系の不動産担保ローンは事務手数料が発生しない金融機関もあるので、高額な融資を希望する方は、事務手数料の発生も加味して検討する必要があります。

デメリット③ 融資まで数週間~1カ月かかる

ノンバンクの不動産担保ローンでは最短即日で融資できる金融機関もありますが、楽天銀行の場合は最短で3週間かかります。

特に銀行系の不動産担保ローンの審査は本人の属性の他にも不動産の担保力を計るために時間が発生します。

早めの融資を希望する場合は、必要書類を揃える、審査からの調査に即時に回答するなど審査を遅らせない対応が必要です。

デメリット④ 固定金利は5年ごとに見直しがある

楽天銀行の不動産担保ローンの適用金利は固定金利になりますが、5年ごとの見直しがあります。

特に、不動産担保ローンは長期間返済する方も多いので、銀行の経営上、5年毎に景気や金融市場の変動リスクに備えて金利の見直しを行います。

しかし、見直し時の市場金利が高くなると、適用金利も上がり、返済に影響を及ぼします。

特に、長期間の借入を希望する方は、金利のリスクを考慮する上で、返済期間を短くする、多く借りすぎないようにすることを推奨します。

▼ 年間3,000件以上の融資実績あり! ▼

楽天銀行の不動産担保ローンは審査が厳しい?

楽天銀行 不動産担保ローン 審査

銀行系の不動産担保ローンは、個人の属性や不動産の担保評価を厳しく審査しますが、楽天銀行は 銀行系の中では基準が緩い傾向 にあります。

特に、銀行では承認しない 二番抵当の不動産や築古の物件での融資実績があるので、引き受け条件の間口が広いのが特徴です。

そして、一つの申込みで複数の担保不動産で申込みすることもでき、担保力の高い融資が実現できます。

適用金利は、借入金額や属性、担保不動産を総合的な判断で決まるので、 現在の勤務先に長く勤務することや無理のない借入金額にすることをおすすめします。

▼ 年間3,000件以上の融資実績あり! ▼

楽天銀行の不動産担保ローンで申し込みから融資を受けるまでの流れ

楽天銀行 不動産担保ローン 申込みの流れ

どの金融機関も同様ですが、 不動産担保ローンの申込みステップは多岐にわたり、融資まで時間がかかります。

特に、楽天銀行の場合は、対面の窓口がないため書類は全て郵送の対応となります。

不動産担保ローンの申込みのステップは、下記の流れで行われます。

楽天銀行の不動産担保ローンの流れ
STEP1
STEP1融資相談

STEP2
STEP2事前審査

STEP3
STEP3.本審査

STEP4
STEP4.金銭消費貸借契約(ローン契約)

STEP5
STEP5.融資実行

一般的な不動産担保ローンの申込みは、融資相談を経て仮審査を行います。

楽天銀行の場合は、融資相談できる電話窓口とネットから仮審査の申込ができ、 仮審査の段階では、書類の提出が求められません。

仮審査の結果は最短翌日電話またはメールでの連絡となり、 承認の場合には本審査の申込み案内も一緒に記載されています。

本審査は書類が全て揃ってから回答までに最短5営業日かかり、 審査結果は電話もしくはメールで連絡が来ます。

本承認になると、金銭消費貸借契約(ローン契約)の手続きとなりますが、 楽天銀行の場合は契約書類が郵送され、必要書類に記入・押印をして提出します。

契約書類は、必要事項の記入と実印の押印がされていないと融資ができない原因となりますので書類の記入に注意が必要です。

必要事項を記載した書類を発送し、 書類に不備がなければ、融資実行となり楽天銀行の口座に入金されます。

楽天銀行の不動産担保ローンで提出する必要書類

楽天銀行は、本審査時にお客様に合わせてご案内しますが、一般的な不動産担保ローン提出書類は、下記の通りです。

本人確認書類 運転免許証、保険証の写し
収入証明書類 源泉徴収票の写し、確定申告の写し、所得証明書、会社謄本、決算報告書、法人納税証明書、ローンの返済予定表(借入を一括にまとめる場合)
担保関係書類 権利証、登記簿謄本、地積測量図、建物図面、公図、固定資産税評価額証明書

本人確認資料と収入に関する資料は、ローン申込時に必ず提出する書類ですが、 不動産担保ローンの場合は担保物件の資料も必要になります。

物件の所在を証明する資料は、 法務局や担保不動産の管轄の役所まで行く必要があるので、時間に余裕を持って準備することをおすすめします。

▼ 年間3,000件以上の融資実績あり! ▼

楽天銀行の不動産担保ローンに関するよくある質問

楽天銀行 不動産担保ローン よくある質問
楽天銀行の不動産担保ローンの商品内容について詳しく解説しましたが、他社の不動産担保ローンの比較や、商品のデメリットや借入可能金額など疑問点があります。

この章では、楽天銀行の不動産担保ローンの商品内容についてのよくある質問に答えましたので解説します。

Q:不動産担保ローンで審査が甘いランキングが知りたい

審査の甘い不動産担保ローンのランキングは下記の通りになります。

  1. ACビジネスサポート
  2. セゾンファンデックス
  3. アサックス

上位3社は、融資スピードが最短3日から1週間と短く、限度額が最大5億円と事業性の融資ができるので、急な運転資金の調達が可能です。

さらに、 銀行で不承認となりやすい二番抵当の担保不動産の融資実績があります。

事業資金を借り入れしたい方は、電話で対応できる融資相談窓口もあるので相談することをおすすめします。

Q:一般的な不動産担保ローンのデメリットは?

不動産担保ローンのデメリットは、下記の3つになります。
不動産担保ローンのデメリット
  • ・返済不能になった際に不動産を取られる
  • 審査に時間がかかる
  • 登記費用や事務手数料がかかる

不動産担保ローンで一番大きいデメリットは、返済不能になった際に担保不動産を手放す必要があることです。

特に持ち家を担保不動産にしている方は居住する家がなくなり、生活困難になる可能性があるので、無理のない借入を推奨します。

そして、不動産担保ローンは、不動産の担保価値を判断するため、審査に時間がかかるのが特徴です。

さらに、不動産に抵当権を設定することもあり、登記費用などの事務手数料などの諸費用も発生します。

Q:不動産担保ローンはいくら借りられる?

不動産担保ローンの借入限度額は金融機関によって異なりますが、最大で5億円を融資できるノンバンクもあります。

しかし、最大5億円はあくまでも不動産の担保評価額が5億円以上ある場合に限ります。

本来の不動産担保ローンの借入額は不動産の担保価格の60%〜80%が目安となっています。

ローン審査時の担保価格は、 公示価格、相続税路線価、固定資産税評価額を参考に算出されます。

借入できる金額を調べるために、 証明書を取得して調査するのも一つの方法です。

Q:楽天銀行の不動産投資がやばいと言われるのはなぜですか?

楽天銀行に口座をお持ちの方に、ワンルームマンション投資のDMが届くとSNSや口コミサイトに書き込みがあります。

ワンルームマンション投資のDMはあくまでも楽天銀行で出している商品ではなく、楽天銀行と提携している企業から出しています。

さらに、 楽天銀行の不動産担保ローンを活用して、ワンルームマンション投資ができる という内容になります。

ワンルームマンション投資は、大きな資金が必要な投資になるので注意点を踏まえてか検討することが重要です。

まとめ:楽天銀行の不動産担保ローンは金利が低いが、融資スピードに注意

楽天銀行 不動産担保ローン まとめ
今回は楽天銀行の不動産担保ローンの商品内容や口コミ評判について解説しました。

楽天銀行は何よりも 低金利で借り入れでき、複数の不動産を担保にできるのも大きな強み です。

さらに、銀行では引き受けしない住宅ローンがある不動産を担保にでき 全国の不動産も対象にできるので担保不動産に不安がある方におすすめです。

一方で、最短融資が3週間なので、ノンバンクより融資スピードが遅いのも気がかりな点もあります。

審査は、必要書類が揃い次第、審査を行うことになっており、必要書類を揃える手間や聞き取り調査が発生した際には回答に時間がかかります。

楽天銀行の不動産担保ローンは、審査に時間がかかることを念頭にして、余裕を持って早めの申込みがおすすめです。

楽天銀行の不動産担保ローン まとめ
  • 楽天銀行の不動産担保ローンは、金利1.11%~9.87%で複数の不動産を担保にできる
  • 他の不動産担保ローンで借入している方の借り換えや、借入が多い方のローンを一本化できるおまとめローンが支持されている
  • 借入限度額は最大1億円、個人向けローンではとても大きな金額だが、必ず楽天銀行の口座開設が必須
  • 利用者の良い評判・口コミでは建ぺい率オーバーの物件でも融資を受けられた、不動産投資をしている人向き、銀行の不動産担保ローンの中では審査が緩めなどの意見も
  • 利用者の悪い評判・口コミでは必要書類の提出が面倒、提示された金利に納得いかない、審査が遅いといった意見がある
  • 楽天銀行の不動産担保ローンを利用するメリットは知名度からくる安心と金利の低さ、担保にできる不動産の幅やおまとめローン、住宅ローン残額6割以下で融資受けることができるなどがある
  • 楽天銀行の不動産担保ローンを利用するデメリットには事業性融資としての利用できない、事務手数料が高い、融資まで数週間~1カ月かかる、固定金利は5年ごとに見直しがあるなどが挙げられる
  • 二番抵当の不動産や築古の物件での融資実績があることから銀行の中で審査は緩い方
事業にも使える不動産担保ローンはAGビジネスサポートがおすすめ!

  • 簡易診断最短1日!融資まで最短3日と速い
  • WEB申込なら入力1分で完了!手数料・保証料0円
  • 法人・個人事業主どちらも利用OKで100万円~最大5億円の融資が可能!
  • 審査の結果次第では契約利率が2.49%とお得に融資できる可能性も!

▼ 年間3,000件以上の融資実績あり! ▼

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • r**m様が
    800万円を調達しました。

  • l***h様が
    200万円を調達しました。

  • o***o様が
    1100万円を調達しました。

  • c****w様が
    1000万円を調達しました。

  • j****l様が
    400万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします

今、あなたにオススメ

×
資金調達プロ ファクタリング